学校での「あだ名」は禁止すべき?

レス85
(トピ主0
お気に入り39

編集部からのトピ

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見をいただき、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「学校での『あだ名』は禁止すべき?」
気の置けない仲間と呼び合う特別な呼び名、それが「あだ名」です。容姿や行動の特徴などからつけられることが多く、親しみを込めて呼ばれることが多いですが、中には自分の気に入らない「あだ名」をつけられて悩んでしまうこともありますよね。「あだ名」がいじめにつながってしまうこともあるので、一部の学校では「あだ名」を禁止したり、「○○さん」付けに統一したり、という試みも始まっているといいます。今改めて学生時代を振り返ってみて、学校での「あだ名」を禁止すべきだと思いますか?オトナのみなさんの意見とその理由、具体的なエピソードを教えてください。

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞で転載させていただくことがあります。
読売中高生新聞のHPはこちら。

ユーザーID:4670530896

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数85

レスする
  • 禁止を禁止する風潮に疑問

    人権やら何やらで禁止という強い言葉を使えない世の中になりましたね。

    小学生は禁止で良いと思います。
    放っておくと私の時代のように今では考えられないあだ名が蔓延する恐れがあります。
    確かに子どものネーミングセンスは秀逸。当事者でなければ私も含め面白い、上手いな、と思っていたことは確か。
    しかしそれにより親が怒鳴り込んできたことがありました。
    最悪、不登校で人生を狂わせてしまうこともある。
    あだ名を使う権利、学校に来る権利、大事にしなければいけないのは後者のはず。

    自分に子どもができ、ふと当時のことを思うと親や本人がどれほど心を痛めていたかと自分が面白がっていたことがどれほど心ないことであったか、と思いました。初めてさんづけ運動のことを聞いた時は、そうすべきだったと思いました。

    呼びやすくしたニックネームなら良いと思う。
    ただ、揶揄が込められた仇名と区別をつけられない、ジャッジすることを現場が拒むならば禁止すべきだと考えます。
    東海地方在住、40代、女性です

    ユーザーID:1337777720

  • あだ名はあった方がいいと思います。

    30代、女、神奈川住みです。

    私はあだ名はあった方がいいと思います。
    私が学生の頃あだ名で呼びあっていた友達の方が一緒に遊んだり、気軽に話しやすかったです。
    それにあだ名でのいじめが増えているのは先生達が注意しないのも原因の一つでは?と考えています。
    以前はあだ名で呼びあっていたのにその制度が入って急にあだ名禁止なんて言われたらその友達とも話しにくくなってしまうと思いますし…。

    ユーザーID:3926994792

  • 禁止できるのは先生の前だけ

    禁止するというのは先生の前ではということになるので
    交友関係を先生が把握できなくなる把握しないということになる
    したがって禁止すべきではなく
    いじめにつながるようなあだ名だった場合に指導するのが適切だと思う

    関東,40代,男?

    ユーザーID:3988378722

  • 禁止すべき

    東京在住 50代 女性

    禁止すべきだと思う。 

    相手の嫌がるあだ名をつける人って
    悪気ないんだし別にいいじゃないって必ず言う。
    相手が傷いているのを知ってても、可愛いニックネームだし 親しみもてるとか言う。

    セクハラと同じ。
    いいじゃない減るものじゃないって。
    とりあえず 駄目な事にすることには意義があると思う。

    ユーザーID:8779641438

  • 禁止はしなくていい

    私は小学生の時にひどいあだ名をつけられました。
    一部のクラスメイトがそのあだ名で私をからかっていましたが
    私はまったく気になりませんでした。
    本当に、1ミリも、全然気にならなかったのですが
    あまりにひどいあだ名だということで、学級会で問題になり
    呼ぶのをやめることになりました。
    私が全然かまわないと思っているにも関わらず。

    そんな私だったので、中学の時にまったく悪気なく
    クラスメイトにひどいあだ名をつけて呼んでました。
    そう呼ぶのは私だけでしたし、自分的には親しみをこめて呼んでいたと
    思っていたのですが、
    ある日そのクラスメイトの友人に呼び出され
    「本人がすごく嫌がっているからやめてほしい」と言われました。
    本当にびっくりしたましたね。
    悪気がまったくなかったので。
    それからそのあだ名で呼ぶことはなくなりましたし、
    客観的にひどいと思われるあだ名で人を呼ぶことはなくなりました。

    そんな経験をふまえて思うのは
    あだ名はつけてもいい、呼んでもいい、
    だけど本人が嫌がったらやめること…だと思います。

    本人が拒否したら誰でもいつでもやめられる、
    本人が気に入ったらそれで呼び続けてもいい…
    そんな環境が必要かなと思います。

    子どもの頃は「人が嫌がることはやめましょう」と教わりましたが
    それが徹底されていることが大事なのかなと思いますね。

    ユーザーID:7823819147

  • 編集部からのトピランキング

    一覧
  • 言われた側です

    40代 東海 女性です

    禁止すべき

    名前が色なものなので
    あだ名を言われた側です。
    揶揄する内容ではない今のでさえ、
    多少のからかいはあり嫌でした。
    あと髪が多かったのでボンバーとか。

    裏で笑われてるんじゃないかと不安な気持ちがぐるぐるするので、親しみを込めて言ってくれていると思って蓋をしていました。


    小学生時代、同級生にはもしわが子がそんなあだ名で呼ばれていたら心を抉られるようなあだ名で呼ばれた子もいました。むしろ私は名付けた人のセンスがすごいなと思うことが多かった。皆そうだったと思う。
    つけられた人の気持ちなんて考えない。
    その子の親が学校に泣いて抗議してきた時に
    まずかったんだ、と気付くくらい後回しでした。



    今は男女とも
    さんをつけて呼んでるよ、と聞かされた時
    良かったな、素敵だな、と素直に思いました。

    あだ名でよぶ是非ではなく、まず敬称をつけて呼ぶことの意味を一度しっかり考えてから論じる内容だと思います。

    私は昨今の多様性を盾に闇雲に禁止を禁止する風潮が好きではありません。
    コントロールできない、しないのなら禁止もありだと思います。

    ユーザーID:1337777720

  • 禁止する意味がない

    40代男性 東海地方
    嫌がるあだ名で子供が傷つくから禁止ですか。本当に安直な対応だと思います。
    こういう禁止事項は教育関係者の言い訳のためなんですよね。うちはあだ名を禁止にしているから、苛めの原因になるようなことを未然に防ぐ対処をしているってね。

    本来なら人が嫌がるようなあだ名を付けるなでいいはずです。それを一律であだ名を禁止にして効果があると思っているのでしょうか?

    そもそも、禁止と言う言葉は使っていないですが、苛めはやってはいけないことだと学校でも教えられていますよね?
    苛めは無くなりましたか?苛めに対しては教育関係者が真剣に取り組んでいいる課題の1つでありますが、何十年経っても一向に無くなる気配などありません。

    嫌がるあだ名も苛めの一種です。禁止されたところで無くなるわけがないと思っています。苛めが無くならないのに嫌がるあだ名呼びが禁止しただけで無くなると思っているならおめでたいなと思います。

    あだ名禁止で消えるのは良い意味でのあだ名の習慣だけでしょう。
    本当に無駄なことをしようとしているとしか思えませんが、賛成か反対かと言えば反対ですね。

    ユーザーID:3787478723

  • 一律禁止は思考停止では?

    あだ名の定義がよくわからないので、見当違いの意見になっていたらごめんなさい。

    10代の頃を思い出すと、友人同士では100%本名以外の呼び名で互いに呼び合ったり、第三者との会話の中で話題にしていました。

    例えば、友人の姓が山田なら、山ちゃん、ヤマ、ヤマッチといった類の、姓名の省略形ないしそこから派生した呼び方がほとんどだったと思います。
    ちょっとしたエピソード由来(例えば、最初の授業で先生が間違えた漢字の読み方がそのまま呼び方に残るなど)のものもありましたが、容姿や行動由来の物はほとんど記憶にありません。
    まして、本人の嫌がる呼び方が定着したことなど皆無でした。

    それでも、「山田さん」以外の呼び方は一切禁止されるということなのでしょうか?
    そんなところまで学校の支配が及ぶというのはいかがなものでしょう。
    まさか、教師の耳に入らなければOKなどということではありませんよね。

    あだ名の問題で大事なのは、人の嫌がるようなあだ名は許さないということでしょう。
    嫌がるかどうかはわからないので一律禁止というのでしょうか。
    それでは、子供達の思考能力、思いやりの心を伸ばすつもりがないのかな、などと思ってしまいます。
    そんなところで手を抜いて教育といえるのかしら。

    ユーザーID:8343484784

  • 問題 無し

    東京、60代 男性です。

    侮蔑の意が込められたものは、勿論 禁止。
    たとえ そうでなくても 本人が 嫌がるものも 禁止。

    それ以外なら 何の問題も無い。

    特に敬意が込められたものは 推奨されるべきだ。

    例えば 今 注目されている 将棋界では
    異名を持つ棋士も多い。
    羽生マジック、千駄ヶ谷の受け師、ひふみん 等等。。
    これらは 何れも 敬意が込められているのだ。

    私も 小学生の頃、或る あだ名で呼ばれていたが、
    何の問題もない。むしろ 嬉しかった。


    と云う訳で、ルールさえ守れば OKだ。

    これを 禁止するなんて、なんともはや無粋なことか。

    ユーザーID:6475088601

  • あだ名とは

    小学生中学生と虐めに遭ってきた者です

    酷いあだ名をつけられて、地獄の毎日でした
    当時は「虐め」という概念がなく
    虐められる方が悪い、やり返せないほうが悪いという世の中です

    侮辱するような呼び方は子供の心をどんなに傷つける事か
    可愛らしいあだ名で呼ばれる○○ちゃんと比較されて
    虐めが加速していっても
    教師に相談しても「言い返せないあなたが悪い」となりました
    教師すら、私を侮辱的なあだ名で呼びました

    禁止というよりも、配慮すべきと思います

    子供って禁止するとやりたくなるものです

    あの頃のこと思い出して中年になっても涙が出ます

    子供って純粋であるがゆえに、虐めにも純粋なんです
     

    ユーザーID:9136696675

  • 呼び名・あだ名がつかない子でした。

    私も含めて、クラスに何人か「あや○」さんがいました。
    あやちゃん、あやっぺ、あーやん、あーこ・・・と、皆、何かしらの呼び名がつくのに、私だけなぜか「名字+さん」で呼ばれていました。

    クラスでも全く目立たないタイプなので、呼ばれないのは仕方ないとはいえ、自分だけ呼び名がつかないというのは寂しかったですね。

    だからあだ名・呼び名を禁止にすべきとは思いませんが、今の時代の学校の先生も大変なので、統一はやむなしと思います。

    ユーザーID:0888099476

  • 昔にもあった

    私が小学生の時、やはり問題になり、学級会で話し合ったことがありました。
    結論は、本人が嫌なものは禁止、本人が認めるなら問題なし、というものでした。
    それでいいのではないかと、今でも思います。

    ユーザーID:0926909480

  • わざわざ

    あだ名をつける必要はないと思います。下の名前にちゃんづけくらいで、親しみは表現できるでしょうし。
    たいがい、あだ名は身体的な特徴であったり、名前にからめて、面白おかしくからかう場合が多いと思います。
    私も小学校の時つけられましたが嫌でした。嫌だとわざわざ表明して言うのも嫌でしたので我慢してました。多分、あだ名くらい、と思う人は、嫌なあだ名をつけられたことがないんだと思います。

    ユーザーID:1164701938

  • 相手に敬称付けて呼ぶ事を教える

    アダ名禁止というより、教育の一貫として相手の名前に敬意を示す事を教えるべきかと思います。
    今の時代は、会社で部下を呼ぶ際も呼び捨てではなく「○○さん」敬称を付けますよね。

    学校も公の組織ですし、教育する場、道徳心を教える場ですから、同じ様に誰に対してでも「○○さん」と呼ぶように指導すればいいと思います。

    なおかつ先生が生徒を呼ぶ際も呼び捨てや愛称ではなく「○○さん」と統一した呼び方をルールとして定めるべきかと。

    例え親しみを込めていたとしても、先生が特定の生徒だけに愛称呼びをしているのは、第三者から聞くと疑問を感じますから。

    ユーザーID:9608730285

  • 埼玉県 50代 女性

    禁止は意味が無いです。
    「あだ名」で呼ぶ人は呼ぶでしょう。

    つまり、先生の目が届かないところで呼ぶようになるだけです。

    だって、嫌がるあだ名を付けるというのは「いじめ」なんですから。
    表立って禁止したら、地下に潜るだけ。

    禁止するより、みんなで考える材料にしたほうが、はるかに教育的効果があると思います。

    ユーザーID:4887407154

  • 禁止に一票

    本人が気に入ってるようないいあだ名もあるでしょう。
    でも、あだ名もパワーバランスの表れです。

    ○人気者が、その魅力ゆえに皆から親しみをこめた愛称で呼ばれる。
    ○普通の子に本人の魅力ではなく、クラスの中心人物がそう呼んだから、その呼び方が定着する。
    ○弄られキャラが、揶揄のニュアンスをこめて周囲にあだ名で呼ばれ、本人はそれでもクラスの一員として認められてる証だとして甘んじて受け入れている。
    ○地味な子が遠巻きに影で隠語としてあだ名をつけられてるが本人の前では誰もその呼び方はつかわない。

    これだけのことがあだ名をめぐっては起こりますね。
    どれも、本人が受け入れてるなら良し、嫌がるならあだ名で呼ばない、が実行されて。

    誰もがさん付けで呼びあいましょうという教室ならこのヒエラルキー具合の表面化は多少マシになります。

    教室は本人の意思ではない閉鎖的空間なのだから、「少しでも教室で居づらい子にとってマシなルール」を優先すべきだと思います。

    ユーザーID:0922145737

  • あだ名禁止の学校でした

    都内在住、還暦の女性です。
    私が通っていた小学校、私立のミッションスクールでしたが、その当時既に「あだ名禁止」でした。
    先生曰く「ご両親が願いや希望を込めて皆さんに付けた、素敵な名前を無視するなんてとんでもない。まして、本人がどう思っているかわからないのですから、あだ名は止めましょう」と。
    だから、私には「あだ名」に思い出等は全くありません。

    その代わり、と言っては何ですが、「呼び名」(例えば、まりこをまりちゃんとか、ひろみをひろちゃん等)はOKでした。
    尚、呼び名は仲の良い友人同士の間だけで、基本的には「○○さん」だったと記憶しています。

    あだ名について禁止すべきか否か、今頃議論している事にびっくりです。
    だって、私が小学校時代には既に禁止されていたので。
    やはり公立校と私立校だと違うのでしょうか。
    それとも、ミッションスクールだからでしょうか。

    この年齢になって、改めて昔先生に言われた「両親が願いや希望を込めて付けた名前」というものを考えるようになりました。
    どの子供にも、素敵な名前があります。
    それを無視する「あだ名」は、やはり禁止すべきだと思います。

    ユーザーID:4084044965

  • 禁止すべき。けど・・・

     あだ名がいじめに直結するかどうかは分かりませんが、いじめには必ず変なあだ名や呼び方が伴いますよね。
     それに、子供の頃にあだ名で呼ばれていた人で、御自身もそのあだ名が気に入っていた、なんて人、どれ程いらっしゃいますか?
     だったら、何であだ名で呼び合う必要がありますか?あだ名で呼び合わないと築けない友情ってありますか?
     あだ名が親愛の証しというメリットがあったとして、あだ名で傷つくデメリットがあるなら、あだ名は禁止すれば良いでしょう。
     けど、学校であだ名を禁止にした所で、どれほどの実効性が期待できるのでしょうかね?校則で禁止にする、なんて大袈裟だし、違反したら罰するのも行き過ぎですよね?
     まして先生も、生徒達の学校外での行動まで監督できませんよね?
     本気であだ名を禁止したいなら、「学校で」なんて限定せず、家庭ぐるみ、社会ぐるみでそういう風潮を醸成していかなければ、意味ないのでは?と考えてしまいます。
     それに、本当に絶滅させたいのは、あだ名では無くて「いじめ」の方ですよね?

    ユーザーID:9227594140

  • いじめや喧嘩が減ったと聞きます

    あだ名を禁止して一律さんづけにすることでいじめや喧嘩が激減したという記事を見ました。
    着眼点がすごいですし、実際それで効果を出したのは素晴らしいことだと思います。
    そんなわけで、あだ名禁止には賛成しています。

    もちろん寂しくは感じますが、考えてみれば社会人になってから出会った人は皆「さんづけ」にしていても親密な友人関係を築いてるんですよね。何も問題がないんですよ。

    私の同級生はかわいいあだ名ついてましたが、本人はそれをとても気にしていたらしく、あだ名を知る人のいない遠い遠い地域にひとりぼっちで進学しました。その理由を大人になってから同窓会で人づてに聞いたのですが、本人の気持に全く気が付かなかったことをとても申し訳なく思いました。
    嫌と意思表示できる子は少ないです。
    そのような辛い思いをする子供がいない世の中になってほしいです。

    ユーザーID:8848484794

  • どう呼ばれたいかを聞く

    禁止するのではなく、本人が嫌がるあだ名はつけない、が正しいです。
    単純に「他人に嫌がることはしない」という教育の一環として。

    先生は忙しいから、個々に目が行き届かないから「一斉に禁止」にするのでしょう。

    最初に「どう呼ばれたいか」を聞いて、本人が呼ばれたいあだ名を呼んだら合理的では?

    ユーザーID:5027278592

  • 禁止すべきではない

    千葉県 40代 男性

    比較的珍しい苗字なので、それをもじったあだ名をつけられることは多かったです。

    色々なバリエーションがあり、中には嫌なものもありましたが、ほとんどは他愛もないもので、子ども時代の楽しい思い出の一つです。小学校の同級生は今でも私をあだ名で呼びますし、成人してから出会った妻もそのあだ名で私を呼ぶようになり、今に至ります。こうした文化を全否定することが本当に望ましいのか、考えるべきだと思います。

    全面禁止にすると、事の本質(=他人の嫌がることをしない・言わない)がかえって見えにくくなり、子どもが社会性を学ぶ機会を奪うことになります。端から全面禁止というのは、要するに、子どもの判断力や自主性を全く信用していないということです。

    昔の男子中学生は、全員丸刈りが強制されていました。その頃に比べると最近の学校はずいぶん自主性を重んじるようになったのかと思っていましたが、問題の表層的な事象だけに着目して「めんどくさいから全部禁止」という思考停止の体質は根強く残っているのだと知り、非常に残念に思います。

    ユーザーID:0318234563

  • 禁止にすることは簡単

    京都府 20代 男性

     小学生時代、突然担任の先生から「人をあだ名で呼ぶのはやめなさい」と友人と共に叱責を受けました。お互いにその呼び方でいいかを確認して呼び合っていただけに理由は何かと尋ねたところ明確な答えは返ってこず、「やめるというまでクラスのみんなは解放しません」とまで言われました。
     2限と3限の間に設定された中休みの時間にクラス全員を巻き込んで行われていただけに、自分たち2人のせいで他のみんなが遊べない、そんな申し訳なさから泣きながらあだ名で呼ばないと約束しました。十数年経った今でも納得のいかない理不尽な叱責であったと昨日のことのように鮮明に覚えています。

     何事も禁止にすることは簡単です。特に教師と学生という関係であれば尚更理由を学生側に提示せずとも禁止にできてしまいます。ですがそこに明確で多数が聞いて納得する回答あるいは説明がないことには、あだ名が他者を馬鹿にする隠語になりかねません。
     他者が嫌がるあだ名をつけることがそもそも間違いであることは言うまでもありません。ですがまずは当事者同士で解決させることを優先させるべきだと考えます。それがどうしても無理となって初めて学校が禁止というカードを切るべきではないでしょうか。

    ユーザーID:6469462760

  • 大人が決めて一律に押し付けるものじゃないよな、と思う

    私は、校則などの規則が緩い環境で育ちましたが、品のないあだ名で人を呼ぶ人は少数、その人達が省みれば済むことで、その少数のために他の善良な人達まで縛る必要はないだろうと思います。細かい規則や校則は、自尊心を傷付けます。自分では物事の善悪を判断できないと思われてる、大人から信頼されてないのだと思うからです。
    自分が何気なくしていることが相手を傷付けていないか、逆に自分がされたら嫌なことをしていないか、そういうことを常に立ち止まって考える癖をつけることが大事で、
    大人が決めたことを一律に守らせるより、子供たち自身で「あだ名をどう思うか」考えさせたり、議論させることに意義があるのだと思います。

    東北地方、40代、女性

    ユーザーID:1168559101

  • 禁止すべきではない

    他人が嫌がるあだなをつけて、イジメにつながっている状況を判断できないことが問題なのだから。
    それをずっとできないまま来てしまったから、未だにイジメはなくなっていないけれど。

    先手を打って何でも禁止することばかり繰り返していたら、甘やかされて自分の頭で考えられない人間だらけになってしまうでしょう。
    禁止事項を増やすことは、厳しくしているのではなく甘やかしているのだということに気づくべきです。

    校則が厳しくて有名な女子校で育ち、大学から外の世界に出て、校則によって自分が縛られていたのではなく守られていたのだということを知った時、自由というものの責任の重さを思い知りました。
    何でも禁止することは、若い中高生の時代に自分で感じ、考えることを妨げてしまうと思います。

    東京で育ち、現在隣県に住む57歳女性です。

    ユーザーID:9091184241

  • 人間関係を学ぶ場なのに、画一的なのはどうでしょうか。

     どこまでがあだ名なのか。例えば、同じ伊藤くん、佐藤くん、鈴木くんで同じ姓がいた場合は名前まで?不公平ではありませんか?また同じ姓の場合、「大きい」伊藤くんとかは差別ですよね。
     また、場合によっては6年間○君、○さんですか?それとも仲良しは下の名前?それは違反になりませんか?公式と私的を区別するのも難しいのでは。
     長い名前(寿限無ほどではないですが)、呼びにくい名前の場合もダメですか。
     適切な距離間などを学ぶ場では、話し合いはいいですが、ちょっとそこまでは、規制しすぎな気がします。ですが、昭和の人間ですから、令和の常識があるかもしれません。
     自分たちの世代のことは自分たちで考えるべきでしょう。

    ユーザーID:8475023849

  • あだな、あっていいと思う

    最近って、ちょっとしたことでも駄目。あれもだめ、これもだめっていう世の中になったんですね。あだ名くらい良いと思いますよ。あだ名が個性ってこともありますしね。

    人を傷つけるほどのあだ名はよくないとは思うけど、そういうことに対してどういうふうに、みんなが折り合いをつけていくか、それも学びだと思います。

    最初から、当たり障りないことが100%の環境にいたら、大人になってからどうやって生きていくのですか。社会人になったら、顧客から理不尽な要求されることも多いです。

    誰もが、すべて耳障りの良い言葉ばかりを聞いて過ごすわけにはいかないんです。

    大事なのは、もし、ちょっと気に入らないかも・というあだなをつけられても、そばにいる友人や家族が、その子の個性と人間性をみとめて、きちんと対等にあつかってくれれば、スルーできるもんです。

    だから、あだ名だけの問題ではなくて、人間関係の全体的なことを絡めて考えないと。

    すぐに「あれも駄目、これも禁止」なんて、おもしろくもない、個性も許されない世の中になってしまいますよ?

    ユーザーID:9032703806

  • 本人が嫌がるあだ名は本人が嫌がるあだ名はNG

    東海地方在住 50代 女性

    私は小学生高学年の頃、あだ名をつけるのが
    好きなクラスメートから、江戸時代みたいな
    お○○(○○は名前)とつけられました。
    その時、私は名前を呼び捨てでいいよと
    言ったにもかかわらず、そのあだ名が友人同士の間で
    面白いからといって、結婚するまでそのあだ名で呼ばれ続け、
    どちらかというと、嫌いなあだ名でした。

    本人が嫌がるあだ名は、ダメだと思いますし
    本当にイジメにつながっていく可能性大だと思いますので
    やめたほうがいいと思います。

    愛あるあだ名をつけてもらえたら嬉しいのですが
    これが、なかなか難しいですよね。
    自分でこう呼んで欲しいとあだ名をつけるのも
    なんだか烏滸がましい気もしてしまいます。

    ユーザーID:4463708170

  • 禁止したとしても

    実行力はないでしょう。

    相手が不快に感じるタイプのあだな。
    それを使うのは、「相手を傷つけよう」と意図している時です。

    つまり禁止されれば、陰でこそこそ使うだけ。
    いじめグループ内で仲間だけの符丁として。
    相手に面と向かってではなく、でもわざと聞こえるように使う。
    先生のいないところでね。

    一律禁止にすることで、例えば名前からもじった愛称
    「よしこ→よっちゃん」みたいな何の問題もない呼び方すら
    使えなくなります。

    それとも「愛称で呼ばれる人気者」と
    「名字でしか呼ばれないその他の子」の違いを作らないためでしょうか?
    そんなことをしたって、人気者は人気者、その他大勢はその他大勢です。

    私がいじめられていた時、先生はHRで
    「相手が嫌がる呼び方はやめましょう」と言いました。
    みんな表立っては言わなくなりましたが、やめる子などいませんでしたよ。

    あだ名禁止令を出さなきゃいけないようなクラスの状態なら
    その前にすべきことがあるってことです。

    ユーザーID:3325196479

  • 「裏」あだ名が横行すると思う。

    禁止、時代がそう言うならそれで仕方ないのかもと思いますが、
    禁止したら、
    ひどいあだ名をつけるような子達は、
    今度はいかに先生にバレないかというスリルの元
    裏でもっと酷いあだ名をつけるだろうなと思います。

    先生たちは、みんなが「さん」付けで呼んでるので
    いたって平和だ〜と勘違い。
    保護者も、表面上しか見てない人が書いた新聞などの記事で
    「いじめが減ったらしい」と勘違い。

    地下で酷いあだ名でからかわれてても
    子供や保護者から先生に訴えたところで
    先生「〇くん、さん付けで呼んでる姿しか見てませんよ」
    〇くん「さん付けで呼んでます」
    で終了。

    辛い目にあってる子の悲鳴や訴えが
    より届きにくい状況になるんじゃないかな、と思いますけどね。


    なので私は、
    「親しみなどがなくなるから禁止にすべきでない」
    ではなく
    「表面上、禁止する事によって、裏での酷いあだ名が過激化すると思うので、禁止にすべきではない」
    と思います。

    ユーザーID:1778706274

  • 無くならないだろうけど

    酷いあだ名をつけられて死にないと思ったことがある人が「禁止して欲しい」と言えば禁止すべき。
    あだ名をつけられて死にたいと思ったことない奴らと、酷いあだ名をつけて楽しんでいた奴らにはこの苦しみは分らないだろう。
    同窓会のたびに苦い思い出が蘇る。
    付けたやつらの事は一生忘れない。

    ユーザーID:5629621045

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧