老後に釧路への移住は無謀?

レス17
(トピ主0
お気に入り66

旅行・国内外の地域情報

くっしー

東京生まれ東京育ちの独身トピ主です。
定年も近づいてきて、老後のことをあれこれ考え始めました。
昨今の東京の暑さにうんざりしています。
老後は釧路に移住したいなと、半ば本気で夢見ています。

夏休みに1週間ほど釧路に滞在したことがあります。
あまりの快適さに、そのあと数年続けて夏休みに長期滞在しました。
地元の方に「釧路に引越してこない? 冬はマイナス10度以下だけど(笑)」と冗談半分に誘われました。
札幌には数年間赴任した経験があり、マイナス10度以下は何度も経験しましたが全然平気でした。
札幌と違って、太平洋側の釧路はそこまで大雪は降りませんよね。
釧路の適度な都会さと田舎さ、街や自然の美しさ、近くの温泉、物価の安さ、美味しい食べ物、空港が近いこと、なにより夏涼しいことなど、私にとっては魅力的な条件が多い街です。
ネックのひとつは地震の多さですが、これは関東もさほど変わりません。
あと霧や曇天の日が多いこと、これは関東人には慣れないかも知れませんが…
冬に試しに滞在できれば良いのですが、まとまった休暇が取れません。
贅沢は求めておらず、安アパートでの一人暮らしが希望です。
最悪、真冬だけ東京に避寒してもいいかとも思ってるのですが、考えが甘いでしょうか?

ユーザーID:9010199079

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
  • 応援します

    わたしは昔旭川に憧れて住み、
    今は内地ですが老後は札幌を考えております。
    道東にももちろん行ったことがありますが
    太陽が早く登り早く落ちますよね。
    その生活がご自身に合っているのであれば
    住まれたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:2861833997

  • やりたいことはやってみましょう

    移住してみて、もしもやっぱり帰りたいとなったら、帰れば良いのですし。

    独身で定年後でしたら障害はありません。

    無人島に移住する訳じゃないし、無謀ではないと思います。

    ユーザーID:7771836628

  • しばらく2拠点で生活してみたら

    定年後いきなり移住ではなくて、しばらく2拠点で暮らしてみて時間をかけて決めたらどうでしょう。
    ただ旅行者として長期滞在するのと実際アパート借りて生活するのは全然違うと思うので。
    気候や暮らしやすさはもちろん病院事情や行政など老後ならではの懸案事項があると思いますのでそこらへんがクリアできればすんなり移住できるのではないでしょうか。

    家族連れならなかなか難しいでしょうが、気軽に試して動けるのは独身の強みですね。
    応援しています。

    ユーザーID:3433624065

  • 真冬だけ東京にもどれるなら

    これだけ柔軟に住居を移動できるなら、アリだと思います。
    夏の「快適さ」を冬の釧路に求めてはダメ、逆に「過酷さ」を楽しむならアリです。

    正直「マイナス10度以下」に騙されてはいけません。
    ご存じのとおり、北海道は地域によって全く気候が違います。同じマイナス10度でも札幌と釧路では大違い。
    晴天で「冷たい風」が加わるので体感温度はもっと寒いです。
    それに道路事情に癖があるので、冬道の運転には難儀すると思います。
    それらも「楽しめる」ようなタフさがあるなら、冬の釧路も面白いですよ。
    ちょっと足を伸ばして、網走や根室、厚岸など流氷をみたり、近くの鶴居や阿寒も冬ならではの景観があります。

    ただ地震を考えると住むところは津波のハザードマップ見ながら厳選するべきです。
    そうなると少し郊外になってしまうかも…地震対策は常に必須です。

    何事も体験です。
    ダメなら東京に戻れば良いのです。

    個人的には夏は釧路、冬は函館をお勧めします。

    ユーザーID:8783439727

  • 一冬現地で過ごしてから判断

    北海道はとても魅力的ですが、ネックはやっぱり寒さと雪だと思います。

    父が北海道の人間ですが、祖父母は祖父が定年退職になった時、転勤のない関東住まいの父の近くに越してきました。
    祖母曰く、「だってもう雪かきは無理」「これまでだってお父さん(祖父)の会社の若い子が手伝いに来てくれて、何とか家が雪につぶされずに済んだくらいなんだから」って。
    それと、暖房費・防寒用の衣類などの出費が凄い事もいっていました。「靴や服だって、こっち(関東)みたいに、少しくたびれたけど今年もこのままって行かないのよ、毎年万全な暖かい状態にしておかないと命に係わるの。」って。

    安いアパートなら、ある程度の雪かきは自分でしなくてはならないでしょう。(玄関先や道路に出るまでだって雪かきはありますから。)
    雪かきなどを個人ではなく全て業者に委託するような、いいマンションなら大丈夫だと思いますが、雪かきをしたこともないお年寄りの一人暮らしは、周りの人間の負担や心配も増やします。

    焦らず、退職と同時に移住と考えず、退職後も東京の居住地は残したまま、しばらく北海道と東京を住み比べ、丸々ひと冬は釧路で過ごしてから、移住されるかどうか判断されたらいいと思います。

    ユーザーID:1406433711

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 無謀とまでは思いませんが

    老後となれば体の不安ありませんか?
    たぶん医療は都会の方が安心ではないですか?
    都会からみたら交通機関も整ってないので車が必要になるでしょ
    スタッドレスタイヤに交換は必須

    私なら老後の楽しみで釧路に遊びに行く。を選びそうです

    夢(やりたい事)があっていいですね

    ユーザーID:4005999769

  • 年を取ってからの冬は大変

    >贅沢は求めておらず、安アパートでの一人暮らしが希望です。
    >最悪、真冬だけ東京に避寒してもいいかとも思ってるのですが、考えが甘いでしょうか?

    冬は東京に戻られた方がよろしいかと思います。
    安アパートなら、特に毎日ドアを開け、部屋の前の除雪(除氷)は欠かせません。なるべく玄関が外気と触れることの少ない物件をお勧めします。(家を出るときヒートショックも心配ですし)
    足腰が弱くなった年齢での、あのガチガチに凍り付いた道路の歩行は、考えただけで怖いです(雪が無いから特に)
    海や川のそばには住まないことをお勧めいたします。

    ユーザーID:8848207387

  • 結局資金しだい

    私も北海道の地はとても魅力的で、晩年過ごしたいな〜と考えていました。
    かつての職場の先輩方も、なぜか札幌支店へ転勤になると、もう戻ってこない。昇進あきらめてでも留まりたい魅力があるようでした。
    寒さに関しては、-20度位の冬山山岳活動していたので平気だし、あの凍てついた空気と風景が好きですが、その中での生活は経験ありません。
    また釧路は渡り鳥の観察などもできそう。

    だたトピ様と同世代独身、現実的に今後にかかるお金を計算すると2拠点生活には無理があります。
    独身は終末まで何かとお金がかかる。だから私なら選ぶならそこが最終地。
    また、現在の生活基準での滞在ではなく、私なら入所時自立が条件のシルバーハウスのような所(60歳すぎなら有)の方が、先々安心です。
    民間アパートだと身体に不調になった時困ることになる。どちらにしても賃貸料なわけだし。ちょっと年齢対策もしましょうよ。
    高齢になれば原野の中に住むことは無謀。ある程度の都市なら釧路でも東京でもどこでも変わりません。
    結局、資金面で残り人生いけるかどうか、だけだと思います。



    行きたい街角をグーグルマップでウォークスルーしながら、私もまだちょっぴり希望持ってます。

    ユーザーID:8214648142

  • 無謀じゃないと思います

    札幌に住んだ事が有るなら、釧路は大丈夫ですよ。
    朝晩は冷え込みますが、そんな時は、わざわざ出かけなきゃ良いんです。
    通学や通勤者は、あの寒さはキツいですけど。

    釧路も昔に比べたら、夏なのに蒸し暑い夜が増えたと思います。それでも、関東に比べたら快適ですよね。

    定年後ですよね?
    それなら、総合病院とか近い方が良いでしょうね。
    タクシーで行き来しても負担じゃない程度の距離。
    近くにセイコーマートが有ったら、なお良し(笑)

    安アパートと言っても、道民はそこそこ断熱材が入っている賃貸じゃないと住まないので、よっぽど古いアパートじゃない限り、住めますよ。
    それこそ札幌に住んでいたなら、ストーブの事とかよくご存じかと思うし。
    とりあえず、一階を選ばない事ですね。

    ユーザーID:6312582274

  • 釧路の魅力

    いいところを考えてみました。

    回転寿司のレベルが高い
    東京はお金を出せばいくらでも美味しいものが食べられますが、釧路の回転寿司のレベルは半端ないです。なんなら同じなごやか亭でも札幌と釧路では釧路の方が美味しい気がします。
    昼のなごやか亭、めっちゃ美味しい。まつりやも好きだった!

    小洒落たカフェは少ないけど六花亭で十分!

    炉端には不自由しない。
    逆に会社の飲み会が魚介系ばっかりで、もううんざりなんだ、炉端にはって思ってました。

    やっぱり家賃は安い
    東京とは比べものになりませんが札幌と比べてもやはり安いです。
    東京の友達が借りてた駐車場より家賃が安かったことがありました。

    いろんなものが空いてる。
    人が少ないから。
    そもそもコンサートとか少ないけどたまにやればチケットは逆に取りやすかったりする。

    北海道全般にですが、スーパーで買う食材が美味しい。

    北海道は肉も魚も米も野菜も自前で調達できるので、毎日の基本的なものが安くて美味しいです。
    都会はもういいな。という感じならおススメです。

    ユーザーID:4766145729

  • 寒地

    夏場が過ごしやすい場所は、冬は、寒いです。アパートだと、かなり造りがしっかりできてない場合は、暖房費が相当かかるはず。あと、老人では、ツルッと滑るのが怖いですね〜雪がちょっと降ったあとは、滑り易い。。。退職してから、一年住んでみて決めたら?

    ユーザーID:6806494149

  • 釧路は雪はさほど積もらない

    釧路は札幌程雪は積もりません。
    寒すぎて雪が降らないとも、風が強すぎて積もれないとも言われます。ただ、札幌よりかなり寒いです。

    アパートでも、暖房が当たり前でついているので、室内は寒くはないと思います。
    逆に関東などの冬の方が道民は辛いです。
    北海道は寒くても着込むより暖房を上げて暖かくし、アイスクリームを食べるのが普通ですから。

    それでも、二階以上がいいですね。
    下の暖気が上がってきますし。家賃はかなり安いと思います。ただ、単身用は学生街でもないとあまりなく、無駄に広いかもしれません。木造アパートは避けましょう。

    駅前はデパートも閉鎖しガラガラ

    大型スーパーの近くや、病院徒歩圏内などを考えてお住まいになると良いと思います。バス代は結構高くて、びっくりした。

    ただ、ここ数年の北海道の夏も温暖化で暑い日が多く、
    夏が快適だけでは、こんなはずじゃなかったと思うかもです。さすがに熱帯夜まではなく、夜には下がりますがね。

    ユーザーID:2172177399

  • 無謀ではないと思います

    無謀とは思いませんが、なんというか安アパートはおすすめしません。
    とりあえず断熱のしっかりした部屋(2階以上・1階は底冷えする)いいと思います。
    なにせストーブを使用する期間が長いので暖かさをキープできないと暖房費が嵩むと思います。

    以前友人(道産子)釧路在住でしたが、夏にTシャツを着ることは数回だったそうです。
    今はたまに夏日もありますが、それでも東京よりは涼しいでしょう。

    私は関西生まれで、小学生の頃に親の実家のある北海道に越してきました。
    そこは盆地で夏暑く冬は寒い上に雪が多い場所です。
    夏が暑くても夜には気温が下がり朝には寒くなっていたのでなんとか生活はしていました。

    大人になった今は体が北海道仕様になったのか暑さの耐性がまったくなくなり、雪がそんなに降らず涼しい土地と思った道央圏のはずれの現在の居住地に住んでいます。
    それでもストーブを使用しない期間なんて釧路と大差ないですが、実はもっと温暖で雪の少なく、さらにそんなに寒くならない土地があることを知りました。

    家があるので移住はないですが、釧路に限らず涼しい場所はまだたくさんあると思いますよ。

    とりあえず、老後を過ごすなら最低限「病院」(総合病院)だけは確保できる場所にしましょう。
    そうしないと車で1時間とか緊急時に救急車やドクターヘリで遠方の都市部へ移送なんてこともあり得ますので。

    ユーザーID:6417042868

  • 気候より人付き合い

    釧路の冬の積雪や気温どうこうというよりも、単身者の晩年は近所の人と日常的な付き合いができて気の合う仲間ができるかが重要では?

    両親は定年前55歳過ぎに引っ越しています。
    近所は同年代の方も多く、趣味の仲間も見つかったので楽しく暮らしています。
    両親曰く10年遅ければあそこまで自分も周りも動けなかったはずだから地域コミュニティーに溶け込むのは難しかったかもしれないとも言っています。

    新天地に来て10数年、仲良くなった方々も病気になったり配偶者の方が亡くなり独居になったりと生活環境が変わってきています。
    毎年のように未曾有やら50・100年に1度の大きな災害が全国で起きていて1人だと対処が難しい状況もありえます。
    仲間内で連絡を取ったり様子を見に行ったりとまめにお互いの安否確認はしているそう。
    家族以外で両親を気にかけてくれる人が周囲に居るのはとても心強く有難いです。

    独身だと特に異変に気付いてくれる、そして動いてくれる人が近所や仲間にいないと老後は大変です。

    観光客・転勤者への地元の人の対応と移住者へは別物です。
    ローカルルールを受け入れる柔軟性と既存コミュニティーに入っていける適応力が不可欠。

    ユーザーID:5503561256

  • 札幌の寒さとは違います

    道東は気温のわりに寒いです。札幌は雪がおおいのですが、雪に空気が多く含まれているため断熱効果があり、地面からの強烈な寒さを防いでくれます。実際年が明けて根雪になると、寒さが気にならなくなります。(慣れもあるのですが。)

    道東は風が強くてあまり雪が積もりません。だから札幌よりも体感温度はかなり低く感じます。札幌の11月後半から12月くらいの骨に染みるような寒さが冬中続くと思ってください。札幌にお住いの経験があったとしても、移住の前に冬季の長期滞在をお奨めします。

    また「安アパート」にひっかかった方が何人かいらっしゃいますが、凍死の危険があるので安アパートでも断熱構造は内地とはけた違いで暖かいです。さらに、階下と上階に人が住んでいるとそれが暖房効率を高めるので、集合住宅に住むなら、空き部屋が少ない物件の中間階に住むのが暖房費を安上がりにするコツです。

    ユーザーID:7281248160

  • 最初は「ちょっと暮らし」でいいと思いますよ

    札幌在住です。お金があるなら私もやってみたいです。
    冬は南で生活したいです。四国あたりとか。

    北海道のローカルのラジオ番組で最近まで、ちょっと暮らしを応援する番組があり、季節にあわせて生活地を変える暮らしについて伝えられていましたが、実際にやっている人も結構多いみたいです。

    また自治体によっては、ちょっと暮らしを応援している所もあるようなので、釧路市はわかりませんが、近隣の市町村も含めて、助成制度など探してみてはどうでしょうか。住む場所の確保のお手伝いといった、移住に関するサポートなんかがあるみたいです。

    ちょっと暮らしを数ヶ月続けてみてから本格的な移住の検討に入ってもいいと思いますよ。メリット・デメリットは、それなりにあると思いますし、実際に暮らしてみてわかる事もいろいろあると思います。

    私は帯広に住んでいたこともありましたが、さすがに-30℃位になると、外は歩きたくないし、水道の凍結も経験済みで、札幌のほうが一般家庭だと水道凍結の心配をしなくてよいので楽だなと思いました。

    道央でも場所によっては雪が全然無い場所もありますから、道東の寒さで心が折れたら是非道央圏にちょっと暮らししにおいでください。

    ユーザーID:3868238767

  • 釧路人です。

    釧路生まれ、釧路育ちの50 独身女 ひとり暮らしです。

    釧路 良い場所です。 車が無いと生活が不便かな?

    築25年のアパート住まいですが、今は断熱もしっかりとしてますから、真冬でも、そんなに寒くありません。
    マラソンを趣味で一年中 朝ランしていますが、真冬でも氷点下20℃まではいきません。
    水道も昔はあちこちで凍結も多発してましたが、住宅事情も進化してますから、よほどじゃないと大丈夫です。
    私は街の中心部まで徒歩10分以内の所に住んでいますが、やはり年齢的にも中心部に住むのをお勧めします。

    ユーザーID:8707772778

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧