おじいちゃんの足腰の老化防止のために

レス18
(トピ主0
お気に入り25

生活・身近な話題

ケロケロ

85才のおじいちゃんですが、最近、足腰が衰えてきて歩くのが疲れるとか。
病院の診察結果は「悪いところなし。健康です。運動不足です」とのこと。

そこで、家で運動できるように、エアロバイク?フィットネスバイクの購入を考えています。

ネットでいろいろ調べましたが、たくさんありすぎて・・・。

おすすめを教えてください。

できれば、組み立て済みのものがいいです。

また、バイク以外でも、こんなことが足腰にいいよなどの情報もお待ちしてます。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:9784149591

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • 外でウォーキングの方をお勧め

    高い器具を買うより、外気を取り入れ自分のペースで歩けるウォーキングの方をお勧めします。

    目的無しで歩く快適さを知ったら楽しくなるのでは?
    まだ寒さから始まって、10分位で温かさに変わるこの時期最高です。
    お年寄りなら早起き得意でしょう。

    今なら6時半から明るくなり始め、1時間前後余裕で歩けます。
    辛ければ30分でも歩いてくれば?と無理をしないように勧めたら良いと思います。紅葉を見ながら人々とすれ違いながら歩くこと、お年寄りには宅内よりいいと思います!

    ユーザーID:6916573431

  • ステップ台と手すり

    高齢の両親に健康でいて欲しいと願って、これだと思った運動はスローステップ運動でした。必要なステップ、手すりなどをプレゼントしようかと確認してみたら、やらないと断られてしまいました。
    お孫さんからの贈り物ならやる気アップ間違いなしかもしれませんね。

    この先も健康でお過ごしになられますように。

    ユーザーID:4772308439

  • 私の父

    父が88歳です。
    80歳になるまで電車を1時間乗り継いで仕事に出かけていました。
    仕事に行かなくなってから急に衰えたくないからと、自分で色々鍛えています。


    片足1kgずつの重りを巻いて散歩。
    竹刀を振る。(剣道の素振りみたいな感じです。)
    踏み台昇降。(専用の台を買いました。)
    他にも色々やっているようです。

    お陰で今もシャキシャキと動いています。


    質問の答えにはなっていないのですが…
    実は、半年ほど前にエアロバイクを検討している時期もあったのですが、何となくそのまま立ち消えになって買わずに今に至ります。
    エアロバイクは、テレビを観ながらとか本を読みながらなどと、「ながら」でできるのもいい所だと思います。

    是非、エアロバイクだけでなく、いろんな方法で体力や脚力の維持ができるといいですね。

    ユーザーID:6256415393

  • 優しいお孫さんですね!

    おじいちゃんにはいつまでも元気でいてもらいたいですよね。
    てもその歳での運動は自己流は危ないですよ。
    やり過ぎて痛めてしまったりするかもしれないし、そうすると回復には相当時間がかかります。
    下手したら回復しないかもしれません。
    おじい様は介護認定は受けられていますか?
    デイサービスなどに行くと専門の方が年齢に合った指導をしてくれるところもあります。
    また、地域で高齢者向けの運動の講座などありませんか?ウチの地域は体操クラブがあります。

    あとは、トピ主さんが一緒にお散歩に行くのはどうでしょうか?

    ユーザーID:1587579662

  • 心配ですよね

    でも家で出来る機械を買ってもやらないと思います。
    「ダイエットするって決めて買ったけどいまや押入の一画で眠ってる」
    のパターンになると思います。

    一番いいのは介護認定を受けてデイサービス、デイケア、訪問リハビリを受けることですがコロナの今は心配でしょうか。

    トピ主様がお手すきの時に散歩に誘う、おじいさまの思い出の地を巡る、お話を聞くなどでも良いと思います。頭がしっかりすれば自ずと動こうという気にもなるのでは。

    私は祖母をよく買い物に連れて行きました。いろんなものを見るのが楽しかったり、若い頃のこと(毎日の献立を考える)などを思いだしたようで夢中になっていました。

    ユーザーID:6439815446

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 器具は飽きる

    エアロバイクではないが、ワタシもいくつか器具を試しましたがすぐ飽きが来ます。

    長くてもせいぜい1ヵ月ぐらいしか続かない。

    歩くのがお勧めですが、ただ歩くのも退屈なもの。ワタシはコロナ自粛で朝の散歩を心掛けたが1ヵ月半で飽きてしまった。

    だが目的を持った散歩は長続きします。

    ワタシも友人たちと歴史や文学などの史跡を歩くのは大好きで、1万歩ぐらい喜んで歩きます。

    家の中で器具を使うより、外に連れ出すことをお勧めします。

    ユーザーID:5283547890

  • ゲームで歩く

    歩けるゲームをトピ主さんと一緒にやる、というのはハードル高いかな?
    私は都内の住宅地に住んでいるんですが、道端で止まって何かしている人が結構いるんです。
    ちらっと見える画面はゲームの画面であることが多く、割とお年寄りの方もされているようです。
    私自身はしてないですが(ほぼ毎日ジムで運動してるので)、夫がしていて、近くの神社でよく会うお年寄りが何名かいるそうです。
    土日の朝早い時間などに会うので挨拶ぐらいはするようになったのだとか・・・
    私自身は区のウォーキングアプリに登録していますが、そのアプリで歩数を競う期間などがあります。
    たかが歩くだけですが、順位などが見えるとやる気が出て遠回りしたりして。
    友人はGPSを使う、歩いた道順で絵を描けるというのを親子でやっているそうです。
    たまに見せてくれますが、地図を駆使して道順を考えたりして、結構楽しそうな感じです。
    スマホが苦でなければ、探せば色々楽しみながら歩けそうですよ。

    我が家にはフィットネスバイクもありますが、買った本人である夫はやっていません。
    ゲームしながらできる〜と言っていたけど、本当の自転車で外を巡る方が楽しかったようです(上記ゲームを自転車でやっている)。
    目の前にあっていつでもできると、逆に「今じゃなくてもできる」からやらなかったりします。


    そして求められてない答えかもしれないけれど・・・
    デイサービスに通うというのもいいかも。
    うちの義母も運動不足過ぎて、徒歩の買い物でバランス崩してよろけて骨折しました。
    ってことで実の娘や息子さんに無理やりデイサービス行かされてますが、色々運動させられているようです。

    ユーザーID:1638918873

  • 屋外歩行

    私(63・男)は脊髄神経障害で26年前に「頚椎症」の手術を受けました。当時の症状は左腕の麻痺でした。

    26年経過して、1年前から歩行が不自然になり、かかりつけの整形外科医院(脊髄外科専門医)にも通院していますが、診察では各種の検査、MRI(最近は個人開業医にも MRIを施設しているところが増えてきました)撮影など、また歩行検査、神経反射・・・院長先生は(元・整形外科病院の院長)は、

    「屋外を歩くようにしてください 当院でのリハビリテーションは不要です まず 歩いてください あなたの場合は関節に異常は見当たりませんから まず歩くのが一番です・・・」

    ということでほぼ毎日、買い物に出かけますから「自転車 約3km」「徒歩 1km」程度の運動量です。

    10年前、「変形性膝関節症」になり、当時は毎日 4〜6km歩いていましたが、その当時通院してた整形外科医院の医師は、

    「それは 歩きすぎです 2kmで十分です 買い物を兼ねての歩行で十分ですから」

    と助言されました。

    あの当時から10年経過し現在かかっている整形外科(以前の医院は移転してしまったため)で検査を受けたところ、「変形性膝関節症」は完治していた(医師でない私自身がレントゲン写真をみてもわかるほど完治していて驚いた 歩き過ぎが いかに膝関節に負担がかかっていたかと)。

    ユーザーID:0960752395

  • 散歩ですね

    高い器具を買っても、すぐに飽きてしない人が多いですよ。
    うちの夫も三日坊主で、エアロバイクは無用の長物になってます。
    ステップ運動するやつくらいなら、そんなに高くないし、いいかもしれませんね。
    それより、外に出てウオーキングするのが一番良いです。
    気晴らしになりますし、歩数計を持たせれば、励みになっていいですよ。
    私も毎日歩いてます。友人としゃべりながら歩くと、時間を忘れて楽しいです。
    後は、老人向けの体操教室はありませんか?私たちは近くの公民館で、無料の体操教室があってます。簡単なストレッチなどです。

    ユーザーID:9843618525

  • 高齢の夫に

    要支援2になり
    押し車を借りました 月に280円です。

    支援が着いたら安く色々借りれますよ。
    手すりは1割でお風呂とか階段 上がり口にも手すり。楽になりましたわ

    ユーザーID:2722833045

  • 買い物に行ってきてもらう

    歩くこと自体を目的とする散歩やウォーキングは高齢者の場合面倒くさがることが多いと思います。だから、何か目的を達成するために歩かなくてはならない状況にすることが良いかもしれません。

    私の父がおじいさまとほぼ同じ年代なのですが、歩いて15分ほどのショッピングセンターに買い物に行ってもらってます。ショッピングセンターの中も歩き回ってもらうために2つ以上の買い物、メモを書いて忘れないようにして、です。これで一時間弱の運動になります。

    うちは平屋なので、出かけるために階段を下りる、という動作がありません。だから気軽にできることです。もしご自宅がマンションの2階以上で、おじいさまが階段を下りないと屋外に出られないのであれば、屋内運動が良いと思います。(階段の踏み外しは高齢者に多いけがです。)他の方のレスにあるようにゲームなんかが良いと思います。ウォーキングマシンのような運動器具は飽きてしまうかもしれません。

    ユーザーID:8202618129

  • 絶対飽きる

    家の中でやってても、景色も変わらないし単調なので飽きます。
    あと、音が出たり振動があったりする物は室内だとやり辛いです。
    うちの父もその昔ランニングマシーンを購入した事がありますが、すぐにゴミに出されました。
    散歩が一番いいと思うんですが。
    季節の移ろいを眺めながら歩く。
    たまに知り合いもできて挨拶をする。
    で、出掛けたら絶対に帰って来なければならないので、必ず行きの距離の倍は歩く事になりますからね。
    一人だとやはり飽きたりおっくうになったりして続かない場合がありますので、おばあちゃんとか、一緒に歩いてくれる人はいませんか?
    歩く速度が違う場合は、途中で別になってもかまいません。
    まず家から出るのが大切です。
    もっと足腰が弱っていたり体重が重い場合は、関節に負担をかけないように、プールでの歩行が勧められると思います。

    ユーザーID:0950324475

  • 水泳

    各関節に負担を掛けずに運動するなら水泳が一番です

    下手に走ったり歩いたりマシン使ったりして関節の軟骨すり減らしたら
    それこそ大変です

    年取ってから足に障害が出ると一気に老けますよ

    ユーザーID:4195563940

  • 維持のみ。

    筋トレしないと筋肉は新たにつきませんよ。
    つまりは負荷を与える運動をしないといけません。

    ウォーキングは、今を維持できるだけ。

    老人のための健康教室などで知識から入れてもらって、好きな運動を選んだら?

    私は太極拳なんかいいと思うよ。

    本人にやる気がないなら、器具を買っても無駄だと思う。
    お仲間を作ってできることの方がいいと思うよ。

    ユーザーID:2003570258

  • 普段の運動量は

     若い人でも急に運動習慣って付かないですよね。

     足を乗せるEMSはどうですか?運動する前段階として運動出来る筋肉をつける。

     日頃の食事内容も関係しますよ。量は多くなくても充分なたんぱく質のバランスが必要です。

     何よりも怪我に注意されることが肝心です。

    ユーザーID:5355669182

  • 介護申請

     介護申請してください。地域にもよりますが、年齢的にも要支援くらいはつくと思います。どっちみち、状況が悪くなることはあってもよくはならないので、早めに手をうったほうがいいです。悪くなって、生活が維持できなくなってからの申請だと必要なケアを受けるまでに時間もかかるからです。

     要支援がついたら外に通って運動機能を維持するための活動しているようなデイサービスとかに通う感じでもいいと思いますよ。
     もしくは、近隣で開催されているようなロコモ予防体操みたいなものに定期的に通うとかがよいかと。

     ぶっちゃけ、目的を本人の中に持たせて外に連れ出した方が機能は落ちづらいです。もっとも、その際には転倒転落には十分気を付けないといけませんが(骨折すると寝たきりリスクが上がるので…)。


     なお、自宅に道具があっても使わないと思います。それができる人は自分の中で確固たる目的がある人なので、「運動不足を解消」という動機程度な人はまずやらないし、続かないかと。コロナで定期的に外に通うの場所に通えなくなった高齢者も多いですが、例外なく歩行状態が悪化したり、認知症の症状が悪化したりしています。だから、定期的に外に出るのは大丈夫なんですよ。

    ユーザーID:8936014842

  • 補足と訂正、あとトピ主さんが本来今すること

    >定期的に外に出るのは大丈夫

    大丈夫じゃなくて大事と書こうとしたのに間違えました。ごめんなさい。


     補足として季節的に体が動きづらくなりやすく、転倒がとても増える時期です。
     特に年齢を重ねていくと健康でも足が上がらずにずり足になり、1cm程度の段差(むしろ階段のような段差よりそういう微妙な段差のほうが見えづらく認知しづらいので危険な場合も)でもつまづくリスクが高くなります。

     トピ主さんがロコモ予防的な体操を週に2〜3回15〜30分程度一緒にやってあげてもいいかもしれません(自分だけでやらせるのではなく、誰かと一緒にやることで刺激にもなって効果があがる)。簡単な体操のやり方はネットに出回っているので、参考にしてもいいと思います。

     前述した通り自宅にエアロバイク的な機械を置くのは得策ではないし、むしろ、年齢的にも予期せぬ使い方をして怪我をする等のリスクが発生するかと思います(ガチ運動系のデイサービスはそういうのが置いてあることもありますが、だいたい専門職の監視下で使用されます)。


     おそらく、トピ主さんはコロナのことであちこち神経質になっていて、あまり外に出歩かずに運動をとお考えになったのでしょう。が、最終的には本人がどのように生きたいかが問われるものです。トピ主さんの「なにかしてあげたい」という気持ちはわかりますが、本人の気持ちや需要や現状がずれていたら、うまくいかないことは多々あるものです。

     だから、トピ主の今本来できることは、本人の話をよく聴いて、本人の気持ちやどうありたいのか、そのために必要なことは何かを知ることではないかなと思います。ぶっちゃけ、週2〜3回30分程度、一緒に運動しながら話をするだけでもそういうのがわかるんじゃないかな。本人にとっても気分転換にもなるでしょうし。

     何にしても今最優先にするのは本人の話を聴く(傾聴)ことです。

    ユーザーID:8936014842

  • プロに任せた方が良いですよ。

    素人判断で始めて怪我したら、逆効果では?その年齢で転倒し骨折でもしたら、寝たきりになってしまいますよ。デイ等で、本人に合ったリハビリをして下さる所があると思いますので、調べてみては?

    ユーザーID:3106026671

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧