湯船に浸からない人の心理

レス130
(トピ主1
お気に入り201

生活・身近な話題

だぁ子

レス

レス数130

レスする
先頭へ 前へ
91120 / 130
次へ 最後尾へ
  • 私もセラピストです

    そこは確認します。

    「お風呂好きですか?」

    「いいえ。シャワーはあびるけど湯船は、体質にあいません」

    「そうですかー。何ならリラックスできそうですか?」
    「お茶を飲んだり」

    「良いですね〜。すごくホッとする時間ですよね。ではお茶を飲む時間、意識して楽しんでみてくださいね」

    みたいな流れでしょうか。

    お風呂って、一般的にはリラックスして、副交感神経優位にしてくれてすごく良いものですが、
    一定数アンチがいますね。

    小さな頃、おふろに入りなさい!とガミガミ言われたとか。ゴシゴシ乱暴に洗われたとか。
    大人になってから、マイノリティとして迫害されたとか。
    潔癖症で湯船の水が汚く感じて無理とか。
    理由はないけど、なるべくお風呂に入りたくない人もいますね。

    私自身はお風呂好きで、温泉大好きですが、なるほどと思う理由は納得できます。

    お風呂に限らず、自分が良いと思うもの。世間一般で良いとされるものが、クライアントさんにとっては違う地雷になることもある。

    良い経験になりましたね。
    応援しています。

    ユーザーID:8623360226

  • 忙しいんです!

    汚れる仕事をしています。
    帰ったらバスルームの暖房つけて服を洗濯機に放りこんで、熱いシャワーで気合いを入れて、速攻で体を綺麗にしてから炊事や他の家事をします。
    食事が遅くなれば翌日の仕事に差し支えるし、同じ仕事で同時帰宅の夫が風呂に行って、風呂から上がるまでに食事の支度を済ませます。
    私だって湯船に浸かりたいですよ。
    でも、もう一度お風呂に入る気力なんて残ってません。
    アルガンオイルを髪に塗る時に、スーハーとその香りを楽しむのがせいぜいです。

    ユーザーID:0840269435

  • シャワー派には押し付けに聞こえる

    年を取ってくると湯舟につかるのが苦痛になるんですよね。。入浴中に湯舟で亡くなる人も多いし。
    ここ20年くらいは真冬でもシャワー浴ですが何が問題なんですか?

    湯舟につからないと体が温まらないと思ってるみたいですけど、湯舟につかると汗が出て体が冷えるのでむしろ寒いです。
    シャワーだと最初は寒いけどあとからじんわり温かくなります。

    私はシャワーで十分だし、わざわざ疲れる湯舟に入りたいとは思いませんね。
    そういう人もいるってことで、湯舟につかった方がいいと漠然と言われても相手は不快になるんじゃないですか?
    ただの押し付けに聞こえるし。

    ユーザーID:7267725261

  • 問題はお客様の受け取り方ではない

    問題は「湯船に浸からない人の心理」ではないよね。

    問題はトピ主さんの
    「私自身もどうにか理解して欲しい一心で話していた」という心理です。


    いますよね
    「自分はいらない、興味ない」と言ってるのに
    「良いものだから」とグイグイ勧めてくる人。


    「あなたにとっては良いものでも、私はあなたじゃないんだから」ということが理解できない人。

    それと同じです。


    湯船につからない人の心理がどうとか、お客様の受け取り方がどうとかではなく

    トピ主さん側の「自分の言ってることは正しいから理解するべき」と

    他人に強要しようとしてることが問題なんですよ。


    だから相手は嫌な気持ちになるのです。

    ユーザーID:6333654327

  • 説教されたの意味

    多分ですがトピ主さん、ただ「お風呂に浸かった方がいいですよ」と言ったのではなく、色々うんちく披露しちゃったのでは?
    体を温めないと〇〇で、〇〇になりますよ等。

    そのうんちくが前に来てると、どんな言い方をしても相手を怒らせます。
    美容師でもたまにいますよね。
    ドライヤーの仕方やブローの仕方、ヘアケアの種類等色々うんちく垂れて、自社シャンプーを売りつけたいのでしょうけど、これをしないとダメだとか否定の言葉を口にする人。
    トピのタイトルの付け方からしてトゲがあるし、普段からこういう感じなのでしょうね。
    きっとあなたは毎日お風呂に浸かってお手入れしてると思いますが、それを押し付けるような発言はやめておいた方が良いです。

    ユーザーID:4601727536

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 問題はそこじゃない

    湯船云々は、こういったケースのただの一例ですよ。ここで湯船に浸からない人の心理を聞いて一体なんの役に立つのか。考えがズレていると思います。

    トピ主さんがクレーム受けたのは、風呂のことを聞いたからではなく、自分の考えを一方的に押し付け相手を不快にさせたからです。内容は風呂じゃ無くても同じです。
    例えば、朝ごはん。朝は軽く済ませるとか食べない人に対して、朝はしっかり食べるべき、べき、べき、としつこく説得しようとすれば、同じクレーム来るでしょう。

    しつこいんですよ、多分。相手に「そうですね、私が間違ってたわ。明日からだぁ子さんの言うように変えてみるわ。ありがとう」と言わせたいのです。そんなつもりないとおっしゃるでしょうが、現に相手が折れるまであれやこれやお説教じみたことを延々と言い続けたのでしょう。なんでそんなに力説したの?

    トピ主さんは、お客様のためと思ってのことと言いますが、そんなの余計なお世話なんです。延々と自分の生活を否定され続けたお客様の気持ち分かりませんか。トピ主さんは施術中「あなたはダメ。あなたの生活はダメ生活だ。信じられないわーそんな悪習。だからダメなんだ、そんなんじゃ綺麗になれないよ。」とお客様に浴びせ続けたのと同じです。

    ユーザーID:4187178978

  • どんまい

    私も湯船に浸かりません。
    お風呂も大嫌い。社会生活がなければ多分1週間に1回の入浴になると思います(笑)。
    また、私は慢性の蓄膿症の為、湯船に浸かってはいけないと医者から言われています。
    そんな感じで人には分からない事情があるんですよね。

    でも主様は、今回の出来事を真摯に受け止め、今後に活かそうとされているので、問題ないと思います。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:2330364357

  • レスします

    今は日本在住ですが、海外育ちで、湯船につかる習慣がありません。
    「冷え性」対策に…とか聞きますが、正直、私は「冷え性」とか「肩こり」とかの概念がわかりませんので、「お風呂に浸からないと酷いことになる」なんて妄執に縋る必要も無く。
    友達と温泉に行ったりはしますし、湯船につかる楽しさは知っています。が、それは「日常」とはちょっと違う感じです。日頃はシャワーだけでなんの支障もありません。
    時々、気合い入れてリラックスしたいときにはバスキューブ溶かして浸かることもありますけど、「わざわざやる」ことですね。「日頃は自炊だけど、たまに奮発して美味しいもの食べに行く」感覚でしょうか。

    親族は純日本人ですし、私も日本人のバスタブへのこだわりを知っています。
    しかし、習慣て人それぞれです。それについてとやかく言われても…と思います。

    ユーザーID:1110517355

  • 湯船、苦手です

    いちいち人には話しませんが、心疾患があります。水中では肺の圧迫感で苦しくなります。
    歳をとるごとにその感覚が酷くなってきました。また腹水も溜まっていてお腹も圧迫されて苦しいです。
    結果的に1分ともちません。

    湯船好き、温泉好きの方はアドバイスのつもりで「入ったほうがいいよ」とおっしゃるんですが、病気のことを言うのも嫌だし、苦笑いで誤魔化すのも疲れます。

    ユーザーID:4582791225

  • 自宅では完全シャワー派

    自宅では年間を通してシャワーです。
    理由はいろいろ。

    たまに行く旅行先でホテル宿泊のときには
    できればバスタブつきの部屋を、と指定します。
    髪のトリートメントに時間をかけたりなど
    湯舟につかってゆったりと過ごします。

    こういう限定的な湯舟使用でも
    それなりに心身ともに満足しているし、不便も不満もありません。

    生活習慣の良し悪しは別として
    人それぞれのやり方が一番くつろぎを与えてくれます。

    セラピストのお仕事の内容をよく知らないのですが
    代金を払って受けるセラピーで
    安らぎどころかいらだつことを言われたら
    誰だってん?とならないかしら。

    ユーザーID:1209376554

  • ストレスにならないアドバイスをお願いします

    家の風呂には滅多に入りません。
    面倒だし、うちの風呂は古くて寒くて狭くてあったまらない。癒されない。
    洋画に出てくる様な素敵なお風呂なら毎日入るかも。アメリカにいた頃はお風呂大好きでした。
    たまに銭湯に行ってます。

    セラピーでなら、「湯船に浸かる代わりに、〇〇すると手軽だし、同じような効果が得られますよ」みたいな、ひとつ先のアドバイスが欲しいです。
    だって、現実的に、そう言われても、「はい!これからは毎日湯船に浸かります!」とはならないのですから。

    ユーザーID:8269278283

  • 思い出した

    以前テレビで「湯船につからないと毛穴も開かないし汚れも完全に取れてはいないのでお風呂に入ったことにはならない」と医療か何かの専門家が話していて、ちょっと不愉快な気分になったことがあります。

    たぶん本当のことなのかもしれないけど、シャワーだけだと不潔みたいな言い方されるとカチンときますね。

    トピ主さんはどんなお話をされたのかわからないけど、立ち入りすぎたんでしょうかね。
    私は「寒い時だけでも…」と言われてもハイハイありがとう、と流しますが、こればかりは人によるとしか言えないですね。
    湯船絶対嫌な人は、怒ってしまうかもしれないので。

    トピ主さんの場合は、仕事熱心が裏目に出たのだと思います。
    気落ちせずにがんばって。

    ユーザーID:8068282967

  • ポイントは「伝え方」だと思います。

    営業の仕事をしていると
    同じことでも言いまわしで相手の受け取り方が
    180度変わるということを何度も体験&見聞きしました。

    今回のことは「湯船に浸かる」ことの是非ではなく
    それを「どのタイミング」で「どのように伝えた」か?
    だと思います。

    こういうことは「スキル」として磨くことができます。
    なので、営業トーク 心理学、営業テクニック 心理学
    のようなキーワードで調べてみては?

    そうすると、相手(お客様)をよく観察することが
    とても大切だと分かってくると思います。
    心を開いていないタイミングでプッシュは厳禁。
    お客様から「どうしたらいいかしら」などのように
    尋ねられた時に「〜はいかがでしょうか」とか。
    (〜してみてくださいね!は強すぎなので)

    カウンセリング中、施術中、フィードバック中…
    どのようなときでも「お客様は今どんな状態?」
    ということに心を配れるといいですね。


    人生はいつも発展途上で試行錯誤。
    応援しています!

    ユーザーID:9843845628

  • たくさんのレスを見て

    あー!そうそう、そうなのよ!と思ったことが

    「パワーに満ち溢れているときじゃないと湯船につかれない!

    ですね。

    時折対象に汗が書きたくて、でもジムに行くのも面倒だし‥‥というときに夫と近くにあるスパに行こうと誘うのですが、誘うときの私は「元気がある」時ですし、夫自身が疲れ果てているときは断られますね(笑

    根本的に入浴って体力がないと辛いものですよ。

    モウトピ主様は見ていないかもですが、つい共感できるレスが多かったものですからしゃしゃり出てみました(笑

    ユーザーID:3579964565

  • ワンオペで湯船に浸かる時間すら無い

    ワンオペ中です。もともとせっかちな性格もありますが、子育て&フルタイム勤務で風呂に入りゆっくりしている時間すらおしいです。
    稀に風呂に浸かる際は、入る時から出る時のことを考えています。以前これを言ったら友人に笑われました。

    半身浴だ、アロマを炊くだのも興味がありません。独身の頃もゆっくり風呂に浸かる時間を特別とりたいとも思いませんでした。

    現在時々行くマッサージ店で「時間がある時だけでもお風呂に入って温まってくださいね」と言われますが、とりあえず聞き流しで、心の中では「時間無いし」とつぶやいています。

    でもとぴ主さんのお客さんのように怒るポイントではないですよ。

    ユーザーID:2626226995

  • 人の話を聞く仕事では?

    セラピストといえば心理的な資格かと思いましたが、どうやら違うようですね。
    美容的な資格にも使われるようになったんですね。でもセラピストを名乗る限りは、お客様に心地よい時間を提供するのが仕事ではないですか?

    ゆったりとくつろぐ至福の時間。
    そこに饒舌な人は必要ないと思います。
    まして、頼んでもいないアドバイスをしつこく聞かされるとリラックス出来ないじゃない!と、
    怒りに変わるでしょうね。

    『湯舟につからない心理』なんて、知らなくていいことです。千差万別ですから。
    あなたの『当たり前』は、全ての人に当てはまるわけじゃない。自分の意見を押し付けることは、
    セラピーではないし、必要とされてないこと。
    あなたが気にするべきことは、お客様を不快にさせない会話ができないことです。
    どこかでセラピーを受けていればどうでしょうか。

    ユーザーID:0272433201

  • 湯船に浸かれない

    私は低血圧、低体温のため湯船に浸かるとすぐにのぼせて眩暈を起こすので浸かりません。
    どんなに寒くてもシャワーです。
    シャワーでのぼせることもあります。
    個々個人の体調や習慣があるので、そこはセラピストのトピ主さんなら、個人の体調や習慣を知った上でアドバイスをするとか、もう少し勉強された方が良いのではないかと思います。

    ユーザーID:0016061149

  • 私も浸かりません

    お風呂の用意をすることが面倒だからです。

    シャワーならすぐ始められるのに
    お風呂は湯船にお湯をためるのに結構時間がかかるし
    浸かった後は湯船のお掃除しなければ。。

    そんなモノグサな。。と驚かれるかもしれませんが
    もう66歳なので 私の習慣は変わりません。

    という訳で
    誰かに 湯船に浸からないとどうのこうの と言われたら
    私も怒ります。

    温泉は大好きですので 旅行の時は一日に何度も浸かります。
    すぐに入れて 後のお掃除も無いし 最高です。

    ユーザーID:1967836120

  • 患者ではなく、お客様だから

    情報を与えて判断は相手に委ね気分良くなってもらう事と、相手を管理して治療する事って全く別だと思います。
    セラピーは前者、医療機関は後者ですね。

    個人経営のセラピスト(アロマ、マッサージ、食事療法等々)を何人か知ってるのですが、正直ほとんどの人が自分の知識が正しく万人に適してると思い込んでいて、一方的に指導しようとしてきます。
    「従わない人は心身ともに不健康、不健康を放置する人は愚か」というスタンスです。
    結果、セラピストを妄信してるお客様が残り、事業としては大抵は数年で先細りになります。
    個人経営だとなかなか我が身を省みる機会がないんですよね。
    その点トピ主さんは、指導してくれる人がいてラッキーでしたね。

    事業が成功してるセラピストは、相手を見てメソッドを合わせて指導し、向いてないと思えば代替え案を授けてくれる。けっして押し付けず、ましてや相手を貶めることはしません。
    それがメソッド的に正しいかはわかりませんが、経営方針としては正しいと思います。

    ちなみに私は、忙しい朝以外は毎回湯船に浸かります。お風呂大好き。
    疲れ切った時や、気持ちが落ち込んでる時も、湯船に浸かるとフワーっと心身が癒され、湯船なしの人生は考えられないほどです。

    シャワーはリラックスというより、スッキリ・スカっとします。
    朝にぴったり。

    私はサウナは苦手ですが、サウナに入ると疲れが取れる・スッキリするという人も多いようなので、やっぱり向き不向きなんでしょうね。

    ユーザーID:0086088598

  • 入れない人がいることも忘れないで

    私は生まれつきアトピーです。
    大人になって見た目ではそこまでわからないですがコンプレックスです。

    皮膚科の先生に湯舟には極力つからないで乾燥するからと言われます。
    冬の方が乾燥しやすいので寒いときこそ入れません。


    >>「寒い時だけでも浸かってみてくださいね!」
    そんなときに↑を言われたらイラっとするかもですね。
    みんながみんな入れると思わないでって言うわけにはいかないですが想像力乏しいなぁって思います。
    みんながみんなただ入ってないだけって認識は辞めたほうがいいですよ。

    ユーザーID:4347307610

  • 追加のトピ読みました

    何事も最初が肝心なので、お風呂の話題になった際相手の言い分や心境を丸ごと受容してください。お相手も自分の感覚を受け入れられたと心底感じられると、その後のアドバイスにも耳を傾けられる余裕が生まれるからです。その上で専門の知識と経験を踏まえジワリジワリ話してみる。
    今回はお風呂に関してですが、これはほんの一例で、避けられない場面で聞きたくないことを言われた時、相手が抱く感情なんです。
    技術は高いとお見受けしますので人の対する洞察力を一層磨かれると良いですね。

    ユーザーID:9897944359

  • 余計なお世話は不快に感じるものです。

    トピ主さんはなぜ湯船につかることを勧めるのですか?
    何が良いのですか?
    ここでの書き込みをみても余計なお世話の押し付けにしか感じません。

    セラピストですよね。
    お相手をリラックスさせたり癒してあげたりするのがお仕事ですよね。
    なぜ相手が負担と感じることをさせようとするのですか?

    湯船に浸かった「方が」良いですよ!

    こんな言い方されたら負担でしかありません。
    なぜもっと柔らかな表現をしないのでしょう。

    湯船につかるのも手軽にリラックスできる方法の一つです。

    といったような手法の一つ、選択肢の一つの例といったレベルでの進め方でないのはなぜでしょう?

    >私自身もどうにか理解して欲しい一心で話していたので

    なぜあなたのやり方を受け入れさせようとする?
    それだけが全てじゃあるまいし。
    セラピストって自己主張するお仕事じゃないと思います。
    相手の主張を尊重し、より良い方向を示していくのが仕事だと思います。
    強引に引っ張り、やりましょうやりましょうと発破をかけるのが仕事ではないと思います。

    トピ主さんは視野が狭そうです。
    自分がいいと思うものは相手にとってもいい事であると信じ込んでいませんか?

    トピ主さんは悪い人じゃないけれど我を押し通そうとするタイプに見えます。
    セラピストとしての技術は身についているのでしょうが資質的に向いているのか疑問を感じました。

    いいと感じたものはお勧めしたい!
    といった自身の欲をどれだけ抑え込めますか?
    そういった抑え込むことこそがトピ主さんの負担になりませんか?

    身につけた技術を元に営業などをするほうが向いているかもしれません。

    ユーザーID:0271987695

  • 日本式のお風呂習慣

    私はずっと、日本式のお風呂習慣が最高だと
    洗脳されてきたようなものです。

    でも、家族全員が同じお湯に浸かったり、
    沸かし直しだの、追い炊きだの、
    不合理なことが多いと最近は思うようになりました。

    さらに、最近のお風呂は畳1畳分もある大型が主流で、
    体を十分温めるのに使うお湯の量と熱量が、半端無いと思います。

    それから、主に体を使う仕事をしている方は
    お風呂に入った方が良いとは思いますが、
    座業の仕事の人間からすると、
    熱いシャワーにガンガン当たる方が、
    心身ともにリフレッシュするということもあると思います。
    つまり人によって、ケアの仕方も異なる場合があります。

    両方やるのは、時間とガス水道代の無駄ですから、
    やりません。
    トピ主さんも、様々な社会的背景を考えて、
    アドバイスは慎重にされた方が良いと思います。

    ユーザーID:5145554668

  • どんまい、次に活かそう

    お仕事熱心ですね。
    良かれと思った事が裏目に出るって事はあります。
    そんなつもりで言ったんじゃないと思っていても、相手が不愉快になってしまったならそれは失敗のケースです。

    そこから少しずつ学んで行けば良いと思います。
    同じ繰り返しをしない。それが大事。
    頑張ってください。

    ユーザーID:8858435284

  • 押し付けNG

    どんなに良い事であっても、押し付けはダメだと思います。

    ちなみに私は毎日浸かる派ですが、
    コロナ禍となり帰宅時にシャワーを浴びるようになり、
    外出しない日にしか浸からなくなってしまいました。

    そんな状況なので「浸かってみてくださいね」と言われても、
    はいそうですね、で終わりだと思います。
    帰宅時にシャワーを浴びないことによりウイルス室内に持ち込むリスク、
    帰宅時のシャワーと浸かるために風呂に入る二度手間
    を考えたらよい事だとわかっていてもなかなか実行にはうつせません。
    普段から浸かる習慣のない人なら尚更。

    お客さんから求められたときにサラッと言うくらいが
    ちょうど良いと思います。

    ユーザーID:1787307546

  • 入らない人には入らない理由がある

    湯船に浸かったほうが血行がよくなってからだが暖まる、ということは、ほとんどの人が知っていると思います。

    湯船に浸からない人は、そのメリットを知ったうえで、デメリットの方が大きいから浸からないのです。

    デメリットとは人それぞれで、すでに皆さんが書いてくださっています。
    ・お湯はりや掃除が面倒
    ・子育てや仕事に忙しくてゆっくり浸かるる暇がない
    ・心臓や皮膚が弱くて体質的に無理


    トピ主さんがしようとしたことは、「客のデメリットなんか知ったこっちゃない」と言い放ったことです。

    セラピストがその態度ではセラピスト失格と言われても仕方がないかと思います。

    ちなみに、私も子供が生まれるまでは湯船に浸かっていませんでした。
    一人暮らしのときは、シャワーの方が経済的だから。
    結婚して二人暮らしになったあとは、賃貸マンションのしょぼいお風呂だとすぐにお湯が冷めてしまい、その都度熱いお湯を足すのは面倒だし不経済だから。
    です。

    子供が生まれて、新築の家に引っ越し、ようやくお風呂に浸かるようになりました。「条件が整ったからこそ、やっと実現できた」という感じです。

    湯船に浸かるって、誰でも気軽にできることではなく、お金や時間に余裕があり、設備の整ったお風呂があるという環境にないと、なかなかできないことなのだと思います。

    ユーザーID:4159228712

  • 伝え方、言い方、大事。

    全てのレスを読んではいないですが、うんさん、トールさんのアドバイスがとても良いと思います。

    セラピストって癒しを与えるお仕事ですよね。
    癒しをお金を払って求めてお店に行って、説教されたら、せっかくの寛ぎ時間も台無しですよね。
    同じ内容の言葉でも、上から目線に聞こえる言い回しや空気ってあると思うのです。
    「湯船に浸からない人の心理」というタイトルからして、押し付けがましいな、上から目線だなと感じさせる言い回しだと思います。
    湯船に入るのが楽しそうだなという提案なら受け入れやすいですが、入らないとダメですよ入らない貴方はだらしないというニュアンスでは拒否反応が出て当たり前です。

    また身体を温めるという点においては流水、シャワーのが効果が高いですし、
    湯船に浸かるという一点方法だけではなく、それぞれのお客様のライフスタイルにあった方法をフレキシブルに提案できてこそセラピストではないでじゃないでしょうか。

    私は湯船に入るのが大好きですけど、「寒い時だけでも浸かってみてくださいね!」はなんかちょっと嫌な気分になります。

    ユーザーID:1628727469

  • 理解しますよ。

    私は体のセラピーによく行きます。

    セラピストさんは色々話してくれます。
    ジュースは飲まない方がいい。
    菓子パンは控えた方がいい。
    お菓子も控えた方がいい。
    運動した方がいい。
    体は温めた方がいい。

    その通りに出来ないアドバイスも
    もらいますが ありがたく聞きますよ。
    善意でお話ししてくれるのですから。

    ユーザーID:9488056996

  • もうお読みでないかも

    しっかり反省されたようですし、もうお読みでないかなと思いつつも

    おもしろいなと感じたのが、心理を聞くまでもなくトピ主も同じことをしているってこと

    湯船につかるほうがいい(人によるがおおよそ正しい)
    でもシャワーですます人がいる(正しいとわかっていてもしない)

    意見を押し付けないほうがいい(クレーム後に主任から言われて納得)
    でもまだ言いたいから心理や伝え方を相談(正しいとわかっていても従いきれない)

    同じことをしてるんですよね(笑)

    正しいからといって誰しもそれを遂行はなかなかできなくて、人間なんて間違う生き物です

    せっかく湯船につかることのメリットを知っているのに、「言うな、誰にも言うな、絶対に押しつけるな、人に指図するな、人の事情もわからずに踏み込むな」と言われすぎても悲しいと思います

    ほどほどがあるってだけのこと

    「自分が正しい」しか見えなくなっているから、自分もよく知っている心理だということすら気づけない

    もちろん私もそんな失敗だらけです

    相手はなぜそうするんだろう? というとき、私は「自分ならどうか」で考えるようにしています
    「苦手な食べ物を、それでも栄養のためにとしつこく勧められたらどう思うかな」とかね

    ちなみに私は母親を自宅介護していた頃、訪問看護の看護師さんに言われたことがあります

    介護する人も疲れるので、忙しいとは思いますが(仕事もしていたので)湯船につかってリラックスするといいですよ
    たいへんなら、大きなバケツで足湯だけでも効果的です

    と足湯の代替案でさらっとアドバイスされたことがあります

    ぐっとハードルが下がるのと、押し付けがましくなくて素直に聞く気になれました

    ユーザーID:7214120619

  • 伝える前に相手のことをきいてください

    セラピストって何なのかよくわからないのですが、こういった接客業の方は説明することばっかり考えていて、お客様の状況を確認しようともしないですよね。それでアドバイスされるのですが、「説教」にしか聞こえません。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「お風呂はいつも湯船に入られるんですか?」
    「いいえ」
    「何かご事情があるのですか?」
    「ええ、実はなかなか面倒で時間もなくって。夜中に入って湯船で寝てしまっておぼれかけたこともあって」
    「それじゃちょっと入りにくいですね。ただ、湯船にはいると○○っていういいことがたくさんあるって言われていて、お客様にもぜひそのいいことがあるといいなと思ってお聞きしたんです。」
    「じゃ、時間があるときは入ってみようかな」
    「もし入れないときは○○してみてもいいですよ。ぜひお試しください」
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    たぶん、だあ子さんは以下のような会話をしたのではないでしょうか。
    「シャワーより湯舟が絶対いいですよ。」
    「でも・・・」
    「湯船に入らないと○○とか、○○とか起こしてひどいことになることが
     多いんです。せっかくですからこれを機に入ってみられてはどうですか?湯舟は気持ちいいですよ。」
    「わかりました」⇒わかったといわないと終わらないので無理やりいう
    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    ここで状況がどうかとか確認する前にお客様個々の事情があるんですから
    それを聞いてからアドバイスしてください。
    セラピストや医療従事者の説教だいっ嫌いです。


     

    ユーザーID:9325945822

先頭へ 前へ
91120 / 130
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧