(自分の)閉じた硬い心のほぐし方

レス6
(トピ主1
お気に入り13

心や体の悩み

ポンコ

こんにちは、アラフィフのポンコと申します。

私は生まれてから30歳近くまでをずっと同じ地方都市で過ごしました。
特段に社交的というわけではありませんでしたが、家族や友達や職場の同僚にも恵まれていたこともあり楽しい日々でした。
そんな日々の中、ひょんな事から今の夫と結婚をし、彼が住む都会(私の地元からは遠い)へ引っ越すことになりました。

引っ越した土地は夫以外の知り合いは全くいなかったので、恥ずかしながらアラサーにしてホームシック気味になりました。年齢も行っていたので早く子供をと思い、就職はせずに派遣社員として働き始めました。
しかし思うようには授からず、その後不妊うつの様な精神状態にもなりました。派遣先も何社かを転々としました。派遣先によっては派遣社員ということだけで見下してくる社員の人達もいて辛い思いもしました(もちろん優しい社員の方たちもいましたが)。そうこうしているうちに年齢も40歳を過ぎ、残念ながら子供は諦めざるを得ませんでした。

そして今は既にアラフィフになりました。子供はいませんが夫とは仲良しです。結婚して地方から出てきてもう20年近くが経ちましたが、孤独さでは自分でも笑えるほど20年前に引っ越してきた時のままです。もちろん
それは自分自身が過ごした日々の結果であるということも理解しています。しかし20年前と違うのは、私の心がすっかり委縮し閉ざされてしまっていると感じることです。

でも最近やっとまた心を開いて人と話をしたり笑いあったりしたいという気が芽生えてきました。すごーく長いトンネルをやっと自力で抜けたいと思い始めました。

もし同じような経験をお持ちの方がいたら、立ち直るきっかけの出来事とか読んだ本とか支えになった言葉とか、教えて頂けませんでしょうか?

宜しくお願いします。

ユーザーID:9884293851

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
  • 自分のためでなく

    自分以外の人のために生きてみてください。
    旦那さん、ご両親、ワンちゃん、ねこちゃん、誰でもよいのです。
    自分はさておきの精神で過ごすのです。
    自分のためにはいいや、と思っていたことでも自分以外のためなら少々のことは我慢してできます。
    皆さんはお子さんのために、があるのかもしれませんが、私にも子供がいないので主人とねこちゃんのために頑張っています。

    ユーザーID:5073694977

  • 引っ越して5年

    こんにちは。
    トピ主さんと状況が似ていて、思わずレスしました。
    私も夫の転勤で、地方都市から都会に引っ越してきて5年になります。うまく言えませんが、とにかく慣れない!鬱になり入院もしました。夫には申し訳ないけれど、単身赴任してもらえば良かった、私は間違った選択をしてしまった、、と後悔の日々。自分を責め続けました。笑うことも忘れ、今だに笑顔がぎこちないです。
    最近になってようやく天気が良かった、健康に毎日過ごしているとか、小さな幸せを感じるようになりました。時間が過ぎて、自分を許してもいいかな?と思えるようになったのかもしれません。
    トピ主さんは20年も頑張っていらっしゃるからすごいと思います。自分でトンネルから抜け出そうとするのが、このタイミングだったんでしょうね。応援します。

    ユーザーID:7129270206

  • 物事のプラス面を探してご覧になると

    物事に対して非難したり、批判したりする事が多いのではありませんか。頭の良い人は、欠点を探すことが上手です。これは、学校での学習競争から自然に身に付いたものなので気付き難いものです。

    間違ったことをしてはいけませんが、多少のことは大らかに構える癖を付けられたらと。
    どんな事に対しても、「面白い」「楽しい」「感謝」「チャレンジ」の気持ちを持って当たると、物の見方が変わって来ます。

    我々は、自分で生きていると言う思いを強く持っていますが、実は多くの生き物によって助けられ生かされています。そこに「感謝」が生まれます。

    我々は、物事に感謝することを忘れてしまっています。自らの周囲を見回してご覧(観察する)になると、如何に恵まれているかを知ることができます。

    その一つ一つは、小さな出来事かも知れませんが、余りに自然なので「当然の事」として気付かないのではないでしょうか。
    幸せは、小さな事の積み重ねです。小さな幸せを見つけて欲しいと思います。

    これは、トピ主さんを批判しているのではありません。多くの方の日常ではないかと思います。不満、非難、批判は、不幸せの道を自ら進んで選択しているようなものです。

    追伸 物事には、常に良し悪しの両面があります。そのどちらを選択するかはトピ主さんです。

    ユーザーID:0750414999

  • 私のストレスも限界なので

    私も当時小学生だった子を連れて、夫の実家で姑と同居することになりました。
    ”長男は同居して当たり前”が未だに根付く田舎での生活は、私の価値観からは程遠いことばかりでした。

    転校させられた我が子は天真爛漫なタイプで、おとなしい児童が多かった田舎の学校ではやや異質な感じでした。
    でも、それなりに馴染めたことは良かったのですが、私の方が相性の合わない姑との完全同居や閉鎖的な田舎の空気にメンタルがついて行かなくてなってきました。

    そんな時に、諦めていた第2子を授かり、私のメンタルの支えになりました。
    高齢出産で最後の育児だからとより丁寧に接したと思います。
    上の子が高卒後に家を出た時も、低学年だった下の子の存在で寂しさは紛れました。
    そんな私の支えだった子が4月から大学生に。
    あと20日で家を出ます。

    この田舎の家に残された私は、夫だけならまだしも、完全不仲の姑も同居でどんな心情で過ごすことになるのでしょう。

    亡き実父が癌闘病中だった時も、遠方の実家にはなかなか帰れず辛い思いもしました。
    同窓会も私側親戚の法事も諦めてきました。
    なのに、義親戚や近所の葬儀には参列させられることは理不尽でした。

    これから私は、反乱期に入ろうと思っています。
    観たい映画も諦めない。
    旧友とも20年30年ぶりに会いたい。
    デパートのセールや新しいスイーツも我慢しない。

    老体で動けなくなる前に自由に出かけたいです。

    ユーザーID:3318135458

  • 海外子なし主婦ですが

    国外、国内問わず、結婚で引っ越すのは結構なストレスですね。
    私はコロナ前まで、年2回実家に帰ることで(海外には年11ヶ月以下居る)状態にすることで、精神を保ってきましたが、もうそろそろダメかな、という感じで過ごしています。

    私の場合、海外で日本人に出会うのが苦手なんですよ、標準語とか本音と建前なんて、私の育った地に無かったもので。だから、何の共感も起きない。
    日本語の出来ない夫と、現地語でふざけているほうが楽しいです。

    孤独というのは、地球上に夫と二人きりじゃないから、孤独なんだそうです。
    私は、それで孤独上等!みたいに思えてきました。

    私、飲食店の手伝いしているんですけれど、地元の飲み会見て、つまらなそうにスマホいじりながら飲んでるのも、かわいそうだね、孤独だね、って保育園の先生みたいに発見してしまいます。

    ユーザーID:1595908924

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • トピ主です。

    レス頂いた皆様ありがとうございます。

    ななこさんと意地悪猫さん、私は一人の時間だけは沢山あるので、気づくと自分の内なる世界に入り込み、将来を心配したり悲観したりする考え癖が付いてしまっているのかも知れません。教えて頂いた自分以外の事に考えを及ばしたり、良い面を見るというアドバイスは私にとって良い気づきとなりました。

    きたのりんごさん、お辛い気持ち分かります。でも少しずつ明るい方向へ気持ちが向かわれている様で良かったです。お互い少しでも今の土地で前向きに生きられるように頑張りたいですね。でも旦那様の転勤でまた地元に戻れると一番良いですね(笑)。

    たんぽぽの綿毛さん、やはりお子さん達はメンタルの支えになるのですね、羨ましい限りです。そろそろ子育てを終えられるとの事でお疲れ様でした。

    ユーザーID:9884293851

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧