会議での発言力

レス19
(トピ主1
お気に入り28

キャリア・職場

はっとり

会議でうまく発言ができません。
自分がその議題について考えている間に、議論が進んでいったりで、なかなか口を挟めません。
また、反対意見が頭に浮かんできても、反対すると失礼だろうな、などと考えている間に、議論が進み、私がちょうど反対理由だと思っていることを、上手にやんわりと伝え、その意見が通ったりする同僚がいて、落ち込みます。
また会議中に、どんな議題であっても堂々と意見を述べる年下の同僚もいて、まあまあへこみます。
今から、どんなことをしていけばいいでしょうか。
ちなみに私はもう若くはありません。若いから発言できないとか、内容が分かっていないとかそういうわけではありません。

皆さんは、会議で意見を言うために、どのような努力をしていますか。
ちなみに、司会進行もうまくないので、コツを教えてもらえればうれしいです。

ユーザーID:0452868044

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
  • 存在感をだす

    私(64・男)が在職中、転勤族でしたけれど、どの職場でも会議の時は、

    「会議中 一言も発言しない者は 会議に出ている意味がない」

    どんなことでもいい。的外れな意見でもいい。会議だから上手に発言しようなどと思わないこと。

    私が在職していた職場は新入社員から幹部職員まで一同に会します。

    新入社員の意見ほど新鮮なものはない。ベテランさんには気がつかない意見が豊富なんです。

    「なるほど そういう考え方もあったんだね 長年勤めていると思考が固まってしまい 前例にとらわれやすいから 若い人の意見は貴重だよ」

    また私が在職していた職場では、

    「会議は 30分 資料は A4 または A3用紙 ワンペーパー これがベスト 会議 時間をかければいいというものではない 毎日朝礼がある職場なら 定期的な会議は不要」

    という方針でした。私、31年間で20回以上転勤。どこの職場でもこの方針でした。

    ユーザーID:6528193622

  • 本を読んで実践あるのみ

    ビジネス本や、自己啓発本を読まれたどうでしょうか。会議は一定のコツがありますが、世の中には成功法が書かれた本が沢山あります。
    特に、司会進行(ファシリテート)したいなら本の1冊や2冊は読んでおいた方が良いと思います。

    本を読み、ご自身でコツを学びましょう。ここで、本の中身だけ聞いても響かないでしょう。自分で努力してインプットし、実際の会議でアウトプットしましょう。

    例えるなら、自転車が乗れないが…ハンドルすら持つことをしてない状態に見えます。行動しましょう。

    ユーザーID:7602952638

  • 会議以前の日々の姿勢の問題だと思う

    ネット上で社内の話を事細かく語るわけにはいかないけどね。
    そもそもがどんな形態でどのように進行していくのかも分からないわけです。

    一言で会議といっても会社によって様態は様々だと思うから。
    議題の告知とかレジュメや資料が前日までに配られているのか、
    当日の朝なのか、会議開始なのかでも会議の形は全然違うだろう。

    そしてトピ主さんはその会議にどのような立場で臨むのかも不明だ。
    例えばさ、課内の会議では発言できても部長とか役員まで参加するようなもの
    ならば全然参加する役目が違っていることもままあるわけですよ。
    当然のように役員の前だと発言にビビるとかもあるでしょうから。

    日頃の働きから頼りにされているなら会議のメンバーだって意見を
    聞きたくなることだってあるだろう。
    そして日頃の成果が出せている人は自分の意見を会議でも言いやすくなる。
    だって多少なりの自信があるだろうから。

    そして感じるのがトピ主さんの当事者意識・感覚の低さではないだろうか。
    一昔前の映画じゃないけど
    『事件は会議室で起こっているんじゃない現場で起こっているんだ』という
    実際に担当する立場として挑める人は何かしらの発言をしていくよ。
    議会の野党じゃないんだから反対意見云々の話がいきなり出るのも不思議。
    会議に参加する前に自分なりに資料やレジュメを見て考えてきて臨むものだし、
    実働部隊のような当事者感覚があれば、『確認』や『質問』という形の発言が
    できるはず。それなりのノウハウの蓄積があるならあまりにも的外れな
    確認や質問にはならないはずでしょう。
    そういった反対意見以外に細かく内容を補充できるような発言をしていくことで
    会議内での立場も勝ち得ていくものではなかろうか。
    (当然のように日頃の働きがあって会議の面子も聞く耳を持ってもらうのだが)

    ユーザーID:8191736794

  • 反対意見と捉えずに

    相手の意見は1つの意見として こちらの意見も1つの意見なので

    同じ土俵なんですけど、相手が上司や先輩だから意見を言いづらいのだとしたら 練習していくしかないのでは?と思います

    皆、違う角度から考えてるわけなので 反対意見と捉える必要はないのでは。

    ユーザーID:6130511831

  • 意識的な努力はしていない

    「会議でうまく発言できない」という気持ちになったことがないので
    「意見を言うために」という努力はしていません。

    本音で話しやすいメンバーとの会議なら、
    好きなタイミングで、遠慮なく意見も反対意見も言います。
    そういうメンバー間での会議は、
    意見を出すことに意義があることが多いので。

    好きなタイミングでと書きましたが、
    他の人が意見を言っている最中にかぶせたりはしません。
    誰かがしゃべっていれば、それをしっかり聞き、
    話し終わってから自分の意見を言います。

    主さんのように「意見を言えない・・・」と思い悩んでいるわけではないので、
    別に、他の人が自分と同じ意見を先に言ってしまっても構いません。
    その場合は、他の人が言ってくれたのだし、自分の意見は言わないか、
    「私もそう思います」と同意するかのどちらかです。
    「私だって思ってたのに!取られた!」みたいな気持ちは沸きません。

    一方で、意見を出すことに意義を見出せない会議、
    参加者全員が、話し合って何か生み出そうとしていない、
    私の意見など必要としてないことが明白な会議では、
    「意見を言えない」のではなく、
    言うのが馬鹿らしいから言わない、ということはあります。

    ただし、そういう会議であっても、
    「それはあまりにもひどい、捨て置けない」いうことがあれば、
    ついつい口をはさんでしまうことも・・・。
    ただし、強い口調で切って捨てたりはしないので、
    これまでヤバいことになったことはありません。

    考えがない(考え中な)のに言うのは無理だから、そこは諦めて。
    意見があるときは、ごちゃごちゃ考えずに言えばいいんじゃないですか?
    年下が堂々と意見を言ってもヤバいことになってないのだから、
    意見を出すこと自体は大丈夫な職場であること確定だし、
    それでも気になるなら「上手にやんわり言う」同僚の言動を参考に、
    同じ雰囲気で言えばいいのでは?

    ユーザーID:9615527216

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 司会は

    先ほど、意見を言うのには困ってないと書きました。
    私は、そういう性格だからこそ、
    司会者ではなく、一参加者のほうが向いていると思います。

    というのも。

    もしかしたら、うちの職場の会議の内容が単純なだけかもしれないですが、
    私の場合、どんな議題であっても、
    割とすぐに何かしらかの意見を思いつくので、
    考えているうちに、議論が進んで・・・ということもないし。

    司会者が「意見はありませんか?」と投げかけているのに、
    誰も意見を出す人がいなくて困っている・・・
    そんな時、意見を出して場をつなぎ、
    司会者を助けることができるタイプなので。

    しかも、司会者ではなく、ただの参加者なら、
    何の気兼ねもなく自分の意見を言えますよね。
    自分の意見なんてただの一意見でしかないから。

    これが司会者となると、
    「意見ありませんか?」と振っているのに、
    誰も意見を出してくれない、なんてことが起きたり。

    自発的な意見が出ないなら、と指名しても、
    「特にありません」「わかりません」「考え中です」ばかりだったり、
    「何で私を指名するかな!」みたいな空気を出す人がいたり。

    皆が意見を出さないなら、
    (特に私みたいな人間は)自分の意見を言うことは簡単だけど、
    ただでさえみんなが意見を言わないような会議で
    司会者が自分の意見を言ってしまうと、
    会議の方向性を司会者が操作してそっちにもっていった
    みたいな感じになったり、
    司会者一人でしゃべってるよ・・・みたいな浮いた状態になったり。

    司会はできるけど、嫌いです。

    司会のコツは、常に議論の目的を念頭において議論を進行し、
    目的からそれたら、都度元に戻す。(その際、相手をきつく否定しない)
    意見が出ないときは、チャンクダウンしたり、指名したりする。
    自分の意見も言ってよいが、あくまでも中立で。
    最後に公平かつ端的にまとめる。
    まとめ、大事!

    ユーザーID:9615527216

  • 会議室に入る前に結論は出ている

    議題に対する下調べではないでしょうか?
    反対理由をやんわりも堂々と意見も下調べして対抗するのがいいのでは?

    会議室で考えたら遅いと思います。
    会議室に入る前に結論は出ているくらいじゃないと。

    あと、リベートコンテストを知ってますか?
    Aと言う議題の賛成にまわったり、反対に回ったりを競うのです。

    今までは賛成が、反対意見も言う。
    総合的な意見の内容で勝ち負けを競います。

    勝つ為には下調べとシュミレーションですね。
    会議室に入る前に結論がすでに出ていることが重要です。

    司会は、15分前に会議室で、既に決まっている事をホワイトボードに書く。条件等書ける事をホワイトボードに書いておいて、空欄を埋める形のホワイトボードにしておく。

    司会者の書く手間を考える時間に当てれるし、司会者も議論に参加できる。

    ユーザーID:8276782017

  • 会議は決める場

    議論はします。

    でも考える場ではない。

    議題や論点は事前に配布し事前に考えておくもの。

    会議のやり方がそもそも間違っている。

    ユーザーID:4599995489

  • カッコいい反対意見を言いたい、でも上司の顔色も気になる

    トピ主さんが発言できない原因は、端的にいえば「見栄と保身」ではないでしょうか?
    >反対意見が頭に浮かんできても、反対すると失礼だろうな、などと考えている間に、議論が進み、私がちょうど反対理由だと思っていることを、上手にやんわりと伝え、その意見が通ったりする同僚がいて、落ち込みます。
    ↑これです。トピ主さんは、会議で反対意見を言うことばかり意識していませんか。賛成意見も意見なのに、なぜあえて反対意見を考えたり、反対意見が言える同僚ばかり着目するのでしょうか。それは、上司や同僚が感心するような反対意見を言えば評価される、反対意見を言えたらカッコいいと心のどこかで思っていませんか。
    一方で、反対意見を言ったら上司に失礼かと気にしている。そもそも会議ですから、会議の発言のルールを守り、言葉遣いが悪くなければ反対意見も「失礼」にはならないはずなのに。要するにトピ主さんは、上司の機嫌を損ねないよう自己保身を図りつつ、カッコいい反対意見を言いたいのではありませんか。
    しかも、同僚が自分と同じ意見を先に上手く発言したら落ち込むと。不思議ですね。会議の目的は、意見を出しあってより良い仕事をするためですから、自分が言えない事を上手く言えた人がいたら、良かったと思うはずです。落ち込むというのは、自分の出番や手柄が無くなったような気がするからではありませんか。
    会議では、賛成意見も大事な意見です。自分が思っていた事を同僚が先に言ったら、すぐに賛成の意思表示をすれば良いではありませんか。「私も同意見です」と。また、最初の発案に初めから賛成ならそれでも良いのです。私は賛成だとしっかり意思表示して、さらに賛成する理由を言えたら上出来です。 
    会議とは、仕事のために意見を出し合う場です。会社や仕事のために何が最善かを考える場です。良い意見を上手に話して、上司や同僚に認めてもらう場ではありません。

    ユーザーID:7068330412

  • なんでもそうですけど、、、

    こういうのって「声が大きい人」が有利なんですよ。

    会議だから進行途中でも話の間に割って入らなければ
    なりませんよね。進行者が一息ついて発言する一瞬があっても、
    黙っていたら他の人に持って行かれます。

    まずは「あっ!」でも良いので「大きい声」を出すことでしょうね。
    その際に手を挙げても良いと思います。

    声が大きいということでその場は止まるし「あの人、何か言おうと
    している」と周りも思います。

    賛成意見なんて求められてもいない場面なら発言する必要も
    ないんですが、反対意見やら進行者に補足説明を求める場合、
    何が何でも止めなければなりません。そのためにはまず
    「自分に注目させ」なければなりません。

    正面切って反対意見を述べるんだからコソコソとヤジのような
    小声で言っても仕方ないですもんね。堂々と述べてこその
    反対意見なわけです。声の大きさ、手を挙げる、、など
    「割込み」を意識してやらないといつまで経っても発言出来ない
    ですよ。

    反対意見を言うだけじゃなく、議題が間違った方向に進むのを阻止
    するような場合でも、ひとまずはその考えに理解を示すフリをしつつ、
    自分の意見を「提案」みたいに言うのも一つの手でしょうね。
    「それもいいんだけど、こっちの方がよくない?」という感じで。
    それでもダメならハッキリを「ダメだし意見」を言う、、、ですかね。

    ユーザーID:0858403078

  • 会議より日常が大事なんです

    会議の主旨は「周知」です。意見を戦わせるような趣きがあってもそうではなく、目標となる終結はあった上で疑問点を解説し、微調整し粛々と進むもの。なので反論は無いに越したことがない。誰だって速やかに終わって欲しい。
    うちの職場はそんな感じです。

    なので会議の内容に意見を出せる人は「事前準備し内容について相当な吟味を重ね」「根回し済み」という周到な人だけです。じゃないとただの空気読めない人ですから。
    主さんの場合も「私も同じ事を思っていた」のですから、その方は内容を吟味済みだったんですよ。だから意見を出せたんです。あとは勇気だけですから。
    逆にもしその場で思いついた事がそのまま通ったなら究極の才能なので真似なんてできません。

    なので、その場で考えるのは土台無理、日常に疑問を持ち、それについて改善案を考え、雑談の中で周りを巻き込み、脳内引き出しに更新をかけ続ける。
    昇格する人は必ずやってます。頑張ってください。

    ユーザーID:7773003093

  • あの北野たけしさんがお正月休みに。そしてヘレン・ケラーも。

    私自身、大学でコミュニケーション学を専攻していました。卒業後通訳と翻訳、大学講師、今は学習塾を経営。大きな国際会議や大学の大教室で「話す」ことが私の仕事ですした。
    「発言できない。」「スピーチが苦手」という方もお教えしてきました。私のおすすめは音読です。
     ご自宅にある本でいいです。お好きな作品を声に出して読む、これを毎日10分、行って見てください。私が最近自分の書庫で見つけて繰り返し読んでいるのは、ヘレン・ケラーのスピーチ原稿です。彼女は声が出なかったので、秘書の方が檀にいっしょに立ち、代読されたそうな。話せる、って素晴らしい!うれしい!言葉力や教養って大切!という彼女のほとばしる情熱が伝わって、耳や口や目が正常に作用する自分自身の機能、ありがたいなー、とじーんとなります。毎回。ヘレン・ケラーの自伝を購入されて、おうちで「音読」されるのもいいかも。目・耳・口がそろっている、それだけでもありがたく、ハッピー感が増すかもしれないですね。

     さてタイトルの北野たけしさんです。これはテレビのトーク番組でお弟子さんの知人という方がおっしゃっておられましたが、なんと、お正月休みに北野さんのオフィスをたずねたところ、「師匠、小学生の国語ドリルを解いていた!」のだそう。
     基礎ってとても役に立つ。北野さん、ご存知で実践してらしたのですね。あの「立板に水」なトーク力はこんな地味な努力で出来ていた。
    トピ様お悩みの「会議での発言力」にはいろいろな要素が関係します。1心理的・感情的なもの。2国語力を含む知力。
     2が私の専門なので少しシェアいたしました。良い作品の「音読」、おすすめです。私自身、授業でなめらかに発話するためにひとりの時間はかなり音読します。1に大きな問題がある場合、臨床心理士さんと少しお話しするといいですよー。喉から声が出やすくなります。

     楽しい会議を。 

    ユーザーID:7075789271

  • 無理に発言しなくてもよい

    必ず発言しないといけない会議でなければ、発言で墓穴を掘るよりはよろしいかと思います。
    上手く伝えることが苦手なら、積極的に発言せず、自分もいいと思ったことについて賛同する姿勢を見せるだけでもよろしいかと思います。



    司会についてですが、参加している会議で模範となる司会を参考にしたらよろしいかと思います。
    司会の進め方、話すスピード、間の取り方、まとめ方を意識して見ればわかるかと思います。

    ユーザーID:8999923999

  • 多分、後付け。

    それ俺も考えてたのに〜。それ言いたかった〜。

    全部後付けです。
    そう思うことで、自分もできないわけじゃないと思いたいだけだと思います。

    お手本はあなたの目の前にたくさんあるのに、それを取入れられないのに、ここでコツを聞いても意味はないです。

    コツは実践して、できない場合に聞きましょう。

    あなたの目指すところは、とにかく、その会議で一回発言する、それだけです。なんでもいいんですよ、最初は。

    後輩がいい事を言ったら、ああ、それいいですね、でもいいんです。

    頭であれこれ考えていても行動しない人にはできません。また、一遍にできるようにもなりません。

    まずは勇気をもって一言を目指しましょう。

    ユーザーID:9393343091

  • 責任感を持つ

    社内なので、権限は様々だと思いますから、責任をもつ、というよりは、自分の仕事に責任感を持つ事だと思います。
    こう言ってもどうせこうなるだろうなあ、とか、こうなって失敗したら嫌だなあとか、そんなの思ってたら、意見なんて言えませんよ。
    でも、自分自身に責任感を持てば、意見を言うときも、しっかりフォローの方法なども考えて提案しておけます。
    そのために、会議で承認をもらうのでしょう?自分だけの責任ではなく、皆と共に意見も責任も分かち合うために会議はあるんですよ。

    ユーザーID:2392352361

  • 慣れ、かな

    下準備は勿論、発表すること自体に慣れることですかね。数重ねれば大丈夫ですよ。大学で練習しませんでしたか?まずは小さなグループで慣れていかないと、大きな場では緊張して頭が真っ白になりますね。国際会議で発表の時、そんな感じでした。

    その後国際会議で議事長になってしまい、こりゃ参ったな、と思ったのですが、今までの経験があったおかげで何とかなりました。勿論参加者の協力もあり、会議は大盛況・大成功。やはり日々の努力の賜物なんです。

    何かを始めていきなり上手くなる人なんていません。練習あるのみです!家族や友達と理性的な話し合いとかしません?まずはそこからかな。

    ユーザーID:2306753462

  • トピ主です

    アドバイスやご経験談などをありがとうございました。
    会議は30人弱くらいで、挙手制です。
    ご意見をいただいて、いくつか思い当たる点もありました。
    まず日ごろから会議の案件になることについてあまり考えていない、ということは思い当たります。良く意見を言う同僚などは、多分、色々と私より考えているのでしょうね。
    反対意見についてですが、会議は意見を出す場なので反対意見と捉えない、と書いてくださっていたことには納得しました。
    会議での発言力を高めるために、どうすればよいか、何か具体的な努力をされたことがあれば教えて欲しいです。
    最近は、自分の言いたいことや、人の言ったこと「まとめる力」をつけると良いのかな、という気がしてきています。

    ユーザーID:0452868044

  • トピレス1を読みました

    2回目ですが、言っていることが本末転倒なんだよ。
    トピ主さんは手段と目的を勘違いしています。

    そのことが分からないままで小手先の工夫とか技術を聞いても無駄ですよ。

    そもそも論を答えてほしい。
    なぜ会議は開催されているのでしょうか。
    そして個々の会議は何のために開かれているのでしょうか?

    それこそが目的であって、その目的を共有して意思決定を目指すのが会議だ。
    でもね、トピ主さんがこのトピで相談しているのは違うんだ。
    目的を目指すための会議なのに、その会議で発言することを目指している。

    その思考の仕方でいるうちはトピ主さんが望むのは無理だと思う。

    >まず日ごろから会議の案件になることについてあまり考えていない、
    >ということは思い当たります。
    >良く意見を言う同僚などは、多分、色々と私より考えているのでしょうね。

    この捉え方がそもそも間違いだ。
    会議に参加するなら『しなきゃいけない義務』だと言っても良い。
    何で自分を棚に上げて他人事のように言っているの?

    そんな姿勢だから何にも言えないだけだ。

    当事者意識を持って、自分の立場や役割から案件に対して
    日頃から自分なりに考えることが何よりも前提条件なんだよ。

    それなのに
    >会議での発言力を高めるために、どうすればよいか、
    >何か具体的な努力をされたことがあれば教えて欲しいです。

    だから日頃の働きで当事者意識を持って、自分の役目・役割・業務などに
    責任を持って自分の立場で案件を見つめたときに何を感じるかだろ?

    会議と言うのはそれぞれが異なる立場・役割の人が集まる場です。
    経営陣・管理職・実務責任者・実務担当でも違う。
    経理とか企画とか営業とか事務とかの役割でも案件の見え方は違う。

    だから日頃のあなたの業務担当から会議の案件に対して
    どれだけ当事者意識を持って考えられるかなんだ。
    小手先の手段なんてないんだよ。

    ユーザーID:8191736794

  • まず意見を持たないと始まらないかな

    思いつく限りの疑問をノートにまとめたら、いつも手の届くところに置き、答えを考える練習をするのはどうですか?私は以下のことをして記録してます。

    ディベートの練習。考えた改善策がなぜ便利なのか10ぐらい理由を出して、その10の説明への反論を10プラス1捻り出す。

    今上手くいってる事を完全否定する練習。

    三手読みの練習。

    私は会議では中間の立場です。誰かが意見を出すと上司から質問をされたり、意見を出してきた人に上司の代わりに疑問点を投げかけたり、上下に説明や補足をしたりなので、会議後は全力疾走並みに疲れます。
    主さん、頑張ってくださいね。

    ユーザーID:7773003093

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧