「皆勤賞」って必要?

レス62
(トピ主0
お気に入り41

編集部からのトピ

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見をいただき、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「『皆勤賞』って必要?」
学校に欠席や遅刻、早退することなく出席した生徒がもらえる皆勤賞。学校に行きたくないと毎朝のように思いながらも通学し続け、年度末や卒業前に先生から皆勤賞をもらい、日々の努力が報われたように感じた人も多いかと思います。一方で、最近では病気になったり、体調に少しでも不安を感じたりしたら学校は休むべきだ、と考えている人も増えてきているのではないでしょうか。
今改めて振り返ってみて、学校では皆勤賞を設ける必要があると思いますか?オトナのみなさんの意見とその理由、具体的なエピソードを教えてください。

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞で転載させていただくことがあります。
読売中高生新聞のHPはこちら。

ユーザーID:9083560057

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
  • あっていいと思います。

    皆勤賞。いいと思います。
    そりゃあ、
    簡単に感染させてしまう病気に罹患した時は、
    きちんと休むは必要です。
    皆勤賞の為に無理して出席とかダメですよ。
    でも本当に、何年間も風邪一つひかなかった、
    そんな友達を知っています。
    賢く行動的、元気一杯のその人は、
    今は介護施設を経営しています。

    あってよし。
    でも伝染病なのに出て来てはダメ。
    体力があり体調管理が出来る子、親、家庭は、
    誉められていいと思います。

    50歳の私は先天性の内蔵疾患があり、
    生涯一度も皆勤賞を貰ったことはありません。
    勉強はできました。
    そっちじゃ色々と賞を貰いました。
    でもね、憧れました皆勤賞。
    無い物ねだりですね。
    あ、思い出しました。
    体力測定だったか、体力審査だったか、
    当然病気の為に下の下です。
    ただただやれと言うからやっただけ。
    で、努力賞を貰いました。
    嬉しかったかと言うと、あーひねくれ者です。
    なんだかバカにされたように思いました。
    本当に頑張っていた子がいたのになぁ。と。
    この努力賞より、
    私は皆勤賞の方が嬉しかったと思います。

    愛知県出身、女、既婚、専門職、子供なし。

    ユーザーID:3571096621

  • アラ50 山陰の市部 子あり

    私の小学校はありませんでしたが、中学校はありました。
    結果的に三年間欠席なしです。
    体調不良を親や先生に言うのが面倒だっただけです。学校も近いし。授業も好きだし。先生からは頂くとき「病気や事故にあわなかった事に感謝するためのお祝い、景品(賞状なし)。社会人になったたら、更に簡単に休めません」と言われました。誉められたと言うより、寧ろ訓戒でした。
    当時としては配慮があったと思うし、絶対に来るべきという学校ではなかったです。
    皆勤賞は病弱な人への配慮には欠けていましたね。不登校もありましたし。
    でも会社の手当てに「皆勤賞」はあり、社会でも大切な事のようです。


    小学校はいじめや学校の先生が嫌いで、4日続けて休みました。今思えば登校前に心因性嘔吐もありました。
    親は二日目に察しましたが、特に行けともいわれず。五日目につらそうに「休む?」と言われ、行きました。
     娯楽の少ない時代、地方で、授業は好きでしたから、行きました。

     子供はたまに休んだので、賞の存在はしりません。休みぐせに気をつけながら休ませたつもりでした。
     ところが、十年後になって、「簡単に休むな、からかわれるのは自分の責任」と言われた、と言います。記憶にないです。心の弱い子になるなと言ったつもりでしたが。

     中学校は皆勤賞ではなく、内申の方が気になりました。発熱で無理に行かせはしませんでしたが。小学校はまずは家で様子見だったのに、中学校は即病院。公休ので休めるようにしました。インフルが陽性になるまで検査をさせる家もありました。

     皆勤賞は気持ちの問題ですが、休み過ぎると内申にひびくと先生には言われました。
     ホントに関係があるかは知りませんが、内申に休んだ日数書く必要あるの?と思います。単位日数制で良いとおもいます。

     

    ユーザーID:9472775451

  • いらない

    休みも仕事ということを学ぶべきです。

    ユーザーID:5009306499

  • 自己管理ができたことを褒める賞

    皆勤賞は自己管理ができたことを褒める賞なのだと思います。
    もちろん、運も良くないと皆勤できないのもわかります。

    でも、3年間、あるいは6年間、病気になることなく、遅刻することなく学校へ通うのは、地味な努力ができることの証でもあると思うのです。

    かけっこやお勉強と違って、誰でも心がけと努力でもらえる可能性のある賞です。
    地味な努力が大切なことを子供時代にわからせるためにも皆勤賞はあっても良いと思います。

    ユーザーID:8538978618

  • 要らない

    『皆勤賞』狙いでちょっと具合が悪くても登校なんて事もありました。
    以前ならせいぜい風邪程度でしたが、コロナ時代には不要でしょう。

    ユーザーID:4094860939

  • 編集部からのトピランキング

    一覧
  • 必要ない

    同僚が、幼稚園の皆勤賞をお子さんに取らせたいと、「熱があったけど、解熱剤飲ませて行かせた〜」と何度か言っていました。
    皆勤賞を取ると、卒園式で皆の前で賞状されるそうです。
    感染する病気の時にも行かせて、お友達が感染し入院。あまり聞かない感染症だったので、その子から感染ったとお友達の親御さんが怒ってトラブルになったと逆ギレしながら話していました。
    私の子供の園は皆勤賞はありませんが、子供を預けて働いている身としては、皆勤賞のために他の子供にリスクを負わせる同僚が理解できませんでした。
    いっそ、皆勤賞なんてなかったら、お子さんに無理させなかったんじゃないかな?
    そういう方もいるので、私はいらない派です。

    ユーザーID:0611954378

  • あってもいいと思う

    東北出身、四十代、女性です。

    私は体がとても弱い子供で、皆勤賞なんて夢のまた夢でした。
    すぐに熱を出しては休むので、「サボり」とからかわれたこともあります。

    でも、皆勤賞はあったほうが良いと思います。
    「毎日きちんと学校へ通った、そのガッツがすばらしい」と讃えること(讃えられること)の何が問題なのでしょう?

    病気になったり熱があったりすれば学校を休むべき、というのは当たり前のことです。
    その結果「あと少しで皆勤賞だったのに、病気でもらえなかった」という子も出るでしょう。
    その代わり、目標を達成できないとどれくらい悔しいか、達成するためには何が必要かなど、得られることもたくさんあるはずです。

    悲しい思いをする子のために皆勤賞をなくしましょう、という考えもあるかもしれませんが、そもそも「悲しい」「悔しい」という感情は「悪」でしょうか。
    それも立派な学びです。
    比較的安全な場所でそれを学習できる場が学校だと思います。

    ユーザーID:5904115248

  • 体調悪い子を無理矢理行かせたママ友

    幼稚園の頃の話です。

    もうすぐ卒園という時期にお腹を壊したママ友のお子さん。
    「オムツを履かせて行かせた!だってあと一寸で皆勤賞だし!!」と話していてビックリしました。

    皆勤賞なんてあると、体調悪くても無理してしまう子供や親がいるんだなぁと思った出来事です。

    私自身が子供の頃に、風邪の治りかけに登校してぶり返す事がよくありました。

    登校より体調第一。
    調子が悪ければ無理せず休ませるべきです。
    それは子供本人の為だけでなく、周りにうつしてしまう危険も回避できると思います。

    ユーザーID:6303175703

  • いらない

    毎日行くことが誉れではないから。
    子どもの頃から毎日休まず行くことがいいことという思想統制をすべきではないと思う。
    むしろ、子どもにも大人の有給休暇と似たような制度が必要なのでは。
    年間一週間は任意のタイミングで休みを取れるなど。
    大人の仕事も多種多様なので子どもが土日祝日のみ休みだと親と都合があわないこともあるでしょう。
    割高なときにしか旅行できないなど不都合もあるし、混雑します。
    子どもにも休暇があり休みが分散されればお盆の帰省大渋滞で物流に支障が出るなどもいまよりは減るはず。
    むしろ、子どもの時から自分で計画を立て、支障が出ないようにきちんと休むというスキルを身につけるべきでは?
    皆勤賞は悪い側面こそあれど良い側面は思いつきません。
    いまの有給休暇消化率の低さ、他国に比べてオリエンテーションスキルの低さなどは子どもの頃から休まないのがいいこと、我慢は美徳と植えつけているツケだと思います。

    ユーザーID:1531122632

  • いらないと思う

    幼稚園と小学校で貰いました。
    幼稚園は車で送って貰ってましたから行かざるを得ない。
    帰りは回数券を持たされていたのでバスで帰るしかなかったんです

    小学校の高学年の頃に、数人からシカトされた時期があり、鬱陶しくなって学校に行かなかったら、無理やり母親にバイクで送られて、途中で母が転んで怪我をしたので、自分の心の傷を押し殺しながら渋々行きました。
    隣のクラスがインフルエンザで休校になったり、お兄ちゃんが風疹になった時には、風疹て何て素敵な病気なのだろう! と凄く羨ましかったです。

    中高生の頃は友達に会うのが楽しかったので、毎日行く努力はするものの、遅刻したり、時にはサボったりしながら、、、皆勤賞はなかったけれど楽しい思い出は一杯でした。
    結局、幼稚園や小学校は行くのが当たり前だと思ってたし、親が送り出していたので親が皆勤賞を貰った様な物です。

    私の孫達は既に動画で勉強してますから、これからは皆勤賞っていらないだろうと思います。
    只、健康維持する事は大人も子供も大切な事なので、
    勉強ができる子や運動神経の良い子、思いやりがあって人や動物の世話のできる子など、、、人には得て不得手もあるので、歯も含め健康で自己管理ができている人に『健康賞!』みたいな物が出来ても良いと思います。

    ユーザーID:4231374048

  • 三姉妹の母です

    小学生、高校生、大学生がいます。小学校は1000人近くいるマンモス校です。小中学校では6年間、3年間無欠席だったら卒業式で名前を呼ばれていました。小学生はそれが誇らしいようで朝体調が悪くてもとりあえず登校しすぐ早退して達成した子を何人も知っています。自分だけ良ければいい、まわりの迷惑は考えないのかな…と嫌な気持ちになりました。
    皆勤賞を達成するには子供も自己管理が出来て親も規則正しい生活をさせて栄養バランスのとれたご飯を作る努力の賜物だと思うので素晴らしい事だと思います。何かで評価してあげたい気持ちもあるのですが…
    高校生になると皆勤賞の発表はなくなりました。長女は達成したので少し残念だったようです。次女はトップクラスの進学校で現在高3なのでテスト前や受験勉強を集中したい時に休むのが普通な雰囲気のようです。
    私自身親が何度もガンになり東京の病院に高速を使って送り迎えして現在も介護が続いています。三女が低学年の頃は一人で夕方から長時間留守番させる訳にはいかないので学校をお休みし実家に預けた事も何度かあり子供の努力だけではどうしようもないこともありました。
    昔とは時代が変わり今後もコロナ以外にも色々な新しい病気が流行ったり心の病を抱える子も増えています。娘の話だとクラスに一人は不登校の子がいる感じです。長女と三女
    は10歳近く離れていますが皆勤賞を絶対取りたい!という小学生はあまり聞かなくなりました。価値観も変わってきているのでしょうか…不要でもいいのかなと思います。

    ユーザーID:7686981126

  • 大人も子供もよく考えなければならない

    熱が何度でようが、這ってでも出勤するものだ!
    社会人たるもの、体調不良などで仕事に穴をあけてはならん!
    これが美徳だった時代は終わりました。

    今は「きちんと休まず感染症を職場に持ち込むとは」でしょうか。
    コロナに罹ることは罪ではない、まで言えるように世間はなりました。
    力のある立場の人が部下をきちんと休ませることでもあり、
    休む必要がありそうだと考えた人が妙な遠慮をしなくてよいように、
    そんなことになっても職場がまわるような環境を整えておく、
    職場全体の運営力を問われるリスク管理の問題でしょう。

    だからといって皆勤賞はナンセンスだからなくせとまでは思いません。
    若者は知らないかもしれませんが、
    昔は健康優良児というものがありました。
    現代では体格が大きいことは必ずしも褒められません。
    出産だって小さく産むのが正義で、
    体重が何百グラム多かったと妊婦は病院で叱り飛ばされます。
    自己管理ができていない!そんなので親になるつもりかと。
    過剰な体重増加を抑制する意義が
    医学的にきちんと存在するにしてもですよ。

    でも、日々健康に気をつけ、基本的な生活習慣をきちんとし、
    バランスよく食べて運動して眠って、結果、風邪ひとつひかずに元気に通った。
    これを誉めてあげて何が問題でしょうか?
    本人に過失もなくたまたま病気をもって産まれた、
    そういう子供たちはたくさんいますが、
    元気に通ったことを褒められる子がいると、
    病気の子を責め立てることになるから配慮しろと?
    それはおかしな考えです。
    それなら勉強を頑張ったことを褒められる入試制度も廃止しないと。
    順番をつけることは悪いことだから手をつないでみんなでゴール!
    みーんな一等賞!よかったね!
    そういう妙な平等がはびこったら…
    日本はどこに行くのやら…

    ユーザーID:2137482713

  • あってもいいと思います

    運動や勉強で〇〇賞というのがあるならば皆勤賞があってもいいと思います。
    運動や勉強を努力した結果の〇〇賞ならば、皆勤賞だって6年間又は3年間体調も崩さず元気に登校できたんですから健康管理を努力したんだと思います。

    もちろん身内の葬儀とかやむを得ずの欠席は仕方がないでしょう。
    でも学校を休んでまで旅行という考えが私にはないので、娯楽を優先した欠席より学びを優先し毎日登校した努力を認めるためのものだと思います。

    ユーザーID:0020926626

  • なくても良い

    50代 女性

    「皆勤賞」を設けることによって、皆勤賞目指して、子供が自主的に頑張ろうとするのは良いことかもしれない。
     だけど、設けることによって、親が意識して、更に頑張らせる可能性がある。 子供が休みを必要な状況で、子供も休みたいと要求しても。

     私自身は、学生の頃、皆勤賞なるものはありませんでしたが、とにかく母は、学校を休むことを「悪」とし、何があっても休ませてもらえませんでした。お陰で小学校は一日も休むことがありませんでした。

     中学になり、引き続き休まず学校へ行っていましたが、私には学校で居場所がありませんでした。辛く長い学校生活でした。
     親にも言えない状況で、とうとう、初めて、学校をさぼることにしました。

     中学三年生の大事な受験前のシーズンでした。
     私が学校をさぼったことは、すぐに親のみならず、学校中に知れ渡ったようで、当時「真面目」を絵にかいたような私が学校をさぼることに、学校中で大騒ぎになったようでした。
     ひとけのない街はずれを当てもなく歩いていた私は心細くなり、とりあえず公衆電話から、学校へ電話を入れました。

     迎えに来てくれた先生からはこっぴどく叱られました。

     親にも家で同じように叱られましたが、言われた一言が今でも忘れられません。「これで、皆勤賞が台無しよ!あなたは今までずっと学校を休まずに、行っていたのに」と。親は私以上に皆勤賞に拘っていたのでしょう。

     自分自身が最大限にしんどい時にも、柔軟に対応できない大人になり苦労した私は、時には休んでも良いことを身をもって知って欲しかったので、自分の子供には、子供が学校を休みたいと言い出した時には、許可しました。

     年間に片手で足りるほどの回数ですが、学校を休んだことがありました。

     皆勤賞はもらえなかったけれど、人生行き詰った時、身をもって得たことを活かせる時が来ると思います。 

    ユーザーID:2816082005

  • 必要ない

     私は、50代女性です。今、大学生の娘は、小・中・高校を通して、ほとんど休んでいません。ほぼ皆勤です。
     それは、娘自身の身体が丈夫だったことと、本人の努力も、もちろんあると思います。

     でも、皆勤賞が必要だとは、思いません。皆勤賞を作ってしまうと、インフルエンザなどの感染症にかかっているのに、それを黙って、出席する人が、必ず出てきてしまいます。

     「皆勤」にこだわるのではなく、体調が悪い、怪我をしてしまった時には、無理せず休んでしっかり直すことのほうが優先
                 ↑
         この考え方の方が、今後の日本社会には必要かと思います。

    ユーザーID:8676728035

  • 学校は行って当然

    私立の中高では、出願資格に欠席日数を明記してるところがけっこうあります。
    さらに、皆勤賞は加点対象にされていることも多いです。
    皆勤賞がないからって休んだら痛い目に合うのは自分です。
    親が「皆勤賞は無くて良い」なんて言うのは論外。
    学校は行って当然、と教えるべきでしょう。

    ユーザーID:5528182373

  • あってもいいと思う。

    子供が小学生でそれを楽しみに毎日学校に行っています。


    別に一度休んでしまえば、それまでで、あってもなくてもいいと思うに違いありませんが、休まず通うというのも、個人的な一つの目標達成したということで、

    別に休まないことが全員の義務でも推奨されることでもなく、個人的に頑張った一分野の表彰ということでいいのではないでしょうか。


    ちなみに、子供は習い事は、それ以上に大事なことや体調が疲れていたら適度に休みます(笑)

    今の時代は無理しても行くのを称賛される時代ではないと思います。

    でも、行くことを頑張った子供がいるなら、表彰していいと思います。

    ユーザーID:3802122678

  • 本質が理解出来ないなら要らない

    学生の皆勤賞とは
    本来、学力向上の為に欠かさず授業を受けた者に対して
    贈られるものであって
    ただ毎日教室に顔を出せは良いというものでは無いと思います。

    努力の方向が間違っていることに気付かないまま
    大人になるくらいなら無いほうが良いです。

    ユーザーID:8223363639

  • 何の役にも立ちません

    もともと体が丈夫だったせいもあり、小・中・高と忌引きと受験以外で休んだことがほぼありません。
    高校時代は皆勤賞ももらいました(小・中には表彰制度がなかった)。

    しかし、皆勤をもらったと履歴書に書けるわけでもなく、社会人になったら皆勤=有休もとらない変な人、扱いなので、何の役にも立ってません。

    なので、体調が悪いのに無理に学校に行ったり、何とかごまかして皆勤賞をもらっても自己満足だと思ってます。

    現在ですが、学校を卒業してからフルタイムで勤めていますが、休みはちゃんととってます(病気、ということは少ないです)。

    ユーザーID:9943759281

  • 場所に拘らない

     コロナ禍にあっては仕事さえ「出勤すること」が、改めて問われる時代になりました。

     学びでも肉体的に学校へ行く事は困難でも、今いる場所から学ぶことが少しずつ可能になりだしています。

     場所ではなくどうやって学ぶのかが問われていくのだと思います。

    ユーザーID:9635991167

  • 皆勤賞、大嫌いです。

    皆勤賞で嫌な思い出があります。
    小学校のころ、私の親が私に皆勤賞をとらせたかったようで
    (私は知らされなかった)
    熱があっても学校に行かされました。。。
    当然保健室行って早退。
    を6年初めぐらい?までやらされたころ、
    皆勤賞の制度がなくなりまして。
    (具合悪いのに登校してくるから先生が困るそう)
    親ががっかりしてました。
    こういう親がでるんですよ。
    感染症うつしまくり、本人もつらいわけで。

    皆勤賞なんて世の中からなくなってよいと思っていますよ。
    というか、このコロナの時代に
    皆勤賞なんてまだあるんですか???
    出来のいい親ばかりではないのでなくていいです。

    ユーザーID:3903846191

  • いらないですね

    全員を一律に頑張らせることが良くないと思います。それぞれ事情や体調があり、それに素直に従っていたら、皆勤はまずあり得ないと思います。子供のとき、学校では皆勤が偉い、冬でも上着の中は半袖の子が偉い、という変な価値観の押しつけがありました。今はそんなことがないことを願います。

    ユーザーID:3014695714

  • 拘る必要はないかな

    息子は自分の好きな高校を選び毎回2時間以上をかけて通学していました。
    下宿も考えましたが、家から通学したいと希望したので朝は5時25分の電車で帰りは部活もあり帰宅は9時半でした。
    卒業式の時は皆勤賞で表彰されましたが、「あぁ、皆勤賞だったんだ良く体調壊さずに通学できたな頑張ったんだ」と感じました。
    在学中は私も毎日4時起きでお弁当作りで無我夢中の3年間でした。
    その後は他県の専門学校へ行きましたが、そこでも皆勤賞だった様子で、ちゃんと学校行ってたんだと思った程度です。
    高校生活も専門も全て順調に過ごせていた訳でもなく本人も葛藤があったと思いますが、自分が選んで行った学校だからと言う頑張りもあったのかな?

    ちなみに小中学校は風邪や体調不良や(低学年時は旅行の為欠席等)休ませてました。
    子供が入学してから初めから考えてなかったですが、教員の知り合いは早退でも出席にカウントされるから熱があっても学校に来させて早退させる親がいると言ってました。

    ユーザーID:8835651920

  • レスします

    新潟県在住、60歳女性です。

    私立校ではあってもいいと思いますが、公立校では廃止するべきだと思います。

    もちろん、学校を休まず行くことは単純に立派なことだと思います。皆勤賞ではなく、全授業において無遅刻無欠席という賞は本当に立派です。でも、皆勤賞は抜け道があります。体調が悪くても、朝とりあえず来て、すぐに帰る子供もいました。そのようなことをしてまで皆勤賞にこだわるのはとてもばからしいことだと思います。また、それで皆勤賞に相当するのは、しかたないとはいえ、おかしいことだとも思います。だから、皆勤賞そのものにはあまり意味を感じません。

    また、皆勤賞という存在があることによって、子供が学校に行かなければならないというプレッシャーになると思います。子供たちの不登校という大問題を考えると、前時代的な感覚を覚えます。

    いま、時代は転換期を迎えようとしています。会社がリモートワークを許容するように、学校もスタディアットホームを許容するようになっていくでしょう。もちろん、いますぐには無理ですが、そのような形での授業への参加も許容されるようにしていくべきです。そうすれば、不登校の問題もかなり改善されていくでしょう。学校はその流れを受け入れる必要があります。将来的には、皆勤賞という存在自体が意味をなさないものになると思います。

    ユーザーID:8954504733

  • 必要ないと思う

    東京在住で50代女性です。

    子供が小学生の時、私も含めてママ友4人で食事をしました。
    そのとき、一人のママ友が
    「今のところ息子(小学生)は皆勤賞なの
    卒業式で表彰されるよう、頑張りたい」と、得意げに話したのです。

    すると一緒にいたママ友2人が
    「私も小学生の時に皆勤賞をとった」
    と、話し出したのです。

    そして二人とも口を揃えて
    「あんなの意味ない。よかったと思ったことは一度もない。辛い思い出しかない」
    そう言ったのです。

    「朝、具合が悪くても病院へ連れて行ってもらえず
    学校へ行けと、強要されて
    1日机に突っ伏して過ごしたこともあった」

    と、まぁケチョンケチョンに言い出したのです。
    皆勤賞を目指すと言ったママ友が思い直すかと思いきや
    顔を強張らせて

    「何を言われようと、皆勤賞は絶対にとらせる」

    と、逆に宣言。
    カオスな状態でした(笑)

    この状況を傍観した私の感想は

    「皆勤賞は子供のためではなく、母のためにある」

    です。

    皆勤賞って、母にとっても勲章と思う人がいるようです。

    ユーザーID:6867875902

  • どっちでもいい

    無くても別に構わないと思いますが、
    現状あるものをわざわざ無くす必要はないと思います。
    皆勤賞を目標に頑張っている人や慰めにしてる人がいるのは確実だからです。
    休むのは悪い事じゃないから皆勤賞があるのはプレッシャーだし無くせ、
    っていうのは皆勤賞を喜んでる人への価値観の押しつけだと思う。

    元々ないなら作る必要はないが、あるものを無くす必要もない。

    ユーザーID:1664243990

  • 皆勤賞いらない

    我が家の娘は運動系の部活で病気に罹患しないよう気をつけていましたが、娘の話だと皆勤賞を狙って熱があっても登校してくる友だちの話しを聞き唖然としました。親も熱があっても登校させ保健室にいて帰らせているとのこと。
    自分のことだけを考えて他の人に病気になっても構わないというこの皆勤賞に疑問を持ちます。皆勤賞が必要ならば、健康(発熱、咳、嘔吐、下痢などの症状無し)で最後まで学業に励めた子にして欲しいです。

    ユーザーID:8542811630

  • 無い方がいい。

    40代女性です。
    小児科勤務の保育士です。

    市内の保育園が春休みに入った日にインフルエンザの子が受診に来ました。
    問診によると発症は前日未明。
    保護者は「絶対インフルだと思ったけど皆勤だったんですよ!」とのこと。
    スタッフの中には同じ園に通う子の親もおり、スタッフ一同呆れ果て、元々皆勤賞反対派の院長は静かな口調で説教していました。
    信じられない。大迷惑。

    もう一つ私の話です。
    高1の時に38度の熱が出て、母が休ませると学校に電話したところ担任から「車に乗せてくるだけ来て下さい」と言われ、その通り、車の中で寝たまま校内に入り、母が担任に校庭で挨拶し、私は出席になりました。
    高3の時には電車で酷い痴漢に遭いボロボロになっている所を保護され母が迎えに来てくれたのですが、同じ流れで出席になりました。
    そして私は皆勤賞。
    後々母を咎めると、そういう学校だと思ったから…だそうで。バカみたいです。

    ユーザーID:0919715581

  • どのように教えているのでしょうか?

    昔の会社員は「多少の病気でも休まず、残業もこなし、定年まで勤める」が、美徳とされました。
    そのため、学校でも「とにかく出席」が求められて、「皆勤賞」ができました。

    しかし、時代の流れで、企業の価値観も変化しています。
    現在、学校ではどのように指導しているのでしょうか?
    「風邪で熱があっても、不登校予備軍でも、とにかく学校に来るように」指導しているのでしょうか?

    私は皆勤賞については、そこの整合性を取る必要があるかと思います。

    そもそも、「賞」は何のためにあるのでしょうか?
    目標を達成した人を表彰するためで、目標に合致しない賞は逆に「害」になると思います。

    ユーザーID:8708439328

  • 良い場合とそうでない場合があるが、今後は減ってくるのでは?

    皆勤賞、良い面と悪い面がありますね。

    学生さんの場合
    良い面としては、毎日規則正しく生活して健康に過ごし、勉学に励んだ生徒さんを称える、という面。
    悪い面は、親御さんが皆勤賞を高校などの推薦入試に使えると考え、子どもが病気でも無理矢理登校させる方もいる、ということ。
    病気なのに登校させられる子どもがかわいそうですし虐待なのではと感じます。
    またそれが感染症の場合、他の生徒たちにうつるので非常に迷惑ですね。

    我が家の場合は長男は体調を崩しやすい体質だったため、皆勤賞なんて初めから無縁でした。次男の時も皆勤賞など気にせず過ごしていましたが、中学の卒業式で皆勤賞をいただいてきて驚きました。「5日くらい学校休んでなかった?」と尋ねた所「インフルエンザは指定感染症だから欠席にはならない」とのことでした。
    うーん。じゃあ軽い風邪で1日休んだ子は皆勤賞貰えなくて、インフルで5日も出席停止だった我が子は皆勤賞貰えるってなんか変じゃない?と微妙な気持ちになりましたね。
    皆勤賞欲しさにインフルでも無理矢理学校に来る子を阻止する為の制度なんでしょうけど。

    社会人の場合
    そもそも皆勤に意味なんてあるの?と思います。
    社会の中でも皆勤が褒められる社風ってブラックな匂いがします。
    それよりも体調不良時はきちんと休んで、きちんと治ってから出社した方が仕事の効率もいいですし、何より周りにうつさないことが会社全体として肝心です。新型コロナが蔓延している昨今においてはなおさらでしょう。
    アフターコロナの時代は具合が悪いと感じたら、早めに休んで軽いうちに治すのがスタンダートになるのではと感じています。今後は働きすぎや疲れすぎで免疫力が下がるような働き方は推奨されないでしょう。
    よって皆勤賞は今後、段階的に下火になるのではと感じます。

    ユーザーID:5035973411

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧