優しさとお人好しの境界とは

レス34
(トピ主1
お気に入り62

家族・友人・人間関係

メビウスの輪

長年生きてきて感じることですが、人の優しさとお人好しの境界線ってどう引いたらいいでしょうか?

生来お人好しなのか、人が困ったり苦労したりしていると、「可哀そうに」「気の毒に」とすぐ同情してしまいます。
いたわりの言葉をかけたり、何かあげたり、寄付活動をしたり・・。

しかし、世の中はそうした優しさ(?)に付け込んだり食い物にする人もたくさんいて、必ずしも報われず馬鹿を見たりもします。

人の掛け値なしの優しさが報われ、評価されるのは、物語や小学校の道徳の教科書の世界だけかなと思ったりもします。

小町の皆様のご意見いただければ幸いです。

ユーザーID:5450664612

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
  • 難しいけど

    >人の優しさとお人好しの境界線ってどう引いたらいいでしょうか?

    優しさは能動的な面があるんじゃないですか?
    トピ主さんのように自分から人を労わったり寄付活動をしたりするように。
    お人よしは受動的な感じがします。
    人に言われて動く、人にどう思われるかで動くといった感じ。
    だから人に良いように利用されてるように見えてお人好しは馬鹿にされるんじゃないかと。

    わたしは全く優しい人間じゃないけど、人からはよく優しいと言われます。
    つまりお人好しって事でしょうね。

    >優しさが報われ、評価されるのは、物語や小学校の道徳の教科書の世界だけ

    優しくしたからといって人からの報酬や評価を望む時点で、かなりのお人好しだと思いますよ。

    ユーザーID:5304301608

  • あらかじめ

    後から注意するのはしづらいので、初めから境界線をしいておくといいと思います。あいまいだと
    相手の基準でOKみたくなってしまいそう。

    ユーザーID:1274101909

  • 私もお人好しだと思います

    63歳男性です。私も優しいのか、お人好しなのか、若い頃は親切な行動をして、後で馬鹿を見たこともあります。

    優しさとお人好しの境界はないと思っています。

    私としては

    自分から積極的に進んで親切にしたことなら、後で騙されたとわかっても、できるだけ気にしない。

    いろいろ経験を積むと、怪しいものに気がつくこともあるので、怪しいと感じたら、頼まれても毅然と断っています。

    仲の良い友人が「○○して欲しい」と私を「利用」しているような気がすることもありますが「自分が喜んで○○をする」ことで、自分も喜び、相手も喜ぶので、一番良い関係だと思っています。

    あと、親切は裏で行うのが普通であり、親切にした本人から「ありがとう」と言われることはあっても、普通は報われたり、評価されることはないと考えています。

    「自分は良いことをした」と自分で自分を褒めて自己満足すれば良いと考えます。

    最近、白杖を持った人といっしょに(2人だけで他の人もいなくて)信号待ちし、青になって私が歩き始めても、無音の信号だったので、その人は止まったままで「青ですよ」と声をかけたら「ありがとう」と言われ、その人も歩き出しました。

    また、近くの海岸(砂浜)でノンビリするのが好きですが、散乱したゴミが気になるので、ゴミ袋を持って行き、たまにですが、持ち帰れるときは持ち帰るようにしています。(ゴミが多すぎて、雀の涙しか持ち帰れません)

    ユーザーID:2417796709

  • 知性があるかどうか

    優しさとお人好しの違いは、知性があるかどうかだと思います。

    一時の感情だけで行動し、後々後悔するのがお人好し。
    主に自分が危ない立場になりがち。たまに相手をもっと危険な状況に悪気なくさらす。

    色々な角度から物事を的確に捉えて、ベストな行動が出来るのが、優しさ。
    その場では理解されない場合もあるが、後々感謝される事も多い。

    ユーザーID:5137854175

  • 両者の違いはあると思います。

    私の周りの優しい人は、自分の意思や価値観を持ち人に振り回されない感じがします。
    そのうえ、思いやりがあり優しく頼りになる。
    親しい人に対しても、これは駄目と意見してくれる。
    対等な付き合いをしてくれる。
    出来ない事はしない。

    お人好しの人は人に振り回され利用される場合が多いかも知れないですね。
    自分が嫌な事でも断らない、相手の顔色を見る等低姿勢で揉め事は好まない。
    良い所は優し過ぎて、困った人、それが過去に自分に対して嫌がらせをした人であってもを放置できない。
    頑張り過ぎ。
    他人の気持ちを優先しすぎたりもあると思います。

    両者とも基本良い人だと思います。

    ユーザーID:4839596422

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 正しさに基づいているかどうか?

    世の中の正しさに基づいて、人が困っていたり、
    世の不平等を正しくするために、活動することは
    優しさかもしれません。

    優しさには、損得に関係なく、行動する根拠があると思います。

    お人好しは、世の中の正しさに関係なく、
    その人の感情に左右されて、一時的に行動することでしょうね。

    優しさでもお人好しでも、対象をしっかり見極める力が
    必要でしょうね。

    どちらでもいい方向に行けば、いいと思いますが、
    中には、悪い人もいるので、騙されない判断力も必要ですね。

    ユーザーID:0979713685

  • それって、本当かな?って思いながら聞いてる

    目の前で転んだとかケガしたとか事故って途方に暮れてる人には手を差し伸べますよ。先行してる2人乗り自転車が転倒したら車を止めて助けに行くとか。

    ガリガリに痩せてふらふらで家にたどり着いた猫とかも面倒見ます。
    こういう面ではたぶん優しいの部類かなとおもいます。

    でも、ちゃっかりさんの手口が判っててもやらせとく事もあるのでお人好しでもあるのかな?

    あくまで「話」の場合は鵜呑みにせずタイトル通りのことをしつつ判断しますよ。
    苦労話や困った話をするのは本人かその周辺の人、または伝聞情報を流す人ですよね。話の真偽を問わずに情緒的な同情がわいて来る人はお人好しって言われるんじゃないかなって思います。

    ユーザーID:5302226992

  • お人好しは相手を信じすぎる

    誰かへの親切は「自己満足」の域でやれば、見返りはやった時点で「いい気分」として充分受けています。
    なので何も物理的に返って来なかったとしても気になりません。

    誰かが私を利用しただけだとしても、私は満足しているのでWin-Winだと思います。

    ユーザーID:3028561238

  • 私は「お金」が一つの目安です

    現金な話ですが、私はお金が一つの目安になります。
    お金は貸さないことにしているけど、プレゼントならいくらまで、
    相手が困ったときに駆けつけるなら経費はいくらまで、とか
    だいたいの目安があります。

    近所に住んでいる人が困ってるときに駆け付けたのは「優しさ」だけど、
    その人が新幹線の距離に引っ越してまで私に助けを求めてきても、
    それに応えて駆け付けるのは「お人よし」だと思って、断りました。
    (生死にかかわることではない)

    「機械の調子が悪い」という知人のところに行って
    手伝ってあげる分には時間しかかからないからよかったけど、
    「いまお金がないから、新しいものを買って欲しい」と
    半分本気で言われたときは呆れて手をひきました。

    私の親がある程度お金があるとみなされる立場なので、
    相手からしたら「試しに甘えてみた」くらいのことだったんでしょうが、
    金持ち一族にただのお人よしはいません。

    ユーザーID:0856082609

  • 強くなければ優しくなれない

    と普段から思ってます。
    中途半端な優しさは返って人を傷つけることがあると

    日常的な親切の事ではないです
    通りすがりに困っている人に手を貸すのは親切です

    ですが、例えば身近にいる身体的な不自由な人になにもかも手助けをするのは間違いです
    できる事は自分でする。出来ない事は助けてほしいと本人が口に出す
    そうすることが出来るよう見守ることも優しさの一つです

    なんでもかんでも気を利かせて手出しをしてしまうと、依存してしまって
    一人では何もできなくなってしまうかもしれません。
    手を貸す方の負担が大きくなって、手を放すことがあった時両方とも不幸になってしまいます。
    見守ることは実はすぐに手出しするよりとても辛い事も多いものです

    >しかし、世の中はそうした優しさ(?)に付け込んだり食い物にする人もたくさんいて

    それは自分の見る目を養う事です

    >人の掛け値なしの優しさが報われ、評価されるのは

    報われて評価されるとは具体的にどういう事をさすのでしょうか。

    いえ、評価されたいと思って善意をすることが悪いとはおもいません。
    どういう形であれ善行はわるいことではありません。
    ですが、それなら評価されるであろう場面であえてすることです
    第三者へのアピールも大事だという事です
    私は評価されたいと最初から思って行動を起こすことです

    でも、多分トピ主さんはそういう事が言いたいんじゃないですよね

    私はそのままでいいんじゃないかと思うんですけどね

    私自身は

    >「可哀そうに」「気の毒に」とすぐ同情してしまいます。

    こんな風に同情するのはあまり好きではないです

    ユーザーID:7730612582

  • 簡単なことではない

    主さんの言う
    >生来お人好しなのか、人が困ったり苦労したりしていると、「可哀そうに」「気の毒に」とすぐ同情してしまいます。
    いたわりの言葉をかけたり、何かあげたり、寄付活動をしたり・・。
    ↑は優しさではなく”エゴ”です。サラっと言っていますが、ものすごく上からの言葉ですよ。その人の事情をどこまで知っていての発想なのか?
    主さんから見たら「可哀そう」であっても本人は前向きに捉えているかもしれません。
    まず他人に対しての考え方を変えましょう。

    人に(他人)に対してなにか力になれることは?と思うならプロになることです。逆にプロでなければ人に優しくできる場面はありません。
    だから
    >必ずしも報われず馬鹿を見たりもします。
    という言葉が出るのです。主さんが優しさの先に見返りを求めているからです。
    どんな境遇であれ他人によって自分の存在を肯定する考えはやめましょう。
    主さんが一番気の毒な人ですよ。

    特殊公務員・医療関係・福祉関係・役所関連等、試験を受け、訓練を乗り越え資格を得て仕事として役目を担っている人達は見返りを求めていません。
    だからこそ優しさがあるのです。

    個人の感情の延長にある優しさはエゴです。
    年齢を重ねても得られる資格はあるはずです。主さんが本気で行動したいならプロになって下さい。
    一時的な感情で背景もわからず決めつけ、上から目線の優しさに道徳もありませんよ。

    人に優しくすることは簡単なことではありません。責任を伴う重要なことです。
    知識も経験も必要です。だから何種類もの職種があるのです。
    組織に属し漬け込まれるようなことにならないようにすることも大事ですよ。

    >優しさが報われ、評価される
    素人を評価などできません。プロだから評価されるのです。

    見る角度を変えるだけで変わりますよ。

    ユーザーID:3500614466

  • その違いは

    お人好しとは、悪人に利用されて、損だけして、誰にも感謝されないことです。騙されて、金品を渡してしまうこと。

    優しさとは、無償の愛で、人に奉仕する事だと思います。

    お人好しは悪人に騙されて、誰にも感謝されない事です。

    優しさは、人々に感謝されることだと思います。

    ユーザーID:0639113492

  • 相手によります

    その相手が「言葉をかけて下さい、物を下さい、寄付して下さい」というならそうしてあげればいいです。

    そうでなければ、あなたから見て気の毒に感じても何もしないほうが。
    自分では不幸と思ってないのに哀れまれるなんて屈辱的だから。

    ユーザーID:4182525692

  • そんなことはないと思います

    相手の苦労が本当にわかっているかどうかだと思います。
    本当の優しさとは人の苦労の底をすくい取れる力量があるかどうかだと思います。

    お人好しは単に心が優しい様のような気がします。

    見返りを求めることに虚しさを感じるとのことなのでしょうか。そんなことはないと思います、救われた人もいると思いますよ。

    ユーザーID:9309956705

  • 良いご助言ありがとうございます。

    ひな様まで拝見しました。
    このようなトピにも多くの方が親身になってよいレスをくださるのが小町の素晴らしさですね。

    どのレスにも大変考えさせられ、とてもよかったです。ありがとうございます。

    見返りを求めたりする時点で、すでに優しさではない、ということですよね。

    ユーザーID:5450664612

  • 評価はされないもの

    評価されるために親切にしたいなら、しない方がいいですよ。
    別に評価されなくてもいいのでは?
    その行為によって、自分に損害が出る事が多くてもうやれない、というなら、損害が出ない程度にしておけば?
    仕事でも何でも、良かれと思ってやっててもすぐに評価ってされないんですよ、そんなものです。

    ユーザーID:6959747670

  • 敢えて冷たくなければ優しい人

    普通の範囲で普通に優しければ優しい人だと思います。

    何故ならやりすぎは良く無いから。
    困っている人に声がけ、励ましくらいは良いでしょうが、
    それ以上にすがられて、すがらせて、
    その人が自力で自分を救う事を邪魔する場合もあります。

    厳しいように見えて突き放す事が優しさだったりする時もあるし、
    優しさだとこちらが思っている事が相手にとっては優しさでない場合もある。
    そして「可哀想」というのも、
    意外と思い上がった感情でもあると私も思っていて、
    優しさとは一概に「こうである」とは言えないものだと感じます。

    過剰にベタベタするでもなく、相手をよく見て、
    良い意味で適当に少し優しく接する。
    それで十分に優しいのではないかと思います。

    相手に付け込まれたり、
    知らず知らずに相手を増長させる事でこちらに付け込ませたりするのは、
    「してあげる」が過剰になった所で起きる事柄だと思いますから。

    ユーザーID:1748122871

  • 優しさには

    優しさには基本的にお人好しの側面は付いて回るのでは?

    出世魚のようにここから線引きって話じゃ無いと思いますよ。

    もちろん、一方で優しさには長期的に見た場合など、結果的に一定数残酷な側面もついて回りますし。

    ただ、優しさで救われているものがある程度あるのは事実ということだけ理解するでも良いと思いますよ。

    野菜や肉魚を美味しくいただき、生産者などに感謝することは良しとしても、苦労や過程を同じだけすべて理解する必要があるとは思いません。
    人には向き不向きがありますので。

    あなたが気にしている評価というものがどのような範囲で、万人からのものを求めているなら、かなり大変な話かなと思います。

    伝わる人にだけ伝わるのでは駄目なのでしょうか?
    多様性があることは受け入れるしかないし、だからといって諦めることにはならないと思いますけど。
    そんなこと言ったら、人生なんていつかは終わるのに何もかもが無駄になるって話になってきます。

    ユーザーID:6189210661

  • 人からの評価なんて考えたこともなかった

    >人の掛け値なしの優しさが報われ、評価されるのは、物語や小学校の道徳の教科書の世界だけかなと思ったりもします。

    優しさをかけるとき、人からの評価なんて考えたこともないです。まずそこに違和感を感じます。トピ主さんは「優しい自分」に酔っているのでは?

    なんていうか、優しさって、人から見えないところでするのが格好いいのであって、
    人目を意識してやるのは、偽善ぽいと感じてしまいます。

    あるいは、自分より困っていると思われる人へ施しをすることで、自分が上にいる気持ちになりたいのではないか、
    そんな気がします。

    また、私の考える「優しさ」は「甘やかし」や「同情」とは違って、ときには相手のために鬼になることもある、そういうものです。
    一時の施しを与えるのではなく、自分がいなくても相手が自分で自分を助けられる人間になれるよう教育などを与えたりする、そんな感じのことだと思います。

    ユーザーID:5388905343

  • 優しい自分に酔う

    私って捻くれているのか、人の行動って殆どが自分の利益の為だと思って見ています。

    貴方の同情も
    優しい私って素敵!
    って自己肯定感を高める目的や
    周りに良く思われたい
    って計算が根底にあると思ってしまいます。
    だから
    > 人の掛け値なしの優しさが
    って本当なのか?って思うんですよね。

    私が優しくしてあげたのに思っていたのと違う反応がある。
    そう思った時点で、見返りを求めている、って事ですよね。「掛け値なし」の優しさではない。

    騙す相手もその気持ちがわかっているから、そこを突いてくるんだろうな、とも思います。
    この人の自分の優しさに酔う所を利用して利益をえてやろう。

    側から見ると利害関係が一致しているようにも思えます。

    自分が優しくするのは、自分の利益の為なのだ。
    って自覚していると、傷付くのは少なくて済むのかな?って思います。

    ユーザーID:5154711704

  • その人の気持ちの差

     優しい人は間が抜けている訳ではないので、単純に食い物にされたりはしません。

     一見そう見えるとしてもそれは、一時お金や時間を費やす事で相手を篩に掛けているだけです。そういう人は切る時はバッサリで、二度と関ろうともしませんから。

     自分の考えを主張出来ずに流されるまま、嫌な思いばかりしているのがお人好しでしょう。

    ユーザーID:3306110611

  • トピ主さんへ

    答えになっていないけど感じたことを書きます。

    私はつらい時でも、愚痴はあまりこぼさず、わりとニコニコと過ごし
    誰も見ていない家の中で疲れ果てているようなところがあります。
    そういう自分にとって、トピ主さんのようにさりげなく声をかけてくれたり
    何かちょっとしたものをもってきてくれたりと行動で優しくして下さる人は、心底有難く恩義を感じる人です。
    ですから、トピ主さんの行動で実はとても救われたという人、多いのではないですか?
    世知辛い世の中で、優しい人は貴重な存在ですよね。
    義理堅い人ばかりではないし、皆さん忙しいですから、忘れたように見える人も多いかもしれないけど、
    多分トピ主さんは徳を沢山積んでいます。
    そして世の中を良くしていたり、潤いを与えているのは
    トピ主さんのような人の行動です。
    恩を仇で返されるようなこともあるけれど、悪い人?には負けないで
    これからもその生き方をしてほしいと思いました。
    私も出来るだけ人には優しく生きていきたいと思っています。

    ユーザーID:1577704567

  • 冷静さ

    すぐ感情移入することが優しさではないですよ。

    突き放したり、静観するのも優しさ。


    物事の本質を見極められたら、
    欺かれることはないのですよ。

    ユーザーID:1984768660

  • お人好しは優しさの延長にあるのでしょうか

    優しさ<スペクトラム>お人好し
    は成り立つ場合もあるし、成り立たない場合もありますよね
    お人好しは『カモ』にされることが多いです

    他者に対する親切<スペクトラム>お節介
    でしたら、成り立つでしょう

    私はかなり『お節介』な人間のようです
    ひっかかると流せないのです

    今は手が離せず
    或いは次の予定があり関わる時間もなく
    通りすぎることもありますが
    眠りにつく前に、あのあとどうなったのか気になります

    ですから、自分自身の精神衛生のためにも手も口も出します

    あくまでも自分のためです

    叫んで逃げられても
    泣かれても
    懲りもせずにやってます

    たくさんの人がいても、道を聞かれたりシャッターを頼まれたり、一番にされます

    モヤモヤするなら辞めればいいし
    続けたければ続ければいい

    ちなみに
    私は『お節介』だけでなく『お人好し』で『後生楽』で『考えなし』の『馬鹿』だと言われています
    さすがに「これはちょっと」とモヤモヤしたり、おかしくなることもあります
    それでも、基本的に気になったら突進していくことを止められないみたいです

    ユーザーID:7437915533

  • 待つことが本当の支援

    メビウスの輪 さま

    どの様な意図でこの話を問われたのか分かりませんが。

    優しさは自己満足です。
    お人よしは無関心なのです。

    どちらも相手のことを思ってはいないのですよ。

    人は自身のコミュニティー内での相互支援が遺伝子に刻まれています。
    他人が困っていれば助けるのは本来の姿なのです。

    優しいと感じるのは、期待以上の支援が得れれるから。
    それは支援者自身の優しくされたいという気持ちが過度の支援をさせるのです。それゆえ時にはおせっかいともいわれるのです。

    お人よしと感じるのは、単に言われるままに支援しているから。
    相手に関心が無いから言われたことだけ支援するのです。
    本当は関わりたくないのだけど、必要とされているから考えずに対応する。
    だから隙が生ずるのです。

    支援しないのは、そもそもコミュニティーの一員と認識していないからです。

    相手のことを思えば、困っている人が自身で対処できるような支援をします。自力で立ち上がるまで待っています。
    待つことが本当の支援なのです。

    ユーザーID:1887155350

  • お人好しこそ真に優しい人

    優しい人が全てお人好しかと言ったらそうではないけど、お人好しの人が全て優しいかと言ったら…優しいと思います!
    だって自分の利益も考えずに人のために尽くしたりするんですよ。
    騙されたり馬鹿を見ても優しさの方が勝つんです。

    なので、お人好しが真に優しい人で、お人好しでない優しい人は薄〜く優しいだけだと思います。
    境界線というより優しさの最上級がお人好しなのです。

    お人好しへの評価が低すぎます。
    馬鹿にしすぎです。

    ユーザーID:1661108233

  • 自分軸

    相手に成り込んで自分のことをそっちのけで手を貸してしまうのがお人好し。
    ここまでという無理しすぎない自分の限界(他人に与えられる分)を設定した上で手を貸すのが優しさだと思います。
    そうすることが自分にも相手にも精神的負担が軽い方法だと思うからです。

    ユーザーID:0231639057

  • 個人の感想ですが

    優しさは自発的なもの。相手の立場で考えている事。きっぱり断わることもできる。
    お人好しはただのイエスマン。自分で優しいと言う人はだいたいこっち。

    真面目とかもそうですが、自分で自分を優しいとか言っている人で、本当に優しい人に出会ったことがありません。
    あくまで他人の評価です。自分でやさしいと言うのは、自分で自分の成績表に5をつけているのと同じですから。

    ユーザーID:7500184106

  • お人好しというのはそもそも褒め言葉では無い

    お人好しとはそもそもいい言葉なのでしょうか?。
    際限なく人に尽くして搾取されていたり、騙されやすいという事を、
    やんわり婉曲的に表現している言葉ではないでしょうか。

    あの人優しいねと、
    あの人はお人好しだからと、
    この違いが分からないと結構苦労すると思います。

    人に自分を利用されるのは気分が悪い事ですよね。
    気分が悪い事をされてそのままだという事が問題です。

    人に利用されても搾取されても気分が悪くならないなら、
    それはその人なりの方針だと思うから、
    そのままで良いし、その当人にとってはお人好しと言われても良いのでしょう。
    しかし、気分が悪いとなると、本当は無理してる事の証明だから、
    もうそこからは撤退した方が「自分に優しい」と思いますよ。

    ユーザーID:7296677429

  • 全く別の意味だと思います。

    優しさとお人よしの境界はないと思います。
    それぞれが異なる性格だと思うから。

    <優しさ>
    いっけん、厳しい言葉をかけたり厳しく対応してるように見えても、それが相手にとってプラスになるようにとる言動。
    よく言われてるのが、飢えている人がいるときに、魚を与えるか、魚の釣り方を教えるか。

    <お人よし>
    どんなことでも相手の言動を善意にとること。
    悪く言えば、見極めができない。

    >人が困ったり苦労したりしていると、「可哀そうに」「気の毒に」とすぐ同情してしまいます。

    言われてることはわかりますが、そうなったいきさつ(事実)を理解したうえでとる言動が優しさ。単に困ってるという表面上のことだけで同情したり、いたわりの言葉をかけるのは、優しさではなくお人よしだと思います。付け込んだり食い物にされる確率が高いのは、お人よしだと思います。

    報われないとか馬鹿をみると感じるのは、見返りを期待するからです。
    見返りを期待することは、優しさでもお人よしでもないと思います。

    ユーザーID:2209273502

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧