主婦のパート収入 増やしてOK?

レス9
(トピ主2
お気に入り73

キャリア・職場

あかり

東京都に住む40代主婦です。パート勤務でダブルワークをしています。
タイトルのことでアドバイスを頂戴したく、トピ作成いたしました。よろしくお願いいたします。

家族構成は、夫40代、年収600万円台。こども2人(小学生、中学生)です。
コロナの影響で昨年の後半、転職しました。
有難いことにダブルワークOKの2か所の職場でパートとして働き始めました。
ダブルワークは、毛色の違う仕事をしたいというのが理由です。(座り仕事・立ち仕事 のように)

これらの職場から毎月、合算で9万〜11万円のお給料を得ています。いずれの職場も、週20時間以下の勤務です。
ちなみにどちらの職場とも今は従業員は500人以下ですが、数年後には500人以上になる可能性はあります。

これから子供にお金がかかるし、今は親の介護や私自身の通院等もないし、稼げるときに稼ごう!と思い、職場の人手が足りなければ、多めにシフトに入っていました。
そしてふと気づきました。
このままでは、いわゆる年収103万円を超えてしまうことに・・・。

自分なりに色々調べたのですが、以下の認識であっていますでしょうか?

1.ダブルワークの場合でも、年収130万円以上となることが予想された場合、自分で自治体の国民健康保険・国民年金の手続きをしなければならない。
(約3万円/月、約36万円/年)

2.上記1.が正しければ、年収170万円以上稼がなければ、結果として年収103万円に抑えた場合に比べて手取りは増えない。

その他、ダブルワークの税制面での注意点やアドバイス等ありましたら、ぜひお聞かせください。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:0025518306

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
  • 旦那さんの扶養からはずれる

    健康保険などについては主さんの調べた感じであっていると思います。

    あと1点、旦那さんの扶養から外れることになるので、旦那さんが会社から主さんの分の扶養手当をもらっているとしたら、それがなくなります。

    また、150万を超えたら旦那さんの税金の控除額も減ります(配偶者特別控除)

    ユーザーID:8416816478

  • 夫の職場の規定も確認

    ご主人の職場での扶養の手当がどうなっているか確認した方がいいと思います。

    扶養が減るのですから、ご主人の税金にも影響があると思います。

    そしてトピ主さんにも収入によって住民税がかかりますよ。

    私が現在住む自治体では97万から住民税がかかります。
    また私の夫の職場では妻が年収ゼロで推移していても一回でも「一ヶ月15万」を超えると扶養から外され、年度の頭まで遡って手当返還を請求されるそうです。

    会社ルールのようなものもあると思うのでご主人の会社の規定も調べることをおすすめします。

    ユーザーID:5239652451

  • 夫の扶養手当は?

    つきに二万円以上なら、103万円を意識した方が得策です。可能なら。

    でも、ダブルワークでそれに納めるのは難しいのでは?

    私はやりたい仕事がどうしてもそれを越えるので、特別控除も扶養手当も諦めました。

    130万だけ守っています。

    ユーザーID:7492245653

  • そうですね

    >年収130万円以上となることが予想された場合、自分で自治体の国民健康保険・国民年金の手続きをしなければならない。

    それぞれの職場での働き方が週20時間未満(ですよね、20時間に達していない)であれば、その考え方であっています。
    しかし「収入を増やす」ということは、必然的に労働時間も増えますよね。
    そうなるとまた状況が変わってきます。

    「勤務先の従業員数が501人以上になる可能性がある」とは、「未定」ということでしょうか。
    もしどちらかの職場が501以上になったなら、そちらをメインに就業時間を増やせば社会保険に加入できるかと思います。
    そうすれば、月の手取りが減ることにかわりはありませんが、保険・年金支払いの自己負担分に関しては減らすことができます。
    また、現在は20時間未満とのことなので、どちらの職場でも雇用保険に加入していませんよね。
    社保加入は雇用保険もセットなので、仕事ができない状況になった時のメリットは大きいですよ。

    いずれにしても、今は職場の規模的に社会保険加入要件を満たしていないので、130万円の壁超えは数年待ってから検討されてはいかがでしょう。
    130万円未満なら所得税は発生しますけど、そこまで「大きく引かれた」感はないと思いますよ。

    ユーザーID:5451307297

  • 130万を超える見込み

    130万を超える見込みはトータルで130万ではありません。

    130万÷12月=108,333円
    この金額を超える月があると130万を超える見込みとなるのです。
    判りやすい例が失業保険です。
    失業保険は日額3,611円を超えると社会保険の扶養になれないでしょ?

    >これらの職場から毎月、合算で9万〜11万円のお給料を得ています

    旦那さんが加入している健保組合によっても扶養の要件が違う事がありますが、
    協会けんぽだと、108,300円を超える月が3ケ月続くと扶養ではなくなります。
    まずは旦那さんの加入している健保組合の扶養の要件を確認しましょう。


    ダブルワークの場合、メインの仕事とそうじゃない仕事という形になると思いますが、
    メインじゃない仕事の方は乙欄控除と言って高い所得税で控除されます。
    確定申告すれば戻ってきますが、その分手取りは少なくなります。

    ユーザーID:2396962938

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 146万円

    トピ主さんの質問するは網羅的に考えるならばFPに相談した方が良いです。
    旦那さんの年収では所得税は10%程度とお見受けしました。復興所得税は細かいので無視して、住民税と合わせて20%。配偶者控除のマックスの節税額は7万円程度。
    手取り103万円と節税7万円合わせた110万円を出発点に手取りと節税の合計金額を増やすにはどれくらい年収が必要かということですよね?
    情報が限られていますが、お勤先が特定適用事業所であっても(来年から100人以上)トピ主さんの兼業の働き方では短時間労働者に当たらなそうなので国民健保・年金で考えてみます。
    すると年収130万円まではこれまで通り、被扶養者でいることが出来るので手取りは増えていきます(節税額も変わらない)。年収130万円を超えると一度、がくっと社会保険料支払いで手取りが落ちます。しかし年収146万円あたりで手取り+節税額は110万円まで戻るのでその後はどんどん増えていきます。年収130万円の時の手取り+節税額は132万円ですが、それと同額の手取り+節税額になる年収は179万円です。
    179万円以上稼ぐ自信があればそれを目指すのが良いでしょう、そうでなければ130万円までが良いかと。

    ユーザーID:8104236829

  • トピ主です。

    5名の方々からのレスを拝見いたしました。ありがとうございました。
    目からうろこのアドバイスばかりで、とても勉強になりました。
    ・・・と同時に、私の無知さにも気づかされました。お恥ずかしいです。

    夫の会社の扶養手当ですが、「家族手当」という呼び名で月2万円ありますが、これが妻の年収がどれくらいで消えてしまうのか、確認が必要です。

    住民税についても盲点でした。
    自治体のHPで確認したところ、年収100万円からかかるようです。

    ところで社保加入の要件についてよくよく調べたところ、3年半後にはこの要件が、現在の「501名以上」から「51名以上」に引き下げられるのですね。
    こうなるともう、手取りにばかり目を向けるのではなく社保加入のメリットを考えて、少しずつ前向きに仕事時間を増やしていこうと思いました。

    現在の1つの職場は前職での私の経験をもとにお誘いいただきました。
    時給がかなりアップしたことに心躍らせ、出来る限り恩返しのつもりでシフトに入っていましたが、このままでは年収130万円を余裕で超えてしまうので、今後のシフトについてきちんとお話しようと思います。

    やはりダブルワークで103万円におさめるのは至難の業ですし、「稼ぎたい・自分を活かしたい・家庭とのバランスをもちながら働いていたい」という本来の仕事へのスタンスを守りながら、出来る限り仕事をしようと思います。
    しばらくは年収130万円以内で。

    大人になっても日々、勉強ですね。ご回答くださった皆様、改めてありがとうございました。

    ユーザーID:0025518306

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 将来の年金に大きな違いが出ます

    専業主婦(扶養内パート含む)と
    フルタイム共働き(扶養を超えたパート含む)では
    将来の年金に大きな違いが出ます。

    共働き世帯では夫婦ともに老齢基礎年金・老齢厚生年金が受け取れるのに対し、専業主婦世帯では妻の分の老齢厚生年金がないのです。

    この差が世帯の年金で年間で100万以上あるそうです

    パートの方でも、年収106万円以上などの要件を満たせば、厚生年金を含む社会保険に加入できます。社会保険に入ると「保険料で手取りが減るのは困る」という声も聞かれますが、その分、将来の年金がすごい増えるので

    働けるなら、パートを増やした方がいいと思います

    詳しく知りたい場合、
    専業主婦、共働き、年金
    と入れてググったら、たくさん情報が出ますよ

    ユーザーID:7482422331

  • トピ主です。

    その後もレスを頂いておりました。誠にありがとうございます。
    職場との話し合いを行い、来年度のシフト調整を行いました。
    無事、年収130万円に収まることとなりそうです。

    レスをいただいて、
    将来の年金額に差が出ること・いざという時の助けになること
    ・・・など、いま見えている直近の状況だけではなく、数十年後も見据えた働き方をしなければ、と心に強く思いました。

    コロナ禍で長いことママ友や友人と語ることが無くなりました。聞きたくてもなかなか聞けないお金のことですし(ひいては配偶者の年収に関わることでもありますし)、この場所があって親切な方々からアドバイスをいただけて、本当に良かったです。

    控除や税金、年金などは複雑でややこしい制度ですし、注意しなければならないことなど、数か月後にはすっぽり忘れてしまいそうです。笑
    その時にはこちらに戻って、皆様のレスを読み返したいと思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:0025518306

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧