• ホーム
  • 働く
  • 眼精疲労のために大型ディスプレイで仕事をしている方

眼精疲労のために大型ディスプレイで仕事をしている方

レス9
(トピ主0
お気に入り14

キャリア・職場

ぼんじり

仕事上PCをよく使うのですが目の疲れに大変困っています。

在宅勤務をすることが増え、PCを買い替えようと思っているのですが、最近、フリーの翻訳者の方で超大型のディスプレイを買って長いテーブルの先に載せ、遠くからキーボードで操作をすることで眼精疲労から解放された方がいるという話を聞きました。

確かに会社のミーティングなどで小部屋でプロジェクターを使用してPC操作をすることがあるのですが、少し離れたところにある拡大された画面を操作していてもさほど苦になりません。

このようなPCの使い方が果たして現実的に実務に適しているのか、検索してもほとんど出てこなかったので、小町でどなたか知見がお持ちでしたらご教示いただけると嬉しいです。

ユーザーID:5063418050

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
  • 距離と設定

    写真・デザイン関連の仕事してます。

    ディスプレイから離れると確かに効果はあります。大きいと作業がラクです。
    反面、設定によっては大きなモニターは単純に目に光が入る量も増えるのでは?
    光量が減らせるならとてもいいかも。

    手軽に出来る対策だと輝度調整と、下記の「色温度の変更」「黒背景、白文字」はすごくいいですよ。

    私が眼精疲労に効果を感じた4つ。

    1・ディスプレイの色温度調整
     
    家電量販店で見ていると、安物は基本の色が青みがかっておりコントラストを強くしている場合が多いです。
    印刷用は一般的なPCよりややオレンジ色寄りに設定し、コントラストは上げすぎず、紙の発色に近づけます。
    調整していない安いモニターをみると、ブルーライト炸裂!て感じで目が痛くなります。

    色温度の変更はスマホでも出来ますので是非。

    2・背景を黒にする
    ウィンドウの背景色を黒、文字を白 の設定にすると、ディスプレイが発する光の量が大幅に減るので目が疲れません。

    3・輝度調節
    シビアな色合わせが必要の無い作業の時は暗くしてます。

    4・PCメガネ
    目は楽になるけど色味が分からなくなるので、色調補正が必要な時は外す必要があり…
    作業内容によってつけたり外したりなので少々面倒です。

    ユーザーID:7392694435

  • 画面の明るさ調整とブルーライトをカット

    長年顔から70〜80cm程離してディスプレイを見ています。
    画面サイズは今使っているのは17.3インチの普通サイズですけれど、フォントを大きく設定していますよ。

    眼精疲労予防のために、画面の明るさは控えめ、夜間モードやホワイトバランスでブルーライトをカットしています。

    まずは買い替え前に画面設定を変更なさってみては?

    ユーザーID:4592196903

  • あ〜そうなんですか…。

    30インチ×2画面で作業してます。
    モニタまでの距離は1メートル+αです。

    私の場合、ウィンドウをたくさん開く必要性から大画面を選択しましたが、
    おっしゃるように言われてみると肩こりなどが少ないですね。

    遠くで目の高さにモニタの高さを会わせるので姿勢も良くさらにのぞき込むような態勢では無いので肩こりも無くなります。

    ただ、タッチタイピングが出来ないと辛いですよ。
    あと、当然ながら場所を取ります。

    更に、仕事をしながらだとメモなどがモニタとキーボードの空いたスペースに溜まります(笑

    とは言え、今の環境にして結構時間がたってますが不具合と言えば”場所を喰う”以外は無いですよ。

    場所が確保できるのならお勧めです。

    ただ、大型モニタは高価なのと、PCにもそれなりのスペックを求められます。
    当然、電気も喰います。

    笑い話の様ですが、モニタとPCが発する熱はかなりで夏もエアコン温度の設定は一般的な温度より1〜2度程低いです。

    ユーザーID:0048010868

  • テレビで試してみたら?

    実際にディスプレイは大きいほうが楽ですね

    今の在宅がノートパソコンなら、ディスプレイを購入するのはありです

    角度とかも大事ですから
    そのやり方がどうかはわかりませんが

    とりあえず、どのご家庭にもテレビは、あると思うので試してみたらいいと思います
    昨今は大きい液晶ですよね?

    あとは、ディスプレイの明るさや色を見やすくする
    ブルーライトカットのメガネをつける
    座る位置とディスプレイの角度を、調整する
    ノートPCなら台を置くといいらしいです
    こまめに休憩して目を休める

    名ばかりのシステムエンジニアですが
    一日中パソコンとにらめっこするのがお仕事です

    眼精疲労は馬鹿にできない辛さがありますね

    ユーザーID:5917134558

  • やったことあります モニターの不具合で

    眼精疲労予防のためではなく、仕方なく、ですが。
    家庭用のテレビにHDMIケーブルをつないで。

    大画面なので、映画館で最前列に座る感じになったので、必然的に後ろに下がって作業したのを思い出しました!

    確かに効果はある気が。これ、姿勢が大きく変わるんですよね。
    ピンと背が伸びて真正面を向いていて、肘はデスクの上。前のめりにならす、そう言われてみれば首も肩も凝りにくかったです。それが眼精疲労に作用したかどうかは不明ですが、眼肩腰共にラクだったように思います。

    ただ、ドライアイを防ぐ方法として斜め下を見るようにいつも作業していたので、その点だけは眼が疲れました。

    他に
    1 定期的に休む
    2 引力に逆らったストレッチ 
    3 ブルーベリーをおやつに
    を忘れずに実践しています。

    私も細かい作業に我を忘れてついのめり込んでしまい、長時間継続してしまった場合は酷い眼精疲労からくる重度の頭痛に襲われます。
    よって、上記の3点は守るようにしています。トシもトシなので…

    そして既出のブルーライトのカットと輝度調整は必須です。全然違います。

    一度HDMIケーブルをご家庭のテレビにつないでみられて、体験されらたいいと思います。なければ変換アダプタも売ってますし。HDMI、出力で検索ください。

    ユーザーID:4286417648

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 使ってます

    単にPDF、ワード、エクセル、パワポ、などの書類が多く画面が足りなくなったので使っているだけです。因みに学者の端くれなので、論文執筆の為文献がデスクにも広がっているカオスなオフィスです。ノートパソコンを使っているのですが、大きなモニターでもフォントは同じ大きさにしています。私の場合、あくまでも画面を広げることが目的なので。

    それでも目の負担は軽減されたと思います。因みにサイズはスタンダードな24インチで、PCのスクリーンもモニターも65cm位目から離れています。もう少し離れる時にはBluethoothのキーボードを使います。

    ユーザーID:5521315306

  • 場所さえあれば問題ないのでは

    >現実的に実務に適しているのか

    ちょっと意味が分からなかったのですが、私は大きめのディスプレイで距離1m以上離れて作業していますが、特に問題ありません。
    ディスプレイの文字などが小さくなることを心配されているのなら、設定で解消できます。
    ただ、小さめに見積もっても、多分、2m×3mくらいの作業空間は必要だと思います。
    お勤めの方がたまの在宅勤務のために自宅にそこまでのスペース確保するのは難しいかもしれませんね。

    ところで、ディスプレイの輝度やコントラストの設定はいつもどうなさっていますか?
    目が疲れるなら、買い替えより先に設定を自分に楽なように変更した方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:6394905211

  • 距離よりモニターに質では?

    IT企業で1日中PCに向かっています。
    会社にいる時は、ノートPCと拡張としてさほど高くない24インチほどのモニターを使っていましたが、目が疲れるので眼鏡を使用していました。
    (乱視と軽い近視です)

    在宅になり、思い切って27インチで質もそれなりに高い6万円ほどのモニター有名メーカーのものを購入しました。

    モニターまでの距離は、オフィスで仕事をしていた時と変わりませんが、今は眼鏡を使わなくても問題なく仕事ができています。

    目が疲れるのは、見にくいからであって、発色が良く鮮明に表示される良いモニターを選ぶのが良いのではないでしょうか?

    ちなみに、27インチのモニターは2560×1440とかなりの高解像度で、文字を大きくしているというより作業スペースが大きくなっている感じです。
    テレビのモニターをお勧めしている方もいますが、テレビは解像度があまり高くないので、距離感の参考にはなりますが、目の疲労としてはあまり参考にならないと思います。

    ユーザーID:9140865708

  • 23.7インチディスプレイ2台使用

    私も在宅ですが、使用しているデスクの奥行が70センチで、そのぎりぎり奥にディスプレイを2台おいて翻訳の仕事をしています。
    一番手前にキーボードを置いて作業しているので、距離は30〜35センチくらい離れていることになるのかな。
    私の場合、翻訳作業で、いろんなデジタル資料をみながら、やはりデジタルでタイピングして訳すので、実務的にこの大きさが適しているのかもしれません。
    このサイズになると、貼るタイプのブルーライトカットシートは使えないので、ガラスタイプのものを上からひっかけるようにしています。

    ところでプロジェクターって結構音がうるさくないですか?
    仕事内容にもよると思いますが、翻訳のように、細かな文字を相手にするものは、眼精疲労に悩まされるとわかってはいても、それほど距離を取って仕事ができないのも事実です。

    在宅だと運動不足にもなりがちなので、かならず遠い景色の見えるところに外出・散歩にいくようにして、眼精疲労を軽減するようにしています。

    ユーザーID:9609905373

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧