町内会の婦人部って…

レス50
(トピ主1
お気に入り59

生活・身近な話題

Moko

町内会の役割に婦人部はありますか?

今年婦人部が回ってきました。
役割は料理作り、後片付けが主な仕事です。

町内会で集まりご飯など出す時はほぼ手作りでメニューも天ぷらや赤飯、煮物、漬物など面倒なメニューばかりで、みなさんが食べた後は当然後片付け。

男性陣が外の見回りをして帰ったきたら、そこからお疲れ様会。
おでんなど出したり、そこから飲み会。
男性陣が帰るまで後片付けがあるので帰れません。

婦人部の年齢層も60代以上の方が主です。
みなさん仕事は終えられた方ばかりです。
私は30代で、子どももいるし、仕事もしてるのにこの内容はキツイです。

他に老人部もありますが、(60才以上)婦人部と老人部年代被ってるし、婦人部って今の時代
に必要ですか?
婦人部はあるのに、夫人部はありません。
女性だけご飯作らせ、後片付け。
昭和の時代じゃないですか?

1年間だけと思いやってますが、納得は行かないです。
男女差別を感じます。

ちなみに今住んでいる所は町内会に必ず入るという約束で借りてます。
なので町内会に入り会費を払うことには文句はありません。
理事の仕事もしています。

ただ、婦人部…みなさんのところも似た感じですか?

ユーザーID:6370978524

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数50

レスする
  • ええ〜っ?

    婦人部ですか?

    私の住んでいる所の町内会には、そんな部はありません。

    町内会の集まりはありますが、終われば即時解散です。

    時代にそぐわないと思いますし、それに、今のこのご時世で食事会はなどはして欲しくないですよね。

    いきなり無しにするのは、中々難しそうですね。

    でも、トピ主さんのように思っている方もみえると思います。

    徐々に無くしていくしかないのでしょうね。

    ユーザーID:4525568821

  • 引っ越しするレベル

     うちの町内会には無いです。婦人自体。昭和にありました。
    そういう賄いもしていましたが、さすがに
    ペットボトルにケータリングになりまし た。
     賄いもの他に、女性の勉強会、趣味の集いも開催していました。

     今は文化委員で豚汁作ります。うちは夫がプロで慣れているので、夫が出たところ、「男は来ないで」と言われました。婦人部の名残のようです。

     うちは持ち家なので、もう仕方ないです。
     
     トピ主の行事は年に何度のレベルなのでしょうか?男性優位と思います。

     私はそういう女の集い自体が嫌いなので、引っ越しますね。

     少し前まで、お葬式の時は委員があつたりお伽噺や持てなし手伝いがありましたが。なくなって清々します。
     

    ユーザーID:7885463363

  • 昔はありました

    あなたのトピを読んで「そうだ、そうだ」と思いましたよ。
    私の所も昔は婦人部がありましたが、今もあるようですが、参加は自由です。
    田舎に限って、運動会の後の打ち上げとか、お祭りの後の打ち上げとかで、お料理作って出したり、後片付けは全部女性の役目なんですよね。
    今の時代、古い考えだと思います。

    私は、老人ですが、老人会にも入ってませんよ。だって、料理作ったり、お茶やお菓子出したり、後片付けなど、女ばかりが何でせんといかんの?

    男は「今日の料理は美味かった〜」で終わりなんて、時代錯誤も甚だしいです。 勿論、料理が好きでやってる方も居ますが、仕切り屋さんが居てうるさいんですよね。参加しなかったり、遅刻すると嫌味ばかり言われます。
    そんな婦人部はおかしいと勇気出して言いましょう。
    若い人が変えて行って下さい。

    ユーザーID:7074430923

  • ありますけど…そんなことしません

    婦人部ありますけど、細々とした活動です。
    どこかのレストランや料亭での年一回の親睦会のお食事と、町会の夏祭りのお手伝い。でも火を使う焼きそば、焼き鳥などは男性陣の仕事で女性は野菜を切ったり、盛り付けです。

    毎年のようになくしてもいいのではないか?との意見も上がるのですが、小学校区域の婦人部全体で災害時の炊き出し訓練とかがあって(これは役員のみ参加)炊き出し用のアルファ米とかを購入するお金を婦人部ごとに納めたりしてるので、婦人部がなくなると災害時に炊き出しをもらいにくくない?って事で細々やる事に落ち着いてます。

    確かに男性陣の飲み会に使われるのって嫌ですよね。

    こちらには青年部というのがあって、男性陣の集まりなんですが、飲み会がよくあります。
    ですが私の夫はお酒を全く飲まないので、役員になった時
    「なんで酔っ払いの相手しなきゃいけないんだよっ!」ってほとんど参加せず、参加しても途中で帰ってきました。

    貴方も適当な事を言って
    「すみません」と口だけ言って帰ってみては?

    ユーザーID:8395835994

  • 地域によっては

    遣らずに逃げられては
    と、優先的に借家の方に役員を割り振るところがあり、
    相談されたときに『それは酷いな』とおもいました

    婦人部はありますが、ほとんど農家の方かリタイヤ組です

    皆さん手慣れていて、仕事も早く、尊敬です

    ユーザーID:9834129695

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 婦人部・婦人会は無いです

    自治会はあります。
    その中に、老人会や子ども会はありますが、婦人部は無いです。
    男女問わず料理を作ったりする場面はないです。

    何十年か前の自分が子供の頃はそのようなものがありました。
    行事のときに炊き出しをしたり、町内で葬儀があれば婦人会で料理をつくったり。
    昔懐かしい風習と思っていましたが、21世紀、令和の時代にもまだ残っているのですね。

    私は50代ですが、そのような地域は無理だなあ。

    ユーザーID:7112242365

  • すごい!

    今どき、あるんですねー。びっくりです。
    婦人部、名称だけで、内容は男女問わずのもの、旅行とか、敬老のお祝いとか、なので、役員決めの時にはその年の男女比により、男性にもやってもらいましたよ、皆さん当然の如く、嫌がらずにやってくれます。この名称も変えないとね、と話しています。
    15.6年前には、会議のお茶出し、後片付けとか、女性だけでやってたので、当時、年配の方達は当然のように受け入れてました。年度の初回に、同年代、30〜40代の数人で取り上げてもらい、時間短縮のため廃止しました。
    定例会は1時間以内で終わらせる、そのために集中したいと。飲み物は、夜にお茶は飲みたくない人もいるし、必要な人は自分で飲みたいものを持つてきてもらうことで同意してくれました。それに、本音は早く帰りたいのもあるし。 
    今までずっとやってたからと??ということが沢山あり、その年でかなり簡略化しました。
    パトロールは定例会の前、終了後はそのまま会議になります。他の人は配布物の仕分け、会議室の準備などして、定刻とおり始めて、時間をみながらすすめました。予定時間内で終わらせるため、上の役職の方はそれなりに準備してましたが。
    少しずつでも、変えられるといいですね。
    今年はこんなご時世なのに、誰も疑問に思わないのでしょうか。

    ユーザーID:3790639444

  • 婦人部はありません

    私の住んでいる所の町内会には婦人部はありません。会合での食事は飲食店から弁当を取り寄せています。トピ主さんの町内会はかなり時代遅れの感じがします。時間がかかるかもしれませんが、同じ意見の人を集めて婦人部廃止の交渉をしてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:5900721855

  • 「婦人部」のある町に住んでいた

    町内会とは別に「婦人部」ありました。

    西日本の田舎です。結婚して住み始めた町で24歳で「強制入会」です。
    政令指定都市から嫁いだので驚きの連続でした。 
    1世帯につき主婦なら姑と同居しているお嫁さんも入会です。
    公民館の掃除とか婦人部の回覧板もまわってきました。

    12年に一度、地区で「お祭りの当番」が来ます。
    私がいた時丁度まわってきてしまいました。
    お祭りといっても盆踊りや屋台が出るような賑やかなものではないんです。
    お盆にあるんですが準備の段階で大変ってわかったので産まれて間もない子供を私の実家へ新幹線で預けに行きました。
    お参りにくる人にひたすらお菓子を出してお茶を紙コップに注いでおもてなしするんですよ。
    気味悪いというか、気持ち悪くて。こんな事したことないし。

    すごくその町が嫌いになって夫に頼んで無理やり引っ越しました。

    ユーザーID:4137307429

  • あります

    町内会に婦人部あります。青年部も少年部(でも青年部がかなりのご高齢で、少年部が中年な感じ)もありますよ。古くからある町内会なので。
    でも婦人部も青年部もお当番で回ってくるじゃなくて、一回入ったらずっとという感じです。

    今新しく婦人部や青少年部に入る人は、親が入ってて断れない人とか、子供会(これは当番で1世帯一回)でやる気あってそういうの好きなごく少数の人がスカウトされる感じ。なので、ほんと老人会みたいになってます。

    活動内容はトピ主さんの書いてる内容と同じような感じですよ。あと、婦人部主催のバス旅行なんてもの町内会の回覧板で参加募集まわってきたりします(コロナで流石に今年はなかったみたいですが)。

    古くからの地域は中々大変ですよね。うちのあたりは子供会も本当にいろんな行事も昔ながらのそのままでたくさんあるので(他の町内に話すとびっくりされるくらい大変)、みんな子供のためとはいえ一年終わると本当にほっとします。

    でも住んでる以上仕方ないとみんななんとか陰で愚痴をこぼしつつ一年だからと頑張ってますよね。主さんもあと少し頑張ってください!

    ユーザーID:6187295884

  • やりました

    私が26歳で嫁いできて2年後、町内会の実行委員が回ってきたのですが、やってみると婦人会の仕事。催し物のお料理やホウ酸団子作り。20代なんて私一人で孤独感満載でした。最低限参加して、仕事があるからとほとんど欠席しました。
    実行委員になったのであって婦人会に参加した覚えはありません!と言いたかったですね…。

    ユーザーID:1192948778

  • 30年前の地元ならあった

    今は、その地元も引っ越した先も、そんなの無いですね。

    婦人会どころか、地元の自治会だって無くなっている所が多いし、
    無くなっていないにしろ、そもそも人が居ない。入る人も居ない。

    引っ越し族が多い。子どもも少ないでドンドン縮小しているっていうのに、さらにお母さんたちに負担な婦人会だなんて、誰もその地域に寄り付かなくなるレベルだと思います。

    ユーザーID:6931716997

  • ありました

    婦人部という名前ではありませんでしたが。

    引っ越す前の団地がそんな感じでした。
    すごかったのが葬儀の時です。

    棺桶は同じ班の男性が担ぐんですよ。
    お骨を拾う箸は竹を削って作ります。

    いきなり「同じ班の〇〇さんが亡くなって、
    今晩が通夜、明日が葬儀なので会社を休んでもらって」
    と言われた時には驚きました。

    そして本当に会社では、あの地区はそんな習慣だから、と
    あっさり急な休みがもらえました。

    女性たちは亡くなった人の親族用の通夜の料理を作り、
    集会所に泊まる人用の朝食を作り、
    とにかくひたすら料理と皿洗いをしましたよ。

    幸いなのはメニューは決まっていて、
    天ぷらのような手間のかかるものはなかったことです。
    一升炊きの釜で何度ご飯を炊いたことやら。

    引っ越してしまったので、今もそのような習慣があるかどうかは不明です。
    ただ平成にはまだありました。

    ユーザーID:6258988352

  • 今はないかも

    昔はありました。
    私が子供のころで30年以上昔です。

    今は町内会くらいかな?

    夫人部は無くても他の名前は無いですか?
    青年部とか消防団とか。

    >女性だけご飯作らせ、後片付け

    トピに「男性陣が外の見回りをして」と書いてあります。
    火事や防犯関係のことで動くのは男性なので、男性は女性だけに仕事を押し付けている気は無いんですよ。
    担当している仕事が男性と女性では違うという意識です。

    私の地域では、昔は町内会、隣保班、老人会、青年会、婦人会、子供会がありました。

    町内会は地域全体、隣保班は4軒から6軒程度の隣近所のグループ、老人会はお爺ちゃんお婆ちゃん、青年と婦人はお父さんとお母さん、子供会は小学生。

    昔の田舎は不便だったから助け合わないと生活できません。
    主な活動はこんな感じだったと思います。

    町内会は祭りや公民館の管理や清掃活動、隣保班は冠婚葬祭の助け合い、老人会はお接待(宗教行事)、青年会は防犯・防災活動、婦人会は他の活動の裏方(まさにお母さん的お世話)、子供会は廃品回収。

    中学生、高校生、大学生、実家暮らしの独身者は祭りくらいしか参加しません。

    葬祭場ができて自宅でお葬式をしなくなり、花嫁さんが花嫁衣裳(和装)で地域を歩かなくなり、店が増えて仕出し料理を頼めるようになり、専業主婦が減って子育て層が忙しくなり、子供たちが忙しくなり(塾や習い事が当たり前になり)・・・活動がどんどん減っていったように感じます。

    昔は自分たちでするしかないからやってただけで、世の中が便利になるにつれ自然に面倒なことはやめていった感じです。

    ユーザーID:4908051923

  • 変わるのには時間がかかるでしょうね。

    似たような感じで、義実家のある地域(山村です。)には『婦人会』というのがあります。

    トピ主さんがお住まいの地域も昔ながらの因習がたくさん残っている地域ではありませんか?

    私は住んではいなかったので、月ごとなのか1年後となのかわかりません。班ごとに順番が回ってきていました。

    たまたま義実家に行った時に、村で亡くなった方のお通夜・お葬式の食事当番に子供連れで行かされました。義実家にいたって、義母にこき使われるだけなので、当番のおばさん達とおしゃべりしたり、お料理のレシピも教わったりして、大変な中、いろいろと勉強になりました。

    教わったレシピは家族にも好評なので、よく作るようにもなりましたし、食事当番のおかげで村内に顔見知りの人達も増えました。悪いことばかりじゃなかったです。

    >みなさん仕事は終えられた方ばかりです。
    >私は30代で、子どももいるし、仕事もしてるのにこの内容はキツイです。

    うんうん、大変ですよね。

    でも、それを言っても、「私達もそれを乗り越えてきたのだから・・」ということを言われてしまうだけだと思うし、むしろ生意気だと思われてしまうかもしれないので、黙っておいた方が良いと思います。

    今若手の人達はトピ主さんと同じ思いをしている人が多いと思うので、その人達が発言権を持つような年代になれば、徐々に変わっていくのではないでしょうか。若干時間はかかるでしょうけど。

    ユーザーID:6829131030

  • しっかり活動しています

    地方の人口5万人程の町です、合併で増えましたが、広範囲に集落が広がっています。

    婦人部、しっかり活動しています。お祭りの食事、敬老会の手伝い等、まだ当分存続して行くのでしょう。

    自身はまだお役目は申し使ってはいませんが、何れ回ってくるでしょう。
    知り合いも当然の役と受けとめています。
    地域性でしょうね。首都圏のマンション住まいしていた時にはあり得ない役でしたが、郷に入ればで仕方ないです。
    若い方には負担になるでしょうが、都会と違い、まだ地域の繋がりが密な田舎の役割なんでしょう。

    年代の違う人との交流も稀有な時代ですから、良い方に考えて1時我慢ですかね。

    コロナの影響で中止の行事も沢山ありました。今年の婦人部の活動も少なかったらしいです。この機会に見直す事が出来れば良いですが…

    ユーザーID:5925965820

  • 無くなりました

    トピ主さんのところほど強烈ではないですが、10年ぐらい前に、係が回ってきました。
    もしかしたら、大昔はトピ主さんのところのようだったかもしれませんが、その頃にはすでにかなり弱体化していて、下っ端は月一度の会議に出て、各家庭にプリントを配る程度でした。
    その月一度の会議に出て唯一分かったのは、婦人部なんて存在自体いらないなということだけでした。
    その後、うちの区域ではその月一の会議さえ出てくれる人が見つからなくなり、脱退したと聞きました。本部も無くなったんだっけ。
    当たり前ですが、何一つ困らないので、存在自体忘れていました。
    町内会はさすがに簡単には無くならないでしょうが、婦人部は全国的に減っていくだろうと思います。
    うちは全国的に見てかなり田舎だと思いますし、農家の家庭もありますが、60代でもみんなドライです。

    でも職場の人の話を聞いてると、まだまだ濃い婦人部は存在しています。
    退職後の認知症防止にやってる人は勝手にすればいいですが、若くて働いている人には勘弁してほしいですね。

    ユーザーID:4358655554

  • ないです

    >昭和の時代じゃないですか?
    昭和初期の話みたい
    私が子供の頃ですら、そんなものなかったです
    (あらふぃふです)

    廃止案は出せないんですか?
    「借りてる」とのことなので
    長くは住むつもりはないだろうし
    どうでもいいんだろうけど・・・

    ちなみにコロナ禍の中でも町内会の集まりや
    その後の食事会はあるんでしょうか?

    ユーザーID:0523189674

  • レスします

    婦人部は何年か前に解散しました。わたしは60歳女性ですが、婦人部に入ったことはありません。

    こちらはかなり田舎の小さな集落です。7年以内には、確実に限界集落になります。婦人会に入っていたのは、義母たちの世代です。その世代の面々が歳をとり、活動が難しくなった時に解散することが決まりました。活動は、年に2回の草取りだったと思います。草取りしたあと、みなでお茶を飲んでいました。わたしが結婚してから26年たちますが、それ以前の活動についてはよくわかりません。婦人会としての葬式の手伝いの料理や配膳などは、わたしが結婚してすぐの葬式が最後だったと思います。いまは婦人会にかぎらず、葬式の手伝い自体がありません。

    義母たちの世代はだんだんと数が減り、いまは3人だけになりました。わたしの世代の女性はもともと3人しかいません。だから、婦人会は解散し、草取りなどは男性が機械でやることになりました。

    老人会というのも昔はありましたが、いまはありません。婦人会より早くになくなりました。やはり女性のほうが長寿ですし、もともと男性のほうが年上だったからですね。

    男性たちも昔とは考えかたが変わっています。古い慣習はどんどんなくすか、簡略化するかしています。これは、きっと小さな集落だから簡単にできることなのかもしれません。

    トピ主さんのところでは、いろいろと古くからの習慣が残っていますね。婦人部のほかのかたがたはどう思っているのでしょうか。でも、まだ60歳前半なら、あまりつらいと思わないのかもしれません。やらなければならないと思いこんでいるので、脳がマヒしているはずですから。それを考えると、できるだけ早く引っ越しするのがいいのではないかと思います。

    ユーザーID:3459885578

  • 20年前になくなりました

    老人部もありません。
    昔は婦人部が行事の時の飲食の準備後片付けしてたようですが、
    婦人部作るのなら、男性部も作らないと不公平という意見も出て、
    結局廃部になりました。

    ユーザーID:5288414006

  • 解散しました

    約20年前に夫実家に同居することになりました。
    そこには「婦人会」が存在し、嫁になった時から60歳まで所属するものでした。

    転居した途端に、近所の先輩奥様から婦人会入会の打診があり、地域のお嫁さんは全員入会していると言われたので入るものという雰囲気でした。
    地域は7組に分かれており、組に1人代表者がいます。

    婦人会の活動は、年に1〜2回の○○教室(代表以外は強制ではない)、新年会(喪中者以外全員参加)、年2回の総会くらいです。
    ですが、組の代表になると○○教室の企画、新年会の主催、地域の秋祭りでのステージ出演があり、年に何日も夜に集まらなければなりません。

    他家の子どもが小さいお嫁さんたちは、お姑さんが食事を作るので出かけやすかったかも知れませんが、うちの姑は作れない人なので、会議の日は本当に大変でした。

    ある年に、どなたからか婦人会の存続意義を問う声が出てきたようで、全員で話し合う場が設けられました。
    結局、負担に思っている人が多くて解散になりました。

    田舎なので、過去には、地域内で死去された人がいれば地域で葬儀を出す風習があったらしく、葬儀準備の男性たちの食事を婦人会が公民館に集まって作り続けていたようです。
    昭和の時代でしょうね。

    男女問わず70歳以上になると「老人会」に入会となります。
    今年はコロナで活動は何もありませんが、月に1回は食事会で集まっているようです。

    小中学生は子ども会に自動入会。
    その親の保護者の会も存続中です。

    ユーザーID:1704924198

  • 首都圏ですが

    首都圏、政令指定都市で都会な感じですけど、婦人部あります。
    昔から代々住んでる方が多い地域だから、そういうの大事にするのか、なくならないんですよね。
    結構活動も盛んですよ。喜んでるのはご高齢の方ばかりだろうけど、同居はしてなくても同じ町内に家を建てて子どもが住んでる家も多いので、みんな親の顔を立てなきゃだしなくならないのかも

    ユーザーID:6187295884

  • 引っ越す

    婦人部って・・・。
    昔話の世界ですね。
    私は中高年女性ですが、今もそんなことやってる地域があるなんて。すごいですね。

    引っ越すことはできないのですか?
    婦人部があるといううわさが広まって新しい人が住まない、又はうわさを知らずに住んでしまったけど実情を知り引っ越して行ってしまったとなれば、やがて高齢化によりその町は無くなるでしょう。
    そしてリセットされ、現代の町ができるでしょう。

    住民同士の交流は大事だと思います。
    でも女性だけが料理後片付けって、修行・苦行・罰ゲームの類でしょうか。
    男女ともに、わいわいがやがや、皆で料理して皆で食べて皆で後片付けすればいいのにね。
    外の見回りも同じ。
    男女ともに見回りをすればよい。
    でも女性蔑視の観念から、女は足手まといだとか見回りは男の仕事だと信じて、男だけでやっているのかもしれません。

    こういうことは、トピ主さんはじめ女性が声を上げてもどうにもなりません。
    男性の意識が変わらなくては、何も変わりません。
    「時代にそぐわないことはやめましょう。皆でやりましょう」と男性が声を上げないと、どうしようもありません。

    ユーザーID:9880775259

  • いやいや

    感染予防のため、今年はやめませんかっいうのはどうですか?
    そもそも料理したくないご婦人もいるはずですし。

    ユーザーID:0004871803

  • 料理だけが仕事じゃないので

    私の住む自治体では側溝の清掃や小規模河川の管理、街路樹の剪定なども町内会の仕事です。
    台風が来た時は河川の見回りもやります。
    そういう外仕事は男性たちがやってくれます。
    町内会長みたいな責任ある役目もほぼ男性です。

    だからお茶出しなどの細々した仕事は女性が担当します。
    料理は私の町内会では年に一度の敬老会だけですけどね。
    男性たちは「女性も汚い仕事やトップもやるべきだ。不平等だ。」とは言いませんけどね。
    ちなみに会長はもちろん、外仕事は女性には絶対不可能というほどでもないです。

    町内会がどんな仕事をしてるかは様々だから一概には言えないけど、私は男性並みに外仕事する自信がないし、会長みたいに皆をまとめる仕事も苦手なので料理なら担当しますけどね。

    ユーザーID:4158144820

  • 未だ男女の役割が好きな方々

    地方都市の自治会役員です。女性です。
    婦人部などは特にありません。
    ただイベントなどあれば当然、煮炊き、お酒の用意などあります。
    男性はやはり若い世代ほど手伝っていただけます。バーベキューののりです。

    60代くらい以上の世代の女性って、男性に対して
    「あ!お鍋は私が見ます!どうぞおかけになって」
    みたいな、料理、そうじ、後片付け等、いかに早く気づくか、気配り女房合戦になるんです。そうした奥様たちが婦人部的な役割されています。
    若い女性たちが引いてしまって次出てきません。

    己の価値は、気配り女房働き者(家事に関しての)の女房、みたいな感じ?
    まだそうした層が多いから世の中変わらないのかな・・・と思ったりします。

    私はアラカンですが、ずっと働いてきた人間です。
    まだ自治会役員歴は短いですが、準備、打合せ、采配指示等はやりますが、
    ああした気配り女房合戦でははじき出されてしまいます。
    でも、ずっと建築現場にいたこともあり、8尺脚立に上がって提灯取り付け
    などはできます。
    年配のオジ様たちが目をむきます。女が力仕事すると不思議みたいです。

    ユーザーID:4895664890

  • まさに加入中。

    うちも昔からあり、姑から引き継ぎました。

    年に2〜3回くらい集まって、日帰り旅行や奉仕活動をします。自分は40代で、一番若いです。なんか適当に楽しくやってます、

    秋祭りで食事の用意はしますが、後片付けは男性の仕事ですよ。カカァ殿下の家が多いからでしょうか。

    ユーザーID:2804382318

  • ・・・今、令和だよね?

    キャー、絶対嫌だわ〜

    町内会の中の婦人部・・・
    昭和初期?祖父母の時代?って思ってしまった

    町内会に入ること前提での賃貸ですか、それも怖いな

    町内会って強制じゃないんですけどね
    一部地域ではまだこういう状況なんですか

    トピ文に辞めたいだとか、引っ越したいだのとかの言葉がないので
    私があれこれ言うこともできないけど
    私が住んでいる所では、町内会は任意です
    辞めたい人は辞めていいし、入りたい人は入ります

    とくに何かをするわけでもないんです
    ゴミ問題は市の管轄ですし、辞めても問題無く捨てられます
    婦人会・・・母の時代にも聞いたことありません

     

    ユーザーID:4269106807

  • 40年、無縁の生活です。

    生まれて40年、町内会はあっても婦人部はないところばかりで暮らしてきました。

    今も、かなり田舎に住んでいますが、婦人部はありません。豪雪地帯で除雪を依頼するため町内会加入は必須ですが。

    そもそも、離婚率が高い地域なので、離婚して単身やシンママ・シンパパな世帯も多く、男女別に活動するのは無理があります。

    町内会のお祭りなど、行事はけっこうありますが、料理は町の仕出し屋さんにお願いしているようです。

    ちなみに、転勤族や学生さんなど、一時的に住んでいるだけの人は、町内会費を払うだけで、役員もまわってきません。

    ユーザーID:3287132840

  • 今はないみたいだけど

    夫親の代から住んでます(現在義母と同居)
    昔はあったようですがいつのまにか無くなったようです

    10年ぐらい前までは町内会のことはを義親がしていて
    時々婦人部がどうのと言っておりましたが詳しい内容は知りません

    町内会とは完全に別ではないものの参加は任意とかだったのかな?
    隣の若夫婦は辞退したようだったので
    (トピ主の所と一緒で60代とかばかりだし)
    義母から私に代われと言われたら断る気でいましたが
    その時には無くなってましたね

    ただ、町内会事体の行事ごと、運動会の後の飲み会や新年会
    私お酒飲めないし行っても面白くもないと言ったら
    義母からは、女は飲むたために行くんじゃない
    お酌やおさんどんのために行くんだとか言われたことあったなぁ〜
    (もちろんそんなことしたくもないので行きませんが)

    ちなみに義母は現在80代ですから
    義母の時代はそうなのかもしれませんが
    今はそんな時代じゃないでしょうって感じですね

    まあ夫が町内会にそこまで必要性を感じていないので
    無理にやらされることもありません

    ユーザーID:1004686025

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧