気管切開すること

レス9
(トピ主0
お気に入り41

心や体の悩み

きゅう

はじめまして。
見てくださりありがとうございます。

今週突然元気だった実姉が救急車で運ばれました。
詳細は省きますが、危険な状態です。

搬送時に比べ自発呼吸よりも人工呼吸器に依存するようになってきているとのことで、2週間をめどに気管切開をする予定とのことです。
現在は口からつないでいます。

そこで気管切開について質問なのですが、たん吸引やカニューレ交換などはとても痛みがあるのですか?

両親はそれぞれの実母を介護の末看取っています。
母は祖母の介護のトラウマで気管切開はしたくない、
父も父方の祖母には気管切開したくなく、延命しませんでした。その際医療関係者の姉も気管切開はつらいし、とおばあちゃん子だったのに延命しないことに賛成だったそうです。

私はまだ諦められません。

痛い、つらいというのは生きていればこそです。そこを耐えてもらって奇跡を待ちたいです。

しかし、今は穏やかな顔をしており、医師からは意識は回復しないと言われてます。

何でも、いいので気管切開や自発呼吸や意識不明からの回復の経験談などお聞かせください。

ユーザーID:2393708809

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
  • お姉様の病状によります

    > 医師からは意識は回復しないと言われてます。

    とのこと。回復の見込みがあればそう言いますし、可能性は低いがゼロではないなら、やはりそう言います。

    お姉様の年齢もご病気もわからずでは、漠然としたレスしかできませんが、本来は苦痛を感じる吸引やカニューレ交換も、病状によっては、痛みとして認識できない可能性があります。


    ユーザーID:3801713169

  • 当事者の意見

    身近に一時気管切開を受けていた人います。
    もう二度とあんな苦しい思いはしたくない。
    次は死なせてくれと事あるごとに言われます。
    人生で味わった苦しみの最大だそうです。
    それば数時間おきですものね、「生き地獄」だそうですよ。

    ユーザーID:3848969737

  • 人工呼吸器

    人工呼吸器は一度取りつけると、二度とはずしてもらえない。という話をニユースで聞いた事があります。家族が医者に、もう、はずしてください!と懇願しても、人工呼吸器は、一度つけたら二度と、はずせません!と言われたそうです。そこの所を、つける前に、病院に確認しておいてください。

    ユーザーID:8764094700

  • 父は脳梗塞で 

    >たん吸引やカニューレ交換などはとても痛みがあるのですか?

    切開して間もない時はカニューレ交換は 痛いと言ってました。
    たん吸引も傷口に当たると痛いって言ってましたが 傷が治り吸引が上手になれば 鏡を見ながら自力でも出来ました。

    一度は切開した部分を閉じようという話(自発呼吸できるので)が出ましたが
    軟骨を切開しているので 閉じれる人と閉じれない(うまくくっつかない)人がいるとのことで 父は後者でした。

    それでも7年元気に過ごしました。
    自宅にまで戻れましたから。


    5か月意識がほとんどなく 酸素マスクでしたが
    酸素濃度を下げたら意識が戻りました。

    高濃度の酸素が必要になってくると 外せないと言われました
    父の場合は誤嚥性肺炎の予防としてカニューレを装着しました。
    スピーチカニューレではなかったものの 訓練で話せるようになりました。
    (声は小さかったですが)

    父の場合も 寝たきりになる。などとリハビリの長に言われがっかりしましたが、一年弱の病院入院から療養型病院でリハビリして 自宅に帰れました。車いすでしたが 頑張ってよたよたながらも車いすを自分で押して歩けるようになりました。

    奇跡がないわけじゃないと思います。
    応援してあげてくださいね。

    ユーザーID:3193752786

  • 介護は、どなたが?

    介護どなたがするのですか?
    入院費、自宅療養になってからの費用は?

    トピ主さんが、中心になっておやりになるのであれば、延命措置も良いかと思いますが。。。

    まさかお金も手も出さず、口だけではないですよね。

    お医者様が意識が戻ることはない、とおっしゃっているのですよね。

    医療や介護は、綺麗事だけではすみません。

    ユーザーID:5051611277

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 大事なことを書きます

    トピ主さんも、家族もお姉さんを「どいうしたいのか?」です。

    年齢が分かりませんけど、トピの文章的にはまだ若い印象を
    受けましたけど、「奇跡を信じたい」のであれば、
    なぜ気管切開に踏み切らないのか不思議です。

    そうでないと命は持たないんですよね?
    高齢者の「延命措置」とはワケが違うし、
    奇跡を信じているんでしょう?

    痛いとか痛くないとか、、、、
    そんな話じゃないはず。

    医者から「意識は回復しない」と言われているなら、
    痛みなんて感じない状態です。

    ただ、、、本人の承諾なしには人工呼吸器は
    外せません。日本では家族の意思で人工呼吸器を外せる法律には
    なっていません。

    私の叔父がギランバレー症候群になり、約半年意識不明で
    呼吸器(気管切開ではないが)を装着して、回復はしました。

    お姉さんの病状が何か分かりませんけど、
    回復の見込みがないならドクターだって気管切開まで進まないとは
    思うんです。気管切開による人工呼吸器で何年も植物状態にするか
    どうか、、、もっとドクターと突っ込んだ話をしてください。

    ユーザーID:1676740420

  • 長期のビジョンも考慮して

    トピ主様もご家族も、さぞかし心を痛めていらっしゃると思います。 とても難しい状況ですよね。

    私は看護師で、過去に身内を急な事故で意識が戻らないまま見送った経験もあります。

    お姉様がお元気だった頃、意識不明で意思の疎通ができなくなった場合にどうしてほしいか、どこまでの治療を望んでいるか、などというお話をされたことはありますか? 

    お姉様の意思が確認できなければご家族の判断に委ねられると思いますが、今はこの状態ということですよね。

    トピの内容から判断しますと、
    自発呼吸よりも人工呼吸器に依存するようになってきている、
    医師からも意思は回復しない、
    ということで、大変重篤な状態であることがわかります。 

    この状態で気管切開をするということは、回復よりも延命が目的、という形になります。 つまり、意識も身体的機能も改善しないまま何年も生きることになります。 

    ご家族の立場からすると、回復の奇跡を信じたい、というお気持ち、痛いほどわかります。 気管切開をしたあとでも自発呼吸が認められ、人工呼吸器が外せるようになる可能性もゼロではないと思います。 しかし、脳のダメージによる重度の高次機能障害が残る可能性が高いです。 厳しいと思いますが、お姉様が元気だった頃の状態に戻れる可能性は極めて低いものと思われます。

    このような状態で、長期に渡る介護が必要となった場合、介護される側の痛み、苦痛と同時に、介護する家族の精神的、金銭的負担は甚大なものとなります。 

    気管切開とともに、胃ろうなどの選択も迫られることになろうかと思われます。 今は、現段階でのことを考えることで精一杯の状態だと思います。しかし、他の方のレスにもあるように、介護は綺麗事だけでは済まされないので、延命治療を選択した場合の数カ月後、数年後のことも考え、医師やご家族とよく話し合って決断なさってください。 

    ユーザーID:4839073255

  • 気管切開したことあります

    嫌だけどそれほど痛くなかったです。


    気になったのは、意識は回復しないと言われていることですね。

    私は意識が回復して、現在は気管切開の痕も綺麗に整形して言わないと分からないくらい目立たなくなっています。

    意識が回復してからは、気管切開をしていると喋れません。
    たん吸引やカニューレ交換などは意識があるときにしましたが、それほど痛くなかったです。

    意識が回復して必要無くなれば元に戻せます。

    私はある程度回復しましたが、後遺症が残って、あの時死んでいれば良かったとずっと思っていました。
    今もあの時死んでいたら楽だったなと思うくらい、生きていくのは大変です。

    私は脳の後遺症は軽かったのですが、全身が上手く動かなくなりました。
    全身に痛みも残っています。

    脳の後遺症が重いと介護が24時間必要になる場合もあるでしょうし、お金や福祉面では大丈夫でしょうか。

    もし自分が過去に戻ったら早く諦めてもらったほうが楽でした。

    でもお姉さん自身はどうか分かりませんよね。

    映画で、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』と言うのを見ましたが、8年かけて回復して諦めなくて良かったという話でした。
    諦めなければ奇跡が起こる場合もあるんですよね。

    当事者になって思うのは、諦めるのは悪くないということです。
    諦めなくても悪くないです。
    が、諦めなかった場合は、諦めないと決断した父母やトピ主さんも介護の協力は精一杯する責任があると思います。

    ユーザーID:7154665791

  • 続きですが

    私は医師からは意識は回復しないとは言われていませんでしたので、お姉さんよりも軽い状態だったと思います。

    それでも意識が回復してからがあまりにも辛過ぎたので、もう一度同じ状態になったら、もう2度と同じに頑張って回復したくないです。

    そこで終わりになったほうが良かったです。
    意識が無いという状態は楽なんですよ。
    ところが意識が回復してくると苦しみと痛みと戦わねばなりません。
    何年も辛い状態です。
    以前のようには回復しません。

    生き続けるのは大変です。

    比べれば、たん吸引やカニューレ交換なんて全然痛くないくらい、その後生き続けるほうがずっとずっと大変です。

    ユーザーID:7154665791

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧