• ホーム
  • 話題
  • 子供の成長を寂しく思い、過去に浸ってしまう主婦

子供の成長を寂しく思い、過去に浸ってしまう主婦

レス5
(トピ主1
お気に入り14

生活・身近な話題

レモン

夫と小学生の姉妹のいる主婦です。

私は昔からネガティブ思考で、例えば、今年が去年、2年前、3年前、となるように月日が過ぎ行くことをとても寂しく感じてしまいます。

最近はどんどん加速しているかのように1年が経つのが速くなり、心が付いていけません。
現在ではなく、いつも過去に体を向けて、後ろ歩きをしながら生きているように思います。

独身の時からそうでしたが、結婚し子供が生まれてからは、一層、そうなってしまいました。
子供の年齢も学年もあっという間に進んでいきます。自分自身もですが。

まだまだ幼少期と思っていたのも、気づけばすっかり過去になっていて。
例えば、外で小さい子を見ては、あんな時期もあったな、かわいいな、もう戻れないのは寂しいな、などと過去を振り返って浸ってしまいます。

子供には元気であればいいと望んでいただけなのに、最近は、あれもこれもと望みは高くなり、その分失望も多くなり。子供も反抗することも多くなり。
まだまだ無邪気なところもありますが、嬉しいはずの子供の成長が、私には寂しい思いの方が大きく、もっと今を大事にしなければならないとわかってはいても、なかなか変えられません。

今に、不満があるわけではないのですが、どんどん時間が進んで、形が変わっていく未来が心配なのだと思います。

心の持ちようや、ご経験からのご意見を伺えればと思います。

ユーザーID:4380693719

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
  • 未来を作る

    流れるように読みやすく感情を的確に表現しているトピックに思わず引き込まれて何回も読んでしまいました。わたしがいうのもおこがましいですが、良い文ですね!
    ガサツに、一言で言うと「昔は良かった。今は良くない。」てことでしょうか。
    今が、というか先の見えない未来をネガティブなものと捉えてしまうので、確定していた過去に想いを馳せるんでしょうね。

    そんな時は過去の自分の立場に立って、思い出してみるのが良いと思います。過去の自分もずっと「現在と未来」に対して不安だったわけですよね。
    しかしながら今の自分(過去の自分から見た未来の自分)は、その当時の自分を懐かしく思えるわけです。
    将来的におそらくトピ主さんは「不安になって小町に投稿したなあ」なんて懐かしむわけですよね。
    人って大体マイナスな過去は忘れて都合のいいところだけ覚えて自らの「思い出」にするもんですよね。
    過去のマイナスな感情を思い出せば「昔は良かった」なんて微塵ほども考えずに済みますよ…!
    私はもう二度と育児はしたくないです(笑)

    不幸や不安を忘れられるのは今現在が幸せな証拠です。

    ユーザーID:1222712592

  • あなたとその家族のために

    子供の成長についていけず、寂しくなる気持ちとてもわかります。
    その気持ちは旦那さんには話していますか?
    1人で思い耽っているとどんどん悪い方へいってしまうと思います。

    多分、その気持ちは娘さんにも伝わってしまっていると思います。
    娘さんたちと良い関係であるためにも考え方を改めましょう!

    今はコロナの影響で外出しづらいですが、休日に家族で出来る何かを考えてはどうでしょう?
    家族間のコミュニケーションはとても重要です!
    今はキャンプなどが流行っているので、はじめての方でも簡単に楽しめるグランピングとかはどうですか?
    刺激ある生活を送れば、きっと考えなくなると思います!

    また、トピ主さんは趣味はありますか?
    趣味を作りましょう!何か他のことをすれば、考えることも今までより無くなると思います。

    ユーザーID:4875011058

  • 現実を受け入れましょう

    実母がトピ主さんタイプです。

    昔は良かった。
    子供の頃のあなたは可愛かった。
    今は生意気で扱いにくい。

    母は現実を受け入れられない人です。
    心の中に理想というか夢みたいなものがあって、
    その、自分にとっての幸せの方が現実より正しい。

    子供は幼く、その可愛らしさ従順さで、
    自分を癒してくれるのが一番。
    自分の考えを持ったり自立して離れて行き、
    母の考え方と違う考えを持ち、母の精神的世話をせず、
    母を顧みないなんてもってのほか。
    悲しい、辛い。
    だから、変化して行く事に非常に抵抗感がある。

    トピ主がこのような思考、嗜好に少しでも当てはまるなら、
    それは相手への依存から来ていると認識して下さい。

    子供や他者に心が寄りかかっていて、
    自分で自分を支えられない状況です。

    まず現実とは変化して行くものだと受け入れましょう。
    人間は皆自分の足で立って、その足で、
    変化して行く世界を歩いて行くものなのです。

    世の中に変わらないものは無いです。
    それは全て悪い事でしょうか?。
    そして過去の方が良いとは必ずしも言えない。
    あなた一人が変化を受け入れないで生きて生きる訳では無いし、
    あなた自身も、自分で気づかないだけで、
    変化しているのだから。

    ユーザーID:1113381178

  • そうですね

    子どもが赤ちゃんや幼児期の頃は特に、そういう事が多かったです。
    サイズアウトした服を見ては涙が出ました。
    でも「成長が寂しい」なんて、元気に育ってるだけでも有難いのにそんなこと言えない、とひとりで泣いてました。

    今は子供も小学生で、1年が過ぎるのはあっという間、こないだ1年生だったのにもう◯何生なんだ、と思います。
    あまり寂しいばかりでなくなったのは、それを寂しく思う気持ちに諦めと言ったら変ですが少しは訣別出来たのかな?ということと、子供は私の子供ではあるけれども自分の好みや趣味が出来てきて1人の人間、人格として存在している、という感覚になってきたこと、あとは仕事や自分の事が忙しくなってきたからですかね…

    まだ先は長いけど、子供の事と自分の事、少しずつ割合を変えていって、多少は寂しいなと思いつつも、楽しみながら成長を見ていけたらいいですね。

    ユーザーID:8040423084

  • ありがとうございます

    コメントを頂きありがとうございます。
    丁寧に読ませて頂きました。参考にさせて頂き、これからふと気持ちが戻りつつあったときに読み返したいと思いました。

    私は確かに、子供をどこか変化しない所有物、心の支え、癒し、という風に捉えてきたように思います。
    そして自分も含め、子供や、周りの環境が変化していくことが怖くなっていました。
    ですが、変化しないものなんて、ないんですよね。
    まずは、そこをしっかり受け止めなければと思います。
    また、今、自分の時間が増えてきていて、あれこれ考える時間が多いのだと思います。
    もう少し、いい意味で忙しくするようにして、生き生きした自分だけの時間を作り、子供は子供、自分は自分という風に分けて考えられるようにしていきたいと思います。
    また、未経験のキャンプなど、子供との楽しい時間を作っていきたいと思います。

    夫には、よく今回の私の悩みを聞いてもらっていましたが、夫には理解できない感情なんだそうで、解決には至りませんでした。

    皆様、ありがとうございました。

    ユーザーID:4380693719

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧