元彼が高収入の女性と結婚しました。

レス236
(トピ主5
お気に入り1,206

恋愛・結婚・離婚

花音

レス

レス数236

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • トピ主です。

    みなさん、ご返信ありがとうございます。
    未練たらたらなのは理解しています。。

    どうして別れを告げたの?というご質問がいくつかあったので答えますと、正しくは仕事の都合ではありません。
    私には夢があって、就職後も諦められず、それを叶えるための専門学校に通う事を考えていました。でも、今の仕事のお給料ではとても学費を払えません。
    元彼は私の夢への理解を示してくれていて、「今の仕事を辞めて同棲しながら学校に通うといい(中距離恋愛で、彼のお家が都内寄りだったので私が希望する学校に近かったのです)。学費は多少なら援助してあげられるから」と言ってくれていました。
    でも、流石にそれは申し訳なくて。今の仕事はただの派遣とはいえ肌に合っており、身一つで彼の元へ行く勇気がなく、夢を諦めるためにも別れを告げました。

    Aと交際を始めた後の元彼は何だか楽しそうで、幸せそうな投稿がSNSに多くなったため(私との事はあまり書かない人でした)、私への当て付けなのかなと感じていました。私に未練があるから、幸せアピールしているのかな、と。
    だから、当て馬でしかなかったはずのAとの同棲や結婚が決まった時は驚きました。海外挙式と知って、私も呼んで欲しいと書き込んだのですが「Aに悪いから」という理由で断られ、その後暫くしてフォローを外されました。Aが元彼にそう指示したのかなと思います。

    「花音と一緒になれるなら貧乏でも構わない、それが幸せだ」とまで言ってくれた彼が、料理もしないA(ここも指摘があったので補足すると、A自身がSNSで平日は料理せず、作り置きや惣菜だと書いていました)と豪勢な生活を送っている事実にどうしてもモヤモヤしてしまうんです。
    元彼は本当にAと過ごす今が幸せなのでしょうか。

    ユーザーID:9865762012

  • トピ主です。

    反響の多さに驚いています。
    皆さんご返信ありがとうございます。

    私の行動、思考は一般的にそんなにおかしいのでしょうか。。
    夢については、元彼の同棲提案を断ってお別れを告げた段階で諦めました。諦めたつもりです。今でもSNSで趣味としてたまに発信している程度です。
    元彼も同じ趣味を持っていたので、趣味仲間としてでもまた話す機会があれば嬉しいと思っているのですか、これもきっと難しいんでしょうね。Aとは趣味が合わなさそうなのに、私とあんなに仲良くしてくれていたのに、今はもう彼に私は必要ないんだという事実が数年経っても受け入れられません。

    元彼に今後連絡してはいけないというご意見がいくつかありましたが、やっぱり駄目でしょうか。ここまで皆さんの批難を受け、彼の本当の気持ちを確かめたい欲が出て来ています。。

    ユーザーID:9865762012

  • トピ主です。

    連絡してみてもいいのでは、というご意見もいくつかいただけましたので、彼に連絡を取ってみました。
    メールは届かなかったのでSNSの彼の投稿に返信する形で呼び掛けたところ、数時間経った今、DMが返って来ました!

    文面ではなく電話で話したいとの事ですので、今夜お話してみます。Aも同席させたいと言われたので、もしかしたら私の前でAに伝えたい事があるんだろうかとソワソワしてしまっています。

    厳しいご意見も沢山あり、すべて真摯に受け止めています。皆さんありがとうございます。
    ただ本当のところは彼にしか分からない事ですので、しっかり二人の気持ちを確かめたいと思います。また報告に来ます!

    興奮気味なので、乱文で失礼しました。

    ユーザーID:9865762012

  • トピ主です。

    昨夜、話して来ました。結果、ほぼ一方的に元彼が喋り、私は言いたかった事を言う隙も気力もありませんでした。。
    彼から話された内容は、録音していたので、要約すると以下です。。

    ・未だに花音がSNSを見ているとは思わなかった。フォローを外しただけでは意図が伝わっていなかったのは申し訳ない。(フォロー外しは彼なりの「さようなら」だったようです。そんなの分かりません。。)
    ・SNSは今後フレンド以外には非公開とするので、もう俺達のことは気にしないで欲しい。それが花音の為にもなる。
    ・当時は夢を頑張る花音が確かに好きだったが、今はもう終わったこと。花音が夢と俺を諦めた時、俺も花音を諦めた。
    ・今の俺にはAが全てであり、それはAと誰かを天秤に掛けられるものではなく絶対的な愛情。
    ・今後もしAを傷付けるような事をするのであれば、俺は花音を許さないし、然るべき措置を取る(声が怖かったです。。)

    Aは冒頭「初めまして」と一言喋っただけで、その後は終始無言でした。私はそれが頭にきてしまい、「何でAは黙ってるの?今までの話は全部Aに言わされてるんでしょ」と言ってしまいました。
    そしたら彼は「Aはむしろ同席を遠慮しようとした。それでも彼女に今この話を聞いてもらっているのは、俺自身の意思であり、彼女を安心させたいエゴかつ俺なりの誠意だ」と怒ってしまいました。Aへの誠意って。。私に気遣う気持ちは、もう彼の中にはないんですね。
    続きます。

    ユーザーID:9865762012

  • トピ主です。

    皆さんの仰る通り、彼はAとの出会いによって変わってしまったようです。とても残念です。
    昨日の夜は悲しみと怒りで一杯だったのですが、一晩明けて冷静になり、元彼のことは諦める努力をしようと思えて来ました。皆さんのお陰です、ありがとうございます。

    ユーザーID:9865762012

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧