長生きしたくない(愚痴です)

レス28
(トピ主2
お気に入り175

心や体の悩み

青空

愚痴です。

私は50代主婦です。

実母、義母共80代で母は初期、義母は末期のアルツハイマー型認知症です。
(実父、義父共に鬼籍)

実母、義母共に元気な時は地域に貢献したり
お友達とスポーツ、趣味を楽しんでいました。
二人とも異口同音に 「認知症にはなりたくない」と食生活も気遣っていました。
が義母の症状は末期で 自分も家族の事もわからなくなり 施設でお世話になっています。
実母は今のところ自分の事はできますが
いずれ義母のように進行するのかと思うと悲しいです。

また 妹の義父、義理の伯母さん 友人達のお身内にアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症の方々が複数いらっしゃり
介護したり施設に入られています。

私の周りには認知症の本人、家族が多いのですが 皆さん辛いと言われます。


医療の進歩で日本は長寿世界一ですが 寿ぐ気持ちになれません。

私も長生きすると認知症になってしまうのではないかと不安です。

ユーザーID:4843803565

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
  • お疲れ様です。

    主さんに全く同感です。

    私は現在46歳ですが、両親が38の時の子供なので、両親共に80過ぎ。
    両親同時介護です(でした)。
    この夏、父を送りました。

    母は認知症要介護度2、アルツハイマー型です。
    父はパーキンソン病からのレビー小体型を発症していました。
    同時介護は壮絶です。

    私は元々長生きしたいとは思っていません。
    生きることは苦しいことだと思っています。

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:5109192388

  • そりゃ、ぴんぴんコロリが理想ですが

    理想通り行くかは分かりませんもんね。
    とりあえず、行く末を悲観しないで、健康に留意し、老後資金も一応の分はしっかり貯めながら、いつだって前向きに生きるほか、ないではないですか。
    消極的、悲観的で後ろ向きな性格、愚痴っぽい人だと、万が一認知症になった後、周りは余計に大変だと思います。ニコニコしてください。
    同じ認知症患者でも、イライラしたりブツブツ言われるよりはニコニコしてる方がいい。そうなれるかは分からないけど、でも本人の根っこが明るく朗らかなら、ニコニコのお年寄りになれる可能性は数パーセントでも高くなるのでは?
    そして、どうせ誰か人の手によって介護されるなら、申し訳ない申し訳ない、こんな自分は迷惑だ死んだ方がマシだ、とかブツブツ言われたり、言わなくてもそういう素振りをみせられるよりは、ありがとう、あなたのお陰で毎日快適だわ、(実際に言ったりそういう意思がなくなっても)という雰囲気の人を介護する方が、介護者も救われます。死にたい、死んだ方がマシだとか、自分を責める態度を取られたって、死ぬことはできないんだから無意味だし、世話する人は余計に気が滅入ります。私の祖母もそういうタイプで、認知症で要介護になったこと自体は仕方ないことで迷惑とは思っていなかったのに、マイナスの言葉(私に対してではなく、そうなってしまった自分自身に対してですが)を言われ続けて、聞くのが辛かったです。
    他人に迷惑かけたくないなら、なるべく介護者が気持ちよく仕事できる相手でありたいですね。もちろん認知症でどんな性格になってしまうか、無表情無感情(に見える)になってしまうか、わかりません。でも意識がはっきりしてる50代の今からそんな後ろ向きじゃ、絶対そういうお年寄りになりそうなので…。
    祖母は最後は赤ちゃんのようになった。でも赤ちゃんって眠りかけてるだけでも充足して心地よく幸せそうだから、それだけで満足です。

    ユーザーID:9700600014

  • わかります。

    私にもこんな風に死にたい、こんな風には死にたくない生きたくない、というイメージはあります。きっと他の人も程度は違えあるんじゃないかと思います。けれどいざとなると自分が思った通りの最後を迎えるのは難しいというのは想像できますし、数年経って死生観が変わっていることもあるか思います。(元気なうちは認知症になったら施設に入れてなるべく早く死なせて欲しいと思っていてもいざとなると生きていたい、毎日目覚めると嬉しい、みたいな。実親介護の中で感じた一事例です。)
    死に際はバタバタしてると思うので、元気な今に出来ることは大切なもの、自分が死んだ時に周囲が困るものを最低限整理して(メモ帳に取引銀行を走り書き、保険証券などをひとまとめ)過去に囚われず将来を憂い過ぎず生きることかなと思い生きています。
    個人的に思うのは、認知症まだらは本人も苦しみますが、全く認知になれば本人は苦しそうではないな、ということと、最後手がかかった分、看送る時にこちらが必要以上に辛くない、それは去っていく人があえて渡してくれた配慮の形かな〜とも思います。認知元気の時はいつまで続くねん!ってヘトヘトなりますけどね。終わればこっちもヘトヘトになったし良かったんかな〜、お互いお疲れ様、ありがとうと骨拾えました。自分が死ぬなら周りは大変やけど、めちゃくちゃ惜しまれて泣かれるより、やれやれやっといってくれたわ〜って一息ビール飲んでもらえる方がいいなー、なんて思っています。そのために長生きしてそれなりに手のかかるばーさんになるのが今の私の目標です笑

    ユーザーID:1351654947

  • 私は自分のことを考える余裕がないです

    トピ主さん、お辛いですね。
    我が家も親のことで問題山積みだから
    お察しします。

    難病を抱えた父、認知症疑いの母を抱えて
    検査やら看病やらで自分の生活が出来ていません。
    激務の夫を放り出して実家でゴタゴタしています。

    自分の将来なんて考える余裕がないし
    私も体調が悪いのに通院や
    人間ドックの申し込みすら出来ないくらい
    スケジュールが切羽詰まっています。

    家族が寝静まった後に
    息抜きで夜中に小町を見ています。

    こんな自分なので
    ちゃんとしたアドバイスなんか
    できる身分ではないのだけど

    まあなるようにしかならないよ。

    私なんか子供がいないから
    将来誰も気にかけてくれないしね。

    考えてもしょうがないことは考えず、
    目の前の物事をひたすら片付けるのみ。
    そんな感じです。

    だけど他人は事情を知らないから
    あなたは悩みがなくていいね!だって。
    でも同情されるのも嫌だし
    他人に構う暇はないから
    言いたい人には好きなように言わせています。

    ま、家族が私を頼ることで
    少しでも幸せになってくれたら、
    自分も生きてて良かったなと思いますよ。

    今は、それだけです。

    あまり励みになれなくてごめんなさい。
    でも認知症の家族を持つ辛さは分かる気がします。
    会話がまともに通じないからイライラするし、
    子供時代に大きく頼りに見えた親が変わり果て、
    見てるだけで悲しくなるときもありますよね。
    私もそんな感じですよ。

    それでもお母さんとのかけがえのない時間を
    どうか大切にしてくださいね。
    時々、こんな風に
    愚痴をこぼすのもいいかもしれない。

    大変だけど、お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:5244350636

  • 同感です。長生きした高齢者が認知症になる確率は、高いと思う。

    同感です。
    長生きした高齢者が認知症になる確率は、高いと思う。

    【65歳以上の5人に1人が認知症を発症する】【4人に1人が予備軍】と言われるが

    65〜70代前半頃に認知症になる人は少なく
    80歳超えての高齢者は、その数字より、認知症発症確率がグンと高くなると思う。

    実際に私の義・実親も

    70代前半頃までに他界した親は義も実も、認知症は無いが
    80代〜90代まで生きた親は、義、実共に認知症になり

    認知症の長年ダブル介護だった。
    「どちらかかか両方が認知症発症中で、家で世話介護や入所した総合計期間」は20年弱くらいか?進行途中で、ガンや肺炎等の併発で他界したが、もし認知症だけだったら、25年かそれ以上だっと想像する。【その年数と経費は恐るべし】

    勿論、認知症の種類が異なれば、進行の仕方や病状も全く異なる。

    その実体験からも〜

    【長生きした高齢者が認知症になる確率はかなり高い】と、(私は)実感。

    個人的には【80〜90代と生きる場合は、確率は5割くらいと見て】
    自分は【80歳超えて生きる場合、認知症になる】と想定して計画している。

    家族や関係者には
    【私が認知症になったら、私自身が拒否しようと嫌がろうと、施設に入れて】と宣言済み。そしてアルツハイマーの場合に限っては、進行を遅らせる医療手段は何もとらないように〜と宣言。認知症が進行しつつ生きる年数を長引かせるから。

    10数年前に、私が認知症親を介護し始めた頃、世間では

    【アルツハイマー認知症発症後の寿命は8〜10年ほど?】と言われていたが

    現代では医療的進歩で、20年ほども珍しくない。

    アルツハイマーは進行の過程があり、最後は体幹機能に及び、車いすや寝たきりを経て生命危機へ〜が想定される。

    なので【認知症を治す(病気を消し回復する)治療】(これは今はまだ無い)以外は、認知症で生きる年数が長くなるかと〜

    ユーザーID:3349322288

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 同感です

    本当に認知症になったらどうしよう?と不安ですよね。

    最期まで意識は正常で、老衰で亡くなるのだったらいいのですが、
    長寿の現在、認知症になる不安は、大きいと思います。

    子供達に迷惑かけるのが、目に見えていますから。

    でも、自分の寿命は自分で分からないし、食生活や健康に気を付けながら、
    生活しても、なる人はなりますから、本当に怖いです。

    もう、認知症に効果ある薬が早くできることを、願うしかありません。

    もし、認知症になったら、グループホームでいいよと子供達に
    伝えるしかないかもしれませんね。

    ユーザーID:2530772088

  • 分かります…

    私も無駄に長生きなんかしたくないです。
    世間では、まるで長生きは良いことのように言われていますが、私はそうは思いません。

    長生きのご老人全員が誰にも迷惑かけず、健康で長生きした上で、ぽっくり逝くなら分かりますが…。

    うちには100歳の超高齢の祖母がいます。

    母なんか、祖母の半分の年齢で他界してしまいました。
    父もとっくに他界し、祖母の娘である伯母たちは遠方。
    認知症になり、冷蔵庫の食べ物を探したり、徘徊したり。
    私や兄や弟の名前を呼びますが、誰なのかは分かっていません。

    祖母を見ていると、長生きしたくないな…と思ってしまいます。
    私は、そうだな、孫の顔を見れたらそれで満足かな。
    健康で過ごしてピンコロしたい。
    そして、夫より先に死にたいです。

    ユーザーID:6328951373

  • 分かります

    私は40代でトピ主さんより若輩者ですが、幼い子供たちの顔を見ていると、将来この子たちに負担をかけたくないなぁと思います。

    つい先日も、体をあちこち悪くしながら長生きするよりサクッと亡くなりたいねと、主人と話していたところです。

    ユーザーID:2973887721

  • 認知症は自立できないより孤独感がもっと恐怖

    認知症の母を看取りました。
    ガンの手術後にせん妄になりそのまま認知症になってしまいました。昔のことはよく覚えているのですが直近の記憶ができませんでした。
    家族での介護の限界があり時々泊りで施設に入っていました。
    ある時私が施設に迎えに行ったときに私に会うなり「私なんか悪いことをしたん?」と自分が刑務所に入ってと思い、青ざめて私に問うのです。その時に青ざめて不安一杯の顔を今でも忘れません。幼子が迷子になりその恐怖と不安で泣き叫びながら母親を探しているような顔です。
    「なんと親不孝な自分だろう」と胸の詰まる思いでしたが現実にはどうすることもできませんでした。

    またその後あるテレビ番組で認知症についての解説で知ったのですが、「認知症では自分の記憶が徐々に近くから消えていき、まるで漆黒の暗闇の中に一人残されているような、見えるのは遠くに見える景色(記憶)のような状態」と言うことでした。母を介護してみてその表現が実感として理解できました。「寂しい、傍にいて欲しい!」とよく言っていましが、そんな暗闇の中に取り残された母の叫びだったのだと後になってやっと理解できたのです。
    そんな経験からトピ主の不安はよくわかりますし、私(70歳)も妻と二人でその不安についてよく話し合いになります。でも避けることはできないので、結局は母と同じようにある段階で施設に入れてもらうという結論にしかなりません。
    青空さんの不安解消のトピにはなりませんが、その不安と向き合いながら今を大切に生きていこうとする気持ちをその不安の気持ちよりもっと大きくしていくしかないのではないでしょうか。

    ユーザーID:3320868475

  • 同意です。

    最近長い間の介護が終わり、自宅で母を看取りました。
    認知症で言葉も出なくなってずいぶん経ち、最期に母と話したのはいつだったか思い出せません。
    二十年前に亡くなった父も認知症でした。

    認知症は生活の質を著しく低下させます。
    認知症になってしまえば分からなくなってしまうから楽よ!なんていう人もいますが、そんなことありません。
    だんだん分からなくなっていく不安感は尋常ではありませんよね。

    背中が痒くても、足が痛くても訴えられない辛さ。

    いつか私も認知症になってしまうのかと心配しています。
    心配しても仕方ないのですけどね。

    私はストレスも一つの要因かと思います。
    今を楽しく生きることも大事かも知れません。

    因みに私は特養の相談員を長くしていましたので、たくさんんの認知症の人を見て来ました。
    いつも笑顔の人、暴言、暴力の人、本当にいろいろでした。
    出来たら介護されるようになる前に、コロッと逝くのが今の望みです。

    ユーザーID:4881586388

  • 健康寿命

    世界一の長寿国になった日本
    ご長寿さんのうち自立できている人は
    ごく少数ではないでしょうか
    介護施設などでほぼ寝たきりの状態で
    長寿を祝われても…
    私の母ももう10年アルツハイマー型認知症で
    介護施設に入所しています
    あと10年くらいは生きるでしょう
    子や孫も認識せず一言も発しないし感情も見えない
    会うと涙が出ます
    そうなる前に死にたいと常々口にしていた母
    50半ばを過ぎた私も切にそう思う
    周りの同世代、高齢者もみなそう言います
    自分のことが自分でできなくなったら
    天に召されたいです

    ユーザーID:5792026176

  • 私もです

    指先を動かすといいときいたので、折り紙とぴあのをやっています。小時間でもよいので続けることが大切なんだそうです。折り紙は広告で。折りあがったらしばらく飾ってゴミ箱行きですが。ピアノは廃棄物出るないので音漏れさえ気を付ければよく、楽です。仕事がなくなりぼうっとしていると認知症になるよと言われ、やっています。

    ユーザーID:1793601347

  • たしかに多いけど

    全員が認知症を発症するわけではない
    今の段階では、ハッキリとした原因はわかっていないし
    治療法も確立してないし、人によっては認知症を発症する前に
    別の病で、一瞬でポックリ逝く人もいるわけでして
    将来のことは、わからない
    そもそも認知症になっている本人は何もわからないので不安もないようですよ

    ユーザーID:0517164404

  • ですよねぇ。

    ほんと、ピンピンコロリが理想的。
    ほぼ誰もがそう思ってますよね。
    こればっかりはどうしようもないのでね。

    今のうちにやりたいことはせっせとして、悔いのないように生きましょう。
    私は長生きはしたかないけど、明日死にますよと言われても嬉しくはないです。
    じゃあ、どこが頃合いかと言うのもよくわかりません。

    まぁ、一つ良い予想では、私たち50代の将来の介護はロボットがしてくれるのではないでしょうか。
    感情なしにお世話してもらえたら、認知症になってたなら、ありがたいですよね。

    ユーザーID:3393820849

  • 祖父のように逝きたい

    トピ主さんの仰ること、とてもよくわかります。

    私の祖父は、私がまだ小学校に上がる前に亡くなりました。 家で突然倒れたと、祖父と同居していた伯父からの連絡で駆けつけた時には、祖父は自宅の布団で寝かされていました。 数日後、自分の子供たちや孫達、大勢に囲まれて静かに息を引き取りました。 

    もう50年も前の話ですが、当時、祖父が暮らしていた田舎では、倒れても救急車を呼ぶことなく、そのまま自宅で家族に見守られながら臨終を迎える、というのが普通でした。 

    現代だったらそういうわけにはいかないのでしょうが、私は、祖父のようにこの世を去ることができたら、と思っています。 寿命を終える時が来たら延命はせず自然にまかせたい。   

    医療の進歩で克服できる病気も増えましたが、その恩恵の一方で、認知症や後遺症と闘いながらの余生をおくる人も増えました。 認知症も昔からありましたが、多くの人たちは、認知症になる前にほかの病気で亡くなっていました。 

    私は介護施設で働いたこともあり、家族のことも自分のこともわからなくなってしまっていた方や、寝たきりで自分で体も動かせなくなって全介助の方もたくさん見てきました。 そういった経験もあり、元気で長生きできるならそれに越したことはないけれど、寿命が延びることは必ずしも良いことばかりではないと思うようになりました。 

    人の死というものはある意味、自然の一部だと思うのです。誰しも終わりを迎える時が必ず来る。 せめて回復の見込みがない時は無駄な延命や治療はしないよう自分の意思を書類にして、家族に迷惑をかけることなく、最期の時を迎えたい、と私は考えています。 

    ユーザーID:6998879764

  • ピンピンコロリに憧れるなら、働くこと!

    >アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症

    こうした医学的要因がある場合、今研究が進んでいると思いますが、一時も早く医学的対処が確立できることを望むばかりです。
    認知症高齢者を抱えたご家族の苦労は、私の想像に及ばないほど大変だと感じています。トピ様のご苦労ご心労は大変なものだと思います。

    一般的な話として、よくピンピンコロリで!と望まれる話を聞きます。
    私の家系は比較的ピンピンコロリも多いし、それ以外は老衰です。臓器系や生活習慣病の疾患持ちはあまりおらず、つまりほとんど長患いしません。

    もしピンピンコロリを望まれるなら、70代になっても80代になっても働くことです。
    家でのんびりだらりとしている方は、結局身体が休まっているので(使っていない)、ピンピンコロリとはならないようです。(あくまでもうちの親族の場合)
    退職後、引きこもって何もしない。ずっと主婦だけで刺激も労働もしない。
    趣味レベルでは身体が消耗しません。労働する必要があります。
    高齢になって身体を使わない、食事はしっかりできる、つまり思考力はともかく身体が元気なままなんです。死に至るには病気か、肉体の消耗が必要です。

    先日、叔父がなくなりました。80代医師、まだしっかりした思考・手元でしたが、朝診察室に向かう途中でバッタリと逝きました。比較的医師も多いし、商売をしている家庭、農業の家庭、皆亡くなるまで働きます。そして私も独立事業者、身体が動くうちは働きます。
    もちろん途中で、癌が見つかったりするから、無理もします。
    サラリーマン家庭でピンピンコロリはいません。身体が休まっているためか長患い長生きが多いです。

    ピンピンコロリに憧れるなら、定年後、子育て後の主婦、のんびりだらりと過ごすことはお勧めしません。

    ユーザーID:3734372651

  • 愚痴を言ってもしょうがない

    お気持ちは痛いほど分かります。身近に認知症の方が居ると、やっぱり心配になりますよね。

    認知症といっても色々ありますから、まず血管を若々しく保つこと。
    頭を使ったり、おしゃべりしたり、歌を歌ったり、運動することです。
    それと仕事、趣味、ボランティアなどで社会と繋がりを待つこと。
    他人や家族に必要とされること。
    でも、こればっかりはある程度努力してもなる時はなるんですから。
    その時のために施設に入れるようにお金を貯めておくこと。

    あとはくよくよしないで、前向きに生きること。
    私のように喜寿の高齢になると、1日、1日が楽しく過ごせれば最高!!
    後は愚痴らないで、楽しい話題を。だって、心配したってどうしようもないんだから。
    先日、親戚のおばあちゃんが98歳で亡くなりましたが、亡くなる前日までお元気でした。新聞も毎日隅から隅まで読んでましたが、自宅で眠るように亡くなって、皆さんが、うらやましいと言われてましたよ。あやかりたいですね。私なんか、ノー天気なので、50代でそんなこと考えもしなかったです。

    ユーザーID:8312949467

  • わかります。。

    認知症でなくとも、長生きが幸せとは全く思わないです。
    今40代ですが、明日終わったとしても悔いはないので、
    あと40年も生きるのかと思うと気が遠くなります。

    80代90代の介護のせいで50代60代が疲弊する不幸の連鎖は、
    想像しただけで辛く悲しいことです。
    そういう状況に居ると身体以上に心が消耗し、気力が奪われますよね。。

    私自身も心配性でネガティブ思考なので、起こってもいない未来を憂う
    気持ちは理解できます。
    それでも生きていかなくてはならないのだから、できるだけ遠い未来の
    ことは考えないように心掛けて、1日1日だましだまし生きています。
    そんな人間もいますよ。

    なんの解決にもなっていませんが、応援しています。

    ユーザーID:7022514804

  • 寿命は自分で決められないし他人はコントロールできない

    本当に両親の介護をして思うことは
    寿命は自分も他人も決められないということです。

    80代前半まで元気いっぱい100歳まで生きるだろうと
    本人も家族も思っていたらコロっと逝ったり
    入院退院をくりかえしてたのに認知症で90代まで生きていたり・・・


    ただ必要な準備としてできれば60代になったら

    1 介護等や施設入居にかかるお金はたっぷりためておくこと

    2 大切なカード・通帳・実印・証書・年金・不動産関係の場所と内容を
      家族に知らせておくこと

    3 不必要な家具や服を処分し貴重品は現金にかえ
      身軽な生活をすること

    を心がけることだと思います。

    両親は1と2はやっていたが3は本当に大変です。
    家中大きな和机や焼き物や骨とう品、着物に絵画が山のように溢れています。
    今は売れないんですよ。
    お金を払って市役所の粗大ごみにだすか業者に片づけてもらうか・・・
    はあ〜です。

    ユーザーID:3402254803

  • 長生きも死ぬことも両方怖い

    親の介護や看取りを通してどうしても自分の行く末も考えてしまいますよね。
    私も50代です。
    実両親は認知症になる前に病気で亡くなり、義父は体は健康ですが認知症状があります。子育てもひと段落ついてこれから自分のことができるかしらと思っていたけれど、義父の介護で全部潰されるんだなって思うとつらいです。もし私が認知症になってこんなに子供の負担になるのかと思うと絶対に嫌です。生きていたくない。

    そうなる前に死にたいとは思うけれど、実両親が二人とも末期癌で緩和ケアも受けていたけど痛みに苦しみながら死んだので死ぬことも怖いです。もう助かる見込みはないのに命が尽きるまで生きなきゃいけない状態が見ていてつらかった。苦しそうな息遣いが忘れられない。もっと楽に死なせてはもらえないのかと思いました。

    自分のことは自分でできる間に安らかに死ねたら最高ですね。どんな徳を積めばそんな最期を迎えられるのかしら。認知症の義父は80代になっても元気に働いてたし運動もして健康には気をつけていたので体は本当に丈夫。でも認知症には勝てなかった。どうすりゃいいんだ。

    ユーザーID:1443990062

  • 気持ちは分かります。

    私の義父母は、認知症も無く義父は86歳で突然の心不全で亡くなり、義母は数週間入院後に90歳で亡くなりました。運動習慣もなく軍人だった義父は、読書して書き留めるのが好きな人で、義母は高血圧や足痛などで通院は週2日はしていて、食べるだけが趣味で友人はいない人でした。

    実母は(父は早くに鬼籍)子供の私に迷惑はかけたくないと言っていたらしくて(後日叔母から聞いて)、スイミングには通っていたのですが、62歳でスイミング中にクモ膜下で突然に亡くなりました。

    3人とも認知症とは無縁でした。
    ならない人もなる人も私にも分かりません。
    どうすればいいか・・・生活習慣病にかからない様に健康には十分に注意して、生きがいとなる趣味(ワクワクするような)、毎日の軽い運動して(若い頃から長年継続しているスポーツはあります)、好奇心などもって張りのある生活(ポジティブ的に)かなと思っています。
    今はスマホで脳トレなどもできるので、毎日30分はやります。こうしてPCも30年やっているし、ブログ更新も(11年)ほぼ毎日やるので題材探しに、アンテナを張り巡らしています。

    一人暮らしなので毎日刺激のあるような生活を心がけている71歳母です。
    実母がクモ膜下で亡くなりやはり恐怖もあるので50歳から5年ごとにMRIは撮ります。今の時点でも全く脳には異常はありません。
    毎年の検診でも異状数値も無く健康体なので医師からも驚かれています。予防でもないけどこれ位しか自己防衛はできないですね。

    ユーザーID:0339214831

  • トピ主の青空です

    見ず知らずの私のために お時間割いてコメント下さりありがとうございました。
    気持ちに寄り添ってくださる皆様 人生の先輩方の深いお言葉 明るく前向きに生活を、とご提案くださる方 統計を取ってアドバイス下さる方と
    皆様の有難いお返事を何度も何度も読ませていただきました。
    大変心に染み入りました、ありがとうございます。

    義母が施設に入るにあたり 義母側の身内から「(義母は)頭を使わない生活をしているからこのようなことになるんだ」という言葉が出て大変驚きました。
    心無い言葉であると同時に いまだにアルツハイマー型認知症に対する認識がそのような人がいるとは・・・。
    ですので 実母がアルツハイマー型認知症であることを打ち明けることにためらいがあり またこのような時期ですので 友人などにはまだあまり話しておりません(トピックにある友人のお身内のことは かねてから聞いていた情報です)。

    心に暗い雲が垂れこめていましたが 雲間から太陽が顔を出してきたような気持ちです。
    あまり将来を悲観することなく まだ母の人格がしっかりしているうちに
    沢山触れて話しておきたいと思います。

    皆様本当にありがとうございました。 

    ユーザーID:4843803565

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 私も長生きしたくない

    47歳です。実母が入院中ですが、元が丈夫なのか?小康状態を保ってすでに2年。その間同室の方を拝見する機会を得ました。

    病棟のほとんどの方は寝たきりです。意識ははっきりしている人、ぼんやりしている人、傾眠の人と様々ですが、基本的に皆さん口から食べられています。つまり入院期間も皆さんかなり長いのです。

    認知症はないから自分の状況はわかる、でも治らない、退院できない。かといって死ねないという母のストレスも良くわかります。未来に希望がないのにお迎えが来ない。娘に迷惑をかけていると母は自分を責めます。

    この病棟に居る方は、母を含めこうなると思って生きてこられた方は一人もいないはずです。でも、医療の進歩で生かされている。それが本当に幸せなのかと逡巡する毎日です。

    不謹慎かもしれませんが現在のところ私はこう考えています。
    私は、あまり健康に留意するのをやめ、好きなものを食べ、
    もし将来大きな病気をしたら、あまり積極的な治療をしないようにしようと思っています。
    自然のまま、本来の寿命に近い状態で死ぬのが、
    結局自分にとっても、見送る家族にとっても一番良いと考えるからです。
    何歳でこの世を去っても、きっと家族は悲しむでしょう。
    それならばせめて、私の介護や看病で、家族の大事な時間やエネルギーを奪いたくないのです。それらは自分のために使ってほしい。
    あちこち行ったり、映画を観たり、スポーツしたり、楽しく生きてほしい。

    まあ予定通りに行くかはわかりませんが、
    これからは「延命」の前の「懸命な治療」も選ぶ時代になると思います。

    まずは両親をしっかり看取ることが当面の使命です。

    ユーザーID:6847100491

  • 考えると気持ちが滅入りますよね。

    青空さんのお気持ちよくわかります。

    私の母も94歳、母方は長生きの家系ですが、母が記録を更新中です。
    認知症で、高齢者住宅で生活し要介護5です。
    自分の名前すらわからなくなりました。
    でもそこに至る前は、万引きや被害妄想、水漏れ事故、およそ起きてほしくない行動はすべてありました。

    認知症が進行し、精神行動障害がなくなったことで、ほっとしています。

    長生きでつらいのは、逆縁になることが多いからです。
    今、彼女の息子は末期がんで余命は短いと医師から説明されています。
    彼はそんな状態でも、母に会いたいと言いません。兄に対する物盗られ妄想が激しく、認知症とわかってはいてもとても深く傷ついたことがあったからです。

    父(鬼籍)の年金があり、キレイな施設で生活でき、「幸せな人」という見方もできるでしょう。
    でも私は自分の子供より長生きはしたくないです。
    ただ生きているだけの、無駄な(叱られるかもしれませんが)長生きはしたくないと心から思っています。

    そのために必要な努力はしていきたいと思ってます。

    ユーザーID:4753158642

  • ありがとうございます、トピ主です

    自分でトピ立てしましたのに 放置してしまいまして申し訳ありませんでした。

    共感してくださるレス、ありがとうございます。

    医療の進歩で生かされている、そして悲しいかな 長寿により逆縁となる・・・

    医療の進歩は人類の幸せにつながると思っていましたが 殊、老人医療に関しましてはよじれた形になっている気がしてなりません。

    残酷なことを申し上げてしまい失礼しました。

    お年寄り、そしてご家族に心の平穏がありますことをお祈り申し上げます。

    皆様ありがとうございました。

    ユーザーID:4843803565

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 防ぐ手だてはあるのかな?

    誰だってなりたくないですよ、認知症。できるだけ頭を使うようにして抗っています。指を使うそろばんとかピアノとか折り紙とか。あと社交的な人でもなるみたいだからやはり運命なのかな、予防策があれば知りたい。

    ユーザーID:1793601347

  • 自分が認知症になるのは辛いけど

    介護お疲れさまです。

    前に何かの記事で読んだのですが、
    意識がある中で死を迎えるのはとても怖いことで、
    認知症になるというのは、死の恐怖を和らげてくれることだから悪いことではない、という意見でした。

    自分が今後、認知症となって、
    自分のことも自分が大切に思う人のことも忘れてしまったら、生きている意味がないって思うと思うけど、
    それでも神さま(無宗派です)からの最後のギフトだと思えば、幸せに死ぬことが出来るかもしれないと思います。

    元気な頃を知っている周りの人は辛いと思いますが、
    これから旅立つために、ひとつひとつ整理して身軽になっているんだと思って、見守ってあげて欲しいです。

    私は間もなく50歳ですが、
    まだまだ沢山の夢があり長生きしたいので、願わくば認知症にはなりたくないですが、
    色々気をつけてもなった時には、そろそろお迎えかなって思って、後をこれからを生きる人に託して、世俗から気持ち良く解放されようと思っています。

    ユーザーID:9874409316

  • 私も長生きはしたくないです。

    私も長生きはしたくないです。
    大病もしたくないです。
    辛い思いや動かないからだ、自分が解らなくなったりして
    苦労して(させて)生きていたくないです。

    でも、もう少しとどこかで思ってしまうような気もします。

    昔、新聞の投稿欄に高齢女性の話がありうろ覚えなのですが
    百歳だったかな?髪の毛を切った(身ぎれいにした)と散髪代もお金が減ると
    思うと贅沢、親も伴侶も子供ももうこの世には居ない。
    贅沢だけれど、この位の贅沢をしてもいいかと思った・・・みたいな?
    (全く違ったりして〜もう20〜30年以上前の事で)

    これ程辛い事ってあるかな?と思いながら若き日の私はサッと読んだ気がします。
    祖母が認知症で大変でした。
    母も植物状態でした。

    生きるって大変なんだな。
    死も選べない事もあるのだなと見ていました。
    無駄に生きているとは思いたくないし、思われたくはないけれど
    (結構言われましたが)選べないんですよ。

    ピンピンコロリと言ったものですが、これもまた・・・。
    残された家族にとっては「何故!」とも思ってしまう。

    老いが辛いのかな。

    ユーザーID:1545227791

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧