預貯金って大事?

レス62
(トピ主0
お気に入り135

編集部からのトピ

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見をいただき、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「預貯金って大事?」

「無駄遣いせず、貯金しようね」。親からお小遣いやお年玉をもらったとき、こう言われた人は多いのでないでしょうか。自然と貯金は良いことと思うようになり、それが、海外と比べて日本人の貯金好きにつながっている一因かもしれません。突然の出費に備えて、貯金があると安心ですが、運用したり、自分に投資して能力を高めたりすることも大切なはず。好きな趣味にお金をかけたり、旅行にいったりしてストレスを発散することも必要でしょう。皆さんは、預貯金って大事だと思いますか? オトナのみなさんの意見とその理由、具体的なエピソードを教えてください。

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞や読売新聞のニュース配信などで転載させていただくことがあります。
読売中高生新聞のHPはこちら。

ユーザーID:8461997404

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
  • 貯金は大事というかするのが当たり前ですが・・・

    神奈川県在住、50代、男性です。

    父が銀行員だったので、無駄遣いはしない、筋金入りの倹約術を幼少の頃からたたきこまれました。

    父のくちぐせが、困った時にしておけば良かったと思うのは勉強と貯金だ!です。

    大人になるまでその意味が分かりませんでしたが、大人になると周りには貯金が出来ない人、無駄遣いが多い人が大勢いるし、どちらかというとそういう人たちの方が多数派だと分かってから、なるほどね・・・って思いました。

    幼少の頃からそういう教育を受けていないと身の丈にあった慎ましやかな生活って出来ないんですよ、みじめに思うし、辛気臭く感じますからね。

    ユーザーID:5560837932

  • 他を禁止してるわけじゃない

    貯金はしましょう。
    何かあってからでは遅いので。

    買いたいものがあるなら買いましょう。
    貯金する分は残して、あとはお好きにどうぞ。

    海外旅行したいなら、それこそお金を貯めなくては。
    無意味に何も考えずに貯金してるわけではないのです。
    この先の使い道を考えるからこそ、今は使えない(貯金する)だけです。

    ユーザーID:0642753000

  • 預貯金とは夢をかなえるためのもの

    「お小遣いは、今なぜ君の手にあると思う?」
    小学生にそんなアンケートをしたことがあります。その結果がびっくり!
    「お金はATMから出てくるもの」
    そんな答えが半数近かったのです。お金がただペラッとATMから出てくるものなら、
    「預貯金しなさい!」
    と言われても、子どもたちに理解できるはずありません。

    お金は、ご両親が一生懸命働いた対価として会社から支払われたもの。そしてお小遣いとして、今あなたの手の中にあります。
    さて、お金はゲームで今1時間楽しむために使うこともできます。
    でも、あなたに夢はありませんか?欲しい物はありませんか?旅がしたい。留学したい。
    大人になれば夢はもっと増えます。お家を建てたい。子どもたちを希望の学校へ行かせたい。そして今は長い老後を過ごすためにもお金が必要です。
    だから1時間楽しんで使ってしまうのではなく、預貯金が大切なのです。

    では、夢をかなえるためには「いくら」必要でしょうか?
    「何のために?いくら貯める?」お金を貯める時には、そんな意識が必要です。いくら必要か調べて、お小遣い帳をつけて計画しないといけませんね。
    1時間ゲームもしたい!これだって大切だから、これも計画に入れないといけません。
    後から足りなくなることも考えず、一時の満足の欲求に負けて散財してしまうことを無駄遣いといいます。

    あなたが支払ったお金はお店や会社の収入になり、新しい魅力的な商品やゲームの仕入れにあてられるかもしれません。お店や会社が支払った税金で、きれいな道路や橋ができるかもしれません。また、そこで働く人々のお給料になり、彼らの子どもたちのお小遣いになります。

    お金は有意義に社会を巡ることでたくさんの働きをします。社会の中を栄養たっぷりで流れる血流、それがお金の存在意義、金融です。
    預貯金はその血流の中の1つの段階、あなたの夢をかなえるための手段です。

    ユーザーID:3514672651

  • 働きたくない

    既婚(子どもなし)30代女性です。

    少数派かもしれませんが、私が貯金をするのは主に、働く時間を少しでも短くしたいからです。(もちろん不測の事態に備えるという意味もありますが)

    日本ではよほどの理由がない限り、「大人になったら働かないと生きていけないシステム」になっています。
    働かないとお金がもらえず、お金が無いと食べ物や住む場所を確保できず、生活を維持できません。
    しかしお金があれば、働かなくても生きていけます。
    私は人に雇われてヘコへコしながら生きるのが好きではありませんし、かといって起業というリスクをとるほどの冒険家でもありません。

    そのため、私は少しでも働く時間を短くして、自由にやりたい事だけをやって生きていく時間を買うために「貯金」をしています。

    年間にかかる生活費が200万円だとして、年金受給が65歳だとします。
    20歳で働き始めて、毎年がんばって150万円貯金したら、50歳で4500万貯まります。
    そうしたら、50歳から65歳までの15年間は働かずに自由にやりたい事をやって暮らしても、65歳の年金受給の段階で1500万円の余力があるのです。

    逆に20歳から毎年30万円しか貯金していなければ、65歳の時点で貯金は1350万しかないうえ、65歳まで継続して働き続けなければいけません。
    計画性の有無で将来の自分の生き方が大きく変わってきます。

    でもこれはあくまで私の生き方なので、「しなければいけないもの」ということは無いと思います。

    ユーザーID:5009108088

  • アリとキリギリス

    蓄えがあるかないかで、心の余裕は全く違いますね。

    私の同僚は、学生時代からお金の勉強をしてコツコツ運用。社会人になってからも無駄な遊びもせず、質素倹約。
    まぁ周囲からは「働きすぎアリ」と言われて小馬鹿にされ笑われてましたけど。
    その人は目標の貯蓄額を決め、それを達成したら早期リタイヤして、自由に生きることを目標にしてまして。
    それが50代初め、念願かなって目標額を達成したようで退職の連絡を昨年頂きました。
    10桁近い資産らしいです。

    ただね、独身なんですよ。
    自分の子供は諦めたようです。
    それでも、とても生き生きとしていて次の目標(独り旅行)に向かっていました。

    その人をみていて、何が人生にとって大切なのか、色々考えさせられました。

    闇雲にただ預貯金すれば良いわけではなくて、
    貯めておくお金、稼いで来てくれるお金(投資や投機)、生活に必要なお金、楽しむためのお金など、目的毎に分ける事が大切(件の同僚もこれを力説)

    その年齢でなければ、出来ないこと、楽しみはありますから、お金をすべての基準にしては生活が貧しくなりように思います。
    さりとて、生きていくには蓄えは絶対必要。

    所詮人生を豊かにする道具のひとつな訳です。
    お金だけでなく、人間関係も大切だし、健康も重要なファクター。

    そう考えると、アリとキリギリスのお話とは違って、人間って欲張り。

    ユーザーID:7982995015

  • 編集部からのトピランキング

    一覧
  • 60代。女性です。

     子供のころに。家が貧乏だったとは思っていませんでした。
    親が公務員でしたし。一応戸建てでしたし。ただ・・・・。
    親の仕事の都合で、小6で。都心の公立小学校に転校
    しました。そのまま学区の中学に。持ち物エトセトラ。
    差があったように思っています。

     後に思ったのは。まあ確かに裕福な家庭ではなかったと
    思いますが。あくまで親が質素だっただけで。中の下では
    なかったかと思っています。

     三姉妹の末っ子でして。大正生まれの母は。これからの世の中。
    女性でも学歴を…との考えで。姉二人は4大に。私は学力及ばず。
    専門学校に進学させてくれました。感謝しています。親(私の
    祖父母)からの遺産もなく。子供に学歴を与え。戸建てを購入し。
    墓も購入し。老後資金も蓄えていましたから。預貯金に励んで
    いたからできたことだと思っています。

     後に私は。銀行に就職しました。就職直後から。母から。
    財形を申し込め。預金しておけと口うるさく言われて
    いました。言い分は理解できますが。預金はね。配属の
    支店にすればいいことだけど。財形はね。人事に申し込み
    しなくてはいけなかったので。手続等もわかりませんしね。
    (先輩に謎聞けませんから。)ある程度、月日が流れ。
    通達等を目にする機会があったので。(というか、余裕が
    できて目にとめることができた)申し込みました。

     その後…に。お金がたまらないと嘆く後輩に。
    財形を勧めたこともあります。

     まあ銀行に勤めたこともあり。金銭感覚はみがかれた
    かと思います。(かと言って、勉強不足で、金融関係の
    資格は取っていませんが。)

    長い人生。預貯金あれば。物理的にも気持ち的にも
    余裕ができるので。いいことでではないかと思います。

     ですから。預貯金。大事だと思います。

    ユーザーID:6948002197

  • 同じ考えの人がいた!

    働きたくないから、貯金をする。
    こんな考えの人いないだろうと思っていたら、いましたね。
    とにかく仕事に追われる事が大嫌いでした。
    私は30半ばにして、正社員をすでに捨てています。
    貯蓄は1500万。たまにアルバイトに入るくらいで、あとは一日中株価とにらめっこしています。

    貯金は仕事辞めてから減っていないので、2年目にしては自分ではよくやっているなと思っています。
    個人的に、使わない金は無意味だし、お金は使い方だと思っています。
    欲しいものなんてないし、仕事に追われない日々も楽しいし、ただ戦略を立てて月に数回来るチャンスをひたすら待つ。これが生きがいになっています。

    20代にひたすら貯金していて本当に良かった。
    欲が人より無い人間で本当に良かった。
    まとまった貯金がなかったら投資などできなかったでしょう。
    貯金よりも使い方が大事。
    家を買わなければならない。車を買わなければならない。結婚したら指輪を買わなければならない。
    こういった謎の固定観念を捨てた方が楽になります。

    ですから私の答えは、いずれ適切な事に使うためのまとまった貯金が大事、という事です。

    ユーザーID:2919924308

  • 良いことがいっぱいあります。

    預貯金をすることはボケ防止になります。
    今、認知症が増えていますが、預貯金をして残高確認をしたり、子供や孫にお金を振り分けたり、そんなことに頭を使っているとボケ防止になるんですよ。
    預貯金があると、心にゆとりが生まれます。
    気持ちのゆとりが健康増進にもつながります。

    それと、タンス預金もしておいた方がいいです。
    大震災やサイバーテロの時には、キャッシュレス決済ができなくなります。
    その時に役に立つのが、現金です。タンス預金です。

    それからコツコツ貯めることが大事です。
    私は主婦でしたが、国民年金だけなので個人年金を何十年とかけました。
    その甲斐あって終身で個人年金が死ぬまで受け取れます。

    若い人は、将来少子化や異常気象など心配なことも多いと思います。
    有事の時を想定して、若いうちからコツコツ預貯金をしたり、タンス預金をしたり、個人年金をしたり、10代の時から考えておくのも大事だと思います。
    いつか自分の助けになります。
    それと、預貯金があると人の役にも立ちます。
    子供や孫や、寄付をするのにも役に立ちます。

    ユーザーID:9641860751

  • お答え

    持論ですが

    お金と知識は邪魔にならないから、多いほど良い・・です。


    お金はいくらあっても困らないと思いますよ。
    そのためには、貯金が大事。
    もちろん、どうしても欲しい物は我慢せず買いましょう。
    (よーく熟考した上でね。
    親には無駄遣いと思えても、本人が必要なものなら、買ってもいいと私は思う)

    でも、あとは貯金しておけば、きっと自分のためになります。
    お金があれば、気持ちのゆとりが生まれるし、いざと言う時、借金せずにすみます。


    お金と知識は多いほどいい・・・けど、その使い方を間違えると不幸になります。
    そのあたりも、よく考えてね。


    60代専業主婦、孫アリ、東京都

    ユーザーID:7106787464

  • お金を語ろう。

     大富豪資産を相続予定でなければ、一般的に
     
     お金は夢を実現するための物なので、趣味や交際、旅行でリフレッシュ、
     
     視野が広がったり、メリット多いよね。大いに消費有りです。

     老後に目を向け、人口減で年金の事を考えると、貯蓄が必要。

     副業も認められるようになってきたし、スキルを身につけて、

     働いたら、お給料の一部を貯蓄、一部を積み立て投資に回して、

     30年以上運用したら、年金の代わりになるかも。

     日本ではお金の話は、タブー視されてるけど、この風習が

     詐欺事件が起きる原因と外国から思われてるらしい。

     学校では教えてくれないし、職場も流動的になっているから、

     自ら、税金や社会保険、資産運用等勉強することが大事。

     若いときから、貯蓄や運用していれば・・・と後悔しないように。

    ユーザーID:9562071483

  • まず働くことが大事

    預貯金はあれば越したことはないですが、最初に大事なのは働くことです。日本は先進国ですから、労働者の権利はそこそこ守られており、正規の職についていれば給料はもらえます。もちろん使いようによりますが、それがもらえれてはじめて預貯金が貯まっていきます。なので、できるだけ「正規職で働き続ける」ことが預貯金以上に大事。もちろん、芸術家とか学者とか、なかなか正規職につけない仕事もあるけど、それでも収入の確保(=自分の価値の向上)にこだわって働くことは大切です。

    とはいえ、人生何が起きるかわかりません。世界中でコロナが蔓延するなんて、去年の今頃、誰も思っていませんでした。残念ながら、それで失業する人もいます。また、コロナがなくても急に病気になったり、家族の事情でどうしても仕事をやめないといけないこともある。それが人生です。

    私のオススメは、そんな困難に遭ってもともに歩んでいけるようなパートナーを探すこと。二人のうち一人でも食い扶持を稼いでいれば、もう一人も、そして子供も生活していけます。女の人が生涯働き続けるかどうかで、世帯収入は全部で1-3億円変わると言われています。私の友人は東大出身で一流企業勤めをしてましたが、仕事が辛すぎて鬱になりかけたため、奥さんにしばらく頼ろうと腹をくくって仕事をやめたそうです。二人で稼いでいれば、男の人もそういう選択ができるんですよ。このケースでは奥さんの方も、ダンナさんを過労死に追いやらなくて済んだわけです。

    もちろん、奥さんが働き続けられる環境を作るために、男の人も家の中のことは全部できるようになっておきましょうね。二人で助け合って働いていたら、子供も両方に懐くし、お金も気がつくと貯まってますよ。うちはかなり貧乏スタートでしたが、去年、楽しいマイホームをローンなしで建てちゃいました。自分たちの努力の上に生活を作っていくの、楽しいですよ。

    ユーザーID:3336465027

  • 匿名さんに同意

    匿名さんの意見に同意します。
    40代主婦ですが、今家庭の貯蓄は4500万あります。
    (内今年確定申告で200万弱持って行かれるので、実際は
    4300万)

    子育てもあり、ずっと働いてなかったのですが、
    少しでも小遣いかせぎをすべきかなと昨年単発の仕事をしたんですが、
    クレームが来たとかですぐに切られてしまいました。
    「単発の仕事で私クビ?」
    あんなにメンタルやられることって中々ないです。

    私にとって働くことは、子育ての1万倍くらい辛いことで、
    働きたくないです正直。


    日本ほど「働かないといけない」風潮の国はないと思います。

    それに、普段そんなにお金使うようなこともないんです。
    子供の本は図書館で借りればいいし、
    趣味は韓国ドラマなんでテレビで見てたらいいし、

    海外旅行はたまに行ってましたが、
    安く上げようと思えばいくらでもできます。

    女性活躍時代と言いながら、今回コロナで女性の貧困が浮き彫りに
    なっている。

    預金は勿論大事で、預金があれば好きなように生きたらいいと
    思います。

    ユーザーID:0418875299

  • 大事だとおもっている

    北陸在住、アラフィフ、小一の息子の母です。

    預貯金は基本的に大事だと思います。

    夫が、全く貯金のない人でした。習慣もなく、いざという時のお金は、親が保険等を解約して捻出していたようです。
    私のうちは、質素倹約を旨とし、とにかく預貯金、という家でした。

    結果、夫の実家は保険に回すお金もなく、夫は私と結婚して、家計を預かる私が預貯金していたことで、借金もなく、必要なものには借金をせずに現金払いができるようになりました。

    投資は、長い目でみないと、というのと、余剰金の中で、という信条があるので、今は特に何もしていません。するなら、株主優待を優先しようと思っています。

    爪に火を灯すまではしなくても、必要なものや冠婚葬祭(急なのは葬儀)に、恥ずかしくない支度ができること、そのための蓄え、というのもあります。
    大人になってから、後悔することもあったので。

    具体的エピソードとしては。夫が年末に足を骨折して、入院は嫌だと自宅療養。息子が五ヶ月で家にいたので、できる限りの育児(一緒に寝るとか、あやす、とか)をしてもらいながら、
    包帯や湿布、トイレに行けないので、尿パッドや水を使わないシャンプーなども買ったし、女1人の力では支えられないので、ヘルパーさんを頼みました。
    1時間4500円を2回、通院時に。
    息子は支援センターに預けて、それにも1時間200円くらいだったかな。8時間。
    収入が無くなって、家賃やら食費やら、普通に払っていたものを全て貯金から。
    3ヶ月で多分40万くらい、職場復帰するまで使いました。

    こういう時、お金があればなんでもできます。
    そのための備え、です。

    本当に、虎の子、だと思います。そして、こういうお金があることで、精神的にも安定します。いざというときの備えがある、という気持ちの安定になります。

    預貯金は大事だと思います。

    ユーザーID:0750354333

  • 貯金は大事だよ〜

    よく考えよう、お金は大事だよ〜って歌がありましたよね。

    まさにその通りと思います。
    例えば今のような外に出ると危険となった時に、
    お金に余裕があれば、お取り寄せで凌げます。
    働きに行かなくても、資産運用で生き抜けます。

    出物の不動産があっても、そういう時は景気も悪いので、
    銀行も融資してくれません。
    欲しいもの、やりたいこと、行きたいところ、チャンスがあっても
    お金がなければできないかもしれません。

    私は50代ですが、チャンスをものにして生きてきました。
    おかげで今があります。

    お金に左右されない人生を送るためにも、お金って必要だって
    きっと皆さんも大人になればわかると思います。

    ユーザーID:4643896951

  • 日本人はもともと冬や飢饉に備える習慣があった

    >海外と比べて日本人の貯金好きにつながっている一因かもしれません。

    海外ってどこと比べてるのかわからないけど…
    日本には四季があるので、冬など農作物が育たない時期や、漁ができない時期に備えて、食べ物を保存したり貯める習慣があったと思うのよね。

    年中豊かな資源に恵まれたり、自然災害などにも無縁な国にいたら、身近に危機感を感じることもないため、備えたり貯めておこうという意識が薄くなると思うのよね。

    日本は、四季もある、自然災害も多い、戦争も経験した、経済危機も経験した、いろんな危機を経験したからこそ、「もしも」の出来事に備えようという意識が強いんじゃないかしら。

    ユーザーID:9426261860

  • 大事ではない

    東京 60代 男性です。

    >今回のテーマ
    >「預貯金って大事?」

    大人にとっては 大切だ。
    しかしながら ここは 10代へのメッセージだ。

    であれば 貯金より はるかに大切なのは 自己研鑽。

    なんといっても 読書 読書 読書 だ。

    私の親は 教育熱心だった。
    小学生の時、全10巻以上もある 伝記全集を
    私に 買い与えたものだ。

    貯金なんか止めて 自己研鑽に投資するべきだ。

    ユーザーID:6240846331

  • ライフステージによって優先順位が違ってくる

    同じ30代前半としても、子育て真っ最中のご夫婦、とDINKSのカップル、独身の人とは預貯金の位置付けや目的も変わってくるでしょう。

    大切なのは、毎月赤字にしない事だけだと思います。そうすれば自ずとたまってくると思います。私の両親は私の金銭感覚を養うため、お小遣いとお年玉は全部私が管理して良いことにし、お小遣い制を始めた時に郵便局で私名義の口座を開いてくれました。私は月々のお小遣いの残りと使わなかったお年玉を郵便貯金にしたところ、中学卒業時に10万円になっていました。(当時の10万円なので、今は20万円くらいでしょうか)それが私の金銭感覚のもとになっています。

    ユーザーID:5490309045

  • お金は計画的に

    お金は、計画的に使うもので、
    預貯金は、お金を計画的に使うための手段です。
    車購入、旅行など高額なものは、ローンや分割払いでなく、
    貯金してから、旅行する、車買うのです。


    浪費癖をつけると、生活レベルを下げるのが困難になります。
    年金少ない、貯金ない、体こわして働けない親が、
    贅沢、浪費をやめられず、
    子供に負担かける。
    という話しはよくあります。
    若いうちから、浪費癖をつけない、計画的にお金をやりくりするように、
    そのため、とりあえず貯金する癖をつけることが大事だと思います。
    投資は、余裕資金でするものだし、
    まずは、貯金の習慣をつけることからです。

    ユーザーID:3547264970

  • お金は足りないと不幸になるから

    お金は足りないと不幸になる。ただしあれば必ず幸せになるわけではない

    なので匙加減が大変重要です

    お金は他人に取られる(ことがあるが)自分の頭につけたものはとられない(頭や手に職)

    なので最強です(但し健康であることが前提なので健康を害する程お金を削っては元も子もない)

    だけど「モノ(金)より思い出!」これも重要

    お金が足りないと欲しいものは手に入りませんよね
    10代はコスメや服やゲーム機かもしれませんが、年を重ねると「欲しいもの」は大きくなります
    大人で欲しいもの・・それは住むところ(家や環境)や学歴や命や命にかかわることかもしれません(命は最低限は保険でまかなえますが)

    今ゲーセンで全部使うか貯めてゲーム機とゲームを買うか、どちらが得か?
    若い時に友達とみんなで映画に行って青春の思い出にするのか歳をとり友人が死に絶えた時にひとりで豪華ホテルで豪華な食事を食べるのか?
    若い頃気前よく使い過ぎてお金がなさすぎておにぎり1個で1日を過ごすのか?

    預貯金が大事なのではなく「持ち金をどうするのか」です
    「全部使わず貯める」「プランをたてて計画的に使う」「どう配分するのか」「今も楽しむ。趣味も楽しむ」の練習(訓練)です

    これができないとできる人と差がひらいていくよ。いずれその差をカバーできなくなるよ。お金を稼げなくなる歳に詰むよってだけです

    勉強と一緒です。取り組まないとできない。コツをつかむとできる。コツコツやらないとできない。ひらいた差はなかなか縮めることができない

    お金は「人から奪う(犯罪)」「もらう」という方法もありますが他人軸(もらう)はくれる人が「もうあげない」と言えば終わりですからリスクが高い

    そうは言っても自分が親になるとかわいい我が子にそこまでシビアに言えなくて甘くなり子供の金銭感覚が残念になるのですけどね

    50歳で地方都市在住の女性です

    ユーザーID:2063137842

  • 毎月ふんだんにお金が入ってくるのでないなら、必要。

    旅行に行くために預金する。
    一月の収入では買えない高額な物を買うために預金する。

    親元で暮らしてたら上記程度の預金が有れば十分だと思います。
    一人暮らしなら、もし急に家電など生活必要品が壊れた時のために預金する。
    もしもの入院に備えて預金する。

    一月の収入でどれもまかなえるなら、預金はたいして重要ではないでしょうが、そうではないなら、必要でしょう。
    いちいち、ローンを組んでたら利子分高くなるので、損ですよね。

    ある程度のもしもに備えた預金は大切だと思います。
    でも、不安にかられて今の生活が不自由になるような預金の仕方はどうかと思います。

    10代は、正直預金の必要はないと思います。

    でも私は、子ども達には、お年玉は小さい頃は高額になるので、好きな物を一つ買ったら、後は貯めておこうと勧めました。
    ただ、夫は反対でした。
    物価は変わるし、子どもの頃の数万円と大きくなってからの数万円は価値が違うから、小さい頃の価値の高い時に使った方が満足感は高いという意見。

    ですから、小学校高学年からはあまり預金を勧めず大事に使ったらいいよと伝えてました。
    そして、中学生からは、お小遣いも一年分をまとめて渡して、お年玉と共に大事に使うようにと伝えて、使うのも貯めるのも自由にさせました。

    それでも、通帳の金額が増えるのは何かと嬉しいようでそこそこは貯めていました。
    その預金は大学の卒業旅行などに役立ったと言っていました。
    大学生になってバイトをしても、日々、洋服や美容関係でたくさん使いたい年頃ですから、旅行費用まで貯めるのは大変なので助かったようです。

    ただ、うちの子ども達は、たまたま物価がたいして上がってなかったので使えましたが、物価の上がりが大きければ、ほぼ役に立たない金額になっていたでしょう。
    難しいですね。

    ユーザーID:9374568196

  • 目標を持つ

    関東、50代、男性
    お年玉やお小遣い、アルバイトなどでお金が手元にあったら、自分は何したいか考えてみることをすすめます。
    若い頃貯蓄もせずに浪費していた反省もあります。自己投資が一番大切ですが、
    目標があれば貯金を優先しても良いと思います。
    私はあまりにも何も知らないで社会人になりましたので、社会出てからたくさん本を読み、学校にも通い、それから目標が見えてきました。
    思いつかなくても、自分の目標を考えると貯金の必要さも分かるようになると思います。10年以上かかるかもしれませんが、人生は長いのであせらず。。。

    ユーザーID:7442555416

  • 貯めてから買うという習慣を

    今はカード払いやローンなどで、お金が無くても取り合えず物が買えたりします

    もちろんクレジットカードなどをうまく使いこなすことも悪いことではありません。

    しかし、基本的に欲しいものはお金を貯めてから買う
    この基本がちゃんと身についていないと、何かあったとき
    例えば思いがけない出費がある
    あるいは、失業する などの時に借金がかさみ人生の取り返しがつかなくなることがあるんです。

    お金はあくまで物事をなす上での手段でしかありません
    が、お金は人生におけるセーフティーネットでもあります
    多くのことがお金があれば解決できる場合が多いんです

    その事を若い人には是非知っておいて欲しいと切に思います

    ユーザーID:0514976630

  • 預貯金の大切は病の時に分かる

    たまたま、昨年は、家族が骨粗しょう症で骨折を二回したり、十万人に一人の難病に突然なったり、健康について深く考えさせられる一年でした。
    健康のありがたみを強く感じた年でしたが、こんな中で、安心して、病院の医療が受けられる、東京の大学病院の先進医療が受けられるとなると、健康保険ももちろんありがたいけれど、入院費、治療費が支払える預貯金のたくわえがあると、本当に安心です。
    たまたま私たち夫婦は、若い時から金融の仕事についており、貯蓄について思想に近いものを持っていました。蓄財は努力していたこともあり、娘の突然の入院、姑の骨折にも、何十万という治療費も準備することができ、社会の恩恵ともいえる医療を受けることができました。
    やはり預貯金を持っていてよかったと思っています。

    日本人は、預貯金ばかり持っていて金満家のように世界から非難される部分もあるかもしれませんが、あまり日本人には、民間の会社のやっている医療保険の考え方はまだあまり浸透していないと思います。いざとなったら、先ず治療費は現金です。ブラックジャックじゃないけれど、よい治療を受けるにはお金は必要ですし、そのために備蓄する考えがあってもいいと思います。
    普段から節約し、山之内一豊の妻のようにいざ一大事となれば、さっとお金を出す、それば日本人の美徳だと思います。
    塵も積もれば山となる、もったいない精神、節約志向、日本人には独特な生活の知恵と蓄財の知恵があり、またそれが成功して、家庭内の預金が多いのだと思います。
    もし優れた医師や医療技術が社会のインフラとして存在するなら、それを生かすのも引き出すのも、家庭の預貯金だと思います。
    蓄財の考えは重要だし、預貯金はいざとなると身を助ける、それがよく分かった病の年でした。
    (埼玉県在住、主婦、五十七歳)

    ユーザーID:3149427687

  • 大事

    一番は、貯金があるないで、心のゆとりが違います。仕事がなくなっても、貯金があれば焦る必要もないです。(最低限の貯金)
    二番は、貯金があればいろんなことにチャレンジする気持ちになれます。何かのきっかけに、資格をとろう!大きい買い物をしよう!◯◯へ行こう!と思える。チャンスや経験が増えます。人生を豊かにできます。お金を理由に諦めるのはもったいない。(ゆとりの貯金)

    とは言いつつも…
    人はいつ死ぬかわかりません。一生懸命貯めたお金は、死んでからは使えません。何をもって無駄遣いというかは人それぞれですが、貯金と消費のバランスが大事ですね。貯金の目標額がたまったら、あとは運用して楽しむのもよし、刹那的に使うもよし。一回の人生です。窮屈に考えず、楽しみましょう!ただし、生活スタイルが変わったときは、貯金額の見直しは必要なのは忘れてはいけないですね。

    ユーザーID:9344420725

  • 大事だけど、大事って事を知ってるだけでいい

    中高生向けですよね?

    中高生にとっての預貯金は、使うための一時保留みたいなもので、どうしても必要ってほどでもありません。
    お小遣いをコツコツ貯めるのも経験だと思う。
    一方で、欲しいモノややりたい事の必要性をアピールして、親を説得して出してもらうのも交渉能力を高める良い経験です。

    貯金を優先するのはずっと後で良いと思っています。
    友達との関係は大切な経験です。
    しっかり交際費は使った方がいい。
    無駄遣いがバカバカしいと思えるのは無駄遣いをしてみてこそ。
    衝動買いの失敗だって大事な経験です。
    そういう失敗は親の庇護がある内にしておいて欲しい。

    自分で稼げるようになると、お小遣いの何十倍ってお金が自由になります。
    お小遣いからした500円、1000円の貯金がバカバカしいとさえ思う人もいる。
    そうなるとタガが外れるものです。
    でも、失敗の経験がある人は無駄遣いや衝動買いのアホらしさを知っているから、簡単にタガが外れるような事はありません。

    貯金は大事です。
    とても大事です。
    でも私が今、大事にしなきゃいけない事と、中高生の皆さんが大事にしなきゃいけない事は全く別次元の話です。
    お友達との楽しい時間を諦めてまで貯金するほど大事ということではありません。
    でも、いつか大事になるってことだけは頭のどこかに置いておくといいでしょう。

    ユーザーID:1022784514

  • お金の余裕は心の余裕

    心の余裕がないと焦ってしまって、判断を誤ってしまうことがあります。
    余裕があると絶対に誤らないという訳ではないですが、冷静に俯瞰してみることが出来たり、周囲に相談して意見を参考にしたりすることが可能になるので、比較的誤りにくくなります。
    自分で大事に貯めたお金がある程度あれば、お買い物をする時でも『買おうと思えば何でも買えるけど、私は本当に欲しいのかしら?その価値があるのかな?』と、ドーンと構えて自問自答出来ますしね。そうすると余計見る目も出来てお買い物上手になり、よりお金も貯まりやすくなります。
    蛇足ですが、個人的には若さや健康や体力はお金に換算出来るんだなぁ、というのを30代から感じます。20代では大丈夫でしたが、40代になると、10時間以上のフライトには(気圧など)体力的に耐えられず、日本からNYに行くにも直航便ではなくロサンゼルスあたりで一旦降機して休憩後に乗り継ぎ、本当にどっこいしょ、という感じです。

    ユーザーID:4519632350

  • 預貯金、もちろん大事です。

    40代、女性です。

    預貯金(現金)はもちろん大事です。同時に、資産運用も大事です。

    現金や、株や投資信託・債券などの金融商品には、それぞれ特徴があるため、全資産のうち割合をどのようにするかが大事だと思います。
    ・生活費の4〜9か月分ほどの現預金
    ・NISAやiDeCoなど税制優遇制度を利用した積立投資
    ・知識があるなら株など個別銘柄への投資
    ざっくりですが、上記のような資産をどのくらいの割合で保有するかは、子どもの有無(教育費)、住宅は賃貸か購入済(ローンの有無)などによってそれぞれ変わってくると思います。
    まずは、将来のライフイベントを書き込みながら、キャッシュフロー表を30年くらいの長期で作成してみると、どんな風に資産形成をしたら良いのか見えてくるのではないでしょうか。資産と負債を書き出して、バランスシートを作るのも良いと思います。

    私は子ども(息子)がいますが、将来の希望など想定しながら、子どもと一緒にキャッシュフロー表を作ったことがありますが、「結婚は何歳くらいでするかなぁ?」と問いかけたところ、「え?ボク結婚しないよ。」と言われびっくりしました。お金だけでなく、そういった人生観(まだまだ変わる可能性はありますが)が親の固定概念とは違っていることに気が付いたり、色んな発見があって面白いです。
    あとは経済の動きが自然と身に着く、トランプのようなカードゲームをして教育、と気づかれないよう金融教育をしています。

    日本は学校で金融教育を受けていないこともあり、金融リテラシーの低い人が多いように感じます。
    国が「貯蓄から投資へ」→「貯蓄から資産形成へ」と言い始めてからだいぶ経ちますが、欧米や欧州に比べて、圧倒的に預貯金の割合が高いまま一向に変わらないのは、そういうこともあるのではないでしょうか。

    ユーザーID:5882944763

  • 貯めることよりも

    実は使うことの方が難しいことは肝に銘じておくべきです。
    預貯金の必要性、効用についてはもう皆さんのご指摘があるので繰り返しません。
    ただし、いくら貯金通帳の残高が増えても、数字を眺めるだけでは本当の満足は得られません。お金はタダの紙切れ、それを何かに変えてこそ喜びがあります。
    では何に使うか、それが難しい。使い道にはその人の価値観が絡むので悩みます。
    さらにはお金の使い方には一時の快楽で終わる消費と、何かのリターンを求めての投資に別れます。お金を貯めるのが下手な人は消費に走りがち、貯め上手は投資でさらに増やします。
    高い学費を払って大学に行っても、遊んでばかりだとそれはお金のムダな消費、そこで一生懸命勉強すれば自分の能力向上でお金が稼げる。貯めたお金を元手に投資を行い、さらに投資によってお金が貯まるのです。
    若い頃からマネー教育が必要と言うのは、正に投資の観念を身につけることです。

    ユーザーID:5169215149

  • 貯金と趣味は両立はできますよ

    貯金したからと言って
    趣味や旅行ができないわけではないでしょう。
    なぜ両極端になるのでしょうか?

    お年玉も全額貯金しろという親も少ないはず。
    一部は自分の好きなことに使い残りを貯金、
    そういう家庭が大半ではないですか?
    我が家はそうやってきました。
    他のお祝いなど合わせた貯金は100万
    成人したとき子どもたちに渡しました。
    娘はそのまま貯金し嫁ぎました。
    一人暮らしなのに、車も買い旅行も楽しんでいましたが
    毎年100万は貯金してたようです。
    大学3年の息子は院の学費に使うと言っています。
    (大学までは親が出すそこから先は自分でという方針なので)
    子供3人いますが、どうにか奨学金借りずに進学させれました。
    派手な生活はせず、身の丈にあった生活を心がけ
    それでも年3回は国内ですけど旅行にはしてきました。

    ユーザーID:2588413433

  • 使うより貯める

    若い時だからこそ、我慢して貯める事や増やす事を勉強した方が良い。

    >自分に投資して能力を高めたりすることも大切なはず。
    好きな趣味にお金をかけたり、旅行にいったりしてストレスを発散する

    こんな事、いつでも出来ます。それこそ貯めてからでもできます。
    貯める事は何かを犠牲にする事もあります。
    そういう事を知った方が良いです。

    >運用したり

    これはやっても良いと思う。若いからこそ、やれる場合もある。

    ユーザーID:9650240929

  • 子供の頃

    お年玉は「預かってあげる」と言われて親に渡し、親は郵貯にしてたようですが、いつのまにか使い込まれたようで、ためたお年玉の行方は不明です。

    なので、あるならあるだけ自分のために使う方がいい。貯めておいても取られる。
    ただし親が毒親の場合。です。

    普通の親なら、自分が貯めたお金を使えるでしょうから、貯金したらいい、です。

    ユーザーID:7316896647

  • 金は天下の回り物

    預貯金というのは、お金の種類の中では流動資産と言われます。つまり一番流通しやすい金融資産なんですね。
    いうなれば、蛇口からあふれるお水で、水道管を流れるお水と同じ。金めぐりともいえると思います。
    預金というのは一番、使いやすいお金ですね。すぐ貯めることもできるし、換金することもできる。一番わかりやすい価値観。
    預貯金を使って投資という考え方が出てくると、いうなれば銭が銭を買う。保険証券を購入したり、債券を購入したり、株式を購入したり、お金は塊になると、権利を持ってくる。それによって、優待を受けたり、利金を受け取ったり、売買によって、さらに高い価値をもつお金を手に入れる。あるいは、不動産を手に入れて、居住環境を持ったり、人に貸して、家賃収入を得たりできる。
    その先ず第一歩がお金を貯めること、預貯金だと思います。

    お金は使わないと意味はないと思うけれど、余剰のお金をまとめておいて、自分の生活を有利にしていくことはできる。
    そういう魔物のようなものでもあります。学資というのは、進学することによって、将来の生活を助けるように学費を出すこと。中高生なら、お金が貯めておけば、先ず、学費に役立てられることは予想がつくと思う。
    将来の夢を実現するには、先ずは学資を貯めておくことが必要になってきます。
    先ずは無駄遣いせず、余剰の部分を貯めておくことからが、一歩ではないでしょうか。

    また金は天下の回り物、かもしれませんが、このお金が、世の中の経済活動を上手に回しています。生活に困らない程度に、お金を使ってあげることが、今の世の中、持ちつ持たれつなのではないでしょうか。

    中高生の皆さん、まずは、野心を持ち、将来のためにお金を貯めていきましょう。

    ユーザーID:3149427687

  • 大事だと思う

    旅行したり投資したりするにも当月の収入だけでは無理。
    目的の為には貯蓄が必要です。
    あとたんに「無駄遣いするな」って意味もあると思う。
    宵越しの金はもたないはイマドキ流行らない。
    いざという時に困らないだけの資金を貯めつつ、適度に遊ぶ。
    あるだけ全部使うのはバカのする事だと思ってます。

    ユーザーID:8447855315

  • 必要です

    コロナの影響で仕事や収入が減っている人が大勢います。そのとき、困らないように3年分の生活費は現金で残しておきましょう。あとは資産形成に回すべきだと思います。なぜなら、皆さんが退職した後、現在のようにほとんどの人が年金だけでは暮らせなくなるからです。今聞いてもピンとこないと思いますが、50歳を過ぎると自分はあといくら稼げるんだろうかというのが分かってきます。その時になって焦っても遅いということです。

    とはいえ、一番良いのは、定年なく働ける資格や技術を持つことだと思います。皆さんは今、自分の付加価値を高められ機会を与えられていると思って下さい。

    ユーザーID:1743020455

  • お金がない苦労も大切

    北海道 50代 女性

    若い内からセコセコ貯金をする必要はない。
    貯金は出来る範囲でコツコツが大事。

    と言いながら、私は親の遺産500万を使い果たした経験があります。(親不孝者)
    健康で働いていたら問題なーい!なんてお気楽でいたのです。

    結婚したら安泰だー!なんて言うのも夢物語。
    現実は結婚相手がバツ1で、毎月養育費を10万支払う生活になりました。
    社会情勢だって何が起こるか分かりませんよー!
    私は結婚した年にリーマンショックでした!
    翌年...夫の会社が倒産しましたーー!
    再就職出来ましたが、養育費10万分の給料が減りました。

    お金がない。困った。洒落にならない。家計が赤字の真っ赤っかです!

    そこで人は愚痴をこぼすだけか、打開するかに分かれると思います。(犯罪はいけません)
    打開策は割愛しますが主に家計の見直しでした。(会社と一緒)
    現在は養育費も終了し借金なし。海外旅行も行けるようになり、投資と老後資金を貯めています。
    今となっては、お金の苦労をしたことで、お金の尊さを学べました。

    《結論》
    コツコツ貯金する事も大事だが、なければないで何とかなる!お金と向き合う事で学びは多く、愚痴ばかり言っているとずっとお金に苦労する。
    さぁ、君達ならどうする?

    ユーザーID:4134303271

  • 2回目のレスです

    預貯金は大事ですか?...そりぁ大事。
    でももっと大事なのは、身の丈に合わない借金をしないことです。

    2018年のリーマンショックの年に結婚し、養育費10万を支払い、翌年夫の勤める会社が倒産。再就職したが10万月給が減っても、何とかやってこれたのは、借金がなかったから。

    借金さえなかったら、いつでも資産を築いていけます。

    若い皆さんは、これから人付き合いや旅行、
    ちょっと無理した買い物などもするはずです。それはそれで経験だからお金を使っても無駄だとは思いません。

    大切なのは身の丈以上の借金を背負わず、毎月の収支をプラスにすることです。
    そのプラスのお金を預金や投資に回すこと。

    コロナ禍によって失業や倒産など多くなっているけれど、いざという時の預貯金や柔軟性のある考え方、また、困った時に助けて貰える信頼関係の構築も預貯金同様に大切な事ではないでしょうか?

    ユーザーID:4134303271

  • 預貯金というより欲望をコントロールする力を身につける

    預貯金、大事です。
    一つは人生の大きな不安から逃れること。
    お金がないというのは最大の不安なのです。
    生死にかかわります。

    貯金をするには収入に応じて支出をコントロールする必要があります。
    それを身につけるのが大事です。
    たくさんお金を稼いでも使いすぎてしまえば貯金はできませんからね。

    いざというときに貯金や資産があると
    不安もだいぶ減り、色々な決断も焦らずにできます。

    年収が増えても生活レベルを上げすぎないのが
    賢く生きるコツです。

    ユーザーID:3057122240

  • 大事に決まっている

    預貯金と対立するような概念として自分に投資すること等を挙げているが、両方とも重要としか言いようがない。

    人間は素のままで社会に出ても、誰からも評価されないものです。
    実績もなにもありませんので。

    なので、実績を積むための第一歩として学歴があるわけです。

    学歴がありますと「実績はないが、少なくとも継続的に学習をして進学・卒業できるだけの気力や根性や頭脳は最低限、持っているのだな」と思ってもらえる。
    そう評価してもらえる「ゲタ」を履くことができます。

    学歴は「実績がないことをひとまず目をつぶってもらう」ためのものなので、仕事ができないのに学歴を誇っても仕方がないものでもあります。そういう学歴のために自分に投資することは重要ですが、資格取得については慎重になった方がいい。学生時に余技として取れるものなら取ればいいが、資格取得に躍起になっても、仕事上で役に立たないかありふれたものなら、何の価値もない場合が結構ある。

    なので「自分に投資」といっても内容が重要なのです。

    一方で預貯金については「あるのが当たり前」です。
    収入が少ないならそれなりに、多いなら多いなりに、預貯金はあるべきです。

    これがないと「浪費癖があるのだろう」「金についてのマネジメント能力がないのであろう」と評価されますので、これまでに築いてきた仕事上の実績に対するマイナス評価要素になります。

    「当たり前にできることをやっていない」人間に対しては、厳しい評価しか付かないものです。

    なので預貯金は重要どころか必須です。
    まともな社会人として評価を受けたいなら、自己への投資と両立しなければならないのです。

    ユーザーID:1267897980

  • 貯金は大切だけど、もっと大切なものもあります

    貯金はもちろん大切。 

    貯金があるのと無いのとでは、気持ちの上で余裕が全く違ってきます。

    例えば、収入がなくなっても10年は暮らせるくらいの貯金があれば

    気持ちに余裕ができて、大きなことにも取り組めるようになります。

    しかし、貯金よりも大切なものもあります。


    いろいろな考え方がありますが、貯金(お金)よりも信用の方が

    私は大切だと思っています。

    お金のために人を裏切るということは、

    人としてやってはいけないことだと思っています。

    ユーザーID:1033597880

  • 裸一貫から始めたら

    預金、貯金の大切さがわかるでしょう。

    自分への投資が大切?
    今の時代のぬるま湯のような、親がかりの生活の上での話なのでしょうか。
    病気で働けなくったら?
    会社がいきなり倒産したら?
    私の同級生は中学を出てすぐに親を助けるために働いていましたよ。
    会社の同僚はお給料から実家に送金していました。
    私は高校から殆んど親にお金をかけて貰えなかったので、金銭面では半分自立してました。
    学費は奨学金、生活費はバイトで。
    家賃こそ払ってはいませんでしたけど。

    高校卒業後は寮のある会社へ。
    時はバブル、すぐにステップアップの転職に恵まれ、そこからはずっと一人で生活していました。
    独り暮らしのアパート代を支払うためには働き続けるしかない。

    勿論、自己への投資もしました、が、それは転職後だいぶ経ってから。
    ある程度、貯金が出来てからのこと。
    三十になるすこし前に、夜間の専門学校に通いました。

    バブルだったけど、遊ぶお金も時間もなかったな。
    毎日残業と、学校と。
    学校へ行けたのは景気がよく仕事が沢山あったから。
    バブルには感謝しかありません。
    貧乏で学歴もない私が転職できて、資格も取れたから。
    これも、貯金があったから、だと思っています。
    先立つものはお金です。
    生きていくためには絶対に必要。

    ユーザーID:1444378077

  • 貯金のない親族

    【好きな趣味にお金をかけたり、旅行にいったりしてストレスを発散することも必要でしょう。】

    その通りです

    しかしそれは
    貯金がある前提での事

    親族(妹夫婦)は
    趣味にお金をかけ
    余ったら貯金タイプでした

    妹の夫が大病を患い
    後遺症の為仕事を失って
    私にお金がないと泣きついてきました
    親戚は皆、不憫な状況となった妹の味方でした


    何故キリギリス生活の私が
    アリ生活をしてきた妹夫婦に
    金銭的援助を求められるのか…


    貯金をしない人で
    趣味に散財したいのなら
    いざという時
    親類に迷惑をかけるなと言いたい

    ユーザーID:8799860435

  • 必要です。

    60代神奈川在住 主婦です。
    預貯金無しで家電の故障など急な出費には対応出来ません。
    もう既に老後に入っていますが老後資金は年金だけでは心もとないです。
    マンション住まいなので管理費/修繕積立金などが生きている限り支払わねばなりません。
    今住んでいるマンションも築30年を超えましたので建てかえなんかも生きている間にあるかも知れません。
    その時に預貯金無しだと出て行かねばならない可能性もあります。
    その時に老人に貸してくれる賃貸があるのかどうか。。
    幸い充分な預貯金があります(巷で噂の老後資金2000万では全く足りません。最低でもその3倍はいるでしょう。)それを減らさないように暮らしていますよ。
    今は年金を貰うまで(私は75歳から貰う予定です)の家計の圧縮の為の準備期間だと思っています。

    ユーザーID:3099975853

  • 預金も余暇も同じように大事

    在米、50代女性です。 

    若いころと今では、預貯金に関する考えが大きく変わりましたね。 体力もあり病気ともほぼ無縁な20代、30代の頃はその時その時の自分のことで頭がいっぱい。 先のことなんて考える余裕がなかったし、考えても実感がわかなかった。 将来のことなんてどうにかなる、という感じでした。 

    ところが40代、50代になってくると、体力も落ちてきて体にもガタが出てくる。 親戚や親、学生時代の友人など身近な人が病気になったり、見送ったりを経験する中で「老後」が実感として見えてくるのです。

    いつまでも働けるわけではない。 体だっていつまでも丈夫でないかもしれない。 働けなくなった時や病気になった時に困らないようにしたいし、周りにも迷惑かけたくない。 私は40代になった時から本格的に将来のことを考え始め、計画を立てて貯金を始めました。  

    もちろん、働きづめで楽しみがないのは嫌なので、趣味や旅行、外食などたまの贅沢にもお金を使います。 息抜きは大事。 適度な休暇を取ってこそ、仕事にも張り合いがでます。 要はバランス。身の丈に合った生活をしつつ、楽しみつつ毎日を過ごせること、これを残りの人生の目標としています。

    ユーザーID:1925675202

  • 人に迷惑をかけない

    預貯金をするということは、他の方も言われるとおり、
    我慢する強さを身につけることでもあります。

    何事にもほどほどというものがあり、
    貯金したいがために、逆に人に迷惑をかけるようでは
    本末転倒になってしまいます。

    自分が何か大きなものを欲しくなったとき、
    自分が自分のために何かしたくなったとき、
    その足掛かりとして、そして自分を後押ししてくれるものとして
    預貯金があればいいと思っています。

    もちろん、老後もどうしたって人にお世話をかけてしまいます。
    堂々と生きていくために、必要なものであると
    私は思っています。
    年金はありますが、それだけで暮らしていくのは難しいです。
    一生働き続けることができる職に就くのも一つですが、
    それは結構難しいですもんね。

    いつまでも若くはないです。
    でも若い方たちには、そんなこと言われても
    ぴんとこないでしょう。
    未来の自分に向かっての投資
    と言った方が分かりやすいかもしれません。

    ユーザーID:0642055798

  • ある程度は必要

    何かやりたいことがあったり、反対にどうしてもやりたくないことが出来たりした時、やはりある程度のお金は必要です。
    これしかないのでもやらせて、これしかないけど勘弁して、というのは社会では通用しないので。

    ユーザーID:6751624060

  • もちろん大事です、でも貯める事だけが喜びになるのはいけません

    働き始めてから、無駄遣いはせずコツコツ貯めました。バブルの時期だったので利率も高く、2年目ぐらいには証券会社で資産運用も始めました。もともときらびやかなものや、流行のもの、ブランドものにも興味が無かったので預貯金は少しずつ増えていきましたが、証券会社に勧められるまま投資信託などをして大損もさせられました。損失の金額を足せば、1000万は超えてます。たぶん利率が低くても、普通預金に入れておいた方がトータル残高は多かったろうと思います。何度も失敗して、落ち込みましたが、何事も経験、学びなのだと今では納得しています。預金残高が増える事に喜びを感じ、欲を出してしまうと、私のように失敗します。電化製品が壊れた時、家具が古くなった時、あるいは諦めようが無いほど魅力を感じるもの(旅行含む)に出会った時、活躍するのが預金です。いざという時、誰かに頼る必要も無く、迷惑を掛ける事も無く、ストレス無く支出できるのです。大事だと思います。これは余談ですが、若い頃はお金は貸したら返ってくるものだと思っていました。だからお金に困っている人に貸した事があります(3人)。返ってきません。余裕があっても貸してはいけません。若い皆さんが、今後簡単に人から金を借りたり、あるいは、返さなくても平気な人間になりませんように。

    ユーザーID:0124042401

  • 預貯金だけ切り取って考えちゃダメだよね〜

    上手に稼いで、上手に使って、その結果の貯金です。

    最初に意識するのは上手に稼ぐことです。
    上手に稼ぐためには良い大学に行っちゃうのが統計的には近道。
    大学に行くって事はお金を使って学ぶってことです。
    これだけで分かると思うけど、貯金より先にお金を使って自分に投資するって事の方が貯金より大事。

    そして次が上手に使うこと。
    目指すは最小のコストで最高の結果を得ること。
    昔から安物買いの銭失いって言葉があります。
    貯金を優先させすぎるとそういったジレンマに陥りやすい。

    貯金が大事だという結論に異議はありません。
    (但し、預貯金に投資行為も含むならですが)

    でも、稼ぎがなきゃ預金なんてできないのは自明の事ですから、預金よりも稼ぐことの方がより重要です。

    生活などでどうしたって出費は必要です。
    稼ぎの中からいかに効率よく消費するかってことが大事でさ。
    また、より上手に稼ぐために自己投資のための出費もケチらない方がいい。
    貯金よりも上手に使うことの方がより重要です。

    ぶっちゃけ上手に稼ぎ、上手に使える人は預金なんてさほど意識しなくても勝手に貯まるものです。

    ユーザーID:1022784514

  • 大切です

    北海道 50代女性 独身です。

    実家を離れて一人暮らしでしたので、若いころは生活が大変でした。
    周りは実家住まいの方が多く、あちこち旅行へ行ったり好きなものを買ったりしていて、余裕のある生活が羨ましかったです。
    給与水準はそれなりの会社でしたが、同僚と生活レベルを合わせるのが大変でした。今後一人暮らしの可能性のある方は、勤務先に寮があるか、家賃補助はあるか、などの生活費のことも念頭におくといいと思います。
    大人になってからいろいろやりたいと思っている人は、その資金に預貯金があった方がいいと思います。

    35歳過ぎからややゆとりのある生活を送れるようになり、旅行や趣味にお金をかけられるようになりました。
    40代で分譲マンションを購入。45歳くらいから本気で老後のことを考え始め預貯金の額や保険の見直しなど行い、65歳までに老後資金をと頑張っているところです。
    何とか目途はたっていますが、いかんせん独り身なので皆さんの迷惑にならないようお金と健康第一と思っています。

    ユーザーID:8172756925

  • この前やっと、自分の年間の手取り分が溜まりました

    こうなると、達成感と共に、なにかあっても暫くは大丈夫だな〜という気になって気持ちに余裕が産まれました。
    何かの記事で見た、「貯金は残機です」という言葉が頭に浮かびます。
    この貯金で1年立ち止まってもなんとかなるということですもんね。

    ユーザーID:6648295845

  • 大人の価値観

    お金がたくさんあると、選択肢が増える。財布に1,000円あれば1,000円の買い物しかできないけれど、10,000円あれば1,000円の買い物も5,000円の物も10,000円の物も買える。
    だけど、悩まないといけない。どれにしようかな?って。私はそれが面倒な性格なので、1,000円あれば1,000円の物を買い、これで足りると満足できる。5,000円の方が良かったかなと悩む時間が、無駄遣いだと思ってる。
    お金と学力はよく似ていて、偏差値40では40の学校しか受験できないけれど70あれば、たいてい選び放題。私が中学の時が、そうだった。進学校より行きたい学校あったんだけど。今、少し後悔。
    大事なことは、自分はどうしたいか、どれが心地よいか、よく考えることだと思う。
    お金がたくさんあればしあわせとも限らない。経験とかいろんな人との触れ合いとか、嫌なことでも、貯「金」じゃなくて、貯「経験」になる。そっちを貯めた方がいい。
    大人の価値観で無駄でも、よく考えて決めたなら使ったらいいと応援するよ。

    ユーザーID:6289940041

  • 大事ですね

    人間が生きて行くなかで、いつ何が起こるかわかりません。私も昔、大病を患い3週間入院したことがあります。治療費や入院費で軽く100万円は超えました。
    病院に人に話を聞いたら、「入院費が払えなくて退院後にローンを組む人もいますよ」とのこと。また近年は「コロナ禍の影響で収入がダウンした」というケースもあることでしょう。
    要は「予想外のアクシデントが自分の身に降りかかってきたときに、対応出来るようにしておくため」に預貯金は大事です、と。ただ、ケチケチし過ぎて欲しいものも買わない、というのも考えモノですが。
    なんでもバランスが大事ですね。

    ユーザーID:6477643061

  • 経験にお金を使おう

    関東地方、40代、女性です。

    親の保護下にあるうちは預貯金は必要ありません。
    子供の預貯金は親の貯金に他なりません。
    大人になっても最低限あれば、事足ります。

    私は数年前に手術を受けましたが、医療費を免除され、7万円ほどの出費で済みました。

    子供時代はお金を貯めるのではなく、経験に使った方が良いと思います。

    私は子供時代、親には散財させました。

    習い事しかり、趣味しかり、学費しかり。

    おかげで、その時にしかできないことをたくさん経験できました。

    それらの経験は一生の財産になります。

    年を取ると若いころのような気力・体力は徐々に失われます。

    若いころの100万円と、年老いてからの100万円では同じ価値を持たないのです。

    「光陰矢のごとし」。

    年を重ねると、年々月日の流れが早くなります。

    お金を今使わなければ、使うときはありません。

    人生は短いのです。

    ユーザーID:5680626126

  • バランスが大事

    大人が子供に向かって言う「無駄遣いせず、貯金しようね」。

    この言葉のメイン、一番言いたい部分は、
    「貯金しようね」ではなく、
    「無駄遣いしないようにしようね」だと思います。

    「無駄遣いしないように」は禁止表現。
    子供に諭すときは、禁止表現よりも、
    具体的にどうすべきかを提示するほうがよいと言われていますよね?

    相手が大人なら、無駄遣いせず、
    貯金や運用、自己投資なんかに回した方が良い、
    という言い方もできるかもしれない。

    でも、子供に諭す場合、
    年齢的に、また、小遣いとして持っている額自体、
    資産運用なんて非現実的なことが多いだろうし。
    自己投資にあたる部分も、その年代なら親が負担するものだろうし。

    結果、その子供が“今”実際にできること、
    そして、子供にも分かる言葉、概念で
    「無駄遣いしないとは具体的にどういうことか」を伝えるとなると、
    「貯金しようね」になる(だけな)のかなと・・・。

    無駄遣いしない、その具体的方法として、
    “今は”貯金しようね、という意味であって、
    大人になっても、貯金だけしていればいい、
    という意味ではないと思います。

    さて。
    大人になってから預貯金が必要か。

    私は必要だと思います。
    ただし、やみくもに貯めればよいとは思いません。

    最低限、元本保証のある預貯金を確保しつつ、
    余剰部分は運用に回す。
    切り詰めて、切り詰めて、では人生に潤いがなくなるから、
    適度に、趣味や自己投資にもお金を使う。

    そういったバランス感覚が必要だと思います。

    大人になっても、無駄遣いはすべきではありません。

    ただし、投資や趣味など、
    預貯金以外であっても、計画的に割り振って、
    意図的に、適度な範囲内でお金を使うことは、
    無駄遣いとは呼ばないと思います。

    中国地方在住、40代女性でした。

    ユーザーID:4664323517

  • いざという時

    テキサスに寒波が到来。

    電力が弱くエアコンが利かない中、断水になりました。電気代金が高くなるのを承知で、利かないけれど凍死するわけにはいかないと、エアコンをつけっぱなしにしました。
    水なし、電気なしでは、食べ物は作れません。普通のスーパーの食品と水は売りきれました。本当に空っぽでした。
    備蓄していた食料品は、水道管の破裂で水をかぶって食べられなくなりました。

    日本みたいに、自衛隊は助けに来てくれません。

    何ができると思います?

    高目のレストラン、高目のスーパーに行ったんです。いつもほど品物は充実していませんでしたが、食品も水も買えたのです。おかげで、飢えや渇きを経験せずにすみました。

    お金がない人は、車もないし、どうしたかな、と心配しています。

    家族と自分の命を守ってくれたのは、お金だったと思います。エアコン代金が何十万になろうと、食費が高くなろうとも、死ぬよりマシなので。今回はお金で解決できたと思っています。

    ユーザーID:6076383290

  • 安心感

    昨年9月定年を迎え、そのまま1年契約毎の再雇用で働いていますが、1年を待たずに来月退職する事にしました。
    理由はいくつかあります。
    ・給与の激減
    現役時代と比べて毎月の給与5割減。ボーナスなし
    仕事は現役時代と大差なし。
    ・職場での微妙な立場
    明確な居場所がない。
    ・最後のやりたいことが出来る貴重な時間
    60〜74歳までの人生の最後の黄金時代。
    この間にやりたいことを思う存分したい。

    結局、これが出来るのも若いころからの無駄遣いはしない事・質素な生活・積極的な投資で得た資産があるお陰です。
    なので貯金や投資は自分の人生をより豊かにしてくれる物だと思います。
    今から4月から始まる生活にワクワクしています。

    ユーザーID:2876503217

  • 人生で大事なモノって

    人生で大事なモノって、友達と知識とお金かな。
    交友を広げるためにも多少お金は必要
    知識をつけたり、自分の見聞を広めるにも多少のお金は必要
    預貯金をするのか、投資をするのかは自分で判断が出来るようになってから
    考えればよい事かと。
    子供がモノゴトの良し悪しの判断が出来るまでの知識をつけるのは親の役目であり、そこから本人がどうしようと勝手にすればいい事。
    うちは小学生の間から、子供の預貯金がどの程度あるかは教えており、
    欲しいものを買う時には、考えさせる。そして実査にはアルバイトはしないけど、家事手伝いで1時間した時の対価を教えてみた。
    お金を使う時にはしっかり考える様にもなしましたし、大学生になってからは、投資について聞いてくるようにもなってきました。
    運用は任せています。親としては今後何があっても子供には迷惑をかけない様に、サラリーマンをしつつ、副業と金融投資を進め、50代前半ですが
    金融資産で億近くになってます。
    自分が学べた経験は子供にも教えていきたいと思っています。
    ある程度判断できる知識と教養を身に着けたならば、あとは自己責任で
    やっていけばいいでしょう。
    その判断知識と教養をつけるのは親の義務。
    頭ごなしに貯金しなさいという事だけでは、ダメ。意味が理解できないものは続かないですから・・・・こどもの自主性を促して判断させればいいかと思いますよ。

    ユーザーID:0559567914

  • 貯金があるに越したことはない

    欲しいものが買える。良い経験をする。友人や家族と楽しい時をすごす。少なからずお金は必要なので余剰があり貯金できるというのは未来の自分を守るかなり強い武器になると思います。
    若いころ笑ってしまうような出費もしました。F-1が好きで世界のサーキットにも行ったりしました。その中で偶然ではありますが故アイルトン・セナ氏と握手して交わしたほんの短い会話は今でも自分の中で輝いている人生の宝物です。
    ほどほどに使い、ほどほどに貯めるのが一番楽しいと思います。

    ユーザーID:7354919840

  • やりたいことや体調を崩した時

    やりたいことがある時、お金がないとできません。学校にいけるのも遊びにいけるのも両親にお金があるからです。

    また、体調を崩した時、お金がないと病院にもいけません。

    不思議なのは、なぜ、日本の学校はお金や経済について教えることに消極的なんでしょうか?

    ユーザーID:6672583416

  • ほどほどがいいわ

    お恥ずかしのですが。

    私、貯金が大事と思い節約を旨としケチに徹して齢70を無駄に重ねました。

    貯金。
    沢山あります。

    でも無駄な貯金だなって今は思います。
    病気がちになり活動量がうんと減りました。
    先が見えてきて、さあ貯金を使っちゃおう!と思った時には使える体力を失っていました。
    時々訪ねてくる数少ない友人や子供達に会うのが楽しみなだけのつまらない人生です。
    お金なんて子供や孫を呼び寄せる撒き餌でしかありません。

    友人はいつもお金がなくてピーピー言ってますけど楽しそうです。
    彼女にあって私にないもの。
    それは思い出。
    圧倒的に彼女の方が人生を楽しんで思い出がいっぱい。
    彼女と語り合う時、彼女は私の豊かさを羨むけど、私は彼女の経験が羨ましい。
    彼女には語れる思い出が私の10倍はある。

    何かを買うための貯金。
    何かに備えての貯金。
    それは大事です。
    でも貯金のための貯金は大事じゃないからね。
    思い出や経験は宝です。
    そこを惜しむほど貯金は大事じゃないですよ。
    所詮、人間起きて一畳寝て半畳でしかないのだから。

    ユーザーID:6970372137

  • 500円、貯金から始めたら?

    預貯金は生きている以上、大切なものです。

    働いているなら天引きが一番!

    持病があるため同い年の方より金遣いが荒いかもしれない。今、57歳。退職後無職ですが、投資は欠かせません。

    タイトルに書いた「500円貯金」は、いかがですか?
    500円玉は1枚約7gなので、30枚にもなると210g。
    重みを感じつつ楽しみが増えるかもです。

    ユーザーID:7264036466

  • 大事でないわけではないけど

    海外小町です。諸外国から見る日本は、個人が貯金をしすぎです。
    そのために毎日の生活を切り詰めすぎというか。。。
    無駄のない生活は素晴らしいけど、もっと休暇やお子さんとの時間や
    家事の時短化にお金を使ってもいいのかなと思います。

    海外では、貯蓄は現在の月の生活費x6ヶ月分が目安で、
    あとは教育費の運用、節税を含めた財テクが主流です。

    これから今中高生の方々には、単に貯金・貯金ではなく
    目的を持った貯金とお金の増やし方を学んでほしい。

    若い頃なら、車を買うでも一人暮らしをしたいでもいい。
    収入源からまず必要な費用÷時間で貯金し、その残りで
    やりくりの癖をつける。

    就職したら、家を買う、結婚式ハネムーン費用、教育費、老後。
    何の為にか目的をしっかり持ち、関わる税金の仕組み、運用法
    も調べる。ただ銀行に預け入れるのではなく、時間を味方につけ
    地味な投資を毎月貯金のつもりでする。
    きちんとした投資、特に老後への投資は毎月が小さい額でも
    何十年とあるので大きく育ちます。決手は二十代から早く始める事。

    投資と言うと大損で全てを失うとか極端な印象ですが、
    実際そんな損をするのは、一時的に大きく当てようと無茶
    した人だけです。貯蓄の感覚で地道にしていけば銀行の利息より何倍もの
    利子がつきます。

    そして日本人は月々の出費を怖がりすぎな印象が。
    例えば貯蓄が十分あるのに頭金を出さないでローンを組み、
    長きに渡り不要な利子を払い続ける。月々の返済額よりも
    ついてくる利子についてもちゃんと見て。
    何かあったらの貯金は何の利息もつかず銀行に眠り、
    払わなくてもいい利子を抱えてちょびちょび払い。
    銀行やローン機関を長年に渡り肥させているわけです。

    目的を持った貯金
    お金を時間で増やす方法を知る
    利子も含めた最終支払い金額に目を向ける

    の3点を理解する機会を持ってもらいたいです。

    ユーザーID:9235772533

  • 必ずしも正しいとは限らない

    こんにちは。東京都在住、30代、女性です。

    ケガや病気や出産などで働けなくなったときも、お金があれば生活できます。
    お金がなければ、利子を払って借りなければならず、借りたときよりもっと多くのお金を稼がなければなりません。
    誰もお金を貸してくれなかったら、生活できず、生きていけません。
    だから、何かあったときのために生活を守るためのお金をとっておくことは大事だと思います。
    この生活を守るためのお金の持ち方で、安心かつ利便性もあるのが預貯金ですね。

    バブルの時代、預貯金の利率が6,7%もあったときは預貯金だけで十分資産が増えました。
    しかし、今はものすごい低金利時代です。預貯金は何年たってもわずかな利子しかつきません。物価が高くなってもその分預金が増えるわけではないので、相対的に資産が目減りした状態になります。
    それに、預貯金の管理に毎年手数料をとる銀行もでてきましたし、預貯金を持つだけで手数料がかかる時代になりつつあります。
    なので、ひたすら節約して預貯金を増やすことがいいことだとは思いません。生活を守るための預貯金を手元に残し、あとのお金を将来のために投資することが今の時代は大事だと思います。

    お年玉もらったら全部使わずに貯金しようという教えも、全て正しいわけではないです。
    お年玉を使ってすごいチャンスがつかめるのであれば、そっちのほうが預貯金よりもよほどいい使い道かもしれません。自分の将来を考えて、適したお金の使い方、活かし方ができるか、自分でお金の使い道に責任がもてるかが大事です。

    ユーザーID:7799260679

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧