心が温まる小説を教えてください

レス27
(トピ主1
お気に入り61

趣味・教育・教養

ああ

心が温まったり、ほんわかしたり、
読んだ後に優しい気持ちになれる小説を教えてください。

通勤の電車内で読むので、涙は流さずに済むくらいがいいです。


最近、殺人推理や嫌ミスを読んでたら
朝から重い気持ちになることが多かったので
ジャンルを変えたいと思いました(笑)

ユーザーID:4361324249

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
  • 家庭小説は?

    ぱっと「博士の愛した数式」を思いついたのですが、途中私は電車の中で泣いてしまったのでこれは駄目ですね。
    (普段映画でも小説でも泣かないのですが、これは気が付いたら涙が流れていて自分がびっくりしました)

    心が温まると言えば昔の家庭小説、少女小説と呼ばれるものはどうでしょう。
    赤毛のアンをはじめ、リンバロストの乙女、昔気質の一少女、スウ姉さん、あしながおじさんなど。
    私はこういう小説に出てくるドレスや食べ物の描写に癒されます。

    あとやさしいけどちょっとほろ苦いのでもいいなら(泣きません)田辺聖子の短編集「春情蛸の足」はどうでしょう。
    大阪を舞台に食べ物を絡めた大人の恋愛小説集です。

    ユーザーID:0929016435

  • 少なくとも心は落ち着くのではないかと

    セアラ・オーン・ジュエットの「とんがりモミの木の郷」。
    19世紀末か20世紀初頭かのアメリカ東海岸・メイン州の、海沿いのとある町が舞台。
    そこの人々は穏やかではあるけど、まるっきりの聖人君子と言う訳でもなく、でもしっかりと地に足が付いた暮らしが描かれています。

    ユーザーID:5839941807

  • 赤毛のアン

    はまります。
    風景の描写、細やかな心の動きとその表現、
    忘れそうになる初々しい感性。
    楽しく、切なく、
    とにかく素晴らしいです。

    ユーザーID:7827333840

  • ロザムンドおばさんシリーズ

    イギリスの女流作家、ロザムンド・ピルチャーの
    「ロザムンドおばさんの花束」
    「ロザムンドおばさんの贈り物」
    「ロザムンドおばさんのお茶の時間」


    短編集でサクッと読めて、心暖まりますよ。
    図書館にあると思います。

    ユーザーID:4869873161

  • 皆様ありがとうございます。

    トピ主です。

    rico様
    ありがとうございます。
    少女小説、家庭小説というジャンル、初めて知りました。
    名前だけ知っていて読んだことのなかった赤毛のアンから読んでみたいと思います。博士の愛した数式は自宅で読んでみようかな。

    北国生まれ様
    ありがとうございます。
    邦訳されてまだ一年もたっていないのですね。
    私も田舎町出身です。田舎の情景を思い出しながら楽しく読めそうです。

    みお様
    ありがとうございます。
    赤毛のアン、昔から知っているはずなのに一度も読んだことがありませんでした。ぜひ読んでみたいです。気持ちだけ少女に戻れるかな。

    ゆり様
    ありがとうございます。
    短編集大好きです。シリーズものはあまり挑戦していませんでしたが、タイトルからすでに温かい気持ちになれそうです。図書館は利用していないので本屋さんで探してみます。

    ユーザーID:4361324249

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 阪急電車

     電車ネタということで・・
    有川浩さんの「阪急電車」なんていかがですか。

     実在する短い路線の電車に乗り合わせた、ごく普通の心をもった人々を主人公にしたお話です。犯罪や事故のような大事件は起こりませんが、一人一人にとっては軽視できないイベントが影響して、関係がなかった筈の人と心がつながっていきます。
     後味は決して悪くありません。

     退屈だった通勤中の車内を見る目が少し変わるかもしれませんよ。

    ユーザーID:7213731572

  • みをつくし料理帳

    NHK他でもドラマ化、映画化もされまさたが、このシリーズ、大好きです!
    もちろん悪役もでるのですが、基本登場人物が皆、いい人。
    日々のつましい食事も、心を込めることで大きな癒しになるんだなあ、と、ほっこりします。

    ユーザーID:5875612610

  • 群ようこさん

    無印シリーズだったかなあ。
    短編ばかりで、ほとんどが吹き出すぐらい笑ってしまうのですが。

    その中で、お子さんの居ないご夫婦の奥さんが急に亡くなり、残されたご主人が生きる気力も無くなり・・・みたいなちょっと笑えない設定のお話があるのですが。
    捨て犬を引き取ることで、みるみる元気を取り戻し、本当に心がじんわり温かくなります。

    その犬に「わか」という奥さんの名前からとった名前を付けて、夢に奥さんが出てきて「いやあね」みたいに言って「かわいがってね」と行って消えた、みたいなラストで、涙噴出でした。

    あと、これもはっきり覚えていなくて申し訳ないのですが。
    添乗員えりこ?の添乗日記、みたいな中に、お金持ちなのに、それはそれは腰の低いご主人が登場します。
    レストランの店員にも丁寧、添乗員にも、礼儀を欠かさず。
    パリでスリに遭って、お金を取られても「そのお金で彼が何日か、暮らしていければ良い」みたいに、もう、あなたはお坊さんですか??みたいな話がありました。

    私も又読んでみたくなりました。

    ユーザーID:9075229311

  • 群さんの方、わかりました!!

    「おやじ丼」の中の「ひとりの人」です。

    とても良いお話ですよ!!

    ユーザーID:9075229311

  • そんな気分の時は

    私は小川糸さんをおすすめします。

    美味しそうな食べ物もたくさん出てくるので、トピ主様が食いしん坊さんならなお一層おすすめです。

    ユーザーID:4124061336

  • 谷間の白百合

    オルコットの長編小説、谷間の白百合は如何。昔の良き時代の少女漫画を読んでいるような感覚で、ほっこり暖かくなります。
    美しいポリーという短く編集した本もありましたが、田舎育ちのポリーという少女が、都会に出てきて、アーンショー家のお手伝いをしているうちに、家の中の人たちの心の灯となり、家の人を変えていくというお話。
    少女小説の走りだと思います。
    女性なら、ゆっくり読めるので、よいのではないでしょうか。過激な内容もなく、安心して読めます。また微笑ましいです。

    ユーザーID:3455653631

  • レスします

    パッと思いつく、万人受けしそうな小説を並べます。

    吉本ばなな「キッチン」「ハネムーン」「TUGUMI」
    三浦しをん「神去なあなあ日常」
    吉田修一「横道世之介」
    木皿泉「昨夜のカレー 明日のパン」

    個人的には、まずは吉本ばななさんをおすすめしたいです。
    ほんわかと優しく、けれどピシャリと目の覚めるような鋭いセリフもあり、お守りのように本棚に並べておきたい小説ばかりです。

    ユーザーID:5651839799

  • 素敵な相談

    私も小説大好きなんです。
    他の方のレスにもありましたが、よしもとばななさん本当におすすめです。

    最近読んで特によかったのが
    よしもとばななさんの「花のベッドで昼寝して」です。
    読んでいる間ずっと、セラピーを受けている気持ちになりました。

    ユーザーID:8381727916

  • 日日是好日 

    「日日是好日 」読み終わったばかりです。
    ほっこりしました。
    おすすめです。
    森下典子さん著です。

    ユーザーID:3980789031

  • 少女小説系で出ていないところで

    あしながおじさん続あしながおじさん
    秘密の花園(コロナの今だから読み返しても)

    ぎんねこさんがあげていた
    美しいポリーは
    『幸福の少女』『少女ポリアナ』『少女パレアナ』などの題でもでていた本かな?
    子供のときは無理でしたが…今なら沁みそうです

    少女小説ほか小学生向け文庫レーベル(青い鳥文庫など)で読み返しても面白いかも
    子どもに勧められた本は読んで語り合ったりしました

    北村薫『円紫さんシリーズ』

    加納朋子『ななつのこ』
    最近の『二百十番館へようこそ』も、出だし作品世界に入って最後まで読めるかな?とおもいましたが、最後は感動です
    十数年ぶりに100%自分のための読書をしました

    ユーザーID:6673646060

  • お料理小説

    古内一絵さんの「マカンマラン」シリーズ
    ドラァグクイーンのシャールさんの夜食カフェでは、美味しそうな夜食がお客さんの心をほぐします。
    近藤史恵さんの「風のベーコンサンド」
    都内での勤めをやめて高原でカフェを開業した主人公が地元の方たちと織りなす物語です。
    同じく近藤史恵さんのが「ビストロパマルシリーズ」
    街のビストロのシェフが謎を解き明かすお話です。
    北森鴻さんの「香菜里屋シリーズ」
    街のビアバーの店主が謎を解き明かすお話で、店主自身の秘めたる過去も明らかになっていきます。

    料理の描写が美味しそうな小説をあげました。
    どれもお話がおもしろく、心温まるときもあり、おすすめです。

    ユーザーID:5481908668

  • 訂正です

    「風のベーコンサンド」の著者を近藤史恵さんと書いてしまいましたが、柴田よしきさんです。
    訂正します。

    ユーザーID:5481908668

  • 猫丸先輩

    倉知淳さんの猫丸先輩のシリーズはどうですか?
    殺人は出てこない、
    ちょっと不思議な猫丸先輩ワールドにはまりますよ。


    畠中恵さんのしゃばけのシリーズもお薦めです。
    「ぬしさまへ」の中の仁吉の思い人が好きです。

    ユーザーID:5331757098

  • 私もみをつくし料理帖

    既出ですが、
    私もみをつくし料理帖をおすすめします!

    主人公澪のひたむきさ
    支える周囲の思いやり

    本当に癒されますし、
    心が洗われるような気持ちになれます。

    時代物でのに抵抗ある方でも気軽に読めると思いますよ。

    ユーザーID:6984684483

  • 加納朋子さん

    ジャンルで言うとミステリーになるのだと思いますが
    殺人も恨みも出てきません。
    日常のちょっとした不思議を解決していくものが多いです。

    「ななつのこ」から始まる3部作はほんわかしかないです。
    どれから読んでも大きな問題はありませんが
    一つ目から読んだ方が3つ目がより楽しいかと思います。

    「ささらさや」は人によっては泣いてしまうかもしれないので
    電車では勧めません。

    他の作品もヒューマンドラマでドロドロしたとかはほとんどないので良いですよ。

    ユーザーID:7747183677

  • 中島たい子 最新作「かきあげ家族」 旧作なら「院内カフェ」

    最後まで読んでみてください。

    初めての作家さんで、ノリにちょっとついていけないかも……という方もいるかもしれませんが、心がじんわりと温かくなる作品です。

    最新作「かきあげ家族」はドタバタ喜劇のように見えますが、作品に流れる明るさと素直さと温かさは、コロナ禍の今だからなおさら、私には読みたかった、読んでよかったと思える作品です。

    私はふだんは時代小説が好きです。宮部みゆき「孤宿の人」佐伯泰英「鎌倉河岸捕物控」辻堂魁「風の市兵衛」や司馬遼太郎の作品などが心に残っています。

     

    ユーザーID:9883263461

  • 小暮写真館

    宮部みゆきさんの本です

    サスペンスが多い作家さんですが
    本人が「自分が書く悲惨な事件より
    現実に起こる事件が悲惨すぎる」と
    サスペンスを書く事に疲れ
    時代小説が多くなる その転換の頃の作品

    古い写真館に引っ越した家族。男子高校生が主人公で家族や友達との絡みやトラブル(事件ではないよ)を解決していく。ホッコリしたりちょっと涙ぐんだりして 「青春だな」と 思いながら
    暖かい気持ちになりました。

    ユーザーID:0287669201

  • 江国香織

    江国香織さんの小説も比較的おだやかなものが多いです。
    恋愛ものも書いていらっしゃいますが、大人のための童話みたいなファンタジックなものをよく書いていて、それがおすすめ。
    「ぼくの小鳥ちゃん」「すきまのおともだちたち」「ホテルカクタス」など。
    新しく出た「去年の雪」もよかったです。

    ユーザーID:0258785802

  • 皆様とはちょっと違いますが

    今野敏さんの「任侠シリーズ」はいかがでしょうか。今野さんは硬派な警察物が多いですが、このシリーズは小さな組事務所が町のトラブルを円満解決という安心して読める作品です。
    安心して読めると言えば小路幸也さんの「東京バンドワゴンシリーズ」もいいですよ。スーパー家族ともいえる面々が艱難辛苦をものともせず、いつの間にやら大団円、という展開です。
    有川ひろさんは「阪急電車」が既出ですが、最近の「イマジン?」もおもしろかったです。
    三浦しをんさんは「愛なき世界」「あの家に暮らす四人の女」「舟を編む」などがとてもよかったです。
    他に瀬尾まいこさん、小川糸さん、山本甲士さんもほっこり系だと思います。
    他の皆さんのレスも楽しみです。

    ユーザーID:3631415672

  • 短編集です。

    荻原浩 海の見える理髪店

    ユーザーID:8064211394

  • TVを観ていて・・・

    こんばんは!NHKで赤毛のアンを放送しています。
    赤毛のアンはどうでしょうか?

    ユーザーID:7531770447

  • わたしは

    小川糸の「食堂かたつむり」がおすすめです。
    レスされている方もいらっしゃいますが、料理の描写がとても美味しそうなんです。

    あと森絵都の「colorful」もおすすめです。

    こんな世の中ですから、ほっこりする読書もいいですよね。

    ユーザーID:6768297176

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧