• ホーム
  • 話題
  • 退職までに1億円貯まりそうです、まだ働くべきか

退職までに1億円貯まりそうです、まだ働くべきか

レス53
(トピ主1
お気に入り214

生活・身近な話題

りこ

50代夫婦。あと数年で主人も定年ですが
退職金も入れると、なんとか貯金1億円貯まりそうです。
(退職金の額は、今退職しても、この金額はもらえるそうです。)
もちろん、この額では、旅行し放題、好きな事し放題ではない事は
重々承知しています。
これからも、今までの節約生活は続けていくつもりです。
私は長年働いてきましたが、今は内職で月1万円しか稼いでおりません。
もう働くのはこりごりですが、今後を考えると焦りもあります。
子供はおらず、自宅は持ち家、ローンもありません。
特に、もう既に退職なさってる方のご意見をいただけたら幸いです。

ユーザーID:1075790843

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数53

レスする
  • 大丈夫ではないかと

    50代後半女性です。
    私は退職した訳ではないのですが、持病のためだんだん仕事を少なくし、今は月に一万行かないくらいですので、退職した方と似ていると言えなくもありません。

    先のことを考えるにあたって、年金の額がとても大事だと思います。

    預金一億円がお給料から貯められたものなら、収入もかなりおありなのだと推察します。

    それなら、年金もそれなりに期待出来ますよね。

    お子さんがおられない、ということは、
    経済的に不確定要素が少ないと言えると思います。

    大きな出費は家のリフォームと、将来入居する施設の費用とかですかね。

    健康状態によっても話は随分変わってきますが、預金が一億近くあり、年金もそこそこ、ということなら、大丈夫じゃないでしょうか?

    ちなみに我が家はトピ主さんよりやや少なめの預金で、その上まだもう1年息子
    の学費、生活費が要ります。このご時世だから、就職できる保証もありません。
    仮に就職しても、月々数万円は援助してやらないといけないかな、と思っています。

    ユーザーID:5133296015

  • トピ主家の家計にもよる

    毎月いくらかかるとか、年間の支出がいくらとか
    老後年金は何歳からおおよそ幾らとか
    そういう事をひとつづつ検証して、間に合うのかどうかを判断しなきゃならないと思います。
    老後2000万とか3000万とかも耳にしますが
    毎月の食費が20万円も30万円もかかるおうちだってありますからね。

    で、1億円、我が家ならそれで大丈夫です。

    今現在夫は退職後の再就職で、年収は三分の一に減りました。
    あと2年は働くらしいです
    その後は年金のみですが、たぶん6000万円くらいの貯金で十分と試算しましたので、息子夫婦への住宅資金援助を決めたところです。

    ユーザーID:0448993529

  • 働いた方が良いけど、ストレスは良くない

    退職して9年目の海外小町です。

    トピ主さんご夫婦はお金に関する考え方がとても堅実で、きっちりしていると思うので、退職までに1億円の資産を貯められれば、退職後、年金を貰いながら、今より少しサイズダウンした生活ができると思います。節約が身についた人は、無駄遣いや浪費も性格的に無理ですし。

    で、働いた方が良いかどうかですが、私は「身体のためにはジムにお金を払って通うよりは、働いた方が良い。ただし、働くことでストレスが心身にかかるなら、働かない方がまし」だと思います。
    トピ主さんは「もう働くのはこりごり」とおっしゃっているので、無理して退職後も働く必要はないと思う。ただし身体と頭を動かすことは必要なので、ボランティアとか、ガーデニングとか、家事を今まで以上に丁寧にやる、などはした方が良いのでは、と思います。

    ちなみに私は、頭はデイトレをやっているし、海外暮らしなのでなんでも自分で考えねばならないから、まあ今の所、はっきりしてます。身体は持病があるので一病息災、良く歩き、薄味の粗食、甘いものはほとんど取らず、ま、酒は止められないですが、タバコは吸わないし、今のところ良好です。

    1億円の資産を作るのは、並大抵のことではありません。意志と抑制が必須ですから、良くがんばられたなあ、と思います。あ、私も同じくらいの資産を自分一人で作りました。ご同輩ですね。

    ユーザーID:1027936312

  • 穏やかに

    節約続けるわけだし問題ないのでは。
    穏やかに過ごせるんですよね?

    夫婦でぎくしゃくするようなら考えものですけど。

    ユーザーID:8174767517

  • 夫婦で2億で考えている

    うちには子供がいることもありますが、そこそこ生活できるためには、夫婦で2億は必要かなと思っています。

    子供は無、ローンなし、夫婦ともに特に健康や歯科に問題なし、これからも節約を続ける、なら1億でもなんとかなりそうだと思いますが、50代と言うことは 後30年は生きることは考えた上で、計算した方がいいですよね。1億をさらに、株などで増やしながらだったら定年してもなんとかなりそうだと思います。

    ユーザーID:6893952035

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 質素なうちなら

    うちみたく質素なら十分だけど小町のリッチ層は全然足りないって思うかも。うちは車なし(チャリ移動で十分)旅行しない 高価なものに価値を感じない いわゆる食通グルメではない 肉嫌い 穀物大豆があれば満足 ・・・いいなぁ、1億円

    ユーザーID:7807831425

  • 自分達で決めること

    答えは無い問いですから、すぐに結論出す必要は無いですし夫婦で少しずつすり合わせていけばいいですよね。

    あまりに意見や価値観が違うと、財産分与して離婚とか卒婚とか、いろいろな手段があるので、無理は禁物です。

    うちもアラフィフで、現時点でも夫婦合わせたら一億超えますが、子ども二人がこれから教育費がかかりますから二人とも働かない選択肢を選べません。
    夫の方が仕事に体する情熱が無いので、早期退職して専業主夫になってくれたら助かるのですが、それは嫌みたいです。
    仕事は好きじゃない、でも、仕事をしていない自分はもっと好きじゃないということのようです。

    ユーザーID:0657838181

  • 足りないのでは?

    現在50代で数年で定年を迎える。
    仮に55歳で計算しましょう。
    かなり質素に暮らしたとして夫婦で月に35万とします。
    夫婦で90歳まで健康に生きたとして、5000万弱くらい足らない気がします。
    これはなにもなかったことを想定するプランです。
    これでどちらかがホームとかにはいったり、介護や難しい病気などになったとしたらもっとかかります。
    月に35万は多いと感じるかもしれませんが、諸々発生するだろうことも含めて月換算すればなんだかんだでそんなものです。
    消費税も上がるだろうし、コロナ復興税なるものも考えられているようですし、いま自力で出来ていることができなくなる、外注の必要性が出てくることも多々あるでしょう。
    昔は軽々出来ていた物の移動も人に頼まないといけなくなったり。私の周りのご老人も、昔は自分たちでごみ処理場に粗大ゴミを持ち込みしていたけれどいまは無理になって引き取りなどを外注しています。
    そう考えると単純に生活費だけではありません。

    私なら一億では無理だと思うし、怖くて仕事は辞められません。
    しかしながら、最終的には生活保護などもありますし、トピ主さん夫婦が辞めたいと思うならそれもいいと思います。
    その分、空いた枠はより若い世代に渡りますから。それはそれで大切なことです。

    ユーザーID:4029895974

  • 退職でなく失業中

    57歳、独身子なし、女性、一人暮らしです。
    コロナの影響で失業しました。
    今はアルバイトをしながら、フルタイムの仕事を探して就活中です。

    自宅マンションは所有・ローンなし(家以外のローンも無し)、資産はトピ主家の一人分より何割か多めにありますが、私には働かないという選択肢はありません。
    蓄えに手を付けるのはせめて65歳を過ぎてからできれば70歳までは月々の収入だけで生活費をまかないたいと思ってます。

    ユーザーID:5258616532

  • つつましく暮らせば可能

    同年代です。
    55歳として、あと30年生きると仮定します。
    ざっくり10年で3300万、1年で330万。
    これに年金がもらえますね。

    地道に暮らせばやっていけそうですね。
    持ち家は、いずれ修繕の必要が出てくるので、予算建てが必要。
    年を取れば取るほど、病院などでお金が出ていきますから、
    その分の余裕は持っておいた方がいいと思います。

    トピ主さん夫婦のご両親は健在ですか?
    うちはそろそろ介護が始まって、こちらからも多少の持ち出しがありそうです。
    ちょっと想定外だったので、軌道修正を考えているところです。

    ユーザーID:4348586747

  • 生活レベル次第なんでしょうね。

    うちも似ていますが、、金融資産で一億とローンのない持ち家、夫婦二人で50代半ば。来年夫は早期退職します。

    とにかく細かく試算することをお勧めします。
    私は一年家計簿をつけて、今の暮らしでどれだけ生活費がかかっているか調べました。うちの場合は月平均30万使ってました。
    あと、そこに足すべき将来の経費(95歳まで)をあらいだして。
    家のリフォーム、家電買い替え、冠婚葬祭、医療介護費、ゆとり(旅行代)などなど引いてみましたが、うちの場合は貯金と年金で今の生活レベルを維持してまだ余裕がありそうでした。
    自宅は売りやすい場所にあるので、最終的にはリバースモーゲージという手もあり。
    試算の結果、すごく気持ち的に楽になりました。おすすめします。

    ユーザーID:6523974479

  • バイトくらいはした方が

    借金が無く、投資している1億があって、毎年5〜6%ずつ使うなら年500〜600万です。ちょっと足りないというか心細くないですか?二人で施設に入ったら足りなくなるような。

    50代なら先もまだ長いし、完全にリタイアせずに週に二、三日くらいは外で働いてもストレスはたまらないし、より週末を楽しめると思います。内職より外に出た方が心身に良いかと。

    私たち夫婦はアラフィフで、子ども2人は大学3年と4年です。純粋に自分達の老後にかけられる資産は二人で3億くらい(現時点で)。夫婦共に定年がないのでまだまだ稼いで、もっとガッツリ投資に回したい、遊びたいです。

    ユーザーID:2630665366

  • そんなに不安ですか?

    持家があって1億の金融資産があって年金もおそらく標準世帯よりは多くもらえるのでしょう。それで生きていけないなら他の大多数の老人たちはどうなってしまうのでしょう。

    どういった暮らしをするかにもよりますが、持家なら大人二人の基礎生活費は月に20万円あれば十分です。追加で趣味や旅行に月10万円つかってもおそらくトピ主さん世帯なら年金受給額以内に収まりませんか?

    コロナ前の我が家の家計簿をみると、海外旅行1回、国内旅行2回で80万円程度で収まっています。まだ働いているのでお金がかかる時期の旅行ですがその程度です。リタイア後の自由な時に行けるならもっと安くすませられるし回数も増やせそうです。

    外食だって何万円もするディナーで高いワインをあけるようなことを望んでるならお金はいくらあっても足りないでしょうが、昼時なら数千円だせば十分満足できるものを食べられます。

    一度老後セミナーに参加したりFPに相談してみてはどうでしょう。おそらくトピ主さん世帯は生活のためにアクセク働く必要はないという結果になると思います。
    望むなら働いても良いのですがストレスがあるならやめておきましょう。老後は健康が一番重要です。

    ユーザーID:9644787045

  • 生活レベルによります。

    どういった生活がしたいか、によって生活費は違ってきますからね。
    海外旅行三昧、豪勢な外食三昧、宝石貴金属等高額な買い物三昧がしたいのなら、10億あっても足らないかもしれません。
    逆に外出も外食もしない、買い物は生活に必要な最低限のものだけ、それも質素倹約して、であれば1億もいらないかと。
    まあ、生きる年数も関係しますが。
    私はあと数年後にリタイアを考えている現役組ですが(独身子なし)普段の生活が非常に地味で質素で、物欲もなく外出もしないで部屋で過すのが大好きで、あまり生活にお金がかからないので、今の生活レベルを維持したとしても(夫婦ふたりで1億ならひとりなら5千万円ですね)そんなにいらないです。
    持ってても使い切れずに死ぬと思います。
    大病や災害に見舞われなければ、ですが。

    ユーザーID:5071386593

  • 老後をどう過ごすかで

    決まる気がします。
     (夫婦二人とも今の生活を続ける場合)
    どちらかがどちらかを看取った後どうするかですが、介護付き有料老人ホームに入居するにしても今1億円あれば大丈夫だと思います。
     (老後夫婦二人で介護付き有料老人ホームに入居を考えている場合)
    1億円ではとても足りません。最低でも1億5千万円は必要だと思います。

    ユーザーID:5362152706

  • 退職後は悠々と

    退職後に夫婦二人で贅沢三昧はせず悠々と暮らせばいいと思います。
    それだけ貯蓄できる収入なら年金もそれなりに貰えるでしょうし。
    今退職しても退職金が一緒としても、退職まで現役でもらえる収入は額も大きいしのちのちのために必要と思いますよ。

    うちはトピ主さんとは全然逆の方なのでずっと働かねばなりませんが、職場にパートで来ている男性(隣の市から)がそんな感じです。

    パートではありますが、退職後に自然豊かな環境の良い地域に移住、ボランティアをメインにして、収入には困っていないので仕事(小遣い程度)はその余暇でする感じのようです。
    車は複数持ちでたまに高級外車に乗って来ています・・・。

    正直仕事しなくていいのでは?うらやましいと思いますよ。

    それでも金銭的に心配なら小遣い態度に社会で働けばいいのではないでしょうか。

    よく生涯賃金は約2億強と言われていますが、その半分を持っていれば人生約100年・残り50年として実質生涯賃金分(手取りを考えて税金やら生活費やら半分くらいは差し引かれますよね)を持っているに等しいのではないでしょうか。

    うちの夫が「宝くじ3億円当たったら自分も含め仕事はしなくていい」とよく言います。
    「え〜」と言うと、「生涯賃金より多いから大丈夫」との答えです。
    まぁ気が大きくなって散財してしくじるタイプの考えですが、宝くじは買わないので実際は定年まで働きますけどね。

    ユーザーID:6340382207

  • 退屈が一番のリスク

    同年代です。
    私も金融資産で1億を昨年超えたことに気がつきました。
    まだ現役ですから退職金は含みません。やはり気持ちに余裕が生まれます。
    相続した古い家を賃貸に出してますので、引退後は家賃収入と年金で回せるので、家の建て替えなど費用以外は、あまり資産の目減りがしないような気がしています。

    しかし仕事を辞めてしまうのは、躊躇するなと考えています。
    元々、趣味があまりなく、映画を見るくらいしかありませんし、
    社会から距離を置くことにはなるはずなので、退屈な時間が増えれば
    一番の老化要因かと思っています。

    ですので別に働きたいわけじゃないけど、仕事は65歳までは続けていくしかないと思っています。

    ユーザーID:6042276925

  • お金が足りているなら

    人間、50代で亡くなる人もいます。
    倒れて自由には動けなくなる人もいます。
    そうでなくても、今後はどんどん衰えていく。

    元気に動き回れ、食事も美味しく食べられるうちに
    人生の後半戦を始めてもいいのでは?

    ただ、退職後の生活について道筋をつけておいた方が良いと思います。
    「豪華客船で世界一周」とかいう夢想の話ではなく
    日々の生活をどう送るか、です。

    70代以降の知人などは
    「もう体力気力も少ないから、旅行も人付き合いも疲れるだけ。
    物欲も食欲ももう失せた。
    一日中家にこもってテレビばかり見ている生活は若い人には退屈そうに見えるんでしょうけど、私にとってはこれが幸せなの」
    と言っていましたが

    50代だと「やる事がない・誰からも必要とされない日々が死ぬ日まで続く」という状況は耐えがたくないですか?

    パートに切り替えるとか、地域の役員やボランティア、本気で打ち込む趣味を始めてみるとか、なにか道筋を決めてからお辞めになるのがいいと思います。

    ユーザーID:2504299057

  • 堅実な人は

    トピ主さんみたいに堅実に貯めた方はいくらあっても退職後にお金が減るだけの生活にストレスを感じますよ。

    私からの提案は働けるうちは働いた方がいいです。ただしその仕事が精神的体力的に疲弊するようなら違う働き方を考えます。

    アーリーリタイヤした私の知人は1億を元手に配当金と投資で生活を賄っています。元手は減らないので老後の不安もないそうです。

    ユーザーID:5941358013

  • 私はリタイヤした

    私はリタイヤしました。楽しくやってます。
    お金は使わないので、まあ生きていけるだろうという額が貯まったので。

    一番の問題は、トピ主の焦り、でしょう。
    焦り、とは何でしょうか?
    そんな気持ちになるぐらいなら何かしらバイトでもした方が良いのでは?

    ユーザーID:4307935298

  • 夫婦で? 一人で?

    50代後半、会社員女性です。
    夫婦ででしたら貯蓄で約1億あります。

    先日、いわゆる退職本を読み、年金が満額出る年までの生活費にいくら、年金生活後の不足分補填にいくらで計算してみました。生活費は家計簿から算出し、年金額から健康保険料も算入しました。

    結果は、90まで生きるとしたら「高級老人ホームは入れない」でガックリしました(自宅を売却すれば可能ですが)。

    今どき、入院してもなかなか死なせてもらえませんし、服、食べ物、旅行。多少の縮小は可能ですが、今の生活をいきなり変えることは無理なので、今日もコロナの中出勤します。諦めがつきました。
    トピ主さんにも一度試算されることをお勧めします。

    安心できるのは夫婦で2億。最低限、あとプラス3000万円。
    他の方のご意見とも一致してるので、これが実感値と納得しています。

    ユーザーID:1928583506

  • 趣味は?

    うちの父の趣味といったらお酒と食べる事ですので
    退職後母と二人で週3位の再雇用を勧めました。
    じゃないとずっと家でぼ〜っとして暴飲暴食して体壊しそうだったので。
    トピ主さんご夫婦になにか日常から楽しめる、
    生きがいになる趣味があるなら別に働く必要はないかもしれませんね。

    年400万、10年で4000万として85歳まで生きるならちょうど1億。
    年金もあるでしょうから経済的には働かなくてもなんとかなりそうですね。
    将来高齢者ホームに入る等のご希望があるならもうちょっとあった方がいいかも。

    ユーザーID:1707172505

  • 年金はいくら?

    貯蓄額ではなく月々の収入、年金とか投資などからいくら入ってくるかが鍵だと思います。いくら貯蓄があっても月々引き出しの生活は精神的にきついものがありますよ。

    あと、ご自宅を売却し家の修理修繕固定資産税が低くて済むマンション生活を始めるのもいいかもしれませんね。都心を離れると広くて安いマンションがあります。戸建ての維持費、修理費用は屋根や家の塗装だけ3−400万円はかかりますからね。だいたい20年が戸建ての修理の目安らしいです。

    あと、自宅を売却して田舎住まいという考えもありますね。家はただ同然、畑で家庭での消費野菜くらいは収穫できるなど。毎朝、起きたらすぐに畑にでる、、このような生活は長生きの元。でも、この田舎暮らしも若いうちはいいのですが年を取ると病気もするし介護も必要になってくるので移住先を慎重に選んだほうがいいですね。田舎、しかしある程度の都会がいいのでしょうね。

    ユーザーID:4324913249

  • 何が心配なのですか

    年金がもらえるようにり年金内で生活できるのなら、約10年間くらいの生活費を貯蓄から出すということになりますね。
    年間生活費が分かっているなら年金生活に入るまでにどれくらい貯蓄が減るか計算できるでしょう。何が心配なのでしょうか。
    家賃がなければ300万で生活できるでしょうから、3000万+α。車とかリフォームとか1000万くらい?年金生活に入るときに6000万なら大丈夫だと思いますが。
    ただ有り余る時間をどうするかは、生活が落ち着いたらかなり問題になると思いますよ。一年どころか数か月で引退生活はあきあきするでしょう。趣味でもあれば別ですがそれにも費用がかかってきますね。
    私は金額的には大丈夫だとしても、貯蓄が半分程度に目減りしていくのに耐えられないかも。使うために貯めたのにね。

    ユーザーID:9289861683

  • 退職はOKだが、人とつながる機会をどうやって持つか

    私はアラフォー女性ですが、トピ主さんのライフプランを検討すると。
    仮に55歳とし、60歳が定年、定年延長しても65歳が定年の
    企業にお勤めかと推測します。夫婦二人で、節約とはいっても
    それなりにお金は使っていると思いますので、年間で社会保険料等を
    含めて500万円出費するとしても、10年後に5000万円のこっています。
    だから退職してもお金の面ではあまり心配いらないと思います。

    ただ、早期退職することの問題点は、金銭面の話だけではなく
    人とのつながりをもてなくなることが、非常に大きいです。
    人とのつながりがなくなったことが影響して、将来的に
    健康を大きく損なうことがありますので、働かないにしても
    ボランティアをするとか、人やコミュニティとのつながりを
    継続して持てることは非常に大切だと思います。
    お子さんもいらっしゃらないので、余計にそうです。

    ずっと会社員で、組織に守られていた人が、退職してから
    個人としてボランティアをはじめるほうがハードルが
    高いかもしれません。だからパートで一日数時間、週数回など
    働くのもありかと思います。これはすぐに理想的な仕事に
    巡り合えることはないでしょうから、短いスパンで
    転職しつつ、いつか安心して働ける場所が見つかればいいね
    といった感じになると思います。

    一度きりの人生ですから、後悔のない選択を、と思います。

    ユーザーID:6997990611

  • 自宅のリフォーム、老人ホーム、年金制度が心配

    我が家も二人併せて資産は1億行っていると思いますが、働いています。
    まだ正確に試算していないですが、
    二人で2億くらいないと安心はできない印象です。
    家のリフォームと老人ホームのお金が一番大きな支出かと思います。
    また、年金制度も信用しきれていませんし、デフォルトや物価上昇によるリスクもあります。

    私はまだ50代前半で自営なので体の続く限り働こうと思いますが、
    60歳になった夫が、最近リタイヤリタイヤと連呼してきて、
    せめて65できれば70歳くらいまでは週3日でもいいから働きなさいと一喝しました。
    何もしないと認知症になるのが心配じゃないですか?

    もう働きたくないのなら趣味でもやってのんびりがいいかもしれないですが
    心身ともに健康なら、認知症にならない程度に働いたほうが
    若くいられると思います。

    ユーザーID:3417703701

  • とぴ主です、皆様ありがとうございました

    どの方の回答も、うなずける事ばかりで、大変参考になりました。
    ありがとうございました。
    足りないとおっしゃる方も、多分大丈夫とおっしゃる方も、それぞれに
    納得でき、これからどうやって生きていくか、によるんですよね。
    まずは、今どれくらいで生活しているのか、細かく確認してみます。

    ユーザーID:1075790843

  • 年金額にもよるかな。

    >この額では、旅行し放題、好きな事し放題ではない事は
    重々承知しています。

    夫婦で旅行三昧をやりたいんでしょう。これが海外で夫婦となれば1回に格安ツアーでヨーロッパでも小遣い抜きでも一人25万円位はします。海外三昧には無理かな。

    家も定期的に修繕費は必ず必要になります。

    貴女方の将来の年金額にもよります。
    毎月年金のみで賄えるかどうかです。
    それより完全支給されるまでのつなぎ生活費数年間は貯金から出すことになります。

    1億円あっても目減りするばかりです。
    50代ならまださほど心配でもないと思うけど、還暦超えたら普通には病院通いをする人が圧倒的に多くなります。医療費が跳ねあがります。

    健康は財産だから健康作りは大事です。医療費を使わない健康寿命を目指しましょう。ちりも積もれば巨額になる医療費です。

    それぞれの家庭基準だから貴女夫婦がそれで良しと思うなら、他人意見に惑わされる必要はありません。意見は必ず分かれるからです。

    ユーザーID:2760474331

  • 処分できる不動産があればギリギリ大丈夫では?

    私達夫婦は60代で年金受給者です。現在、妻の90代の両親を二人で介護しています。
    生活を成り立たせるためには

    ・退職時までにリフォームを終わっている
    ・住宅ローンを完済している
    ・生命保険、入院・医療保険などの支払いを完了している
    ・車の買い替え・維持費用を別枠で用意している
    ・20年分の住居費用を別枠で1千万円程度用意している
    ・最低でも一人分の介護付き有料老人ホームの入居一時金+利用料赤字分を別枠で用意している

    程度は考えておいた方が良いでしょう。

    上記のことを考慮した上で、1億円の預貯金+処分不動産3千万ぐらいでギリギリいけるかもしれません。これでも予算がない親の片方がホームに入居した場合には非常に心配ですね。

    夫婦で個人年金未加入なら、1億円という数字に惑わされないようにしましょう。例えば、個人年金が夫婦で10万円×2人、60歳受給開始で95歳まで生きるならそれだけで8400万円になりますから。私見ですが、片方の厚生年金がない60歳時の1億よりも、夫婦で厚生年金がある65歳時の5千万のほうが生活設計が容易です。

    ユーザーID:7250576098

  • 収入がなくなるのが不安であれば

    不労所得である投資をしてみては如何でしょうか?
    私は昨年9月定年を迎え、再雇用で働いていましたが、資産も十分あるし
    今月末で退職することにしました。
    今後は数年前から始めたボランティア活動とピアノを弾くのが趣味なのでジャズピアノに挑戦をしたいと考えています。
    毎月の収入がなくなるのが不安であれば、投資をされてはどうでしょうか?
    お金をそのまま貯金で眠らせておいても意味がないので、投資をして少しでも生活にゆとりを持たせることは必要です。
    毎月の収入があるので安心感にもつながります。
    ぜひご検討ください。

    ユーザーID:5963469340

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧