18歳の猫を亡くして辛いです

レス13
(トピ主2
お気に入り18

心や体の悩み

なな

先日、18歳の猫を見送りました。
今日、納骨をしたらあの子が全く居なくなってしまい、涙が止まりません。
火葬前は遺体に、火葬後はお骨に、生きていた頃のように話しかけていました。
納骨後、お寺から帰宅した時に、「ただいま」という対象がなく、今まで以上に寂しくなってしまい…。

最後まで片付けられなかった猫砂を片付け始めたら、あの子に会いたくて会いたくて仕方なくなり、泣きながら片付けました。猫砂には最後にトイレをしようとした時の足跡が残っていて、手がつけられなかったのです。

納骨しなければよかった。納骨する前は悲しいけどこんなに喪失感はなかったのに。
あの子をなくして、ペットロスを癒すのはやっぱりペットというのを読んで、新しい子を迎えることも検討し、週末に保護猫に会いに行くことにしていました。でも納骨したらこんな気持ちになってしまいどうしたらいいのか。

みなさんなら次の子を迎え入れますか。あの子が亡くなってまだ1週間も経っていません。
寂しくて衝動的に保護猫に会うことにしてしまいましたが、会いに行っていいのでしょうか。私が会いたいのは亡くしたあの子なのに。

みなさんはどのようにして乗り越えましたか。次の子を迎え入れた方はどのくらいでお迎えしましたか。

ユーザーID:4107247175

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
  • いますよ、そこに。

    心の中にいませんか?

    困った事、心配した事、悲しかった事。
    そして何より、楽しかった事。

    たくさん思い出ありませんか?

    心の中で話しかけるのはだめですか?

    写真に話しかけるのはだめですか?

    ユーザーID:2691781591

  • 虹の橋

    もしタイトルの話をご存知でなければ、よければ一度検索してみてください。

    今、とてもお辛いと思います。何度も何度も同じ思いをしたことがあります。

    私は昔から犬や猫と一緒に暮らしていて、今も保護猫と保護犬、夫婦で暮らしています。

    昔飼っていた子を新しい子に重ねてしまうこともありましたが、新しい子に代わりだよ、なんて言いたくないので自分で意識して重ねないよう過ごしてきました。
    そのうちに、昔飼っていた子はそのままで、新しい子に対する私の気持ちの置き場所が増えているような形になりました。
    今でも写真を手元に置き(私や主人の写真なんて一枚もありませんが)、大事にしています。

    昔飼っていた子と、過去形にするのも辛いけど、その子が私の家に来てくれて、一緒に暮らしていた事実や思い出はそのまま大事にしています。今でも身を切られる思いがします。

    トピ主さん、衝動的とはいえ、申し込みをされたなら、せっかくなので一度会ってみたらご自身の気持ちが整理されるかもしれませんよ。

    新しい子が、トピ主さんの大事な思い出を上書きする訳ではないから、気持ちが許せば、新しい子に会ってみてはいかがでしょうか。

    トピ主さんちの猫ちゃん、トピ主さんに会えて大事にしてもらえて、とても幸せだったはずです。トピ主さんが精神的に弱り、体調面を含めて弱るのを見たら、猫ちゃんもきっと寂しくなりますので、悲しみが深くても御自愛頂きたいと願っています。

    ユーザーID:2683939540

  • 気の向くままが良いと。

    私も20歳の猫が死んでしまい火葬しました。
    それから2年経って兄弟猫が22歳で死んだ時にも火葬を。

    そこまでの2年間ずーっとそのままお骨は家に置いておりました。
    もう本当に心の整理がつかなくて納骨できなかったのです。

    結局、22歳と20歳の猫達のお骨はずっとTVの脇に並んでいました。

    それも1年位一緒に並んで置いてあって、
    お墓もあるのに、どうしても猫達がいなくなってしまうのが嫌で
    夫も何も言いませんでした。

    あれから5年位経って、今は新しい猫が家にいます。

    まぁ結局、お骨は3年ばかし家に置いてあり、
    夫に新しい猫でもちょっと見に行こうかと提案され、
    そこで夫が「この子をうちで飼おう」という、半ば強引に子猫を飼いました。

    それでやーっとお骨の猫達を納骨したのです。

    夫は何も言いませんでしたが、お骨たちを見てる私にどう前を向かせるのか?
    それを考えていて、結局新しい猫を迎え入れる事にしたんだと思います。
    それも夫が猫を飼いたいんだ!という感じにして。

    私、なんだかんだで5年くらい引きずっちゃってましたけど、
    この位長い間引きずると、もう私は大丈夫かな?って思えるようになると思えました。

    新しい猫も「夫が勝手に引き取っちゃって!!」って思いましたが、
    飼ってみると、やっぱり猫ってあったかくて柔らくて可愛いなぁ、
    懐かしいな、猫のこういう感じって思っています。

    主さんも無理矢理、前の猫を忘れる必要なんかないと思います。
    思い切り悲しんで良いと思うんです。
    新しい猫が来ても、前の子を忘れる事なんか絶対にありません。

    ああ前の子はこうだったな、ああだったなって思うだけです。
    楽しい思い出が増えるだけなんですよ。

    ただやっぱり私はそうでしたが、他人(夫)が新しい猫貰ってきちゃって私の意志ではない、という理由が必要だったのかな?と思っています。

    ユーザーID:0556903794

  • 次の日には新しいコをお迎えしますよ

    猫ボランティアをしているせいもありますが、世間には自分の家の必要な猫が沢山おりますので、その子らの一頭だけでも、冬は寒く夏は蚊に刺されて耳が血だらけになるような外の暮らしから卒業してもらいたくて。

    次の子を迎えたとしても、虹の橋に行ってしまったコのことを忘れるわけではありません。毎日、あの子はああだった、あっちの子にはもう少しこうしてあげればよかった、と思い出します。
    一緒に暮らせて楽しかった、面白かったと思い出します。心の足し算です。ひたすら足すだけ。

    トピ主さん、その猫ちゃんのことをとても大事にしていらしたのですね。
    今は見えないドアの向こうに移って、越したばかりですから住民票(?)の移動やら新しいフカフカのお布団の誂えやらで、忙しくしているんだと思います。それでも、トピ主さんと心が繋がっているのですから、もう少ししたら、ひょこっと戻ってきてくれますよ。
    見えない時も感じない時も多いですけれど。でも、きっと。

    せっかく申し込みをなさったのですから、譲渡会にはいらしてみては?
    無理に新しいコとご縁を繋がなくてもいいんです。
    お家を探しているコに会って、そのコによいご縁ができるよう祈るだけでも、供養のつもりでいくばくかの寄付をなさるだけでも。

    トピ主さん、急いで元気にならなくてもいいんです。いっぱい泣いてあげてください。

    ユーザーID:6788130666

  • 出会いがあれば・・

    寂しいですね・・・。お察しいたします。

    我が家にも20を超えた老猫がいますので、
    毎日「一日でも長生きしてね」という気持ちでいっぱいです。

    うちも多分、そう遠くない未来に同じ様になると思います。

    次の子か・・・ どうしよう。
    そうね、気持ちの整理がついて、出会いがあれば。。


    うちの子と同じような柄で、色で、玄関先ににゃあって・・
    生まれ変わりなのかな? って。

    そういう出会いがあったら、きっと。。。

    飼い猫ちゃんね、きっとトピ主さんのこと大好きだったと思います。
    よく猫は人の気持ちが分からない。わがままだなんていうけど、
    私はそうは思わない。
    だって、長く慈しんでいると、人に慣れるんです。
    名前を呼ぶと来るんです。返事もするんです。

    主様のお気持ちが早く癒えるのを、お祈りしております・・

    ユーザーID:8001425226

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • お気持ちわかりますよ。

    我が家では、今迄、ずっと大型犬から小型犬まで何匹も犬を飼ってきましたので何度も辛い思いをしてきました。
    特に、16歳で亡くなったシーズーは、いつも私の傍にいて、寝る時も一緒でしたから、辛くて寂しくて毎日泣いていました。
    しょっちゅうペットショップを覗いていましたよ。
    耐え切れずに、又、同じ犬種を買ってしまいました。
    気持ちが、少しずつ癒されますよ。今のシーズーも、もう13歳の老犬になりました。私達夫婦も高齢になり、この子が居なくなっても、もう飼うことはできないので、今から覚悟はしていますが、又辛くなります。
    なな様は、まだお若いようですので、是非、次の猫ちゃんを見つけて、気持ちを切り替えてくださいませ。

    ユーザーID:9606067049

  • トピ主です。

    みなさん、ありがとうございます。
    暖かい言葉にまた涙が出てしまいました。

    今はあの子との出会いが思い出されます。やはり譲渡会でした。
    抱き上げようと手を伸ばしたら、必死になって腕を登ってきました。保護されたばかりでガリガリで、ノミも寄生虫もいましたが、元気に育ってくれました。

    コロナでの在宅勤務のおかげで、最後の時間をとても濃密に過ごせたのは幸せでした。在宅勤務のストレスもあの子が癒してくれました。
    ただ、今は在宅勤務のせいで、あの子がいないのを痛感してしまっているのですが。

    譲渡会には行ってこようと思います。
    縁を感じたら新しい子もお迎えしようと思います。
    とはいえ、譲渡会で新しいお家を待っている子猫を見たら、そのまま帰っては来れない気もします。

    ユーザーID:4107247175

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 行ってきてください

    こんにちは。
    我が家の場合は猫じゃなくて、犬なのですが、2匹飼っていた犬が、3年の間に
    2匹とも旅立ってしまいました。
    18年ぶりに犬が全くいない生活となり、家族全員耐えられず、保護犬サイトを見て周り、犬の旅立ちから2週間後に譲渡会に行き、1ヶ月後には新たな犬を迎えていました。
    亡くなった2匹の犬たちを忘れる日はありませんが、新しいこの犬に元気をもらっています。トピ主さんにもいい出会いがありますようにお祈りしています。

    ユーザーID:7632378340

  • いいじゃないですか

    泣きたくなったら泣きましょうよ。

    新しい子を迎えたくなったら、迎えてあげましょうよ。

    こうしなければいけない、というルールは無いです。

    新しい子がいても、悲しくなったら写真を見て想い出に浸ってもいいじゃないですか。

    ユーザーID:3042361404

  • 動物は本当に可愛い

     ななさん、同じ気持ちでいる人が、たくさんいると思います。私も家族同然の猫を亡くした気持ちがよくわかります。私は猫を看取った時が人生で一番辛かったです。しばらく抜け殻のようになりました。


     最期は点滴の影響で溺れるように亡くなったのですが、猫自身の限界をとうに超えて24時間体制の人間による看病で半年以上生き長らえていたように思います。猫は毛並みによって老いが人間程には表面化しにくくて、病院の先生ももうあと3ヶ月、もう半年、と余命の判断も付きにくいようでした。血液検査ではもちろん数値は出ていました。終わりの見えない介護は人間と同じように感じました。自宅でずっと看病していられたけれど、野生の動物としては疑問が残ります。もしもこの時に戻ったら、別の選択をすると思います。亡くなる数日前に一瞬楽になった時に私の膝に上半身を乗せてきて、ゴロゴロいっていました。家族一人一人に挨拶し旅たった感じです。18年間沢山の思い出があるけれど、苦しそうな最期が心残りです。

     
     これが数年前の話で、先日大きな家具を動かした際に久しぶりに猫砂が一粒出てきて、懐かしいやら、悲しいやら、おかしいやらで、きゅっとなりました。猫かいたいなぁ自分の年齢と猫の寿命を計算して10年位ならまたかえそうかな、子猫の時からだと20年だからちょっと無理だなと冷静になっています。震災時の負担もあるし、気軽には決断できずにいます。


     ななさんの猫ちゃんも、猫の人生、猫生として幸せな方だったと思いたいです。ななさんの思うように決めていってくださいね。

    ユーザーID:1340853395

  • お気持ち分かります

    24年間、産まれてからずっとそばに猫がいました。三匹、看取ってきました。

    最後の子を看取ったとき、その子は私が拾ってきた子だったので、本当に悲しくて、こんな気持ちになるならもう猫飼うのやめようって思ってました。

    でも、その半年後に野良猫を拾いました。
    拾ってよかったと思います。
    猫がいる人生しか考えられません。

    こんなこというと、気持ちがないように思われますが、猫で失った穴は猫でしか埋めれないと思います。

    トピ主さんが看取ったにゃんこは、幸せだったはずです。泣かないで笑顔で暮らしてほしいと思います。だから、泣かないでください。絶対に見守ってますから。思い出がたくさんありますよね?トピ主さんが忘れなければ、大丈夫ですから。

    譲渡会で素敵なにゃんこに会えるといいですね。18年も育てたんだから、トピ主さん素敵な飼い主さんですよ。

    ユーザーID:0625544215

  • トピ主です

    みなさんありがとうございます。

    譲渡会に行ってきました。
    今、2匹のきょうだい猫が膝の上で寝ています。引き離すのは忍びなく、2匹引き取りました。

    まだまだ前の子に会いたい気持ちが強いですが、前の子と今の子たちと一緒に暮らして行こうと思います。

    またお別れは必ずきますが、それ以上に一緒にいる時間はかけがえのないものですから。
    なにより、猫のいない暮らしは考えられません。

    レスをくれたみなさん、本当にありがとうございました。励まされました。
    猫好き(犬好きも)はいい人ばかりですね。

    ユーザーID:4107247175

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 二回目です

    無事ににゃんこに出会えたんですね。
    きっと、亡くなったにゃんこが泣いてるトピ主さんのために出会わせてくれたんだと思います。

    無理に忘れなくても大丈夫。
    トピ主さんの横とか後ろとかでにゃんこ、見守ってますよ!!

    引き取られた二匹、大事になさってください。いつかくるお別れよりも、今を大事にしてください。

    ユーザーID:0625544215

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧