お見合いを断る

レス23
(トピ主2
お気に入り32

恋愛・結婚・離婚

mayu

1980年頃だと思いますが、母にはお見合いをして、婚約直前の方がいたそうです。
お見合いから婚約までの間に父と知り合い、多分お互い一目惚れな勢いのようで、結果的にお見合いを蹴って父と結婚したそうです。
その当時、女性からお断りをするって、どのくらい大変な事なのでしょうか。
婚約までの間に母がお見合いした方との間に子供ができていたり、父と知り合うタイミングがもう少し遅ければ正式に婚約していて、父と結婚する事はなく、私は産まれていなかっので、すごいなぁと思ってしまいました。

ユーザーID:1577484016

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
  • 婚約破棄は大変だったかも

    その頃母はお見合いをしましたが、断りまくったといっていました。自分でいわず仲人さんを通すから気が楽だったらしいです。

    婚約破棄なら、お母さん側が結納金をもらっていたのか否かでかわると思います。

    あと普通はあんまり見合いで結婚前に妊娠しないと思います。

    ユーザーID:3752540635

  • そうですね

    どういった筋のお見合い話なのかにもよるのでは?

    1980年ごろといえば、お見合い結婚よりも恋愛結婚の方が多いと思います。

    戦前戦中の頃の様な、お見合い=結婚の様な時代ではないですからね。

    今現在トピ主さんが存在するという事は、トピ主さんのお母様とお父様の出会いは必然だったのでしょう。

    ユーザーID:4673144156

  • 婚約寸前でしたら

    お見合いで婚約寸前でしたらそんなに大変なことはありませんよ。

    結納していても大丈夫。
    金銭的に負担になるだけ。

    大変なのはお式の招待状を出した後です。
    知人は離婚前提に式を挙げました。
    あの頃お式には知らないお偉い様がお客さんとして出席していたので、式をキャンセルするにはとても大変な事だったのです。

    女性の方からお断りすることもそんなに珍しい事ではないです。

    ドラマチックな結婚かなって想像していらっしゃるようですが、夢を壊してすみません。
    そう珍しい話ではないです。

    ユーザーID:7621576759

  • 追加です

    その頃、お見合いをして婚約していなくて子供を作るってあり得ません。
    とんだ飛んだお嬢さんだと噂されます。

    最悪お見合いして婚約して子供でしょ。

    今とは貞操観念が全然違いますよ。

    遊びまくっていた女性ならあり得ますがそうで無い女性は半分くらい婚約していない人とはそういう関係にはなっていなかったはずです。

    ユーザーID:7621576759

  • 今とそこまで変わらないかと

    80年ころでしたら、今とそこまで変わらないと思います。
    今はお見合い自体が減っていますが、やっぱりお見合いで婚約してからの破断は仲人もいるでしょうしいろいろ大変だと思います。
    逆に言うと、本人が覚悟していれば乗り越えられない問題はなかったっと思います。

    お婆さんくらいの世代だと本人の意志だけではどうにもならないこともあったでしょうし、相当な覚悟が必要だったと思います。

    ユーザーID:2059568513

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 1980年ですか

    そこまで男性優位の時代ではないですよ(笑)
    女性側にもちゃんと断る権利はありました。

    結納を済ませてからの破談は大変ですが、それは現代も同じです。
    縁談が正式にまとまっていないうちは、どちらかが仲人(仲介者)さんにお断りすればそれで終わりでした。
    理由を正直に言う必要もない、日本らしい便利なシステムでした。
    ただ、お見合いはどこからかのツテなので、お母様のお見合い相手は「あの方、あのあとすぐ結婚が決まったのよ」なーんて聞かされた可能性はありますね。

    》婚約までの間に母がお見合いした方との間に子供ができていたり
    あはは。お見合いでそれはないです。
    大問題になります。
    正式に婚約してからなら、そういう関係を持つこともあったかもしれませんが・・・

    ユーザーID:1912650738

  • 80年代ってそんな昔の感覚なのですね。

    80年代ってそんな封建時代じゃないので、女性から断るって普通にあったと思います。藤原正彦氏が、エッセイで書いていましたが、断ったり断られたりと。正式に婚約へと進んだのでなければ、断るのは大いにありでしょう。
    男性側でも女性側でも。

    よくわかりませんが、見合いだと、婚約もせずに子供が出来るような事態にはならないのではないでしょうか。その点は、出会い系等とは違うと思いますよ。

    正式に婚約していたとしても、強制は出来ませんから婚約破棄もあり得ます。
    あくまで双方の「合意」がなければ、結婚には至らないと思いますが。

    ユーザーID:9126583061

  • 婚約までの間に母がお見合いした方との間に子供ができていたり?

    すごい発想ですね。
    お見合いの場合は数か月で婚約となると思いますが、その間にそういう関係になるってありますか?

    当時のお見合いは今のようなお見合いパーティーとか合コンとかアプリで知り合うとかとは全く違うと思いますよ。

    お母さんのことをそんな娘だと想像するなんてびっくりです。

    ユーザーID:5089227873

  • 問題は無い

    婚約前ですしね…。どのような繋がりのお見合いかにもよるかと思いますが、余程上下関係でもなければ対して大変ではないと思います。結婚、婚約前に子供ができるなんて事は当時はなかなか無かったでしょう。
    ご両親の出会いに感心されているようですが、人と人との出会いや誕生って、本当に奇跡や運命を感じますよね。

    ユーザーID:3262335869

  • 婚約直前ということは

    婚約してなかったってことよね。

    別に男性からでも女性からでも普通にお断わり出来た時代ですよ。

    面倒なのは間に入ってくれた人のメンツをつぶさないように
    うまく断ることですかね。

    私もお見合いしたことがありますが(強制)お相手の方には断る時には
    間に入って紹介してくれた人に悪いから 直接本人に言いましょうって
    初日にお伝えしましたよ。

    なので直接断ってから 紹介者の人には後日ご連絡をいれました。

    いい人なのに・・なぜ・・とかは 聞かれましたけれど
    問題ゼロでした。


    1980年ころなら 今の時代とそうは変わりません。

    ユーザーID:6010938770

  • お見合いそのものを断るのは、失礼ではありません。

    恋愛結婚と違って、色んな決まりごとがあるので大変と言えばそうですが、基本的には結婚の意思がないのに安易に引き受けるのは、相手にも紹介者にも失礼になります。ただ、お断りしたほうがいい場合というのもあります。まずは、お見合いの紹介でお小遣い稼ぎをしているような人や上手い話ばかりしかしない人は注意が必要です。
    また、紹介を頼んでないのに急に持ち込まれた場合に写真や紹介状を見て、どうしても釣り合いの取れるカップルになることが無理な場合は、御両親から紹介者に丁重にお断りも出来ます。自分自身に持ち込まれた場合で、結婚する気がないにしても、紹介者に失礼にならないやり方で断れば、問題はありません。一人で判断がつきかねる場合は、写真と紹介状を一旦受け取って、両親と相談した上でお返事しますと言っても大丈夫です。すでに他の御意見も出てますが、見合い話が進んで結婚の段取りが整って、挙式の招待状を送ったあとの破談とか、よくドラマで面白おかしい展開で、花嫁や花婿が結婚放棄で脱走という事態になった時が大変です。招待客の皆様はもちろん、紹介者や式場のスタッフの皆様にも御迷惑をおかけするので、ドラマや映画のように笑って済ませられないので、お見合いは結婚を前提とした出逢いですから、引き受けるなら覚悟が必要です。最近は、相談所に独身の息子さんや娘さんを心配するあまり、親御さんが当人たちに黙ってプロフを持ち込んで、見合いをさせようというパターンもあるんだとか。当然上手く行かないので、相談所では今一度、息子さんや娘さんの意思を確認してからお越しくださいとお断りするケースも存在しています。なので、安易に引き受けることは恋愛結婚と違ったリスクを伴うので注意が必要ですよ。

    ユーザーID:3393388578

  • ん?

    1980年、私は大学1年だったのですが(年がバレますね(笑)
    恋愛花盛りでしたよ。
    高校、大学時代の友人20人程の中で見合いで結婚したのは1人でしたよ。その時代って…今と殆ど変わらないのでは?女性からお断りするのってそんなに大変だとか、昭和初期じゃないんですから。女性の権利も今と大差ないですよ。
    しかし娘が
    >婚約までの間に母がお見合いした方との間に子供ができていたり

    なんて自分のお母さまの事をそんな風に考えていたなんてそっちの方がビックリです。
    普通、見合い相手とデキ婚なんてしませんよ。

    ユーザーID:1603241278

  • たまたまそういうタイミングだった

    そんなに珍しい話じゃないです。みなさんが書かれていますが、40年前なら今とそれ程変わりません。お見合いと一言で言っても、カジュアルなものからフォーマルなものまで色々。

    ユーザーID:2690580723

  • ありがとうございます。

    たくさんのご意見、ありがとうございます。
    母は複雑な生い立ちで、祖母の言う通りの人生を歩み、逆らう事は絶対できませんでした。
    両親からは出会いについて、親の知人の紹介と聞かされていて、出会う前のお見合い話は、別ルートで知りました。
    先に話したように、母は祖母の言う通りの人生を歩んできたので、多分祖母が持ってきたであろう父との紹介話で、父とも断り切れず結婚したのかと思い込んでいました。
    お見合いの話を聞いた時、その話を蹴るというのは、祖母に反抗する事になる…ましてやまとまりそうな縁談に父が入ってきたので、祖母を説得するのは大変だったろうなと思いました。
    それまで反抗せず生きてきた母が、初めて祖母の言う事を聞かなかった…そして、仕方なくではなく、きちんと好きな人と結婚できたんだな…と、本当に嬉しかったです。
    私の認識不足で、その当時もお見合い=結婚な時代なのかと思っていたので、婚約直前で断るのは大変な事と思っていました。
    きっと、大変なのはお相手にお断りの連絡をするより、祖母の説得だったのかもしれません。
    また、赤ちゃんができていたり…についても、こちらも私の認識不足ですが、結婚がほぼ決まりなら、お相手の方とそういう関係をもっていたと思っていました。という事は、100%赤ちゃんができない状態ではないので、
    あのような文章になりましたが、言葉足らずで私の思いが伝わらず、申し訳ありません。

    ユーザーID:1577484016

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 追加です。

    皆さんのご意見で、婚約直前くらいだと、お相手の方とそういった関係を持っていない可能性の方が高いと分かり、ほっとしました。

    まとまりそうな縁談を蹴って父との結婚を決めたという事は、お見合いのお相手の事はそんなに好きではなかなったのかな…と、私の勝手な解釈ですが、心から本当に好き!ではない方じゃなく、心から本当に好き!な父と結ばれたんだと…本当に良かったです。

    ユーザーID:1577484016

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 1980年なら

    >その当時、女性からお断りをするって、どのくらい大変な事なのでしょうか。

    今と何ら変わりません。婚約前なら電話一本で「このご縁はなかったことに」で済みます。当時は恋愛結婚7割、お見合い結婚3割。今よりお見合いが多かった分、断るのも日常茶飯事だったそうです。

    1980年をまるで戦時中かのようにとらえている様子ですが、実際は今とほとんど変わりません。高度経済成長期の終了から10年近く経ち、女性も普通に働き、普通に生活している分には目に見えた男性優遇も女性差別もない。80年代中ごろには、年間の離婚による親権保有者で母親が父親を上回り、今の悪しき風習である「親権の母親優遇」の土台ができた時代。

    >婚約までの間に母がお見合いした方との間に子供ができていたり

    当時はその可能性は低かった、という点では今と違うでしょうけど。

    おいくつか分かりませんが、ちょっと時代認識がずれ過ぎではないかと。

    ユーザーID:2318018020

  • 面白かったです。

    1980年かぁ。
    80年代末期、バブル期は私は
    女子大生で、普通に恋愛も
    海外旅行も楽しかったなあ。
    あの頃の大学生のほうが
    今の子より海外に行ったり、
    流行りの車に乗っていましたね。

    トピ主さんの時代感覚?に
    驚いています。
    いまの20代の方は皆そんな感覚
    なんでしょうね。

    トピ主さんがイメージしている
    1980年の恋愛やお見合いの話は
    私の母親世代かな?
    母は今年80歳になります。
    お見合い結婚です。
    15〜20年くらいズレがあるかな?

    ユーザーID:3729980133

  • それより10年ほど後ですが

    友人が親戚に「会うだけでいいから、私の顔を立てて」って言われて見合いに行き、お気楽に断ったら親親族に吊るしあげられて彼氏いることを白状させられ、即婚約に追い込まれました(笑)。

    ユーザーID:4856461355

  • 今と同じ

    1980年でしょう?
    1880年じゃなくて。

    それなら今と変わらない状態だとおもいますよ?
    女性もハッキリ断れる年代ですから。

    ちなみに私の母はお母様より10年以上前にお見合いしています。
    父とは数人目のお見合いで結婚したと聞いてますから、その数人は少なくともお断りしています。
    一部は同時進行だったとも聞いたことがあります。

    お母様の時代より前でもそんな感じなんです。
    1980年頃も普通にお断りしてますよ。
    それにあくまでも「婚約直前」ですからね。
    婚約破棄でもないですから、ただのお断りです。

    あとこれは今も同様ですが、お見合い相手と速攻体の関係を持つ人はいません。
    数回会うだけなら知り合ってまだ2〜3ヶ月。
    婚約直前でもまだ付き合っていないかと。
    お見合いですからお付き合い=婚約って感じでは?

    それともお母様は誰とでも関係を持つような方なのでしょうか?
    お見合い結婚でデキ婚って聞いた事ないですよ。
    だからお見合いで妊娠はほぼないかと。

    ユーザーID:0527002938

  • 好きな人と結婚出来て良かった…ですね。でも。

    >心から本当に好き!ではない方じゃなく、心から本当に好き!な父と結ばれたんだと…本当に良かったです。

    良かったですね。
    でも。

    トピ主さん、あなた「蹴った」「蹴った」と随分失礼な言葉を連発している事、ご自覚ありますか?

    件のお見合い相手さんは、当時婚約寸前までの話を断られた上、時を超えた今現在とはいえ、自分の知らない所で「蹴った」「蹴った」と見知らぬあなたに言われているなんて、気の毒だなと思います。

    >私は産まれていなかっので、すごいなぁと思ってしまいました。

    本当に人との縁ってすごいですね。
    素晴らしい事だと思います。

    だからこそ尚更、人様の事を「蹴った」なんて上からの目線で言うものではないと思います。

    ユーザーID:4196195951

  • すごく不思議なのですが、お母様からお父様との

    過去のお付き合いについて、詳しいお話は聞いたのでしょうか?お婆様の言うことを聞いて、何でも従って来たお母様がお見合いを受けたのは、お父様と交際していた時期と思われますが、お母様はその交際をお婆様に内緒にしていたのでしょうか?もしも本当にお父様とのことを真剣に考えていたなら、お見合いを引き受けたのは、お断り出来ないような立場の方からの紹介か、良くない想像ですが、お婆様がすでにセッティングしていて、先方様に失礼になると思って、お見合いを引き受けざるをえなかった可能性もありますね。そのあたりは、いかがでしょうか?因みに、お見合いのお断りにおいて、交際相手がいたり、片想いでも好きな人がいる場合、交際中であることや意中の人がいるという理由でのお断りは失礼ではありません。そして、トピ主様が誤解なさっているとすれば、お見合いという制度に対してですね。本来は結婚を前提とした出逢いですから、イヤならお断りは出来ます。日本の歴史の中には国同士や家同士の同盟のための政略結婚があって、見合い結婚もあったわけですが。これは、男性と女性の役割がハッキリと分かれていたからです。戦国時代や江戸時代に於いては、女性は夫の留守の間は家を守り、使用人などの仕える者たちを守る責任がありました。子育ても同然です。つまり、男性は外でバリバリ働いて、女性は家庭を守るのが当たり前だったんです。戦時中や昭和の前期も似たようなもので、女性は結婚したら家庭を守るのがメインでした。しかし、令和の現代は共働きが主流ですし、夫婦や家庭の在り方も多様化しています。なので、トピ主様が見合い結婚はイヤだと思えば、お断りすればいいんですよ。

    ユーザーID:3393388578

  • 私が思うこと

    お母さまは私と同世代ですね。当時はお見合いはブーム?でしたが。確かに恋愛結婚は多かったですが、土、日曜の1,2時にはホテルのティールームはお見合いの人たちでいっぱいでした。

    昔と違って仲人さん(紹介者)が複数いたということでしょうか。相手の紹介者とはその時に初めて会うなんてざらでした。仲人同士が自身では数に限界があるからか、グループを組んで自己紹介書を交換いたんですよ。
    ただ両親もしくは母親が同伴していた、本人同士のみは皆無、これは昔風でしたね。

    昔はお見合いをしたら話はほぼまとまっている、了承しているということらしかったですが、当時から仲人さんの電話で断ったり断られたりしましたよ。

    お見合いは断ったり断られたりですよ。それがここでも自分は断られた、そういう話は出てきませんね。断りまくった、蹴った、プライドなんですか? 仲人さんが言うには、相手から返事が来るまでに自分のところが断りの返事をしたら、断ったになるからねえ、向こうも断りだったのかもしれないのに、でしたね。

    断った断った、どうしてそれにこだわるのか当時はすごく不思議でした。私はお見合いの半数位は断られましたが。
    当時からお見合いの成婚率はすごく低かったようですが、
    その一番の原因は相手も選んでいる、それがわかっていないことだと思いますね。

    ユーザーID:1126875119

  • トピ主さんは30歳過ぎてますよね?

    子供が書いているのかと思ったのですが、1980年に結婚されたなら、トピ主さんは30歳過ぎているいい大人ですよね。

    なのに、お見合いからの流れを知らず、子供ができていたらとか、お見合いを蹴るとか、あまりに軽率な書きようではないですか。お断りと何故かけないのでしょう。そして何が凄いのか、よくわかりません。婚約直前なら、婚約していませんので、婚約破棄ではないのでしょう。

    お見合いこそ、結婚前提で会うのですから、結婚できないなぁと思えば女性からでも断らねばならないと思いませんか?ちょっと付き合ってみようよとは違って一生のことなんですから。

    大人なのですから、言葉を選んでよく考えてください。

    ユーザーID:1202030554

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧