脳のヨロコビを求めて(駄)

レス19
(トピ主6
お気に入り37

趣味・教育・教養

足立

今日ショパンのスケルツオ四番を読み始めました。
平日は10 分でもいいから読み続けて、今年の終わりまでに読みきりたいです。
今日はイントロのところだけ、指遣いに気をつけて一回だけ読みました。

実は、コロナ禍の初め頃、スケルツオ一番を読み、
味をしめたのです。
一番は臨時記号が多く、和音ひとつも一個一個音を拾わなければ作れないし、
音を出しても、本当かよ?みたいな感じで、
初めは本当に絶望的な気持ちでした。
が、一日一段でも一小節でもいいんだからと思い、続けました。
繰り返しが非常に多いので、今はおかげさまでほとんど暗譜しました。
長い長い道のりでしたが、
老化している脳のニューロンがひとつずつ繋がっていく感触がとても楽しかったです。
数日弾かないでいると忘れてしまうんですが、
また練習すると繋がりが戻ってくるんです。少し早く。

この「脳のヨロコビ」を求めて、四番もやってみたくなった次第です。
皆様にも、「難しいからこそクリアできたときうれしい」アクティビティーが
ありませんか?
良かったら、ぜひお聞かせください!

ユーザーID:7046745209

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
  • 詰将棋

    全く別の分野ですが、「お金は掛からないが、時間が掛かり、頭を使う趣味」の代表格が詰将棋です。
    詰将棋と言えば、新聞・雑誌等に掲載される15手ぐらいまでの平易な小品を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、数十手、数百手の難解作・超大作が無数にあり、プロ棋士でも短時間では容易に解けない作品も珍しくありません。

    ・実戦では出現し得ない幻想的な手順や奇怪・珍妙な手順
    ・「持ち駒が飛車では詰まないが、歩なら詰む」不思議な構想
    ・数十手後に効果が表れる伏線手
    ・美しい市松模様の図
    ・盤上に玉一枚しかない「裸玉」
    ・盤上の駒が次々に消え、最後は3枚だけで詰み上がる「煙詰」
    ・一見重要そうな駒が実は邪魔駒という、推理小説の意外な犯人のような謎解き

    ……等々、知的好奇心を刺激する娯楽性・芸術性豊かな名作・傑作が無数にあります。

    詰将棋専門誌で、発表当時正解者がなかった作品も12作あります (※ 不完全作を除く)。

    ピアニストの小山実稚恵氏は、1985年のショパンコンクールの際に、練習の合間の気分転換に詰将棋を解いていたそうです。

    ユーザーID:5062785955

  • 語学

    知的好奇心・探求心と達成感を味わえる趣味、それは語学です。
    簡単なあいさつができればよい、海外を一人旅できればよい、といった程度の低い目標で満足せず、小説でも専門書でも、自分が好きな書籍を原書で読むことを目標にすれば、難易度が高い分、大きな達成感が味わえます。
    日本語に翻訳されていない名著・良書は無数にあります。

    読書でなくても、外国に友人・知人がいるなら、会話することを目標にすればよいでしょう。
    歴史、芸術、教育、科学、医療……等々、話題は無数にあります。
    海外に友人・知人がいないなら、作りましょう。

    国際電話は高額な電話代が必要ですが、インターネットの普及で遠距離通信の費用は劇的に下がりました。
    現代は、外国語学習者には恵まれた環境・時代だと言えます。

    ユーザーID:6715378541

  • 経済から世界情勢を読む

    私は全くの文系で、歴史文学芸術が好きなタイプです。
    経済ニュース、報道は、お金儲けの話ばかりとずっと敬遠していました。

    しかし夫が経済に強いため、結婚してから経済ニュースを読むようになり、
    コロナ禍で更にそれが加速し、
    全く門外漢だった分野に興味を持てるようになりました。

    経済から日本や世界を見ると、
    日常の普通の報道では見られない感じられない世界を体感します。
    その見方が正しいかどうかというよりも、今まで自分が生きていた世界とは、
    全く違う世界が見えてきたのです。
    そして、統計とか指標とか、縁の無かったものへの関心が高まりました。

    今までは完全に情緒的に世界を見ていましたが、
    今はそれに足して経済という、
    ある意味本当に現実的な物差しで世界を見ています。

    両方から考える世界の姿はとても刺激的で面白いです。
    アメリカ大統領選挙も東京オリンピックも、違う顔を見せます。
    情報から総合して少しでも裏を読もうとする気持ちが大きくなりました。
    自分にとってはこれぞ「脳のヨロコビ」でした。

    ユーザーID:5777189730

  • 私も語学です

    いまはコロナでそれどころではありませんが、還暦を向かえる前後に公私にわたって外国8カ国を訪れ改めて海外旅行に意欲が湧いてきました。
    そこでまずは英語のレベルアップとTOEICの単語帳と問題集、日本文化の英語解説本を買い込み、写経のようにこれらを解き書き写すことを日課にしました。
    これは近年パソコンのキーボードに頼って文字を書くのが下手になった、指先のトレーニングのためでもあります。認知症防止にもなると聞きますし。
    すると、学生時代は全く苦手だった勉強も苦にならない。今の電子辞書を引くのはカンタンだし単語もスラスラと覚えられる。
    普段の生活では人の名前が出てこずに老化を実感していますが、英語の方は脳の回路が違うのか、勉強が楽しく大学受験時代よりも語学力がついたと自信がつきました。今の目標はTOEICの点数アップです。
    かの伊能忠敬は50代半ばから勉強して全国測量の偉業を成し遂げました。人生諦めてはいけないと思うこの頃です。

    ユーザーID:8484032437

  • 小林秀雄

    の本です。

     読む度に惚れ惚れしています。難しいですが。やはり毎日少しずつ読んではその精神に触れ、振り落とされないように意識を上げる必要があります。隠居生活ですが、退屈はありません。

     お互いこのようなものに出会えて感謝、ですね。

    ユーザーID:7767183198

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 芸がありませんが読書一択です

    古典物が好きで、今は『平家物語』関連にはまっています。
    『源平盛衰記』『保元物語』『平治物語』などの関連本に始まり、『平家物語の女性たち』『義経(司馬遼太郎)』『後白河法皇』などの研究所や考察ものまで読み漁っています。

    同時進行で日本経済の格差についても資料を読んでいます。
    『ネットカフェ難民と貧困』は傑出したドキュメントです。

    ユーザーID:2490206459

  • レスありがとうございます

    脳に負荷をかけることを楽しむお仲間がおられて、嬉しいです。

    将棋は今、現代のスターにも触発され、人気ですね。
    この方は、盤面を想像せず、符号だけで先を考えることもあると言っておられて、
    驚嘆しました。

    語学は、学ぶこと自体も脳のある部分が喜ぶし、
    それを使って新しい世界を探索したり、違う考え方を知ったり、
    ビジネスができたりすると、また別の部分がヨロコびます。

    日本語でも学ばなければならないことはたくさんあります。
    世界のいろいろな動きを捉える最初の扉の鍵は経済にあると、
    私も教わりました。まだまだですが、やはり情緒だけでは見られなくなりました。
    良いことだったかどうかはわかりませんが、脳の動き方が変化したことは興味深かったです。

    読書では、意外なことが説得力を持って語られている時、脳がとてもヨロコビます。
    ある思想家の本のある部分を読んだ時は、自分の部屋の四方の壁がバーンと外へ倒れて、気付いたら部屋全体が壊れた箱のようになってすごい勢いではるか上空、青空の中を疾走しているような気持ちになりました。

    私のピアノは、今週は残念ながら進みませんでした。
    12月の末にどうなっているか、またご報告します。

    ただ、ピアノでなくても、毎日何か脳を叱咤激励して、新しいこと、
    めんどくさがっていやがることをやっていきたいと思っています。
    脳が、後でやっぱりタノシかったと言うので。

    皆様も、もしまた何か思いつかれたらお聞かせくださいませ。

    ユーザーID:7046745209

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 脳が気持ちいいなと感じること

    ショパンのスケルツォ弾かれるなんて、トピ主さんすごいですね!
    私もピアノを習っていますが、ソナチネや一番簡単なソナタで精いっぱいです。
    ソナチネのアレグロなど弾いている時に、脳の悦びというか、気持ちがいいな
    と感じます。
    「脳のニューロンがひとつずつ繋がっていく感触」を私も経験してみたいです。

    その他にドーパミンが出ているな〜と感じる時は、英会話レッスンの時です。
    それから短歌を考えている時。
    作歌している時は、絶対にこの歌を完成させよう!との思いで、言葉が自然に降りて来るのを待ちます。
    その言葉を探して待っている間が心地よいです。

    ピアノ、語学、作歌と、それぞれ異なる脳の分野を使っているのでしょうか。

    とっても興味があります。

    ピアノの練習をがんばりましょう!

    ユーザーID:9889459078

  • 皆さん素敵です

    自分のヨロコビを投稿することはできないのですが、主さんはじめ、このトピックに投稿しておられる方おひとりお一人に尊敬の気持ちを持っています。
    誰かと共有するわけではない、決してお手軽ではない、自分だけが知っているヨロコビ。素敵だなぁ。
    私も何か探してみよう。そんな気持ちにさせてくれた人生の先輩方に感謝します。

    ユーザーID:6653578474

  • お仲間発見

    私もスケ4奮闘中です!春にスタートしましたがいまだ難儀しています。
    気分を変えるために夏からバラードの3番を平行して始め
    それは12月の内輪の舞台で弾けそうなところまで仕上がってきています!

    脳のヨロコビを確かに感じています。
    学生時代の方が練習時間も多かったのに
    ブランクあり+練習時間のとれない今の方がなんだかいい感じです。
    大学で「大人になっても脳は発達する」と習いましたが
    その通りなのだなぁと実感しています。

    ユーザーID:7752447422

  • レスありがとうございます(2)

    そんけいなんておっしゃらないでください。
    私の言っていることは、全然そのようなお言葉に値しませんもの。
    ただ、年を取っても、頭を使うことを楽しむことはできるんだな、
    と好意的に見ていただければとてもうれしいです。

    たとえば、ピアノでも歌でも、ナゴルノカラバフと言うことでも、いつも同じところでつっかえるとします。
    その小節やその部分、前後だけ集中して、あるいは工夫して練習すると、つっかえなくなる。
    その時点で、脳がやっとつながった、ちょびっと成長したのだな、と思うのが楽しい。

    語学も、作歌も、みな脳がつながる先を探し求めている活動だと思います。

    地図もそうだと思いませんか?
    旅行先の街を、予め地図で調べておくとしますね。
    初めての道を歩きながら、これはあそこへ通じるんだよなとわかっています。
    でも、実際にそれが起こると新たな感動を覚えるし、
    平面でしか知らなかった土地が立ち上がってきて
    自分を取り囲み、周りに広がって行くのを感じるのは素晴らしいです。

    ユーザーID:7046745209

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • レスありがとうございます(3)

    自意識過剰な返答をしてしまって恥ずかしくなりました。
    私だけじゃなくて、レスして下さった皆様へのエールでしたのにね。

    スケルツオ4、やはりこの時期に読まれた方がおられたのですね。
    きっともう全体像はできていて、はしばしをきれいにととのえる作業に
    手間をかけておられるのではないかとお察しします。
    私もそうなりたいです。

    バラード3については、私の脳は「ふるやもり」状態です。
    古屋の屋根が、一応家を覆っているんだけれど、朽ちて、そこここで雨漏りしています。
    真ん中にいくつか大きな穴が開いていて。
    早く修復しないと、危ない。

    私は人前で弾くことはとてもかないませんが、
    せめて自分だけで通して暗譜できる状態に脳の切れた部分をつなぎ直したいと思いました。

    ユーザーID:7046745209

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 将棋

    脳のニューロンの件、まさしく私の将棋です。
    将棋、チェス、カードゲーム駆け引きを要する類が全くダメで、
    7並べで、なんで6持ってるのに出さないの?ずるい!ムカつく!性格悪すぎ!と本気で怒っていたタイプです。
    息子が将棋をやりたいと言い出し、一緒に動かし方から覚え始めて桂馬はこうやって使うのか、角筋は確保とか、だんだん分かるようになって
    8戦目で息子に勝てたのがとても嬉しかったです。

    ユーザーID:5329941321

  • ピアノ大好き

    私も1年前に買ったがぽっぽっていた楽譜バラード1番をコロナ自粛中で又始めました。                 ネットの動画のゆっくりバージョンを見て一生懸命練習しています。私は、50代。認知症予防の為にこれからもずっと続けるつもりです。              ゆっくり、つっかえ、しか弾けませんが自分の頭の中では曲になっています。低音の音が決まった時は鳥肌が立つ保脳から何かが出ます。ピアノは本当に素晴らしいですよね。

    ユーザーID:7281374287

  • レスありがとうございます(3)

    将棋で息子さんに勝たれるまで頭を使われたとのこと、素晴らしいです。
    きっとニューロンがたくさん発生して、脳がよろこんだと思います。
    勝たれた時の過程を頭の中で辿ると、改めて喜びが
    湧き上がるのでしょうね。
    息子さんも奮い立って、また挑戦してくるでしょうし、
    お互い切磋琢磨して脳が磨かれていく、、、
    楽しいですね。

    バラード1番をこの時期に自らに課された方もいると思うと
    とても心づよいです。
    1番は気分がよく変わる曲でで、先へ先へと頭の中で次の雰囲気を
    思い出して切り替えていかなければならないので
    より難しいと思います。
    ゆっくり示してくれる動画があるとは。
    先生に気軽に弾いて見せていただけないご時世に、本当にありがたいです。

    私は物覚えが悪いので、記憶ができた状態になった時、脳が
    とりわけよろこぶようです。
    例えば、毎日の料理が苦手です。
    今でも、レシピにある全ての材料や調味料を正しい量と順で処理していかなければ
    落ち着かない上、レシピを10回以上見なければできないのです。
    それでも間違えます。
    食事時の4時間ぐらい前にはもうどきどきして、在宅での仕事が
    手に付かないくらいです。
    これが、例えば10分かけて集中してレシピを9割方覚えられたら、気が楽になり、
    苦手意識が薄れるかもしれません。
    好きなものはいくつか手の内に入れておけるようにしたいと、
    今改めて思います。

    ごくたまに、手持ちの材料でちょうど作れるものを思いつけることがあります。
    使い切らなければならないものを使い切って、
    仕込んでいたものもたまたまできていて、なんとかまともな献立が成立した時は、
    つながった!とにこにこしてしまいます。
    もちろん誰が褒めてくれるわけでもないんですが、いいんです。

    ユーザーID:7046745209

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 私もピアノです

    幼稚園時にオルガンをちょっと習ったくらいだったので、大人になってから“憧れのピアノを両手で弾けるようになりたい”と電子ピアノを購入して習い始めました。
    途中引越しや子育てなどで中断ありつつ、レッスン歴がトータル20年くらいになった現在50歳の者です。
    楽譜は読めないので最初に音階を書いてから先生のところに持って行き、指使いを教えてもらって練習し暗譜で弾いてます。
    最近は、息子のバイオリンの伴奏をしてみたいとチャレンジし始め、ヴィタリのシャコンヌを練習しています。
    伴奏譜の1ページ目が弾けてから2ページ目が弾けるようになるまで半年近くを要したので、息子から「2、3年かかりそうだね」と言われたのですが、頑張って練習しているうちに半分以上弾けてきました。
    難しくて“無理かも…”と心折れそうになっていても、やっていくうちに脳と指に入っていく感覚が面白くて止まらない感じになっています。いつの日か親子で合わせられるよう10分強の暗譜頑張ります。

    ユーザーID:5321292544

  • レスありがとうございます(5)

    ヴィターリのシャコンヌ、題名しか知りませんでした。
    この機会に、聞いてみました。

    ネットで探してまずチャンXオーケストラを聞いてみたら「わお」と思いました。
    また探してハイフェッツXオーケストラのも聞いてみました。「うおー」です。
    それからスークXオルガンのを見つけました。
    「美しい」!

    ピアノ伴奏は、オルガンと似ているのでしょうね?
    早く息子さんと練習をお始めになれますように。
    息の合う人と合奏するほど幸福な体験は、滅多にないように思われます。

    ユーザーID:7046745209

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • ゲーム

    私の場合、主様のような感情になるのは主にゲームです。

    RPGゲームやパズルゲームです。

    武器や腕を磨き、勝てない敵をやっと倒せたときや、クリアできないステージをやっとクリアできたときに喜びを感じます。

    ユーザーID:7042578297

  • レスありがとうございます(6)

    私は伝統的な暗記重視型のお稽古の教室をしているのですが、
    とても優秀な生徒さんたちにゲーム好きが多いことには気付いていました。
    時に応じて集中して脳を絞り、モノにして次の段階へ行くことを
    楽しんでいるようですね。
    私のような古い考えのものには全然違った分野に思えるのですが、
    脳を使って得られる快感が同じ質なのかなと思ったことがあります。

    ユーザーID:7046745209

  • トピ主のコメント(6件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧