資格試験の過去問

レス15
(トピ主2
お気に入り7

趣味・教育・教養

サカキタン

お世話になります。資格の勉強をしており、今年が初めての受検です。
資格名は伏せますが、完全畑違いで、実務経験もありません。

資格予備校に通っておりまして、

私は、できればテキストと平行に過去問を(分からなくても)進めておきたいと考えております。

講師の方は、今過去問をやったって分からないんだから、そんなことに時間を費やすよりテキストを読み込むことだとおっしゃいます。

たしかに過去問をやっても、難しい問題であれば理解するのに私の頭で数時間かかってしまいます。

どちらが正しいわけではないのですが、やはり先生の指示に従うべきでしょうか。

すみません、どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:2066630954

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 資格名を出した方が良いと思います

    その方が、助言を受けやすいと思います。

    しかし、それがお望みでないのならば、私の先生が言われた言葉、

    勉強の主役は、受験生の皆さんです。そのツールの一つしてわが校を使って下さい

    が参考になるかと思います。

    私自身は、独学で、比較的難易度の低い資格を取りましたが、その時は、過去問中心でした、

    その後、難易度が中程度の資格は、受験校のカリキュラムのみで取得しました。

    しかし、現在取得を目指している資格では、受験校のカリキュラムのみの勉強で何度も躓き、冒頭の先生の言葉で、勉強方法の見直しをしているところです。

    最後に、いまの段階で過去問に触れてみるのは、悪いことではないと思います。

    敵を知り、己れを知らば、百戦危うからず。

    兵は拙速を尊ぶ。

    かな?

    ユーザーID:8560182196

  • 何のために受講料を払うの?

    レスされている方がいるように資格次第だと思います。

    私の資格は建築士です。結構な金額を払って資格取得学校へ通いました。
    専用のテキスト&テスト、それは傾向と対策をつくした過去問題で構成されていました。加えて、予想される新傾向問題。

    資格にもよりますが、学校はアピールポイントの合格率を上げるべく、指導の研究を重ねています。学校の指導どおりに勉強を進めること、それが一番合格率の高い勉強の仕方です。

    仕事をこなしながらの資格勉強、建築士資格を狙う方々は勉強時間を確保すること自体がむずかしい。だから、学校の勉強以外の我流が入る余地なんてありませんでした。

    学校の指示以外の勉強をする、時間を使う、それは知識の習得という意義はあるかもしれませんが、こと合格という点に関しては効率の悪い無駄でしかありません。まずは資格取得しなければ始まらない。

    >私は、できればテキストと平行に過去問を(分からなくても)進めておきたいと考えております。

    なぜトピさんは畑違いと自覚しつつ、こうした考え方に至ったのでしょうか。
    我流で進めたければ、そもそも高いお金を払って学校へ行く必要すらありません。まずは指導通りの内容を100%こなすべきだと思います。

    ユーザーID:6823216595

  • トピ主です1

    ご回答くださった方、ありがとうございます。

    資格名は社労士です。なぜ社労士なんか、畑違いなのになぜなのか、については省かせていただきます。勉強してみたいと思ったから、それだけです。仮にそこを突っ込まれてもご回答できませんことご了承ください。

    資格予備校には社労士の資格をお持ちの事務員さんがおり、その方は「とにかく過去問」とおっしゃいました。私もそう思うので、私の意見として出しました。

    講師の方は、とりあえず4月までに全科目に目を通し終わるので、それからで充分だと言われましたが、私にはそれでは遅い気がしてなりません。

    しかし授業待ちの間に過去問をしていると「過去問はまだ早い」と講師の方が言ってくるので、そうなのか?と思ってきた次第です(今は講師の方に見られないように過去問をこなしております)。

    WEB授業で予習を行い、生講義を受けております。WEB講師の方も「テキストの読み込み・過去問を何回も繰り返すこと」とおっしゃいます。4月から過去問に手を付けて試験までに数周できるとは思えません。


    以上になります

    ユーザーID:2066630954

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 資格にもよりますが

    ケアマネ資格の勉強をしていたとき、まずはテキストをさら〜っと読みました。
    全体像がわかりました。

    次はしっかり読みました。

    それから過去問を解いて、間違えたところ、知識が不確かだと思ったところをテキストに戻り復習。半年弱で合格しました。

    最初から問題解くと、わからないことだらけで落ちこみませんか?

    記憶力に自信あり、理解も早い要領良しタイプなら初期から過去問でも良いかも。
    試験になにを問われるかを認識して、テキストを読み込むのもありですよね。

    ユーザーID:1214129802

  • 兵は拙速を尊ぶ

    >講師の方は、今過去問をやったって分からないんだから、そんなことに時間を費やすよりテキストを読み込むことだとおっしゃいます。

    テキストを読み込んでも、本試験の問題が解けるようにはなりません。

    但し、

    >たしかに過去問をやっても、難しい問題であれば理解するのに私の頭で数時間かかってしまいます。

    これでは、効率が悪すぎます。

    1.テキストを通読する
    2.テキストの演習問題や過去問を解く
    3.間違った問題をテキストに戻って確認する。

    この繰り返しが、常道だと思います。

    >どちらが正しいわけではないのですが、やはり先生の指示に従うべきでしょうか。

    私は、行政書士試験の1回目は、先生の指示通りに学習をしました。これは、裏返して言うと、受け身の勉強方法だったと思います。

    2回目は、先生の指示に従いつつ、自分で工夫をし、なんとか合格する事が出来ました。工夫した点は、自分の弱点を補うために、記述式の部分を先生の指示より前倒しで学習するようにしたことです。

    受験するのは、あくまでも自分ですから、その覚悟は持った方が良いと思います。

    「兵は拙速を尊ぶ」は、完璧を求めずに、トピに則して言えば、まずはテキストを読み込んでからと考えるのは危険かな? の意で、冒頭に書いた学習方法
    の紹介につなげたく思いました。

    1回目のレスで書けていませんでしたので、補足までに。

    目指せ!一発合格。

    健闘を祈ります。

    ユーザーID:3213720927

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 先生の指示に従う

    先生の指示に従うのがいいです。
    指示に従わないのであれば、学校へ行く必要はありません。

    過去問は、自分がひととおり学んだあとで、自分の学びが足りない部分をチェックすることに使ってください。
    途中で過去問に手を付けてしまえば、自分がテキストで学んだことをちゃんと理解しているのかを確認することに使えなくなってしまいます。

    過去問にチャレンジしただけで、勉強をしっかりやりこなした気になってしまうタイプの人がいます。
    そして過去問の答え合わせをして、答えを書き写しただけで知識がランクアップした気になってしまうタイプの人がいます。
    こういうタイプの人にとって過去問とは、学ぶためのツールではなく、勉強した気になるためのカンニングツールのようなものです。
    そして本人は「勉強はたくさんしているのに、思うような結果が出ない」と思っています。

    難しい問題の答えを書き写して勉強した気になるのは、効果的な勉強法ではありません。
    まず最初に大切なのは、基本的な知識を増やす基礎的な勉強と、その知識が定着しているかのチェックです。
    過去問は総合的な応用ですから、基礎的な勉強が身についてから手をつけます。

    ユーザーID:5417886220

  • 受験

    それは、トピ主のレベルによるよ。
    テキストを完全に自家薬籠中の物にしてれば過去問題なんてやる必要はないよ。
    一般的にはそこまできないから、過去の問題を解いて試験に通るようにしてるわけだよ。
    試験問題を解けるレベルになっているかどうかね。
    普通受験ってそうやって対応してるでしょ、トピ主はその経験ないのかなあ。

    >講師の方は、今過去問をやったって分からないんだから、そんなことに時間を費やすよりテキストを読み込む
    講師の評価は試験問題を解けるレベルになっていないという評価でしょ。

    >資格予備校には社労士の資格をお持ちの事務員さんがおり、その方は「とにかく過去問」
    試験問題を解けるレベルになってからでしょ。
    効率的に試験に通るには、どんな問題がどのように出てくるかそれをどう解くかがポイントでしょ。
    当たり前だけど、試験と実務の関連は薄いからね。

    >WEB講師の方も「テキストの読み込み・過去問を何回も繰り返すこと」
    テキストの読み込みが過去問より先でしょ。

    ユーザーID:7963530539

  • テキストの読み込みなんて出来ない

    テキストの”読み込み”、そんなことなど、できません。

    例えて言えば

    テキスト:法律の条文
    過去問:判例

    のようなものです。

    テキストに書かれている考え方や概念を理解するために、過去問があるのであり、過去問なくしてテキストを理解することはできません。

    言葉の意味や基本的な考え方を一通り学ぶために、最初にテキストを当たるる、これが資格試験の基本だと思います。

    トピ主様の最初のレスの通りで良いと思います。

    あとは、息抜きに情報収集をして、自分が冷静に見れるようにすることだと思います。

    学生と違って、資格試験は合格する事が目的です。

    ユーザーID:3213720927

  • 過去問題大切

    英検ですが、私は
    過去問題やります。
    自分の理解度が把握できるからです。
    あまり問題解かず、
    問題に慣れずに受験なんて、
    試験本番で焦りますよ。
    主さんがおっしゃるように、
    テキストと平行でいいと思います。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:6881363919

  • 講師の指示が最良

    資格予備校に通っておられるなら、しかも未経験の資格、職種となれば講師の指示に従うのが最良でしょう。

    先を急いで「過去問」を見ても、たまたま解ける問題があったとしても理解できないでしょう。

    過去問はテキストを概ね 60%程度理解、または勉強し それから理解度を確かめることと、過去に出題された問題は「その国家試験の出題範囲」でもありますから、「過去問」は重要です。

    「過去問」に出題されていないような難解な問題は、その国家試験の出題範囲外 と考えてもいいです。出題されないような難解な問題を研究するのは合格してからできますから。

    私(64・男)も48歳で病気で解雇になったとき、退職したらどのような手続きが必要なのかを知るために書店で「社会保険労務士国家試験テキスト」を眺めたことがあります。

    受験の解説を読みましたら受験資格は大学卒業以上とあり高卒の私は対象外とわかりましたが、さらによく読んでみましたら無線従事者の「第一級陸上無線技術士免許所持者」とあり、なんでまた専門外の無線技術士に受験資格があるのか・・・実は私はその免許を持っているんです。(元 電話局・無線局で働く電気通信技術者・無線従事者です)

    国家試験のテキストはその資格・知識に的を絞った編集ですから、受験・免許までは不要なるも業務上その知識が必要になって勉強せねばならないときも活用できます。

    ユーザーID:8809556077

  • 過去問は大事だけど

    完全畑違いで、実務経験もないということは、
    今は授業で、内容の習得に努めている段階でしょうから、
    逆に過去問との平行は分かりにくくはならないのでしょうか?

    授業後に、授業で学習した分野の過去問を平行して進める方法もある
    とは思いますが、どうせ過去問をやるのなら、一通り内容を
    理解してから、試験と同じ状況で、過去問にトライし、
    間違った箇所や苦手なところを重点的に復習するほうが
    効果的だとは思います。

    実際、過去問を平行して、講師の方が言われるような、
    未習得が原因で分からない・解答できない問題があるのなら、
    そこに時間を取られるのは無駄だと思うし、それならば、
    より早くテキストを読み込んだほうがいいと思いますけどね。

    まあ、人によって、やり方に合う・合わないがあるから、
    何とも言えませんが。

    ユーザーID:7612297083

  • 問題はそこではない

    回答者は社労士とは関係ない仕事をしており資格も持ってません。
    しかし健康保険や労働法関係を知る必要があり勉強理解しました。
    トピ主の問題点は指摘できます。

    社労士の試験問題は、法律の適用にそのポイントがあります。
    法律の適用で重要なのは用語を正確に理解し覚えるところにあります。

    >難しい問題であれば理解するのに私の頭で数時間

    知らない用語、知らない法律は何時間考えても解ける訳はない。
    この限りにおいて講師が100%正しい。

    試験問題は正誤や選択問題ですよね。
    この形式は沢山過去問を解くより、正確に解くことが何より重要です。

    ある問題が何で丸なのか何でバツなのか、100%正確に解説できるでしょうか。

    トピ主の勉強の仕方に問題がある。過去問、テキストの問題ではない。

    ユーザーID:7859236754

  • 同じ資格

    私もとりました。10ヶ月勉強して1回で受かりました。

    トピ主と同じように講義と過去問並行してやりました。例えば、労働基準法を講義で受けたらそこまでの過去問を解く。労災法を講義で受けたら過去問を解く。その方がどこが重要なのかわかるようになります。

    講義を全て受けてからだと忘れてしまうので非効率だと私は思います。
    人間の記憶は忘却曲線が物語るように忘れてしまうものだからこそ、何度も何度も反復して覚えて定着させるのです。

    コツコツ何度も繰り返すことで合格に近づきます。

    択一、記述式(今もかな?)の過去問、そのうち模試など反復しなければいけないものが増えるので、今できる部分だけでも繰り返しておくのが大切だと思います。

    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:4942435553

  • トピ主です2

    もしかしたら勘違いをされている方がおられるのかもしれませんが、もちろんテキストは、現科目までは全て目を通しています。その時その時では理解をしているつもりです。

    英検やTOEICを受けたときは、少しやっていくとこれは完全にコツを掴めば点数を取れる試験だと気づいたことから問題集ばかりをやっていました。

    どちらを優先するかは人によることは重々承知しているのですが、とにかくこのような法律文言の試験は初めてで、過去問の設問からして「???」が多く時間がかかってしまい、これはとにかく設問をこなしまくって、文章に慣れるしかないと思い始めていた矢先の先生からの指導でしたので、戸惑ってしまいました。

    テキストは資格予備校以外のものは一切使用しておりませんので、完全に「我流」ではなく「工夫」という位置づけで、メロンパンナさんがおっしゃっているように、今後も過去問も平行にこなしていくことにしました。

    これにて〆させていただきます。
    ご回答くださった皆さま、本当にありがとうございました。
    (これ以外でも)今後の学習の参考と致します。

    ユーザーID:2066630954

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 一般論と個人の話は別物です

    講師の方の言い分は一般論、つまりはある一定数には当てはまる形です。

    例えばですが、私の場合は下手に過去問に手を付けると
    問題文そのものを覚えてしまうことが多いんです。

    つまり過去問を何度も繰り返せないタイプなんですよ。
    覚えてしまうってことは考えることを省けてしまうってことだから。
    だから自分の場合には過去問に手を付けるタイミングは重要です。

    そういった傾向があるからこそ、テキストでも過去問以外の問題集でも
    そうだけども予習のように自分で講義よりも先に進むことは結構あります。
    予習して自分なりの解釈と講義内容が一致するか、自分だけではわからない
    ところはより集中して話を聞き、必要なら質問をするとかってね。

    過去問というのは問題集と違って、自分で施せる模試でもあるわけです。
    つまりはその試験内容全体での総合的な到達度をはかれる貴重な教材です。
    それを細切れにして学んだところまでって使ってしまうと、
    私の場合は問題を覚えてしまって使い物にならなくなってしまう。

    だから問題集やテキストは先取りを含めてやっても
    過去問そのものは実施するタイミングを考えて行います。

    ユーザーID:3226616755

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧