癌患者の家族に対するケアと妻のきもち

レス58
(トピ主1
お気に入り343

心や体の悩み

くらげ

レス

レス数58

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • トピ主です

    皆様ご返信ありがとうございました。頂いたご返信全て読ませて頂きました。

    多くの方のご返信にあります様に、事後報告で納得してくれるだろうと考えていた私の妻に対する言動には彼女を優先するものではなかったと感じました。

    また弟のケア、両親に対する精神的なケアと記しましたが、具体的に自分に何が出来るのかという点について具体的に列挙するという行動も欠けておりました。週末に帰省してもしくは有給の範囲で私に出来ることは無いか考えてみます。

    正直なところこれまで大病等したこともなく健康だけが取り柄のような弟に突然の癌の知らせ、両親から近況を聞く度に精神的に参っていく状況を聞く中で、離れた場所から電話等で励ますことしか出来ない自分に出来ることは限られていることを歯痒く思い、日本に帰任後時間を作ることなのではないかと一人よがりで考えていた点がありました。早計でした。

    ご返信頂いた方の中には現在がんで闘病中の方や看護をされている方々、過去にがんを患われた方々からもご意見を頂きました。大変な状況の中、ご返信を頂戴しましたこと、言葉ではお伝えすることが出来ない程感謝しております。ありがとうございます。

    妻に対し、発した言葉は取り返すことは出来ませんし、本質的な問題は『私の結婚してからの妻に対する接し方、向き合い方』なのだと痛感しました。皆様からの指摘にあります通り、妻に対してずっと居てくれるものだという甘えがあったのだろうと思います。今回自分を振り返り、今後向き合っていきます。

    ユーザーID:2156276338

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧