家族がもうすぐ旅立つ方

レス36
(トピ主9
お気に入り73

心や体の悩み

ねこみ

 年末に母73歳に末期癌が見つかりました。今は悲しくて悲しくて、もがいて叫んでいる様な感じで毎日泣いてばかりいます。
手術は不可能で化学療法も期待できない為、緩和ケアに移ります。
私は現在46歳で大学卒業後地元に戻り、結婚出産しました。
私は一人娘で息子も一人っ子の為、両親にとって初孫でありオンリー孫。もう高校生ですが、生まれてから大切に大切に可愛がってくれ、主人が激務でほぼワンオペだった私をサポートし、ありとあらゆる所にお出かけし、お花見、花火、紅葉狩り、そり遊びと季節の行事を一緒にしてきました。育児を共に楽しみまくった16年半です。
密な関係故に、今は何を見ても思い出しても泣けてきて苦しいです。
たくさんの時間を過ごして後悔はありませんが、命のカウントダウンが始まった事が信じられず、受け入れられません。
電話をかければ明るく優しい母がまだ電話に出るんです。
時間をもらえた幸運を自覚して、たくさんありがとうを伝えなければと思っています。
でも今は前を向けません。
今現在同じ境遇の方と少しでも痛みを分かち合う事ができればと思いました。
よろしくお願いします。

ユーザーID:0149618560

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
  • ごめんなさい

    主さんと同じ境遇ではないのに、読んでいて胸がいっぱいになり、つい書き込んでしまいますことお許しください。
    その気持ちは他人である私は推し量れないとも思っております。
    誰もが家族との別れからは逃げられないしそのタイミングも選べない中で無理にその悲しみを押し込める必要はないと思うのです。
    思い出が多い分、時間はかかりますがどうか、後悔だけはしてほしくありません。


    主さんがお母様と過ごした時間はかけがえなく
    そしてお母様にとってもこれから生きてゆく主さんにとっても消えることはありません。


    主さんを救えるような言葉は世界にはないかもしれませんが前を向いて『今』を大切にできますように、
    ご病気で辛い中、懸命に命を燃やすお母様の尊い時間が幸せでいっぱいでありますように。私も祈ります。
    主さんがお母様の事を想うのと同じように、
    お母様も大切な主さんが幸せであるようにと祈られてると思いますよ。

    ユーザーID:9218209748

  • 手紙で思いを伝える

    ねこみ さま

    私は数年前に最愛の姉を亡くしました。
    母は幼い頃に病で他界、父は仕事で不在がちだったため姉と二人で生きてきました。ともに家庭を持ち、住まいも離れていましたが気持ちが通じる間柄でした。最期を迎え二人で長い長い時間話しました、幼い頃の話、結婚について、子供のことなど。
    十分話したつもりでも、時がたてばもっと話しておけばよかったとの思いが繰り返し浮かび心を締め付けます。

    タイトルは最近読んだ小説のテーマで、口では言えない思いを伝えるために手紙を書くという話です。面と向かって言えないこと、死別した後にも形で残る相手への思いなどを手紙にしたためる話です。

    私は寂しくなると亡き姉に手紙を書きます。今は届かない手紙ですが、いずれ自分も姉の所に行きますから、その日の為に思いを書き留めています。
    手紙は自分でも気づかなかった思いを教えてくれます。

    ユーザーID:0050373309

  • お辛さ わかります

    ねこみさん、辛いですね、悲しいですね。
    お気持ちわかります。

    私は父、母、夫を見送りました。
    辛くて怖くて悲しくて、心が爆発しそうでした。
    人生のカウントダウン…を受け入れるまでが一番苦しかったです。
    死んでしまうなんて認めたくなかったから。

    書き出せばきりがないのですが、私が一番後悔していることは、もっと側にいて手を握ってあげればよかった、ということです。

    その時は動揺していて、家にいる子供の面倒をみなければ…とか、夫亡きあとは私が家計を支えるのだから仕事を首になる訳にはいかない、と仕事に穴を空けなかったり…とずっとは側にいれなかったのです。

    今思えば、そんなこと放っておいてずっと側にいてあげればよかった、本人はどんなに孤独で不安だっただろう…といまだに苦しみに襲われます。

    今、コロナでそのような状況が許されるのかわかりませんが、ねこみさんも出来る限りお母様の側にいられるようお祈りしています。

    ねこみさんのこと案じております。
    お母様、どうぞ大切に。

    ユーザーID:8608951476

  • お母さんの立場から

    レスさせていただきますね。

    泣かないで欲しいんだけどなぁ。
    余命いくばくもない今、見たいのは「娘の幸せそうにしている顔」なんですけどねぇ。
    せめて「私は大丈夫。だからお母さん、安心して。」という体を見せて暮れると有難いなぁ。

    それから、楽しかった思い出をたくさん聞かせてほしいなぁ。

    あのね、看護できるのはとても幸せなことなのよ。

    夫の父が突然死しました。
    闘病期間はありましたが、今日明日にどうにかなるという状況ではなかったはずなんです。

    ある日の昼に、あっけなく息を引き取っていました。
    辛かったですね。

    ああ、もちろんどんな見送り方をしても辛いものですよ。

    考えてみてほしいの。
    自分が旅立とうとしている時期。
    泣き顔ばかり見せられてうれしいかしら?
    緩和ケアに入られたのであれば、穏やかに楽しかった良い思い出を共有していただいたほうが楽しいと思いますよ。
    楽しいという表現はどうかとおもいますが、でもね、切ない寂しい空間よりも「あのときこんなで楽しかったね」という話のほうがお母さまも安らぐのではないですか?

    >ありとあらゆる所にお出かけし、お花見、花火、紅葉狩り、そり遊びと季節の行事を一緒にしてきました。育児を共に楽しみまくった16年半です。

    それだけじゃないよね。
    トピ主様が小さいころから嫁ぐまでの間にだって、お母さまとの良い思い出はたくさんありますでしょう?

    ともに思い返して語り合えるのは今しかないのよ。

    末期がんってね、緩和ケアに入っても辛いんです。
    だからこそ悲しい寂しい顔じゃあだめなのよ。

    お母さまのためにも強くなってください。

    ユーザーID:8690417663

  • ありがとうございます

     顔も知らない私の為に寄り添って下さりありがとうございます。

    ゆき様
    産んで育ててもらって今があり、私は今とても幸せだと何度も伝えようと思います。
    その為に前を向けるように、少しずつでも『泣く時間』を『気持ちを整理する時間』に変えていきたいと思います。
    私もゆき様の様に、助けを求めてる人にそっと寄り添える人間になりたいです。

    neco様
    お姉様を見送られたのですね。
    どんなにお辛かったでしょう。
    neco様のお返事を読ませていただき、私もノートを1冊作りました。
    気持ちを文字にする事によって、気付かなかった自分の気持ち気付いたり、心が少し安定した気がします。

    たかきち様
    3人も見送られたのですね。さぞお辛かった事と思います。
    心が爆発しますよね。でも先を見据えてしっかりお子様やお仕事を守られた事、尊敬します。
    しっかり母の手を握り、安心させてあげたいと思います。

    ICHICO様
    強くなりたいと思います。私は幸せだよ、大丈夫だよとたくさん楽しい話をして温かい気持ちにさせてあげようと思います。
    確かに、私の子育ての時間だけではなく、私が育ててもらった時間の話もたくさんしようと思います。私と母にしかわからない思い出話もたくさんあるはずですものね。

    ユーザーID:0149618560

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • わかります…

    私の母も末期癌、モルヒネ持続点滴も開始されあとわずかです。さらに県外にいるためコロナの関係で見舞いにも行けません。緊急事態宣言が出れば看取りにも行けない可能性があります…。毎日父からのメールで状況を知るのみ。
    気持ちをどうしていいか分からないですよね。
    せめて少しでも穏やかに…もうそれしか祈れません。
    お身体ご自愛ください。

    ユーザーID:9798020327

  • 義母の時

    数年前に亡くなった義母の時の話です。義母のかかりつけ医から主人の所に電話が来て、予約が入っているので一緒にお願いしますと言われて診察室に一緒に入ったら、乳がんが見つかってる事を知らされました。

    独立型老人ホームに入っていた義母が夕食時に嘔吐、吐血して救急車で運ばれ、翌日医師と話し乳がんは肝臓から転移した癌です。治療するよりも緩和ケアの方へと言われ、数日間の入院後ホスピスへ移動。まだ目も見え、話す事が好きだった義母は「孫達の社交ダンスの大会のビデオが見たい」と要望。主人は即これに答えて、ホスピスの部屋のTVにビデオカメラを繋いでビデオを見せてあげました。この時の義母は凄く喜んでいました。

    最後は内臓から出血したであろう痛みをモルヒネで抑えていましたが、副作用として意識が朦朧とするんですよ。

    話せる時に楽しい思い出をいっぱい話して下さい。泣き顔は見せずに、笑って送り出してあげて下さい。時間は限られています。泣いている顔を見るよりも、笑顔を見たいはずですよ。

    余談ですが、義母は亡くなる前に「そこに東洋系の仙人みたいな人が座っててる。そろそろ時間が近いですよって言われたから、孫達にも逢いたいから、ちょっと待って下さいって言ったのよ」と主人に話していました。

    孫達に逢えた時には、モルヒネの副作用で意識が朦朧としていましたが、わかってくれていたと思います。

    お辛いと思いますが、涙は病室を出てから流して下さい。お母さんの前では笑顔でいてあげて下さいね。

    ユーザーID:5917214797

  • 親の前では素直に

    ねこみ さま

    連投失礼します。
    このトピックは、私に多くの思い出をよみがえらせてくれます。
    姉が最後に私に向けてつぶやいた言葉は、「もう一度一緒に暮らしたかった」です。つらいことも多かった幼少時、それでも二人でいたことがうれしかった。姉はそのことを思い出したのでしょう、嬉しかったことだけ。ずいぶんわがままを言い姉を困らせたのに。

    お母さまにとって、子供はいつまでも膝の上であやしていた赤ちゃんですよ。お判りでしょう。
    素直に感情を出すのも良いのではないでしょうか。幼い貴方を抱きしめあやしていたあの頃を思い出すでしょう。
    親というものは、子供のことはわかります。無理に笑顔を作っても分かりますよ。

    私ならば、最後に思いっきり甘えてほしい。あの日あの頃のようにしがみついて涙を流してほしい。その頭を優しくなでて、愛娘の頭をなでながら人生を終えたい、と最近思っています。

    子供にとっては迷惑な話でしょうが。

    ユーザーID:0050373309

  • 私も同じでした

    ねこみさま
    お母様の看護お疲れ様です。
    私も同じ状況にあり、3年前の明日、母は天国に旅立ちました。
    余命宣告からちょうど4ヵ月でした。この4か月間は、正直、色々な思いが錯綜しましたが、遠地に住んでいるため、往復や休職手続、その他、実家関係の手続に奔走していたこと、母自身が混乱とショックがあり、また、副作用なのか、記憶障害(せん妄)になり、真剣な話という話は出来ませんでした。

    けれど、子供の頃以来なかったほど、母と過ごす時間はありましたので、
    お互い言わずとも通づるものがあったのかも知れないと思っています。
    残された時間を一緒に過ごせる、過ごせることが親孝行だと思って、お辛いでしょうが、ご自身の健康も大切にお過ごしください。

    たぶん、親は、自分の死後、子供が自分の人生を歩いていけるか?を心配していると思いますので、しっかり、「大丈夫」とあなたの手でお母さんの手をしっかり握って、気持ちをお伝えください。
    同じ立場だった者として、応援しています。
    そんな風に思える親の子供に生まれてお互い幸せなことですね。

    ユーザーID:2604026347

  • うらやましい

    うらやましいなんて、ひどい人間のように感じられるでしょうね

    私は昨年母を亡くしました

    3年前脳梗塞で倒れ、入院治療とリハビリののち一時回復しましたが、以前の母ではありませんでした

    言葉は出るものの、もう私と思い出を語り合えるような状態ではなかったのです

    回復後の安定した時期は短く、1年後には脳梗塞の後遺症により認知症になり精神科に入院しそこで転倒し大腿骨骨折、その手術により脳梗塞の再発してしまい、そのまま帰らぬ人になりました

    言葉も交わせず、子どもとして認識もしてもらえず、そこに新型コロナでした

    母を二度失くした気持ちがして、とてもつらいです

    どうぞトピ主さんはお母さんとたくさん思い出を語り合ってください

    一緒に笑って泣いてください

    トピ主さんのお母さんはきっとトピ主さんを最後まで見守ることができて満足したお気持ちだと思います

    しっかりしたところも見せて、どうぞお母さんを安心させてくださいね

    ユーザーID:1682378084

  • 沢山愛してると伝えて欲しい

    去年の12月の頭に、母があの世に旅立ちました
    私は首都圏、母は九州に住んでいたので、あまり親孝行できませんでした
    11月の終わりに救急車で運ばれて、あっというまに天国に行きました
    74歳でした

    後悔沢山しました

    もっと会えていたら
    もっと電話していたら

    もう、母から電話もかかってきません
    その事実を認めなくては

    沢山の愛をお母様に伝えてくださいね
    ありったけの言葉で

    出来ることなら、沢山抱き締めてあげてください

    悔いのないように、沢山の思い出を作ってください

    ユーザーID:7441856909

  • 残念ですね

    その日の朝、大好きなマグロのお刺身でご飯を2杯も食べた父。夕方に「救急車、大至急だ」との言葉を残し、私が救急搬送しました。
    大動脈破裂、20日あまりの闘病で何とか命を取り留めた筈でした。
    一度だけ、挿管中ではありましたが意識を戻した時、話せない父に状況を説明し、安心するよう、それだけを伝えました。
    だって、元気になる予定だったから。

    父はそれから再び意識を戻すことなく、ほどなく、お別れの覚悟を医師から伝えられました。

    治る予定だったから、元気になるはずだったから、ありがとうも半分だけ大好きだったことも、家族が必死に毎日見舞ってることも伝えられませんでした。

    ねこみさん、大切な大好きなお母様、本当にただただ残念なことですね。

    どうか、お母様と触れ合えるうちに、たくさんお話しして、たくさん想いを伝えてください。もうこれ以上ないくらい、いっぱい。
    そして、思いっきり抱きしめて、何度となく。

    私が最後に合わせた額は、氷のようだったから。

    ねこみさんのお気持ち、もちろん全部ではないでしょうが、よくわかります。
    父が逝くであろう期日までの日々、もの云わぬ父の耳許で想いを伝えられたのか、記憶にありません。

    どうか、お母様と一秒でも長く幸せに寄り添っていられますように。
    ねこみさん、ねこみさん、お母様に奇跡が起きますように。

    ユーザーID:9453756268

  • これからは与える側に

    ご両親の愛情と時間を,まさに生まれてからずっと一身(+息子さん)にもらってきたのですね。

    さぁ,これからは,トピ主さんが与える立場ですよ。
    悲しいのは分かりますが,でも自分がメインの悲劇の主人公になってはいけません。

    お母様のこれからのことはもとより,ご両親のお墓はどうするのか(一人娘では継承するお墓とするのは通常難しい。どこかに永代供養?仏壇は?),お母様亡き後1人になったお父様の暮らしは?お父様の精神状態は大丈夫か?・・・あなたが考えるべきこと&降りかかってくることは沢山あります。

    悲しみには浸りながら,でも,お母様がお元気な内にいろいろ備えましょう。

    ユーザーID:9765143777

  • 痛いほどにわかります

    私も20才の頃父を亡くしました。末期癌だったので延命治療は行わず、自宅で緩和ケアをしたのは二か月ほどでした。
    私が今でも後悔しているのは、元気な時には色んな話をして仲が良かった父にきちんと向き合わなかったことです。モルヒネによる苦痛で人が変わった様にきついことを言われました。頭ではわかっているつもりでしたが、心の底ではそんな父と、目まぐるしく変わる状況を受け入れられず、結局和解する前に父は亡くなりました。
    別れるのが辛いなら、痩せ我慢しないで伝えれば良かった。大好きだと言えたら良かったし、大人気なくてももっともっと甘えれば良かった。私のような後悔はしないでほしいと思います。

    ユーザーID:5998739081

  • ありがとうございます

    たくさんのお返事ありがとうございます。
    全てのお言葉がすっと心に入ってきます。
    母に少し気持ちの変化があり、延命にしかならないと言われながらも抗がん剤治療をやってみるそうです。少しでも延命できるのならと。来週から3週間の入院。コロナで付いていてあげる事もできず、正直不安です。
    あんな小さな母に耐えられるのか…。

    ななちゃんママ様
    お辛いですね。本当にコロナが憎いです。思うようにお見舞いや看取りが出来ないのが本当に辛いですよね。その中でもどうか最善の選択ができますように祈っていますね。

    豪州ママ様
    昨日はステージを告げられ、この先の事を話したのですが、頑張って頑張って、母の前では一度も泣きませんでした。次は笑顔でいられるといいな。

    neco様
    お辛い経験を思い出させてしまいごめんなさい。
    読ませていただいて号泣しました。
    わかります。私より大きな息子も今でも赤ちゃんです。私が母の前で泣くと『仕方ないよね』と笑って言ってくれます。母子のありのままです。
    でもやっぱり、笑顔でいた方が安心するのでしょうかね。本当は甘えていたいけど…。

    Naomaomi様
    今日がお母様の命日でいらっしゃいますね。
    本当に、こんなにまで悲しくて悲しくておかしくなりそうですが、愛された証拠だと、幸せな事なのだと今更自覚しますね。
    私の事は大丈夫だと、今のうちに伝えます。

    nemui様
    うらやましいと言っていただいたお気持ち、痛いほどわかります。
    今しか無いんだなぁと思います。
    今のうち。感謝や思い出、安心させる事、抱きしめる事。全てまだできる。
    それが辛いのですが、幸運と思って後悔しないようにしますね。

    ユーザーID:0149618560

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 色々思い出しました。

    主様のトピを読ませていただいて私もいろいろと思い出しました。

    数年前になるのですが母をがんで亡くしました。
    母は乳がんが転移して全身がんになり、7年の闘病の末、空へ旅立ちました。
    見えないカウントダウンが始まったのが怖い反面、このままずっと生きているのではと思っていたのを思い出します。

    私は母に対して後悔したことが2つあります。
    1つ目はあまり一緒にいられなかったこと。
    当時大学生だったので授業などの関係もありましたが、もっとそばにいればよかった、病院に行けばよかった、電話すればよかった、話せばよかったと思いました。亡くなってから一番に忘れてしまったのは、母の声でした。
    亡くなる前はほとんど喋れなくなり、顔や怒り方などは思い出せるのですが、声はどうだったかと思ってしまっています。

    2つ目は些細な喧嘩を謝れなかったこと。
    母の一時帰宅が許されたとき、寝たきりで歩けず、少しでも移動で揺れれば「痛い」と言っていました。介護疲れもあり、イラっとしてしまった私は「少しぐらい我慢して」と言ってしまい、母に「もう二度と帰ってこない!!」と怒鳴られました。今思うと母が一番しんどかったのにと反省しております。そのことを謝れないまま母は逝ってしまいました。あの時、謝ればよかったと今でも反省しています。

    前を向くには時間が必要ですが、ふっと向けるときが来るかもしれません。
    私は、何だかんだまだ生きていてくれるかもしれないし、もしいなくなっても、苦しみは母から消えてきっと楽になるだろうし、実体はなくなるけど傍にいることには変わりないと当時思っていて、今もそう感じます。

    昔のアルバムを見たり、たくさん話したり、おいしいもの食べたり、甘えたり、泣いてもいいので皆さんが笑っている時間が一番大事だと思います。

    長々とすみませんでした。思い出させてくださりありがとうございます。

    ユーザーID:4104224404

  • 沢山お話しして下さいね。

    私の母は昨年亡くなりました。
    69歳で老人性鬱病になり、緩やかに認知症になりました。
    88歳で亡くなる時には私の事も良く分かっていなかったと思います。
    話したくてもコロナ禍で施設にも行けないまま亡くなる前日にようやく会えました。
    返事は無いけれどいっぱい話をしました。
    大好きだよと伝え、小さい頃からの思い出を語り顔を撫で、手を握りました。
    その晩に旅立ちました。
    亡くなりましたが、いつも側に居てくれる気がします。
    余談ですが、亡くなった数日後に新築の娘の家に母が訪ねて行ったそうです。
    「昨日、ひーば(私の母)がココに来て、ばーば(私)の事を大好きだよ〜って言ってたよ〜」
    と伝えてくれてこれほど幸せだった事はありませんでした。

    施設の方も耳は最後まで聞こえていると仰っていました。
    意識のある時も無い時も、沢山沢山お話しして下さい。
    お手紙も良いでしょうね。
    いつでもあなたのそばにお母さんはいてくれますよ。

    ユーザーID:7246372841

  • 母は強し

    一昨年亡くなった私の母の最期の言葉は
    「大丈夫。」でした。たぶん母も自分はもっと生きるつもりだったと思います。
    私は最期の瞬間まで希望をもらいました。
    母は強し!です。

    お母様、頑張れ!!お母様が良くなりますように!!

    ユーザーID:7310074300

  • ぜひ動画を撮って下さい。

    父を亡くしています。

    お母様の動く姿、声を残して下さい。

    ほんの数秒、一言でもいいんです。

    写真はたくさんあっても声を残してなかったので後悔しました。

    孫たちに教えてあげられないんです。

    ユーザーID:6993025510

  • 感謝のお気持ちを たくさん伝えてください

    私も一人っ子です  末子は高校生

    30年近く前に 結婚のため実家から新幹線の距離に引っ越し ずっと母とは別居でした

    今週 亡き母の49日法要を済ませたばかりです
    転移した末期ガンだった母は 緩和ケアでお世話になっていました 

    昨年11月 夜中に病院からの連絡で 子どもたちと駆けつけました 残念ながら間に合わず 到着の5分ほど前に亡くなったそうです
    看護師さんは「お母さまは苦しまず 眠るように静かで穏やかな旅立ちでした」と伝えて下さいました

    コロナ禍で その頃 感染者の急増のため 亡くなる1週間前から 全く面会ができなくなりました

    亡くなる前日 特別に家族との面会が許されました

    もう 話すことはできなくて 手を握っても握り返してはくれなかったけど 私たちが何度もありがとうと伝えると 母の目から涙がつたいました

    長いこと 認知症を患いながらも 昨年春の手術前日まで身の回りのことや家事はできており 最後まで私や孫のことだけはちゃんとわかってくれていました

    トピ主さま どうかどうか お母さまとたくさんお話をしてください 抱きしめて差し上げてください 頬をなでて 髪に触れてください 思い出をたどり 感謝をいっぱい伝えてください

    母が旅立ち 2ヶ月近くになろうというのに 毎日 ふとした時に 母を思い出しては涙がでます
    ごめんなさいやありがとうを もっと言いたかった

    日々不安でお辛い日々と存じます
    どうぞ ご自愛くださいませ

    ユーザーID:0210344120

  • 傍にいるだけで

    ねこみ さま

    度々申し訳ございません。
    ねこみさまが、あの頃の自分に重なって思えてしまいます。

    最後の日、がんセンターの緩和ケア病棟に入院していた姉ですが、転院先のホスピスについて姉家族と共に医療スタッフと打ち合わせをしていました。がんセンターはあくまでもホスピスを探すまでの一時的な入院と言われました。姉の希望は家族の住まいの近くか私の住まいの近く。スタッフとの打ち合わせの後、姉に挨拶をしたとき、家族ではなく私の手をつかみ握りしめました。私は、これから長くても1年と言われた期間をどのようにケアするかなど考えながら表面的には穏やかな笑顔で接していましたが。
    その触れ合いが最後でした。翌朝未明に病院から容体急変の連絡を受け、急いで駆け付けましたが、柔らかな笑顔で静かに長い長い眠りについた姉がいました。
    姉は、私が笑顔でも泣き顔でも傍にいただけて嬉しかったのです。
    泣き顔でも笑顔でも、私がそばにいるだけで良かったのです。

    ねこみさま、その時々の素直な気持ちで接すれば宜しいのではないでしょうか。
    安心させたいと思ったら笑顔で、甘えたいと思ったらそのままの姿で、
    面会ができないならば電話でも手紙でも、貴方を感じられれば宜しいのでは。ねこみさまとの思い出は沢山お持ちでしょうから、電話の声一つ、手紙の言葉一つでも、貴方の顔やしぐさが思い描けるでしょう。
    娘が傍に感じられるだけでうれしいのではないかと、私は思ってしまいます。

    あの日、姉の気持ちを察してもう少し傍にいてあげられたら、私のアクセサリーとか何か私を感じられるものを手元においてあげればよかったのではないかと思ってしまいます。どうしようもないことを今でも思います。

    ユーザーID:0050373309

  • 既に看取った立場ですが

    わかります。辛いですよね。
    父もガンが見付かった時は既に転移していて、抗がん剤も服用しましたが副作用のせいで何も食べられなくなっていました。抗がん剤で辛い思いをするなら短い間でも普通に食事ができた方が楽しかったのかなと思ったり。私は同居していたのですが、父の前では普通にしていました。もっと話したりすればよかったと今になって思いますが、いつもと違うことをすると涙が溢れそうで出来なかったですね。弱って行く父をみるのが本当に辛かった。病院で先生の話を聞くのが怖かった。トピ主さんは今この状態だと思います。
    本当に辛いときはご主人に助けて貰ってください。全部1人で背負わないで。でも出来るだけ後悔のないように、少しでもお母様の側にいてあげてください。

    ユーザーID:4205619725

  • ありがとうございます

    こんなにもたくさんの方のお話が聞けると思っていませんでした。
    レス一つ一つが心に入ってきて、力になってくれています。
    身の置き場も精神の置き場も無く、朝は吐き気と動悸に加えて震えまで出て来たので、カウンセリングを申し込みました。
    両親の為にも一緒にいる家族の為にも強くなりたいです。

    ゆーこ様
    私も思いの外辛辣な言葉を投げつけられたりしますが、今までなら電話を叩き切ってたところをグッと堪えて、優しく話してケンカにならないよう気を付けています。後悔したく無い。
    そしてふっと前を向ける時が来るかもしれないという言葉に救われます。

    鯖様
    コロナで最後の時まで会えない事が本当に悔しいですよね。でも、お母様は鯖様のお話を全部理解されて安心して旅立たれましたね。
    私も母がまだ元気なうちにたくさん伝えます。
    必ず側にいてくれると言って下さりありがとうございます。

    まこ様
    最後まで凛として強いお母様、尊敬します。
    母も泣く事も無く、懸命に終活をしています。
    本当に強い。そんな風に私はなれない。子供の前でも泣いてばかりです。それじゃダメですね!
    励まされました!

    おばちゃん様
    悲しくて、病気がわかってから母の写真すら撮っていません。動画たくさん撮ります!
    しばらく悲しくて観れないかもしれませんが、必ず静かな気持ちで観れる日が来る気がします。

    しろくま様
    一人っ子、高校生の子、共通点があり嬉しいです。
    医師の説明を聞く時、いつも母の後ろに座るのですが、母の後ろ姿が小さくて小さくて。
    いつも抱きしめて、頭をなでてあげたい衝動にかられます。本当なら元気の今、頬をなでたり抱きしめたりしたい。でも普段そんな事しないしお別れみたいでできない。恥ずかしさもあり。
    強い母はやめてと言いそうだし。でもコロナで意識が無くなってからしか会えないなら、今しなきゃ後悔しますね。

    ユーザーID:0149618560

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • ありがとうございます

    家族に私と同じ悲しい思いをさせないようにと、様々な検診の予約をしました。
    子宮癌検診の予約で産婦人科に電話をし、私の妊娠がわかって母に電話をした時の思い出がよみがえってしまいました。大喜びの母。もうどこにでも思い出が落ちていて、苦しいです。逃げたい。

    neco様
    ずっと私の事を気にかけて下さり、本当にありがとうございます。同じ思いで寄り添って下さり救われます。
    姉妹の絆が羨ましい。心で通じる間柄だったのですね。お姉様は最後の最後までneco様の存在を命の綱にしていらした。
    やはり一緒にいる時間、側に実際いるという事は一番の安定剤なるのですね。
    限られた時間とわかってはいても、24時間一緒にいるわけにもいかず…毎日通うのも…と思っていましたが、明日行きます。うるさいほどに、側にいてあげます。自分の為ですが…。
    いよいよとなって入院してからは、会えなくなるんですものね。コロナが本当に憎いです。
    ご迷惑でなければ、またお話を聞かせて下さい。

    ひな様
    まさに今、その状態です。あと3ヶ月この同じ状態ではいられない。今はまだ自分で買い物に行ったり髪を切りに行ったりして元気なのに。怖くて怖くて悲しくて悲しくて、胸が張り裂けそうです。本当は毎日実家に行って、一緒にお昼寝したり、お茶したりしていたい。でも母は多分普通の今まで通りの生活を望んでいて。違うことをしたら私も泣いてしまうし。でも入院したら面会できないし、やはり今しかたくさん会えない。
    辛いです。吐きそうなほど辛いです。
    共感して下さりありがとうございます。

    ユーザーID:0149618560

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • お礼の順番を間違えてしまいすみません

    なな様
    お母様が亡くなられたばかりなのにありがとうございます。
    電話がかかって来ない…辛いですよね。
    私もいつまで出てくれるんだろうと考えると悲しくておかしくなりそうになります。
    明日はアルバムをたくさん持って行こうと思います。

    ササノハサラサラ様
    気持ちがわかると言っていただく事が、こんなにも楽になれるなんて!そして奇跡を祈って下さりありがとうございます。
    今日は母と葬儀の相談をしました。
    いつもはもっと楽しい、普通の生活の話を延々としていたのに、本当に悲しいです。
    でもいつもの様に相談できて良かったです。
    どんな話も、いつもみたいにたくさんたくさんしますね。そして恥ずかしいと思わずにだきしめたいです。

    ゆうき様
    本当に考えなくてはいけない事が山のようにありますね。現実は現実。
    父を助けて二人で頑張らないと!
    そして母の終活も目を逸らさずにとことんつきあっていきたいてます。

    ぽんぴどう様
    母も突然強い口調になったり、辛辣な言葉を投げつけてしますが、いつもならケンカになるところをぐっと堪えています。
    後悔しないように、思いやりを持って行動しなければならないですね。

    ユーザーID:0149618560

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 「ありがとう」をたくさん伝えて

    お辛いですね。 親、とくに母親がいなくなるということは本当に辛いものです。 

    私は去年、母を亡くしました。 突然倒れ、あっという間にいなくなってしまいました。

    母は本当に元気で、倒れる直前まで普段と変わりない生活をしていました。 私は遠方に住んでおりますが、たまにメールのやり取りをするくらいでしたが、いつも元気だったので安心していました。 母がこんなに突然いなくなってしまうなんて考えもしませんでした。 

    今、後悔の気持ちでいっぱいです。 母が生きている間に、もっとたくさん、思い出を作ればよかった。 もっと頻繁に連絡を取ればよかった。 あれもこれもしてあげればよかった。 何より、心からの「ありがとう」を母に伝えられなかったことが、一番辛いです。 とても後悔しています。 ありがとうを言う前に母は旅立ってしまいました。

    どんな形でも、大切な人をなくすということは辛いものです。 どうか、たくさんありがとうを伝えて、お母様との時間をすごしてください。 たくさん声を聞いて、触れ合ってください。 

    もし私にもう一日だけ、母が戻ってきてくれたら、母と過ごせる時間があったら、ありがとうを伝えたい。 特別なことはしなくていい、一緒にお茶を飲んだりテレビを見て笑ったりする、そんな時間が欲しいです。

    ユーザーID:1741446182

  • 私こそ救われました

    ねこみ さま

    優しい言葉をありがとうございます。

    救われたのは私の方です。
    私は現実から目を背けました。死は誰にでも訪れる運命なのだと自分に言い聞かせました。葬儀でもそのあとも涙を流せませんでした。

    しまい込んだ姉への思いは少しずつ私の心をむしばんできました。心の穴が少しずつ大きくなっていきました。悲しみでもない、不安でもない、とらえどころのない何かが心の中で大きくなっていきました。

    いろいろな本を読んで、手紙で思いを伝えるという物語に出会いました。
    姉への届かない手紙は自分で目を背け隠していた思いを教えてくれました。

    悲しければ泣いていいのです。天を、運命を呪っていいのです。
    それが本来の姿なのです。愛するものを安心させるために気丈にふるまう姿と同じ正しい姿なのですよ。

    ねこみさまのトピックや返信を読みながら、レスを書きながら泣きました。自らにかけた呪縛から少しずつ解放されることを感じました。涙を流すたびに。

    ユーザーID:0050373309

  • 半年前に父が亡くなりました

    わたしも半年前に主様と同じ境遇でした。
    わたしは現在27歳。ガンにより56歳で父は旅立ちました。
    もちろん亡くなった時、葬式それはそれはつらかったですが、私は母親がいないので葬式やいろいろな手続きもすべてしました。
    でも正直亡くなる前の方が辛かったかもしれません。今の主様の状態ですね。
    緩和ケアに移行し、言ってしまえばもう死を待つ状態。明日はどうなってるんだろう、明後日は?来週は話すことできるかな。と毎日不安で仕方なかったです。主治医にあと1、2週間でしょうと言われた時は息が止まるかと思いました。経験から言わせていただくと、話せる状態のうちに相続、葬式、家のことなど話しておくべきです。本当に忙しかったです。泣いている暇はないとまではいきませんがご飯を食べるのを忘れるくらいには忙しかったです。きっとお辛いことでしょう。一番はお母様の辛さ、不安を取り除いてあげることが一番ですよね。私は父に死を意識させたくなかったの(本人にも予後は宣告されてましたが)といつも通りでいたかったので感謝の気持ちや伝えたいことを伝えれませんでした。主さんには後悔してほしくないです。ぜひ、会話のできるうちに気持ちを伝えて欲しいです。父の場合は亡くなる3日前くらいから会話はできなくなってしまいました。

    ユーザーID:1151194297

  • 私も同じような状況で、母を見送りました。

    数年前に同じような状況で母を見送りました。
    末期で転移もあり手術はできませんでしたが
    抗がん剤治療はまだ適用できたので
    3種類の治療を試みましたが奏功しませんでした。

    トピ主さんとの違いは
    私は一人っ子でかつ未婚でしたので
    母に孫を見せてあげることができませんでした。

    トピ主さんは地元で結婚・出産して孫を見せただけでなく
    一緒に色々行事もできました。
    十分に親孝行していますよ。

    トピ主さんにできることは
    今後も出来るだけ一緒に過ごすことです。

    あとはご家族も心労で体調を崩さないよう
    お大事にしてください。

    ユーザーID:7729559519

  • ありがとうございます

    やはり色々相談した結果、抗がん剤治療はやめる事になりました。母が今の状態で可能な限り、穏やかに苦痛無く過ごせるよう祈るのみです。
    長い長い手紙を書きました。感謝の気持ち、この先の心配はいらない事、たくさんの思い出、どんなに母の事が好きか。全部素直に書きました。読んだ母からありがとうと連絡がきました。少し、混乱して焦る気持ちが昇華されました。今のうちに伝えられて良かったです。

    ちくわぶし様
    本当に、母がいなくなるなんて、自分とは全く関係無いものと思っていましたよね。
    1ヶ月前は、なんて幸せだったんだろうと思います。
    私も特別な事ではなく母と向かい合わせで座って、コーヒーを飲みながらくだらないおしゃべりをするいつも通りの時間が、今とても愛おしいです。いつまでも、あと10年は普通にあると思っていた時間です。

    neco様
    本当にお辛かったですね。極限の辛さが心に蓋をしてしまったのでしょうか。
    お姉様に届く事は無いお手紙だと言われていましたが、私はneco様がお手紙を書いているその時に、ニコニコしてお姉様が一緒に読んでいらっしゃる気がします。必ず届いています!
    涙を流すというのは大事な事なのですね。
    neco様に教えていただいてから、ノートに自分の気持ちを綴りながら号泣すると、少しですが自分の気持ちが見えてくる事がわかりました。
    こんなに悲しくて悲しくて、逃げてしまいたいと思っていても、私は生きていたい事がわかりました。後を追いたいわけでも無い。私は前を向きたいんだなと気付き安心しました。

    ユーザーID:0149618560

  • トピ主のコメント(9件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧