父を亡くし…

レス10
(トピ主5
お気に入り19

家族・友人・人間関係

独歩

私は去年6月に胃がんで父を亡くしました。
一昨年の秋に病を打ち明けられました。できるだけ早くと11月に手術しましたがステージが高く、抗がん治療は拒否しました。
それから父は会社と折り合い悪くなりました。
こんな状況でとタイミングの悪さと部下の方々に怒りが込み上げてきました。
父は突然の病状悪化で突然の入院、コロナで面会できず、出来たときには本人の希望で緩和ケア病棟に転院、そこでは家族のみが面会可能ですがそこへ移り、一ヶ月間の中で看取りをすることになりました。
この会社と一連の流れの中に私は娘として、2児(未就学児)の母親として出来る事はしようと思いました。

父を見送って、周りの人に亡くなったことを伝えるとお悔やみの言葉こそいただけるものの、母親を支えて上げてね。等といったことも言われ、私も残された家族でやってこうと出来るだけ前を向こうと思いました。

でも。やっぱり前を向けません。コロナでみんな大変な思いをしているだけあってなかなかこんな暗い話できないし、会って話もできない。周りは子育てで忙しだろうし、主人も前を向こうといいます。
でも私は悲しいです。寂しくもあり辛くもあります。自分の気持ちを吐き出すところがない気がしています。。

ユーザーID:0632356270

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
  • TPOで、泣いていいと思います

    こんにちは。
    父を今から10年以上前になくしています。がんで、あっという間でした。いまだにその時の話をすると、無意識のうちに涙があふれてしまいます。「すみません」を連発して、周囲に謝ります。周りの反応はさまざまですが、「引かれてしまう」、「なんとなくスルー」が普通で、次に、「つらかったね〜」といった言葉が来るくらいです。(少し説教がかったことを言われても、怒られたことはありません。)今は、それで我に返ります。
    泣けなかったころ、眠れなくなり、食欲がなくなり、病気と診断されてしまいました。誰かの前で泣いたら、その人も感情を爆発させてしまうかも、と思うと、怖いので、なかなか泣けませんでした。
    そのうち、自分だけの時間と場所を見つけて泣きました。トイレとか、お風呂場とか、公園とか、浜辺とか…自分だけの場所と時間で、毎回短時間でしたけれど、定期的に泣きました。そうしているうちに、なんとなく、よくなりました。
    父の話をしているといまだに涙目ですが、悲しい映画を見ても、感動する映画を見ても、ハッピーエンドの映画を見てもそうなので、私はそういうキャラクターになってしまったのだ、パブロフの犬みたいに条件反射なのだ…と思って過ごしていますし、万が一、そういう場面に親しい人がいた場合、そう言っています。要は、時と場所と機会さえ外さなければいいということで。重要なところで、きちんとしていればいいのじゃないかな、とおもいます。
    「前を向く」というよりは、「色々・様々な積み木(経験)を積んでいく」と考えたら、いかがでしょう。例えばお父様とのことから学んだことがたくさんあるはずで、それは最近だけに限らないと思います。「いろいろな経験を積んだ上にトピ主さんはいる」のですから、これからもそれを続けていこうみたいな。

    ユーザーID:3108189152

  • 通りすがりのおばさんさんへ

    とても温かいお言葉を有難うございます。通りすがり(おばさんは省略させていただきます。。)さんは10年前にお父様を亡くされてるんですね。ご病気になる程ということでそれだけ悲しみが大きかったんですね。今はお体良くなられたのでしょうか。まだ今も泣いてしまうという事でいかにお父様のことを大切にされていたんですね。。父はスポーツが得意で人よりも体力メンタルにも自信があったと思いますが、それが病で痩せてしまって、病気は残酷だと思いました。いつか来る別れがこんなにも早くあっけなくて、母親は現実を受け止め切れず普通に退院するつもりでいました。(わりと天然なのですが信じられない気持ちが大きかったんだと思います)なので、運転もできる私が行って父からの頼まれ事をする、いつまで続くか分からない父との時間を過ごすしかない気持ちでいました。今に気持ちを集中させていたので悲観する時間も無いというのが正直なところで、駆け足で過ぎてしまった気がしています。もっと一緒に闘病して引き留めてればと色々と考えます。半年前までは普通にいたのに、もう会えないと思うと切ないですね。

    夜中泣いてるときに逢いに来てくれないか、夢の中で逢えないかと思うけどなかなか出て来てくれません。
    私の泣くときは大体夜中で、ふと思い出したとき
    スイッチが入ります。人前では何か泣けないというか気心知れた幼馴染は遠くに住んでいて会えないので一人の時です。すぐには気持ちは落ち着かなそうですが、時々自分の時間を見つけて自分の気持と向き合いながら消化していきたいなと思いました。

    アドバイスして頂いた通り、これからは父との思い出体験を思い出しながら、新しい積み木を積んでいきたいと思います。親切に有難うございました。励まされました。

    ユーザーID:0632356270

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 思いっきり泣きましょう。

    私も10年前に父を亡くし、3年前に母を亡くしました。

    10年前に父を亡くした時は大変でしたよ。毎日毎日泣き暮らしました。朝起きては泣き、通勤電車で車窓を見てる風を装って泣き、仕事中(一人で黙々とする仕事です)に泣き、帰りの通勤電車で泣き、風呂場で泣き、夜は寝ながら泣きました。一人の時間を見付けては合間を縫って泣いていました。

    一年は泣き暮らしましたよ。泣く回数が減って泣かなくなったのは2年ぐらい経ってからかな。

    その他は同僚とは忌引明けから皆で馬鹿話をして笑ってました。だから私は誰も私が泣いているのを知らないと思ってました。

    でもね、数年経った時に同僚から言われたんです。きっとあなたは忌引を明けたらいつものように笑いながらやってきて、普通どおりに過ごすんだろうなって皆で話してたよ。だから私たちも普通どおりに笑いながら過ごそうって。それがあなたが一番楽だろうって。

    これを聞いた時にまた涙が出てきました。素晴らしい同僚たちだなって思いました。多分私が影で泣いているのも知っていたんでしょう。それはそうですよね。毎日毎日泣いているんだから一度は目にしますよね?(笑)でも分かってて休憩中の馬鹿話に付き合ってくれたんです。

    独歩さん、泣けばいいと思いますよ。まだ一年も経っていないんだから、毎日毎日泣いてやりましょう。それがお父様への供養です。泣いていたらお父様が悲しむと仰る人も居るでしょうが、私はそう思いません。一年ぐらいは自分を想って泣いてくれる娘が居た方がお父様もあの世で周りに自慢できますよ。

    思いっきり泣けば笑えます。笑えなくなったら泣けばいい。

    ただね、あなたの悲しみはあなただけのもの。聞いて寄り添ってくれたとしてもあなたの欲しい言葉をくれるとは限りません。自分で昇華するしかないんです。だから思いっきり泣きましょう。

    ユーザーID:2258363381

  • 私も父を亡くしました

    もう30年経ちます。その時の事は今でも覚えてます。離れて暮らしていた両親が年末年始に遊びに来てくれた。皆でプチ旅行をしましたが、異様な咳き込みようでした。別れる時には小学生の息子が大泣きして、私まで泣きました。何だか最後かもしれないという予感があったんです。父は初期の肺がんでしたが、院内感染で亡くなりました。その時期になると毎年悲しい思いをしていましたが、同じ様に父親を亡くされた友人がいて、話しをして気を落ちつけました。残った母を守る事、それが父への恩返しだと思いました。
    夢に出てきてほしいと思ってもなかなか出て来ず、やっと出て来た時には寂しそうな顔で
    した。ずっと経って明るい顔を見た気がしますが、殆ど夢に現れません。でも父の残した
    言葉は今も蘇ってくるんですよ。

    ユーザーID:1249115518

  • nekoさんへ

    アドバイス有難うございます。nekoさんの言ってくださった、悲しみはあなただけのもので、他の人が寄り添ってくれたとしてもあなたの望む言葉をくれるとは限らないという所ににはっとさせられました。主人は親はどうしたっていつか先になくなるのが、自然だからという考えなので、確かに父の仏壇に手を合わせてくれたり、私の事も気遣ってくれるのですが、いつまでも悲しむのは発展がない(良くない)という考えのようで、私もクヨクヨした所を見せづらくなっていました。

    それでも今まで父の大変なときは傍に居てくれ、今は仕事も子育ても大変な時なので、これ以上寄り掛れない、という気持ちがありました。
    でもこの考えが私の甘え(依存)なんだと気づきました。これは私の体験で悲しみなんですね。
    誰かにどうしてもらおうという問題ではなく、私が向き合うことなんだと思いました。

    そして、毎日泣いても良いと言って下さいまして有難うございました。
    胸が軽くなった気がしました。

    ユーザーID:0632356270

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • それでも、前を向くしかない

    私も実父を約15年ほど前に亡くしました。
    うちの場合は定年後ですが。

    定年前から医者からはずっと「処置を早く」と言われていた
    人工透析(先天性腎臓疾患により)を定年後から始め、
    第二の人生(趣味の庭いじり等)、
    嘱託勤務などをしていたわけですが、70歳目前に胃癌になり
    無念にもこの世を去りました。

    まだ若いと言えば若いんですが、数年経過して
    母も私も「(疾患があったわけで)逆にこの年齢まで長生きした方」と
    思えるようになりました。

    お父様の会社、部下との関係は私達には分かりませんし、
    それについては何も申し上げられることはありません。

    「前を向く」っていうのはなかなか直後では難しいものですが、
    「言い聞かせる」という言葉になると思うんです。
    お父様の抗がん剤治療拒否もお父さんの意思だし
    治療はしんどいと聞きます。家族にも迷惑を掛けるかもしれない。
    そういうことを思っての治療拒否でもあったはず。

    私には義母もいますが重度の認知症状態で高齢者施設におり、
    もちろん面会は出来ていません。嚥下力もなくなってきており、
    施設から今は病院に入っています。おそらく、、、おそらく
    最後の入院になると思います。3週に1回は携帯でのリモート面会は
    出来てはいますが寝てばかりで無反応です。

    何が言いたいかと申しますと、似たような経験、同じような環境の
    人はこの世にたくさんいるんです。
    「辛く悲しい、虚しい」のはトピ主さんだけじゃない、ってことです。

    ユーザーID:8361789669

  • 時間が解決してくれます

    お父様のこと、お悔やみ申し上げます。
    私も10代で母を突然死で亡くし、20代で父を肺癌で亡くしましたので、お気持ちは痛いほどよく分かります。

    母が亡くなった時は、父や兄弟がいましたし、夫もいてくれました。
    父が亡くなった時は、この世に親と呼べる存在がいないことにさすがに絶望してしまいました。

    やっぱり辛かったし、泣き喚いたし、落ち込みもしましたけど、でも時間薬って本当にあると思いますよ。
    悲しみながらも子育てして(子供が4人いるのでてんてこまい)、仕事して、家事して…ってやっていたら、もう父が亡くなって11年経ちます。

    両親を亡くしてる私からトピ主さんに言えることは、自分の気持ちを我慢する必要はないということです。
    無理矢理前を見るということは、忘れようと努力するということです。
    でも、努力しなきゃ忘れられないってことは、結局は思い出して悲しくなるんですよ。
    だから、無理に忘れようとしない。
    無理矢理、前向きにはならない。
    悲しい時は泣いて、泣きながらでも、自分のやることだけは淡々とこなすだけでいいです。
    そうすれば、引き裂かれるような痛みは時間と共に消えて、思い出せば淋しいけど、泣きたくなるほどの絶望感は薄れていくと思いますよ。

    トピ主さんが思い出してあげるだけで、お父様は天国で嬉しいと思ってくれると思います。
    私の父も末期癌を宣告された時、わんわん泣く私に「お前が会いに来てくれるだけで嬉しいから泣くな」って言ってくれました。
    だから、トピ主さんに寄り添ってもらったお父様は、悔いはあったでしょうけど、幸せも感じていたと思いますよ。

    ユーザーID:7290215760

  • ジャスミンティーさんへ

    有難うございます。ジャスミンティーさんのお父様は院内感染で亡くされたんですね。。私以上にとてもとても、凄く悔しい思いをされたんだろうとお察しします。。
    私は今37歳なのですが、亡くなった父が76歳、もう成人してから結婚して9年なのでいい年してとは思うのですが、私の幼稚園の娘も父のことが大好きで、今でもじいじ天国で楽しく過ごしてるかな?
    昨日は音楽会で感染対策しながらのホールで歌演奏お披露目だったのですが、天国のじいじに歌声が届くように一生懸命歌ったよ!と言うほどです涙

    だからジャスミンティーさんのお子さんもお父様のこと心配で堪らなくて離れ難かったのかもしれないですね。。

    父の言葉は思い出すって分かる気がします。父の声は今でも鮮明に思い出せます。年中叱られていたんですけど。でも全て私を思って言ってくれていたんだと思います。

    いつか優しい顔の父が夢に出てくるといいなと思います。
    暖かいお言葉有難うございました。

    ユーザーID:0632356270

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • サロメさんへ

    アドバイスしてくださいまして、有難うございます。
    父と父との会社、部下の方々に対してはもう、私の中で完全に消去したいというか、忘れてしまいたいものなのでこちらに書くつもりは無かったです。
    ただ、去年の前半で私の人生の中で一番暗く、コロナも相重なって酷い展開になったというのは確かです。このことについてあまり考えると私自身も嫌な人間になりそうなので…。

    父が抗がん剤治療を拒否したのは確かに家族を思ってのこともあるだろうとは思いました。
    もともと食事などを作ったりするのが父の役割というか、料理が好きな人だったので、自分の食べたいものが胃の全摘でできなくなったり、視力の低下で趣味をやめてしまったこともあったりで、QOLというのを考えた時に自分の求めている人生が送れるかというのもあったと思います。

    父は片親で祖母が育ててくれたのですが、その祖母が5年前に亡くなっています。なので母は父が亡くなったときお父さんはおばあちゃんの所に行ったんだね。と言っていました。

    サロメさんの義理のお母様、ご入院されているということで心配ですね。面会ができないというのは、家族も本人も辛いですよね。何とかならないものでしょうかね。。施設にお祖母様がいる友人も家族でも施設に面会できず、時々こっそり会わせてもらってると言っていて、本当に辛いだろうな思いました。

    そうですね、辛い思いをしているのは私だけじゃない。と改めて思いました…。
    義理のお母様、お大事にして下さいませ。
    有難うございました。

    ユーザーID:0632356270

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • viviさんへ

    有難うございます。
    若い内にご両親共に亡くされているとは、とても大変でしたね。。お母様も無念だったと思います。お父様も癌でとは本当に悲しかったと思います。。。
    お父様は強い方だったんですね。娘さんが泣くのを励ますなんて、病気の辛い時にはなかなかできないことだと思います。お母様の居ない分気持ちに寄添っているといいますか…。

    いつも「お父さん」と呼んでいたのが、呼べなくなるというだけでとても寂しい気持ちになります。返事が返ってこない。それでより父が亡くなったという事をひしひしと感じます。

    こんなことを夜中考えながらも、朝がくると娘たちのお世話に追われという状況なので、viviさんの4人子育ては凄く忙しくて目が回る程だろうなと思いました。

    日々過ごしていく中で、気持ちと時の流れが一致しないというか、時間は本当に早く過ぎていっていると実感しています。

    父の亡くなった直後に比べると、私も母も一時はヒステリー状態だったかなと思えるくらいに落ち着いてきたかなと思います。。
    そして、時々はつい泣いてしまったりするのですが、これも自然なことなのだと思って、父のことを想っていければなと思いました。

    有難うございました。

    ユーザーID:0632356270

  • トピ主のコメント(5件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧