中学受験、失敗しました。

レス49
(トピ主2
お気に入り112

生活・身近な話題

あんこ

レス

レス数49

レスする
  • お疲れ様でした。

    息子も、国立附属の中学受験を失敗しました。

    そこにどうしても行きたい!!というよりは、地元の公立中学の荒れ具合がとんでもなく、でも私立には経済的に・・・みたいな理由だったのですが。

    そんな状況でも、不合格は、やはりダメージでしたね。

    合格発表のまさにその日、地元の通学入学の説明会があったのですが、どんよりとした気持ちで、どんよりとした体育館の天井を見上げていました・・・。

    あれからもう12年。

    そこから先は不合格無しの彼の人生です。
    難関の国家試験にも、一発合格しました。

    でも友だちは何人も落ちていて。
    息子曰く「そう言う人の方が依頼者の思いに沿った弁護ができるのかもしないな。」

    12年前はなんともやりきれない気持ちになったのに、今振り返ってみれば、彼の長い人生の中で、あれは通過点だったのでしょう。

    だから今は、無理に前向きになろうとしないで、いつかこの日を振り返るときがあると、思っていた方が楽です。

    塞翁が馬、というのは、今回のオリンピックのことでもつくづく感じます。
    こんな事なら東京に決定しなければ、とまで思います。

    何が良くて何が良くなかったのか、なんて人生を終えるその日まで、誰もわからないのかもしれません。

    ユーザーID:4499166397

  • 落ち込むのは本人

    弟が中学受験で第一志望に受かりませんでしたが、第一志望に受かった姉よりも、大学はいいところに行きました。これからいくらでもチャンスはありますし、中高が進学校で周りについていけずに頑張れなくなる子もいます。
    なにより、お子さんはまだ小学生。お母さんの落ち込みを、自分にがっかりしていると感じてしまうと思います。お子さんは親の気持ちを敏感に感じとります。お母様自身がどんと構えて、気持ちを切り替えることが大事だと思います。たらればで悔やんでも、意味ないと思います。ただ、お子さんの向き、不向きや特性はしっかり見てあげてください。

    ユーザーID:9772423546

  • うちも落ちました

    お疲れ様でした。
    うちの子どもも数年前中学受験で失敗しました。
    幸い抑えの学校には受かりましたが、中学は県トップ私立中に落ちた子の行くところ、高校は県トップ県立高に落ちた子が行くところ、とにかく二流というラベルがべったり貼られている学校で、子どもより親が「こんな学校に行きたくない!!!」って思ってしまいました。

    制服のサイズを測りに行くときも「なんでこんな学校の制服を作らなきゃいけないの?」と思ったし、第一志望の中学のある駅を通るのが辛かったし。

    ただ、中学受験って成功する子より不本意な子の方が多いはずなんですよね。
    受験体験記は成績が悪かった子が一念発起して受かりました、親子でこんな努力して受かりました、って話ばかりだけど数字をちゃんと見れば塾に在籍している子どもの数に比べて受かった子の数は断然少ない。
    しかも受かった子は成績優秀の一人が複数校を受かったのがカウントだったり。
    一応関東では中受に特化した最大手のひとつの塾です。

    私自身の気持ちが落ち着くまで一年かかりました。
    実際に通って世間の評判はどうでも、子どもにとってはいい学校だったし、子どものようによく言えばおっとりして競争心のない子が多くて(負けん気が強ければ第一志望に受かったのでしょう)居心地がよく、二番手校ゆえトップを目指して先生たちもやる気がある。
    結果大学受験は十分成功したのでうちの子にとってはこれが結果オーライだなと思いました。

    よく中受関係のサイトで「ご縁を頂いて」と言う言葉を聞きました。
    いかにも中受用語だと思っていましたが、入学してみると中受である学校に入るって本当に「ご縁」だと思います。
    子どもの入った学校が子どもに縁があった学校だし、最適のものです。

    落ち着くのに一年かかった私が偉そうに言うことでもありませんが。

    お子様の良い学校生活をお祈りしています。

    ユーザーID:9449865628

  • 早くしっかりしてあげて

    笑顔になれとはいいませんが、トピ主さんの気持ちをお子さんが感じるのが、1番良くないことなので、早く前を向いて欲しいです。

    うちは、中学受験ではなくて申し訳ないのですが、私立高校に落ちました。
    隣県の難関私立でしたが、子供の塾からは毎年100人以上合格していて、塾の成績はいつも数千人中50番以内、本人は合格するものと思っていたので、かなりショックだったようです。

    でも、私は何となく予想していました。
    第一志望は公立トップ校で、専用問題がかなり難しいので、ある程度難関私立対策にもなっていましたが、理科社会はレベルが違うはずがそこまでやり込んでない様子でしたから。気の緩みもあったと思います。それを感じていました。

    地元の私立は、何処を受けても10番以内に入るだろうだったので、隣県と日程も違う事だしで受験した結果がこれです。塾の同じくらいの成績の友達はみんな合格したので、恥ずかしかったと思います。

    帰宅した子供に、何と声をかけようかと考えましたが、私が落胆したり責めても仕方ないと真っ先に考えました。地元の私立受験は翌日です。

    それで、
    良かったね、地元の私立簡単な学校選んでて。元気に試験が受けられたら、絶対合格だから、気持ちが楽に受けられるよ。地元しか受験できなくて、ギリギリの成績だったら、プレッシャーで大変だったねーと。

    子供は、
    そうだよね、ありがたいよね、頑張ろ。と前向きに。

    模試でも失敗したことあったけど、その次凄く良い成績とれたよね。この不合格を生かして、気を引き締て頑張れといいました。

    後に、私が予想していたことは知ってたけど、本当に自分が落ちるとは思っていなかった。専門家の塾の先生たちが大丈夫といってたからと。でも、落ちて帰宅した時、それみたことかではなくて、明るく前向きな声かけしてくれて、楽になったと言ってました。

    ユーザーID:8369425761

  • 親のガッカリは子供に見せない

    私は小学校受験で落ちました。
    母の母校で姉も通っていて当たり前のように同じ学校へ通えるものと思っていたから自分は行けないと知った時はかなりのショックでした。

    別の学校へ入学しましたが、事あるごとに母の母校の小学校に落ちたことを言われるのが非常にイヤでした。
    落ちたショックよりも母の嘆きの方が精神的ダメージは大きいです。

    学校が違えば学校方針も違い行事も異なり在校中は〇〇に行けてたら経験できたのに落ちちゃったから残念ねと言われたり。
    本当は〇〇希望で姉は受かったのにこの子は落ちたからと他の人にも言ったり。
    今でも昔話・思い出話のように落ちた時はショックだった、行ける学校があるか心配だった、なんで落ちたのかしら、受かっていたらどんな風に育っていたか、とまぁしつこい。
    私は結果として母の母校じゃなくよかったと校風が合わなかったと感じていますが、母は永遠に落ちた事を消化しきれていない様子。

    母親としてはとてもショックだったのも失敗したと立ち直れない気持ちも後悔の念もわかりますが、実際に学校へ通うのもそこで色々な経験を積むのも子供。
    第一希望の学校へ合格したら将来が約束されるわけではありません。
    春から新しい環境へ巣立つ子供が楽しく頑張れるように第三希望の学校の良い所を色々探してみてください。
    息子さんがその学校が好きになって憂いなく通えるように。

    失敗体験がある人の方が打たれ強く、壁にぶつかっても這い上がるパワーが付くと言われています。
    息子さんは、まだまだこれからですよ。

    ユーザーID:4659744933

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 中学受験は通過点でしかない

    12年前、うちも全く同じでした。

    3年生の2月から大手塾に通っていました。
    第一、第二希望の中学、不合格でした。
    第三、第四希望の中学、合格でした。
    結局、悩みぬいた末、第四希望の中学へ進学しました。そこは偏差値は第一希望の学校と同じでしたが、通学に片道90分かかります。

    子どもは6年間がんばって通い、勉強し、部活もやり通し、良い友人にも恵まれました。その後難関大学へ入学し卒業しましたが、おそらく第一希望の中学へ進学していても、同じ大学に入っていたと思います。

    今なら、あの時はちょっと回り道をしただけだったと思えます。

    当時は私の方が、もう本当にショックで、補欠の連絡をずっと待っていましたし(来なかったけど)せめて第二希望の中学へ受かってほしかったと願ってみたり、ただただつらかったです。
    もうこれからは親としてできることも限られてくるので、私の場合は6年間、とにかくお弁当作りをがんばり、後方支援をしたつもりです。

    今はとてもつらいと思いますが、お子さんがどちらに進学されても、お子さんの力を信じて応援してあげて下さいな。

    ユーザーID:4244507762

  • 子供の前でがっかりした姿をみせない

    ことが何より大事で、ここが上手くいけば、あんこさん親子の受験は成功になります。

    ?って思いました?
    昨年我が家、第一志望を2度も受験して×でした。受ければ受かるつもりでの×だったので、ものすごくショックでしたよ。息子は気丈にしていましたが、だんだん口数も減ってかわいそうでした。

    すぐに敗因を分析して、足りなかったところは次の大学受験で修正しようね、第2志望校も、ついでに言うと受験校全部いい学校だよねだから受験したんでしょという話に。でも息子は回復しない。

    私もショックでしたが、母の態度が大事だと色んな書込みにあったので、第2志望を見学したときの良かったところを話したり、入学後のことを話したり、楽しみだね〜と折に触れて発言していました。そのうち、息子も「そうかな」となり、「第2志望は受かったんだもんね」と少し前を向き始めました。
    4月にオンライン学習が始まると「授業がいい」と前向きになり、結局完全に回復したのは6月に入学して夏休み前、友達ができた頃です。コロナでオンライン授業、6月入学式、夏の宿泊学習はなし、というスケジュールで大変でしたけど、2学期が始まったら楽しくて仕方ない。「オレはこの学校の方が合っていた。ご縁があったっていうこと。第一志望の学校だったらちょっと窮屈だっただろうな」となりました。

    母親は子供が楽しく通学できればそれで満足ですよね。
    失敗してしまった子には、回復期のフォローをしてあげて下さい。
    とにかく、今がっかりした姿を見せてしまうと、お子さんは母もがっかりさせてしまっていると自己否定2倍です。半分は成功したのですから、そこを見て下さい。
    それが親子ともに前を向くことができる最速の道だと思います。

    3年生から塾で頑張ったのですから、学習習慣はバッチリのはず。大学受験の時には今回の経験が糧になりますよ。

    ユーザーID:8951281622

  • うちもです。

    10年前の息子の中学受験。
    どうしても通って欲しかった私立中学に
    落ちました。
    情け無くも申し訳なく思いますが
    不合格がわかった時には息子の前で泣いて
    しまいましたよ。

    ですが息子は通っていた塾の先生に
    第3希望の学校の合格を誉めていただいて
    その学校に行く気になりました。
    通ってみたら 良い学校でした。

    主様 お辛いですね。
    お気持ちわかりますよ。
    ですが お母さんです。しっかりして
    お子さんに心の傷にならないように
    明るくしましょう!

    まだまだ これから!!

    ユーザーID:1965764980

  • わかります

    うちも下の子の中受で去年第一志望が不合格で私の方がショック受けました。子供は割とすぐに前向きになったんですが…。
    私がもう少し違うフォローができていたら?もう少し何かしてあげられたんじゃないか?子供が小学校に行ってる間はずっと泣いてました。

    子供と色んな学校に行き、偏差値だけではなく楽しく通える姿が想像できる学校しか受験しなかったのと、中学受験は人生の通過点で、もし不合格の時に自己否定してほしくないと思っていたので、ずっと「思い切り頑張るのは必要だけど、最後はご縁。あなたにとって1番楽しい学校生活になる学校に縁があって合格するよ。不合格でもダメじゃなくて縁がなかっただけよ」と話してたし、それも本心だけど、やっぱりあの努力の日々を思うと第一志望に合格させてあげたかったと涙が止まりませんでした。

    コロナ禍で中学も入学式が6月まで伸びたり、分散登校も続き通常授業は7月に入ってからで本当に入学した学校の良さも実感できず悶々としました。

    今1年経って、やっぱりご縁の合った学校がその子に1番合ってる学校と、楽しく通ってる我が子を見て思います。我が家の場合、下の子が不合格の第一志望は上の子の通ってる学校で、楽しそうな姿に憧れて下の子がすごく行きたがり志望しましたが、今となるとカリキュラムや校風は今の学校の方が下の子には合ってると素直に思えます。

    子供が進学する学校好きになるのって、親がその学校好きになるのが1番なんですって。だからもちろん志望校にしたのだし、元々志望校だし、進学する学校を気に入ってるとは思いますが、一層その学校の良いところ見つけて入学楽しみだねって涙は隠して笑って話してあげてください。

    きっと今が1番辛いですが、子供が笑顔で学校通うようになったら、この学校に進学することになってよかったんだって思うようになると思います。
    お子様が楽しい中学生活になりますように

    ユーザーID:5009735949

  • 笑える日がきっと。

    遡ること6年前、我が家も中学受験、第一志望不合格でした。
    点数開示がきて、あとわずか一点。
    学校や教育方針、親子ともに恋い焦がれた学校だったが故に、発表を見に行った掲示板の前から涙で動けなくなりました。立ちすくむ子どもの姿をみて、また12歳の子どもにこんな苦痛を与えなければならないのかと。

    その後に受験した中学へ通いましたが、入学式でも親の私が心の整理がつかず、泣いてしまいました。なんで、こんな学校にきたんだろうと。

    ただ、夏を過ぎて子どもが楽しそうに過ごす姿をみて、少しずつこの学校にいれて良かったと、なんて子どもに合った学校なんだろうかと驚いたり、本当にご縁があったとおもいます。
    仮定の話でしかないですが、第一志望に受かって通っていたら、ひよっとしたら、こんな風に伸び伸び過ごしていないかもと。
    外から見るより、実際は数段素晴らしい学校でした。

    そして、大学受験真っ最中の先日、子どもから言われました。

    おかあさんは、中学受験の失敗を自分の責任だと責めているけども、自分が幼かっただけ。誰の責任でもなく、自分の努力不足です。そして、この学校へきて、本当に良かった。縁があったのだと思う。

    今の大学受験も、塾などやりたいことを全て叶えてもらっている。だから、今回もしダメだったとしても、自分の責任だから、おかあさんは責任を感じる必要はないです、おかあさん自身をせめないで、といわれました。

    よほど、そんな姿を見てせいたのだと反省しました。受験の不合格は、まわりを見ていても親のほうが引きずります。
    辛かった経験もきっと笑い飛ばせる日がきます。あんな風にお弁当を届ける生活も今となってはいい思い出です。

    心の切り替えには時間が必要でしょうが、通学する学校がきっと最良の学校ですよ。次の受験ではきっと今回の経験がバネになるはず、応援しています。

    ユーザーID:1647096088

  • ありがとうございます!!

    たくさんの方からアドバイス、経験談、励ましを頂いて、本当にありがとうございます。
    気持ちがあたたかくなりました。
    実は、発表の日から泣いてばかりでした。
    でも、少しずつ、少しずつ前を向いて明るく歩んでいけそうです。
    失敗や挫折の多い人生でメンタルは強い方だと思っていましたが、我が子の中学受験失敗は、胸がこんなにズキズキと痛むのかと思うくらいでした。
    振り返って「良い経験だった、必要な経験だった」と言えたらいいなと思います。

    ユーザーID:5790449607

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 失敗と言わないで

    3年生から長い時間お疲れ様でした。
    コロナ禍もあり、本当に大変でしたよね。
    元気に試験場に送り出せたトピ主さんは素晴らしいおかあさんですよ!

    さてさて…失敗ではないと思いますよ。

    大坂なおみ選手のコーチだったサーシャ・バインさんの言葉、「試合は勝つか負けるかではなくて、勝つか学ぶかだよ」…です。

    ユーザーID:4455290090

  • 失敗だなんて…

    入試の結果に、失敗だなんて大袈裟だと思う大人です。

    自分の学校生活が失敗の上に成り立っているなんてお子さんが思わないようにしてあげてください。どの学校にいくかより、学校でどれだけ楽しく健康で充実した日々を送れるかが子供にとっては重要です。それに、もしそんな素敵な毎日を学校で過ごせなくても別に構わないくらい学校なんて後から見たらどうでもいいと思いませんか?

    私の兄と姉は東大卒で仕事もエリートな感じなのですが、東大なんて若いうちのたった数年、今どう生きているかに集中している感じがあの2人はすごいです。父も東大卒の研究者。母は超難関私立校の小学校からの卒業生でやはり研究者。そうです。一家中で私だけが超凡人です。難関小中にも見事に不合格。周りからは可哀想とか、大変そうとか言われますが、私、実は一回も生きにくかったことないんです。私の学校時代、父母は私の受験結果に一喜一憂したことがなく、私が良い友人たちと楽しく過ごせているかに集中してくれました。あとは夢中になれることに将来の時間を使えと常に言われ、夢中になれることを夢中で探しました。おかげで、兄姉のような学歴もなく、エリートでもないですが、毎日明日が来るのが楽しみと言える仕事に就き、学校からの友人たちに支えられています。

    直接何か決めてくれるわけでなくても、子供に対する親の姿勢って大切で影響力がおおきいと思います。長い目で考えて、大らかにお子さんをサポートしてあげてください。

    ユーザーID:3469186462

  • 1番辛いのはお子さん。

    家も、中学受験に落ちてます。
    教育熱心な義父母に言われて受けたようなもの。近所にやたらと息子をライバル視してくる同級生家族も受けると言い出し(こちらは手当たり次第受けて何とか1つに合格したようです、。)家は一校のみ受験。
    息子本人は、今の友達とも離れたくないし。受験したくなかったのでしょう。
    主人も私立高校、国立難関大を出てるので、息子にもと思ってたんだと思います。
    私は、息子の気持ちをわかりつつも、嫁なので止めることも出来ず、小4から大手の塾に通わせムダに人生で落ちることを経験させた事を後悔してます。
    ですが、地元の中学に通ってる息子は、失敗とは思ってない。面接もいい経験になったし。友達とも明るく遊んでます。
    救われます。でも、本当に辛いのは子どもだと思います。
    親がいつまでも引きずってては駄目です。
    中学受験の合否は、子どもが3割、親が7割です。
    親の力が及ばなかった結果であり、本人も絶対行くぞ!と思って居る子は少ないのが中学受験です。

    ユーザーID:0677162376

  • レスします

    まずは受験お疲れ様でした。

    今回受かった学校に入学を決めたのでしょうか?それとも高校受験で再度第一第二志望校にチャレンジするのでしょうか?

    私は受験の合否も縁だと考えます。合格の学校には縁があり、向いているということで。

    高校受験で再チャレンジもいいと思います、どちらに決めても間違いではない、ポジティブに考えて、勿論お子さん本人の希望する方を選んであげて下さい。

    ユーザーID:5439677754

  • 失敗ではありません。導かれているのです。

    私は、高校受験のとき第1希望校が不合格となりました。
    でも、良い友達に巡り合うことができ楽しい高校生活でした。

    大学も第1希望が不合格となりました。
    でも、高校同様楽しい大学生活でした。

    必死で頑張ってきたからこそ、ショックを受ける気持ちはわかります。
    親であるトピ主さんが落ち込んでいると、その姿を見た子供さんは不安が増してしまいます。親として、どんと構えてあげてください。

    >振り返って「良い経験だった、必要な経験だった」と言えたらいいなと思います

    不合格という経験は、今後の人生において必ずいかされると思います。私は、そうでした。そう思える日はやってくると思います。タイトルでも書きましたが、失敗ではありません。トピ主さん家族にとって良い方向へ行くように導かれているのです。

    「人間万事塞翁が馬」

    ユーザーID:6524168942

  • いますぐ涙を引っ込めてください!

    あなたの受験ではなく、あなたの人生でもないです。
    何を勝手に不幸ぶって嘆き悲しんでるんですか?

    あなたが泣くたびに、親が泣くのは自分のせいだと傷ついているかもしれないとは考えないんですか? 不合格を「挫折」に変えてしまってるのは親ですよ。あなたの態度一つで、「ジャンプ台」にもできるし、これから通う学校だって大好きになれるのに。

    当たり前ですが、あなたは息子さんではありません。
    自分と子供の区別がつかないぐらいのめり込んで、我を失ったことを反省しましょう。そして息子さんの明るい中学生活に向けてどんなサポートができるか考えましょう。やることたくさんありますよ。

    落ち着いたら息子さんに「あのときはどうかしてた」と言って謝ってね。それがないと、このあとずっと親子関係に暗い部分が残りますよ。

    ユーザーID:1866565487

  • そうですね

    たらればを言ってても過ぎた時間は返ってこないので、受かった学校でどんなふうに育つかを楽しみにすればいいのでは。

    ユーザーID:0345245204

  • うちも中受しましたが

    公立の中高一貫校を受けて、ご縁がなく、公立中学校に行っています。

    私は、公立中学校に行ったら、そこでしかできないこと、を見つけていました。
    受検は一校だけでしたので、結果を受け止め、すぐに気持ちを切り替え、公立でこれをやろう、と持ちかけました。

    同じクラスに、合格した子が2人いて、1人は毎日一緒に通学している子でした。
    「おめでとう」って言える?と聞くと「大丈夫」といい、今でも連絡を取り合っています。

    4校受けたのなら、どの学校にもいいところがあるはずです。
    お子さんがより学校生活を生き生きと過ごせるだろう学校にお決めください。

    ユーザーID:5225313239

  • 無理して入っても大変です。

    一貫校で仕事をしています。やはり授業は真ん中あたりから上を見て進んで行きますから、やっと合格した生徒さんたちは大変です。

    小学6年生の時にはわからないかもしれませんが、結局、大学受験の時は本人の持つ実力が一番ものを言います。ですから、トップ高にいたからと言って全員東大に受かるわけではなく、別の学校からリベンジする子がたくさんいるわけで。

    親が無理して子どもをひっぱり続けると後で怖いですよ。いつか歪みが来ているところから崩壊します。

    ユーザーID:5961993585

  • 同じ状況でしたが、返って良かった!と思う時が来るんです。

    同じでした。

    子供の受験なんだから親が苦しむのはおかしい、なんてこと、無いです。経験の無い人にはわからないかも。

    中受って、親と子供が、やはり一体化します。
    親は、小さな戦士を、葛藤しながら見守るしかできなくて、でも代わりに心臓がぎゅっと締め付けられるんですよね。今でも、前夜のせつなく、愛しい子供への気持ちを覚えています。

    さて、挑戦して第三希望ということですが、
    もしかしたら、第三希望が子供さんに一番合っているかもしれませんよ。
    うちは、第一希望を落ちまにたご、、結果的に現在の学校が子供の行きたい方向に合っていたと思っています。周りの方も、口々に、結果オーライだったと話します。

    これって、負け惜しみとかではなく、運命の采配かな、と思うんですね。自然に良い方向に行くというのは本当なんだな、と感じる事が多々あります。

    まあこんな不思議な考え方は置いておいても、トピ主さん一家が選んだ学校には違いないですし、絶対良いところありますよ!
    楽しんでくださいね。

    ユーザーID:8980937716

  • 失敗じゃない

    第三、第四志望に受かってるんじゃないですか。
    あるいは全落ちでもそれをもって失敗とは言わない。

    志望校にいれたということは他の受けなかったところよりは良いと評価した部分があるんですよね。本人はちゃんとその受験日に頑張って試験に臨んだはずです。
    また、全落ちでも、それまで何年も勉強してきたことは無駄にはなりません。基礎学力として備わり、そして一点二点でも不合格という選別があると身にしみて、今後への糧とできるでしょう。

    失敗とは
    ろくに勉強しないで地頭だけで合格し慢心して中高でなまけてしうことだったり、
    合格ゆえに自分は優秀だと選民意識を持ち性格を歪めてしまったり、
    バーンアウトして無気力になったり、
    親との確執を深めてしまったり、
    勉強そのものを嫌いになってしまったり、
    自信喪失して他のことへも挑戦しないようになったり、
    てことでしょう。

    挫折を乗り越えることへ、成功を目指してください。

    ユーザーID:3831450000

  • 失敗って…

    頑張った子どもに対して
    失礼な表現だと思いました。
    第三、第四が失敗校になってしまうなら、
    滑り止めになんて受けなければいいのに。
    中学なら最悪公立校にいけるんだし。

    我が子も人生初だろう、
    進学先を自分で決め、
    日程的に一発勝負しかできなかったので、
    不合格なら地元公立中と覚悟して受験しました。

    今まで自主的に勉強しなかったのに、
    自分でやるようになった。
    将来について親子で話す機会が増えた。
    初めて塾に行き、知らない人達の中で友達ができ、入学式で再開できた。
    親子面接では想像以上にしっかりとした受け答えをしている我が子を見て、
    受験をしたことで本当にいい経験ができた。
    と思いました。

    合格できなかった場合の様々なパターン、
    想像していなかったんでしょうか?
    それこそが失敗ですよね。
    息子さんが一番辛いけど、まだ小学生、
    辛さから立ち上がる手段の想像力も方法も大人より乏しいのに、
    母はどうやって引き上げるのですか?

    ごめんなさい。
    頑張って受験した子を知っているので、
    私は希望校に入学できなくても
    落ち込んだり、失敗したなんて言う事はできません。
    残念だと気持ちに寄り添うことはしますが、
    我が子の将来が明るく、希望に満ちている事を
    信じる事はやめず、
    次にどう向かおうか、どう支えようかと悩むと思います。

    合格したから全てうまくいく保証もないんです。
    親ならこの先も子どもが乗り越えていけるように、先に立って考え示していかなければ!
    最終的にどの大学に行くか、何になるか?ですよね。
    ただの通過点に過ぎません。

    ユーザーID:2770879624

  • 泣くのは一人で

    まさか、お子さんの前で涙は見せてないですよね?

    良い母親は良い女優です。
    子供の前では涙は決して見せず、とにかく頑張った子供を讃えてあげてください。
    自分の苦しみや悔しさなんて、子供の前ではどうでも良いこと。

    志望校の絞り方、塾の選び方、模試の対策、つめの甘さ、など後悔はあるでしょう。

    でも、今、同じく悔しい思いした子供達の多くは後にリベンジを果たします。
    ですが、中にはこの失敗を苦にして不登校、心を病むお子さんも多くない。

    ここは、親のあり方にかかってます。
    心を強く持ってください。

    ユーザーID:9992098793

  • 当事者のお子さんはどうしていますか?

    まさか、お子さんの前で泣いていたのでしょうか?

    入学進学するのはお子さんです。

    お母さんが残念がっていたら、お子さん、進学する学校に愛着わかないですよ?

    合格した学校には進まず、潔く公立中になさるのでしたら
    お子さんの前でいつまでもべそべそ暗い顔をなさっていてもよいと思います。

    >でも、少しずつ、少しずつ前を向いて明るく歩んでいけそうです。

    「少しづつ」って・・・!!!

    まだ、自分のことが大事ですか?

    当事者のお子さんではなく?

    自分の頭と心が混乱していようとも
    子どもの前でマイナスの感情を出してはダメです。

    こと、子どもの受験に関しては。

    ユーザーID:1039433513

  • それから6年後の我が家は

    あんこさんちと同じ状況のときがありました。あのときは、本当に苦しかった。第一志望校に落ちて、泣きながら遅めのお昼ごはんを食べていた時のことです。お隣に座っていた方に言われました。


    「挫折は味わいたくても味わえてるものではない。大人になってからの挫折は苦しいんだよ。だから、いい経験をしたと思ってこれから通う学校でたくさんの友達とたくさんの経験をするといい。友達は大きな財産になる。そして、またチャレンジすればいい。」


    そこから、息子は入学した学校で友達を作り、部活に入り、親の心配をよそに少しずつ溶け込み、楽しんでいきました。正直私のほうが、ずっと辛かった。申し訳ないことをしたのではないかとずっと思っていました。でも、6年経て、去年の年末に息子に言われました。


    「この学校に入って良かったと思っている。いい友達にも出会えたし、楽しかった。」


    ずっと心の中にあった黒いものが落ちた気がしました。子供は、親が思っているよりもずっと強く前を向いていると思いました。


    今年に入ってからは、

    「前回はお母さんと一緒にやった受験だったけど、今回は俺の受験だと思っている。正直、ドキドキしている。」

    志望校も学部も全て息子1人で選びました、私はお金を支払っただけです。そして、共通テストを終えた息子は、会場についた時、

    「運動もしていないのに心臓ってこんなにも大きく早く鼓動するんだね、こんなに緊張したのは人生で初めてだった。」

    そう言われました。おいおい、中学受験は?と聞いたらここまでじゃないと。


    来月から各校の受験が始まります。私にできるのは体調管理と帰宅後、美味しい夕飯を作って置くこと。そして、精一杯応援すること。後、お金を支払うこと。

    我が家の経験談になってしまいましたが、人生これからです。いくらでもやり直せる。大丈夫ですよ。

    ユーザーID:6122639236

  • あなたの心の準備の問題

    要するに第三、第四志望は滑り止めですから、
    第一、第二に落ちることも想定してましたよね。
    なのに結果が出てから、黒い気持ちとは心構えの問題です。

    因みにうちは第一、第二に受かって、
    当然ながら第一希望に進学しましたが、
    第二にすれば良かったと、後悔しています。
    入ってみると外からでは違うものです。

    ユーザーID:8340737107

  • 元気を出してくださいね。

    私の子供も中学から私立に通いました。

    私にとって第一希望の中学は残念な結果に。でも子供はあんまりショックを受けていない様子でした。子供は合格した学校があるんだから、そこに行く、とクールに受け止めていました。

    入学してしばらくして行われた保護者のランチ会では、そこここのお母さんが、同じように第一希望とはご縁がなかった〜!って言っていました。中には幼稚園から学習塾に入れたけど、希望した学校とはご縁がなかった方も。

    学校生活が始まってみれば、子供はたくさんお友達を作って楽しんでいました。文化系の部活に入ったせいか、先輩や後輩との縦のつながりも良い意味で強かったです。

    子供はその後、系列の大学に入り、今は社会人で他都市で生活していますが、いまだに学生時代の友人達や先輩、後輩と良い関係を保っているようです。

    私自身も子供の学校生活を通してたくさんのお母さん方と知り合うことができました。

    子供の運動会や学習発表会も、役員のお母さんがまとめて席を取って下さり、みんなで応援して楽しかったです。

    中心になって動いてくれた人が素敵なお母さんだったからか、はたまた良い人達ばかりあつまっていたのか、ありがちなママ友同士の諍いなどがなく、子供達の大学卒業後も、たまに集まってランチ会をするほど仲良くなりました。(今はコロナのせいで会えませんけどね。)

    本来は学校生活は子供が楽しければいいんですが、私の場合は、親も楽しませてもらいました。その点は子供に感謝しています。

    あの学校に進学させてよかった、と心から思います。

    トピ主さんも今は苦しい気持ちでいっぱいだと思いますが、私のような例もあるので、どうか悲しまないで下さいね。

    そして、お子さんと一緒に、これからの学生生活を思う存分楽しんで下さい。

    ユーザーID:1482235994

  • 受かったところがお子さんに合っている

    家も第一志望と思っていたところが残念でした。抑えきれず子供の前でポロポロ涙を流してしまった事もありました。
    当時は親子で頑張っただけ偉いなど自分を納得させることに必死でした。

    実際学校に通い始めると子供が楽しそうに過ごしているのです。周りのお友達も良い子ばかりで小さな失敗をいくつしてみんなで怒られたり、一緒に一つの目標に向かって努力したり、保護者の方も良い方ばかりで今はこの学校で良かったと心から思ってます。

    無理矢理なんとか入って良い結果を残せる方もいますが進学校の辛さをかかえて子供時代を過ごす方もいらっしゃいます。

    受かった学校が一番お子さんに合っていると思いますよ。偏差値だけが学生時代の思い出とならない充実した実り多き学生時代になりますよう。

    ユーザーID:8908787240

  • 耐えて下さい

    子供の受験の失敗で、親が泣くって、無しだと思います。

    100歩譲って、陰で、隠れてだったら仕方がないのかな。

    お子さん、自分だってガッカリしてるのに、自分のせいで母親が泣いてるなんて、やり切れませんよ。

    子供なんて親の思う通りに育ちませんよ。親にできることはどんと構えて見守って、自分の力で生きていけるように応援するだけでしょ?

    ユーザーID:7724729175

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧