色の認識

レス18
(トピ主1
お気に入り23

美容・ファッション・ダイエット

せん

こんにちは。
当方、20代の女です。

色の認識で母と衝突する事が多く、どちらかが変なのでは?となります。


例えば同じ洋服をみていて

私は黄色、母は緑

だといいはります。
私は言われれば、黄緑よりかもしれないと思いますが。母はどうやっても黄色だとは考えられない。といいます。


色についての認識の差、分類の差が母と違うのは長年の経験からわかりましたが。

他にちがうところはあるのでしょうか?

人によって見えている色は少しずつ違うとはいいますが。

あまりにも母と色の感覚があわないので、皆様のお話をききたいなと思いました。

何かご意見ありますでしょうか、またはこういった経験はありますか?

ユーザーID:0910629698

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • 色見本帳を見ては?

    書店や図書館で色彩事典をみるのでも

    2人でみてもいいし
    1人でみて確認でも

    少なくとも標準とどのくらい違うかくらいは判断できますよ

    ユーザーID:6772809203

  • 人によって違う

    色の見え方感じ方は人それぞれ違います。色覚正常域でも個人差本当に大きいです。とくに黄色から緑あたり、感受細胞の分布が人によって異なるので自分がそう見えるからといって、他人もそうとは限らないので押し付けないことが大事。

    ユーザーID:4942634838

  • 昔の人は

    緑色が「青」だった。だから 未だに「青信号」というでしょう?でもあれは 実際には 緑色ですよね。

    お母さんは視力が弱いか、認識として 黄緑寄りの明るい色は「緑」なのかもしれませんが、ともあれ そんなことでわざわざ衝突することもないと思います。

    「はいはい、そうだね」と言っておけば?

    ユーザーID:9475432546

  • 言葉のズレ

    お母様はほんのわずかでも緑っぽい物を緑と教えられ信じてこられたのではないでしょうか。
    赤緑色力障害のように特定の色が判別できない人もいますし。

    我が家では姉が家を描いたときに壁を緑色に塗りました。
    私は白っぽいクリーム色だと思っていたので
    なんで緑?と聞いたら壁は緑色だって言われました。
    母は緑、父はクリーム色でした。
    どこで判断がズレたのかは分かりません。

    ユーザーID:7005698666

  • 分かります!

    亡くなった母ともそんな感じでした。時代と共に色が変わるのか?!と思ったくらい(笑)
    カーキー色については 今でも 友人知人家族共にそれぞれですよ。
    小学館の色の本を買ってます。
    面白く読んでます。 源氏物語を読んだ時にも参考にしました。
    茶色系統は 特に 人それぞれの呼び名があるようです。

    ユーザーID:3938378627

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 言葉?視覚?

    数年以上前ですが、
    「このドレス何色に見える?」
    が話題になりました。
    ノースリーブでタイトなワンピースドレス。
    ・白地に金色のレース
    ・青地に黒色のレース
    そんな錯覚的な事なのか、実際に黄色と緑の微妙な中間色でどっちなことにするか?!という言葉の問題なのか、どちらでしょうか。

    言葉の問題なら、日本では緑を「青い」と言ったり、実際はほぼオレンジ色を「赤い」「紅葉」と言ったりするので、言葉の問題でアレコレ言って楽しんでいるということなら、わかりやすく率直に言うと
    「どっちでもええがな」
    です。

    ユーザーID:0530769025

  • あるよ。

    夫が色覚異常です。

    色に関しては昔から私は
    「私はこれを赤と認識しているけど、その色が他の人と同じとは限らない。
     ただ色が違っても皆はこれを赤と認識している」と思ってました。

    これは皆はこの色をどのような色で見えてるのかな?と思っていた訳です。

    色の名前はあくまで記号でしかなく、実際その人が見えている色の記号が自分と同じ見え方の色と違うなんて事はよくある事だと思うんです。

    だから主さんの黄色とお母さまの緑は本当は同じに見えているかもしれないけど、記号としての色の名前は「黄色」と「緑」って事です。

    あと私の夫が色覚異常で、青を緑の差が分からないタイプなのです。
    彼はそれを凄くコンプレックスとして持っていますが、その青と緑が同じ世界を私は一度見てみたいと思いますねー。
    特に私は眼科勤務でこの検査を死ぬほど患者さんにしていたので、凄く興味があります。

    その眼科勤務も長かったので、本当に思うのは
    「私が今見えている色は他人と違う。色の名前は人間が使うのに都合の良い記号なのだ」と思います。

    まぁひとそれぞれ、十人十色、いろんな世界があっても良いじゃない、って事です。
    だから夫と色の話(ってそもそもあんまりしませんが)する時は、この人にはこれが青だと認識しているのだな・・と思って話をしています。平和です。

    ユーザーID:0982066323

  • 色覚異常の可能性は?

    認識の違いはお母様限定で、他の方とはそのような事はないのでしょうか。

    黄色と緑なら同系色かなとも思いますが、水色とピンクが判別出来なかったり、一定の色が見えにくかったりする方もいるようです。

    簡単にできる色覚テストがネットにもたくさんありますが、長年との事ですし、頻繁にあるのなら一度眼科で検査されてみてもいいかもしれないですね。

    ユーザーID:1070177360

  • 若い方は色覚検査を受けてない

    20代の子供がいる親です。

    我々の世代は学校の健康診断で色覚検査がありましたが、子供の世代はなかったようですね。

    トピ主さんは色覚検査を受けられたことはありますか?

    一度確認してみてはどうでしょう。

    ユーザーID:3987210696

  • 色への興味の有無で大雑把さが変わるのかな

    色覚異常とは違うのでしょうね。

    言葉が違うだけなら、わりとよくあります。
    昔の人は青と緑を一緒にしたりね。

    >私は黄色、母は緑
    葉っぱを見て、先端が枯れかけていると黄みを帯びていきますが、どこからが黄色でどこからが緑だと思いますか。
    線引は曖昧なんですよね。誰も習ってないし。

    色は沢山の名前があるので、興味をもつ人だと詳しく色の名前がわかりますが、興味がない人は大雑把になるものです。

    ピンクもオレンジもコーラルもレンガ色も、興味のない人にとっては「赤」だったりするように…苦笑

    わたしは、仕事でなければ、色の呼び方の違いは相手にあわせてますよ。

    ユーザーID:3755812988

  • 利休鼠

    北原白秋の「城ヶ島の雨」の歌詞にもある、
    利休鼠色。

    以前友人と話していて、
    私はあの色を緑系と言ったのですが、
    そういう感覚っていいねと褒められました。

    世間では、灰色区分の色だと知らなかったのです。
    自分には緑がかった灰色と感じられていたので。

    色の見え方は個人によって違うと思います。
    それから、その色に対する呼称として、
    どれを当てはめるかも違うかもしれません。

    音に対する敏感さも人によるように。

    ちなみに色に対する目の識別テストというのもあるようで、
    やってみたら、かなり差が見える方でした。
    トピ主さんもかなり識別できる方なのではと思います。

    ユーザーID:6920135010

  • トピ主です。

    様々なご意見ありがとうございます。
    とても面白いです。

    衝突して、言い合いになることはありますが喧嘩に発展することはありません。ありがとうございます。

    色覚異常のせんはないと思います。
    あくまで認識の差、と捉えております。

    錯覚などではなく、人との色の捉え方感覚の差のお話です。

    皆様にお返事を返したいのですが、難しいので特に気になったコメントにお返しいたします。


    ななさん

    色見本帳をみてみる。素敵なアイディアです。確かに世間一般的な分類と自分がどれだけずれているかを認識するのにいいと思います。

    以下、全員には難しいですが。気になった人に個別にお返事いたします。

    神無月さん

    家族で二つに別れた。面白いですね。
    クリーム色と緑色は全く別の色だと思っておりましたが、何か緑を感じる要素があったのでしょうかね?

    ロッ君ママさん

    共感ありがとうございます。
    時代の違い。それもあるかもしれませんね。
    カーキー色は確かに…茶色系もよくわかりませんね。小学館ですか、探してみます。

    色んな世界があるのよさん

    記号として。この言葉がとても、しっくりきました。確かに見えてる世界が同じだとは証明できないですよね。ご主人の青と緑。同じ色でも、その色は私の思う青なのか緑なのかどんなふうにみえてるのか。興味が持てます。

    個人差さん

    確かに利休鼠色。
    灰色の中でも、緑が強いお色ですね。
    それを大まかな分類で緑とするか灰色とするか。感受性の差なのでしょうね。それを誰かの決めた基準におさめようとしない。それも大切なのかもしれません。

    ユーザーID:0910629698

  • どちらかが弱い色覚障害の可能性は??

    完全な赤緑色覚障害の友人がいます。
    本人も分かっているので 他人のいる所では色に対するコメントは無しです。

    私と2人だけの時はよく これは何色 と聞いてきます。

    山全体が紅葉の時は ああこれは赤だな とわかるらしいのですが
    山が緑で その中に真っ赤に紅葉した木が数本あると それの区別が
    全くつかないそうです。
    赤と黒の区別も難しいそうで 赤の下地に黒で印刷されているラベルなどは
    何が書いてあるか読めないと言います。

    これらは極端な例ですが
    中間色の区別も困難なようで 例えばパステルピンクと薄いグレーは
    同じ色に見えるそうです。
    その友達のバスルームが薄いピンク色で そこにグレーのタオルが
    かかっていて なかなかおしゃれだと思って褒めたら 友達は
    両方グレーだったと思っていたらしくビックリしていました。
    この友達はご察しの通り男性です。

    女性の場合は色覚障害はとても珍しいですが ゼロではありません。
    また 思い込みもありますから 黄緑を緑に分類するのも普通です。
    青緑を青とするのと同じです。

    ネットで検索すると色力検査が出てきますから
    それで まずご自分の色力をチェックしてみて下さい。

    ユーザーID:3320900823

  • 色彩事典などの書籍の中には

    はてな?な本もあります

    借り読みですが、子どもが小学生のころ
    家族で回りを隠して「これは何色?」当てをして、笑い転げたことがありますよ

    緑系と水色系、灰色系、茶系は本当に難しいです

    名前の由来も面白いですね

    ユーザーID:6772809203

  • よくあります

    私と母は、よくピンクか紫かで意見が分かれます。
    両者ともそれほど拘りがないので、そうかな〜?で終わりますが。
    同じ色なのに人によって違う色になるなんて、面白いですよね。

    ユーザーID:1713691443

  • 虹は何色?

    自分の見え方と他人の見え方は、おそらく微妙に違っていると思います。
    私の兄は色覚異常とは判定されませんが、パステルカラーや蛍光色の色差が分からないことがあります。

    人が同じように色を感じられないので有名なのは虹色。日本では7色という認識ですが国によっては2〜8色。初めて知った時は「2色とは大雑把な・・・。」とビックリしました。

    ユーザーID:3830235186

  • 本当に違って見えるみたいですね

    前に
    金と白のドレスなのか黒とブルーのドレスなのか 論争
    TVでも話題になりました。

    全然違う色で間違うわけないじゃないと思っていたら
    あら不思議
    私は黒とブルーに見えていたものが
    夫には金と白に見えていたのです。
    同じ画面なのに・・・

    色の見え方が違うってこともあるらしいですね。
    特に男女間の違いは顕著だそうで・・・

    黄色から緑から青・・・とか境目のない変化があるからわからないというだけではなく
    全く別物として認識するらしいです。

    ユーザーID:5588894694

  • 学生の頃考えてました

    当時美術が大好きで、特に色鉛筆で描くことにハマってました。授業で使う赤鉛筆も私は画材屋さんで見つけたクリムゾンレッドを選び、楽しんでいたんです。

    友達からも綺麗な赤だね〜と言われましたが、ふとこの色って私と同じ色調、同じ明暗で見えてるのかな?と思いました。
    例えば友達の目はクリムゾンレッドを私の知るマゼンタという色に見えてても、それを自分でクリムゾンレッドと認識してしまえば、友達にとっての唯一無二のクリムゾンレッドです。もちろんマゼンタもズレてしまいます。だけどそう覚えてしまえば、私と友達がたくさんのレッドからクリムゾンはどれ?と指差す時は一致しますよね。

    真っ青をブルー、薄いのがライトブルーという分かりやすさじゃないので、もしクリムゾンレッドを基準にすると微妙な違いが全てズレ、全色とも人それぞれに私とはズレて見えてるのかもしれないな、それなら人の脳の働きって面白いなと思いました。

    美術の先生は芸術家というより科学者の視点とおっしゃって下さいましたが、絵を描くのが得意なわけじゃないし頭も良くないし、感覚過敏なだけでした。
    私の変な話はみんな??だったので、それ以来話したことはありません。こうして文章にしてみたけど、伝わらなかったらすみません。

    ユーザーID:1378798839

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧