• ホーム
  • ひと
  • 嫁いびりだったのかと後から気づいたことはありますか(愚痴)

嫁いびりだったのかと後から気づいたことはありますか(愚痴)

レス66
(トピ主4
お気に入り282

家族・友人・人間関係

トピ主

結婚20年のアラフィフ女性です。
結婚当初夫の実家に呼ばれて行くと、夫の姉家族、舅の妹家族と孫たちなど大勢いました。
しばらくして姑が『孫たちに混ぜご飯作ってやって』と言いました。
私『混ぜご飯ですか?』
姑『ご飯はあるから適当に見繕って作ってやって。早くね』
慣れない台所に1人立ち、はてどうしたものかと。
まだ子どもがいなかったので子ども用の食事を作ったことがない。
ケチャップライスは喜ばれそうだけど、混ぜご飯ではない。
冷蔵庫とその辺の引き出しをゴソゴソ探して何とか混ぜご飯とお吸物を作りました。
孫たち『おいし〜』
舅の妹『○さん(トピ主)おいしいわ。良いお嫁さんじゃないの〜』
舅『お前(トピ主夫)毎日うまい飯が食えて良かったな』
舅の妹と舅が褒めてくれたことはお世辞だとわかっています。
孫たちも子どもながらに気を遣ってくれたことも。
それでも最後まで食べてくれたのは心底ほっとしました。
姑が無表情だったのが気になりましたが…。

姑とつき合ううち、もちろん私の至らぬ点が多々あったのですが、前回の指示通りやったら全否定されるなど事あるごとに気に入られず、自分は好かれていないと痛感しました。
ある時ふと混ぜご飯のことを思い出しました。
あの時は必死で何もわからなかったけど、姑が無表情だったのはあの結果を望んでいなかったからだ。
孫たちが『おいしくない!』と言ったり、私が『作れません』と姑に泣きついたり、そういうことを望んでいたのではないか。
程なく似た出来事(姑の友人の前でお茶を点てさせられる)があり、私に恥をかかせようとしたのだと確信しました。
現在は姑も丸くなり仲は良いですが私は過去は忘れていません。
こんな姑には絶対ならない。

皆様も愚痴エピソードをお持ちではありませんか?
現在お姑さんとはどのようにおつき合いされていますか?

ユーザーID:2970914930

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数66

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 私なら

    私ならそれがいびりだとは気付きませんね。
    きっといびりだと気付けないからすっといびられ続けるんでしょうね。

    事は忘れましたが何か言われた時に「嬉しいです。」って脳天気に言ったら「今のは嫌みだったんだけどね。」って言われましたが忘れてあげました。
    私は私のような何も知らない女性が嫁だったらもっときつく当たったりすると思っていましたので女同士ならこれくらいしかたないって思っています。
    子供たちも可愛がってもらって遊びに行けば受け入れてくれるので悪く捉えないように気を付けていたら姑もこんなおバカさんをまともに相手してはいけないと思ったのでしょうね、いろんなことを教えてもらい可愛がってもらっています。

    ユーザーID:4567785656

  • ちょうどいいエピソードありますよ

    ある日、年始だったかお盆だったか義実家に宿泊したんです。

    いつもは朝ご飯はどうしましょう?じゃあ、あれとこれとで…のような会話を経て、買ってきたり残り物で済ませていたのですが。

    その日の朝に限っていきなり自分で作れと。突然。

    あとで聞いたところによると、夫が私の料理を褒めたらしくて、姑と小姑がとてもそうは見えないと会話してたみたいで。日頃から共働きなのを(当時はまだ珍しかった)憐れまれていたので、まさか!という話になったそうです。

    で、その朝いきなり卵を出され、焼いてみろと。
    はあ…と、人の慣れないキッチンですから簡単に目玉焼きでも、と割ったんです。そうしたら、いつもの取り寄せの厚くて固い殻の有精卵の赤卵の感覚で割ったら、殻がペラペラでぺっちゃんこになってしまったんです。

    そのときの姑と小姑のリアクション、今ならわかります。
    姑と小姑でふたりしてクスクス笑ってるんです。
    今思うとあれ、試されてたんですね。
    ふたりで「ほらやっぱりね」と笑い合ってた感じでしたね。

    当時は、何笑ってるんだろう?としか思わなかったんですが、数年経ってあのふたりの性格を知った後は「あれ、一種のいびりよね」と思ってます。

    その後、体調を崩した義理の親に手料理を持っていって、あちらは買ったものと思ってたみたいでした。話がどうも噛み合わず、自分で作った旨説明すると、美味い美味いと頬張る舅と無言の姑が…。

    共働きの主婦はろくに料理なんかしないと思われてたみたいです。
    あちらは専業主婦なのに顆粒だしとか使ってましたけどね。

    ユーザーID:2503607682

  • そう気を立てなくても

    トピ主さん、勿体ないですよ。お姑さんの真意がどうなのかは本人じゃないと分かりません。

    ですが仮に意地悪で言い付けたとしても、あなたは悪意に気が付かなかった。人間として上だからですよ。

    それなのに今更「ひょっとして・・・?」と勘ぐるのはわざわざそのレベルに堕ちて行くようなもの。それではあなたの綺麗な命が勿体ない。過ぎたことはさっさと忘れてしまいましょう。

    ユーザーID:0980744530

  • 賞味期限きれたお饅頭

    新婚のころですが、ぎんねこが姑宅にお呼ばれして、主人と伺った時のこと、おいしそうなお饅頭が珍しく出されていて、どうぞと言われたので、手を伸ばして食べようとした時のこと、急に姑が饅頭に手を伸ばして、ふんふんっとにおいをかいで、「これ、日にちが立っているけれど大丈夫だったかしら」と言い出しました。呆気に取られてあんぐりした私は手を伸ばすのをやめました。
    これって、いじめですよね。

    それから、嫁に食べさせない攻撃ほかの日もやられていました。出産後の出産祝いを義妹一家と私たち一家で姑宅で行った時のこと、スーパーのお惣菜を並べるだけの嫌がらせのお祝いの食卓でしたが、私がお惣菜を食べようとすると、ぎんねこさんこれはこうでしたっけと私に急に話しかけ、食べられないようにしていました。そのタイミングが毎回で、とうとう食べるのをやめてしまいました。

    渡る世間は鬼ばかりの姑宅でした。

    ユーザーID:2523567879

  • もう今じゃいてもいなくてもどうでもいい存在です

    私も結婚20年のアラフィフ女性です。
    結婚当初、お姑さんに気に入らないことを私がしたらしく
    連絡が来るたびに

    「嫌だなと思ったらさっさとバイバイして(離婚しろ)」

    と、よく言われていました。
    当時は、なんでそんなことを言うのかなと思いつつも、
    嫌いになったのにだらだら一緒にいても確かに仕方がないよなぁ・・・
    などと良い方に解釈していました(笑)
    新婚当初の話ですが、喧嘩は多少ありましたが離婚だなんて
    あり得なかったですね。
    その後も、何かといえばあたりはきつかったですね。
    孫が生まれても、誕生日にハンカチひとつもらえない子達でしたが
    夫の兄弟のところに子供が生まれて、こそこそおもちゃを買ってあげている
    ことに気がついてから、やっと目が覚めました。
    それからも、色々ありましたが、年々私も図太くなり
    そっちがその気ならもう関わりたくないですオーラを出しまくって
    関わりも最低限にして、雑談には一切応じないようにして来ました。
    現在進行形です。
    お姑さんは、甲状腺の病気にかかりあっちが痛いこっちが痛いって
    言っていますが、

    「あー、そうですかー」

    で、終了です。
    一時期同居していましたが、トラブルになり二度と住まないでほしい
    と言われているので、その言いつけくらいは守ろうと思っています。
    私にも息子がいますが、姑になった時に暇を持て余さないように
    しようと思っています。
    暇があれば他人が何しているか気になるものですよね?
    子供世帯に余計な詮索をしては自分で自分が嫌になりそうなので(笑)

    ユーザーID:1350405788

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 婚約指輪で

    婚約指輪を買わなかったところ、義母の指輪をリメイクしてくださると言われてサイズを聞かれたので、ありがたく「11号でお願いします」と伝えました。
    後日、「入ると思って。今、つけてみて」と9号の指輪を渡されました。

    世間知らずな私は、義母が指輪に詳しくないのだと思い、必死に「入りますけれど、抜けなくなるのが怖いので、ここまで(第二関節の手前)にしておきますね!嬉しいです!」とフォローのつもりで答えました。

    17年後に離婚して婚約指輪を売りに行ったときに、嫁イビリだったことに気づきました。考えてみれば、ウェディングドレスを結婚式の前日に着たい着たいと言われて着られたり、(そんなに着たいなら、夢がかなってよかったネと思ってました)その後も色々な事をされていました。

    今から考えると、私はつくづくアホでした。

    ユーザーID:7294073376

  • 台所は鬼門

    義父の出身が関西で 雑煮は白みそで丸いお餅の土地。

    白みその雑煮など作ったことがなく 教えてもらい作りました。
    不安なので義母に味見をしてもらってOKが出て食卓に出したのですが

    食卓で雑煮を食べた瞬間 義母から
    「しょっぱいわぁ 〇子さん!塩分でわたくしたちを殺す気?」と
    怒られました。


    え・・さっき味見してオッケーって言ったよね?って思いましたが
    まだ反撃出来る年数ではなかったので 悔し泣きしながら帰宅。


    マンションを私の実父が危篤の時に夫が勝手に決めて購入したのに
    私は実父の病院に詰めていたのを何度も言ったのに

    二人きりで台所にたったら
    「〇子さん うまくやったわね」
    だって!!!

    さすがに二度と二人きりで台所に立たないと決めました。


    リビングにいる義父や夫に聞かれないように いうのです。

    マンションの件はその後もわたしのせいにされたので いい加減呆れて
    その場で夫を台所に呼びました。

    お義母さんが 私がマンション決めたって言ってるけど どういうこと?って夫に言いましたら 義母が焦って何も言ってないって言い訳。

    不妊治療も ご町内中に私のせいになってました。
    (義実家の犬を散歩させていたら いろいろな知らない人から声かけられて知る)

    一人息子だけれど同居はしてませんし
    義母の面倒なんてみません。
    看るものですか。(最低限の夫の手助けは裏方でしてますが)


    連絡は夫経由でお願いしますっていっています。

    マンションを買う前までは平日私に
    「家はどうするのか 買ってもいいよ」など言われてましたが
    夫曰く「カマかけだから対応するな」って言われてました。
    家にいくらあるのか?とかも聞かれましたがわからないと言ったら
    あなたが家計を管理していたら 話(同居)は 早いのに!と。

    その時ばかりは家計管理が夫で良かったと思いました。

    ユーザーID:0676600960

  • 嫌味に気づかず3年

    姑と2人きりになると嫌味を言われていたのですが、気づいてなかったので、帰宅の車中で夫に
    お義母さんに○○って言われたんだけど
    ○○って答えて、あれで良かったのかな?
    と、毎回、確認してました
    たまに実家の母にも相談していて
    3年位経ったある日、母から
    とても言いずらそうに「それ、嫌味だと思うわよ。全然、気づいてないから、言うのどうしようかと思ったんだけど」と言われて
    夫にも確認したら、気まずい顔になり
    あ〜そうだったのかぁ、となりました

    アポ無しも止めない人で10年我慢したけど
    娘が、突然現れるお婆ちゃんに号泣しても止めないので「ありがとうございました〜」と、手土産だけ貰ってドア閉めたら、怒ってアポ無しが止んだのよね
    もっと早く閉めれば良かったわ
    まぁ、半年後にアポ無し再開されたんで、再度、閉めてみました。これで終了したわ、アポ無し

    ユーザーID:6897312041

  • 共感します。

    トピに共感しました。
    愚痴に便乗させてください。

    私は40代で、まだ結婚1年目です。
    姑に会うたびに、嫌われている事を痛感してます。

    主人の実家へは、月に1度のペースで行っています。必ず食事を一緒にします。
    なので料理を2〜3品作って持って行くようにしていました。

    ある日、レンチンした料理が、まだ冷たいと主人に言われ、チンし直そうとした時、主人が味は間違いないからこのままで大丈夫だよ。

    冷た〜い空気と微動だにしない義母。
    下を向く義父。
    全く気づかない主人。

    この日を境に、料理は持って行きません。
    思い返せば、義父は料理の感想を一度も言った事がありませんでした。

    近所の奥さまにアドバイスを貰い、実践したのは
    ・知っていても へぇ〜そうなんですね
    ・ちょっとした事でも聞く、教えてもらう
    やっぱりここなんだと思います。

    しかし、後の祭りのようです。
    どうやって作るんですか? あなたなら簡単でしょ
    あなたがやって、あなたに任せておけば大丈夫だから、ねぇ〜お義父さん。
    ねぇ〜あなた料理好きなのよね〜♪を連呼

    先日の事です、料理好きなのよねぇ〜を連呼しながら、あなたの為に買ってきたのと、圧力鍋を渡されたので、つい大爆笑してしまいました。
    呆気に取られている義母に気付いて、「これだ!」と思い、その後はあっけらかんと過ごす事にしました。

    来月もあっけらかんを実行予定です。
    他には手段が見つからないので、引き続きご近所アドバイスも実行します。

    長々と便乗してしまいすみませんでした。

    ユーザーID:1656418542

  • そういえば

    結婚して初めてのお盆、夫の実家に泊まった翌朝
    「朝食の支度をお願いしようかしら?〇〇から聞いてるのよ?お料理とってもお上手なんでしょう?」
    と言われました。
    材料を適当に見繕って作るように言われるとは思わず
    ご飯だけは炊けていたのでお味噌汁とサラダを作って
    言われた通り目玉焼き(これだけ指定)を焼こうとしました。
    その時気を利かせたつもりで
    「皆さんお好みの焼き加減とかありますか?半熟とか、両面焼きが好きとか…」
    と言ったのですが
    「いいわよ適当でっ!」
    と吐き捨てるように言われました。
    私としては、しっかり火が通す派なら半熟は生で食べられないと思うし、時間差で焼き始めるだけなので大した手間でもないからと聞いただけなのですが…

    適当と言われたので6―7割黄身に火が通った状態で出したところ
    「んまー、お料理が上手で素晴らしいわーあ!」と言われました。
    目玉焼きごときで…
    そしてうまいうまいと食べる舅と夫。
    (出されたものは何でも食べる)

    姑さんは全体的に嫌味っぽい言い方をする人だったので、
    そういう言い方しなければまだ付き合いやすかろうに、
    それにしても、こだわり抜いた自慢の台所と言っていたのに、わけの分からん他人(私)に好きに使わせて平気なんて…?
    と思っていましたが、
    もしかしてあれは?

    …と、離婚して10年近くたった今思いました。
    嫁いびりのつもりだったとしたら…いびり甲斐のないこと!

    ユーザーID:1029414193

  • 些細な事さえ嫌な過去になるのは恵まれているから

    トピ主さんの混ぜご飯を、あまりにも皆さんが褒めたので、
    自分の事は褒めないのにと、思っただけだと思います。
    ウチの姑も私ばかり褒められると、ふてくされますよ。

    トピ主さんがお茶を点てる=恥をかかせると捉えるのは、
    何だか意味がわかりませんでした。

    混ぜご飯を作るようにも、お茶を点てるようにも、
    言っちゃいけない事なのでしょうか?
    私の姑は強烈な人なので、
    私の感覚が麻痺してしまったのでしょうか?

    >現在は姑も丸くなり仲は良いですが私は過去は忘れていません。
    こんな姑には絶対ならない。

    たぶんトピ主さんの姑さんはそこそこ良い方なので、
    物凄く小さな事さえ
    酷い事だと感じてしまうのかもしれませんね。
    羨ましいです。
    トピ主さんはどんな姑になろうとしているのでしょうか?

    ユーザーID:9255759864

  • レンチンしたけど冷たかったエピソードが?

    良く分かりませんでした。
    どの部分がイビリ?

    持参した料理をレンジでチン
    夫にまだ冷たいよと指摘される
    温め直そうとするも夫がこのままでも美味しいからいいよという
    冷たい空気、微動だにしない義母に下を向く義父

    義父母も、冷たくても美味しいよ!と持ち上げなければいけなかった?
    分かりません。

    ユーザーID:8476880277

  • どなたか教えてください(笑)

    結婚後は、義母の話すことは嫌味か皮肉か詮索かいずれかしかなかったので、あぁあれは嫁いびりだったのかー、はないのですが(私は嫌味だとは気付かないフリをしてとぼけて返答していたので、義母は私が馬鹿だと思っていたかもしれませんが)、
    結婚前のことで謎なことがあります。

    お付き合いしているときに、彼(現夫)に実家に泊まりに来るように言われ、私は結婚がきちんと決まるまではそのようなことはしたくなかったのですが、「『これから付き合いの長くなる子なのだからどんな子か知っておきたい』と母さんが言っている」とのことで、お断りすることはできないな…と泊まらせていただいたことがあります。
    (遠距離恋愛中で、彼の実家、私の住まい、彼の住まいはそれぞれ違う県でした。)

    お風呂、嫌でした…
    そして、用意していただいたバスタオルなのですが、とてもフカフカ(?)だったのですが、毛玉?というか、毛くず?そういう物質に覆われていて、体を拭くとゴミのようなものがいっぱい付くのです。
    これは一体何だ…と慌てました。
    タオル自体は柔らかかったので、そのときは、気を遣っていただいて柔らかくなるように?か何かしたら、逆にこうなったのかな…なんていいように捉えようとしたんですが(とにかく緊張していましたし)、後にも先にもあのようなタオルに出会ったことはありません。
    (汚部屋とかでなく、とても清潔にされているお家です。)

    あれは嫌がらせだったのかな、とあるとき思ったのですが、わざとそのような状態にすることができるのだろうか、というのが疑問で。


    ちなみに現在ですが、子どもたちのことはとても可愛がってくださるので、私はもう「孫の親」として接している感じです。
    新婚当初、毎日朝晩私の携帯に(詮索の)電話が掛かってきてノイローゼになったこともあり、いろんなときを経てですが、今は連絡も子どもたちにしてもらっています。

    ユーザーID:3859591651

  • ない

    というか、今も気づいてないだけか?

    結婚して40年以上、二世帯同居。
    身内の集まりも多いけれど、嫁いびりと感じたことはないなあ。

    そう言えば、
    新年会などで料理を作った時に、皆の前で味に関して文句っぽく言われたこともあったけど、

    「今人気の、どこどこのお店のレシピで作ったんですよ」
    「お義母さんには合わないかな」
    などと返すこともあったので、私のほうが姑いびりしてたのかも。

    今は私も姑の身。
    お嫁さんはけっこうきつい(苦笑)
    でも、しっかり者で頼りになるけどね。

    ユーザーID:5823794667

  • 賞味期限2年も過ぎてた

    新婚の頃義実家に行った時、他の人からお土産にもらったというチョコ菓子をくださったので、ありがたくいただいて帰りました。

    甘党の夫とは、夜にコーヒーを飲みながら甘いものをつまむのが習慣で、その日の夜はいただいたお菓子を食べよう!と一緒にコーヒーを淹れて箱を開けたら
    、虫がわいていてドン引き。賞味期限を確認したら、2年も過ぎていました。
    お義母さんって、相当大雑把な人なのねーって2人でため息をついたのですが。

    これ、きっと嫁いびりですよねー。
    私が1人で食べると思って渡したんでしょうね。

    それ以来、お義母さんからいただいた食べものの賞味期限チェックは夫が担当してくれる事になりました。めでたしめでたし?

    トピ主さんのお話、ほろりときました。気づいてしまってからも、仲良くされているんですね。
    私は、子どもの事でどうしても許せない事を引きずっているので、今は最低限のお付き合いです。

    ユーザーID:8699261765

  • 遠方でよかった…

    私も最初は嫌味を言われているとは思っていませんでした。
    義母はおっとりした優しい雰囲気がありますが、実際は自分の家事や育児には絶対的な自信がある言動が多かったので、少しずつ違和感を感じるようになりました。
    何となく、義母よりも私の方が出来る事が多いと、彼女の機嫌を損ねるような感じを受けていました。
    なので、会った時は私はあまり料理が得意ではないような素振りをしたり(実は中高生の頃から家の食事作り等の家事していたのでので、得意)、勉強も出来ないふりして、ちょっと頭が悪そうな嫁を演じてバランスを取っていました。
    遠方で滅多には会わないのでそれが出来ていました。

    でも、それすらめんどくさくなって、最近はもう演じるのをやめて、自分らしく振る舞うようにしています。
    思いっきり嫌味言ってくる時は、こっそり仕返しをしています。

    ここ数年お歳暮に百貨店セレクトの鍋セットを送っていたのですが、去年義母に会った時に
    「今回のは大丈夫だったけど、その前のは本当に魚の生臭さがひどかったのよ!!」
    と、言われました。
    贈り物にケチをつけられるとは思わず、びっくり。
    ムカついたので、今年のお歳暮からは値段のランクを落とす事にして、お菓子のセットにしておきました。

    あとは、息子のピアノが聴きたいと言うのでLINEで動画を送ったら、後日夫に、
    「この間送ってくれた動画って容量大きいわよね。そのせいか、もう通話出来なくなりそう。」と文句を言っていました。
    Wi-Fi繋いでいないのは義両親の都合であって、こちらは知らなかった事なのに。
    「Wi-Fiどうしてつながらないの!?」と夫に文句を言ってきて、流石にいつも義母を庇う夫も、
    「いや、それは業者に聞いてよ。俺らは何も出来ないけど。」と言い返していました。
    ムカッときたので、もう息子の動画は送るつもりはありません。

    ちょっと愚痴を吐かせてもらいました。

    ユーザーID:8299640252

  • 結婚して20年

    果てしなくありますが先ずはほんの一部。

    1私の結婚式の時に夫の姉(私より12歳上で、当時40歳)を着飾らせ、花嫁の私を綺麗だとお世辞で褒める来賓に向かって「たいした事ない、うちの娘は子供が3人も居るのに女優並みに華麗なんです!◯子、◯子こっちにいらっしゃい!」と娘を呼び寄せ胸を張ってドヤ顔したこと。

    2とにかく嘘つき。
    私を貶める為の嘘は感心するくらい素晴らしいです。口が達者なので初めは誰しも姑の話を信じます。私に文才が有れば小説にしたいくらい。

    3嫁が褒められると涙を流して正気を失いそうになる。

    現在の姑は歳を取り丸くなるどころかパワーアップしてるそうです。
    もう4年会ってません。

    ユーザーID:8076755157

  • あー

    4日目の生クリームたっぷりのケーキ。
    私だけがいる時に出してくれてましたが、もしや。
    私が拭いたあとに拭き直しも。
    育児で困ってる事ない?とか聞いてきたのも?
    ありませんと言ったらつまんなさそうにしてた。


    今思えば。

    離婚したけど。

    ユーザーID:9011019762

  • たぶん好意

    色々あって、どうしてもうまくいかない嫁と姑です

    こういっちゃなんだが、あまり賢くはない人ですので
    いじわるに関しては自滅する方が多いです

    目指すところは
    良好な関係はもうあきらめて、もめない関係です

    気が付かなかったとはいえ、
    トピ主さんは最終的に仲が良いのですから
    いつ心境の変化があったのだろうかと思います

    やっぱり孫の存在でしょうか?

    うちの姑も口では仲良くしたいというんですけど

    何をしても話しても否定しかしないので
    どうしても嫁のことは気に入らないのだろうと思います

    そういう矛盾した気持ちが、嫁いびりになるんだろうと感じます
    人のことを試すというのは、愛情の確認でもあると思います

    嫁は嫌いでも嫁に嫌われたくない
    こんなことされて、喜ぶはずもないのにおかしな話です


    さて、私の話になりますが
    たくさんエピソードはありますが、最初の一つだけ

    遠距離住まいですので帰省は泊りがけです

    一番最初に宿泊した際に、差し出されたのはパンツでした
    パジャマのズボンではないです
    下着のパンツです

    ちゃんと新品でしたよ(そういう問題ではない)

    姑からもらったパンツ

    どうしても、受け取ることができませんでした

    宿泊するのがわかっているから、普通は準備してくるでしょう

    パンツはあっても
    歯ブラシの準備はないんですよ

    パンツを準備するっていうのは、私の中には全くないので
    いまだに理解しかねます

    ユーザーID:4816338970

  • 同居なので色々ありました。

    一言では言い尽くせませんよ!笑
    私は身を持って学習したので息子のお嫁さんとの関係は良好。
    干渉しない、出しゃばらないを気を付けています。
    娘を持つ母親は娘とお嫁さんを決して比べてはいけません。
    私は息子だけなので良いですが、娘と嫁を比べる姑多いんですよ。
    決して娘が嫁より出来ている訳でも無いのに。
    面白いですよね。
    性格だと思いますけどね。
    急に意地悪な姑には成りません。
    若い時から意地が悪い、根性が悪お人が嫌な姑になるんでしょうね。

    ユーザーID:8007481879

  • 嫁いびり? をいびりだと確信した瞬間

    姑は昔、それはそれは大姑から嫁いびりをされて
    いろいろあって入院して生きるか死ぬかの騒動になったそうで
    なので「俺の母ちゃんは、嫁いびりはしないとを公言している」と
    夫から言われていました。

    が、何かおかしい。

    結婚が決まり、新居の片付けをしていました。
    夕ご飯は近所の夫実家で食べる予定でしたが
    家電製品が届くのが予定より遅くなり
    約束の時間に間に合いそうになく
    「先に食べていて」と、お願いしたのに。

    1時間遅刻して夫実家に到着すると
    冷めきった料理を前に、夫家族が手をつけずに待ってました。
    夫は「先に食べてって言っただろう」と、言いましたが
    すると姑は私の顔を見て
    「そういうわけにはいきません。時間通り来てちょうだい」と。で、私が
    「みなさん、お待たせしてすみませんでした」と、謝罪する羽目に。

    スーパーで一緒に買い出ししたとき
    「私、この食材苦手なんです」と、言っているのに
    買い物カゴに入れて食卓に出されたり
    私が家族の昼食を作ることになったとき
    「量はどのくらい用意しますか? これぐらいで大丈夫ですか?」
    と、聞いているのに
    「まかせる」しか言わず実際に出したら
    「足りないわねぇ」と、言って2品をちゃちゃっと作ってドヤ顔されたり。

    夫や友人に相談しても「気にしすぎ」と、言われまたのですが。

    ある日、夫と大げんかをして私は実家へ帰りました。
    一時期は本気で離婚を考えたほどで
    2週間の別居後、再構築することに。

    「ご心配をおかけしました」と、義両親へ挨拶へ行くと、
    義母が私のほっぺを軽く、本当に軽くですがペチッと叩いて
    「本当に、心配させて」と、言ったのです。
    笑ってたけど、目は笑ってなかった。

    あぁ、これは嫁いびりだと確信した瞬間でした。

    夫とはいろいろあり離婚しました。
    夫はその後再婚離婚を繰り返していると聞いています。

    ユーザーID:7028400768

  • そういえば…

    結婚18年、40代女性です。
    思い出したのは、2つ。
    結婚前の両家顔合わせ、両親+本人の合計6名
    簡単な食事会でしたが夫の両親が「忙しくて…」と3ヶ月先送りに。私は呑気に忙しくて大変だねーと心から思ってました。
    結婚後、初めてのお正月に(夫の)実家にご挨拶に伺い、沢山お菓子や缶詰をお土産に持たせてくれました。
    自宅に帰って、ホッと一息。お菓子を食べようと何気なく見ると…切れてました。賞味期限。缶詰もすべて。。。よく集めたな。

    ユーザーID:2123309478

  • トピ主です。どうもありがとうございます

    皆様貴重なお時間を割いてレスしてくださってどうもありがとうございます。
    皆様のエピソードを興味深く拝見しています。

    そう気を立てなくても良い、おっしゃる通りです。
    私の気のせいの可能性もゼロではないので気をつけます。
    共感してくださった方ありがとうございます。

    お茶を点てたエピソードですが、やはり夫の実家に呼ばれて行くと、姑の友人が3人いました。
    お茶道具が用意されていて姑が『点ててみなさい』と。
    実はそれ以前に『茶道を習ったことがあるか』聞かれていました。
    私は実家で家族だけでいただいてはいましたが、正式に習ったことはありません。
    ですので『習ったことはない』と答えていました。
    姑はそれを覚えているはずです。
    でも点てるように、しかも初対面の人たちの前で言われたので『申しわけありません。できません』と言いました。
    しかし姑は『教えてやるからまず点ててみなさい』と。
    よその人の前では点てたことがなかったので絶望しましたが、有無を言わさぬ口調だったので、まちがっていたところもあったと思いますが点てました。
    すると姑の友人たちが『お上手ね』などと褒めて(慰めて)くださいました。
    友人たちが帰った後、姑に『なんでできるって言わなかった?!』と怒られ、実家の事情を話しましたが、『騙した』と言われました。
    習っていないのは事実ですし、できますなんて言えるレベルではありません。
    しかしこのことで姑はひどく怒りました。
    後日落ち着いて考えた時、姑は私が点てられないと思っていたはずなので、混ぜご飯の時と同じように、友人たちの前で私が無様な姿を晒すことを期待していたのだろうという結論に達しました。
    長々とすみません。

    引き続き皆様のエピソードを拝見したいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:2970914930

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 嫁姑って

    どっちもどっちですね。

    エピソードを書かれている方の多くが、とても自分本意な文章を書かれてるなぁと思いながら読みました。
    書いたご本人は当然分かるのでしょうけど、読み手にはイマイチ(中には全く)伝わらない書き方。

    そして、『私の方が優秀だから』嫁いびりされたのと、どこか自慢気で姑を見下す感じ。

    それって、嫁いびりと同レベルですよね。

    私も嫁の立場ですし、舅姑に対して思うところもあります。
    でも、それは舅姑だって同じこと。

    こういうのは相手が嫌なんだなって気づいたら、やめればいいだけ。

    嫁姑の関係性って、子供たちはよーく観察してます。
    聞いてないようで聞いてます。

    お互いのちっちゃいプライドをかけた小競り合いなんて、子供に見せても良いことなんてひとつもありません。
    将来、それが我が身に降りかかるだけです。

    他人のエピソードを聞いて、どうしたいのかなって思ってしまいます。

    ユーザーID:9405966835

  • 私だけ座布団がない

    家族団らんで手作りのお料理をいただく。
    ある日、気づきました。

    私だけ座布団がない。
    姑がお茶を入れにいった瞬間「あら、あら、お味噌が溢れちゃったわ」と姑の座布団を「干して」おきました。

    「これ、美味しいでしょ?」栄養士だった実母に比べたら、死ぬほど不味い酢の物。

    こっそりお酢の賞味期限をみたら、10年前でした。
    「自信あり」の漬物は雑巾みたいな味。身の危険を感じた物は「すべて」

    最愛のあなたの息子殿に「お腹がいっぱいではいらないわ」と完食させております。

    「義理母様、私に盲目な息子殿、この激不味料理…涙目で食べておりまするぞ。止めたれ」

    ユーザーID:3877895100

  • 無いなぁ

    結婚して30年、義実家の両親は今も健在です。

    所謂「嫁いびり」というのはされた事が無いです。

    スープが熱々のうちに着いてしまう距離の場所に住んでいますが、訪問する事もお互いに滅多にありません。

    だからと言って別に仲が悪いわけでも無く、おそらくお互いに面倒な付き合いはしたく無いのだと思います。

    姑から見ると、やはり私は他人ですし姑の娘たちとは扱いも言っている事も違う時があります。

    ですがそれは仕方のない事で、今では姑の言う事を真に受けないようになりました。

    うちの場合、姑よりも舅の方が強烈な性格なので、どちらかと言えばそっちの方が大変だったかもしれません。

    嫌な気持ちになった事が無いわけではありませんが、それはお互い様かもしれませんし、辛いと思った事もないですし姑は基本は良い方なので、私は幸せなのだと思います。

    ユーザーID:0841393804

  • うーん

    ワーママさんのお姑さんに似ています。
    うちのお姑さんはいわゆるぶりっ子です。

    耐えて耐えて涙を溜めて、思い通りにしたい人です。
    (悪気はなくそうやって生きてきたのだと思います)

    私は泊まった時に汚れたショーツを出せと言われました。恥ずかしくないから、見ないから、洗濯機に入れるだけだから!とか(毎年攻防があり私は母にも洗わせないのでたった一泊で汚れたショーツに固執する意味がわからない)、夫と一緒に風呂に入るように言われたり(電気代節約かな?と洗面所で別々に入りましたが)、田舎で部屋も布団も余るほどあるのに、ある日ダブルの布団に寝かされたりとか、「夫にもっと甘えなさい!」と言われましたが、子作りしろって事だったのかな?甘えるって何だろう、て、つまり夜をその気にさせて誘え?て事だったみたい。

    子供作らない約束で晩婚だったのですが。それを言ったら、聞いてない、離縁だ!と騒いでいました(両親同席の話で母に言ったら覚えてました)。

    あと、義姉さんが昔の服で誰のか分からない、ゴミだと思うけどなんか捨てられない、て持ってきた破れた中学時代の漫画が描いてある黄色いトレーナーを、結局誰のか分からないと確認して捨てたのに、それを拾って私の部屋着として毎年出されます。
    「お友達を見回して私のように出来た姑なんてみんな持ってないでしょう?なんで懐いてくれないの?私は姑にいじめられたから親切にしてるのに!」て泣かれましたが、話が通じなくて私も泣きました。
    夫もかあちゃんは純真で悪気あるわけないじゃんと言うのですが、近所の悪口も結構聞きますけどね「〇〇さんたら悪口言って信じらんない!」←という悪口

    女子高生みたいな方です。だから悪気はないのだろうけどつらいです。

    ユーザーID:5565022422

  • 謙虚に受け止めればいいのに

    姑さんのしたことが本当に嫁いびりだったのかはわかりませんが、20年も気づかなかったならひどい嫁いびりとは言えませんよね。
    トピ主さんはちょっと天然なのかもしれませんが、ひどく罵られたりしたらさすがに20年気づかないなんてことはないはず。
    気づかない程度のトラブルしかなかったなら恵まれた嫁姑関係なんじゃないですか。

    どんな仲良い親子でも夫婦でも何十年もつきあいがあれば嫌な思い出のひとつやふたつはあるはず。
    それをあげつらって「虐待された」なんて言いますか。

    働いた経験だってあるんでしょ。
    辛い思い出はひとつもないんですか。
    総じてプラスなら、プラマイゼロならまあまあうまくやってきたってことでしょう。
    自分だって気づかず人を傷つけてるはずなのに。

    私はトピ主さんは幸せな嫁、恵まれた嫁だと思いますよ。
    20年30年つきあうことになる姑に一度も嫌な思いをしたことない嫁なんているかしら。

    ユーザーID:2458776554

  • お気に障ったら申しわけありません

    トピ主です。
    皆様引き続きレスやポチをどうもありがとうございます。
    愚痴としてトピを立てたのですが、お気に障ったら申しわけありません。
    おっしゃる通り、私は私の視点でしか捉えられておりません。
    そこでお姑さんとトラブルになった時の皆様の対処方法などを教えていただきたかったのと、私も吐き出して楽になれたのでそういうトピになればと思ったのです。
    おこがましさを反省いたします。
    お気を悪くされた皆様、申しわけありませんでした。

    ユーザーID:2970914930

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • どうもありがとうございます

    再びトピ主です。
    更新のタイミングに合わず何度も申しわけありません。
    私がトピの混ぜご飯のことに気づいたのは10日後ぐらい、レスのお茶のことに気づいたのは数日後ぐらいです。
    このトピを立てるきっかけになったのは、たまたまご飯が余ったので、何にしようか考えていたとき、20年も前の混ぜご飯を思い出しました。

    10年前ぐらいまでは散散罵られました。
    大変高圧的な人なので私が言い返すことは許されません。
    現在姑とは仲が良いです。
    昨日もLINEのビデオで話しました。
    恵まれた嫁だと感謝しております。
    兼業主婦です。
    説明不足で申しわけありません。

    ユーザーID:2970914930

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧