亡くなった義母からの手紙

レス104
(トピ主0
お気に入り286

家族・友人・人間関係

だんごさん

レス

レス数104

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • もう忘れませんか?

    義母様は亡くなられたのです。

    亡くなって仏様になった人の事を
    いま、恨みつらみを言って考えるのはよろしくない。
    あなたの精神にとって、よろしくない。

    もう嫌だったことにこだわらず
    過去にあれが嫌だった、こんなことがあったと言わず
    忘れて、前を向きましょう。

    手紙のことは、
    義母さんにとっても過去のことだったのです。

    義母さんも、あなたに息子のことを文句言われ
    立腹だったでしょうが
    手紙を実際にあなたへ出さなかった。これがすべてです。

    捨てずに押し入れにあったのは、
    義母さんの怒りが完全に消え去ってなかったから。
    だけど、これは息子の文句を言われたのだから当たり前ですよ。

    何名かのレスにありますが
    義母さんに夫の文句を言えば
    相手が怒って当たり前です。

    ただ、義母さんは手紙を出さなかったことで
    あなたとの関係をこれ以上悪化させずにやり過ごした
    それが、せいいっぱいだったのです。

    トピ主さんが課題とするのは
    このことを教訓にして、今後の人生に活かすことです。

    義母さんは亡くなられたけど、あなたの人生はまだ続くのです。

    あなたのトピを読んでいると

    義母の方が悪い、
    義母がこんな悪いことをした
    義母は亡くなってからも、嫌味のように押し入れに手紙を残した
    夫は救いようがないくらい悪い事をしたから
    義母に私が文句をいったのは夫が悪いから正当性がある行為

    そんな内容ばかりですね?

    夫とあなたは夫婦なのですから一番近い関係です。
    夫が嫌なことをしたのは義母のせいではありません。

    責任転嫁ばかりしていても解決にはなりません。

    これをきっかけに、家族との関係を見直しましょう。

    そしてなぜ、関係がこじれるのか
    こじれた時に、
    「あいつが悪いんだ!」と感情に任せて文句いうことに
    何の正当性があるのか、考えた方がよさそうです。

    ユーザーID:9690041540

  • ずるいやり方ですね。

    読んで率直な感想ですが義母さん、ずるいです。ムカつきます。

    自分からケンカをふっかけておきながら、逃げる。反論できない状況にしてしまう。
    姑と言うのは、自分に取って都合の悪い事は全部嫁のせいなんです。

    私なら手紙は一応さらっと読みます。読んでイライラして捨てる。夫の目に付くよう捨てます。同封されていた現金を散財します。

    姑の墓参りもしない。お線香も上げない。
    姑は他人ですから何もしない。

    ユーザーID:5690648280

  • 謎ですが。。。

    年寄りの思考や情緒というのは複雑かつ繊細で、子ども世代にはうかがいしれぬものです。
    自分も年をとったら慮ることができるようになるかもしれないし、わからないままかもしれません。どちらにしても、あまり真剣に捉えて悩まないほうがいいですよ。病んじゃうから。
    お姑さんを知らないので違っているかもしれませんが、寂しくて少し暇だったんじゃないでしょうか。人間って暇なときはろくなこと考えないと言うじゃないですか。人間は頭の中がひましている時はだいたいネガティブな発想するものらしいですよ。お姑さんが寂しくてたまらない時にふと思い立ってぐわーっと書いたんじゃないでしょうか。
    切手を貼ってあったと言っても、投函してなかったのだから、ご自分でも最後のところで思いとどまっていたんだと思いますよ。
    私は単にその手紙を用意してみただけでお嫁さんに出そうとは思ってなかったんじゃないかなと思いました。女の人ってそういうところありますよ。
    故人のご冥福をお祈りいたします。大変でしたね。お気を楽なように、あまり気にしすぎないようにね。
    お金は、私だったらお姑さんの供養に遣うか、ご主人に渡しちゃいますね。

    ユーザーID:7939902386

  • 感情論でしょ

    不快な気持ちはよくわかります。
    誰でもどんなことでも、人から悪く言われたら
    気分を害します。
    そこに様々な感情が絡みつく。

    仮にトピ主さんの子供さんの嫁や婿が、
    例え事実で正論であったとしても悪く言われたら
    絶対に不快に思いますよ。
    良いと悪いとかでなく、そういうものでしょう。
    子供の肩を持つのは自然ではないでしょうか。

    手紙を遺したとはいえ、結果出さなかったのでしょう?

    仮にトピ主さんの手にいづれ渡ると計画していた
    としても、お金をお嫁さん宛に入れておきますか?
    私は復讐とは思いませんでした。


    息子のことを悪く言われて、義母にも嫁に対して思うことがあった。
    手紙にしたためたけど、ごめんなさいね。
    ありがとう。息子のことで大変な想いをさせて
    るね。少しばかりだけど。。という形なのでは
    ないかと感じました。

    人はお金に正直です。
    憎く、腹の立つ人に遺したりしません。
    絶対に使いたくないでしょう。
    自分のために使うか、血縁者に残すかでしょう。
    お嫁さんにということは、そういう気持ちが
    込められているとおもいますよ。

    手紙は義母が、トピ主さんに言われた時に息子に
    対する親の気持ちなんです。
    悪くしか書かれてないとのことですが、文末には
    「息子のことをよろしくお願いします。」的な
    何かしらメッセージが込められていませんでしかたか?

    ユーザーID:5702453946

  • なぜ、あなたの実家と比べる?

    まあ、当方も夫婦で50代ですが、30代の結婚してまもなくの帰省の折に、夫が衣服を脱ぐときに裏返しに脱ぐ、独り暮らしの時は着るときに表に返していたので本人としては不都合がなく、洗濯する私はイヤなんだけど、という愚痴を言いました。そうしたら、義母は朗らかに「お父さんは片袖だけ裏返しよ」というので、その方が面倒だな、と思って、私の愚痴はお義母さんに比べたらマシだと思いました。そんな愚痴的な内容なら、おそらくわざわざ手紙にしたためることもなかったと思います。よほど、ご主人を非難する内容だったんでしょうね。

    そのご主人をあなたが選んで結婚したわけです。
    私は義母との話以降、実家にも笑い話に昇華出来る話でなければ、話しません。理由は、心配させる。そして、私が望んで結婚した相手だから。

    トピさんのお義母さんは、投函しようかどうか迷ったけれど、とうとう投函しなかった。でも、我が子を責めるあなたに、それこそ50も過ぎた大人同士の問題をどうしろ?と言いたかったんでしょう。イヤなら離婚すれば良いのに。

    あなたのご両親が聞き流すのは、聞けばあなたが気が済むと思っているからで、夫婦のことは今日ケンカしても今晩仲良くなることもある、と夫婦暦の長い人は知っているし、そうでなくても、夫婦のことは夫婦で解決するしかないからです。まさか、夫婦のことに親に出張って欲しかったんですか?



    50も過ぎた大人が、夫婦のことを誰かに解決してもらわなくてはならないほど未熟なのですか?

    本題:トピさんは誰かにどうにかしてもらいたいようなので、ご実家に手紙を見せたら良いのでは?

    ユーザーID:5362759316

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 20万円はもらう

    くれるというのだから、貰っていいと思います。

    義母さんに、夫の文句を言うなんて意味ないことをしましたね。
    自分の子を差し置いて、嫁の味方するわけないですよ。義母さんにますます嫌われただけ。でも嫁姑はそんなもんです。

    そんな嫁になぜ20万を残すのか、また、性悪な手紙はもともと出さないつもりだったのか。謎ですね。

    ユーザーID:9356089785

  • レスします

    何年も会わない姑に夫の愚痴ですか?
    事実かどうかは重要ではありません。

    あなたにとって、姑に言いつけることでスカッとした部分があったのかもしれません。
    でも、その分、姑さんは傷ついたのでは?
    その場であなたにそれを言わなかった分、心に残ったのでしょう。
    それを文章にしただけでは?

    いつもあなたが姑さんを気にかけて介護などしているなら愚痴を言うのも分かります。
    でも、何年も会わないのに愚痴を聞かせるなんて。
    すみませんが、私には分からない感覚です。

    ユーザーID:0939312837

  • 「そんな人だった」で片付けてしまっては?

    他の身内の方にも手紙があったのなら
    トピ主さんと同じ内容の方もいたのではないですか?

    結果的に、このお姑さんの手紙はズルいと思います。
    トピ主さんに反論したいのなら生きているうちに手紙なり、
    電話なり出来たと思います。

    お姑さんに話した旦那さんの愚痴も余程の内容で
    トピ主さんも腹に据えかねたことなのではないですか?
    それがお姑さんの手紙で一方的に責められ、
    ちょっとトピ主さんが可哀想だと感じました。

    今、たった一人の当事者だから混乱しているかも知れないけれど、
    せっかく生きているんだから嫌な思いを
    一日も早く忘れてしまいましょう。
    お姑さんとはもう二度と会うことはありません。
    手紙も捨てて 心穏やかな日を取り戻してください。

    お姑さんは「そんな人だった」んですよ。
    それはトピ主さんが感じた通りでいいんです。

    ユーザーID:5335595568

  • 自分が(義母に夫の愚痴を)言ったからでしょ

    義母も辛かったんですね、息子の愚痴を嫁から聞かされて。
    でも、ずっと我慢してた。だけどこのままあの世にこの気持ちを持って行くのは辛過ぎる。だから本心を書いて遺したのでしょう。
    その手紙は、読み方を変えたら「息子と仲良くして欲しい」と言う気持ちだと思います。別居の親からしたら、きっと夫婦喧嘩の理由はあまり関係無いのでしょう。二人が仲が良くて幸せならそれで良いと思って居た。それだけ。
    良い義母さんだと思いますよ。うちの姑に息子(私の夫)の愚痴なんて言ったら
    たぶんその場で逆ギレした上に根に持って死ぬまで嫌がらせされると思いますから。うちの場合は、夫婦で仲良くして居たらわざわざあの手この手で喧嘩する様に仕向ける様な姑なのでね。
    物事良い風に考えた方が楽で良いと思います。
    20万円は夫には言わずに、でも夫と二人で仲良く外食でもして楽しんで来たら如何ですか。それで供養としたら如何ですか。気分転換して元気出して!

    ユーザーID:6554330600

  • ん?

    >私あての物は現金20万円と便箋1枚の手紙でした
    はじめはお礼とか感謝なのかと思ったけど違うのですね

    ただ、やはり
    夫の愚痴をわざわざ電話で母親である義母にいうのは
    どうなんでしょう?

    それこそ、もっと交流があって仲がいいとか、同居なんて場合なら
    まだしも、ほぼ合わないんでしょう?

    それと
    >私も過去、実家には泣き言を言った事もありますが、
    >私の両親が夫や義理の家に文句や抗議をするような事は一切なく
    >聞き置くだけで静観していました。それが普通であって

    これってトピ主が実親にってことでしょう?

    確かに義母さんからの手紙には、ご主人が義母さんに愚痴った内容もあった
    とかなのでしょうけど
    メインとしては、トピ主が義母さんに抗議したことに腹がたったということでしょう?

    その場合、ご主人がトピ主親にトピ主の文句を言ってそれを
    トピ主の親御さんがご主人に嫌味をいうってことだから
    今回の手紙ってまったく意味違いますよね?

    まあ、私は義理の親と同居で義母のことは大嫌いだし
    向こうも出来の悪い嫁とおもってるから
    そんなもの見たら問答無用で破り捨てますね

    ユーザーID:0011520943

  • 実際のところはわかりませんが

    義母様は闘病されていたのでしょうか。余命が間もないという自覚があったのでしょうか。
    もしも自覚があって、家族それぞれに手紙が残されていたのであれば、20万円と共にというところに義母様の本音があるような気がします。
    仲のよくない息子夫婦のことが心配で、嫁からは息子の至らないところについて聞かされたことがある。
    ただ自分は余命が限られていて、自分自身、気持ちに余裕がなくてということがあれば、純粋に息子をかばいたいという本音を、嫁にぶつけさせてくださいというところではないのかなと。
    手紙の愚痴に対するお詫びとしての20万円として、私は堂々とお受け取りになればと思います。
    少なくとも義母様は、家族の中でも本音が言える存在として主様を認めておられたのかもしれません。
    なんでこんな内容の手紙をというお気持ちでいっぱいと思いますが、「義母さん、本音確かに受け取りました。私も本音を大事にしたいので、ご理解ください」というところで、お手紙はシュレッダーされてよいのではないでしょうか。

    ユーザーID:1881518151

  • 私なら悲しくなる

    なんかさあ、最後まで恨まれたままなんて、私なら悲しくなるけどなあ・・・!
    亡くなってしまったら言い返せもしないし、仲直りもできない、
    過去に言いたいこと言ってこちらはもうスッキリして暮らしていたのに、向こうはそんなにずっと気にしていたなんてショックだし、申し訳なかったの一言に尽きます。

    私なら、その手紙は残しておくかな、少なくとも心には残しておくよ。思い上がって誰かを傷付けそうになったときの戒めとして、忘れないでいようと思います。

    ユーザーID:6311368377

  • 普通

    普通は、自分の普通

    そもそも自分基準なのだから
    お姑さんの普通はこれなんだな

    それで良いのではと思います

    お金の話をしたわけでもないのに20万
    間違ったことを言ってないから後悔はない
    けど、手紙は誰にも見せられない

    夫婦間で解決できない問題を親に愚痴るのが普通なら

    その手紙を夫に見せては?
    あなたの理屈でいくと、隠し事なんてしなくても良いのでは…

    ユーザーID:0293961740

  • 捨てないです。

    どんな愚息でも親は悪口を聞いて良い気はしませんよね。言うべき人を間違えましたね。姑さんも負けずに手紙を書いてるって何か性格がトピ主さんと似ているんじゃないかしら?私なら悪口の手紙でも一応取っておきます。でも二度読みません。

    ユーザーID:8614075752

  • 誰宛の手紙??

    身内に充てた手紙、と
    トピ主さんあての便せん1枚と20万円は別ものなのですか?

    身内に愚痴ろうとした手紙なら、
    トピ主さんに読ませる手紙じゃないだろうし、
    (宛名がトピ主さんあてじゃないってことですよね?)
    残っていたのは、トピ主さんも
    穏やかじゃいられないでしょうけれど、
    息子の不満を聞かされたらそのくらいはするのかな、と。

    「身内」の方は、手紙の内容をご存じだったのですか?
    結局、手紙ではなく、会うなり、電話なりで
    愚痴を聞かされたので、手紙を送る必要がなくなり、
    義母は、気が済んで手紙を忘れたとか?

    で、便箋1枚が、「切手を貼ったままのトピ主さんあての手紙+20万」だとするなら、
    愚痴は書いてあるけれども、よく読めば、
    恨みつらみというよりは、
    嫁に言われちゃったわぁ、的な理解を示す内容だったりしませんか?
    ブラックジョーク的な。

    で、まあ、いろいろあったけど、
    縁あって息子の嫁になったわけだし、の20万。
    (なんじゃそりゃ)

    札束で相手の頬をなでる、とかいう嫌み?もあるでしょうけれど、
    現金を残すってことは、そこまで嫌っていなかったんじゃないのかなぁ??

    義母の肩持ちすぎ?

    義母の命日あたりに超おいしいものでも食べてください。

    真実はわからずじまいでしょうから、
    トピ主さんの気のすむようになさればよいのでは。。

    ユーザーID:9066965085

  • レスします

    この問題、亡くなられてるから
    もう本人の意向もわからないし
    気にしないのが一番かも。

    だって、わざわざ切手まではってるけど
    押し入れに入れてしまってる時点で
    もう何がしたかったのか意味不明だし。

    死後にきちんとみんなにみてもらいたいなら
    押し入れには入れないですよね。
    小物入れの引き出しとかなら
    まだわかるんだけど。

    トピ主さんもやりすぎな感じだけど
    義母さんもちょっと変わっていたのかな。

    どちらにしても
    生前からほぼ交流なしだったなら
    今更、本意もわからないし
    自分とは気持ちの面で縁がなかった人だったのだと
    わりきって、気にしないのに尽きる。

    ユーザーID:0850180557

  • 20万円受け取らないよね?

    手紙を読んで腹ただしいのなら燃やしてしまいましょう。
    そして現金はどこぞに寄付でも。

    ‥まさか現金もらわないですよね??

    ユーザーID:7584538645

  • 身内それぞれに1通ずつ書いてあったのよね。

    そしてトピ主宛の一通が、トピにあるやつよね。
    勘違いレスがあったので。
    さて、私ならですが・・・
    あの世でも来世でも繋がりたくないので、縁切神社に行って結んでくるかな。お焚き上げでもいいけど、供養してやる筋合いないもの。
    でも実際は面倒だからシュレッダーだな。。。
    お金はこれまでのプレゼント代って意味だと思うから、普通に生活費に使って同じ額を自分の貯金に入れるかな。手元に置いときたくはないもんね。

    ユーザーID:5680714468

  • わが子を思う母の哀れさ

    謡曲隅田川の哀れな母のように、川のほとりの薄の影を追い、わが子の幻影を見続け、あれ梅若、あれ梅若とさまよう母のように、哀しいお話ではありませんか。なんだか、胸が打たれました。
    いくつになっても、あなたの夫は、姑にとって、愛しいわが子だったのですよ。夫婦仲の悪さを子の不幸のようにとらえ、子を悪く言うものは、たとえ嫁であっても容赦せず、手紙に石つぶてを認めたのでしょう。
    私だったら、心の中の置手紙として、ずっと死ぬまで持っていると思います。文学的なテーマにもなりそうな御手紙です。
    自分が亡くなった時、お棺の中に入れてもらうかな、と思います。

    子を思う親心、五十になっても、六十になっても、愛しいわが子の幸せを思わない母は居ないということです。
    そのつぶてを投函することもせず、ずっと持っていた結末は、もはやドラマとしか言いようがありません。そこには嫁に対するためらいと思慮があったからだと思います。また石つぶてを投げることによって、息子の夫婦仲が悪くなり、さらなる不幸になることを恐れたのかもしれません。
    あなたも人の親なら、この姑の心の在り方が、理解できると思います。
    あっぱれではありませんか。ドラマ女優のようなお義母さんだったと思います。

    ユーザーID:1322462136

  • 賢い姑さんですね

    死んでしまった人に文句は言えないですが、生きている人から同様の内容を言われたら、まぁ絶縁ですよ。

    私も、主人が生活費を百万円単位で使い込んでいたことが分かった時、姑に電話で愚痴を漏らしたことが有ります。
    なぜ姑に伝えたのかといえば、息子を諫めて欲しいという下心がからで、主人も実の母からの言葉なら素直に聞くのではないかと、まぁそういう気持ちで話したのですが、義母からは「あなたがしっかり管理していないのが悪い」と言われました(笑)

    それから盆暮れ正月の義実家への帰省は子供と主人だけで行ってもらってます。
    生きてる人間が言う言葉は、生きている人間同士に軋轢を生みますので、死んだ後、伝えるなんて、うまいやり方ですよね。
    生きてる側にはたまったもんじゃありませんが。

    そんな手紙後生大事に取っておくことありません、神社でお焚き上げっていうんですか?あんなのに出すとか、手紙供養してくれるところにお願いするとかして、気持ちよくこの世から消してください。
    トピ主様のお気持ちは、すっきりしないかもしれませんが、旦那さんの食事を塩分多めにするとかして、姑の大切な息子に復讐すればいいですよ。

    ユーザーID:0736543228

  • 悲しくなりました。

    トピ主さん、あなたの性根にですよ。
    お義母さんも、悲しくなったんですよ。子に対する愛情と絶望感から、文章にせずにはいられなかった。その気持ち、わかりますよね。
    息子が不憫だと書いてあったんでしょう?その手紙の内容をさらし者にして、母が子を思う気持ちを、50過ぎた息子に、とか、ひどいですよ。
    ノワールさんがおっしゃるように、20万円は、今まであなたがお義母さんにかけたお金の返金です。あなたには一銭ももらいたくないと。
    お手紙読んで、ちょっとでも死にゆく者の気持ちを憐れと思うのかと思いきや、嫌味だとか、恨みごとだとか。
    私は、あなたの心がおそろしい。

    ユーザーID:4316777959

  • 逆だったらどうですか?

    夫婦喧嘩をした時に旦那がトピ主さんのお母様に電話をかけて
    喧嘩の内容や腹が立ったことを話したとして
    お母様がトピ主さんにも話せずずっと胸の中に溜めていて
    もうすぐ死ぬかもしれないとなった時にずっと言いたかった事を手紙に書いたり
    こんな人と結婚した娘が不憫だと思ったら駄目ですか?
    トピ主さんのご両親が旦那や義実家に文句を言ったことがないのは
    旦那がトピ主さんの両親に直接不満を訴えたりしてないからです。
    何か勘違いしてないでしょうか?
    これが義母からトピ主さんの両親に宛てた手紙ならトピ主さんの言っていることも分かりますが…。
    夫婦のことに義母を巻き込んだのはトピ主さんではないですか?
    トピ主さんは言っても反省する人ではないと分かっていて
    ずっと不快に思って我慢してきたことを最後に言い返しただけだと思います。

    ユーザーID:2579045499

  • 手紙はとっておく

    お義母様の件に限らず、これから先に相続問題や財産分与など何かしら親族間で金銭的問題が起きた時の為に、どんな役立ち方をするか分からないながら直筆の手紙なら手元に置いておきます。読み返したりはしません。

    言及されていませんが、20万円はどうされたのでしょう。
    その手紙と現金はセットです。

    私ならですが、20万円は今後のお義母様の法要費用としてご親族にお渡しつつ、経緯として同封されていた一筆の内容を軽くお話しして(他のご親族にも知っておいてもらう)おきます。

    また、何故こんな手紙を…と思い悩んでしまうお気持ちもよく分かります。正解はありません。他の方々もレスされていますが、いつでも投函できる状態にしておくことでお義母様がご自身にストッパーをかけていた、と解釈するのが心の平安の為にもよろしいのかな、と思います。

    ユーザーID:0563199074

  • 投函しなかったのが結論

    義母さんだって人間ですから、
    黒い感情もあれば、ダメな息子でも可愛いものでしょう。

    それを一旦手紙に書いたものの、これはトピ主さんには出すまい、と
    結局理性的な決定を下したから、押し入れに入っていたと考えるのが
    自然ですよね。

    本来なら、トピ主に伝えないのが故人の意向だということです。

    もう見ちゃったけど、私なら「ああ、そうだったんだ」と思うだけです。

    彼女も自分の感情のやり場が無かったんだなぁ、って。

    それでいいじゃないですか、

    嫁や姑に腹が立つことなんて、誰にでもあることです。


    私なら、どんど焼きの火に放り込みます。

    最近は可燃物かどうか材質とかチェックされちゃうから、

    その際手紙は「家庭のごみ」扱いで難しいかもしれませんね。


    それなならば我流のお焚き上げで、

    手紙を燃やして、手を合わせて、故人に感謝の気持ちを唱える、とか。

    投函しないでくれた気遣いに感謝します、

    至らない嫁ですみませんでした、

    と心の中で言うので終わりにしたらいいと思います。

    ユーザーID:9041962426

  • 義母の立場に立つと

    >夫の言動に我慢ならないことが重なり、電話で義母に思う所と不満を訴えた事がありました。

    将来、もしもあなたがお嫁さんかお婿さんに、我が子の不平不満を言われますとどう思いますか?
    滅多に合わない義母に不平不満を言えるトピ主さんは強い人でしょう。
    それを黙って聞いて悶々としたのは義母さんでしょう。
    その手紙でお互い様ってところですかね?

    反省するなら保存ですが、悶々とするなら捨てればいいのと思います。

    ユーザーID:9226389681

  • 義母はアンガーマネージメントの達人

    怒りの継続時間は長くありません。
    トラブルを起こす人は怒りがピークの時に
    行動に移してしまう人。
    ピークが過ぎ去って冷静になってから
    行動するために皿を割ったりスポーツしたりと
    人は自分なりのアンガーマネージメントを身に着けます。
    それができる人は立派だと、私は思います。

    さて、愛する息子に対するクレームを聞いて
    お姑さんさぞや腹が立ったでしょう。
    その場で言ってやりたいことを
    手紙にぶつけて怒りをコントロールしたわけですね。
    死ぬ前にお姑さんが破り捨ててもよかったのかもしれませんが
    本人も忘れてしまったか、その暇もなく死んでしまったか。

    出さなかった、ということは、息子を思ってのことでしょう。
    もめごとが大きくなって離婚にでもなれば息子は
    困るでしょう。

    死んだ後で読めばいいとは思っていなかったと思います。

    ユーザーID:6859735706

  • そのまま燃やしましょう

    多分、お義母様は、誰にも言うつもりは無かったと思います。
    そして、誰かに見せる(見られる)つもりも無かった。

    「王様の耳はロバの耳」という物語をご存知ですか?

    お義母様は、本当に誰かにぶちまけたかったのだと思います。
    心底「あんな嫁とは別れさせたい」と思ったと思います。

    でも、一言でも「誰か」に話してしまったら、周り回って(口止めしたとしても)トピ主さんの耳に入る恐れがある。
    それは息子夫婦に更なる亀裂を与える恐れがある…
    だから、その気持ちを封じ込めるために「誰かへの手紙」という形で昇華させて来たのでしょう。
    その手紙が有ることで「いざとなったら投函出来る」との気持ちで平静を保って来た、有る意味「御守り」だったのだと思います。
    自分の怨念を封じ込める為の御守り。

    ですので、ご主人に見せずに燃やしてしまいましょう。
    ご主人が知ったら、親にこんな思いをさせていた、と、益々夫婦仲が悪化するかもしれません。
    それは義母様の願うところでは無いと思います。
    燃やしてしまって、忘れましょう。
    ご主人に、見せることは

    ユーザーID:6872989003

  • 自分の子が可愛い

    何があっても
    親は子供が大事。
    嫁は他人です。
    あなたも
    サッサと手紙を処分して
    気持ちを入れ替えましょう。

    ユーザーID:9596409265

  • 投函することを悩んでいた。

    ほとんど顔を見せることのない嫁から自分の息子の愚痴を言われて気分を害さない人っているかな。

    投函されてなかったと言うことは、言われたときは本当に頭にもきたし、何よ、この嫁!と思ったのでしょうね。
    でも人って思っていることとか考えているとこを文章にすると冷静になりますから。最初は出すつもりで書いた物でも冷静になったときに言い過ぎたな・・・と考え直し投函せずにいたのでは?
    で、処分しないと・・・と思っているうちに自分が思っていたより早く無くなってしまったのかな〜と思います。
    自分がなくなった後の復讐であれば、切手を貼る必要はないですから。
    本当に投函しようと思ったけど思いとどまったんだと思う。

    会ってもいないんだから嫁姑問題があったとも思えないし、姑は敵!!と最初から思い込む必要もないのでは。
    あなたの両親と比べているけど、本当にちゃんとした人だったら、それほど親しいと言えない義母に向かってその人の息子の悪口を吹き込むような娘には育てないと思うけど。
    あなたの両親だって全然立派な人とは思えないな。

    皆さんが仰っているようにお炊き上げが一番いいのかな〜と思います。
    その20万円というのは何のお金か書いてあったのですか?
    気分が悪くなる手紙とともに残されていた現金はどうするおつもりでしょうか。
    ここで現金だけはもらうなんて下品な真似したらあなたの立派なご両親はなんて思うかしらね。
    ご主人にお渡しするかお炊き上げの際のお布施にしたらどうかな?

    ユーザーID:2081962984

  • 日記みたいな感覚だったのかも

    私は日記を書いてます。
    日記を書くと
    いやなことがあった日でも
    書くことで落ち着いてくるのです。
    書いたあとは、もういいや、ておもえる。
    人間関係のトラブルで相手に腹が立っていても
    日記書いて気持ちの整理したり
    言葉に出して鬱憤をはらせば
    まあ、いっかー、と思えるようになる。

    義母さんもそんな感じだったのではないでしょうか。
    トピ主さんが夫の不満を義母にぶつけたのは失態です。
    それはやってはいけないことです。

    義母さんは、トピ主さんにキツイ言い方をしないで済むように
    書くことで折り合いをつけておられた。
    だから投函しなかった。
    そういうことだとおもいます。

    それを生前、適当に、
    ばーっと片付ける際に
    押し入れに現金と一緒に入れ込んで放置し
    そのまま忘れてしまったのでしょう。

    もう亡くなった方のことです。
    恨んでも仕方ないです。
    トピ主さんにも非があったのですから
    モヤモヤするのは辞めにしましょう。

    ユーザーID:0745455791

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧