過食嘔吐を克服したい

レス9
(トピ主0
お気に入り22

美容・ファッション・ダイエット

うゆゆ

私は現在、20歳, 159cm , 41kgです。
16歳の頃からダイエットをきっかけに
摂食障害になりました。

当時は拒食と過食を繰り返していて、18歳の時に一時期摂食障害が落ち着いていました。
ですがまた去年の6月頃から再発して、過食嘔吐を覚え、今も吐いています。

家族は私の症状を理解してくれていています。
母と摂食障害の事について話す度に、
『本当は吐くのやめてほしい。檻にでも入れてやめさせたい。吐こうとしてるのを引きずり回してでも怒って止めたい。でもそれをしても結局やめれるのも自分を止めれるのもあなた自身だから、あなたが変わるしかない』と言われます。

こうやって自分の感情を押し殺してまで、私を信じて見守ってくれている母に一番申し訳なくて
『本気で吐くのやめよう!』と決意するんですが、
いざ吐く衝動にかられると自分を止められません。

これを意志が弱いって言うのかもしれませんが、
前より吐く頬度が減っているのは事実なんです。

でも回数が減っているだけで、やめれてるわけでは無いので
いつかやめれるのかな、、と不安になります。


でも行動出来るのも自分自身なので
食べたいものを食べて、普通に食事がとれるようになろうと思います。脳が満足行くまで。

なので摂食障害を克服された方など、
過食しなくても普通に食べてても、体重増えていった人がほとんどだと思うのですが、
そこから脳が満足して普通に過食スイッチ入らずに食べれるようになりましたか?
徐々に適正体重に戻っていけましたか?

参考にも、これから先の希望をもつためにも
ぜひお聞きしたいです。
長々と読んでいただきありがとうございました。
コメント待っています。

ユーザーID:3148380072

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
  • 摂食障害外来へ

    摂食障害は精神の病気です。
    摂食障害外来は精神科の中にあることが多いです。
    本当にお辛そうなので、きちんと専門医にかかることをお勧めします。

    ユーザーID:5098835319

  • 私は吐かないタイプですが…

    こんにちは!
    私もダイエットから拒食になり、絶賛非嘔吐過食中のものです。
    拒食は19からなりかれこれ2〜3年摂食障害と付き合っています。

    まず回数が減っているだけ、主さんめちゃめちゃ頑張ってるじゃないですか!!凄いと思います!私なんか最近毎日過食しちゃってて(汗)

    私の場合は拒食の時も過食の時も、次はちゃんと食べるor過食しない等と強く心構えても難しかったです。

    なので大きく環境や習慣を変えたり、拒食や過食脳が強く出る時を自己分析して自分に向き合うと精神的に楽になりました。
    まず拒食の時は親や友人に全ての思いを吐き出しました。それまでずっと黙っていたし、親も気づいていなかったので…。
    過食の時は過食が酷くなる環境や心理を探ります。朝か夜か、疲れている時なのか暇な時なのか。
    あとはお母様が協力的なら、やばい!過食しそう!!ソワソワする!!とか言って大丈夫!!明日の朝ごはん楽しみしよう!!などと励ましてもらったりしました。
    私は寂しさを埋めるために拒食や過食に走っていたので、過食しそうな不安定な時はあえてお母様やご友人の誰かと話したりするのもいいかもしれません。病院にかかるのも一つの手です。周りには沢山主さんを支えてくれる方がいると思います!!!

    私も頂きますって言って、笑顔でご馳走様って言っていたあの時代に戻りたいです。普通に食事がしたいです。でも大丈夫!摂食障害は絶対治る病気です。主さんも焦らずに主さんらしく生きて欲しいです。応援してます!!

    ユーザーID:8143857306

  • 本当の原因。

    私も長年食べては吐くを繰り返しながら生きてきましたからあなたのその辛さを少しは理解することが出来ます。

    多くの場合「摂食障害には心の問題が絡んでいる」ので単純に食べる癖だけを矯正しても解決しません、気が付いていますよね。
    ではその心の問題とは何かを正確に言語化できますか?

    人は意外に自分の事が分かっていないもの、トピ文で少し気になったのがあなたのお母さんの発言です。
    「本当は止めて欲しい」(本当は受け入れられない)「檻に入れてでも」(強制的に)「引きずりまわしてでも怒って」(暴力に訴えてでも)「あなたが変わるしかない」(自分自身でどうにかしてよ)。

    心配しているのはそうなのでしょうが「本当は〜」と当事者に言ってしまうのは負担が増えるだけ、あなたは気が付かずその言葉に傷ついていると感じます。
    その証拠にあなたはこれは自分の問題で自分一人で何とかしようとしている様子ですもの。

    私の場合は家族が明らかに普通でなく機能不全であり、特に母が毒親の典型の様な人だったので自分の症状の対象が明確でしたが、それでも完治するまで何年もかかりました。
    家を出て家族と距離をとっても何かの拍子にぶり返すんです、この症状を持つ多くの人は「もうやめよう」と決意しただけでやめられるほど簡単ではないと思います。

    ご家族はこの症状を調べたり病院に連れて行ってくれたりなどありますか?どんな風に向き合ってくれていますか?

    もし自分の意志だけで治せる、治そう、と考えているなら考え方を変えた方がいいと思います。
    まずは本当の原因を正確に知る事、そしてその原因を改善する事、それが一番の早道で完治の条件ですよ。

    私も今は食べ過ぎたり吐いたりを止めることが出来ました、でも今思えば食べて吐く事で自分の心を保てたんですからあの頃の自分を後悔していません、よく頑張ったと思っています。

    そんな日はきっと来ます。

    ユーザーID:3123029820

  • 克服した者です 1

    私の体験談を。

    19歳(155センチ54キロ)の時に某女性雑誌のダイエット特集をきっかけに拒食症発症。
    1年足らずで37キロまで落ち、生理が止まりました。

    21歳の時にバイト先で過去摂食障害に悩んだ経験を持つ友達に「あなた拒食症でしょ?私もそうだった。足の裏の肉まで落ちて歩けなくなった。
    今は克服してテニス頑張ってる。一緒にやらない?」と指摘&誘われたことをきっかけに42キロまで戻りました。

    歩けなくなった、という言葉が妙に現実味があって恐怖を感じました。
    ちょうどがりがりの身体を隠すのに苦労していた事や体育座りすると坐骨が地面に刺さって痛かったり、硬い床に寝転がると背骨が直に当たって青あざになったりと苦労していたのもあったので。

    恐怖スイッチが入ったその頃は毎晩板チョコ2枚食べて太ろうと頑張れた。
    テニスの練習後は皆で定食屋でどんぶり飯をペロッと食べたなぁ。

    何とか太れた私は無事に就職。
    この頃生理が不定期ながら来るように回復しました。

    仕事が始まったらストレスで拒食症再発。苦しさを何とかしたくて過食嘔吐へと変化していきます。
    また生理が止まりました。

    28歳で結婚前後は過食嘔吐が収まったものの、結婚後の新しい生活に心身が付いていかず再発。
    その後断続的にストレス発散の方法として続けてしまいました。

    完全に収まったなぁと思ったのは30歳前後です。

    ようやく仕事も住まいも落ち着いて穏やかな心で生活できるようになったころ、やめていた運動を再開しました。

    現在50歳、155センチ45キロ、体脂肪率は20%前後を約10年ほどキープし摂食障害はありません。

    続きます

    ユーザーID:7132569671

  • 克服した者です 2

    まとめると。

    発症のきっかけ→女性雑誌のダイエット特集
    再発のきっかけ→精神的なストレス
    根本的な原因→実母との関係(母親が好きじゃないけど嫌いになれない)
    収まるきっかけ→夢中になれるもの、すなわち大好きな運動を続ける
    克服のきっかけ→実母を一人の女性だと理解する事
    身体の変化→ほぼありません。摂食障害にかかわらず45キロ前後をウロウロ

    特に実母との関係は根深かかったです。
    実母を無意識に「絶対的な味方であり完璧」「反抗できない」「怒られたくない」「自分を認めて欲しい」対象として見てました。

    が、欠点が多い一人の女だ、自分とは違う他人だと心が理解するまでかなり時間がかかりました。
    これホントに難しいんですよ。自分の母親を他人として見るって。


    一番の後悔は子供が持てなかった事です。
    摂食障害だけが原因ではないんですけど、振り回されたことで子を持つことを後回しにしていた面が大きく、焦って高度不妊治療を続けて気が付けば40代。

    お金だけかかって結局授かれず、何百万も捨てたと同然。何も残りませんでした。

    全て自分が選んできた人生なので仕方がありません。
    受け入れて孤独な老後に備えようと思っています。

    ユーザーID:7132569671

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 克服した者です ラスト

    苦しいお気持ちはよく分かります。
    何年も同じ苦悩を味わい尽くしましたから。

    ご家族と言えど、経験のない人がこの症状を理解するって多分無理です。
    どうしていいか分からない、何を言っていいか分からない、分からないから黙ってみてる、という事だろうと思います。

    お母様は最悪です。
    そんなこと言ったらプレッシャーにしかならない、私の母親と同じタイプに見えます。

    そしてあなたも。「母に一番申し訳なく・・・」って。
    これは幼児が母親に認めてもらいたくて、味方でいてもらいたくて、見捨てられないようにしがみついているだけだと客観的に理解できればいいんですが。

    お母様の生い立ちや幼少期どんなだったか、聞いたことありますか?他人に説明できますか?
    結婚する前、結婚した後どんな女性だったかお父様に聞いたことありますか?

    親を客観的に眺めるためにはそこからだと思います。
    祖父祖母、叔父叔母がいるなら、そしてお父様に聞いてみてください。

    「母親」から体と心が巣立ち、親を他人と同じ感覚で眺められるようになれば変わるはず。


    ちなみに、吐くのを止めようと思って止められたことは一度たりともありません。

    自然と食べたいものを食べ、吐くなんて事が頭の片隅にも浮かばない状態が持続するのです。

    そんな時は「自分が認められた」「頼られた」という感情を持てた時や「努力して頑張ってやり切った」達成感を得られた時です。

    トピ主さんも例えば後輩を指導する、お客様に感謝される、そんなバイトについたり、好きな事をやって人に認められたり、10km走るぞと目標を立て達成したり、そんな事を日常に組み入れていけば自然と納まる気がします。

    ユーザーID:7132569671

  • 過食は

    治そうとしない。
    禅問答みたいですけど、治さなきゃ治さなきゃと思い詰めるほど、プレッシャーになりスイッチが入りやすくなるんです。

    トピ主さんはどんな時に自分の過食スイッチが入るか分かりますか?
    私の場合は、さみしくて「私なんか誰からも必要とされてないんだ」みたいな時にスイッチが入ってたようです。
    私はいいカウンセラーさんに出会え、「私なんて〜」がなくなっていったら自然と過食もなくなり、今は全く出ません。
    ちなみに私は過食嘔吐してた時は太ってたので、今の方がやせてます。

    一旦入ったスイッチを止めるのは難しいので、どうして入ってしまうのかに気付いて、押さないようにする方がいいと思います。

    一時期落ち着いたのはどうしてか?そしてどうして再発してしまったのか?
    そこを探ってみたらどうでしょうか?

    ユーザーID:7453426096

  • 一人ではなく、心療内科で専門家の指導を受けましょう!

    私の学生時代の友人がそうでしたが、
    摂食障害の原因の多くが「過干渉や支配的な母親との葛藤」です。
    ここに多くの同様のご回答がありますし、
    トピ主さんの母娘関係も典型のようです。

    >あなたが変わるしかない』と言われます。
    トピ主さん一人に重責を負わせようとするお母様、
    (もちろん悪気なく無意識にそうしていて、
    お母様としては愛情のつもりなのですが)
    そのマインドコントロールから抜け出しましょう。

    そもそもが「関係」の問題ですから、
    トピ主さんのお母さまが最初に変わるのが一番。
    ただ、お母様がそれを認めなかったり、
    どうしても変われない場合(よくあります)は、
    トピ主さんがお母様の心理的支配から抜け出して、
    ちょうど良い距離を保てるようになる必要があります。

    ただし、トピ主さんとお母様は共依存状態なので、
    これはそう簡単な事ではありません。
    本人が母親からの心理的自立を内心恐れていて、
    これが自立やオトナになる事の恐怖と
    重なっている場合が多いと言われます。

    そこで、ぜひ摂食障害の指導に長けた診療内科を受診して、
    専門家の指導を頂いてくださいね。
    お母様にも上手に説明して下さるのではないでしょうか。

    ユーザーID:9795495372

  • 克服しました

    はじめまして!
    私も長い間、過食嘔吐をしていて苦しかった経験あります。
    私の場合ですが、18歳で初めてお付き合いした方に体型について言われることが多く無理なダイエットがきっかけでした。
    痩せたいけど食べたい、とにかく痩せたい、デブな自分は醜い、、痩せないと嫌われる、そんな考えが常に支配していて他人の前でご飯をたべるのが恥ずかしいから隠れて食べていました。

    そんな状態が27歳くらいまで続きましたが、30歳になり今は全くしていませんよ!

    理由としては、
    ・歳を重ね、若い頃にくらべ見た目を過度にこだわらなくなった。
    ・徐々に回数を減らしていき、太ったがなんだかんだきっかけになった彼と続いており、太ってても大丈夫と思える様になった安心感から?
    ・趣味の時間が増えた。(ゲームにハマって食べてる場合じゃなかった(笑))

    今、思い当たるのはこれくらいです。笑
    あんなに苦しんでたのにいつの間にか辞めれてました。
    そして、今は結婚し妊娠中なので過食嘔吐したいとも思いません。
    参考にはならないと思いますがこんな奴もいます!

    ユーザーID:0049104824

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧