15年前に他界した母が恋しい時

レス21
(トピ主10
お気に入り47

心や体の悩み

まめこ

私は現在35歳、単身で東京に住んでいる女性です。

タイトル通り15年前、私が20歳の時に母が癌で他界しました。
母は自営業の専従者で毎年検診を受けておらず、余りにも体調が悪いという事で病院に行ったら癌である事が分かり、抗癌剤治療を受けたものの、癌発覚から半年で亡くなりました。癌があると分かった時、風邪ひとつ引いた事のない元気な母でしたから家族はまさか死ぬ事はないと思っていました。
抗癌剤治療中に家で倒れ、約一カ月程入院した後の本当に急な死でした。

あれから15年経ってもその時の状況を思い出すと涙が止まりません。死ぬまで母親がいなくて寂しいと思います。毎日母の事を思って泣く訳ではないですが、不定期にふと母の事で泣いてしまいます。

母は結婚当初から義両親と同居(しかし住居は別、母家と隠居が並んで建っています。隠居には母が亡くなる数年前まで台所とお風呂がなく、母家と共有でした)することになり、姑問題に悩まされました。父はマザコンで母の肩を持つ事はなかったそうです。

母が亡くなった時、姉と私は地元を離れ一人暮らし中、高校3年生の弟は卒業間近でした。弟も地元を離れて進学する事が決まっていました。まるで子供が全員出ていく前に合わせるかのようなタイミングで亡くなり、そんなに父と祖母と3人暮らしになるのが嫌だったのか、と思うほどです。

幸せな老後を送れなかった母、社会人になって母に親孝行出来なかったことを思うと悲しいです。
若くして母親を亡くした方より何か気が楽になるアドバイスのレスを頂けたら幸いです。

ちなみに私は母の嫁姑問題を子供の時から身近で見て育ったせいか、結婚=幸せという発想が出来ず、また男性とのご縁もなく独身で現在にいたります。自分に家族がいないから余計寂しいのもあるかもしれません。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

ユーザーID:8855377534

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
  • 子育ての忙しさは大きかった

    私は、もうすぐ母が突然死して19年目を迎える、37歳の兼業主婦です。
    ちなみに、父も亡くなって10年経っています。
    突然病院から「お母さんが心停止しました」と電話が来て、かけつけた時にはすでに亡くなっていました。
    思い出して、ふと淋しくなることはありますが、涙はとうの昔に止まりました。
    やはり、子育ての忙しさが大きかったと思います。
    我が家は子供が4人いて、遊びだ、部活だ、病院だ…と日々忙しいです。
    子供のあれやこれやに悩み、自分の仕事のあれやこれやに悩み、生活することで精一杯で、親がいない淋しさを感じている暇がないのです。
    親が亡くなった時点で、私はもう「娘」ではなく、私自身が「親」になったので…。

    休みの日は疲れてグッタリしてしまうので、ガーガーピーピー寝ているか、子供の部活動のことをしているか、病院かで、予定がつまりまくってます。

    やっぱり、自分自身が世話をしなければならない人達がいる…というのが、悲しまない一番の理由です。
    ついでに猫も飼ってるので、子供のみならず猫達のお世話もせねばなりません。

    ですが、忙しくして、無理に楽しく過ごそうと思う必要ないと思いますよ。
    大事なお母さんがこの世から居なくなってしまったのですから、悲しいのは当然のことです。
    ふと訪れる不定期な悲しみの時は…思いっきり悲しめばいいと思います。
    私だって、声を大にして言いたい!

    「お母さんに会いたいし!甘えたいし!お母さーんって呼びたいんですけど!お母さんに子供の顔見せたかったし!お母さんが可愛がってた彼と結婚したし!ってか、私、子供好きじゃないのに4人も生んじゃったよ!お母さんは赤ちゃん大好きだから、絶対可愛がってくれたよね!親になってお母さんの苦労が分かったよ。生意気な私のこと、育てにくかったよね、本当ごめんね!」って言いたい。

    ユーザーID:1981982744

  • とてもよく分かります

    私もトピ主さんと同年代で20歳の時に母を乳がんで亡くしました。
    正直現実を見て見ぬ振りして母を労ることが出来ず普段通り過ごしていました。
    もっと優しくしたらよかった親孝行すればよかったと後悔ばかりです。
    怒るとものすごく怖い母でしたが思い出すのはいいことばかり。
    私は現在結婚し子どももおります。
    周りの友人や親戚が、母親と旅行へ行く、産前産後面倒を見てもらう、子どものイベントに一緒に参加する…
    そういった当たり前にある、ありふれた光景を見る度、ちくちくと心が痛み、羨ましく感じます。
    時間と共に母がいないことに慣れただけで悲しみ自体は無くなりません。
    普段は何ともありませんがトピ主さんと同じようにふと悲しくなり未だに涙を流す日があります。母が恋しいです。
    母がいたらと思わずにいられません。
    子育てがひと段落してこれからゆっくり自分のやりたいことをやれただろうに…
    でも私自身母になり気付きました。
    今までは、母は短い人生家族のために働いて終わって幸せだったのかと申し訳なく思っていました。
    でも今私がもし死んだとして幸せだったなと思えます。
    子どものことは気掛かりですが…
    主人と子ども達が人生の財産です。
    きっと母も私達子どもと過ごす時間をそう感じてくれていたと思います。
    トピ主さんのお母様もそうだったと思いますよ。
    私が母の人生を否定してはダメだと反省しました。
    また母を恋しく思うのは大抵辛い時です。
    悩んだり悲しかったり、母がいたらな、母に聞いて欲しいと甘えたくなります。
    でも辛い時だけ思い出す、いてほしいなんて勝手ですよね。
    だからいつも思い出すことにしました。
    それも供養だし、自分だけの儀式みたいなものです。
    色々気付いたのは本当に最近のこと。
    トピ主さんも自分なりにお母様のこと納得出来る時が来るといいですね。
    同士がいるようで私も救われました。
    頑張りましょうね。

    ユーザーID:2017692375

  • 母に育ててもらいたかった

    私は4歳の時に母を亡くしました。
    昔のことで、体調が悪いのはわかるし、悪くなっている部位もわかるけれど
    どんなに検査しても何の病気なのかわからなかったそうです。
    わかったのは「ガンではない」ということだけだったらしいです。

    トピ主さんがトピ後半で書かれた、
    >母の嫁姑問題を子供の時から身近で見て育ったせいか、結婚=幸せという発想が出来ず
    これは私も同じです。
    母は嫁姑問題はありませんでした(核家族)
    ですが、若くして亡くなった母、父の再婚相手との辛い経験から、結婚=呪い
    のような発想が自分の中にあります。
    他人の結婚は心から喜べるのですが、自分の人生には結婚というイベントはいらない、と小さい頃から思ってきました。

    何十年も経って、母の年の倍近くになった今でも恋しいですよ。
    母は、長患いではありませんでしたけど、私のほうは何十年も心にぽっかり穴が開いているようです。

    ただ、当地で災害が起きた時、不思議と私はある方法で守られました。
    みんなが避難所に行く中、私は避難所に行く必要のない場所にいたんです。
    災害から命を救ってもらったというより、災害から受けるトラウマや
    避難所での心細さから守られたという感じです(災害にはしっかり?遭いました)
    私には霊感はないですし、行くべき道を示してくれるわけでもないけど
    母は私を今でも守ってくれているんだな、と思いました。

    全然アドバイスになっていないですね、ごめんなさい。

    ユーザーID:0088979102

  • 一人は寂しいですね

    単身で東京住まいはコロナの今、寂しいことでしょう。家に帰っても返事してくれる人も居ないと、ストレスも溜まりますよね。
    何かストレス解消法があれば、寂しさを忘れるかもしれませんね。
    やはり、寂しいと、亡くなった親のことを思い出してしまうのでしょう。

    私の場合は15歳の時に母を、34歳の時に父を癌で亡くしました。
    でも、父母が恋しくて泣いたということは一度もありません。
    自分の生活に一生懸命で、仕事して、遊んで、恋愛して、結婚して、
    子供を産んで育てて、とても忙しくて、じっくり父母のことを思い出す暇も無かったです。父母のことを思い出すようになったのは、ホント最近、70過ぎてからです。父母よりずっと年上になってから、父母の事をつくづく愛しいと思います。それは悲しむというより「感謝」の気持ちです。

    あなたも、「結婚したくない」と決めないで、「やらないで後悔するより、やって後悔する方が良い」です。何でもチャレンジしてみて、幸せを掴んでください。それがご両親に報いることですよ。笑顔の貴女を見たいと、お母様は思ってらっしゃるはずです。

    ユーザーID:2414367868

  • すごくわかります

    20歳女です。

    中学生の時に父と別居し、母を高校生の時に乳がんで亡くしました。
    両親だけでなく嫁姑間の関係も最悪で、子供ながらによく冷静に見ていたなと、今になって思います。

    時間が解決するってよく聞きますが、私は未だに毎日母のことを考えます。夢に出てくることもあります。

    心身ともに苦労していた母にもっと優しくしてあげればよかった、感謝を伝えればよかった、もっと本音で話し合えばよかった、振袖姿を見せてあげたかった、働いている姿を見てほしかった、孫を見せてあげたかった、、、

    唯一できた親孝行は、母より先に死ななかったことくらいだと本気で思っています。

    でも、決して綺麗事ではなく、なんとなく母は見守ってくれている気がするんです。
    頑張りどころや報告したいことがある時は、自然と母のことを想って、パワーをもらっています。

    母を亡くした悲しみは一生消えないと思いますが、その分周りの人や当たり前のことをすごくすごく大切に思えるようになりました。

    私の場合、たまに悲しくて寂しくてたまらなくなる時には、
    好きなものを食べてしっかり寝て、誰かと会って話したり気が済むまで落ち込んだり、とにかく自分を甘やかして好きなことをして過ごします。

    こうやって自分の気持ちを書き出すだけでも少し楽になりますよね。

    ユーザーID:2443000413

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • トピ主です

    皆さま、暖かい共感や励ましのレスをお寄せくださり本当にありがとうございます。どのレスも涙無しでは読めませんでした。感謝の気持ちでいっぱいです。皆さまの様にしっかりと、素敵な人生を歩めるよう頑張ろうと思います。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • すごくわかります

    20歳女性です。
    中学生の時に父と別居、高校生の時に母を亡くしました。
    私の母も、夫婦間、嫁姑間ともに関係は最悪でした。

    今でも毎日母のことを想いますし、
    自分の振袖姿や働いている姿、孫の顔を見せてあげられなかったこと、何一つ親孝行できなかったなぁとすごく後悔しています。

    悲しくて寂しくてたまらなくなった時は、好きなものを食べてしっかり寝て、誰かと会って話したり気が済むまで落ち込んだり、
    とにかく自分を甘やかして好きなことをして過ごします。

    そして頑張りどころや報告したいことがある時はいつも母のことを想って、心の中でパワーをもらっています。

    ユーザーID:2443000413

  • レスお礼vivi様

    レスありがとうございます。ご家族が多く猫がいて羨ましいです。私も家族の世話で忙しい毎日なら悲しんでる暇もないのかなぁと思いましたが、その後『忙しくして、無理に楽しく過ごそうと思う必要ないと思いますよ。大事なお母さんがこの世から居なくなってしまったのですから、悲しいのは当然のことです。ふと訪れる不定期な悲しみの時は…思いっきり悲しめばいいと思います。』と綴ってくださったので、気負わずに済みました。暖かいお言葉をありがとうございます。悲しい時は無理に抑え込まず、思いっきり悲しみます。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • レスお礼なおみ様

    レスありがとうございます。お互い20歳で母を亡くすのは辛かったですよね。もっと若い頃に母親を亡くしている方は沢山いらっしゃるのに、つい恵まれてる方を見て羨んでしまうんですよね。。
    『正直現実を見て見ぬ振りして母を労ることが出来ず普段通り過ごしていました。もっと優しくしたらよかった親孝行すればよかったと後悔ばかりです。』→私もそうでした。母が入院中、痩せ細って弱々しい姿を見る事、自分の生活が自由に送れなくなるのが嫌だと感じた事、1番辛いのは母なのに思いやる余裕がありませんでした。どうしてもっと優しく世話出来なかったんだろうかと本当に後悔し、今でも申し訳ない気持ちは消えません。他にも「そうそう!」と共感する想いが沢山ありました。なおみ様が母親のお立場になって、『主人と子ども達が人生の財産です。きっと母も私達子どもと過ごす時間をそう感じてくれていたと思います。トピ主さんのお母様もそうだったと思いますよ。』と綴ってくださり本当に嬉しかったです。心が軽くなりました。
    はい、母を思い出すのは特に辛い時なんですよね。20代の頃は今以上に失敗や心の葛藤が多かったですから、母がいない寂しさと相乗して大泣きすることがよくありました。『辛い時だけ思い出す、いてほしいなんて勝手ですよね。』→本当にそうですよね。私もいつも母を思い出すことにします。嬉しい時も楽しい時も。それが母に対する供養で出来なかった親孝行だと思って。私の方こそなおみ様のレスに救われました。本当にありがとうございました!

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • レスお礼匿名希望様

    レスありがとうございます。たった4歳の時に実のお母様が亡くなられたのは辛いですよね。母親に甘えられる周りのお友達が羨ましかったのではないでしょうか。20歳で母を亡くしたとはいえ私は本当に恵まれている方です。災害が起こった際にお母様が守ってくれているとお感じになったとの事。きっとお母様はお亡くなりになってもずっと匿名希望様の身近にいて見守ってくださっているのですね。私も匿名希望様のような経験はありませんが、そう感じることがあります。不思議ですよね。全然アドバイスになっていないことはありません。匿名希望様のレスで、死んだ母親が守ってくれている、という事を改めて教えていただいた感じです。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • よき母だった証拠

    死んだ後、子供に慕われるのは良いお母様だったのでしょう。
    トピ主さんは幸せな子供時代を過ごされたのでしょう。
    それだけで羨ましいことです。

    親を選んで生まれてくることはできないのに、世間には良い母親ばかりではありません。
    子供を虐待する親、テレビなどでみききしませんか?

    慕われるような母親に育てられた幸せをかみしめてください。

    ユーザーID:8978912191

  • 寿命である。それ以上でもそれ以下でもない

    知り合いのお坊さんが言っていました。
    人の死に、子供が巣立つまで待ったようだとか他の人の後を追うようにだとか、みな理由を付けたがり、実際そのように感じるかもしれないが
    人の死にそこまで深い意味はないのだとか。
    なぜならば輪廻があるから。
    生まれ、人生を全うし、時が来たので旅立った。ただそれだけで、その後のことはお坊さん始め神職者がお手伝いして天国へ行けるようにするから、なにも心配はいらないんだそうです。
    そして時が来たらまた新たな命として輪廻するので、死は終わりではないのだと。

    私も、母が亡くなったのは自分のせいのようだと感じると話した時、上記のことを教わりました。
    子育てとは子を生かすこと、ただそれだけであって、母はこうしてくれなかったああしてくれなかったという人も多いがそれは勘違いなのだと。
    子(自分)が今生きているならばそれで母の役目は全うしているので、子育てはそれで終わりであって、お母さんは自分の役目を終えたんですよと言っていました。

    もちろんそれ以上長生きする人もいますが、それはただ寿命が早かったか遅かったかの少しの違いで、天の世界からするとそれはほんの少しの違いでしかないんだとか。

    ただ、残された人にも出来ることがあって
    それは供養すること。
    天国と一口に言っても、階級があるようで。
    神職の方が天国の入り口には立たせてくれますが、あとは遺族がどれだけ供養するかで天国の高い場所に行けるかどうかが変わるそう。
    何も供養されない人は低い場所をうろうろしているそうです。

    お母様にお祈りし、墓参りをし、お供えをし、お盆を迎え、回忌事を忘れず、供養をしてあげてください
    きっとお母様は天国で幸せに暮らせますよ

    ユーザーID:6403069152

  • 素敵な娘さん

    まめこ様が立派に優しく成長されお母様は喜んでいると思います。
    母親が亡くなるのって特別ですよね。
    親孝行出来なかったって思っておられる様ですがそんなことはありません。
    それに亡くなってからでも親孝行出来ますよ。
    お墓参り、お仏壇に手を合わす、お寺に行って塔婆供養をしたりする事で
    自然と気持ちが晴れていきます。不思議ですよね。

    お母様が嬉しそうに、まめこ様の夢の中に出てきてほしいなあ。
    元気出してくださいね。
    そしてまめこ様にいいご縁があります様に!

    ユーザーID:5932034369

  • 明るく強く生きる

    父親は、自分の妻をかばわないといけません。お母さん、苦労されましたね。
    あなたは母親の嫁姑の修羅場を幼い時から見てきているので、トラウマになられてるようですね。
    それを避けたかったら、長男と結婚しなければいいのでは?
    気が楽になる方法は、過去の悲しい事は忘れましょう。
    過去の苦しみをひきずっても何もメリットはないですよ。
    割りきって気持ちを切り替える事が最善の方法です。
    20才の時に母親を亡くすのはつらいですよね。まだ甘えたい時ですものね。
    私の姉も42才の若さで癌で亡くなりました。高校生の息子がいました。今その息子も40才になりました。
    人間てみな悲しい十字架を背負って生きてますよね。
    前向きに明るく生きてゆくのが、お母さんへの供養になると思いますよ。

    ユーザーID:6861276079

  • レスお礼しあわせ老人様

    レスありがとうございます。在宅勤務とコロナ禍もあって余計独りになりがちで一層寂しさが募るのかもしれません。確かに「何でもチャレンジしてみて幸せを掴む」という前向きな姿勢は最近できていなかったなと思います。できる限り笑顔で過ごせるよう努めたいと思います。両親に報いることができるように。暖かい励ましのお言葉をありがとうございました。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • レスお礼ぷんちゃん様

    レスありがとうございます。私もよく母の夢をみます。数日前もみました。普段からよく母のことを考えているせいかもしれませんね。
    「唯一できた親孝行は、母より先に死ななかったことくらいだと本気で思っています。」→本当にそうですね。ぷんちゃん様はまだお若いのにしっかりと前向きに生きていらっしゃってとても尊敬します。私はこの歳でもまだ心の整理がつかずにおりますので。。ぷんちゃん様を見習ってうまく寂しさと付き合っていかないといけないですね。ありがとうございました。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • レスお礼さくら様

    レスありがとうございます。子供を虐待する親のニュース、見ていて辛いですよね。本当にそんな酷い親の元で暮らす子供達が可哀想です。それを思うと母を亡くしはしたものの、母が子供に充分な愛情を注いでくれたおかげで、幸せな子供時代を送ることができました。そうでなかった方々からすれば非常に恵まれていたと思います。その事に日々感謝しながら過ごしていかなければいけないですよね。ありがとうございました。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • レスお礼もふもふ様

    レスありがとうございます。お坊様のお話を読み私も気が楽になりました。母の死を考えすぎていたかもしれません。母が天国で幸せに暮らせるよう供養したいと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • レスお礼504様

    レスありがとうございます。供養する事で親孝行ができるのですね。帰省の際はお墓参りをし手を合わせます。恥ずかしながら供養するという事に関して今まで深く考えてきませんでした。今後生活に取り入れていくようにします。母が嬉しそうにしている夢をみたいと思います(いつも複雑な表情をしています…)。暖かいレスをお寄せくださりありがとうございました。良いご縁があるよう元気に過ごしていきたいと思います。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • レスお礼雪化粧様

    レスありがとうございます。メリットのない過去の苦しみをひきずって過ごしていては駄目ですよね。この歳で割り切って気持ちを切り替える事ができていないと改めて気付きました。暖かい励ましのお言葉に気持ちが前向きになれました。母への供養のため明るく生きていこうと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:8855377534

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 2回目です

    まめこ様の文章を読んでいると、お母様はきちんと愛情たっぷりに育てられたんだなと感じます。

    又お墓参りや供養をすると自分の気持ちに何かしらの変化を感じられると
    思います。(私も経験があります)

    お母様がにこにこ笑って夢に出てきてくれたらいいですね。
    大丈夫!きっとそうなりますよ。

    ユーザーID:5932034369

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧