なぜ、妊娠出産に踏み切れましたか?

レス68
(トピ主8
お気に入り57

妊娠・出産・育児

妊活学校一年生

30代半ば、妊活中です。
子無し夫婦共働き、二人とも正社員で、年収は二人とも世間の中の上くらい。
夫婦ともに、仕事、趣味、友人付き合いと、充実して楽しく暮らしています。そんな中での妊活中です。妊活している主な理由は、産まなかったら将来後悔するかもしれないから、と、私たち夫婦の両親に孫を抱かせてあげたいから。(いずれも漠然とした気持ちによるものです)

子供は好きです。友達や親戚の子供などと遊んでも年齢性別に関わらず懐いてももらえます。赤ちゃん抱っこしてると心から幸せな気持ちになり、癒されます。
ただ、それって、自分の都合のいいときだけ遊んでるから可愛いと思えるんだよねとも思っています。
自分の子なら、病気、怪我、普段の躾、教育と、大変なことが盛りだくさん。自分の仕事も趣味も友人付き合いも旅行も生活も食事もぜーんぶ、子供優先にしなくちゃいけなくなる。しかも、現在みたいに「今日は残業で疲れたからご飯は買って帰るね」とか絶対言えなくて、それどころかポテトサラダを買っただけで知らないおじさんから暴言吐かれたりするんですよね?

それだけじゃなくて、生まれつきの病気なら母親(つまり私)が妊娠中に使った薬や不摂生のせいじゃないかとか、生まれてからの病気なら母親の世話が良くないとか思われるんじゃないか、自分で自分を責めるんじゃないか。夫がオムツ替えれば褒められ、妻が一瞬目を離せば叩き潰される今の社会で、そしてその考えに自分自身も染まってしまっている現状では、子供を安全に育てる責任を一人で背負い込んで辛い人生になるんじゃないか、という不安でいっぱいです。(夫は協力してくれますが、自分の考え方や世間の目の問題)

みなさんは、妊娠出産のメリット、デメリットをどのように考えて出産に踏み切ったのでしょうか?「なんだかんだ言っても産まれたら可愛いから大丈夫」ではなくて、妊娠前の考え方を教えて下さい。

ユーザーID:4420387983

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数68

レスする
  • 環境が整っているなら、考え過ぎても...

    問題無く産める環境ならば、悩んだところで確かな答えは出ないし、何も始まらないと思う。
    それに30代半ばならば既に高齢出産、考え過ぎてもあまり意味が無い気がします。
    悩んでる時期はもう過ぎていると思う。

    私が妊娠出産したいと思えたのは、単純に夫の遺伝子を残したかったから、それだけ。
    実際子育てしてみて感じる事は、本当に育児ってすごく大変です、若いに越したことない。
    自分達の時間は当然なくなるし、思い通りいかないことだらけで辛い事が多い中、親の助けも無く必死で夫婦二人で育てていますが、子供と共に自分達も自ずと成長させてもらえ、それだけ尊い経験が出来るのは確かです。

    妊娠子育ては大抵理想通りにはならないし、夫婦で子供のいない将来を後悔すると思うなら、ただ有言実行じゃないかな?

    ユーザーID:8785122114

  • 私もです。

    はじめまして。
    いま4歳の娘を育てています。
    私もかつてトピ主さんと同じことを思っていました。
    ちなみに夫婦共働きで正社員、年収もおそらく同じくらいです。

    私が妊娠出産に踏み切ったのは、自分たちの子供ってどんな感じになるんだろう?という好奇心です。
    昔、子供ってめちゃくちゃ面白い!人間がどうやって人間になっていくかの過程がわかる!って言っていた人がいて、私も見たいなぁと思いました。
    (多分一般的な理由ではないです。)

    あとは人目とか気になる方なので、そろそろ子供作っといた方がいいかな?という気持ちでした。夫も欲しがってたし。

    ということで、
    ◯私にとってのメリット
    人間の成長過程がわかって、面白い。
    周りから、なんで子供生まないんだろうとか思われずにすむ。
    遺伝子を受け継ぐ、という欲求が満たされる?

    ◯私にとってのデメリット
    妊娠中の体調が悪すぎて、仕事にならない。
    お金も時間も体力もどんどんなくなる。
    ちゃんと育てられるかわからない。
    健康な子が生まれる保証がない。

    こう書くとデメリットの方が多い…ですが、妊娠適齢期だったので、1人くらい産んどくかと思って産みました。デメリット部分は、覚悟して。

    まぁ子供ができてからは、トピ主さんの思い描いた通りです。自分で選んだ道なので後悔はしていませんが、時々自由になりたくなったりはしますね。

    でも本能的にやっぱり血の繋がった子供は特別に感じるので、産まなきゃよかったと考えたことはありません。

    1人産んだら満足したので、2人目はあまり考えていません。
    1人を大切に育てます。

    ユーザーID:2411380225

  • 動物的本能。子供が欲しいって思って子作り。

    妊活、主治医に相談の上でハイペースでステップアップ。
    個人差があるので何とも言えませんが、一般的には妊活も35超えたらのんびりタイミングなんてやってる場合じゃない。
    でもAIHは薬の副作用もつらいし指定日の通院で仕事に支障が出るから悩みますよね。
    トピ主さんが今まで頑張って貢献してきた分、根回しして前倒しで仕事を進めておけば職場も協力してくれるでしょう、妊活にも時間を割いていいと思います。

    養育義務の半分は父。
    育休も時短も子の看護休暇も夫に半分づつ取ってもらって頑張らないでください。

    私が20代半ばで子供が欲しいと願った気持ちについては、動物的な本能でした。
    当時付き合っていた彼=元夫の子供を産みたいと思って結婚。
    まさかの男性不妊で薬の副作用と指定日の通院ゆえに仕事に支障がでて、職場で私の代わりは後輩もいる、再就職は資格と職歴で何とかなると辞めちゃいました。
    今思えばたったの3年で辞めちゃったって無謀、と苦笑いですけど。
    ホワイト再就職の就活を猛勉強しました。
    私自身が稼げる、大丈夫だと思って産みました。

    トピ主さん夫婦はもう勤続十数年の中堅ベテランの域。キャリアはもう大丈夫!

    子供抱えて再就職復帰、しんどかったです。
    産院併設の小児科病児託児、ファミサポ、家庭的保育事業、保育園の延長保育、使えるものは全部使いました。

    惣菜ポテトサラダも冷凍餃子も上等。
    生協の個配で冷食のお世話にもなりました。
    一番いけないのは母一人で抱え込むこと。潰れます。
    私はそれで潰れ+結婚後豹変した元夫にも潰されました。
    だから頑張らない、外注して、残りは夫婦で半分こ。
    考えを変えるには、まずは夫婦で通院先の助産師さんに相談するといいですよ。

    ユーザーID:5967346194

  • 子供ができたから

    現在30代半ば、20歳で出産しました
    自分の行為の結果で子供ができたから、子供を一人前の大人にする幸せにする責任が私にはあると思い出産しました

    子供はどちらかといえば嫌いですが無責任に無かった事にするなんてできませんでした
    なので出産前はただただ『責任感』ですね
    生むからには自分の20代は捨てよう、と腹をくくりました
    私は一人で責任をおう覚悟もないのに子供ができる行為をしようって気持ちのほうがわかりません
    自分以外の人間なんて自分を助けてくれる保証もないしいついなくなっても不思議じゃないですからね
    私が毒親育ちで虐待を受けていて小学生のうちに両親と暮らせなくなったからそう思うのかもしれません

    子供が嫌いなので当然デメリットしかないと予想してましたが現実は違いました
    生まれてから自分の子供だけはとっても可愛いしこれが愛しいって感情なんだって理解できるようになりました
    私に家族の温もりを与えてくれた子供には感謝しています
    子供を大切にする、と常に自分に言い聞かせています

    ただ学校関連で他の子供に関わるのは本当に辛く苦しかったです
    辛いときは初心を思い出して自分を奮い立たせる16年間でした
    でもあと4年で成人するから独り立ちする日を楽しみにしてます

    責任負えないと思うならやめてしまっても誰も困らないと思いますよ
    誰も代わりに責任なんてとってくれませんから

    ユーザーID:2290294138

  • 子供が欲しかったから

    本能です。
    私自身が2人兄弟だったので、子供は2人欲しかった。
    あとは夫との赤ちゃんが産まれたら、絶対に可愛いだろうな。世界で一番の宝物になるだろうな。と思ったからです。
    そして今、願いが叶って2人の子供がいます。
    メリットデメリットなんて考えた事なかった。
    というか、子育てが大変だなんてそこまで深く考え無かったです。
    自分の母親もやってたし、自分にも出来るだろうと。
    自分が欲しくて産みました。
    親に孫を作ってあげたいとか、そんなおこがましい理由はありません。
    親にはまさか結婚するとも思われて無かったので。

    妊娠も体験してみたかったし、出産も体験してみたかった。
    出産てどの位痛いのかな、とか。
    自分と夫との赤ちゃんてどんな顔かな、とか。

    興味本位ですね(笑)
    人生は死ぬまでの暇つぶし、と考えるなら、子育ても暇つぶしの1種ですね。
    私は仕事もちょっと飽きてきたし、気分転換に子育てでもしてみるか!みたいな感じです。
    仕事だけじゃ暇つぶしに時間が余り過ぎる。と考えました。

    トピ主さんは周りから自分がどう思われるか、とか気にし過ぎだと思いますよ。
    自分がどうしたいか、じゃないですか?
    外野は黙ってろ、です。

    トピ主さんの言うように子供って手もお金もかかるので、自分がそんなに欲しいと思えないなら、仕事や趣味を犠牲にしなくちゃいけなくなった時に後悔しますよ。

    ユーザーID:4372126226

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 本能かな

    私たちも正社員共働き平均以上の収入で、子どもは二人います。
    祖父母のサポートは一切無く、夫も全くあてにならない中無我夢中で子育てしてきました。
    書かれているデメリットは全て体験たので、子どもを産みたくない女性は産まなくても構わないと思います。
    産まないデメリットは、体験していないのでわかりません。

    結婚前の私は仕事が好きで、子どもが大嫌いだったので、夫とは子どもを作らない約束で結婚しました。
    仕事は順調、趣味や友人との遊びは楽しく、このままずっと夫婦2人で幸せに生きていこうと思っていました。

    そんな中、私が長期出張中、ニューヨークでテロが起きました。
    その時、私の中で何かのスイッチが入り、夫に子どもを抱かせてあげたいと強く思いました。
    夫はさほど望んでいないようでしたが、すぐに妊娠し、そこからずっとジェットコースターに乗っているような生活が続いています。

    あの時迷わず子どもを産む選択をしたのは、やりたい事は一通りやり尽くしてあったからだと思います。
    もちろん仕事はまだまだ途上でしたが、専門分野の最高峰の方々と一緒に仕事をさせてもらい、自分の限界を知ったことも背中を後押ししました。

    子どもを持つ持たないに関わらず、若いときには損得考えずに全力でやりたい事をやり尽くすことをおすすめします。

    ユーザーID:9453896444

  • おっしゃるとおり!

    その通りだと思います。
    100%同意します。

    私は出産前からトピさんと同じ気持ちでした。
    夫の収入が不安定だったので、トピさん以上に出産に対してネガティブでした。

    で、なぜ出産に踏み切ったかというと、ダメダメな夫ですがどこか憎めなくて、夫の子どもに会ってみたかったから。
    あと、いろいろトラブルはあるけど、結婚生活が幸せで、子どもがいたらもっと幸せかも?と欲をかいたから。
    私の収入は安定してるので、最後の手段として夫が主夫になると夫婦で決めたことも後押しになったかも。

    子どもを持つことでのデメリットは十分すぎるくらい理解していましたが、そのデメリットを上回るものがあると信じて疑わなかったです。

    で、今育児してますが。デメリットの部分はほぼその通りです。(夫は不器用で育児はほとんどできないし、友人とランチなんて非現実、毎日買い物して手料理、子どもが転べば私の責任と夫から責められ…)でも、予想外に夫の仕事が落ち着き収入が安定したので、私は専業主婦になり穏やかに育児ができていて、来年復職予定です。

    産後うつとか妊娠する前からずっと気になっていてベビーシッター、一時保育、家事代行などあらゆるサービスを利用して極力自分の時間を持って予防してます。(ちなみに私も夫も両親は他界)

    世間体とかありますが、結局、我が家の場合メインで育児するのは私なので、私が幸せにいられれば子どもも幸せだと思って、手を抜けるところはしっかり抜いてます。

    ユーザーID:1092217751

  • レスします

    高齢出産の方も見ていることを覚悟で書きます。

    30代半ばで、まるで子供を産む産まないということに、自分に選択権があると思っているらしいことにまずびっくりしています。

    世間の目が異様に気になる人らしいので言っておきますが、世間的にはもう、「授からなかった」と言って通用します。
    もちろん世間も「まだ若いから大丈夫」と言うでしょうが、社交辞令です。
    ご両親にとっても、もし私であれば「孫を抱かせたいとか、他人に理由を押し付けて、覚悟もないのに産まないでよ」と思います。

    誰にどう思われようと欲しくてたまらないなら、もちろん、一生懸命治療すればいいと思います。それで授かったら、神様と医学に感謝すればいいと思います。

    > ポテトサラダを買っただけで知らないおじさんから暴言吐かれたりするんですよね?
    >夫がオムツ替えれば褒められ、妻が一瞬目を離せば叩き潰される今の社会
    ご自身で言うように、あなたがそういう考えに染まっているだけで、社会がそうなっているほどではないです。もしかして、ふざけているか、世の中の母親を遠回しに貶めたいのかな?と思いましたが、本気でそういう社会だと思っているなら、少し考え方に色々と問題があるかもしれないです。

    >生まれつきの病気なら母親(つまり私)が妊娠中に使った薬や不摂生のせいじゃないか
    実際にそういうことがあった場合、お医者様を始め、身内は子供の病気を良くすることに全力を注ぐのみで、母親側の原因追及に固執する人は以外と少ないです。いるとしたらそもそも仲の悪い人か、母親本人。自責して原因追求に固執し勝手に落ち込んでしまい、皮肉にも子供の治療に一番足手まといになる時があります。
    それにトピ主さんの場合は高齢出産なので不摂生以前に最初からリスクは高いです。両親を喜ばすどころか却って悲しませてしまうかも。メンタル弱いようなので無理しないことをおすすめします。

    ユーザーID:9634991377

  • 自分かと思いました

    まるで出産する前の私です!全く同じ考えでした。甥姪は可愛いけど都合良く可愛がってるだけ。我が子となると重い、今までなかったような悩みが増える、外食も場所を選ぶし子供に部屋も荒らされる。ママ友めんどそう、産まれる子供の障害の有無など…心配事上げ出したらキリがなかったです
    それでも妊活した理由はトピ主さんと同じで、とりあえず一年妊活してみて出来なかったら夫婦2人で人生楽しも!と。
    わりとすぐ妊娠し、第一子は残念ながら流産。熱望していたわけではなかったはず。でも、生きてきた中で1番悲しかったです。他にはもう何もいらないからまた宿って欲しいと毎日祈ってました。
    それから2ヶ月後また妊娠でき、今は一歳の息子がいます。
    つわりも酷く、出産も26時間陣痛と辛かったですが、我が子の可愛さで即かき消されます!
    妊娠前には育児って全てにおいてしんどいんだろな〜自分の時間ないしーとか思ってましたが、育児ってほんとこだわればこだわるほど最高にクリエイティブなんですよ!楽しいし、祖父母の嬉しそうな顔も見てて幸せです。
    あと妊娠中もそうでしたが子持ちで出掛けていると席を譲って頂いたりベビーカーを運ぶの手伝ってくれたり優しい方がほとんどでした。(都会住みです)嫌な経験は今のところ無いです。
    そして育児や息子に関する事以外興味がなくなりました。
    夫には「家庭に興味なかった奴が自分の子供だけは可愛がる典型」だと言われます。笑
    ただ、心配症なので妊娠中もエコー写真におかしなところはないか病的に確認したり、ちょっと気になる事があるとすぐ受診したり(担当医にまた来たなって言われてました笑)1歳過ぎるまでは色々ずっと心配していました。そういう意味ではしんどかったです。もし2人目妊娠するとなるとまた同じように病的に心配するのでそれが唯一嫌ですね…でも性分なので…
    案ずるより産むが易しですよ!

    ユーザーID:3222005161

  • SNSに踊らされない

    子育てには「正解」がないところが、
    難しいところでありまた楽しいところでもあります。私の場合は、子宮の持病(軽度)があり不妊治療とまでは言わなくとも通院が無ければ自然妊娠は難しいと診断されていました。
    元より子供が大好きという性格でもないし、
    夫も同じようなタイプだったため、無理に治療せずに流れに任せる形で結果自然妊娠しました。
    最近の子育ての環境に二の足を踏んでしまうお気持ちは分かります。でもそれは、現実をやはり知らないからだと、子育て真っ最中で感じます。
    世間で起きている事は必ずしも自分にはあてはまりません。むしろ、数が少ない場合こそSNSで発信されてしまいがちです。
    私はポテトサラダ買って暴言吐かれたことも、
    妊娠中に嫌がらせを街でされたこともないです。
    外的要因で、「産まなければよかった」なんて感じたことは無い。ですが、やはり予想外の妊娠だったので、本当に出産子育て出来るのか考えることはありました。
    でもやったことがない事なので「分からない」というのが正直なところです。
    夫の事を愛していて、この人との子供なら育てられるかもという気持ちであとは覚悟決めただけですね。
    子供の将来設計なんて、本人の器量や気質でいくらでも崩れてしまいますし、好きな事をやって十分自分の人生は謳歌できたので、とりあえず頑張ってみるか〜!(神聖化している人に怒られそう)
    でも、結果パートナーの気遣いひとつで全くそんなことも無い生活になっています!
    ママになっても、友達とランチに行ったり好きな服を着たり、自分の時間も持てます。
    自分の人間的な成長をまだ感じさせてくれる育児ってすごいなって思います。
    大丈夫ですよ。やり方は、決まっていないのですからいくらでも幸せになれます。
    頑張ってください。

    ユーザーID:8915798297

  • やめたほうがいいのでは?

    収入は十分あるようですし、そのまま仕事、趣味、友人付き合いと、充実して楽しく暮らしていたほうがいいんじゃないですか?
    将来困らないように貯蓄だけしっかりしとけば幸せに暮らせるでしょう。

    メリットデメリットを考えるなら、子供は産まないに限ります。
    自分以外のことに時間を割かなくてはならないのですから、そりゃデメリットしかないでしょう。
    それでも子供を産みたいと思う人だけ産めばいいと思う。

    ちなみに私は子供が二人いますが、産んでよかったですよ。
    メリットなんて考えてませんが、だからこそ幸せだと思えるのだと思う。

    物事を損得で考えるなら、子供を産んで体はガタガタだし、気を使う保護者との付き合いや学校やら習い事での役員やら、自分には向いてないことを無理やりやって精神的に追い詰められることも多いです。
    大人になったら私のことなんて気にせずどこでも好きなところに巣立ってもらいたいので、老後の世話なんて期待できません。
    私の得になることなんてないと思いますけど、そんなの帳消しになるくらい我が子は可愛い。
    成人するまでの20年くらいを一緒に過ごせのが嬉しいです。
    それだけで十分と思えるので、子供を産んで後悔はありません。

    ユーザーID:4123402289

  • デメリットばかり考えすぎ

    本当に欲しいと思ったらデメリットばかり考えません。
    出産にもタイムリミットあるわけだし。

    とはいえ私もそう考えた時期があります。
    まだ10代位の時に、です。
    思ってたのが。
    ●面倒くさい(出産もですが恋愛も結婚も人付き合いも笑)
    ●生理でさえしんどいのに出産なんて無理
    ●子供嫌い
    ●子供要らないのになんで生理あるかわからない
    ●男性だけズルイ(いろいろと)
    ●結婚すると女性に負担ばかりある(氏名が変わるとか)
    ●共働きでも家事はこっちでしょ?と。
    ●子供がいるとお金が貯まらない。
    ●子供がいると不自由。
    …等々…。

    他にも結構思ってましたね。
    私は今アラフォーで子供1人います。
    あんなに子供苦手、要らない!と思っていた自分が、まさか結婚して子供が欲しくなりました。
    不妊治療の末漸く授かった時は嬉しかったですよ。

    そういうデメリットを考えられる内は、心から欲しいと思ってないのではないでしょうか?

    両親のためとか世間の目とか気にするなら辞めた方がいいと思いますけど。

    外野が好き放題言ってるのは放置ですよ。
    子供を持ったり積極的に関わらないと育児の大変さも辛さも解りません。
    人間その立場になってみないとなかなか理解できないものです。
    実際私も独身の頃は少なくとも心の中では思っていたこともあります。
    産んでから簡単に出きると思っていたことが難しいと気づかされました。(むしろ出来ない)

    まあ、産む前に不便さ理不尽さなんて考えていたって意味ないですよ。

    ユーザーID:0316920804

  • 飽きたから

    いつかは子供ほしいとは思っていたけど
    積極的には思えず数年

    いろいろ理由はありましたが
    夫婦二人の生活にあきたからだと思います

    それなりに楽しくは過ごしていましたけど
    並みな出来の私たち二人が、人生最大の達成感とか自己実現とか
    わかりやすい形でできるのは

    子供がいることかなと

    わかりやすい、幸せの形の一つです

    子供のいる生活はやっぱり幸せです
    人はだれかを愛するようにできていると日々実感しています

    正直リスクを考えてたら、子供は作れないです
    そこまで考える必要のあるリスクってほぼないと思います

    心配事の大半は起こりません
    おこっても割合何とかなります
    それでも起こった悲劇は、
    ドラマか映画にでもなるんじゃないか
    それくらいには、平々凡々と生きているので実感できないんですよ

    そして
    昨今の日本は、子供を持つことを脅しすぎだと

    出産は鼻からスイカは出てこないですし
    ママ友は別にいなくていい

    なんだか怖い世間の実態はじつはありません
    ほぼ、優しい人ばかりです

    ほんのわずかな悪意が大きく見えるだけ

    万が一病気になっても、母親が原因だということもない
    人間理由をつけたがるが、
    こういう時こそエビデンスのないことに振り回されないように

    こういうナンセンスな話、私は好みません
    これこそ、言いたい人に言わせておけだと思います

    相手にしないことです

    あなたはそもそも
    誰かの目を意識しすぎではありませんか?

    少なくとも、
    誰かの母であるという大義名分と会社に所属しているという肩書って

    すごい楽だし便利です

    理想のキラキラした母親像なんて、私にいりません

    ユーザーID:5205050308

  • 頭でっかち

    トピ主さんみたいな人多いですよね、最近。
    SNSに踊らされすぎだし、深く考えているようで偏見だらけ、多面的な見方ができていない。

    主さんが挙げたような例、そんなひどい目にあってる人はごくわずかだと思いますが。
    世の中は優しい人の方が多いです。
    それに、メリットデメリットで考えるなら子供なんて産むべきではないです。
    あと、30代半ばなら、既に望んだとしても授かれないこともありますよ。迷ってる時間が勿体なさすぎます。

    ユーザーID:7625114215

  • じっくり考えて

    「〇〇って言われるんですよね?」
    「〜したら文句言われるんですよね?」
    まあそうやって〇〇のせい、と責任の回避先を探してるうちは、子供を持つ決断は答えが出にくいんじゃないかなあ、と思います。
    子供は無理に持つ事ないですから、気長に考えてみられたら良いのではないかな、と思いますよ。

    ユーザーID:6092940827

  • 考えてたら産めない

    子供一人育てるのに、小学校時代の習い事、中学の塾、高校の予備校、そして私立理系で下宿だったりしたら新築マンション買えるくらいかかります。中学受験なんてしてたら、もっとですね。

    上が国立の大学生で自宅通学で、給付型の奨学金を受けられたりしていますが、留学や自動車免許なんかも入れると4年間で400万ほどかかりました。
    下が高校生ですが、予備校や部活で年間100万は飛んでいきます。

    車だって、ミニバンともう一台が当たり前の地域なので2台持ち。
    塾や習い事の送迎とか、部活の車出しで車は必要です。ちなみに、夫婦は通勤手段として車はあってもなくてもいいので、子供のために2台です。
    車両費を抜いて維持費に1台年間30万くらい。

    年収1000万あったって、全然余裕ないですよ。
    考えてたら出産なんてできません。24で上の子を産んだので、当時は結婚したら子供を産むのが当たり前な社会でしたし、なにも疑問を持たずに生みました。
    一人っ子は私自身がそうで、介護とかいろんな負担ですごく嫌だったので、一人目を産んだら二人産むのも当たり前という感じでした。
    産むなら一人っ子はお勧めしません。
    子供の間はいいですが、親の面倒をみる年になると大変です。

    ユーザーID:1673917677

  • メリットは仲間が増える。デメリットは時間が減ること。かな?

    子どもを持つ人生って、確かに不安を伴いますよね。
    それだけ真剣に考えている、ということですよね。

    我が家は、夫が子どもを持つのが当たり前の考えの人でした。
    だからそれに応えた感じですね。
    まぁ、夫のことは尊敬していますし、好きなので、彼との子どもに会えるのは、ちょっと楽しみでしたよ。

    ご主人と良く話し合って、持つ人生を選ぶならば、少し時間に余裕を持つようにしても良いかと思いますよ。

    あとね、心配されている事柄ですが。
    まぁ、気にしてられなくなるわよ。忙しくなるからね。

    こころないことを言う人もいるかもしれないけれど、そういう考えの人もいるのね、で良いと思いますよ。

    ポテサラ、美味しい店見つけるのも、主婦の仕事なのよ。
    共働きの友人は、お子さんのお誕生日には好きなものを作れるって言っていたわよ。普段はできないからって。

    どんなお子さんでも、あなたたち夫婦にとって天使なら良いのよ。
    言いたい人には言わせておけばいいのよ。

    確かに子どもを持つ人生は、責任を伴います。
    私も不安でしたし、失敗もありました。正直辛いこともありました。

    でも子どものために自分の人生を使うことも、悪くはないと思っています。

    確かに押さえなくてはならないポイントみたいなのはあります。
    でも楽しめる場面もあります。

    これは人生の選択なので、どちらがどうとかは無いと思います。

    私がお伝えしたかったのは、子どもを持つ人生は、それなりに悪くないということです。

    細かいことは、他の方にお任せします。笑

    今一番楽しいのは、私らしさを子どもが必要としてくれるときですね。

    たくさん笑うようにして。
    なるべく気持ちに寄り添うようにして。

    まぁ、そんな感じです。
    少し気楽に考えてみて、それからでも答えを出すのは良いと思いますよ。

    すべてがうまくいきますように。
    読んで頂きありがとうございました。

    ユーザーID:7016744899

  • 私が子どもを生む前に考えていたこと

    夫婦とも30代後半で共働き正社員、未就学の子どもが2人います。
    妊娠出産子育てについて子どもを生む前に私はメリット、デメリットでは考えいなかったです。

    考えていたことは、夫婦2人の生活楽しいな。好きな人といっしょにいられるし、働いていてお金もあるし時間もあるから自分1人もしくは夫婦2人で好きなことができる。
    結婚して数年やりたいことやったから、もし子どもがいたら+αでもっと楽しいのでは!
    子どもがいても続けられそうな職場だし何とかなるかも〜という感じです。

    トピ主さんが仰られるリスクはあまり考えていませんでした。むしろ子育ての大変さや責任を予め知っていたら躊躇したかもしれません。
    でも2人目は大変さや責任を知った上で、かつ別ベクトルの喜びがあることも体感していたので何とかなると思って望みました。

    世間は思いの外子どもに寛容です!自分の気の持ちようもあるとは思いますが。
    周りの状況や気持ちでなく、自分たちの直感的な気持ちや考えで選択したので何かが起こっても特に後悔なく楽しく過ごせていると思います。

    ユーザーID:3572042128

  • 一人っ子なら、何とかなる。

    >「今日は残業で疲れたからご飯は買って帰るね」とか絶対言えなくて、それどころかポテトサラダを買っただけで知らないおじさんから暴言吐かれたりするんですよね?
    それどこの情報ですか(笑)。今どき、ベビーフードも安全なものがスーパーやドラッグストアで買える時代です。幼児向けのレトルトカレーなどもあります。アレルギーなどで食べれない物でなければ、惣菜も少しくらい食べて大丈夫ですよ。
    ファミレスやファストフードだってお子様メニューが充実。普通に、家族で楽しく食事しているのを見かけませんか。
    毎日の食事が総菜や外食ばかりというのでなければ、普通は他人にとやかく言われたりしませんよ。例えば、夕食はカレーを作り置きしているけど、サラダ作る時間がないからポテトサラダ買って帰ろう…なんて、よくある事です。作り置きすらなくて、仕方ない今日はコロッケとサラダを買って、ご飯はレトルトを温めよう…そんな日もたまにはありますよ。
    産む前にどう考えていたかですが、私も仕事が忙しかったので確かに心配もありましたが、風評に惑わされず時代に即した情報を得て、夫婦で情報共有し、冷静に自分の頭で考えたら、「まず1人くらいなら育てられる」と判断できました。1人育てて見て、可能なら2人目も考えよう。とにかくまず、1人を大事に育てようと思いました。
    結果的に、私の健康上の問題があって一人っ子ですが、一人なら多少ピンチの時があっても何とかなりますよ。子どもは成長しますから、赤ちゃんの時代は2度と来ませんし、食べられるものも行動範囲も広がっていきます。
    子どもは好きだけど子育てが少し不安で、生活水準を下げたり、あまりにも余裕がなくなるのが嫌なら、一人っ子がおすすめです。忙しくても夫婦のどちらかが1人を見ればいいし、保育園も1人ならどこかに入れます。PTAも1回やれば良いし、学費も1人分でいい。何とかなります。

    ユーザーID:9688718109

  • 考え方に色々とクセを感じます

    >ポテトサラダ

    その話は、ネットニュースでタイトルだけ見て「くだらない・・」と読む気にもなれず、スルーしたので、あまり詳しくは知りません。まあ、詳しくも何も、そのタイトル以上の中身は何もないと確信していますけど。

    「ですよね?」って、何でしょう、これ。真面目に答えないといけないんでしょうか?真面目に答えた人をバカにしようというひっかけ問題ですか?よく分かりません。

    他の方のレスで「SNSに踊らされ過ぎ」という言葉があったので、少し意味が分かりました。
    SNSで2時間ぐらいトレンド入りした話題があれば、それは日本中の誰もが知っている話題で、100人ほどが同じ意見を発言してれば、それはもう日本全国の主流の意見だみたいな感覚なんでしょうか。

    >夫がオムツ替えれば褒められ、妻が一瞬目を離せば叩き潰される今の社会

    具体的に、どこの奥さんが社会に叩き潰されたのでしょうか。あまり人間が叩き潰されるなど、無駄に過激な発言をして不吉な感情を煽ったり注目を浴びようとすることは控えられた方がいいと思います。

    私の周りの社会では、目を離しただけで叩き潰された人はいないし、目を離して「重大な事故」を起こした場合は、老若男女関係なく、批判はされると思います。もちろん、一番つらいのは当事者であって、無関係なのにわざわざ潰しにくるほど暇な人もいないと思いますけど。私の周りの社会ではね。

    まあ確かに、自分に歯向かってこないお気に入りの人とだけ楽しく過ごし、SNSでは自分の気に入った意見だけ読み、気にくわない意見を言う人は全部ブロックして二度と読まないということを繰り返していたら、考えが偏るのかもしれません。

    >産まれたら可愛いから大丈夫ではなくて、
    言うつもりはないですが、なぜ意見を聞く前から意見の選り好みをするのか、思考の流れが分からなくて不思議です。機会があれば理由を聞いてみたいですね。

    ユーザーID:0604669751

  • 妊娠中です

    言いたいことはなんとなくわかります。
    今の女性は仕事(フルタイム正社員)、家事、子育て求められ、その上で社会保険料も税金も昔より確実に高い。男性も余裕ないでしょう。これから子どもを考える人にはネガティブ要素多い社会だとわたしは思います。うちは育児手当や無償化などの制度は所得制限にひっかかり恩恵少ないです。一生懸命働いて贅沢せず生活してるのにです。
    いろいろ調べた分ネガティブになりました。
    それでもわたしは30歳で妊娠に踏み切りました。
    わたしもいつかはこどもが欲しいという気持ちがありました。職場の女性は未婚の方が多く焦りが出なかった分いつのまにか結婚も遅くなりました。
    ニュースとかで不妊治療が目につくようになり歳を重ねてからのリスクを抱えた出産や、妊娠自体できなくなる恐怖、治療費のことを考えたらできる限り早くしなきゃと20代後半で思いました。
    妊娠して感じたメリットは栄養指導が入り食生活がかなり改善され、料理が好きになりました。今まで時間がなく早く食べたり時短ご飯ばっかりだったので。あと、産休に入ってから蕁麻疹、顔湿疹、背中の肌荒れが消えました。
    人生一度きり。出産、育児の経験をしてみたい。わたしはひとりっ子の予定ですがお金に余裕があれば3人くらい欲しかったです。

    ユーザーID:5729283954

  • 未知への好奇心が恐怖を上回った

    トピ主さんは、子供がいる生活に興味はあるけど、恐怖心のが上回っているのですね。
    私も恐怖心は色々ありました。特に経済面や仕事との両立など。
    ですが、最終的にそれらよりも未知のものへの好奇心のが上回ったって感じかな。ちなみに子供苦手で他人の赤ちゃんとか、正直全然興味がありませんでした…。どう接していいか分からないというか。
    でも自分の子供ってどんなんなんだろう?母親になったらどんな変化があるんだろう?ということに対して知ってみたくなって。
    不安に思っていた経済面や仕事との両立についても、なんとなーくぼんやり目処がついてきたのも理由の一つです。私の場合は、夫に家事育児を50%以上負担してもらう、と決めて、実際にやってくれそうな人だという判断がついたことが大きかったです。
    ちなみに、妻として母親としてこうあるべき!みたいな固定観念が私には全く無いので、ポテトサラダの件とかは微塵も動じません。

    ユーザーID:9294773829

  • 決められなかったから自然に任せました

    私は子どもが好きではなかったです。
    32歳で結婚して、35歳までは全然子どもに興味がなかったです。
    夫は結婚した時に「私に任せる」と言い、それ以降何も言いませんでした。

    35歳でふと「子どもは…どうしよっかな?」と思いつきました。
    以下は、思いついてから1年間悩んだことです。

    妊娠しにくい、妊娠しても流産率が上がる、高齢出産でリスクが高い年齢になった
     ↓
    でも、妊娠・出産できるのは女性だけなのに、その権利を使わなくていいのか?
     ↓
    夫がいるし挑戦してみるか?
     ↓
    でも、子どもが生まれたら20年間は子どもの為に生きなきゃいけない
    独り立ちできるように育てなくてはいけないけれど、私にできるのか?
     ↓
    そもそも妊娠できるか?
     ↓
    でも、女性に生まれて妊娠できる権利があるのに使わないの?
     ↓
    でも、生まれたら20年間…

    このループを1年繰り返し、考えるのが嫌になって自然に任せました。笑
    (避妊をやめました)

    出来たら産む、出来なければ今のまま2人で暮らせばいい。
    決めたのはただそれだけです。

    でも、妊活という感じではなく今までと変わらない感じの夫婦生活でした。
    結果的に2年後の38歳で妊娠・出産しました。
    今は子どもが3歳になりました。

    私の場合は、メリットとかデメリットと言うよりは「私の欲」とか「好奇心」が原動力でした。
    そんなのでいいのか?とも思いましたけど、やってみなきゃわからないじゃないですか。
    結婚もそうでしたけど、人から聞いた話と自分が同じではないですし、
    やってみないとわからないんですよ。
    だから、やってみました。

    ポテサラの件、お気になさらずに。
    レアな人だからSNSで拡散されるんです。
    よく見かける人なら拡散しないでしょ?
    私は0歳を連れて外食もしたし、今は子どもが惣菜のコロッケを大好きです。笑
    他人にそれで何か言われた事はないです。

    ユーザーID:0690291001

  • 考えすぎないこと

     トピ主さん、ネット上の情報を鵜呑みにしすぎですよ。
     ポテトサラダ買って文句言われるなんて、そうそうあることじゃありませんし、そんな人に遭遇しても「変な人だな」で終了。子供に病気があって云々も、言う人は何でも言うんだから、気にしていたらきりがありません。

     うちは未就学児3人います。
    全員活発で地声が大きく、じっとしていません。3人そろうと一人ずつよりもパワーアップして、言うことなんてきかないし、常に怒鳴ってる状態です。
     このようにネット上で言うと「小さな子3人もいたら、しょうがない。子供なんてそんなもん」と言われるか、「躾が悪いんじゃない?」か、意見が割れるでしょう。

     私も昔は奇声を発しながら走り回る子供を見てびっくりしていましたし、うるさいし親は何してるんだろう?と思っていました。
     しかし、実際に育ててみると親が注意しようが、する子はするんです・・・。もし本気でやめさせようと思ったら、虐待レベルのしつけをしなければ無理でしょうね。

     さて、メリット・デメリットですか。

    デメリットはトピ主さんのおっしゃる通り、たくさんあります。
    夫婦・自分の時間がなくなる、お金がかかる、面倒なことがたくさん、責任もたくさん。
    それに比べたら、メリット・・・・?そんなものありませんよ。

     ただ、退屈はしません。それから、大した親でもないのに、びっくりするくらい愛をくれます。

     子供に限らず、人間関係って面倒なことの方が多いですよね。友達だって、夫婦だって。
     もし、何か問題が起きた時に「こんなことなら出会わなければよかった」と思うタイプの人は、子育てには向いてないのかもと思います。
    「産まなきゃよかった」ってことになりますから。

     私は、もともと子供好きというわけでもありませんが、産んだことを後悔したことは一度もありませんし、これからもないと思います。

    ユーザーID:8284594603

  • 理屈で人間生きてない。

    好きな人と結婚したんでしょう?

    好きな人と自分の遺伝子が合わさって、新しい命を作ることができるって、すごい!

    単純にそう思わないのでしょうか?

    私は子供を作る際に「妊娠出産前に考える」なんてことはなく、

    結婚制度という法のもとに、社会的に家族として認められ、元々は見ず知らずの全くの赤の他人と、新しい命を生み出して第2の人生をスタートさせるということが、大げさながら凄いことだとワクワクしながら過ごし、出産しましたよ。

    やれポテトサラダだ、なんだは、生まれてからは、それは色々あるっしょ。です。

    で、妊娠出産、しなかったら?

    ポテトサラダ買って帰ったらいいんじゃないですか?(笑)

    出産したって、仕事の帰り際にお一人様で寿司をつまもうが、ステーキ食べようが、カンケーないでしょ。何で他人の目が自分の可愛い我が子の話に直結するんで?

    収入が中の上ってホントかいな?勉強虫でした?

    あなたはご主人が好きではないのですか?自分が嫌いなのではないですか?

    双方「好き」だったら、互いの遺伝子を持った子欲しくならないのですか?

    生まれてからのナンタラよりも「生む」ことに意味を見いだせないなら、何で結婚制度につかまってるのですか?逆にお訊ねしたい。

    ユーザーID:4245935707

  • トピ主です

    皆様コメントありがとうございます。
    私の説明不足、認識不足で不快な気持ちを抱かれた方もいらっしゃるようで、申し訳ありません。
    無駄にする時間はないということは重々承知しています。
    ですので、結婚してすぐ検査、通院を始めました。現在はお医者様の指示に従い、順番にステップを踏んでいます。
    トピの悩みの発端は、高度不妊治療を含めどこまで妊活をするか?と考え始めたことです。高度不妊治療をしてまで欲しいのか?それから、妊活してるのに、一直線に子供欲しい!と叫べない自分に対するもやもやもあります。
    ちなみに夫は、子供は授かれば嬉しいけど高度不妊治療にチャレンジするかの判断は私に任せる、授からなければ二人で楽しく生きていこう、というスタンスです。

    いくつか頂いた疑問、コメントについて
    ・ご飯:レトルトやお惣菜は子供がまずいと言って食べてくれないという話を友人から聞きます。私が子供の頃もお惣菜や冷食は一切食卓には上がりませんでした。そういう経験による考えで、子育てと料理を同時に習得するのは無理と考え、結婚してからは練習も兼ねて毎晩一汁三菜の手作りを自分に課しています(独身のときは手抜き自炊だったので)。 それでもトピの通り、残業その他でできないことも時々…。子育ての疲れは残業の疲れなんかの比ではないのに情けない、私なんかに子育てできるのか?という悩みです。ポテサラの話は、似たようなことを友人夫婦(正社員共働き子持ち)の旦那さんが奥さんに言ってたんです…それもあってニュースに過剰反応しました。幸い私の夫はそういうことは一切言いません。

    続きます。

    ユーザーID:4420387983

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です

    ・子供の病気は母のせい:親戚や友人に病弱な子が何人かいて、具合が悪いとき「丈夫に産んであげられなくてごめんと思う」という話を聞き、とても共感して、母になったらそういう風に思うものだと思っていました。理屈や医学的な根拠はそれを否定することはわかっていますが、感情なんですよね…。でも思わない人もいるんですね、そちらの方が医学的には正しいと思います。それに、確かに他人からは何も言われないと思います。だから本人の気持ちの問題ですね。

    ・考え方の偏り:20代半ばまでは、何もデメリットなど考えず、結婚したら子供欲しい!と思っていましたが(他の方のレスにもありましたが本能的な気持ち)、この年になると、周りの友人や親戚の、妊娠中の体のトラブル、高度不妊治療の成功・断念、子供の病気、反抗期…などなど、いろんな経験を間近に見てしまい、昔のように子供可愛い子供欲しい、とだけシンプルに思えないのです。私としては広い経験を見聞きしたがゆえの現在の悩み、と思っています。(他人の考え方について、偏っていると見るかどうかは、お互いの相対的な立ち位置の距離感によるものだと思うので、私の考えについて偏っていると思われる方もいて当然と思いますが、私がこういう考えに至った経緯を説明しました。)

    ・なぜ「なんだかんだ言って産んだら〜という意見ではなく」と書いたか:そういう意見は既に周りから聞いているからです。でも私にはそれだけでは不安が払拭できなかったんです。だからわざわざネットで知らない方からの意見を募るからには、私の周りにいない、まだ聞いていない種類の意見を読むことで、上記のような意見も理解できるようになりたい(橋渡し的な役割)と思ったからです。

    続きます。

    ユーザーID:4420387983

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です

    たむ様、とと様、Y.様、ぴぴ様、結婚10年目様、アカベコ様

    ありがとうございます。
    共感してもらえて理解してもらえてとても嬉しいです。
    心配性な人あるあるなんでしょうか。同じ不安があったと書いて下さった方々、現実のお友達になりたいくらいです。
    私の周りにはあまりここまで心配する人がいないので。
    考えがループしてしまった方、妊娠中何度も診察に行かれた方、産後うつ対策調べた方、「そうそう!」「ああ私も絶対やってしまいそう!」などと思いながら読んでいました。
    皆様が、私と同じような心配をしながら、産んだ結果幸せな現在を手に入れられているとのこと、嬉しく思いましたし、ちょっと勇気も出ました。ありがとうございます。

    ユーザーID:4420387983

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • あまり何も考えてませんでした

    まぁそもそも、結婚すること=子供は持つ前提で結婚したので、悩むことがなかったですね、どちらかといえば、できなかったら、まぁ別の道を考えるか、とも思ってましたが 
    (それは旦那も同じとは言ってましたが。。多分子供を持たないことは想定していなかったと思います。)

    なので、子育てに伴う苦労自体は、結婚に含まれてました。総合職で残業まみれで20代すごし、働く厳しさも十分感じており、このまま30代40代やっていけないーというおもいもあったので。。。

    ただ実際にその後は ほぼフルタイム派遣でずーっと働いていますが、私にはこれでよかったかなと思ってます。 両立はめちゃくちゃ大変ですけど。
    しごとばっかり、お家ばっかりよりも、両方あってちょうどいいです。 どちらにものめりこみすぎなくていいので・

    子供の障害等については、少し気になりあましたが、これも、兄弟親戚みまわして特になかったので、考えても仕方がないと割り切りました。 ので胎児検査等もなし もし万が一なにかあっても、一人なら何とか?と一応想定だけはしてました。

    ユーザーID:0125208667

  • トピ主です

    ・子供の病気は母のせい:親戚や友人に病弱な子が何人かいて、具合が悪いとき「丈夫に産んであげられなくてごめんと思う」という話を聞きました。それは理屈ではなく、医学的な根拠でもなく、感情として、もし私も病弱な子の母になったらそういう風に思うと思いました。でも思わない人もいるんですね、そちらの方が医学的には正しいと思います。それに、確かに他人からは何も言われないと思います。だから本人の気持ちの問題ですね。

    ・考え方の偏り:20代半ばまでは、何も考えず、結婚したら子供欲しい!と思っていましたが(他の方のレスにもありましたが本能的な気持ち)、この年になると、周りの友人や親戚の、妊娠中の体のトラブル、高度不妊治療の成功・断念、子供の病気、反抗期…などなど、いろんな経験を間近に見てしまい、昔のように子供可愛い子供欲しい、とだけシンプルに思えないのです。私としては広い経験を見聞きしたがゆえの現在の悩み、と思っています。(他人の考え方について、偏っていると見るかどうかは、お互いの相対的な立ち位置の距離感によるものだと思うので、私の考えについて偏っていると思われる方もいて当然と思いますが、私がこういう考えに至った経緯を説明しました。)

    ・なぜ「なんだかんだ言って産んだら〜という意見ではなく」と書いたか:そういう意見は既に周りから聞いているからです。でも私にはそれだけでは不安が払拭できなかったんです。だからわざわざネットで知らない方からの意見を募るからには、私の周りにいない、まだ聞いていない種類の意見を読むことで、上記のような意見も理解できるようになりたい(橋渡し的な役割)と思いました。

    続きます。

    ユーザーID:4420387983

  • トピ主のコメント(8件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧