「若者言葉」どう思う?

レス29
(トピ主0
お気に入り29

編集部からのトピ

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」番外編。中高生の読者に関係するテーマについて、小町ユーザーのみなさんから意見をいただき、紙面で10代向けに紹介していきます。

今回のテーマは「若者言葉」です。
現在、編集室では「変わりゆく言葉」をテーマに特集を組むべく、取材を進めています。毎年、年末には、その年の「新語」や「流行語」が発表されますが、すぐに忘れ去られている言葉もあれば、気づいたら社会に定着している言葉もあります。

そして新しい言葉の発信源と言えば「若者」。彼らが使う言葉は、社会では通じない「若者言葉」と笑ってしまいがちですが、いつの間にか多くの人が使うようになり、辞書に載っているなんてこともありますよね。でも言葉ってそういうものではないでしょうか。今回の特集では、今年の新語・流行語を切り口に、そんな言葉のおもしろさについて、取り上げられればと考えています。

そこで、みなさんにおうかがいしたいのは、最近知った「若者言葉」について。知ることになったきっかけやその言葉についての印象もあわせて、お聞かせください!

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞で転載させていただくことがあります。
読売中高生新聞のHPはこちら。

ユーザーID:2099403106

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
  • ぴえん

    最近知りました!
    テレビで10代のタレントさんが使ってたので、初めて知りました。
    若者言葉って個人的に面白いので好きです。もうおばさんなので使う機会はありませんが(笑)

    こういう言葉が出るたびに、誰が使い始めたのかすごく気になります。
    以前は女子高生やタレントさんが略語や造語を作ってそれが流行して...というパターンが多かったように思いましたが、最近の言葉はネットで使う言葉や顔文字、文字から派生することが多いですよね。バズって、ネット上で広まる。すごく時代を感じます。

    ユーザーID:9163097847

  • 世相を感じるけど

    これからの未来を作る人だから、今の言葉を作り出して然りだと思う。
    最近は自己主張が強い傾向にあると感じますが、時代を作るのは動かしてる人だから、時代が回れば全てに浸透している。機能不全になれば自業自得だと言う事でしょう。

    ユーザーID:9977551760

  • なるほど!

    若者言葉に入るのかは、わかりませんが、最近物凄く会社で気になるのが、
    入社3年目ぐらいまでの若者が使う相槌。

    何を教えても「なるほど!」「確かに!!」って。

    彼らは、敬意を示しているつもりなのかもしれません。でも、「なるほど」って、目上の人が目下の者から報告などを受けた時に、感心して相槌打つ時に使われていた気がするんです。かつては。

    それを、先輩や上司に教えてもらった時に、「なるほど〜!!」「確かに!!」って連発してる子達を見ると、なんか敬語を勘違いしてるんじゃないのかな〜、と違和感を感じてしまいます。

    ユーザーID:7441721704

  • わざと若者言葉を使うことも悪い事ではないかと。

    「ウザ」「・・・じゃね?」「エモ?」「ぴえっ」「ぱねえ」などなど、
    とんでもない年齢のオジサンがバカだと思われるのも平気の平左で
    時々口にしては呆れられたり、面白がられたり、突っ込まれたり、
    糺されたりしてます。

    特に「何とか若者言葉を使って若者と仲良くなりたい」のでやってる
    訳ではなくて、なんかバカバカしい言葉、だけど面白いと思った言葉、
    実際に使って通じなかったり物凄く軽蔑されたりしたものは自然と
    口にしなくなりますが、それで残ったものも上記のようにいくつも
    あります。

    要は、違和感で見下されても会話の内容トータルでは面白ければ
    バカな奴だな!あはははは!とキャラの一部になってしまう。

    しかも変遷が激しいし「方言」も多いので、若い子に「それもう
    いつのコトバだよ?」などと突っ込まれるのもギャグの掴みとしては
    なかなか面白いです。

    あいみょん、てシンガーソングライター(これも古!)の曲に
    「ナウなヤングにバカウケするのはあたり前だのクラッ歌」という
    面白いナンバーがありますが、要はどんな言葉でもリズムに乗せて
    テンポよく面白く使えば一種の「音楽」になる。

    ラップはまさしく若者言葉を「楽器音」のようにして使って曲を
    作ってます。

    クリーピー・ナッツなんて、中々面白いですよ?

    という一つの視点での意見でした!

    ユーザーID:8950021853

  • それな ぴえん

    大学生の娘との会話で多用されるので、知りました。
    同意する時、それなー。とか、間違いない!
    この2つが多いですね。

    ユーザーID:1889858371

  • 編集部からのトピランキング

    一覧
  • 日本語がヤバい

    「ヤバくね?」「ヤバいよね」「ヤバいヤバい(笑)」とヤバいだけで会話が成立してるのを見ると、こうして日本語はどんどん劣化していくんだなという感想を持ちます。

    時代劇で戦国武将が和紙?に書かれた文を一読、その返信をまた和紙に下書きも推敲も無しにさっと書いてしまうシーンなどを見ると、わが身を顧みて絶望します。日本人の言語能力は日に日に劣化してきましたが、いよいよスマホが止めを刺した感じですね。日本語という言葉に力が無くなるということは、日本語では力強い表現をできなくなるということです。

    義務教育の国語の授業に手紙を書く時間を設けてほしいと思います。

    ユーザーID:8672373689

  • 『若者言葉』と一括りにされているけどまともな子は使わない。

    若くても、育ちがいい家庭の子はきちんとした言葉遣いが出来ているので一括りにするのは間違いだと思う。

    かえって、精神的に大人になれなかった40代50代が無理して《ら抜き言葉》や《れ足す・さ足す言葉》を使っているほうが悪い意味で目立っている。

    いい歳して《見れる》、《食べれる》や《楽しめれる》、《出せれる》、《伸びれる》、誰の許可も得ていないにも関わらず《読ませていただきました》など、日本人なのに何故か日本語が使えないアラフォーより上の世代が6割強もいる。

    使っていて、よく恥ずかしくないなと思う。

    ユーザーID:4293115494

  • 昔からある「今どきの日本語の乱れ」

    日本語が乱れたと主張する人たちは、いつの時代の日本語が正しいと思っているのでしょうか。自分が若いころの言葉遣いを基準にしているはずです。でも彼らも若者のときは当時の流行語を使い、中高年から嘆かれていたはずですが。

    流行語のほとんどは自然に消えます。でも明治・大正の学生言葉だった「アルバイト」「サボる」のように一部は日本語として長く定着するでしょう。

    文法的な変化では「すごい」を形容詞に付ける用法が近年増えたと感じます。私はなじめませんが、意味があいまいになるわけではないので将来は広く許容されると予想します。

    ユーザーID:0958149045

  • どの時代にも

    大昔には清少納言が「最近の若者の言葉が乱れてる」と嘆いてらっしゃいましたね。
    その数百年後には吉田兼好も同じことをおっしゃってました。

    いつの時代も変わらず年配者は若者言葉を嘆く様子は本当に面白いです。
    上記のお二方が今の「正しく綺麗な日本語」を聞いても日本語とも認識できないかもしれないですよね。

    我が家には今まさしく女子高生な娘がいます。
    下に中学生の息子も。
    進学校でキチンとした家庭の子が多いですが、首都圏なこともあり若者言葉は結構使っていますね。
    少し前に知ったのは「〜しかかたん(〜が1番)」、最近よく聞くのは「ぴえん(悲しい)」「すきぴ(好きなピープル=好きな人)」です。
    最近は聞きませんが昨年よく聞いたのは「あたおか(頭おかしい)」でした。

    しかかたん、は違和感ありましたが、ぴえんとすきぴは下品な印象はないし聞いてて可愛いなー、と思います。
    あたおかは人のことを馬鹿にする言葉なので良い印象は持てませんでしたね…娘は「あの人ちょっとおかしい(面白い)人だから」みたいな感覚で使っていたようです。

    ユーザーID:3038805324

  • マウントは秀逸

    最近というかここ数年ですが、マウントっていう言葉を聞いたときは、忖度(若者言葉じゃないですが)という言葉に匹敵するくらい、かゆいところに手が届く言葉だなって思いました。聞いたきっかけは忘れました。。

    これまでは「自慢」とかで表現してましたが「マウント」って使うと、相手より上に立ちたい気持ちとか、動物が実際相手の上に乗ってマウントとってる姿がイメージできて、自慢よりももうちょっとリアルに状況が伝わってくるんですよね笑

    自分の若い時は「ヤバい」が流行ってました。が、じつは既に江戸時代で一部の人に使われてた言葉なんだとか。マウントも動物会ではメジャーな行為で、日常では使わないけど存在していた言葉で。なので、既に一部で使われていたある言葉を、みんなが使う会話に引き込んでバズらせて一般化するパワーが若者世代にはあるんですよね。もちろん、今までになかった「バズる」みたいな日本語としては新しい言葉も作って、一般化させちゃうパワーもすごい。
    ただ、世代単位で良い意味で社会が注目してくれるのは、若者世代だけだったなぁって大人になって思います。。私自身も若者世代のときは、注目されてる状態が不思議とずーっと続く気がしてたけど、振り返るとすごく短い期間でした笑 若い時代思いっきり満喫して、どんどん新しい言葉を世の中に引き込んでくれるの楽しみにしてます!

    ユーザーID:1623127710

  • いつも面白いと感じています

    若者言葉、楽しみにしています。

    だいたいいつも発信は女子高生ですよね。
    ちゃんとお話ができるようになって10年くらいすると、新しく自分たちだけで通じる言葉を作り出したくなるのかなあと感じます。
    秘密基地みたいな感覚?羨ましいです。

    仲間うちでは楽しく話すけど、大人と話すとなると辿々しく抑揚がなくなったり、借りてきたような言葉を使ったり、不躾になったりそこも面白いです。アルバイトをしている高校生なんかと話すと、一生懸命でかわいいですよね。

    そして就職活動が始まるとおじさんおばさんと同じような言葉になってしまいます。嬉しいような残念なような成長です。

    人生の中で若者言葉を作り出せる時期って青春みたいに一瞬なので、どんどん生み出して欲しいなと個人的に感じています。

    ユーザーID:1173238966

  • 隠語

    新語流行語大賞2020を見ても明白だけど、このうちどれだけが「若者言葉」なの?

    >「若者言葉」どう思う?
    特定のグループの隠語の一種ね。
    一般的に若者の社会(接触範囲)は狭い傾向にあるからグループで固まりやすい、
    で、隠語(スラング)が発達する。って隠語の発達してる所ってそうだよね。
    まあ、自分があまり確立してないから流行に乗りやすい。
    それは当然なんだけどね。

    他の方もおっしゃっているけど、社会(接触範囲)の広い、自分が確立してる方(若者)は必要に応じてしか使わないでしょ。

    そういう話だから「若者言葉」も隠語(スラング)ね。また、年齢が若者以上になっても一度使ったものは残るよね。

    参考
    --------------------------------
    新語流行語大賞2020 No. ノミネート語
    1.愛の不時着/第4次韓流ブーム
    2.新しい生活様式/ニューノーマル
    3.あつ森
    4.アベノマスク
    5.アマビエ
    6.ウーバーイーツ
    7.AI超え
    8.エッセンシャルワーカー
    9.おうち時間/ステイホーム
    10.オンライン○○
    11.顔芸/恩返し
    12.カゴパク
    13.鬼滅の刃
    14.クラスター
    15.香水
    16.GoToキャンペーン
    17.3密(三つの密)
    18.自粛警察
    19.Zoom映え
    20.総合的、俯瞰的
    21.ソーシャルディスタンス
    22.ソロキャンプ
    23.テレワーク/ワーケーション
    24.時を戻そう(ぺこぱ)
    25.Niziu(ニジュー)
    26.濃厚接触者
    27.BLM(BlackLivesMatter)運動
    28.PCR検査
    29.フワちゃん
    30.まぁねぇ〜(ぼる塾)

    ユーザーID:6029976013

  • 若者言葉なんて、可愛いしその発想は見事な部類

    "最近の若者は言葉が乱れてる"とか"日本語の乱れ"とか、いつの時代も言われることですが、
    最近の大人のカタカナ言葉の羅列の方がよっぽど不快。

    貴方はどこの国の方?
    どこの国の人に向けて喋ってるの?って思うこと多々。

    コラムなどの文章を読んでも、やたら横文字を多用し羅列「英語出来るんです、ワタシ」「グローバルなオレ」と言わんばかりで益々難解な文章になり、日本語が怪しくなっていたり、意図がボヤけたり。

    英語が堪能な某政治家さんが、
    日本語で言えることを、どうしてわざわざカタカナで言う必要があるのか、と言った持論を展開していましたが、全くその通りで。

    若者言葉より、社会での大人の言葉の方が今は問題だと思いました。
    職場や個人間は良いですが、不特定多数に発信する場合は配慮が必要だと思いますね。

    若者言葉は、その時代の世相を反映するものだと思いますし、残るものと消えていくものがあるのも面白い。
    まさに日本語は生きていることを実感します。

    私のような年寄りから言わせてもらうと、若者言葉の方が面白いし楽しいにつきます。

    ユーザーID:5680788720

  • SSさんに同意します。

    恐らく若者が発信源で最近知った新しい言葉は、
    ぴえん
    です。
    ぴえんはlineのスタンプで知りました。
    可愛い響きの可愛い言葉だと思います。

    SSさんと同じ意見です。
    若者言葉と新語・流行語大賞をごっちゃにしない方がいい。
    >新しい言葉の発信源と言えば「若者」
    と簡単に結び付け過ぎのように思います。

    関西在住 40代後半 女

    ユーザーID:2079008414

  • 最近、気になったこと

    若者、だけではないのかもしれないけど、
    日本語には謙譲語や尊敬語があるのに、
    何でも「〇〇させて頂く」で乗り切ろうとしてると、スマートじゃないなあという印象を受けます。
    例えば
    「申し上げる」→「言わさせて頂く」
    「お聞きする」→「聞かさせて頂く」
    等々

    場面でいうと、
    「先程、〇〇様の電話番号を聞かさせて頂いて…」

    それ、
    「〇〇様の電話番号をお伺いして」あるいは「お聞きいたしまして」とかで良くないかな?と思ってしまいます。

    関東地方、40代、女性

    ユーザーID:2223423388

  • 流行語の類は気にしない。

    「ぴえん」などは昔の「ナウい」みたいにいつか消えて無くなる流行語だと思っています。
    いつの時代も流行語で会話を楽しんできた歴史がありますから、そこをとやかく言うつもりはないどころか、面白がってわざわざ使うこともあります。

    特に新語なら覚えてしまえば生活に支障をきたすこともありませんしね。

    困るのは本来の意味からズレる時です。
    「ヤバい」は少なくとも危険や不都合がある時に使う言葉だったと思います。
    当初は外食中などにとなりで「これヤバい」と言っているのを聞くと、何か問題でもあるのかと思ったものです。
    ところが「とても美味しい」という感動を表す言葉として使われていますよね?
    こういった場合はちょっとやめて欲しいなと思います。

    ところが聞き慣れてくると許容している自分がいるのも事実。
    我ながらアバウトだなと思います。

    その他には合理的変化は許容します。
    ら抜き言葉などがその代表です。
    「食べられる」
    これだけを見聞きすると「可能表現」か「尊敬表現」か不明という曖昧さが残ります。
    曖昧さといのは厄介なものです。
    通訳は前後の言葉を聞いてからじゃないと正しく通訳できません。
    らを抜いたら、それは確実に可能表現と認識できます。
    らを抜かなかったらそれは尊敬表現とすれば曖昧さは解消されます。

    ら抜き言葉には合理的な理由があるので私は許容どころか積極的に使います。
    また、実態としてら抜き言葉を使う人の割合が5割を超えて多数派となりました。
    ちょうちょをてふてふと書くのが正しいなんて言う人はいなくなりました。
    それと同様に近いうちにら抜き言葉を間違いだという人は、ああ、年寄りなんだなって思われるだけでスルーされることでしょう。

    若者言葉。
    10年後に残っていれば、それは若者言葉ではなく日本語の変化でしょう。

    ユーザーID:0444254862

  • 眉を顰める

    昔から、若者言葉は 美しくないと 言って
    眉を顰める 識者 も多い。

    しかし 私は そうは 思わない。

    大多数の若者は、卒業後 社会に巣立っていくと
    若者言葉なんぞは 全く使わなくなる。

    中には、次世代にも 受け継がれるものも あるにはある。

    しかし 多くの流行語は、稚拙で幼稚。直に 消滅してしまう。

    これは 健全な 自然淘汰だ。
    なので 放置しておけばいいと思う。

    逆に、
    いい意味の言葉や、響きが美しいものは、
    受け継がれて欲しいものだ。

    ユーザーID:0896624691

  • 言葉が変わることで自由も生まれる

    東北在住の20代女です。
    言葉は常に変化し続けるものだと思っています。
    今はお上品なお嬢様言葉だと思われている、〜てよ〜だわ言葉ですが、当時ははすっぱで、今で言うギャル語のような扱いだったと聞いたことがあります。
    話すスピードも早くなってますし、いわゆる女言葉(〜よ、〜だわ)を話す女性もめったにいませんよね。
    海外ドラマの翻訳や、アニメ、小説ではいまだに女言葉が使われていますが、最近違和感を覚えるようになってきました。
    レポートや論文を書く時は意識して男性的な言葉を使っていました。〜だ、〜である、といった断定的な語尾です。仕事や学問の場で女言葉が使われないのは、最近まで女性がそうした場に入ることを許されていなかったからなのかもしれません。
    言葉が変化し、性差が無くなること、意識的に性差を無くすことで、手に入れられる強さもある気がします。
    現代の若者言葉もいつかお上品で古風な話し方と認識されるようになるんでしょうね。

    ユーザーID:8167576597

  • いやホントその通り

    日本語だけじゃなくて英語だって変化しているもん。

    30年程前、海外赴任した時に、受験英語を駆使して話していたら、同年代の人におじいちゃんと話しているみたいって言われてしまった。

    どこかのテレビで、平安時代の人と現代人では会話が成立しないというのを聞きました。
    確かに急激な変化はツールとしての言語機能を損なうので好ましくないとは思いますが、一定の変化は許容されるべきものでしょう。
    言っている自分達だって変化の片棒を担いできたのですから。
    自分はいいけど若者はダメってそんな狭い料簡の人物はそもそも信用されませんよね。

    ユーザーID:0197092915

  • 若者言葉と流行語は全く別物

    もっぱら「若者言葉を紹介するテレビやラジオ」から知ります。
    まさに「彼らが使う言葉は、社会では通じない「若者言葉」と笑ってしまいがちですが、言葉ってそういうものではないでしょうか」というスタンスで紹介してますね。

    最近は常に次から次へと新しい言葉(しかも女子限定がほとんど)が紹介されるので、実際本当に全国的に流行ってるのかも怪しいと思っています。
    これらの単語が辞書に載るとは思えません。

    辞書に載るほどの若者言葉って、若者が大人になっても使い続けるような言葉、ビジネスの場で使っても顰蹙を買わない程度の言葉じゃないでしょうか。
    「エモい」あたりは将来辞書に載りそうな気がしますが、これも発祥が中高生とは言いがたいかもしれません。

    最近の「若者言葉」は、一定の友達間・グループ間だけで通じる言葉を楽しむ隠語だと思うので、私がそれを聞いたら「若いな、仲良しだな、楽しいんだろうな」と感じます。
    そういう意味ではメディアで紹介されたらもう楽しめなくなるわけです。
    メディアがまだその言葉が熟す前に飛びついて紹介しまったり、ビジネスで消費されてしまうので、若者言葉の寿命が短いのかもしれませんね。
    若者言葉と新語・流行語は全く別物だと思います。


    50代 女性 宮城県

    ユーザーID:2822420558

  • ぴえん あげみ・・・かな?

     ヤングでナウい40代がわかるのがこの2つです。LINEのスタンプで勉強しました。
    「ぴえん」は、泣くイメージでわかったのですが、「あげみ」は???でした。ググって調べましたよ。
     自分が高校生の頃大人達から「近ごろの若者の言葉は・・・」と言われていましたが、自分が大人になると、やはり若者言葉に付いていけず、驚くばかりです。でも、不快感は無いですね。きっと今の若者達が大人になった時に自分自身の笑い話になれば良いだけなのですから。
     因みに、数年前に20代の部下から真面目な顔で「ナウいって、英語のNOWですか?」と聞かれたときには、返答に窮しました。当時はナウい言葉だったんだけどな。

    ユーザーID:6855802844

  • 何とも思わない

    いずれ廃ってまた新しい言葉が生まれていくだけ。

    ただ、40、50過ぎたおじさんおばさんが品のない言葉を使ってるのを見ると、さすがに違和感あり。

    ユーザーID:9441127281

  • 「インスタ映え」

    若者以外でもInstagramは利用しています。

    とにかく「映え」ないと意味がないとの事で
    家、家の中、カフェ、カフェで何を食べたのか、旅行も「映え」ないと
    魅力がない、と思う人がいます。

    それぞれライフスタイルは違うので「映え」る生活をしたいなら好きにして欲しいと思います。

    最近は店を開店するとInstagramで紹介しますし、「ハッシュタグを付けてInstagramに上げてくれたらお礼(クーポンや小物)をします」と店側が言います。

    若い人は写真を撮るのが好きになったんだな、とは思います。
    昔はプリクラなら撮るけど
    自分や自分の親、恋人まで「映え」るように撮ってInstagramに載せるのは
    恥ずかしくなくなったのでしょう。

    私はこんなに幸せです

    皆さん、こう発信したくて「映え」るよう撮って世界中に見せるんですね。

    プライバシーがどうのと言う時代ではないですね。

    千葉県 50代 女性

    ユーザーID:8308026506

  • 若いから

    若いから使っていても
    かわいいしなんとも思わない


    私は,使いません
    おばさんが使ったら,おかしいです

    ユーザーID:8681665746

  • ヤバくない?

    パン屋に勤めてますが、高校生も来店します。

    高校生がパンを見て「これヤバくない?」という声が聞こえ
    一緒にいるお友達も「ヤバい!ヤバい」

    何かパンに異物でも入ったのか?と確認してしまったほどです。お店の中ではちょっと…。という会話かもです。

    ヤバい=良くない事、悪い事なので、ヤバいは良い方では使わないが
    今の子はなんでもヤバい良くても悪くてもヤバい
    感情が伝わりにくいかもね。

    ぴえんはそういうキャラがあると言うのがネットで知り、漫画でぴえーんと泣いているのを見るので、知りました。
    意外と私達も「うっそー、ぴえ〜ん」と言っていたりする。

    ユーザーID:0030389509

  • 面白い

    ぴえんはその内使うと恥ずかしくなってくる言葉と推測します。ナウい、アベック、おニューなど今聞くと寒くなります 笑
    激おこって今も使うのかな。
    時代を感じる言葉として非常に面白いです。

    ユーザーID:9508200453

  • 正しい言葉使い

    そこだけ押さえておいてもらえれば流行言葉を仲間内で使うことは楽しく聞いていられますし使います。

    もう結婚して自立した娘にも「TPOをわきまえるなら、流行語は否定しないし楽しみなさい」と話しておりました。

    私が若いころにも若者言葉はあったと思いますし、使ってもいたはず。
    ですが年のせいか、どんな言葉だったのか忘れました(笑

    ただ、先日テレビで「ピエン」を連発している女の子軍団には少々呆れましたっけね。
    もうお婆だからですかね。
    嫌だわ〜と思いました。
    でも本人がそれでよければ良いのですよ。

    お友達同士・仲間同士で使う分には全く気になりません。
    ただし「若者」に限ってですね。

    50代後半 東京都在住 女性

    ユーザーID:6197997300

  • むずい

    『難しい』を短くしているもようですね。
    ただ、表題どおり若者が使っているならまだしもですが、
    50歳も過ぎた芸能人が言っているのが甚だ情けなく思えます。
    だって、“かし”を省略しただけなんですもの。

    ユーザーID:1663042796

  • 踏んだり蹴ったりさんに同感します。

    「ヤバイ」「むずい」なんて癖なんでしょうか(笑)
    40代以上の方が言っていると品格がないなぁーとは思います。


    私も義務教育の国語の授業に手紙を書く時間を設けてほしいと思ってます。

    ユーザーID:3902693724

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧