中学受験、失敗しました。

レス49
(トピ主2
お気に入り111

生活・身近な話題

あんこ

レス

レス数49

レスする
  • ありがとうございました!

    たくさんの叱咤激励、ありがとうございました。
    ご縁を頂いた学校で充実した楽しい6年間を送れるように、サポートしたいと思います。

    ユーザーID:5790449607

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 子どもがかわいそう

    親がそうだと子どもは罪悪感を抱くかもしれません。

    結果は残念でもがんばってきた過程に焦点を当てるべきです。

    ユーザーID:2210098102

  • レスします

    子供のためにお金と時間をかけてきたんですものね
    ショックなのは分かります。

    でもね、絶対後悔してり、混乱したり、ショックを受けたり、泣いたりしてはダメです。
    それをすることによって
    受験に失敗したことよりも
    親に否定された(否定とは思ってなくても子供は感じる)ことが心の傷になります。

    それは自己肯定感を著しく下げていくんですよ。
    そうなるともう高校大学、就職しても幸せな人生を送れなくなってしまいます。

    子供のためを1番に思うなら
    失敗してもそれが全てじゃない!
    ってことを1番に考えて示してあげられる大人に、親になってください。
    正直、母親がそんな状態だなんて、お子さんの事を思うと悲しいです。
    辛いだろうなと涙が出ます。

    あなたも辛いでしょうが
    そこは親として子供のために
    そんな姿は見せないように頑張ってください。
    お願いします。

    ユーザーID:8282444522

  • お子さんは罪悪感を持っています

    もうアラフィフですが私自身が志望校を落ちた時、母がやたらと落ち込んでしまって『あなたはあなたのままでいいのよ…』などと言われました。
    意味がわかりませんでした。
    まず私は、試験には落ちたけれども、それを失敗とは考えていませんでした。
    次がんばればいいやと思っていた。
    しかし母の言動から、少なくとも母はものすごくショックを受けていることだけはわかりました。
    そしてそれが、自分が落ちたせいであると気づいた時、申しわけないことをしたなと思いました。
    私が受かっていれば、母はいつもの明るい母でいられたんだ。
    私が落ちたせいなんだ。
    次の受験の時、自分が落ちることよりも、母を悲しませてはいけないとがんばりました(受かりました)。

    私も親になって思ったのは、母のアプローチはまちがっていたということ。
    親が子どもにプレッシャーをかけてどうする?
    親のための受験じゃない、子ども自身のための受験なんだ。

    トピ主さん、悲劇のヒロインは止めましょう。
    お子さんを見てあげて。

    ユーザーID:8685444861

  • 失敗ではないんです

    お受験お疲れさまでした。
    うちの息子の中学受験は、第三希望校の2回目の受験でようやく合格を頂き進学いたしました。
    6年間通った学校も3月にいよいよ卒業です。この子はこの学校で得たものが本当に大きく、先生や校友の方々の出会いに感謝してます。

    受験というのは『ご縁』だと思うんです。
    合格できなかった学校は『ご縁がなかった』のです。
    失敗でなはくお子さんとその学校が合わなかっただけ。
    まだまだこれからです。楽しい学校生活を送ってください。

    ユーザーID:9121523214

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 高校で挽回していました

    姉が中学受験に失敗し、公立中学に進学しました。

    両親も姉も頑張っていたので特に姉の落ち込み方は結構なものでした。

    公立中学で地元の友人たちと楽しい3年を過ごしながら、高校で一流進学校に進み、大学は東大に入りました。

    同じ大学に進んだ同期5人の卒業後はそれぞれで、独立起業した人、大手企業に入った人、公務員になった人、なぜか画家になった人、何があったか知りませんが借金まみれになった人。

    人生いろいろですね。

    ユーザーID:0169317765

  • 合格したところで頑張るのがよろしいかと思います

    >3年生から大手の塾に通っておりました。

    なかなか思うようにはいかないのが中学受験ですよね。

    >第三、第四希望の学校には受かりました。

    合格したところで頑張るのがよろしいかと思います。

    イヤな言い方になってしまいますが

    中学受験の目的は「受験があって二段階選抜」された学校に通い

    良好な環境を確保することだと思います。

    ユーザーID:4963465272

  • これからがはじまりですよ

    息子さんもトピ主さんも受験お疲れさまでした。2校しっかり合格されたのですから、健闘したのではないでしょうか。

    トピ主さんのお気持ちはお察しいたします。

    わたしは子ども2人が受験で第1志望に合格できなかった母親です。2回経験すると、なんとなく慣れたような気もしますが、うちは、地域柄、受験が過熱しがちで、お母さん達が受験結果を持ち寄って集まるようなところでもあったので、落ちるという経験はいやなものでした。その経験からアドバイスすると、お母さんが混乱しているのであれば、落ち着いて息子さんと進学を楽しみにできるまでは、家族のことに専念して、よその人との接触を控えるがよいと思います。同じ学校に合格して笑顔いっぱいな親子さんもいますから、そういう人と会うのはしんどいと思いますし、励ましの言葉も突き刺さることがありますから、静かに過ごすことが大事だと思います。

    そのうち、進学の手続きがはじまると、行く学校が身近になっていきますよ。オリエンテーションに行く道すがら、通うのが楽しみになるような発見があるかもしれません。

    第1志望に受かることを豪語していた子の結果がだめで、どうするのか見守っていたら、強豪部活に入って、生き生きと学校生活を送っている子もいますし、第1志望に落ちて入った高校の部活で全国大会まで出場した子もいますし、進学後、新たな道が開けている話はたくさんあります。うちも、進学後の学校行事と友達がきっかけになって、将来の希望が定まりました。入学式で、ぱっと明るく気持ちが変わった話も聞きました。

    受験結果によって、お子さんが長く苦しむ話も少なからず耳にしますので、ネガティブな方向にいかないように、親もしっかりしないといけないと思います。

    男の子だとあっけらかんとできる子もいると思います。これからがはじまりと思って、トピ主さんも新しい目標をもって、子育て頑張ってください。

    ユーザーID:8070544063

  • 捨てましょう

    この度は大変でしたね。元気になられたようで良かったです。

    トピ主は、小説やマンガや映画やTVドラマなどはよく見ますか?
    それらはもちろんフィクションですが、ほとんどにおいて、こんな場合のあるべき親の描かれ方は決まっています。気に病まないように言葉を発し、本人の傷を癒すよう振る舞い、明日からに備えるということです。中学の第一第二志望に失敗しても世界が終わったわけではありませんから。

    私は親というものは、素直な感情を子供にぶつけてはいけないと思っています。親だったら踏ん張って、考えて、子供の糧になるような振る舞いをしなきゃならないと思っています。

    ひとつだけアドバイスです。

    >中学受験、失敗しました。

    明日からは、この言葉を口にしてはいけません。

    親子共々、行こうと決めたところで最善を尽くさなければなりません。そして自分が良い人生を送りたければその学校に誇りを持たなければなりません。
    行こうと決めた学校に誇りを持った人の耳に入れば、決して良い印象は持たれません。
    人はつい口が滑るということもあります。
    そうならないためにも、本人の自分の未来の為にも、親としてそのような考えは捨て、子供にも、そう諭すべきだと思います。

    ユーザーID:2749147347

  • 学校で楽しく過ごす未来がある。

    受験お疲れ様でした。
    お子さんにそう言いたいです。

    これからご縁があっていく学校、楽しいことが待っています。

    第一志望でなくとも、受験した学校ですからいいところがあったんですよね?
    ぜひそこをお子さんとしっかり見直してみてください。
    これから制服を揃えたり、学用品を揃えたり新しい世界の準備をお子さんはしていきます。
    お母さんは終わったことを見るのではなく試着した制服を見て成長したお子さんを見てあげてください。
    クヨクヨした姿を見せずワクワクした姿を見せてあげてください。
    新しい世界ぜひ心から楽しみにさせてください。

    住めば都、ご縁があったのだから、ぜひ都にしてください。

    私の子供たちもしっかり都にしました。

    そうそう、合格に足りなかったのはご縁です。
    もともとない縁を嘆いたってしょうがない。

    ちなみに、私は5年ほど前、親から「お前はあの学校落ちたのよね」となんの脈絡もなく言われました。自分の子供の前で。
    「だから?」と聞き返しましたが、とてもショックでした。
    卒業してから30年も経つのにこの親は何を言っているのかと。私は今まで、幸せに生きているのに何故今言うのかと。
    親が第一志望や合格率などを気にしていることの滑稽さ、苦さを子供として感じています。

    お子さんが苦しくているかもしれないのに(親を苦しませているという)余分な重荷を与えないでください。
    自分の重荷は自分だけで背負ってください。親なんだから。

    ユーザーID:7126909798

  • 合格した学校に行かせて下さい。

    お気持ちはよくわかります。ですが、経験者として、お伝えしたいことがあります。少し落ち着かれたら、次の事を考えなくてはなりません。どうか、合格した学校に行かせて下さい。第3希望でも、第4希望でも、縁のあった学校です。お子さんにとってはきっといい学校になります。
    最悪なのは、公立の中学に行って高校でのリベンジを考えることです。中学受験に否定的な空気が公立にはあります。申し訳ありませんが、公立にはお子さんの居場所は無いと思って下さい。「あの子、私立、落ちたんだって。」という視線に耐えて頑張らせるには、まだ幼すぎます。
    合格した学校があるなら、そこへ行きましょう。たぶん、お子さんと似たような境遇の友達がいるはずです。そこでなら、6年後のお子さんの頑張りに期待ができます。
    合格出来なかった学校は縁の無かった学校だと気分を切り替えて、新しい生活に向けた準備を始めて下さい。まだ、お子さんの人生は始まったばかりです。頑張って下さいね!

    ユーザーID:8869479161

  • これでよかったんじゃないですか?

    >何が足りなかったんだろう

    中学受験はなんといっても地頭。
    上のランクの学校ほど、付け焼刃の、いわゆる受験勉強ではどうにもならないような問題を出してきます。

    >3年生から大手の塾に通って

    上のランクの学校に入ってみればわかりますが、優秀な子ほど、受験勉強は通り一遍しかやっていません。

    だから

    >あの時ああしていたら、こうしていたら

    と思い悩むのは余り意味がないと思います。

    >なんとか第三、第四希望の学校には受かりました

    そのランクの学校なら、大手の塾での受験勉強でどうにか誤魔化せるということでしょう。

    逆に言えば、お宅の息子に適しているのはそのランクの学校だということだと思います。

    上のランクの学校には、本当に優秀な子が集まります。
    仮に地元の小学校でトップクラスでも、大して出来ない子は通い始めて数日で自信喪失、6年間を劣等感に苛まれながら生きることになります。
    お宅の息子、それに耐えるだけの根性がありますか?親に甘やかされて育ったのなら、辛くて途中でグレるんじゃないですか。職業柄、そういう子はたくさん見てきました。

    もちろん、辛い6年間を耐え抜けば、自分より優れた連中と一生モノのネットワークを作ることができます。必ずや掛け替えのない財産になるでしょう。
    実際、いい中高に行くのは、これこそが最大のメリットです。学歴だけなら大学受験で取り返すことも可能ですが、これは全く無理。中高の6年間こそ人格形成の核であり、それを共にした仲間は、成人してから大学で上っ面のつきあいをする連中とは比べものにならないからです。

    息子に辛い思いをさせてまであえて上の世界を見させるか、分相応の連中と楽しく過ごしてそこそこの人生を送って貰うか。
    辛い道を選ばせるなら、幼少期からそれなりの鍛え方をしておかないと余りにも残酷です。
    ここは「無理させなくてよかった」と思いましょうよ。

    ユーザーID:2236278826

  • 早く親になってください

    私も中学受験をし、第一志望には受かりませんでした。
    大学受験も希望するランクには合格出来ず、浪人しました。

    失敗するたびにいつも母親が私以上にショックを受けて、感情的になってしまい、私は母を気遣うので精一杯で、自分が悲しむことが出来ませんでした。
    3者面談などでは、自分が先生から何を言われるかよりも、母親が泣いてしまうことが心配で、気が気ではありませんでした。

    大人になって結婚し、実家を離れて初めて、嬉しい時は笑い、悲しい時は泣いて、自分の気持ちに素直に生きることができるようになりました。
    それでも尚、無意識に自分の感情を押し殺してしまう習慣は、完全には直っていません。

    母がトピ主さん同様に、私のことを強く愛していたからこそ、私以上に悲しんだり泣いたりしていたことは、とてもよく理解できます。
    ですが本来なら、感情のままに思い切り悲しむのは息子さん本人であって、親御さんはぐっとこらえて支えてあげるべきです。
    息子さんの今後の成長のためにも、どうかトピ主さんも頑張って親になってください。

    ユーザーID:4399482775

  • 中学以降をどう過ごすかの方がずっっと大事

    中学受験経験者です。希望の中学に落ちてしまい、少し遠い学校に6年間通いました。

    私も最初のうちは落ち込みましたし、周りの友だちもみんな第一志望に行けなかった子ばかりでしたが、落ち込むのは最初のうちだけですよ。
    仲良い友だちができて、部活とかも始まると、次第に学校生活を楽しめるようになります。

    でも、母親は納得できずにいたようです。
    保護者会とかのたびに、親が全く気が向いていないのを見ていると、本気で嫌な気持ちになりましたし、正直腹が立ちました。
    弟は実力以上の良い学校に進学できたので、そっちの保護者会には嬉々として参加したり、親同士仲良くしたり、学校行事も喜んで行ったりしているのを見ると、余計に複雑な気持ちになりました。

    親も子どもの進学先に納得できない気持ちは分かりますが、どうかそれを出さないであげてください。
    自分で気持ちを整理しようとしているのに、それを蒸し返されると凄く嫌な気持ちになります。
    中学受験は、いくら言われてもやり直せません。

    それよりも、まだ中学なので、本人が本当に嫌なら高校でリベンジする人もいますし、何より大学の方が遥かに大事です。

    私も、大学受験はそこそこのところに進学して、最後に就職先で本当に希望のところに入れました。
    中学受験で上手くいっても、周りについていけず中退した子もいますし、大学受験で全然上手くいかない子もいますし、就職や資格で躓いて、そのまま立ち直れない人もいます。

    中学生活だって、一生に一度しかありません。
    どうか楽しんでほしいですし、その悔しさをこれからに活かしてほしいです。
    何も苦労なくずっと希望通り進めた人よりも、失敗を経験して学べた人の方が、社会に出てからも強いと思いますよ。
    トピ主さんも、前を向いて、息子さんの背中を押してあげてほしいです。

    ユーザーID:9048557945

  • 昔中学受験しました。

    まずはお母様お疲れ様でした、ご子息様も本当にお疲れ様でした。私も昔中学受験を行い、結果志望校に落ちた経験があります。大学受験では悔しかったので志望の大学に入りました。

    進学した先は私立と言うことで手厚く公私に渡り面倒を見てくださり尊敬出来る友人にも多々恵まれました。また修学旅行で海外に行かせて頂いた経験はその後の進路・職業選択の際の元になりました。 私は元々国立志望でしたので、国立中・高へ仮に受かっていたら修学旅行が別の場所だったかも知れません。今とはまた別の選択をしていたかも知れないなぁと思います。

    私も落ちた際は自身が拒絶されたように辛く感じたことを覚えていますが、両親は「失敗」と私が捉えないように心を砕いてくれました。「最後まで諦めず勉強して受験をやりきりお父さん、お母さんは誇りに思うよ、中学校は関係なくいつもあなたは大切な娘だ」と言うような内容のことを真剣に話してくれました。両親の態度で落ちて申し訳ないと感じていた気持ちが楽になり、親からの無条件の愛情を感じました。両親の内心は分かりませんが、やはり辛かったのだろうと感じます。そこを私のフォローを最優先にしてくれたことはとてもありがたかったです。

    ありきたりな内容で申し訳ないのですが、中学受験で学んだこと、受験をやり抜いたことは必ず人生のどこかで役に立ちます。あの時に比べれば、もっと勉強できるな!とか、落ちた経験を味わいたくないから踏ん張ってやるぞー!と言うように。
    ご家族様は今はまだお辛いかも知れませんが、目標を見つけ、力強く一歩を踏み出されるであろうご子息様の幸せを心よりお祈りします。 

    ユーザーID:4200799314

  • 神様のお導き

    家の娘も第一希望を3回受験し合格はいただけず、滑り止めに受けた学校に進学しました。
    第一希望の中学校。合格確実と言われていたのに。3日目の不合格の後は、自室で泣いていて部屋から出てきませんでした。
    それでもせっかく受験したからと滑り止めの学校に行くといい、その入学式で校長先生がおっしゃった言葉です。
    あなた方がこの学校を選んだのではなく神様があなた方をお導きになったのです。
    娘も私もこの言葉で全てが吹っ切れました。
    学校は本当に娘にもほかのお友だちにも、良い学校だったようで、最終的には『第一希望の学校の校長先生、不合格にしてくれてありがとう』と皆で言ってました。
    きっと、進学する学校に神様が導いて下さっているんだと思います。

    ユーザーID:9980892086

  • 子どもの立場からコメントします

    私も中学受験経験者で、第一志望に落ちました。
    努力が報われなかったことは勿論ショックでしたが、
    自分の努力不足を感じていたので傷つきはしませんでした。
    しかし母が「あなたが可哀想」と言って泣いていたのが一番辛かったです。

    高校受験も大学受験も第一志望には受からず、
    就職活動も理想通りにはいきませんでした。

    自分の力量のなさを感じていたので
    結果自体はしっかり受け止められるのですが、
    「親にこれだけお金をかけてもらったのに結果が出せない自分」が
    惨めで許せないという感情は結婚するまで消えませんでした。
    自己肯定感は低く、ネガティブな自分に今でも苦しめられてます。


    愛情ゆえに親御さんがショックを受けるのはわかるのですが、
    子どもの背中を後押しして前を向かせることが一番大事だと思います。
    ある程度のレールや方向を示してあげることも親の役目ですが
    案外子どもは自分の足元から道を作っていけるのではないでしょうか。

    ユーザーID:5867412462

  • 不合格より、親に失敗と思われることの方が悲劇。

    題名通りです。

    うちも中受組、第1希望は不合格のため
    第2希望の私立に通います。

    そりゃ悔しかったですよ。
    親バカですみませんが
    説明会でみたどの子よりも
    息子は6年間、本当によく頑張りました。
    と思いましたから。

    大好きな動画の時間や友達と遊ぶ時間、帰省して祖父母に会う時間も削りました。今年はコロナ。思い出作りの行事すらほとんどなく可哀想な中、合格をめざして一生懸命だったと思います。

    きっと、今年受験をした子はとくにそうではないでしょうか、他の家庭も我が子に対してそう思うものだと思っていました。

    お子さんは本当にお気の毒でしたが
    申し訳無いけど貴女に対しては
    疑問しかありません。失敗ってなんですか?

    親が泣くな、強がれ、とはいいませんよ、悲しい気持ちになりますよね。だけど、レスの「失敗や挫折をしてきたから乗り越えられると思っていた」?にかなり違和感があります。

    失敗や挫折をしてきても、学ばなかったから
    悔しい、悲しいで終わっているのではありませんか?
    失敗から学んで成長してきた人って、今回のようにお子さんが落ち込んでいたら、共感しつつフォローができる人だと思うんです。 一緒に泣くだけ泣いたら、こんなところにグチグチ言わないで、与えられた環境で楽しく生きる、と。

    それを「失敗や挫折をしてきた」と
    自虐自慢のように言われても…と思いました。
    不合格自体よりも、親が我が子の不合格を失敗ということのほうが、お子さんにとって一番不幸ですし、それが「失敗や挫折から学んだ人」の発言とは思えない。

    今こそ、親としてあるべき姿を
    お子さんに見せてください。

    ユーザーID:8353316312

  • 大丈夫です。

    中学受験経験者です。
    受験の準備がいろいろ大変だった中で、たしかに不合格はショックだったと思います。
    しかし、多くの人が高校受験で初めて「受験」を経験する中、一足早い受験は良い経験になったのではないでしょうか。
    それに、受験のためにしてきた勉強や努力は
    絶対に将来役に立ちます。
    信じてこれからも頑張ってほしいです。
    後悔しないでください。
    大丈夫です。

    ユーザーID:4789101903

  • 耐えて下さい

    子供の受験の失敗で、親が泣くって、無しだと思います。

    100歩譲って、陰で、隠れてだったら仕方がないのかな。

    お子さん、自分だってガッカリしてるのに、自分のせいで母親が泣いてるなんて、やり切れませんよ。

    子供なんて親の思う通りに育ちませんよ。親にできることはどんと構えて見守って、自分の力で生きていけるように応援するだけでしょ?

    ユーザーID:7724729175

  • 受かったところがお子さんに合っている

    家も第一志望と思っていたところが残念でした。抑えきれず子供の前でポロポロ涙を流してしまった事もありました。
    当時は親子で頑張っただけ偉いなど自分を納得させることに必死でした。

    実際学校に通い始めると子供が楽しそうに過ごしているのです。周りのお友達も良い子ばかりで小さな失敗をいくつしてみんなで怒られたり、一緒に一つの目標に向かって努力したり、保護者の方も良い方ばかりで今はこの学校で良かったと心から思ってます。

    無理矢理なんとか入って良い結果を残せる方もいますが進学校の辛さをかかえて子供時代を過ごす方もいらっしゃいます。

    受かった学校が一番お子さんに合っていると思いますよ。偏差値だけが学生時代の思い出とならない充実した実り多き学生時代になりますよう。

    ユーザーID:8908787240

  • 元気を出してくださいね。

    私の子供も中学から私立に通いました。

    私にとって第一希望の中学は残念な結果に。でも子供はあんまりショックを受けていない様子でした。子供は合格した学校があるんだから、そこに行く、とクールに受け止めていました。

    入学してしばらくして行われた保護者のランチ会では、そこここのお母さんが、同じように第一希望とはご縁がなかった〜!って言っていました。中には幼稚園から学習塾に入れたけど、希望した学校とはご縁がなかった方も。

    学校生活が始まってみれば、子供はたくさんお友達を作って楽しんでいました。文化系の部活に入ったせいか、先輩や後輩との縦のつながりも良い意味で強かったです。

    子供はその後、系列の大学に入り、今は社会人で他都市で生活していますが、いまだに学生時代の友人達や先輩、後輩と良い関係を保っているようです。

    私自身も子供の学校生活を通してたくさんのお母さん方と知り合うことができました。

    子供の運動会や学習発表会も、役員のお母さんがまとめて席を取って下さり、みんなで応援して楽しかったです。

    中心になって動いてくれた人が素敵なお母さんだったからか、はたまた良い人達ばかりあつまっていたのか、ありがちなママ友同士の諍いなどがなく、子供達の大学卒業後も、たまに集まってランチ会をするほど仲良くなりました。(今はコロナのせいで会えませんけどね。)

    本来は学校生活は子供が楽しければいいんですが、私の場合は、親も楽しませてもらいました。その点は子供に感謝しています。

    あの学校に進学させてよかった、と心から思います。

    トピ主さんも今は苦しい気持ちでいっぱいだと思いますが、私のような例もあるので、どうか悲しまないで下さいね。

    そして、お子さんと一緒に、これからの学生生活を思う存分楽しんで下さい。

    ユーザーID:1482235994

  • あなたの心の準備の問題

    要するに第三、第四志望は滑り止めですから、
    第一、第二に落ちることも想定してましたよね。
    なのに結果が出てから、黒い気持ちとは心構えの問題です。

    因みにうちは第一、第二に受かって、
    当然ながら第一希望に進学しましたが、
    第二にすれば良かったと、後悔しています。
    入ってみると外からでは違うものです。

    ユーザーID:8340737107

  • それから6年後の我が家は

    あんこさんちと同じ状況のときがありました。あのときは、本当に苦しかった。第一志望校に落ちて、泣きながら遅めのお昼ごはんを食べていた時のことです。お隣に座っていた方に言われました。


    「挫折は味わいたくても味わえてるものではない。大人になってからの挫折は苦しいんだよ。だから、いい経験をしたと思ってこれから通う学校でたくさんの友達とたくさんの経験をするといい。友達は大きな財産になる。そして、またチャレンジすればいい。」


    そこから、息子は入学した学校で友達を作り、部活に入り、親の心配をよそに少しずつ溶け込み、楽しんでいきました。正直私のほうが、ずっと辛かった。申し訳ないことをしたのではないかとずっと思っていました。でも、6年経て、去年の年末に息子に言われました。


    「この学校に入って良かったと思っている。いい友達にも出会えたし、楽しかった。」


    ずっと心の中にあった黒いものが落ちた気がしました。子供は、親が思っているよりもずっと強く前を向いていると思いました。


    今年に入ってからは、

    「前回はお母さんと一緒にやった受験だったけど、今回は俺の受験だと思っている。正直、ドキドキしている。」

    志望校も学部も全て息子1人で選びました、私はお金を支払っただけです。そして、共通テストを終えた息子は、会場についた時、

    「運動もしていないのに心臓ってこんなにも大きく早く鼓動するんだね、こんなに緊張したのは人生で初めてだった。」

    そう言われました。おいおい、中学受験は?と聞いたらここまでじゃないと。


    来月から各校の受験が始まります。私にできるのは体調管理と帰宅後、美味しい夕飯を作って置くこと。そして、精一杯応援すること。後、お金を支払うこと。

    我が家の経験談になってしまいましたが、人生これからです。いくらでもやり直せる。大丈夫ですよ。

    ユーザーID:6122639236

  • 当事者のお子さんはどうしていますか?

    まさか、お子さんの前で泣いていたのでしょうか?

    入学進学するのはお子さんです。

    お母さんが残念がっていたら、お子さん、進学する学校に愛着わかないですよ?

    合格した学校には進まず、潔く公立中になさるのでしたら
    お子さんの前でいつまでもべそべそ暗い顔をなさっていてもよいと思います。

    >でも、少しずつ、少しずつ前を向いて明るく歩んでいけそうです。

    「少しづつ」って・・・!!!

    まだ、自分のことが大事ですか?

    当事者のお子さんではなく?

    自分の頭と心が混乱していようとも
    子どもの前でマイナスの感情を出してはダメです。

    こと、子どもの受験に関しては。

    ユーザーID:1039433513

  • 泣くのは一人で

    まさか、お子さんの前で涙は見せてないですよね?

    良い母親は良い女優です。
    子供の前では涙は決して見せず、とにかく頑張った子供を讃えてあげてください。
    自分の苦しみや悔しさなんて、子供の前ではどうでも良いこと。

    志望校の絞り方、塾の選び方、模試の対策、つめの甘さ、など後悔はあるでしょう。

    でも、今、同じく悔しい思いした子供達の多くは後にリベンジを果たします。
    ですが、中にはこの失敗を苦にして不登校、心を病むお子さんも多くない。

    ここは、親のあり方にかかってます。
    心を強く持ってください。

    ユーザーID:9992098793

  • 失敗って…

    頑張った子どもに対して
    失礼な表現だと思いました。
    第三、第四が失敗校になってしまうなら、
    滑り止めになんて受けなければいいのに。
    中学なら最悪公立校にいけるんだし。

    我が子も人生初だろう、
    進学先を自分で決め、
    日程的に一発勝負しかできなかったので、
    不合格なら地元公立中と覚悟して受験しました。

    今まで自主的に勉強しなかったのに、
    自分でやるようになった。
    将来について親子で話す機会が増えた。
    初めて塾に行き、知らない人達の中で友達ができ、入学式で再開できた。
    親子面接では想像以上にしっかりとした受け答えをしている我が子を見て、
    受験をしたことで本当にいい経験ができた。
    と思いました。

    合格できなかった場合の様々なパターン、
    想像していなかったんでしょうか?
    それこそが失敗ですよね。
    息子さんが一番辛いけど、まだ小学生、
    辛さから立ち上がる手段の想像力も方法も大人より乏しいのに、
    母はどうやって引き上げるのですか?

    ごめんなさい。
    頑張って受験した子を知っているので、
    私は希望校に入学できなくても
    落ち込んだり、失敗したなんて言う事はできません。
    残念だと気持ちに寄り添うことはしますが、
    我が子の将来が明るく、希望に満ちている事を
    信じる事はやめず、
    次にどう向かおうか、どう支えようかと悩むと思います。

    合格したから全てうまくいく保証もないんです。
    親ならこの先も子どもが乗り越えていけるように、先に立って考え示していかなければ!
    最終的にどの大学に行くか、何になるか?ですよね。
    ただの通過点に過ぎません。

    ユーザーID:2770879624

  • 失敗じゃない

    第三、第四志望に受かってるんじゃないですか。
    あるいは全落ちでもそれをもって失敗とは言わない。

    志望校にいれたということは他の受けなかったところよりは良いと評価した部分があるんですよね。本人はちゃんとその受験日に頑張って試験に臨んだはずです。
    また、全落ちでも、それまで何年も勉強してきたことは無駄にはなりません。基礎学力として備わり、そして一点二点でも不合格という選別があると身にしみて、今後への糧とできるでしょう。

    失敗とは
    ろくに勉強しないで地頭だけで合格し慢心して中高でなまけてしうことだったり、
    合格ゆえに自分は優秀だと選民意識を持ち性格を歪めてしまったり、
    バーンアウトして無気力になったり、
    親との確執を深めてしまったり、
    勉強そのものを嫌いになってしまったり、
    自信喪失して他のことへも挑戦しないようになったり、
    てことでしょう。

    挫折を乗り越えることへ、成功を目指してください。

    ユーザーID:3831450000

  • 同じ状況でしたが、返って良かった!と思う時が来るんです。

    同じでした。

    子供の受験なんだから親が苦しむのはおかしい、なんてこと、無いです。経験の無い人にはわからないかも。

    中受って、親と子供が、やはり一体化します。
    親は、小さな戦士を、葛藤しながら見守るしかできなくて、でも代わりに心臓がぎゅっと締め付けられるんですよね。今でも、前夜のせつなく、愛しい子供への気持ちを覚えています。

    さて、挑戦して第三希望ということですが、
    もしかしたら、第三希望が子供さんに一番合っているかもしれませんよ。
    うちは、第一希望を落ちまにたご、、結果的に現在の学校が子供の行きたい方向に合っていたと思っています。周りの方も、口々に、結果オーライだったと話します。

    これって、負け惜しみとかではなく、運命の采配かな、と思うんですね。自然に良い方向に行くというのは本当なんだな、と感じる事が多々あります。

    まあこんな不思議な考え方は置いておいても、トピ主さん一家が選んだ学校には違いないですし、絶対良いところありますよ!
    楽しんでくださいね。

    ユーザーID:8980937716

  • 無理して入っても大変です。

    一貫校で仕事をしています。やはり授業は真ん中あたりから上を見て進んで行きますから、やっと合格した生徒さんたちは大変です。

    小学6年生の時にはわからないかもしれませんが、結局、大学受験の時は本人の持つ実力が一番ものを言います。ですから、トップ高にいたからと言って全員東大に受かるわけではなく、別の学校からリベンジする子がたくさんいるわけで。

    親が無理して子どもをひっぱり続けると後で怖いですよ。いつか歪みが来ているところから崩壊します。

    ユーザーID:5961993585

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧