遺産相続、弟が許せません

レス66
(トピ主7
お気に入り562

家族・友人・人間関係

かおりん55

先日、80代の父が癌で亡くなりました。
遺産相続の事でモヤモヤが止まらず、長文になりますがよろしくお願いします。
この20年間、全ての介護を(長女の私に)丸投げの代わりに遺産放棄すると言っていた弟がまさかの要求をしてきてかなり戸惑っております。
遺産は 自宅(評価格1000万、土地の価値のみ) 現金(相続税支払い後、7000万)
財産については父から『お前はしっかり者だから将来財産の配分なども全て任せたい。』と言われ、定期通帳などは数年前から預かっておりました。でも1円ももらった事はありません。
兄弟は父と暮らしていた50代半ばの軽度知的障害の兄、車で3時間の距離に家族で暮らしている弟がいます。全員50代です。私は既婚で車で50分、隣市に在住、夫と社会人の娘がいます。兄は作業所で働いていますが収入は3万円と障害年金が月7万です。基本身の周りの事は自分で出来ますがお金の管理は出来ません。定期的な見守りが必要です。以前から私がしております。
母とは30年前に離婚しております。私が毎月数万円ですが援助しています。
こんな状況で父の死後に遺産がある事がわかると弟が急変。『話がある』とわざわざ帰省してきました。そこで一言の前置きもなく『父の遺産額、全部教えて。年金、保険。平等に分けよう。母に援助なんてありえない。相続権なし!貧乏は自己責任。家は売って現金化して兄は母と住ませよう。あと他にお金隠してない?』もう震えが止まりませんでした。私の考えは以前からさすがに弟に0円はないと思っており、兄弟3人で1500万ずつ相続し、残りはいざと言う時まで大事に置いておくつもりでした。兄の平均寿命までまだ30年以上ありますから。しかし弟は残りのお金と自宅の等分を主張します。でも私は1500万以外は放棄して欲しいのです。どう考えても勝手な弟が許せないのです。そう思う私は間違っていているのでしょうか?

ユーザーID:1113497659

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数66

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 感情的には

    トピ主さんの言うことが尤もですが、法的にはトピ主さんの主張は受け入れられないと思います。非常に残念ですが。何が残念かと言えばトピ主さんは亡くなったお父さんに遺言書を書いてもらわなかったからです。
     トピ主さんの主張は全く正しいです。だったらその旨遺言書を書いてもらうべきでした。
     七千万円の現金が残されたのなら弟さんが財産放棄するはずがありません。いや、弟さんでなくともその金額なら遺産放棄する人など誰もいないと思いますよ。そのくらいの大金です。 
     遺言書を書いてもらわなかった以上トピ主さんの主張は間違っていると思います。話し合いで相続額が決められないのなら法定相続で遺産分配する以外」無いと思います。
     最後に冷たいことを書きますがお父さんと離婚したお母さんに関しては弟さんの言う通りです。お父さんの遺残配分にお母さんは何の関係もありません。お母さんの話は持ち出さないほうが良いと思います。ますます拗れますので。

    ユーザーID:9140819822

  • 早期決着を

    お父さまのご逝去、ご愁傷様でございます。

    弟さんは話し合っても主張を変えないということですか?
    ご心労お察しします。
    そういう人は決して話を理解しないし永遠に変わりません。
    弟さんの分け方も法律的には正しいので、精神衛生上、早期の決着をお勧めします。

    そのためにはまず、資産をすべて開示すること。
    保険金は受取人のものであり、遺産には含まれません。
    介護に掛かった費用の明細を示し、資産から受け取ることにしましょう。

    次に、現状についても細かく開示すること。
    ・お兄さまに必要な支援、費用
    ・お母さまに必要な支援

    その上で話し合いたいのは、
    ・自宅売却の場合、誰が売却の労を取るのか
    ・いくらで売るのか
    ・売れなかった場合は
    ・売却後のお兄さまの新しい住まい探し、生活環境の整備、その後の見守りを誰が担うのか
    ・お母さまに相続権はなくても、いまトピ主さんが担っている支援を今後だれが担うのか

    トピ主さんの「兄弟3人で1500万ずつ、残りはいざと言う時まで大事に置いておくつもり」のいざという時とは何なのか、これも具体的に説明し理解を得た方がいいです。

    話し合いが決裂しそうになったら、早い段階で調停を申し立てた方がいいかもしれません。
    調停はケンカの場ではなく、委員さんが双方の言い分をじっくり聞き、親族関係を考慮した上で落としどころを提案してくれるからです。


    私の相続の時の話ですが、障害のある弟に全財産を相続させたいと主張したものの、ほかの兄弟は納得せずに調停から審判へ。

    そこは法律の世界なので、障害の有無などは関係なく平等に分割することになりました。
    ガッカリしたのと怒りとでおかしくなりそうでした。

    そこで、分割後に私の分を弟に譲渡しました。
    働くことができる健康な体を親から貰い、支援される側でなく、する側でいられるのも財産です。

    そう気持ちを切り替えました。

    ユーザーID:4642678043

  • 親の生前にすべきこと

    チップインさんと全く同じ意見です。
    確かにトピ様の言い分は理にかなっている。血のつながったお母様の行く末、お兄様の行く末を思い、お優しい公平な方だと思います。
    でもトピ様の公平はトピ家だけの公平であって、社会一般の公平は法律になります。弟様が社会一般の公平を主張された時、トピ家の公平を優先するためには遺言書が必要です。

    私も同様に一人で親の介護しております。将来薄情な兄弟が理不尽な主張しないように、親にお願いして公正遺言書を作りました。
    兄弟は遺留分のみです。遺言執行と資産管理は信託銀行です。
    お金持ちの行為だと思っている親世代は遺言書作成にとても抵抗があります。子ども側から働きかけないとまず作成しません。そして口約束は法の前では何の効力もありません。

    世事を把握し、制度や法律に詳しいことこそ、トラブル回避の方策です。
    でもトピ家の場合、遺言があってもなくても家族は分裂したと思います。
    悲しいことです。

    ユーザーID:6449039558

  • 法律の事は弁護士さんに相談を

    お兄様、お母様を扶養する義務は弟さんにもあると思うのですが、どうでしょう。

    お父様の意思も正式な遺言状がなくても証明する手段はないものでしょうか。

    そういった法律の解釈の細かな相談は弁護士さんにしか出来ません。

    親身になってくれる弁護士さんを探して相談をされることをお勧めします。

    ユーザーID:1558787774

  • 感情が入ると揉めます

    お父様に遺言書とか書いてもらってたら良かったですね。
    お気持ちはわかるけど、お父様に委任されていた証拠がないと弱い。

    ここは相続だけでなく今後のお兄様の面倒も絡めて、第三者を入れて話し合うしかないと思います。

    法的に「均等に」と良く言われますが、厳密にはそれだけではなくて、各相続人の年齢や職業、心身の状態、生活の状況などを考慮して行うよう民法上定められています。
    もちろんトピ主様の寄与分も認められると思いますが、トピ主様の構想通りとはならないかもしれません。

    詳しいことは、複数の専門家に相談することです。
    事情を説明しても「均等に」だけの専門家なら、別の専門家に相談した方が良いと思います。

    すぐに解決とはならず、長丁場を覚悟すること。
    それと、とても余計な話ですが、お兄様に万が一のことがあったら、その遺産は必ずトピ主様と弟さんが相続人になります(お兄さんが生涯独身であればですが)弟さんにはこの点を強くアピールして、交渉をしてはどうでしょう。

    ユーザーID:9664650634

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • あなたが甘い

    と言うより父親でしょうか?
    相続放棄は生前できないのがこの問題の常識であり、また人はカネを目の前にすると豹変するのも世の習いです。
    そこを父親がきちんと判断し遺言の手段を講じておく、これを怠ったがための悲劇です。
    弟をいくら非難しても思い通りにする事は無理でしょう。

    ユーザーID:8314269465

  • ありがとうございます。トピ主です。

    皆様、貴重なご意見をありがとうございます。
    どのご意見もなるほどと頷けます。感謝申し上げます。

    弟の遺産放棄については父、叔母2人、銀行員の方には伝えておりましたが正式な遺言書はありません。まさか穏和な弟がこんなに豹変するとは思ってもいなかったのです。
    ただ、現金は弟の1500万以外、全て私の手元にあります。弟には『裁判で争うなら構わない』と伝えていますが、弟自身も今まで私が1人で抱えてきた父の介護、今後30年?の障害のある兄の面倒、法事、墓守り、家じまい、母の介護など、今後も私1人に全て任せる事については流石に申し訳なく思っているようで、譲歩の姿勢を見せてきました。
    でも、私の本音としては1500万以外は放棄して欲しいのです。放棄しないなら仕事を休んででも私と同じ負担を背負って欲しいのです。
    障害のある兄についてですが、去年認知症の父の金庫から300万も盗っていました。20年前の話になりますが昔は不良に恐喝もされていたのです。金庫の300万はどうしたか聞いても『遣ってしまった』としか答えません。気に入らない事があると家中の物を壊したり捨てたりします。父が亡くなってから余計に不安定になってしまいました。よって週に1、2回見守りに行っています。市にも相談しましたが兄に断固拒否されました。
    お金じゃなく精神的な負担がこれから30年続くかと思うと、何もしない弟と平等なんてとても受け入れられないのです。
    感情的になり申し訳ありません。

    ユーザーID:1113497659

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 冷静にね

    許すとかではなく、冷静にね。
    プロに任せましょう。特に、障がいをお持ちのご兄弟の将来の為にも。辛いお気持ちは推察の範囲ですが、感情的になっては出来ることも中々進みませんよ。

    ユーザーID:6497600749

  • ためしに・・・

    ためしに、こう言ってみてはどうでしょうか?
    等分に分配したとして、兄や母のことも当分に面倒を見るのか?と。
    結局、私に押し付けるのは目に見えているが、あなたもちゃんと面倒を見るのか?と。
    父のときもあなたは何もしなかったのに、それが出来るのか?と。
    もし行動しないのなら、そのときはお金を払ってもらうがそれでいいのか?と。
    当然、誓約書を書いてもらい約束を守らなかった場合は、お金を払ってもらうようにしたらいいんじゃないかな?

    母方の兄弟姉妹は遠方(飛行機の距離)にいたので、祖父母の介護のときは直接手伝ってもらうことができませんでした。
    なので、おじやおばは毎月母にお金を払っていましたよ。
    祖父母に必要な経費や母の苦労をねぎらってくれていたのでしょう。
    別に母がお金を請求したわけではなく、兄弟姉妹で話し合いをして毎月払いたいと申し出たそうです。
    あなたの場合とは違いますが、介護を手伝わない、手伝えない、という点では同じだと思います。
    それはお金で解決したらいいんじゃないでしょうか?
    それを踏まえて、もう一度弟さんとよく話し合ってみましょう。
    可能なら弁護士さんに相談しましょう。

    ユーザーID:5908891842

  • トピ主です。

    皆様、貴重なご意見をありがとうございます。

    どの方の意見も頷けるもので感謝申し上げます。
    弟の遺産放棄は父、叔母2人、銀行員さんは知っておりますが遺言書はありません。
    穏やかな弟がこんなに豹変するとは夢にも思っていませんでした。

    弟には平等を主張するなら今後の障害者の兄の世話、介護、母の介護、法事、墓守り、全ての事を私と同じように仕事を休んでやってもらいたいのです。出来ないなら『遺産は一切放棄する』と20年間言い続けていた約束を守って欲しいのです。
    兄は普段はおとなしいですが気に入らない事があると物を壊し、何でも捨ててしまいます。過去には父の金庫から数万円盗んだ事もありました。恐喝された事もあります。悪い虫がついていないか定期的な見守りも必要なのです。市役所に相談しましたが兄が断固として却下してきました。

    これがこの先30年続くのです。精神的な負担がお金にかえられないほど重いのです。
    しんどい事は放棄して遺産だけは平等にと言う弟の言い分には納得出来ず、1500万以外は放棄して欲しいのです。感情的になり申し訳ありません。

    ユーザーID:1113497659

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 残念ながら・・・

    相続財産の配分は法律でルールが決まっており、ピ主さんの自由意志では決められません。

    しかし・・・トピ主さんは立派な方ですね。父親の介護を20年間続けて、しかも母親には毎月数万円の援助し、兄のこともケアしなければならないわけですから。

    民法には、亡くなった人を生前よく支えていた相続人に対し、その貢献度によって相続財産を上乗せする「寄与分」と言うのがありますが、これを法的に認めてもらうとするのは大変で、現実的には3人兄弟で1/3ずつの均等になってしまうのではないでしょうか!

    なので弟に対し1500万以外は放棄して欲しい!と主張し、弟が納得してくれればよいのですが、拒否され裁判となってしまうと負けてします。

    今となっては手遅れですが、遺言書を作成しておくべきでした。
    すでに弟にはすべての財産を知られてしまったのでしょうか?

    ユーザーID:5631021359

  • こういうことがあるから遺言は必要

    それは悔しいですよね・・・。
    納得できないですよね・・・。

    こういうことってあるんですよ、残念だけど・・・。
    介護を丸投げしていた親族が、遺産相続のときには「平等に分けろ!」と言ってくる事例が。

    対策として、遺言をしっかり残しておくことが大事でした。
    あるいは介護費用は親の預金から使い、できる限り残しておかないことがベストでした。

    トピ主さんのケースでは法律家に相談し、出来る限り弟の分を少なくするかが勝負になると思います。
    法的には弟の取り分をゼロにすることは難しいです。
    離婚した母に法的な相続権はありませんが、関係者同士の協議で相続させることは可能です。

    ただし、法律がどうであろうと親族や友人の間での感情は別です。
    親族や友人にトピ主さんの正直な心情を打ち明け、相談することはトピ主さんのご自由です。

    ユーザーID:3822917821

  • トピ主です。

    皆様色々なご意見、アドバイスを本当にありがとうございます。
    一つ一つ、じっくりと読ませていただいています。

    兄に障害がある事は周りに伏せており、誰にも相談出来ずにいたのでとても参考になります。

    子供の頃からずっとですが、兄から逃れられないこの状況が本当に辛いです。
    そして何もせずに遺産を主張する弟の豹変も辛いです。

    お金は人を変えるって本当ですね、、、

    ユーザーID:1113497659

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピ主さんには是非頑張って欲しいです。

    『裁判で争うなら構わない』と弟に言ったとのことですが、弟に裁判にもちこまれてしまうと、かえってトピ主さんには不利になってしまいます。なぜなら裁判所は法律に基づき判断するだけですから、理不尽かも知れませんが、三兄弟で均等に1/3づつ!と言う判決になってしまいます。

    民法には被相続人への貢献度に対し相続財産を上乗せする「寄与分」と言うのがありますが、これを裁判所に認めてもらおうとすると大変です。単に自分が親の介護をしたからだけでは認めてもらえません。

    【認められる場合】は、相続人が仕事を辞めて被相続人の介護に専念した。高額の医療費を自分の財産から負担した。

    【認められない場合】は、入院している被相続人を毎日訪ねた、話し相手になったり身の回りの世話をした。

    また将来においてトピ主さんが母と兄との面倒をみなければならないから、自分だけ相続財産を多めに受け取るというのは、裁判所が認ません。

    そこで一番いいのは裁判ではなく第三者を交えての調停です。つまり話し合いです。

    弟は『遺産は一切放棄する』と20年間言い続けてきたわけですから、まずはその約束を調停員の前で弟に認めてもらいましょう。証人として叔母2人の証人がいるわけだし、話合いをそこからスタートさせれば、良いのではないでしょうか?穏やかな弟であれば、トピ主さん側の人間で弟を取り囲み説得すれば、妥協点がきっと見い出せると思います。

    ユーザーID:6499116451

  • 弟の配偶者

    弟が急変したのは配偶者の影響だと思います。

    トピ主が引き受けていたことを弟もやるように要請したら、引くと思いますよ。
    弟の妻にとっては大変なリスクなので。

    ユーザーID:2537217882

  • 介護貢献度は法律には無関係

    だから遺言書があるんです
    銀行や税理士弁護士が耳できいていてもなんにもならない

    同年代なのでね、お疲れで正しい判断できないのはあったかもしれないけど誰にも相談できないって、夫や成人してる子供がいるでしょう

    それに実母の仕送りもあなたの稼ぎにしても家庭あるなら夫にはこのことは感謝ですよ
    あなたの勝手で好きにやらせてくれたんだから

    自分が正しいと思い過ぎてるところがある
    弟が強欲な口ぶりですがかなりの額面に及ぶと知り、それ流せる人間がどこにいますか

    しっかり書面にしてなくて弟もね振り回されたんですよ
    父が病みながら一筆書いたなら口頭とはいえ同意してたんだし引き下がりましたよ

    どこがしっかりした姉なんだろと私はあなたにこそモヤモヤします

    介護させられ損得でいえば損したんですね
    母への仕送りも損
    損を回収するの遺産で

    もう分ければいいじゃん均等に
    そのお金はどこでどう良い形に活きていくかわからないじゃん
    弟が遊んで暮らす?子供の学費や結婚費用かもよ
    それでいいじゃん?

    ユーザーID:8212999919

  • 大変ですね・・・。

    まずはお父様の事、お悔やみ申し上げます。
    トピ読んで人ごとではないな、と青くなっております。
    私の父はそれほどの大金は所持していませんが、土地の評価格が高く、全部合わせたらそこそこの、相続全放棄するには抵抗があるくらいの資産になります。
    他県に住んでいる弟夫婦は、独身である私を気遣ってくれて、全ての財産の相続を放棄してくれましたが、所詮は口約束。
    私としては優しい弟を信じたいですが、お金は人を変えてしまう怖いものだ、との思いから、そんな事は決してあって欲しくはないけれど、万一揉めてしまった時のために、と父に全財産を私へ譲る、という遺言書を正式な形で作成してもらい、昨年法務局へ保管を依頼しました。
    私は弟の性格を疑うような事は本当は嫌でしたが、それがあればもしも弟が心変わりしたとしても、遺留分の請求で済みますから。
    トピ主さん、心優しい方なのですね。
    でも今回はそれがあだになってしまいましたね。
    裁判をしても、遺言書がないのであれば、残念ながらトピ主さんの希望通りにはならないでしょう。
    優秀な弁護士さんがおられればよいのですが。
    お金って怖いですね。
    私たち兄弟仲はずっと良好で、義妹ともとてもいい関係を築いてきましたので、父が亡くなった時、お金の事で悲しい事態にならない事を祈るしかありません。

    ユーザーID:1843714630

  • 父の介護を寄与分として評価できるかだけ

    相続放棄は生前にはできません。死後3ヶ月間に家庭裁判所に申述する必要があります。
    遺言書がなければ原則は法定相続分で分割し、寄与分や特別受益があれば考慮される程度です。
    トピ主の場合、父親の介護に具体的に何をしたかで寄与分を算定することになりますが、通常はあまり評価されません。
    兄や離婚した母親のお世話は相続とは無関係ですね。兄に今後かかる費用は兄の相続分からもらうべきでしょう。

    話し合いがつかなければ家庭裁判所の調停で決めるしかないですが、トピ主の思うようにはいかないでしょうね。

    ユーザーID:1699447714

  • 権利と義務は表裏一体

    >弟自身も今まで私が1人で抱えてきた父の介護、今後30年?の障害のある兄の面倒、法事、墓守り、家じまい、母の介護など、今後も私1人に全て任せる事については流石に申し訳なく思っているようで、譲歩の姿勢を見せてきました。

    それなら、今までの分をお金に換算して、いただく事ができますよ。
    民法第877条をご覧ください。
    扶養や介護は、遺産分与と同様に、相続人全員で分担の義務があります。

    弟さんが遺産分与を請求するなら、あなたが今までと今後の扶養介護、法事墓守り分の全費用の半分を、弟さんに請求できますよ。
    詳しくは弁護士さんに相談なさいませ。

    ユーザーID:2180192496

  • トピ主です。

    皆様、本当に色々ご意見を下さってありがとうございます。

    遺言書、生前贈与などは何度か父にお願いした事はありますが、頑固な父は聞いてくれませんでした。
    皆様のおっしゃる通り、遺言書がない限りは法的に3等分が正しい、は認めざるを得ません。

    でも弟は『すまないが介護も全部姉貴に任せるのでその代わりに遺産も放棄するから。』と帰省の度に私と主人の前で毎年必ず言ってた約束を破るのだから、遺産を受け取るなら今後の母の介護も兄の扶養の義務も負わせるべきですね。私が勤務時間を親の介護にあわせて3割減らし手取りも減っているので、今後は弟にも同じように仕事を休んで3時間かけてこちらに来てもらって対応してもらうべきですね。(意地悪ですが本気で思ってしまいます。)

    20年間帰省の度に毎年遺産放棄すると言いながら、いきなり謝罪もなく情けない目で質問攻めしてきて3等分を要求してきた事が1番許せないのです。せめて『今まで介護も丸投げでごめん。遺産も放棄するって言ってたけどごめん、でも相談させて欲しい』などと一言あればまだ私もこんな気持ちにはなってなかったと思うのです。

    今まで母の援助について相談しても『お金の話は嫌い、聞きたくない』と言われたり父の認知症の暴言などについて相談しても『もう面倒見なくていいやん。見捨てて縁を切ればいい。』兄に関しても『お金が無くなった時点で生活保護でも受けさせれば?』と全く愛情がありませんでした。
    こんな弟が介護や扶養なんてするわけがありません。

    でも話し合いをするしかないですね。おいしいとこ取りなんて虫が良すぎです。

    色々なアドバイス、本当にありがとうございます。

    ユーザーID:1113497659

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 調停をされては?

    お気持ちは分からないではありませんが、
    亡父の相続(財産)と、離婚した母(亡父の相続人では無い)や
    兄の生活・介護は別問題。
    母や兄のことを理由に、相続について主張するのは筋違いです。

    弟の肩を持つわけではありませんが、
    弟から見れば、姉(トピ主)が相続財産を全て把握していて
    他の家族にも内緒にしているのがあるのではないか、
    自分の良いように管理・出費しているのではないかと
    思っているのかもしれません。
    少なくとも、相続財産は全て開示する必要はありますよ。
    ただ、「相続税支払後」とありますが、
    実際に、相続税の申告はされたのですか?
    されたのであれば、そこには相続財産が
    全て記載されているはずですが。

    亡父の介護をされていらっしゃたとのこと、
    それは金銭面で換算するのはなかなか大変ですが
    これについて主張されたいのであれば、
    遺産分割調停を申し立てられてはどうでしょうか。
    できれば、弁護士に依頼された方が、
    結果としてスムーズにいくと思います。

    民法の扶養義務を根拠に、今後の分も含めた介護費用などを
    弟に請求しては、というご意見が見受けられますが、
    介護された本人に資産が無い場合のならともかく
    本人(亡父または実兄)に十分な資産があるのであれば、
    本来は、介護などの費用は、介護された(ている)
    亡父または兄が負担する話であって、弟ではありません。

    亡父には数千万円の預貯金があったわけですから
    亡父に関する費用は、亡父の財産から支出する話であり、
    父はすでに亡くなられているので、遺産分割協議・調停の場で
    相続財産の中から、トピ主さんが主張する話です。
    兄の介護費用については、兄(の財産)に請求する話です。
    (兄も、亡父の相続でそれなりの財産を得られますね)

    なお、墓守(祭祀財産の承継)は義務ではありませんので
    その費用を弟に請求するのも難しいです。

    ユーザーID:0008924466

  • 遺言がないなら弟さんの意見は無視できない

    トピ主さんの想いには賛同しますが、弟さんが折れないと始まりませんね。

    後は分かれたお母様はともかく、お兄さんの生活基盤次第でしょうか。

    お兄さんをお母様に任せるという案はお金の管理も含めて不安が大きいですので
    自立するという前提で多めにお兄さんに相続できるように三人で話し合うしか
    無いかと思います。

    ユーザーID:8711530549

  • お母様のことやお兄様の面倒はお父様の遺産とは無関係

    法律はともかく
    心情的には、主さんを応援したい気持ち120%です

    なので、法律関係の方と話をする時に心に留めておいたほうがいい事を書いてみます


    まず、お父様の遺産の件を話す時に、何十年も前に離婚なさったお母様の話を混ぜても、意味ありません。お父様とお母様は既に他人です
    弟さんにとっては、まだお母様に違いありませんが、お母様に主さんが仕送りしているのは主さんの自由意志でやっていること。なお先々、お母様の介護が発生するというのも確実ではありません

    それなのに、それらを弟さんに恩を着せて、主さんがお金をせびっているように思われて、逆に損になります
    なので、お母様の件は一切口に出さないほうがいいと思います


    お兄様件ですが
    「お兄様の世話を今後するから、その分、遺産を余分に!」と思っていたなら、そういうふうに生前のお父様を説得するべきだったのです
    今となっては、お父様の意思は「お兄様の面倒を見るからと言って、主さんを遺産分けで特別扱いする気はなかった」という解釈になってしまっています。

    ただし、お兄様が「本当に重度の障害者」である場合には、打開策はあります。

    ここに書いてある範囲だと、お兄様の障害の程度がわかりませんが、
    「お兄様には自分自身の経済的なことに対する判断&責任能力がない」と主治医に判断されるレベルに重度ならば、
    然るべく専門医から診断書をもらい、弁護士さんも頼んで、ちゃんと法律的にお兄様の成人後見人に主さんがなればいいのです。
    そうすることで、お父様の遺産のお兄様分やお兄様の毎月もらえる障害年金などを「主さんの判断で、お兄様の介護や生活費に使える」ようになります。
    人を雇ってお兄様の家事などを見てもらうお金も、施設に預けるお金も、そこから出せるようになります。
    ただし、主さんが成人後見人になるためには、お母様と弟さんから異論がでないことが必要になります

    ユーザーID:5996707479

  • よくわからない

    >遺言書、生前贈与などは何度か父にお願いした事はありますが、頑固な父は聞いてくれませんでした。

    「頑固」は遺言書を書かない理由にはならないと思いますが、何故お父様は拒否されたのでしょうか?

    「将来財産の配分を任せたい」と言われていた。弟さんが相続放棄の意志は聞いていた。でも遺言書や生前贈与は拒否というのが解せません。

    >私の考えは以前からさすがに弟に0円はないと思っており、兄弟3人で1500万ずつ相続し、残りはいざと言う時まで大事に置いておくつもりでした。

    これはお父様は承知していたのでしょうか?

    トピ主さんや弟さんの主張は非常によく伝わってくるのですが、肝心のお父様の意志はどうだったのか全く書かれていません。

    遺言書を書かなかった点から見ても3等分が「故人の意志」だったのではな
    いでしょうか?だとしたら尊重するしかないと思いますが?

    ユーザーID:0132752364

  • 責任感が強いのはわかりますが

    父親の介護、兄についても貴方の選択です。

    貴方がどう思おうと遺産の3分の2は他人(兄弟)の物です。
    弟さんは自分の物を自分にと言っているだけです。

    >今後は弟にも同じように仕事を休んで
    >3時間かけてこちらに来てもらって対応してもらうべきですね。
    弟が否といえばそれまでです。強制力はありません。
    母親に対して愛情がなければ何もしないでしょう。

    ただ今回のことは、申し訳ありませんが人生を取り戻す
    “いい機会”ではないでしょうか。
    もう十分親孝行、義務を果たして来られたのですから、
    そろそろ自分を解放してはいかがですか?

    兄さんにしても一人っ子なら、自分で生活せざるを得ません。

    財産分与で兄には自宅と、1666万円。
    貴方と弟で2666万相続して、兄弟とは距離をおいてはどうですか?

    お母様についてはどういう人か存じませんが、
    援助するにしても、将来介護するにしても、
    弟さんを当てにするのは止めましょう。

    >おいしいとこ取りなんて虫が良すぎです。
    弟から見れば、貴方が好きでやっているです。

    >裁判で争うなら構わない
    結果、遺産は三等分、若干寄与分として100万〜500万はもらえるかも
    しれませんが、その内の半分は兄から取ることになります。

    >どう考えても勝手な弟が許せないのです。
    弟から見れば、姉が勝手に決めたになります。

    個人的には立派と思いますが、
    その責任感は貴方だけのものであり、
    他人(兄弟)に強いるものではありません。

    ユーザーID:1907475421

  • 逆に主さんに対する愛情−温情だったかも?

    個人的には
    お父様が、主さんに余分に遺産を残されなかったのは、主さんに対する愛情だったんじゃないかなぁとも思います。

    なんでよ!
    ずっと面倒見てきた私にお礼の気持ちがあっても良いじゃない?
    と思われるでしょうが、
    でもね
    余分に遺産をもらったら、主さんはお兄様の面倒やお母様の面倒を見ることを自分に強要する羽目になってしまうでしょ?
    弟さんにもそう言われるでしょうしね。

    お父様は、今までずっと自分に尽くしてくれた主さんを、そこまで縛りたくなかったんじゃないかなぁ?

    そう思いませんか?

    「主さん、本当にありがとう!
    お前は優しい子だから、人の面倒ばっかり見ようとするけど
    もう、これからは自由に自分の時間を楽しんでもいいんじゃないか?
    人のお世話ばかりじゃなくて、自由になっていいんだよ」
    とお父様はきっと主さんに言いたかった

    そう思ってご覧になったらいかがでしょう?


    お兄様は、主さんから見たら不安でも、実はそこまで重度でない場合もありますし、
    仮に重度でも、成人後見人を、なにも主さんがやる必要ってないんですよ。
    お母様にお願いなさっても、弟さんにお願いなさってもいいんです。



    ご実家はお兄様と弟さんに共同名義という事で譲って(そうしたらお兄様が住み、弟さんが家を保つお金、税金や修理費を払わざるを得ない)
    主さんは、今まで介護したんだから、せめて8000万の1/3を現金で欲しいとお願いなさって、
    主さんは、しばらく休憩ということで、ちょっと距離を置かれたらいかがですか?


    主さん
    本当にお疲れ様でした。
    今後のお幸せを祈っていますね。

    ユーザーID:5996707479

  • 弁護士に任せる

    これから、お兄様の為にどんどんお金が必要になってくると思います。
    すべて3当分する必要ないです。弟さんにもすべての遺産報告しなくても良いと思います。 もし仮に3当分するなら弁護士を通して、トピ主さんから希望する条件を出せま良いです。
    今までトピ主さんからお父様にかかったお金、
    費用。弟さんに請求しましょう。
    すべて書面上動けば良いと思います。
    弁護士を通せば、今後の事も安心だと思います。

    ユーザーID:2982305826

  • 「頑固な父が遺言書を書かなかった」が真実

    遺産によってこれまでの頑張りが報われる、と強く思いすぎて、現実が曇って見えてませんか?

    弟が厚かましいとか、母が兄が、とか、全部取り除いて相続のことだけをみましょう。その上で、あなたの主張がどれだけ認められるのか。

    裁判になれば、法律に照らして赤の他人が判断します。そのとき相手にするのは弟さんではなく、裁判所です。冷静さを失うと余計不利になりますよ。変なプライドや思い込みを捨て、客観的に事実だけを見て、その上で交渉できるところを探すことをおすすめします。それは決して「弟さんに対して下手にでる」というわけではないです。

    ユーザーID:7461005991

  • 法律の前に情は無効です

    戦前の財産箒の約束なんて、何の効力も信用もありませんよ。残念ながら人間というのはお金を目の前にすると人格が変わります。遺言状を書いておかなかったのは、お父様最大ミスでしたね。

    とりあえずトピ主さんに出来るのは、弁護士に頼んで少しでも有利な方向に持って行くことですね。
    あと失礼ですが、お母さまと弟さんに全財産を渡す代わりに施設に入ってもらい縁を切る、という考えはないのでしょうか?

    このままだとトピ主さんはこの先もずっと、母親の介護とお兄さんの世話に追われて一生を終わりますよ。そんな人生を送るなら、お金なんてなくても重荷をおろした方が良いと思うのですが。

    ユーザーID:7107152711

  • 間違ってる

    早く弁護士雇った方がいいですよ。
    証人が何人もいるんだから裁判になっても全面的に弟の言うなりにはならないんじゃないかと思いますよ。
    早く専門家にご相談を!

    ユーザーID:1852634335

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧