自由に生きたい!という方

レス36
(トピ主1
お気に入り35

生活・身近な話題

かあちゃん

昔は自由に生きてきた、これからも自由に生きたい、しかし自由とは…?
同じように自由を求めている方にお話聞きたいです。

結婚5年が経とうとしていて赤ちゃんも1歳になりました。
育児は幸せだし赤ちゃんを重荷には感じませんが、結婚むいてなかったのかな?と思うこともあります。(夫とは家族としては仲は良いと思います。恋愛関係は終わっていますが)

住む場所、時間の使い方、はたまた恋愛…
当然独身の頃のようにはいきません。

仮に離婚して一人になると自由なお金や時間は増えると思うのですが、離婚してもしなくても(恋愛以外は)特に人生が変わるわけでもないのかなと思ったりもします。
放浪癖があったんで旅行したい、プチ移住したい、好きなだけゆっくり読書したり映画を見たい…など願望はありますが…

本題ですが、皆さんどういったことで自由を感じますか…?
家庭や子供がある方は、家庭という縛りがある中でどうやって自由を謳歌してますか?

ユーザーID:4580620305

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
  • 今できる範囲での自由を考える方が建設的。

    子どもがいる母親です。
    うちはもう小学生ですが、かつては主さんと同じように思いましたし、どちらかといえば同世代の中でも自由気ままな人間だと思います。家族仲は主さんと同じく良好です。

    どうやって自由を謳歌しているか→私の場合は1歳では旅行や移住は無理でしたが、他は出来てました。実家や一時保育にあずけて美容院にいったり、マンガ喫茶でひたすらマンガを読む日を作る、たまにはカラオケも行ってました。

    あずける家族がいたり、その家族に理解があるかや子どもの育てやすさにもよると思います。うちの子はあまり人見知りもなく、ご飯もよく食べる子どもだったのですが、育てやすい子ばかりではないですしね。

    どういったことで自由を感じるか→自分の場合は、とにかくお風呂と食事がゆっくりできること、たまの晩酌や長電話ができること、くらいのハードルの低さで自由を感じれる人間なのですが、今できる範囲で自分の時間があることに「パパ、我が子、じぃじばぁばありがとう」と思うのが一番かなぁって気がします。

    自由へのハードルを上げたらキリが無くなるし、好きなようにばかり生きていたらそれは「自由」ではなく「当たり前」になってしまう。
    なんでも「腹六分目に楽しむ」ようにしています。ちょっと足りない、程度の自由でちょうどいいですね。

    ユーザーID:2033888937

  • 自由と自分勝手とは違う

    トピ主さんの自由って自分勝手好き勝手ですよね?自由には責任が重要です。大した理由もなく離婚とは、お子さんから父親を奪うことになるんですよ。

    独身時代だって仕事をして、その給料で色々できたんですよね?責任を果たしたから自由に生きられたんです。

    お子さんが1歳では自由どころか自分の食事やトイレも行けない時がありますよ。乳児期からの睡眠不足でヘロヘロにもなります。そんなときに誰しもが自由になりたい、独身の時は、と思うもの。けれど離婚したいとはよほど追い詰められているんですかね?でも離婚したら今以上に自由がきかなくなりますよ。

    その頃の自由な時間って隙間時間にやっと飲めたコーヒー位でした。

    ユーザーID:6056384761

  • 自由、良いよね

    私は子どもがもう大きいので、育児は卒業しました。

    でも好きな時に好きな事が出来る、良いですよね。まだまだ海外へも旅したい。見た事の無い景色も見たい。ただなかなか難しいことも事実で。

    私はただ街をふらつくだけでも、結構満足します。時間が自由への入り口だと思っておます。

    例えば買い物に行く。自転車で30分かかる街。いつもと違う景色がそこにはある。地元の観光場所で、記念碑があったり好きな景色がある。何度来ても好きな街。知らない場所を見つけたら、ちょっと寄ってみる。ちょっとした旅気分。いつもの目的地に到着。まずは好きなお店で買い物。趣味の物を買います。小腹が空けば、ジューススタンドもあるし。もう少し時間があれば一人ランチもします。一通り店を廻ったら、食材を買うスーパーでおしまい。命の洗濯。

    読書は大抵お風呂に浸かりながらか、厠で。他に気が散らないので。映画は子どもたちが大きくなってから再開。久々の映画館は異次元。綺麗で平日の午前一は空いていて貸し切りみたい。ただ子どもを見送ってからだと、走るけどね。

    まだお子さん一歳だと、大変よね。
    昔一人目のとき、ウエストポーチ型の抱っこ紐で子どもとデパートの物産展にバスで行きました。帰りにどうしても買いたかった丸ごとカボチャを片手に、子どもも抱っこして帰って来たことがあります。スゴい筋トレだったわ、今思えば。

    自由では無いけど、不自由を楽しんだこともありましたね。幼稚園まで自転車で送迎。毎日野の花を気にかけたり、虫を見つけたり。子どもとは楽しめるんだよね、案外。

    問題は主人とだね。自由、無いよ。誠実な人だからね。幸せだけど、かなり窮屈な面も否めず。人からは理解を得られにくいしね。
    ただ、のんびりさせてもらっている代償かな。

    まぁ、自由ってさ、責任とセットだよね。
    だから簡単じゃないんだよね、素晴らしいけれど。

    ユーザーID:8849108310

  • 自由って

    自由。
    私もいつも「自由が欲しい」と思いながら生きています。
    結婚してかれこれ30年。
    子供が成長したら…自立したら…と色々思いますが、それがなかなか思うような自由は得られていません。
    私の欲しい自由とは、誰にも邪魔されず好きな事をただひたすら没頭する事。
    これは生活を共にする人がいると実現は難しいですね。
    当然朝から家事があります。
    時間になれば食事の準備をしなければなりません。
    子供が大きくなり自由時間はありますが、制限はあります。
    けれど、例えば一人だとして、ずっと自由でいられるかといえば、生活していく上で仕事に追われるかもしれませんよね。
    そう考えると、今の制限のある自由時間を楽しむしかない。
    少しずつでも自由時間が多くなっては来ていますから。
    しかも、自由時間が増えれば増えるほど、体は衰え思うように動けなくなってきています。
    なので、一番若い今を楽しむしかないかな。
    本当の自由を手に入れた時は、すっかり老人になっているんだろうなぁ…と少し悲しくなります。

    ユーザーID:0121597154

  • 大海に子どもを放り出す仕打ち

    前にテレビで心理学者が、子どもを自由にさせる事は、子どもを海に放り出すのと同じ。

    子どもはどうして良いか分からなくなる。

    むしろ口うるさく言った方が、子どもは目標を持って頑張れるという話をしていました。

    「自由」というのをどう捉えるかによると思いますが、我々大人の社会人も、様々な制約の中での自由を追求するしかないのでは?

    家庭を持てば楽しみは大きくなるが、その分いろんな制約が出来てくる。

    すべてそういうものだと思います。

    ユーザーID:4975424438

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 育児という放浪の旅に出ればいいのに

    >放浪癖があったんで旅行したい、プチ移住したい、好きなだけゆっくり読書したり映画を見たい

    自由を感じる環境を限定してしまうと不自由だろうな、とは思います。

    >住む場所、時間の使い方、はたまた恋愛…当然独身の頃のようにはいきません。

    トピ主様の放浪は「行った先での放浪」で場所限定ですし、時間も限られていますので、今の生活と大して変わらないのではないかな、とは思います。恋愛だって結婚までの限られた時間内に形式的な段階を踏んで育むものですよね。

    フラッと外国へ行く時、新しい恋愛にであった時の高揚感がわからない、というわけではありません。それはそれでいいと思っていますが、そうでないと自由を感じられない、という感覚は、不自由だろうとは思います。

    育児という名の放浪は、それはそれでスリリングで変化に飛んでいるし、夫婦生活を育むことは、人を深く知る長い旅路を配偶者と共に歩むものであり、一過的な旅行から得るものとは全く違う味わいを見せます。私は、そのような放浪も好きですけどね。

    ということで、私は、多分、自由に生きてるオバサンなのでしょう。

    ユーザーID:2606369180

  • あと17年はあなたに自由はありません

    お子さんは1歳になられたのですね。ではあと17年はあなたに自由はありませんから。キッパリ申し上げます。

    その後はまた自由になれますから、楽しみに待っていて下さい。

    人生においての優先順位の問題です。自由が一番であれば結婚すべきでなかった。でもあなたは結婚を選び、子供を持つことを選んだ。自由よりそちらを優先させたということです。結婚というものは契約です。子供を夫婦で協力して育てるために人類が編み出した特別な約束事です。責任を持って子育てして下さい。あなたの自由より子供さんのこれからの一生の方が優先です。

    ユーザーID:7884650269

  • そういうときもあるかも

    ずっと共働きで、銀婚式も過ぎ、振り返るとかなり自由にやっていたかも。

    もちろん義務は果たしましたよ。子ども二人は大学行かせたし借金もないし。
    なんというか、精神的自由?っていうんですか?

    ごめんなさい、今だから言えることかも。
    5年目はトピ主さまと同じだったかも。あまり覚えていないのは思い出したくないからかもしれません。

    でも今となっては、なんだかんだ言って、結婚〜子育てする中で最も自由を阻害されない相手を夫に選んでいたのかなあと思えます。

    私は実家が本当に自由がなく、あれもダメこれもダメの家に縛りつける親だったので、比較すれば結婚後の方が遥かに自由だったんですよね。
    それは大きいと思います。

    ユーザーID:9493780492

  • 「ちゃんと自分がやりたいようにやること」

    よく「自由」の象徴として提示される鳥ですら、完璧な自由じゃないんですよね。
    渡り鳥は渡らなければ死んでしまうし、地面に降りてごはんを食べないと死んじゃう鳥もいます。

    でも、「絶対に渡りたくない。地面にも降りたくない。そんなことするくらいなら死んだほうがマシだ!」と言って、断固拒否して死んでしまっている鳥も、もしかしたらいるかもしれないです。

    こういうバランスを自分でどう考えるか、どうしていくかを決めて良いのが「自由」ってことなんじゃないでしょうか。

    私はかなり自由に生きてます。
    結婚してないですが、それが自由だということじゃなくて、結婚したくないからしなかった、それによって幸せだし、おそらく既婚者よりも不利益になっているであろうことはそのまま受け入れてます。

    もし私が結婚したい人間だったら、当然結婚してますよ。
    それが不自由だとは思いません。
    トピ主さんだって結婚して子供がいても自由に生きてるんでしょ?

    一番「自由じゃない」のは、結婚しないと負け組だ、子供がいない女は不幸だ、とかいう間違った価値観にがんじがらめになって、本当は結婚も出産もしたくないのにしちゃった人。
    もしくは、独身こそが自由だと思い込んで、本当は結婚したいのにしない人。
    これはどちらも自由じゃない上に、すごく不幸ですよね。

    ただ、私としては、子供がまだ小さい方はご自身が多少不幸になったとしても、子供に尽くしなさいと思いますよ。
    子供が巣立ったら、どうぞご自由にと。

    ユーザーID:7126418234

  • あっという間に

    戻ってきますよ。自由時間。

    私も同じように放浪好きな20代を過ごし結婚。二人の子の親となりました。

    もちろん、あぁ、1人でどこか行きたい、と思うこともありましたし、子育てが果てしないことのようにも思っていましたが。

    すぎてみればあっという間でしたよ。もう、二人とも成人したので、私は今はかなり自由です。コロナ禍で、あまり動けませんけど。

    でもね、どなたかもレスされてましたが、子育てもまた、異世界、異文化を旅するような時間だったように思いますよ。過ぎてみれば、みな懐かしいってね。

    たまに、お子さんをご主人に預けて、ぶらーりと散歩でもいかがですか?いつも通らない道を通るだけで、なかなか旅気分味わえますよ。

    ユーザーID:6423517409

  • やりたいことは何?

    子育てをしている間は
    子供を最優先にして行動することを夫も
    理解し認めてくれていたので自由に
    感じてました。
    もちろん自分だけの時間などありませんけど
    やりたいことが子育てだったから
    やりたいことをやれる自由です。

    子供に手がかからなくなって学費の負担もなくなると
    自分(夫婦)のために時間もお金も使えるようになり、やりたいことも変わりますが
    その時々の生活のなかでやりたいことをやらせてもらっている感じです。

    何もかも放り出して得られる自由は
    私にとって失うものの方が大きいので
    やりたいことではなきですね。

    ユーザーID:5004478329

  • 離婚しても仕事と育児漬けでは?

    親権をとれるならですが…
    離婚しても子育ては継続ですよね…

    お子さん1歳くらいが 一番そういう事を妄想しがちなのかも

    妄想で日常の癒しを求めてね、、、

    お子さんとこの先、一緒に放浪したらもっと楽しいかもと思ったりしますよ。

    知人の放浪癖のある女性は子供2人いますけど
    下のお子さん連れて海外にもガンガン行ってます。
    これは体力、気力というか本当に旅が好きなんだと思います
    私は旅行って一番疲れるものなので殆どしないので尊敬します。

    あ、でも私の親も旅行好きで時間が空くといつも家族で行ってたけど
    それでも私は家が一番と思う子供でしたね。
    性格なのかな、兄などは今でも旅行好きだし…

    ユーザーID:1738632688

  • 今も感じてます

    独身時代も今も、いつも自由です。やりたいことをやっています。

    大好きな仕事、沢山の趣味を若い頃は楽しんでいました。
    10年仕事をした後、趣味のためにアメリカに留学。

    元々結婚願望はなかったのですが、「その人」と出会ってしまい38歳の終わりに結婚。半年後に自然妊娠して40歳で出産しました。

    以降17年子育てしていますが、いつも自由ですよ。
    相変わらずやりたいことをやっています。
    ただ、趣味は変わりました。危険なもの等は子供がいるとやっぱりできませんから。

    でも長い独身時代にやりたいことは全部やったので、悔やむ気持ちはないですね。
    旅行も好きでしたがかなり色々行ったし(30か国くらい?)、アメリカに移住してしまったので、もうあまりあちこち行きたい願望もなくなりました。

    夫とは今でも仲が良く、恋愛願望もないし、幸せです。

    子育てしながら趣味の資格を取ったり、たまに働いたり、自由にしています。
    子供が小さい頃は、子育てそのものを楽しみました。
    家庭は縛りではなく、家族(夫)がいるからこそ色々楽しめる感じですね。

    ユーザーID:8728776656

  • 自由は満喫済み

    もうね、好き勝手仕放題しなくても良いわ?と思っています。
    若い頃はさんざん好きに自由にやってきて、苦労してお金も無くて、でも趣味につぎ込んで、飲み歩いて、旅行もして。

    その自由大好き延長で外国にプチ留学したら今の夫と知り合い、あっという間に恋愛から結婚へ。

    そこから育児だのなんだので自由は非常に限定されてきた年月ですけど、まったく後悔はありません。
    自由と貧乏のフェーズは終わり、今はまともな親として安定した生活のガチな保守フェーズです。
    子供達が巣立ったら、夫とふたりでのんびり旅行やガーデニングで穏やかフェーズを楽しみたいですね。

    ということで、トピ主さんが今自由を楽しむとしたら、映画や書物などで心を解放する時間を味わってほしいなと思います。
    1歳のお子様がいるとそれすらも難しいですが…人生の中で今ほど自分を誰かに捧げまくる時間というものは無い、むしろ貴重な日々ですよ。
    私は子供達が幼い時に自分なりに精一杯やったと思うので、今は多少手抜きしちゃってもいいか〜などと考えています。

    つまり、その時々でできることを最大限にやれば、あとから後悔も物足りなさも無いということ。

    ユーザーID:6721075856

  • 育児から卒業したら

    自由が待ってます。まだ一歳だと先は長いですが、必ず寂しいくらいの自由がやってきます。
    たいがい更年期とセットです。

    子供が高校を卒業した時に、私も育児卒業だ、フリーダムだと盛り上がってましたら、すぐに親の介護が始まりました。
    それが終わったら、自由になれるはず。
    あっ、孫の育児が始まるもありですね。
    精神の自由はありますが、自由な時間はまだまだ少ないです。

    なにかに参加してる、誰かに必要とされてるのが人生だからこれでいいのだと思います。

    ユーザーID:7487862457

  • 心で自由を楽しむ

    トピ主が言っている自由は、時間的に自由で、一人で行動が
    いつでも何でもしたいという意味でしょうか?

    >夫とは家族としては仲は良いと思います。恋愛関係は
     終わっていますが

    夫婦間では、いつまでも恋愛関係が続くものではなく、だんだん絆が強くなり、信頼関係に変化していくと思います。

    もう1歳の子供さんがおり、家庭生活がある中で、行動の自由は、むずかしいです。

    でも、子供を育てる中で、子供の成長に伴い、子供の反応などを見るにつけ、知ることがたくさんあり、子育てはつらいよりも、楽しかったです。

    何を自由だと感じるか?人によって様々ですが、子育ての中でも、他人に束縛されず、自分の思うように、自由に子供を育てていくということもあります。

    時間的自由については、独身である方が自由でしょう。

    でも、行動での自由は謳歌できると思いますが、その自由は孤独と虚しさを伴う自由になるかもしれません。

    今の生活を、時間的な自由ではなく、心の自由を謳歌しながら、生活したほうが、将来のためにいいような気がします。

    ユーザーID:0376378755

  • 心の持ち方次第

    1歳の子供がいても、車の排気ガスの少ない公園や遊歩道で、ベビーカーを押しながらウォーキングやスロージョギングはできるし、赤ちゃんを抱っこしながらスクワットはできるし、心の持ち方次第で自由に運動ができます。

    このコロナ禍で、大人の友人と息抜きのランチができなくても、1歳の子供と散歩しながら、雲の形が変化している様子を語りかけたり、草花の名前を教えてあげたり、なんでもいいので赤ちゃん相手に楽しく話しかけてあげれば、孤独じゃないですよ。

    それに、子供の成長ほど面白いものはありません。
    ちょっと、転んで脛や肘を擦りむいても、子供の驚異的な回復力には驚きます。
    いろんな発見があって面白くて、そんな子育ても後で振り返るとあっという間に過ぎ去ります。
    0歳と1歳では驚異的な変化があったでしょう?
    1歳と2歳でもそうです。
    2歳と3歳でもそうです。
    今を楽しんでください。

    私は、子育てを終えて、今は孫育てに関わっていますが、毎日交互に体重計に乗って、増えた減ったって二人で騒いでいる時が至福の時です。

    現実問題、時間とお金に余裕ができたのは60代の今です。
    旅行に行くお金も暇もあります。国内海外どこへでも。
    だから、行ける時はよく行きます。コロナ禍ではおとなしくしていますが。
    全部、今までの積み重ねの人生の結果です。

    今のあなたが一足飛びに、自由になるには、夫や子供を捨てることで手に入れられるでしょうが、そんなの結局、後悔先に立たずで、心は今より不自由になります。

    ユーザーID:8445987365

  • 束縛されたくないの意味かな。

    先ず結婚すれば自由時間は少なくなるし、まして赤ちゃんがいれば自由とは程遠い束縛生活になります。
    それをどのように捉えるかです、家族の幸せのために生活できれば束縛なんて思いもしません。

    忙しい毎日の中で15分でも自分時間を持ちゆとりを作りました。
    独身時代の自由なんてあるはずもありません。

    子育てが終わるまでは自分時間は無いと思う方が良いです。子育ても楽しいし(どのような子供に育てるかは親次第だから)家族が円満に成長するのは母妻としての醍醐味でもあったです。

    今は子供たち世帯とは飛行機距離に離れて住んで
    夫は既に鬼籍となり完全に一人暮らしですが、現実生活では自由の身ですね。

    今はコロナで行けないけど毎年2回は海外へも一人で行くし、専門スポーツも週2回はやるし手作り料理も好きなので3食とも作りSNSに毎日UPします。
    サブスク動画で海外ドラマにもはまっています。

    終の棲家の家も夫が残してくれたので(広い家と庭も)、管理は大変ですが、暇つぶしに庭作りもやります。

    子供たちともLINEで数日ごとに話す良好な関係です。

    還暦からの私一人時間(12年前から)を自由に満喫できています。それまでは荒波大波の多かった生活でしたよ。決して平坦な生活でもなかったです。
    困難もポジティブに乗り越えて来たから今の平穏な生活があるんでしょう。感謝ですね。

    ユーザーID:0498354044

  • 自由が、ないから

    そう思うんです




    私は

    旦那は単身赴任かれこれ10年以上

    子供達は独立


    完全に一人です


    映画に行っても
    何をしようが
    誰も何も言わない


    でも、一人なんです
    明日も明後日も、、、

    あなたの歳の頃は
    あなたと同じ感覚だったのに


    人間ないものねだりなんでしょうね

    ユーザーID:7762592735

  • 意味をはき違えてるよ

    トピ主さんが言ってるのは現実逃避。
    それを自由とはき違えるのはちゃんちゃら可笑しいって話。

    旦那さんが同じようなことを言ってたらすぐ分かるよ。
    仮に退職して自営したら自由な時間は増える。
    好きなことだけを仕事にして給料はちゃんともらいたい。
    会社という縛りがある中でどうやって自由を謳歌するか?
    何てね・・・。

    ご自分が自由に生きたいと思うならパートナーの自由も認めること。
    当然、パートナーは自由にやってるとか、自分目線での決めつけなくね。
    まあ、これができるような人は最初から悩まないと思うけど。

    ユーザーID:7772388977

  • 自由の本意

    「自由」という文言の「自」の語源は、正面から見た鼻の形を表し、自分自身のことです。「自由」の「由」は中が空っぽになった酒樽の形を表し、「なぜ中が空っぽになったか」という理由を問う意味です。

    従って「自由」とは、聞いたことを無条件には受け止められない理由が、自分にあることと了解されます。

    もっと言えば、我々の判断の仕方に問題があるのです。そもそも自分の判断基準が、自分の都合の良し悪しになっていることには気がつかないものです。このことを知らなければ「自由」は「自分に由来する」という意味だとは気づきません。

    こうなりますと「自由」は「自分の都合」の良いことをする権利だと誤解してしまいます。

    現代の我々が言う「自由」とは「自分の都合」の良いことを優先する権利として了解されています。そのために「刀」を振り回せば、他人を害することになるのです。本当に迷惑なことです。

    「自分の自由」と「自分の都合」とは混同しやすく、両者の性質が異なることを認識しておきたいものです。

    「自分が自由に生きること」とは「他人が自由に生きること」を妨げない程度において、自分の好きな生き方をすることです。

    つまり、自分の生き方を考える上で、自分の都合の有無で判断せず、今の自分がおかれている環境の中にあって、色々な制約があります。しかも、それから逃れることが出来ないのが本音ではないでしょうか。

    そのような状況下にあって、自分自身に何が問われているのか、あるいは周囲の人から何が願われているのかについて思索を深めることが大切です。

    その思索を深めることによって教えてくれるものに出遇うことです。その時、例え制約の中にあっても、そこで生きる覚悟が生まれるはずです。

    先ずは制約の中での自分の心が開放されることを願うものです。その先にあるものこそ、自分に開かれてくる自由な生き方になるのでしょう。

    ユーザーID:3629799385

  • 自由満喫

    正社員、三人の子はみな既婚、ひとり暮らし
    ずーと待ちわびていた自由を満喫しています
    (平日は夜だけですが)
    自由を実感するのは休日
    自分だけの予定で過ごせるのが嬉しい
    買い物、美容院、読書、ランチ、お出かけ
    好きなように使える時間
    子育て中にずーっと夢見ていました
    お金も時間も余裕がある50代
    体力が弱り出かけるのが億劫になるという
    情けない実情はありますが
    家に籠っていられるのも自由の証
    (スポ少とかで出ていかなくていい)

    ユーザーID:3533434074

  • 不思議と自由です

    私はワーママで6歳と2歳の子どもがいて、スクーリングもしてるので、毎日やらなければならないことは多いし、時間的に自由は殆どありません。

    でも、精神的にはかなり自由で、人生の自由を謳歌できてるように感じています。仕事も自分で選んで気に入ってしてる仕事だし、夫ともうちも恋愛関係ではないですがお互い尊重できる関係で望んで子どもを授かったし、スクーリングも勉強して自分の意思で始めました。もちろん目の前にある家事だとか、やらなければならないこともありますが、子どもとか家庭を縛りとは正直感じません。トピ主さんが仰られるような非婚の友人たちの自由は、いいな〜うらやましいわ〜とは言っていますが、かと言って家族と引き換えに手に入れたいものとしては私にとって十分ではありません。どなたかも仰っていましたが、夫が自由を妨げない人というのが何より大きいかもしれません。実家より断然自由です。笑

    トピ主さんの文章を読んで、なにかやらされている感を感じているのかなと思いました。旅行や映画、読書、私も大好きですが、形をかえてやればいいと思いますよ。旅行先は絞られるけど家族と楽しめます。映画は寝かしつけてから観ればいい。読書、目がつらいならオーディオブックにチャレンジしては?赤ちゃんべったり性格がつらいなら、旦那さんにSOS出して、休日1人で放浪しては?私も1人でよく外出させてもらいました。母親が見なければ、とか変な先入観に囚われない方がいいですよ。それこそ、そういう変な思い込みからは自由になった方がいいです。

    ユーザーID:5067224629

  • 割と自由に生きれていると思ってます。

    私にとって自由とは趣味の時間です。

    趣味に関しては独身、結婚、子供が生まれても頻度こそ変わりましたがずっと続けています(充実した分は十分に家族に還元してます)

    確かに家庭に関しては縛りの側面もありますけど、そもそも家庭を持ちたいと思ったのは自分自身。

    趣味を続けながら望んでいた家庭、子供にも恵まれた。
    これ以上の自由はないです。

    ユーザーID:6091798599

  • それは暴君の考え方では?

    私もたいがい自由に生きてきましたが。

    結婚して子供を作ろうと決めた時点で、一個人は休憩だと思ってます。
    産んだら、もう主役の子供に生きる力をつけさせるための脇役だし、ささやかな空き時間の些細な楽しみしか自由はないのでは?

    というより、ずっとピーターパンではいられないんだし、自由というのは、制約された生活の中から可能なものを見つけ出すのが普通の大人だと思いますよ。

    ユーザーID:0163695485

  • 不自由を感じたら、自由を感じました

    全て若い頃の話ですが、

    ・トラブルに遭遇して、調停等一人で全て対処したとき

    ・仕事を辞めて、経済的不安を抱え失業保険給付を受けていたとき

    ・海外を長期間旅している間に、日本の恋人に理解を得られず別れたとき

    ・一人旅で、治安の悪いビーチに荷物を放置できなくて、

     結局泳げなかったとき

    当時、自分のやっていることが自由だからこそ、

    こんなに不自由を感じるんだろうと思っていました。

    今は家庭がありますが、所謂大黒柱ですし、老いた両親と持病のある家族に囲まれて、やりがいのある生活の中、自由かどうかなんて、
    考える事もありません。

    たまーにですが、好きな食事が自分で選べる時や、お酒を飲んでもよい状況になったとき、ちょっと解放感はあります。

    ユーザーID:6547827230

  • 分かるけど…

    私も、乳幼児を抱えていた頃は、同じことを考えましたよ。

    でもいま(と言っても、子供はまだ5歳ですが、)、思い返してみると、あの時だって、自由だったと思います。

    だって、自分の意思で結婚して子供産んで、仕事休ませてもらえて。

    昔は自由だった、なんて思うけど、私の場合、大学を休学して語学留学した一年位の話で、あとは課題だのバイトだので、忙しくしていたなぁ。
    遊びに行きたくてもお金が無かったり、漫画読みたくても課題が終わってなかったり。
    案外、学生の時は、色々な制約のもとで生きてた。

    社会人になってからも、仕事に慣れるまでの数年は、残業ばっかりで、休日はクタクタでベッドから出られず、そんなに自由だったっけ?

    家庭を持ってからは、自分の裁量で決められる範囲がぐんと増えて、子供が出来て、あ、未来は自分で作るんだって実感して、逆に親や会社などの制約がない分自分の責任も増して…。これが自由の重さか、なんて思ったかな。

    一人になったって、やりたかったことなんか、1週間くらいで飽きますよ。

    いまのあなたには、時間をつくる自由はあるわけだから、積極的に自分の時間を確保していきましょう。

    一年経つごとに、どんどん楽になります。

    私は5歳の子がいるけれど、仕事をうまくやりくりして、友達と遊ぶ時間を捻出してます。家事代行とかも今後利用して、もっと自由な時間(スキルアップの勉強時間)を確保したいと思ってます。

    不満の解消ではなくて、前向きな検討を!

    ユーザーID:6962035431

  • 例えば

    結婚して大きい子供もいる者です。

    もし私が 不自由だろうなと思う生活は・・・

    買い物などリミットがあり、自由に買い物ができない

    クレカを夫から渡されていない

    友達たちとランチなど行くのが難しい、とか 夫の許可が必要


    ・・・・そんな状況だったら 不自由だろうなと感じます。
    自分がすること やることを いちいち 他人が干渉すること、これが不自由です。だからそれがない今は 自由にやらせてもらっている、と思っています。

    ユーザーID:3739330528

  • 思い返せば

    自由が無くなったと感じたのは結婚した後でした。
    世帯主は夫。名字も選択の余地なし。
    夜、友達と食事に行きたいと夫に言ったら激怒されました。
    時代は平成でしたが一気に封建社会にタイムスリップです。

    毎日毎日、夫の世話。
    口答えすると怒られ「お前は黙って飯を作ってろ」
    「亭主元気で留守がいい」何がいいのか結婚前はわかりませんでしたが
    夫のいない間しか妻の自由は無いって事だったんですね。

    男性も結婚したら浮気も出来ないし好き勝手に仕事も辞められない。
    家には四六時中妻がいて、1人になる時間もない。
    どこに自由があるんでしょうか?

    仲のいい夫婦ならそんなことも考えず楽しく時間が過ぎたんでしょうか?
    お互いを尊重できる夫婦なら人並みな自由があったんでしょうか?
    今となってはもうわかりませんが
    私は今自由です。

    ユーザーID:6545763209

  • 自由 と 好き勝手 の違い

    トピ主さんは、親が勝手に決めてきた相手と結婚し、望まぬ子を育てているのですか? 違いますよね。 

    ”この人”と思って結婚し、子供にも恵まれ、それって自由に人生を生きているからこそではないですか。

    トピ主さんが書いている<住む場所、時間の使い方、はたまた恋愛…> は自由というより、好き勝手。 それができるだけの財力なり、それを生み出す才能があればよいのですが、結局締め切りや人間関係などで好き勝手できる訳ではありません。

    自由には責任も伴います。 放浪していたのならわかると思いますが、自由気ままに行動しても、困ったときに誰かが責任を持って助けてくれる訳ではないですよね。 

    家庭を持っていても、居なくても、好きな所に住めば良いし、好きな時に好きな事をすればよいと思いますよ。 ただ制約があるのは誰でも一緒です。

    今のトピ主さんは隣の芝生が青く見えているだけ。 やりたいなら、旦那も子供も放り出して、自由気ままに明日から生活する選択肢もトピ主さんにはありますよ。

    ユーザーID:4002173205

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧