成人した子どもからの生活費の要求

レス51
(トピ主6
お気に入り393

家族・友人・人間関係

悩める母

 息子は、現在、研修医をしていますが、研究者になることを希望しており、4月から大学院博士課程に進学することになりました。ところが、希望していた奨学金を得ることができないことがわかり、私に1年分の生活費300万円を出して欲しいと言ってきました。2年目からは、別の奨学金を得る当てがあるので、最初の1年分だけで構わないと言っています。

 息子が進学する大学は自宅通学が可能な場所(通学時間1時間半程度)にあり、(住居費・水光熱費がいらないので)自宅から通学するように勧めていますが、息子は集中して研究に打ち込むために大学の近くに住居を借りて一人住まいをしたいと言っております。また、息子は研修医の2年間に、自分自身で300万円の貯金をしています。

 私は、息子の要求があまりにも我儘だと思い、1自宅通学をし、学費は自分の貯金から支払う、または、2自分の貯金とバイトで一人暮らしをする、のいずれかを選択すべきだと息子に言っているのですが、息子は将来研究者になるためには、バイトをせずに集中して研究をしなければならないから、どうしても300万円を出して欲しいと主張します。

 ちなみに、進学先の大学院は公立です。また、我が家は、それほど裕福ではありません。息子が自分で貯金した300万円は、2年目以降に使う予定だそうです。

 いくら自分の親だと言っても、息子の要求はあまりにも自己中心的ではないでしょうか。このまま息子の要求に従うのは、息子のためにもよくないと思う反面、将来、もし研究者になれなかった場合、あの時300万円援助してくれなかったからだと言って逆恨みされそうな気もします。

 ご意見を伺えればありがたく存じます。
 よろしくお願い致します。

ユーザーID:3898209065

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 貸せばいいのでは?

    きちんと借用書作って。

    ユーザーID:9326702358

  • 貸す

    300万は、貸すので、返すこと。と言って返済計画を作らせ、必ず返して貰えば良いでしょう。利子はつけても付けなくても。
    なんなら公証役場に行って公正証書にしておけば?若しくは親戚か誰かに証人になってもらう。
    それで返さないようなら、育て方が悪かったと思って諦めましょう。

    ユーザーID:4677288387

  • 貸す

    ですね。

    ちゃんと借用書も作って返済期限も設定して貸してあげたらどうですか?

    研究職って、イメージですがそれになるには大学院で勉強するだけではなく研究の手伝いなどもするのでは?

    多分、アパートには寝に帰る程度の生活になるのかと思います。

    普通の大学生とは、内容そのものが違うので1時間半の通学は厳しいのだと思いますよ。

    結果研究職につけなくても、しっかりと返済の約束さえ守ってくれたら、それは本人の責任なのでいいと思いますけど。

    ただ、アパートを借りるとはいえ生活費300万円は多いと思います。

    金額の交渉はしてもいいと思います。

    ユーザーID:2091273178

  • 貸す一択

    300万は大金なので老後資金も心もとなくなるから、将来同居して両親の生活の面倒をみてくれるならという条件であげる(借用書を書かせて将来相殺)か、単純に卒業してから返済で貸す(法的に有効な借用書をとる)かですね。

    無償であげるのは選択肢にないです。

    そもそも研修医になる大学(最短6年)まで学費は出しているのですよね?
    今回の入学金と学費は息子さんが用意するのですか?

    >息子は将来研究者になるためには、バイトをせずに集中して研究をしなければならない

    息子さんの主張はおかしくないと思います。
    研究するなら夜遅くまで残ったり泊まり込んだりもあるでしょう。
    自宅から片道一時間半ならちょっと難しいと思いますので一概に我儘とまでは言えないと思います。

    ただ、親に頼めば何でも叶えてくれるというのは甘いですね。

    ユーザーID:4874696446

  • まずは

    まずは自分の貯めた300万円で1年目生活をして(当然ではないですか?)、2年目に必要なら300万円貸すということにしてはいかがですか?返済計画なども含めて返済することを誓ってもらいましょう。トピ主さんご夫婦の老後の生活費だと言って。

    ユーザーID:6245970643

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • エール

    国立大学博士後期課程を修了した理系博士です。
    医学ではありませんが、参考までに。

    私は修了後、運良く母校の教員になり大学に残っています。
    たしかに以前ならば、大学に遅くまで残って研究に没頭する人は珍しくなかったです。
    それがこのコロナ禍。
    学生は研究室に最低限の時間のみ滞在のみが許され、休日は必要がなければ研究室に来ることを咎められています。
    皆、早く自宅に帰宅している現在、自宅から通学するスタイルでも他の学生に遅れを取る心配はありません。

    学生の身分ならば、抑えられる出費は抑えるのが基本姿勢だと思います。
    ただでさえ、授業料の他に学会参加費など細かい出費がありますよね。
    節約しながら頑張りましょう。

    ユーザーID:5792677943

  • で、貸せるの、貸せないの?

    〉我が家は、それほど裕福ではありません。

    と、あるけど全く蓄えのない親に300万円の借金は申し込まないでしょう。
    もし、トピ主に貸せる余裕が無ければ、シンプルに「無理」の一言で済みますよね。

    ですから、後は貸せるか貸せないかだけの話だと思いますがね。

    ユーザーID:5452660380

  • 高すぎませんか?

    1年の生活費ってそんなにかかりますか?
    若い男性の一人暮らしなら、家賃込みで月に15万円あれば十分じゃないですか?
    多くても年に180万円で賄えると思うのですが。
    なぜ300万円も??

    職業柄お金がかかるのでしょうか?
    それなら、200万円を借用書付きで貸せばいいと思います。
    足りない分は貯金を運用でもさせましょう。
    嫌なら実家から通えばいいんです。

    研究者になれるかどうかは本人の能力次第でしょう?
    お金を出してくれないと逆恨みするような人なら、何をやっても逆恨みしてきますよ。
    夫さんともよく相談してくださいね。

    ユーザーID:9359317799

  • 医師なら、働きながらでは

    公立大学出身の医師です。
    医師が大学院に行くなら、通常はバイトで生活費と学費を稼ぎながら研究します。

    大学院に行くまでに何年か後期研修医として働いて、学費をしっかり貯めておく人が多いのではないでしょうか。

    中には結婚相手が働いて家計を支えてくれたり、病院の跡継ぎなどで親が支援してくれる人もいますが、支援必須ではありません。

    また、大学院に進学するのは簡単ですが、研究職はポストが少ないので、最終的に研究者として生計を立てられる人はごくわずかです。

    >将来、もし研究者になれなかった場合、あの時300万円援助してくれなかったからだと言って逆恨みされそうな気もします。

    本当に研究者をやりたい人は、研修医をやらずに大学院へ行きます。というか、医学部在学中から研究室に出入りしています。

    そもそも、研修医を終えてすぐ大学院というのが中途半端な気がするのですが、逃げで研究と言っていないでしょうか。

    もし支援されるなら、貸付の形にするのがよいと思います。

    ユーザーID:1173805834

  • トピ主です。なるほど…

    黒猫さん、カッコウさん

    レスありがとうございます。
    確かに、生活費を貸すと言うのは、1つの方法ですね。息子も「就職したら、返すから」と言っていましたから。

    でも、息子は以前、どうせ自分が親の財産を相続するんだから、というようなことを言っていましたし、期限を決めなければ、ズルズルと親が死ぬまで先送りにされそうです。

    それに、一人前の研究者になって常勤職につけるのなんて、いったい何年後なんでしょう?

    まだ家のローンも残っているし、老後の資金も貯めなければならないのに…

    ユーザーID:3898209065

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 出世払いで

    卒業し無事研究職についたら出世払いで必ず返すこと。

    大学までは親が払ったのだからそれ以降の学費については自分自身でやりくりできるようにすることは当然だと思います。

    恐らくその頃には、年齢的にも結婚を視野に入れた恋人などができるのかもしれませんが、300万の借金があることは、きちんと相手にも伝えた方が良い、と息子さんに話した方が良いでしょう。

    相手だって、借金がある人と結婚したいかどうかわかりませんし、返す相手が親なら。。。ということで了承するのかもしれませんし。


    トピ主さんたちご夫婦の老後を自分たちでやっていくためには、300万は必要財産ですし、将来的に あなたに頼らないでいいように、あなたもきちんと返さなくてはいけないよ、ということは伝えた方が良いです。

    ユーザーID:9879943862

  • 理系の大学院生の生活

    私は理系の大学院を修了しています。私の場合は修士課程でしたが、博士課程の先輩方の生活ぶりを見ています。その上で申し上げますが、息子さんの言っていることはすべて本当です。

    まず、アルバイトはほぼ無理です。中には「バイト禁止」という研究室すらあります。理由は息子さんの言う通りで、バイトするような時間があるなら研究すべきだからです。

    私の研究室では禁止ではありませんでしたが、バイトしている人は一人もいませんでした。
    そういった事情なので往復3時間かかる自宅から通うのは不利です。

    ただ、1年間で300万は多すぎかなと感じますが…。物価の高いエリアならそのくらいかかるのでしょうか。300万の内訳は聞いてもいいと思います。

    他の方と同じく、私も息子さんにお金を「貸す」という形がベストだと思います。それと、見込んでいた奨学金が得られないのに2年目からはもらえるとは限りませんので、そこはご注意ください。

    あとは脅すわけではありませんが、博士号は3年で取れない人もそこそこいます。ただ、研究者になるのなら博士号は必須の資格なので取るまで頑張るしかないです。そのためにも300万貸すのが一番いいと思います。

    ユーザーID:8698997056

  • 貸してあげたら?

    よほど暇な研究室でない限り、研究とバイトは両立できません。

    また、研究で疲れきっている時に、親に小言を言われる実家暮らしは気が滅入るなぁ。(トピ主さんが小言を言うと言っている訳ではありません。うちの親なら絶対に言います)

    しかも、片道1時間以上はかかり過ぎです。私の回りは全員20分以内の所に住んでいます。(徒歩、自転車、車、いろいろあるので距離はまちまちですが)

    本気で研究の道を志しているなら、親が貸してくれないとなると、他所から借りてきます。(実際、私は親以外に頼りました)

    息子さんが親に黙って他所から借りてくる前に貸してあげたらどうですか。(親に黙って他所から借りた私が言うのもどうかと思いますが)

    あげる必要はありません。きっちり返してもらいましょう。

    ユーザーID:3025574283

  • トピ主です。確かに、理系の大学院生の生活は大変でしょうね…

    とくめいさん、ロバノパンヤさん


     ご丁寧なご意見をいただきまして、どうもありがとうございました。

     私としては、国立とはいえ6年間大学の学費を出しましたし、これまで息子を健康に育ててきて親としての役目は果たしたと思っていましたので、息子の言うことは我儘だと思っていました。

     でも、ご指摘の通り、医学研究科の大学院の研究生活で、往復3時間の通学は大変でしょうから、息子が言うことも我儘だとばかりは言い切れないかもしれません。

     そうすると、期限を決めて貸すということになると思いますが、おっしゃる通り300万円は多いですよね?入学金、1年間の学費も含めて計算しているのかもしれません。もしかしたら、引っ越し費用も込みで計算しているのかも‥‥

     息子自身の貯金も切り崩してもらうとして、200万円くらいに減額して貸すというのが妥協ラインかな〜

    ユーザーID:3898209065

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • レスします

    医療系の研究機関で勤務しています。

    一度研修医、医者となりながら、研究職を目指して大学院に再入学してくる学生はたくさんいますが、親から支援を受けている人はあまり聞いたことがないです。

    余裕があるならば支援されたらと思いますが、1年ですむのでしょうか?しかも支援して博士課程を修了したからと言って必ず研究者になれる、というものではありません。自信がないから、親御さんに出してもらおうとされているのでないですか?

    ユーザーID:3845966791

  • 三百万は、月二十五万

    月二十五万の負担は、普通の家庭では、できませんよね〜でも自宅からは、遠すぎる「研究の場合は、通学時間は研究時間に当てるべき、ですので、自宅は勧めません」。まずは、何に使うのか、を書いてもらい、それから部屋代と食費は、負担したらいかが?ま部屋代にもよりますが、月25万は、いらないでしょう?もし、出せるのでしたら、契約書を書いてもらい、将来返金してもらいます。そうでない場合は、金融機関の学費ローンとか、自分で借りて払う様に息子さんに勧める。ちなみに、うちの娘は、在米ですが、州立の歯学部卒業後「今年」また州立の歯周学へ進学し研究と勉学をする予定で、全額学費ローンで、合計4千万!これ全部、娘が卒業後支払う予定です。が、収入が多くなる予定なので、支払える様です。

    ユーザーID:7748384131

  • なぜその額?

    生活費って純粋な生活費で学費は別ですか?

    だったら月25万円ということですが、バイトをしないにしても、なぜそこまで高額が必要なのでしょう。

    バイトもできないくらい研究に打ち込みたいなら、当然遊ぶ暇などないだろうし、交際費(冠婚葬祭や少々のお茶代などを除く)も服も不要ですよね。時期が時期だし。

    男性なら住居もそれほどこだわらなくていいと思うし(女性だと防犯面で立地やオートロックなども考えないといけない)。大学の近くなら交通費もそれほどかからず、移動だって近場は自転車で足りる。

    「半額の年150万円は出す」で十分じゃないですか?なぜ年300万円なのか、その辺は問い詰めてもいいと思います。

    ユーザーID:8596717244

  • 返してもらえません。絶対に

    貸してくれと言われても返してもらえないと思われた方がいいですよ
    毎年300マン4年間(博士課程)の計1200万円をあげても困らないなら良いですが、返してほしいならお金は断ってくださいね


    だいたい医師免許があればその気になれば、日に何万も稼げるバイトもあるのに貸せというのは甘えです。
    主さんたちにお金があると思っているんだし
    それに研究職って医師手当のつかない場合が多くて薄給です。

    薄給なのにお金ある親にお金を返すはずないので、絶対返ってきません。

    返す気があっても
    先々、結婚子供となったら、医者同士の共働きでない限り返せないと思いますよ


    なので医者になったら返してくれるだろうとは思わない方がいいですし
    お金のことだけ言うなら、研究職にならないで、普通に医者になってくれた方がいいです笑


    なので年間300万も貸さない方がいいですよ
    せいぜい月に5-6万が限度と言い
    「これ以上は我が家もお金がないから貸せない。ごめんね」と言って、お子さんがどうなさるか様子をご覧になった方がいいと思います。

    ユーザーID:2153029723

  • 逆恨みされる?心配は、そこですか。

    確かに裕福でもなければ、大学を出て職に就いたはずの息子から、さらに学びたいから300万と言われてもポンとは出せませんよね。しかし、出すか出さないかでトピ主さんが気にしているのは、息子さんからの逆恨みですか。そこはちょっと理解できません。
    私なら、経済的に余裕があれば出してやりたいけど、余裕はなければ悩むでしょう。その悩みは、お金を出してやれば息子が進みたい道で成功できるかもしれないのに、息子のチャンスを潰すようなことになったら可哀想だからです。出来る事なら、息子には進みたい道で頑張って欲しい。それが自分がお金を出し渋ったから潰れてしまうなんて、私自身がすごく嫌だからです。
    研究者になるなら、バイトしながら大学院に通う余裕はないかもしれません。大学院や大学病院にずっといる、研究室の雑用や教授の秘書的な雑用もするなど、色々と大変だろうと思います。1年目はとくに、バイトをあてにして進学は出来ないでしょうし、1時間半の通学も厳しいかもしれません。
    なので、私も300万を貸すに1票です。傾いた事業とか、借金返済のための借金とは違い、学業のための一時的な借金なら、今を凌げば後は何とかなる、後から返済できる可能性は高いと思います。
    ただし、息子さんの性格や行動をよく知っているのも親であるトピ主さんですよね。息子さんの性格や今までの行動から、心配な面があるというなら、親の勘に従っても良いかもしれません。逆恨みを心配するのも、息子さんは親を逆恨みするような性格なのですか。

    ユーザーID:8026317056

  • 他の方もおっしゃってますが

    取り敢えずは最初の1年を自分の貯金で賄って貰って
    2年目からを考えるという事でいいのでは?
    別の奨学金を得る当てがあるのなら2年目以降もお金を出す必要がないですよね。
    どうにかしてあげたいけど余裕が無い。
    って事にすれば角が立たないような気がします。

    ユーザーID:3458095655

  • もし「娘」なら貸してた?

    息子ではなく娘が研修医になり、研究者になりたいから生活費を300万出してくれ、と言われたらトピ主さんは出していたんじゃないの?

    それは女の子だからお金欲しさにとんでもない方法でお金を生活費を手に入れては大変だからと300万は出していたはずです。

    大学近くのセキュリティの良い女子しかいない「学生会館」にでも入れとか
    娘さんならば考えは違ったんじゃないの。

    息子だから「独立してやって欲しい。息子の為に良くない。あの時300万出さなかったからと逆恨みされそう」と悩むんです。

    息子さんに「300万は将来、あなたの結婚資金と思っていた。今は貸すけど結婚資金はもう出しません」と借用書に署名させましょう。

    昔から「人にお金を貸すのはあげると思うくらいが丁度いい」と言います。
    業者ではないのに肉親や友達にお金を貸してきちんと返して貰えない人は多いです。

    たぶん息子さんからは300万は返還されません。
    300万なんてあっという間に無くなります。

    しかし、もう出さない。それは結婚費用だと思っていた300万を一回出したでしょ?と息子さんに言いましょう。

    ユーザーID:0821723572

  • まずは自己資金で

    親が貸すにしても出すのは自分のお金がなくなってからではありませんか。
    まあ、研修医といってももう親から独立した一人前の大人、いくら夢があっても自分のできる範囲で他人を当てにしないというのが本筋でしょう。
    我が息子は後期研修を経て臨床経験を積んで専門医資格を取り、その後に大学院に進んでアルバイトをしながら研究に打ち込み海外留学をしています。途中結婚もしましたがちゃんと収支は賄い夢を諦めたということもありません。

    ユーザーID:9217268148

  • 医師です

    本当にやる気があるなら自分で貯めろと。
    後期で研修5年目として話すと後期研修なんて普通に時間あるんだから休日にバイトしたら1勤務少ない病院でも8万円は貰えます
    後期研修中や医員数年くらいまでで奨学金医学生だった子たちは他病院のバイトを入れて全額返済しています。

    病院に働いてから大学に戻る人も沢山います。
    既に研修医ならいい大人だと思うのですが無計画に大学院に行く医療関係者なんて怖すぎだしその年で親に出してもらうなんて恥ずかしい

    ユーザーID:0306511189

  • 研究も大事だけど一般臨床も大事 お金も大事

    お母様、
    長ーく教育費を出し、応援し、立派にお医者様に育てられました!大変でしたね!お疲れ様でした!

    息子様はまだ独身で、学生になるから親の扶養に入るという事なのですか?だから仕送りもしろと?

    医師であるのに、そんな院生の話はじめて聞きました。
    そんなのが今の主流なんですかねー?
    自分の子供なら話にならないです。

    大学院生は週1日のバイト日があるし、
    それくらいなら研究に差し支えないと思います。
    むしろ診察の勉強にもなります。
    さらに土日の当直にも月に何度か行き、
    生活費を稼ぎ、
    妻子を養って両立している院生もザラにいます。

    ユーザーID:2212721637

  • 私なら出してあげるなあ

    何故迷うんですか?立派になられるのに。
    親なら今応援しないといつするんですか?

    上げるのが嫌なら貸してあげたらいいのに

    こんな親がいるのにビックリです

    ユーザーID:9259133105

  • トピ主です。貴重なご意見をいただきましてありがとうございます

     多くの方々から、貴重なご意見を沢山いただきまして、本当にありがとうございます。私からレスを書いてもすぐには掲載されないため、ご返事が前後したものもあり、申し訳ありませんでした。
     また、本来でしたらお一人お一人にご返事を差し上げるべきところですが、掲示板の特徴上それは難しいとわかりましたので、大変失礼ながら、まとめてご返事させていただきます。

     皆様のご意見を拝見すると、幾つか重要な点が理解できました。

    (1)理系研究者の研究生活について:
     
     多くの方からご指摘がありましたように、理系の博士課程の大学院生は非常に多忙であり、1時間半もかかる通学やバイトをしながら研究をしていくのはほとんど無理だとわかりました。
     この点は、息子の言う通りだと理解できました。

    (2)生活費の支援の方法について:

     生活費は、親が支払うのではなく、「貸す」べきだというご意見がたくさんありました。また、医学系のお仕事をされている方は、医者が大学院に進学する時には、通常自分で学費や生活費を賄うというご意見もありました。
     私自身も、皆様のご意見に賛成です。ネットで検索しただけでも、医師のバイトの給料はかなり高額であり、週1か2日のバイトで十分生活していけるのではないかと思っておりますが、(1)のような状況も理解できますので、少なくとも「貸す」という形式をとるべきだと思いました。

    (3)支援額について:

     300万円は多いというご意見もありました。私もそう思います。ただ、300万円の中には、入学金・学費・引っ越し代等も含めて計算しているのかもしれません。自分で既に300万円貯金しているわけですから、援助をしても200万円までかと思います。

     その他、幾つか貴重なご意見をいただきましたが、まずは以上3点についてご返事申し上げます。

    ユーザーID:3898209065

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 借用書を書いて貰う

    トピ主さんの言う事は正しいです。
    息子さんの貯金から払う、または自宅通学にするなら
    親の負担は減りますからね。

    もし、出すなら、きちんと借用書を書かせて
    返済計画書も出させましょう。

    今後医師になって裕福になったとしても
    その果実は息子の未来の妻が手にして
    学費を出した親には見返りも無いことが多いですから
    必ず、返済計画を出させて少し利息もつけて返して貰いましょう。

    ユーザーID:0916329257

  • トピ主です。医師のバイトと研究職について

     ご自身がお医者様でいらっしゃる方や、ご子息が医師で研究をされていらっしゃる方々から、貴重なご意見をいただきまして、本当にありがとうございます。大変参考になりました。

     皆様のご指摘の通り、医師の免許状を持っているのであれば、週1〜2のバイトで効率的にかなりの収入が得られるので、本来ならば自分でバイトをして学費・生活費を稼ぎながら、研究をしていくべきだと思います。私自身も皆様と同じ考えなので、ここでご相談させていただきました。

     しかしながら、息子は、後期研修後に大学院に進学してやる研究は臨床研究であり、自分は臨床研究ではなく基礎研究がしたいと言っています。元々、息子は理系の研究者になりたいという夢を持っていましたが、私が「理系の研究者になるのは大変難しので、まずは医師免許状を取ってから基礎研究へ進んではどうか」と息子に医学部進学を勧めた経緯があります。理系の研究者になれなくても、医師として生活していくことができるのではないかという考えからでした。

     この点は、私自身も反省すべきだと思いました。息子の本来の希望や意思は、理系の基礎研究の研究者になるということでしたので。

     そのため、息子は医学部在学中からいくつかの研究室に通い、実験結果をまとめ、既にファースト・オーサーの英語の論文を何本かpublishしています。確かに、息子が理系の研究者になりたいという熱意は相当なものであることは理解しています。

     ただ、研究者になるには、茨の道を傷だらけになりながら切り拓いて進んでいかなければならないのに、息子は、どこか綺麗な舗装された1本道を歩いていくような気分でいるのも確かです。甘えているというのは否定できません。

     息子は、勤務先の病院の近くに居住しており、多忙であるため、なかなか話しをする機会がありませんが、話し合う時間が必要だと思いました。 

    ユーザーID:3898209065

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 私も研究室に通っていました

    4つ目のレスまで拝見しました。

    私も国立医学部に在学中から研究室に通いましたが、最終的に「実家など経済的に余裕がないと難しい」という点ははっきり言われました。

    多くの医師が働きながら大学院に通いますが、いくらバイト代が高くても、通常は週1-2回がせいぜいなので「生活費(または学費)」分にしかなりません。「生活費+学費」までバイトで賄うのは厳しいようです。

    ですから、基礎研究室に行くにしても後期研修医をしながら学費を貯める(あるいは裕福な実家や配偶者の支援)となります。

    実家に余裕がなくて、それでもどうしても基礎研究者になりたいということであれば、もう少し働いて学費を貯めてからでもいいのではと思いますし、

    >後期研修後に大学院に進学してやる研究は臨床研究

    そんなことはありません。基礎系の講座にも進学できますし、そこから研究を始めることもできます。

    もし後期研修で3-4年遅れるのが致命的だと言うなら、学部3年から研究に専念できる他学部生に比べて、医学部卒業時点で4年、研修医終了時点で6年の遅れをとっています。

    >息子も「就職したら、返すから」と言っていましたから。

    研究職は「就職したら返す」というほど高給とは限りませんが…。

    ユーザーID:1173805834

  • 逆恨みする人間なら

    研究職はポストが少ないので、業績をあげれば職を得られるとは限りません。
    最終的には科研費などを獲得して研究費を自分で調達しなければならないので、テーマ選びも重要だと思います。

    運もあるし、周囲のニーズもあります。ある意味「芸能人になりたい」に似ています。

    >もし研究者になれなかった場合、あの時300万円援助してくれなかったからだと言って逆恨み

    その程度で逆恨みする人間なら、残念ながらそれまでだと思います。

    ユーザーID:1173805834

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧