結婚の報告は?

レス8
(トピ主1
お気に入り11

恋愛・結婚・離婚

ペン子

都内在住30代の女性です。
この度結婚が決まり、結婚の報告や両家顔合わせの準備を彼としています。

私の家は、父を10年ほど前に病気で亡くし、母と私の二人家族です。母も都内に住んでいるのですが、70歳、過去に大病をしているということもあり、コロナが流行しているこの1年は母と会うのは必要最低限、極力控えています。母とはとても仲がいいため、私としてもとても寂しい思いでいます。

彼との結婚報告も、母から「コロナが流行っているし、彼には1度会っているから結婚報告は対面でなく、電話で大丈夫です。両家顔合わせなどには、参加しますね。」と言われていて、私も母の意向を汲みたいと思っています。

しかし、彼の母親が納得していません。「結婚相手の実家に行って『娘さんをください』とあいさつするべき」といって譲らず、そのことを理由に両家顔合わせを見送られています。

このような場合、私はどのような対応を取ればいいのでしょうか。

彼は、彼のお母さんに、とても冷静に「そんなことを言っても、コロナが心配だと言っているんだから、相手の意向を考えるしかないよ。」と伝えてくれています。私から、何かできる事はあるのでしょうか。

ご助言頂ければ幸いです。

ユーザーID:2713047298

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 形だけすればいいのでは?

    >結婚相手の実家に行って『娘さんをください』とあいさつするべき

    …というのは、彼がトピ主さんの実家に出向いてお母様に挨拶をして来なさいということで、両家顔合わせとは違うのですよね。

    であるならば、形だけ彼に実家に来てもらえばいいのではありませんか。

    コロナのことを心配しているのであれば、玄関先で顔を合わせれば済むことなのではありませんか。

    大病をした事のあるお母様の、そしてトピ主さんの心配も分からなくはないのですが、でも、お母様も全く外にも出ず、一切人との接触を絶って暮らしているのではありませんよね。

    通院したり、多少は買い物に出たり、短時間でも家に近所の方が訪ねてくるようなこともあるのではありませんか。

    それに正直、家に訪ねて来られるのは断るのに、顔合わせという、より密になりある程度の時間が掛かる場には出席するというのも矛盾しているように思いますし、そこを疑問に思わずに母の意向を汲みたいと、彼にその考えを押し付けているような、自分の母親の意向を優先させるために、何とか彼の母親を説得したいと思っているようなトピ主さんにも疑問を抱きます。

    トピ主さんに何か出来ることがあるとすれば、玄関先で形だけでもいいから挨拶をするということを、お母様と彼に伝えて実行すること。

    あるいは、お母様に彼のお母様に連絡をしてもらい、挨拶等にはこだわらないので、結婚の話を進めていただけないかとお願いしてもらうこと。

    この程度のことでなぜ結婚の話が止まっているのか、自分がすべきことを考えられないのか、ナゾです。

    ユーザーID:2576134096

  • 軽んじられてる

    そうじゃなくて。

    彼のお母さんが言っているのは建前で、本音は結婚という大きなイベントなのに我が息子が受け入れられていない、彼女実家から軽んじられているということです。

    コロナを理由に会ってもらえない。

    お母さん主婦ですよね?
    買い物に行って店員さんと接しますよね?
    配達員が来れば対面で受け取りますよね?
    町内のお付き合いとか、小さいことですけどありますよね?

    結婚という一大事に彼女の親が会ってくれない。
    彼のお母さん的には切ないと思いますよ。
    コロナだから会えない、そんな人と義理とはいえ親子になれるのか?ってことです。

    >そのことを理由に両家顔合わせを見送られています。

    両家顔合わせはできるんですか?
    トピ主のお母さんは来れるんですか?
    そこに来れるのに彼には会えないってどういうこと?

    トピの内容から推察するなら。
    短時間、形だけでも「彼女の親に挨拶に行った」という体裁を整えるべきではないでしょうか。

    ユーザーID:9081191314

  • 『娘さんをください』は、今時言いませんよ。

    女性は物ではありませんから「ください」ではなく
    「結婚のお許しを頂きたいのです」等が今風です。

    >私から、何かできる事はあるのでしょうか。
    音声だけの電話じゃなくて
    リモートで、お互いの顔を見ながら、はいかがでしょう?
    挨拶の手土産は配送で。

    彼の母も経験したことの無い、コロナ禍なんで
    今までの常識が通用しないことを、彼から根気よく説明してもらいましょう。

    ユーザーID:5896520184

  • 結婚の意味を考えたことはありますか?

     結婚の意味を考えたことはありますか?
     相手の実家とも親戚になるということですよ。
     彼は、義理とはいえお母さんの息子になります。

     彼の両親にとっても同じです。
     単純な付き合いだけの問題ではありません。
     あなたの親は、実の孫の祖父母になります。
     彼の親の遺産は、二次的にあなたの親の孫にわたります。

     だから親との関係には、互いに相手を受け入れる覚悟が必要です。
     挨拶などはその意思表示の方法の1つです。
     にも関わらず「残念な人」ですね。

     そう言われると、あなたの様な人は「親が残念と言われた」と解釈して、自分の責任を人に押しつけます。この場合、親ではなくて「あなたが残念な人」と言うことです。

     結婚をするのは「あなた」です。でも自覚がありません。
     親にはそれぞれの考えがありますから、今回の考えもその1つ。残念とは思いません。しかしあなたは彼を自分の親と(義理の)親子にする気はないのですよね。だから残念です。

     彼は(義理の)息子になる前提で会うのが目的ですが、コロナ対策で会わないという方法もありです。しかし「あなた」は会っているのですよね。結婚をするつもりなら、あなたとは会えるが彼が会えないという選択肢はありませんよ。あなたも一切親と会っていないのなら考えに一貫性がありますが、自分は良いが彼はダメだというのなら「あなた」が彼との縁を拒否しています。

     結婚をするつもりなら、彼を親の息子としての資格者として扱わなくてはいけません。まだ結婚前ですから、それを提案出来るのはあなただけですよ。

     あなたの面会が結婚よりも重要な用件ばかりだったのなら別ですが違いますよね。あなたがこの縁談を軽視しているのは、彼も彼の両親も感じています。しかし口に出すと終わりになるので黙っているだけです。

     結婚とは彼と同格になることです。
     それを忘れないで下さい。

    ユーザーID:9842201479

  • 物差し

    あなたのお母さんに、ケジメということを理解してもらいましょう。
    大病後、一人暮らし。
    色々面倒くさいな、と思うこともあると思います。
    結婚の挨拶云々も、家に来るなら部屋を片付けたり、身なりを整えたり、気を遣ったり。
    都合のいい理由を見つけて、お断りしたい。
    でも、外での会食なら、家に呼ぶよりずっと気が楽です。だから、そうしたらチグハグな対応なのだと思います。

    ケジメ。諸々の面倒臭さを超えて、しなくてはならないことは、大人の付き合いにはあります。

    こうした個人的な好き嫌い、したい、したくないを、物差しにしてしまうと、今後あらゆる場面で齟齬が生じます。特に結婚など重要な場面では、筋を通す、ということがトラブルを避けるためには大切です。
    玄関先でのご挨拶も、あちらの親が聞けば失礼なことになります。


    あなたも少し片付けなど手伝って、
    彼のご挨拶をきちんと受け入れることが、今後のいざこざを回避する賢い知恵だと思います。

    ユーザーID:0238742311

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • トピ主さんは現にお母さんと

    会っているのでしょう?またお母さん買い物にも病院にも何処にも今現在出かけないのですか?買い物に出かけているのなら病院にもいっているのならマスクして挨拶ぐらいなら受けても良いのではと思いますよ。
     マスク外して飲み食いするのが感染の一番の原因だとテレビは言っています。挨拶だけ受けてお茶を含め会食なしにすれば何の問題もないと思いますよ。
     お互いしっかりマスクして会話する分には大丈夫と思いますがどうなのでしょうね。まぁコロナが生んだちょっとしたボタンの掛け違いかも知れませんね。

    ユーザーID:0537820277

  • ありがとうございます。

    色々なご意見ありがとうございます。

    私は教職で多くの人と日々接していて、彼も感染リスクが高い職種です。ともにいつ感染していてもおかしくないことから、最後に母と会ったのは彼を紹介した昨年の秋です。それ以外は面会を控えています。

    母も通院を除けば人とは会っておらず、買い物もまとめ買いをするなどして極力人との接触や外出を控えているようです。このあたりの事はコロナを気にしている人と、気にしてない人の性格の違いもあると思います。

    彼の母親からは「結納はなくていい」「披露宴・結婚式はなくていい」と他にも色々ご意見いただいています。儀礼的なものにはこだわらない。けれど、実家で挨拶をということのようです。

    色々とご親切にアドバイスいただいきました。「しきたり」とか「かくご」などの言葉を出せば、いかにもそれが正論のように聞こえてきます。が、未曾有のコロナ禍ということもあり、双方に柔軟な対応ということでいいのかなと今は自分なりの理解に至っています。

    最後に、「娘さんをください」については、その場で彼がお母さんに「今は、『娘さんをください』っていう言い方はしないんだよ」とすぐに訂正してくれていました。結婚というものの捉え方について、世代間での乖離が大きいようです。

    ユーザーID:2713047298

  • いろいろおかしいですよ。

    彼と会うのはダメなのに、顔合わせはいいって…。

    トピ主さんのお母さんはとても失礼な人ですね。
    相手のお母さんが納得しないのは当然です。
    それにお互いきちんとマスクをつけて、挨拶する方が安全ですよ。スーパー等の方が、たまにマスクしていない人がいたり、咳をしている人がいるので私は怖いです。

    ユーザーID:8726632843

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧