実生活では聞いたことのない方言

レス37
(トピ主0
お気に入り49

趣味・教育・教養

北日本人

普段使い、日常使いではない、
方言、言い回しってありますか。

「〜でんがな」って、
よほどポピュラーな言い回しなんだな、
と思っていたところ、
ある関西の方から、
そんな言葉使わんて、
と全否定されました。

ユーザーID:0353876929

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
  • だっちゃ

    宮城出身の五十代です。
    宮城というと、「だっちゃって言うんでしょ?」とよく言われます。
    「そうだっちゃ」「ちがうっちゃ」みたいな感じですね。

    実際、使っている地域もあるらしいです。
    タイトルに「だっちゃ」をつけているローカルニュースもあります。
    宮城のご当地キャラらしいこけしも、SNSで「だっちゃ」と言っています。

    でも、私は会ったことがありません。
    引っ越しや仕事で県内を回り、たくさんの訛りや方言に触れましたが、だっちゃはありません。

    たとえば「そうですよ」だったら、「んだなす」「だない」「(ん)だよ〜」「そうだべした」などがありました(それぞれ使いどころやニュアンスが微妙に違いますが)。
    でも、「そうだっちゃ」「んだっちゃ」は聞いたことがありません。

    ですから、「『だっちゃ』は限られた地域の方言なのに、県が主導して、県全体で使ってきたことにしようとしている」ような違和感があります。

    ユーザーID:5070980784

  • 在住地域の年配層の方言は沢山あります

    私たち世代から下は使わない方言で
    職場の60代男性方の方言が多種で面白いです。

    トンパチ 一番という意味らしい。
    御茶の子さいさいと同じ意味。


    ちなみに
    「でんがな」は兵庫大阪京都では使いませんよ。
    「ですがな」「〜やねん」か「〜やわ」ですやん。

    ユーザーID:9686249169

  • ごわす

    鹿児島の人は「おいどんは(苗字)でごわす」なんて言いません(笑)。

    ユーザーID:8418894185

  • 関西でも言葉が違う

    関西弁は、三重県、滋賀県、大阪府、奈良県、京都府、和歌山県と多県に渡って話されています。
    同僚に徳島県出身者もいましたが、徳島県も関西弁を話す方に入ると私は思っています。
    其々の出身県の友人がいますが、其々が違う関西弁で話します。

    私達には、関西弁のどこがどう違うか良く解りませんが、
    関西弁を話す地域の人は聞いたら何処の県かが解るようです。

    厳密に言えば「〜でんがな」も大阪の言葉ですが、大阪でも地域により使わない地域も有る様ですよ。


    明治、大正、昭和初期に生まれた人たちが使っていた。
    名古屋弁ですが、上町(うわまち)言葉、丁寧語として「〜なも」

    例:久しぶりですねーやっとかめだなも
      
    まだ沢山あると思いますが、日本を離れて長いので、随分と忘れてしまいました。

    ユーザーID:0004271245

  • 色々な言い方。

    さんまサン・鶴瓶サンなどの普段の話し言葉でききますよね。
    街中のお年寄りぐらいでしょうか‥


    (阪神)南部・中部
    ~やなあ  〜やねんな

    和田山・八鹿
    ~だがぁ

    京都福知山・兵庫丹波
    「~しんちゃぁ~な」「〜しとんちゃる」

    と話しかけられました。


    豊岡・但馬
    〜だで

    〜だっちゃ

    ユーザーID:4580694786

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 「でんがな」は、戦前生まれの大阪のお商売人が使ってた言葉

    もうこの年代の人たちは90歳近いから、ほとんど実生活では聞かなくなってきましたね。

    でも私が小さい頃は、大阪のお商売人の男性(特に船場と呼ばれる繊維関係のお店が沢山あるエリアでお商売をしていた人たち)はよく使っていたと思います。

    「そうでんがな」(そうなんですよ)
    「〇〇でおまんな」(〇〇ですね)
    「〇〇やそうだっせ」(〇〇だそうですよ)
    「違いまんがな」(違いますよ)
    「〇〇したらあきまへんがな」(〇〇したらダメじゃないですか)

    数年前の朝ドラで【朝がきた】ってやってましたよね?
    あの主人公の夫が使ってた言葉とイントネーション、あのまんまです。

    ちなみに、30年前以上だと大手商社でも大阪に本社がありましたから、繊維関係の部門の男性社員たちもこの船場言葉をよく使ってましたよ。
    私の伯父も家の中でまだ使ってますから。



    この言葉が京都に来ると、

    「そうですねん」
    「〇〇ですわなー」
    「〇〇やそうですわー」
    「違いますのんや」
    「〇〇したらあきまへんぇ」

    …になります。

    でも今の若い人、と言っても50代より下の人たちは殆ど使ってないです。

    ユーザーID:4515940961

  • でんがな まんがな

    商売人は使いますよ!

    ユーザーID:1487054935

  • でんがな使いますよ

    コテコテの大阪人ですが、でんがな使いますよ。
    もちろんTPOはわきまえた上でですが、日常では割と使います。

    方言って結局その人の使う使わないが判断基準になるので、1人の意見を鵜呑みにしないほうがいいです。

    ユーザーID:3038879109

  • ○○っしょ

    はい、北海道です。
    もう何でも「っしょ」付けられると違和感ありありです。
    「北の国から」の影響も大きいですが、とにかくテレビで北海道民を演じると使われますね。
    どちらかというと「しょー」と伸ばす感じです。
    それに「でしょ」と言う方が多いです。
    「北の国から」で主人公が「蛍っしょ!」と嬉しそうに駆け寄りますが、「蛍でしょー!」ですね。

    ユーザーID:6180338903

  • おおきに

    京都出身の同僚に聞いたら「おおきに」は言わないと言ってました。お商売されている方は言うそうですが、そうでなければ「ありがとう」だねと。ましてや「○○どす」は「ないない」って。

    へえーッ×20くらいの驚きでした。

    ユーザーID:2786136663

  • 「あんじょう」

    30年以上前に、神戸で下宿して学生生活を送りました。( 現在は関西を離れました。)

    下宿のおばあさんの話し言葉のなかで、「あんじょう」というのが印象に残っています。ホワッとして可愛らしくて、大好きな言葉です。

    ユーザーID:6476098678

  • どすは言うけど

    義母は「どす」を言います。
    特に電話で。
    「ひゃぁ、そうどすか。困りましたなぁ」なんて。

    「おおきに」も言うてます。
    よく聞きました。

    ユーザーID:4058325023

  • ゆこゆこさんに同意です

    そうそう!
    「っしょ」といより、むしろ「しょー」なんですよね。
    そして名詞に続ける場合は「で」でつなぎます。

    例)★おにぎりたくさん作ったんだけど、あんたも食べるでしょう?
          ↓
      ×おにぎりたくさん作ったんだけど、あんたも食べるっしょ?
      ○おにぎりたくさん作ったんだけど、あんたも食べるしょー?


      ★あらっ、誰かと思ったら蛍ちゃんじゃありませんか!
          ↓
      ×あらっ、誰かと思ったら蛍ちゃんっしょ!
      ○あらっ、誰かと思ったら蛍ちゃんでしょー!

    「しょ」は、北海道を舞台にした映画やドラマで実によく使われる言葉ですが、脚本家がネイティブかどうか、本当にすぐにわかりますよね。

    ユーザーID:9089214913

  • アクセント

    京都・大阪など関西で
    「あの人がそう言いはったなぁ」
    「こんなに ぎょうさん(沢山)貰って おおきに」
    「そんでもなぁ こんな事したら アカンで」

    と兵庫の北部でも言います。
    同じ関西でも、アクセント イントネーションは標準語的。

    ユーザーID:4580694786

  • ぜよ

    高知県です

    ○○ぜよ
    って坂本龍馬のせいで知られていますがローカルCM等を除いて聞いたことがありません

    ちゅう、にゃぁ、がぁ、は使います

    ユーザーID:4745659952

  • 日常です

    毎日、お年寄りと接する仕事です。
    私は関東生まれ、関西在住。

    関西のお年寄りパワー、凄いんです!
    コテコテの関西弁を聞いて
    毎日 楽しんでます。 

    時々、何を言ってるか分からないです。
    おきゅうと、せんど って何? 

    他にも分からない言葉が沢山で
    いちいち教えて頂いてます。

    イントネーションも全く違います。 
    関西弁は何となく、英語っぽいなぁと
    思ってます。
    後ろに強いアクセントで。
    バ ナナ(強め)
    い ちご(強め)
    り んご(強め)
    ありが とう(強め)
    などなど。
    同じ(くも)の発音も雲、蜘蛛
    どっち?となります(笑)

    関西でも地域によって
    全く言葉が違うと思いますが
    愛すべき言葉ですね

    ユーザーID:2372143794

  • でんがな

    商売人の叔父叔母など親戚は〜〜でんがな・・は日常的に使いますよ?
    ちなみにディープなごちゃごちゃしたとこで長年商売してる人たちです。
    ミナミの帝王のあのわざとらしい大阪弁のしゃべり方そのものです。
    (りきちゃんのあのイントネーションは違和感あるけど)
    名前+はん、でっしゃろ、〜やさかい、等 普通に使います。

    私は大阪の北部出身なので、あんなこてこてな(ミナミの帝王みたいな)大阪弁はつかいませんね〜。
    テレビの吉本の芸人みたいな言葉づかいです。

    トピのその全否定した関西の方は、あまりディープじゃないとこ出身か、若い世代の人かもしれないですね。

    ユーザーID:5956560007

  • 江戸っ子のイメージ

    江戸っ子って いつもけんか腰で巻き舌で「てやんでい」とか「べらぼうめ」「このすっとこどっこいが」とかって言ってるの? 
    って聞かれたことがあるけど。実生活では聞いたことも行ったことも全くないな。
    あ、正確には 一度泥酔した酔っ払いが路上で「てやんでい」と言ってるの一度だけある。
    祖父も父も職人系の江戸っ子だけど そういう言葉は「落語の中でしか聞いたことない」んだって。

    ユーザーID:5249651552

  • だっちゃ、よく聞いてました

    私も仙台市出身の50代で、仙台市内の高校・大学に通っていましたが、男子で「だっちゃ」を使う人はいましたよ。
    実は宮城県って地域によって全然訛りがちがうんですよね。
    「だっちゃ」は仙台弁だと思います。

    「そうだよね?」を「んだっちゃ?」と言ったり、「行くよね?」と確認するときに「いぐっちゃ?」と聞いたり。
    「そうですよ」は「んだね」「んだな」かな。
    圧倒的に男子が多く使ってました。
    敬語を使うときは標準語よりになるかも。
    「そうだっちゃ」とは言わないので、これはたぶんラムちゃんの言い方だと思います。

    ぎゃくに「んだなす」「だない」「そうだべした」はほとんど聞いたことがありません。

    私が違和感を持つ、テレビなどで使われる東北弁は「だっぺ」なのですが、あれば南関東の方言らしいですね。

    東北弁が本当に多岐に渡るのと同じように、関西弁も実際はいろいろあるんだろうなって思います。

    ユーザーID:1475836529

  • わて わい

    昔、「大阪の人はオレオレ詐欺にひっかかりにくい。そもそも、大阪の人は自分のことを”俺”とは言わない”わて”か”わい”だ」

    と聞いたことがありますが・・。
    ”わて”とか”わい”とか言う人なんて、
    芸人さんしか知りません。

    普通に”俺””僕””私”です。

    そうそう。京都出身ですが”〜どす”は年配の方は言われますよ。
    ただ、私もめったに聞かなかったので、
    聞いたときは感動しました。

    ユーザーID:4898930220

  • でんがな、うちのボス使ってます

     大阪出身の50代の女性ですが、関東在住で、普通に語尾に「でんがな」ってつけてます。私も出るたびに「おぉ」って思ってしまいます。
    こちらの方がもう長いのにいまだにバリバリの大阪弁です。
    きれいな標準語も話せますけどね。

    ユーザーID:4009030233

  • 広島の「ぶち」

    「とても」と言う意味での「ぶち」という言葉が広島弁ということになっているようですが、実際に使っている人を広島市在住の中年の私は知りません。私は小学校まで広島にいて、中学から30近くまで広島を出ていたのですが、ずっと広島市に住んでいる高齢の親戚(70代から100歳代)もその言葉自体を知らないと言います。商品名になっていたりして市民権を得ているようなのですが、私は違和感ありまくりです。ずっと広島市に住んでいる知り合いに聞いてみたら、彼女の高校時代だった1980年くらいに流行り言葉みたいに一部の若者が使い始めた、という認識でした。まあ、そんな昔から使われていたのなら、今では広島弁と言っていいのかとも思いますが、私にはいまだに聞きなれない言葉です。

    ユーザーID:7630836891

  • いんぎらぁ〜と 

    金沢生まれ 金沢育ち 50代です。

    いんぎら〜っと行っか
    とローカルのCMで言ってました。
    40年以上前になるのかなぁ、、。

    ???
    実生活で聴いたことなかったんです。
    金沢生まれ育ちの親も言ったことなかったです。

    社会人になって、たまたま 忘年会の時に
    このCMの話になり
    その場にいた4人とも
    聞いたことないねー、どんな意味?って
    寛ぐ、まったりする、とかいう意味らしい?
    ということで落ち着きましたが、どうなんですかね。

    ユーザーID:7167788769

  • 名古屋弁

    名古屋に44年住んでますが
    「やっとかめ」
    聞いたこともつかったこともないです。
    LINEスタンプ名古屋弁に載ってるけど、意味がわかりません。

    ユーザーID:3047093117

  • 母の姉が

    産まれも育ちも仙台ですが 『んだっちゃ〜』も『そうだっちゃ〜』も普通に使ってますねぇ

    ユーザーID:7135640873

  • 「やっとかめ」は祖父母世代が使ってた

    祖父母世代といっても、戦前・戦中の生まれの世代です。今は使ってる人を見かけないですね。ちなみに名古屋ではなくて東三河です。
    昔、テレビのクイズ番組で、三重ほ方の方言として紹介されていました。

    ユーザーID:2251579215

  • 名古屋弁

    生まれも育ちも名古屋ですが「やっとかめ」と「いごす・いのす」は聞いたことありません。
    「みゃあ」「にゃあ」「だなも」「しとるげなぁ」など丸いおっとりした話し方は名古屋城の城下町や武家屋敷があった辺りにずっとお住まいの高齢の方は話しています。
    残念ながら私はあまり聞き取れませんが上品で可愛らしい響きですよー。

    ユーザーID:3873062510

  • ぶち使います

    広島です。
    「やべぇ、こいつ、ぶち強いわー」
    とかでよく使います。

    ぶち強い
    ぶち弱い
    ぶちおもろい
    ぶちやばい
    ぶちイケメン
    ぶち怖い
    ぶち重い
    ぶちたいぎー
    ぶち長い
    ぶちつまらん
    とかですかね。
    超の代わりに使います。

    方言地域差がありますよね。

    「わし」
    「〜んなら」
    「〜じゃのぉ」は地元では使いません。

    結婚して嫁いだ場所では
    男女共に言ってるのを聞きます。

    若い子は冗談でか訛りでか分からないですが
    「ほぉー、やってみんさいやぁ、
    なにしよんならお前はぁー
    下手くそじゃのぉー、
    貸してみ。
    わしゃぁぶち強いけんのぉー。
    よぉみときんちゃいよぉー、
    ほれ、ああ、崩れた、わやじゃあぁ。
    じゃけんこれやるの嫌なんよぉー」
    みたくずっと訛ってます。

    50代以上の方は特に訛ってる人が多いですね。


    使わない方言だと
    「かばちたれ」は1回しか聞いたことないです。
    学生が言っていたのを聞いたことがあるだけなので
    冗談との区別がつかず、、、

    ユーザーID:0286081186

  • そうですね。

    私の父は京都出身、母は神戸出身、
    私は生まれてから大学で四年間京都で過ごした以外はずっと神戸在住ですが、流石に神戸の人は「でんがな」なんて使いませんね。
    でも母の従兄弟のお父さん、大阪のバリバリの商人ですがお正月などに遊びに行った時に「〜でんがな」とか「〜でおまんがな」なんて使ってましたよ。
    でも大阪の友人は誰1人使いませんね。聞いた事ないです。
    所で横ですが、うさ吉さん
    >関西弁は、三重県、滋賀県、大阪府、奈良県、京都府、和歌山県と多県に渡って話されています。

    何故、兵庫県が抜けているんですか?兵庫県も関西弁ですよ。仲間外れにしないで下さいな。

    ユーザーID:6120446513

  • 広島の「ぶち」のレスを読んでいて思った事

    ある時代に急に流行しはじめた言葉、特定の層でだけ用いられていた内輪っぽい言葉、特に若者言葉が、やがて商品名になったりドラマの中で使われるようになったりして、ご当地言葉として市民権を得てゆき、いつしかその土地の代表的方言として全国にも広まってゆく・・・
    そういう例ってわりとあるのかもしれないですね。
    北海道では「なまら」です。
    意味は多分「ぶち」と同じ。
    何がきっかけか知らないけれど、1980年代ぐらいから若い世代を中心によく耳にするようになった言葉です。
    今70代以上の人達は「なまらなんて乱れた言葉、そんなもん別に北海道弁じゃないしょや」「タレントが使ってたのを皆いいふりこいてマネするようになったんだべさ」と顔をしかめ、方言文化であることを認めようとしない人が多いです。
    あと20年ぐらい経ったら「実生活で皆使ってる方言」になるのかなと想像します。

    ユーザーID:0297737541

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧