30歳でアメリカの田舎に転勤

レス18
(トピ主1
お気に入り29

キャリア・職場

ゆゆ

メーカー営業の29歳独身です。
先日アメリカへ転勤が言い渡されました。年齢的に、このまま駐在したら結婚出産できないのではと不安です。

自己紹介すると、学生の時から海外に興味があったため外大に進学し、就活も海外駐在の可能性がある企業を中心に受け、現在の会社に入社しました。

入社してからも海外駐在希望を言い続けていた為、今回の異動はとても嬉しいはずなのですが、子どもは絶対産みたいので、将来のことを考えると漠然と不安を抱いています。

現地でも出会いはあると思いますが、田舎なので日本人も少ないのでは?いても既婚者なのでは?とあまり期待できません。

駐在を断るのは、私の希望を汲んで駐在の席を用意してくれた上司に面目が立ちませんし、キャリアとしてもチャンスだと考えるので、断る道はないと思いますが、仕事よりプライベートがより人生を豊かにしてくれると思うので、何でこんなに駐在にこだわっているんだろうとも思います。

ダラダラと書いてしまいましたが、皆さんのご経験、お考えを参考にさせていただきたいです。

ユーザーID:5195455266

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • えー。

    何故希望していたのですか?
    まさか、入社してすぐの若い頃にアメリカに行きたかったとか?
    新入社員を簡単に海外に送り出す会社はなかなか無いでしょう。
    あなたの仕事振りが認められたから、今回アメリカ転勤が決まったのだと思いますよ。


    と言うか、日本人限定でないといけない理由は何なんですか?
    別に外国人でも良いでは無いですか。
    もし子どもが授かれば可愛いですよ〜。
    まさか、日本で子供を出産し、親にもお世話になりながら子育て、なんて呑気な事を考えていたのでしょうか。


    アメリカでも勿論結婚出産は可能でしょうが、どうしても何か引っ掛かるものがあり不安ならば、退職したら良いと思います。
    異動って基本的に、断る=退職だと思いますのでね。
    私は断ったら退職しか道は残されていませんでしたね。
    会社によるのかもしれませんがトピ主様の場合、自分で散々希望しておいて今更何なんだと思います。

    ユーザーID:2377445170

  • 人生は1回きり

    トピ主さんは女性なんですよね。希望していたアメリカ駐在 めでたいことだと思いますよ。
    もしアメリカで生活したことがないのなら、このチャンスは活かしても欲しいなとも思います。生活して見ないとわからない海外、アメリカがわかると思います。そしてアメリカから見る日本も。

    人生は1度きりなので、今後これを断って、結婚できたとしても「あの時行っておけばよかったな」と思わない自信があるのなら、断ってもいい。
    でも日本に残っていても結婚、出産ができるかどうかなんてわからないとも思います。

    コロナでなければ、日本に出張で戻ってくることもよくあるでしょうし、社内結婚目指して社内でお付き合い対象者を見つけることもできるかもしれない。

    トピ主さんが1度の人生、どうしたいか、後悔しない人生の選択を決めるといいと思います。

    ユーザーID:2548228304

  • 一体何をしたいのだろう?

    >学生の時から海外に興味があったため外大に進学し、就活も海外駐在の可能性がある企業を中心に受け、現在の会社に入社しました。入社してからも海外駐在希望を言い続けていた

    それならようやく夢がかなうのだと思いきや、、、

    >年齢的に、このまま駐在したら結婚出産できないのではと不安です。

    ですと?一体何をしたいんですか、あなたは!はっきりしなさい!

    ユーザーID:9922634091

  • 都合の良い希望

    トピ主は「田舎」じゃなく、ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなどの日本人が多い都市なら行くってことでしょうか。

    女性は出産年齢もありますから働き方やライフプランも変わります。
    それは当然なのですが、トピ主の海外生活に対するそもそもの考えは企業としては理解し難いです。

    今回の転勤を受け入れても、次に希望の都市に転勤があるかは分かりません。
    もう、入社当初と気持ちが変わり、海外勤務はしたくないとお断りすべきだと思います。
    いまなら「コロナ不安」で納得してくれる可能性もありますよ。

    ユーザーID:7165822033

  • 今から婚活!

    今、結婚を考えている人はいませんか?

    「一度海外を経験したい!観光地でない田舎で生活したい!」という女性はいるものですよ。まして、一人ではなく、高収入の頼りになるトピ主がいれば。

    出産、子育ても海外OKの人もいます。恐らく田舎といえども、日本人会はあるでしょう。

    寧ろ、結婚後に海外勤務の方が躊躇いを感じる人がいるでしょう。

    今婚活して、後からきてもらうのも手です。うるさい親戚もいないし、即決するかもよ。

    ユーザーID:3257656274

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • ありがとうございます

    皆さんコメントありがとうございます。

    ご指摘いただいている通り、せっかくのチャンスを目の前に、甘ったれたことを言っているなとハッとしました。
    もちろん、結婚と出産への不安はありますが(ちなみに私は女です)、だからといって日本に居続けてもできる保証はないし、行かなかった時の後悔が大きいと思います。

    皆さんのコメントで学ぶことは多いので、他の方含めコメント引き続きいただけると嬉しいです。

    ユーザーID:5195455266

  • 同時並行で!

    アメリカ駐在、またとないチャンスですから、ぜひ頑張ってくださいね。

    ですが、現実問題、出産のリミットはあります。
    閉経の平均年齢は50歳ですが、100人に1人は40歳未満で閉経しているという実際のデータがあります。私の周りでも35歳前後から生理が乱れ、40歳未満で閉経した方が2人います。
    出産年齢が高くなっているからといって、誰でも高齢出産まで辿り着けるわけではないのは事実です。

    ですので、トピ主さんの場合は、駐在も婚活も同時並行で、というのがベストだと思います。
    アメリカの田舎といっても、コロナがある程度収まれば、トピ主さんは身軽な単身なのですから、都市部の日本人との出会いだって不可能ではないはず。(実際、アメリカ人ってすごく気軽に国内を移動しますよね)
    私も海外在住ですが、子持ちは子供の学校繋がりで、独身の方々はSNSで、日本人のコミュニティを形成しています。独身の駐在員や年齢層高めの留学生(医者や弁護士など)なんて、アメリカならたくさんいますから大丈夫です。

    女性は30代はキャリア形成に出産にととても忙しいですよね。
    ぜひどちらも諦めず、素敵な経験と素敵な出会いがありますように。心からエールを送ります!

    ユーザーID:9546883106

  • 確かに簡単な事ではないと思います

    海外に憧れる人、海外の経験が将来役に立つと思っている人、沢山いると思いますが、トピ主の年齢を見ると、そう簡単な選択ではないなぁと思います。

    私は、大学院から海外です。博士を出て、日本に帰るか如何かで、迷いました。丁度トピ主より少し若い頃です。私は、中学生までその国で育っていたので、普通の日本人より現地に執着がありました。

    実は、大学時代からずっと気になる相手が居て、日本に帰ったら、きっと結婚する、帰らなければ、現地で就職する、、、

    結局、私は、現地で就職しました。理想のポストか、不確定な恋の行く末か?の選択でした。

    現地でも、恋愛はできます。でも、トピ主の赴任は3年から5年程度ではありませんか?だとすると、恋愛なんかしている間はないと思います。

    最終的に日本に帰るなら、やはり結婚は日本人の方が良いと思います。仕事を続ける為にも、その方が有利です。

    せめて、何年の赴任になるのか、その程度の事は聞けませんか?3年であれば、日本に帰国するのは33歳。帰国後に婚活を初めても、何とかなる歳です。

    人生は短く、女性の30歳から35歳は、子供を持ちたい場合、とても貴重な時期です。

    正直に上司の今の心の内を打ち明けて、任期を聞く。それくらいの事はしておいた方がよいと思います。

    海外の経験、、、ってそんなに貴重ではない。特に、駐在の経験は頭打ちです。グローバル化が進めば進むほど、海外の意味は薄くなります。要は、その人がどういう仕事をしてきたか、どんな知識があるか、柔軟性、適応性があるか、、、が問題で、憧れで語るほど、海外は特別な事ではありません。

    私は、結局35で大学時代の気になる彼と結婚、今は欧州で暮らしています。子供も、ギリギリセーフで持てました。運だけです。

    トピ主にも、後悔のないキャリア、人生を送って欲しいです。

    ユーザーID:2269448360

  • 私は27歳の時でしたが

    私が駐在員になったのは27歳の時です。5年の任期を終えたら32歳かぁ、結婚は無理かもなぁと思ってました。業界は独身の女性が多いほど忙しいところだったので。

    でもその時付き合ってる人もいなかったし、これも人生の波と思って駐在員としてアメリカに来ました。

    そしたら現地の大学を卒業した日本人と知り合って結婚。そのまま永住しています。子供は大学生です。

    女性にとって29歳って結構迷いの時期だと思いますが、私だったら行きます。だって何が待っているか分からないですよ。

    現地を拠点にアメリカ中を旅行できるし、日本のガイドブックには載っていない場所で生活ができる。

    それはご自身にとっても貴重な経験だと思います。

    田舎に赴任だからと落ち込む必要はないです。アメリカならどこの町にも必ず一人や二人、日本人はいますしもしかしたら国際結婚をなさるかもしれません。

    今はご自分の気持ちの赴く方へ進んでも良いんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4584768830

  • トピ主さん、頑張れ!

    それはついに来た念願のチャンスではないですか!

    私は仕事の関係で29歳でアメリカ人男性と縁あって知り合い、30で結婚してアメリカ永住となりました。
    アメリカに居る方が知らない人とも話す機会が多いなと感じます。
    こちらは知らない人にも「その靴素敵ね、どこで買ったの?」なんて話しかけるのは珍しいことではないからです。大体はその場のスモールトークで終わりますが、何度も会うと時々「良かったらそこでお茶でもしません?」となることも無きにしも非ず。
    日本だといつも通勤電車で見かける人がいても話すチャンスなんてないですよね。

    気を付けなければいけないのは、とんでもないダメ男も存在することです。
    トピ主さんの転勤先で真面目に働いている素敵な男性がいたら良いなぁなんて私は思います。同じ職場や業界だと経済的な価値観も近いので安心かと思います。

    また、アメリカでは30歳過ぎてたらこう振る舞うべき…というような年齢の概念は日本と比べて非常に少ないです。
    アメリカで生活することで、自分の中の「こうであるべき、そうでなければ負け犬」というような概念が消えていつも自分は自分らしくある意識が育っていくことと思います。
    その足枷が取れた時、トピ主さんは仕事面でも恋愛面でも大きく変化していることでしょう。

    アメリカ生活、大変なこともありますが、とても面白いですよ。
    それが会社のサポートでできるならば万々歳です。
    仕事で出会いがなければ、週末にできるボランティアなどもおすすめです。
    ボランティアには志の高い人が集まるので、恋愛に限らず人生を通した男女の友人にも出会えるかもしれません。
    その転勤、色々な意味でチャンスだと思います。大変だと思いますが、自分の殻をやぶって頑張ってください!

    ユーザーID:4549049987

  • 環境は関係ないのでは?

    どんな環境であれ、魅力的な人ならパートナーを探せば必ず見つかります。
    職場に恋愛対象になる人がいなかったら、友人が紹介してくれたり、趣味の活動で出合ったり。いまはネット社会だしね。

    アメリカの無人地域に一人ぼっちで行くわけじゃあるまいし、心配し過ぎです。

    多分、大きな変化に戸惑う気持ちが赴任しない理由を探しているだけですよ。

    トピ主さんは努力で夢を叶える力を持った魅力的な人でしょ?
    変化を恐れず、頑張ってください!

    ユーザーID:7284444144

  • タイミングは人それぞれ

    子を持つのは若い方が恵まれる可能性が高いというのは、きっと医学的にも証明された事実なのでしょう。

    でも子供は産めればいい、生まれてきてくれれば完了というものではありません。親となるべき人たちが子供のまま親になることを、私は決して正しいことだとは思いません。子供を育てながら親も育つものですが、それができない残念な親も一定数います。

    自分が子供を迎えるためには、自分がある程度の大人になっている必要がある。この考え方が正しいのであれば、トピ主も今は自分のチャレンジしたいことを優先したほいがいいのかもしれません。

    人生は短いし、若さはもっと短い。だからこそ、トピ主が納得できる選択ができることを願っています。

    ユーザーID:5877226864

  • アメリカ在住です

    私が住んでいるのは日本人の多い大都市になりますが、トピ主さんの言うアメリカの田舎ってどこなのかな?と興味あります。

    最近は日本のメーカーさんが軒並み大都市から税金の安い他州に引っ越している印象を受けますが、私の知る限りではそういった地方には駐在の人たちだけでもかなりの人数のコミュニティになるようです。

    出会いが少ないって、そんなことないと思います。むしろ逆じゃないですか?
    もし日本人がいいなら、ただ同じ日本人というだけで共通項になって出会いのチャンスがあったりします。
    そして現地の人も含めたら、トピ主さんの人生の中で新たなる出会いがドンと増えるわけです。

    海外で仕事をするという価値観をほとんどの人が持ち合わせていない日本での限られた出会いより、いざ飛び込む世界の方がよっぽど新しい自分と合う価値観の人との出会いがあると思いますよ。

    アメリカでの暮らしが気に入って永住権、市民権を考えるようになれば、現地の方との出会いにも積極的になるのでは。

    デート文化なので、たくさんの人とどんどんデートして、合う人を見極めたらいいです。
    日本流に1人に腰を据えて先を探るやり方より、不特定多数とのデート期間中にしっかり将来を考えられる相手かを見極めるアメリカの恋愛スタイルは、結婚にも繋がりやすいと思います。

    家事、子育ても、アメリカだったら当たり前に分担ですからね。
    お互い働きながらファミリーも大切にして、っていう暮らしをしていけるでしょう。
    今の日本は、産休育休をとって働く母も叩かれ、専業主婦も叩かれ、子どもはうるさいと言われ、住みにくいことこの上ない。
    絶対その点、アメリカの方がいいですよ。

    出会いの数も増え、育児の環境も良し。
    頑張って働いて、素敵な人をさがすのみ!悩む必要ナシです!!

    ユーザーID:4459852168

  • どこにいたって出会う時は出会う。

    仕事よりプライベートがより人生を豊かにしてくれると思うので>

    そうかなぁ?どっちと決めるものでもないような。

    それで、現在のプライベートはどうなんでしょう?素敵な人との出会いがたくさんあってすごく充実してたら、もっと早く海外希望を取り下げてそうなものだけど。
    海外に興味があってその仕事を希望するくらいグローバルな主様なら、むしろこのまま国内だけにいるより、海外勤務を経験したり環境を変えてみた方が、同じような感性の方との縁が広がりそうに思えます。

    ユーザーID:3207386254

  • まだ30手前 

    せっかく手に入れたチャンス、喜ばないのが勿体無いが率直な感想。
    日本からの駐在員の沢山いる日系会社の現地オフィスで働いています。
    見てきた駐在員の任期は短くて2年、3年、長くて5年。

    過去にはそれを延長するケースも見られましたが、今は家族のいない
    単身の若い人を赴任させるのが多く(経費が少ないので会社に有利)、
    人数も少なく、任期も短め。
    そういう意味でもシングルの主さんが選ばれたのでしょうね。

    結婚のお相手は、必死に探してる時には出会わない気がします。
    恋愛も忘れて仕事に没頭してたり、趣味に燃えてたりの時に、
    現れる気がします。これまで時期をおかず彼がいつもいつもいた
    タイプでしょうか?
    これからの2ー3年の経験で、主さんのキャリアは大きく変わる。
    それを会うかも会わないかわからない人のために、棒に振るのですか?
    5年と言われても希望を出して早く帰れた人も見てますよ。
    2年後、31−2歳で婚活しても全然遅く無いでしょう。
    今の時代35以上の出産は問題ないし。
    駐在で現地の方と結婚し、退社してそのまま現地生活に入った方も
    1人いました。
    8年近く、希望していたことが叶うのです。
    今1年後に結婚を控える婚約者がいてならわかりますが、
    今主さんには制約がない状態。当たらない宝くじのために
    気を揉んでる感じです。
    海外に一歩出れば、日本でいう適齢期や未婚、既婚、
    女性の年齢29、30なんて小さな世界での考えだと
    身をもって理解できますよ。
    ただ、海外の田舎というのが思った以上にカルチャーショックは
    あると思います。
    相手を見つけるのは、この期間はほぼ諦めた方がいいですね。
    都市ならば他社の駐在の人と知り合う機会も多いです。

    ユーザーID:7080040380

  • 全ての可能性を考えてみる

    バックグラウンドや状況が少し似ているので、ゆゆさんのご決断の一助になればと思います。

    30歳で渡米、現在駐在2年目の女です。
    赴任地はド田舎で、日本人どころかアジア系も少ない地域。
    車で2-3時間行けば、他社の駐在員がいますが、ごくたまに交流する程度です。

    私も29歳の時に駐在の話を頂き、当時付き合って半年の彼氏がいたこともあり、結婚・出産など今後の方針について悩みました。

    結果行き着いた考えとしては、
    駐在に行かなければ結婚・出産できるという前提で悩んでいるが、それ根拠なくない?でした。

    今の彼氏と結婚しないかもしれないし、結婚しても数年で離婚したり、子供を授からない可能性だってある。未来は不確定要素ばかりだ。それなら今、目の前にあって確実に掴み取れる、自分の挑戦したい方を選びたいと思い駐在を決めました。

    結果、彼氏とは日本を立つ前に婚約、現在も日米で離れて暮らしてます。駐在期間が正直曖昧なため、もし絶対に子供が欲しいなら、今のうちに卵子を凍結しておくのも選択肢の一つかな、などと最近考えています。

    さて、日本人独身者との出会いが少ないかもとの事ですが、自分がどれくらい行動範囲を広げられるか、オンラインも可かなどにもよると思います。

    企業だけでなく、大学の研究員などで来られてる方もいますし、周辺地域名、Japanなどと検索して、赴任地からどの範囲になら日本人コミュニティがありそうか調べてみるのは如何でしょうか?

    互いの会社の独身駐在員を紹介したりということも実際あるので、もし既婚者と出会った場合は仲良くなって何方か紹介して貰うのも手かと。
    家族帯同で来られてる方は、お子さんの日本人補習校や奥様方の繋がりで結構他社の駐在員と交流があったりします。

    以上、何か参考になれば幸いです。

    ユーザーID:0866840812

  • トピ主さんの将来図は?

    トピ主さんは将来絶対日本人と結婚したい
    のでしょうか?
    それなら日本にいた方が良いでしょうね。
    在米日本人と出会う可能性もあるにはあるけど、
    日本にいるより可能性は当然低くなります。

    でも、外国人と結婚し海外で子育てなんて事も
    可能性としてはアリだと思っているなら
    思い切ってアメリカに行ってみたらいいと
    思いますよ。

    日本の都市部に住んでいる人にとっては、
    アメリカのちょっとした都市でも田舎扱いなので
    実際そこまで田舎ではないかも?
    そこまで出会いに悲観しなくでも良いのでは。
    近場でだけに出会いを限定しなくてもいいわけ
    ですし。

    アメリカ人は(もちろん全員ではなく割合として)
    日本人ほど女性に若さを求めないし、家事育児は
    女の仕事と思ってない人が多いので、人によって
    はアメリカ人の方が付き合い易いということも
    ありますよ。

    ユーザーID:5224926334

  • 今に至るまで

    私は欧州在住ですが、日本を離れてから日本を愛おしく思ったり客観的にみる事ができ、人生の肥やしになっていると思うので、もったいないなーと思ってしまいます。まずご自身が何故海外にご興味を持たれてから今に至るのか、もう一度お考えになってくださいね。その上での判断ならば、どの決断を下しても後悔はないと思います。

    ユーザーID:0022793385

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧