俳句に応募して 凹んだ話

レス18
(トピ主2
お気に入り95

趣味・教育・教養

しましまのバンビ

投稿が趣味で、新たなジャンル〔俳句〕にも挑戦してみようと思い とある雑誌で募集している俳句コーナーに、3句程度出してみました。

しばらくして、選者の方からダメだしの内容とも取れるコメントが郵送で返って来ました。
(手間や時間をかけてご返信して下さった事は分かるのですが、信書などの挨拶文はなく淡々としたコメントのみで、駄目な作品を送ってしまった事に凹んだのと、知らない住所からの突然の手紙に驚いてしまいました。)

俳句は選者の方からコメントや添削のような内容が、返ってくることはよくある事なのでしょうか?
俳句教室のように。

今まで俳句の世界について無知でしたので詳しい方教えて下さい。
どうぞ、よろしくお願いします。

ユーザーID:3253936284

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • 俳句研究なら添削もありかと

    公民館の句会に長年参加していたものですが、主宰いわゆる先生からの添削は俳句研究としてありです。
    またうまくなろうとすると、添削なしでは上達しないです。
    主宰が読んでみて、今一つに感じたため、添削して送ってきたんだと思います。
    私は学生時代国語の成績は良かったんですが、なかなか俳句を詠む人口は少ないと思うし、学校の中で、そうたくさんの人数の人が詠めるわけではないと思います。
    その中で、投稿してみようと思われるだけ立派だと思いますよ。
    俳句は詠めるようになるまで時間が少しかかります。句会に出ても、最初の何か月は、遊びに来ている程度だと思います。初心者の句を導くのはやはり、先生の添削ですね。
    ぜひこれに懲りずに、俳句の投稿を続け、句会にも参加されますように。

    ユーザーID:3176942148

  • そういうものかと

    わざわざ添削して送り返して下さった良い選者では?

    添削自体は極普通の事だと思いますし、それで駄目出しをくらったと落ち込むような事ではないですよ。
    そういうものかと。

    ユーザーID:1105725957

  • 郵送で!すごいですね

    それって、返信用の封筒や切手を同封していないのに、わざわざ郵送でお返事をくれたのですか?

    もし切手などを同封していたなら、何かしらの返事が来るのはむしろ妥当です。
    しかしそうじゃないなら、単純にその雑誌がすごい。
    令和の時代にわざわざ郵送費を向こうで持って添削してくれるサービスなんて、通信教育でもありえないですよ。

    他の方のレスも楽しみです。
    俳句の世界ってこういう文化あるんですかね?

    それか、トピ主さんが将来有望すぎて、添削せずにいられなかったというのも考えられますよ。
    「ちょっと直せばこの人は名人になる」と思われたとか。

    ユーザーID:7609437823

  • 返事が来るなんてすごい

    文面からすると、無料の添削コーナーに投稿したわけではなさそうですね。私はかつて、短歌・俳句を投稿していました。かなりの確率で載せて頂いていました。時を経て、おととし、某テレビ番組のサイトから投稿しましたが、箸にも棒にもかかりませんでした。返事なんて、返ってこなかったですよ。才能があるとみて、無視できなかったんですよ。選者にそういう行動を起こさせるほどの作品だったんですよ。自信を持っていいと思います。

    ユーザーID:0979679084

  • いい雑誌ですね

    投稿しても、その作品が雑誌社に着いたかつかないかもわからないまま埋もれていく事の方が多いと思います。
    きちんと選者から添削やコメントがついて帰ってくるなんて、とてもいい雑誌だと私は思います。
    俳句に限らず、小説でも音楽でもマンガでも、絵画や手芸作品でも、投稿して優劣を競う場に出すという事は批評が欲しいという事。
    もちろん投稿するのは自分の作品に自信のある人が多いけど、より一層上手くなりたいとアドバイスが欲しくて投稿する人も多いです。
    町の俳句教室の先生より、雑誌などの選者はその業界では名前が知れた人だったり、センスの良さで成り立っているわけですから。

    「うまいうまい」と誉め言葉だけなのは、仲間内だけの事ですよ。
    それだって口が悪いお仲間がいればけちょんけちょんにやられますしね。

    ユーザーID:1999983325

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私なら……

    俳句だけでなく
    その他の芸事にも何の才能も無い還暦前の者ですが
    私なら自分が投稿した作品に選者からのコメントが得られたら
    例えそれがどんなに辛辣なものでも嬉しいです。
    だってそのコメントをアドバイスにして次回の作品に繋げられると思うから。

    そして少しでも上達できるように
    投稿続け選者にも[上手く名ってきたな……]って思って貰えるようになりたいです。

    [下手なお世辞]より[辛辣な意見]の方が人は伸びると思っています。

    文化・芸事は捉える方の感性も重視されるので
    10人中9人が酷評しても1人は感銘することもありますからね。

    ユーザーID:8865708647

  • 無料でプロの添削!得難い経験ですね

    選外の作品なら、そのまま廃棄でもおかしくないのに、わざわざ添削して返却してくれるとは親切な雑誌編集さんですね。
    もしかしたら、厳しく添削はされているけれど、少し見込みがありそうだから添削してくれたのかもしれませんね。
    または、応募するときに、作品の返却を希望するかしないかを選択するところがありませんでしたか。もしかしたら、返却希望を選んでいたか、返却不要にチェックを入れなかったとか、ありませんでしたか。返却を希望する形になっていたら、ただ返すだけでなく添削してくれたのでは。せっかく応募してくれたなら、ただ返すより一応は添削はしてあげようと。
    選外の作品だからとポイと返すのではなく、あなたの作品にプロが向き合ってくれたのです。雑誌側も読者を大事にして、応募作品は平等にしっかり選考していますよ、向き合っていますよ、という姿勢を表したのかもしれませんね。
    自分の作品を無料で添削してもらえるなんて、なかなかある事ではありません。得難い経験が出来たと思えばいいのでは?

    ユーザーID:5601921479

  • 有難いことだと思うけれど

    添削無用なのですね?

    真摯に有り難くそのダメ出し(?)コメントを受取
    自分の糧にしたらいいのに、残念な考え方をされているようですね。

    褒められて、掲載されると勘違いしていたのが、
    ダメだしされて凹んでしまってお気の毒です。

    俳句に関しては新ジャンルと書かれているので、初心者なのでしょ?
    せっかくのアドバイス本当にもったいないと思いますよ。

    ユーザーID:7589906305

  • 書き方にもよる

    私の子も、作文の添削で「ダメだし」をされたことがあります。

    「○○と表現した方がいい」「○○だと伝わらないので、別の表現にすべき」などではなく、もはや「人格否定?」と言いたくなるような添削でした。

    クレームを入れようかとも思いましたが、「今後利用しない」ことにして、クレームはいれませんでした。

    トピ主のケースは分かりませんが、「添削は、どんな形でもありがたい」とは限らないと思います。

    ユーザーID:5589553979

  • 添削の内容ですが…

    トピ主です。思ったより多くのコメントを寄せて頂けて嬉しいです。ありがとうございます。

    添削の内容ですが、字余りを指摘され 〔俳句は五七五の文芸だ〕と書かれていました。

    表現するにも、こういう言い回しがある という添削なら、おぉ〜と思えたかもしれませんが(幅が広がって参考になる)

    五七五で応募して という伝言なら、個別に伝えずに、応募事項に追加されたほうが良いのではと思い、モヤモヤしてしまいました。

    ユーザーID:3253936284

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 当選させれなかったのでは?

    それは多分
    「素敵だ!でも字余り!勿体ない!」
    と思ったんですよ。

    ずば抜けて素晴らしい絵を描いていても
    「猫の絵」の大会で
    「犬の絵」を提出されたら
    優勝に出来るわけがないですよね。

    だってそれを最優秀作品に選んだら
    猫の絵を描いた人たちが
    「なんだよ、どう見ても犬じゃん!
    審査員おかしいんじゃないの?
    もう二度と応募するもんか」と
    ガッカリします。

    「猫の絵」という大会での
    テーマの部分は
    テーマに合わせて描いて応募した人達の為に
    必ず守る必要があるんです。

    今回は「5.7.5」を守っての応募が
    大前提だったのでしょう。

    俳句を勉強している人も応募していますから
    季語がないとダメ、この言葉は使わない、などの
    細かいルールなども大会によっては
    守る必要があるのかもしれません。

    わざわざ応募してきた人全員に
    返送していたらハガキですら
    1通あたり60円くらいかかりますよね?
    普通指摘しないですよ。

    少なくとも嫌がらせで送る程には
    暇じゃないでしょう。
    顔も知らない人に嫌がらせしても
    なんにもなりませんから。

    多分トピ主さんの俳句は指摘したいくらい
    面白みがあったんですよ。

    「これすごくいいんだけど
    575じゃないから選べなくて悔しいよ、
    言い方をかえたりしながら
    5.7.5に合わせて再挑戦してください」
    という意味で送ったのが

    文章が単略すぎて伝わらなかったのかな。

    意図が伝わるような
    手紙の文章勉強して欲しいですね。

    才能があるのでしょう、
    落ち込まずに再挑戦ファイトです。

    ユーザーID:3011116621

  • 私も思った 勿体無い説

    多分、惜しいっ!と思われたのですよ。その先生。

    みずみずしい感性に「これはっ」と思ったけれど、あまりに自由過ぎて選出不可だったのだと思います。

    こういうのって、賛否が分かれるものなのですよ。突飛なものはいいんですけど、過ぎると通せないんです。ルールの線引きがなくなると困るんです。

    しかし直筆でそんな返信がくるなんんて。余程心に残ったのでしょうね。
    どんなものだったのかそっちに興味湧きました。

    ユーザーID:6330661973

  • すごい

    普通、単なる雑誌の俳句コーナーへの応募作に、郵送でコメントなんて返信もらえません。

    きっと、トピ主さんにすごい才能を感じたんですよ。
    「才能あるのに!字余りで惜しかった!今度は君の字余りでない作品を是非みてみたい!」という気持ちから、わざわざ郵送でコメント送ってきたのだと思います。
    言い方はぶっきらぼうだったかもしれませんが、きっとそのお手紙は、あなたへの期待の表れです。

    ぜひ新しい作品を作って、またご応募を!

    ユーザーID:1946601476

  • ちょっと不気味

    以前友人が俳句をどこかに送って、変な人から手紙が来たと言っていたことを思い出しました。
    詳しくは聞けませんでしたが、気を付けた方がいいねと言う話をしたのを覚えてます。
    個人的に返信があるなんて怖くないですか?
    数ある中からわざわざ添削して送ってくるなんて不気味です。

    ユーザーID:2007121759

  • ダメ出しですか?

    書き方にもよるし、文章の受け取り方もあると思いますがね。
    まず、トピを読んだ限りでは俳句は始めたばかりなんですよね?ずっと勉強していたならすみません。
    字余りや破調の句もある事は知ってますが、俳句と言えばまずは五七五が基本ですから、応募事項に五七五でとはわざわざ書かないでしょう。
    「字余りの句は受け付けないの?だったら募集事項に書いといてよ」というはどうなんでしょう。
    他のレスにもあるように、「字余りじゃなかったらな…惜しいな」という可能性もあります。
    あと、初めは基本に忠実に詠んだ方がいいという事を伝えている可能性も。
    字余りでも許される句は玄人のものだと思いますよ。

    ユーザーID:7420232246

  • 個人情報漏洩?

    「私なら嬉しい」との意見もあり、ビックリです。

    審査に投稿者の住所は必要ありませんから、通常は分からない状態で審査すると思います。
    (投稿者の住所がオープンなら、それこそ問題)

    もし、必要があってトピ主に連絡するなら、雑誌の出版社名で返信するでしょう。
    今回は、審査員の住所なのだから、出版社は絡んでませんよね。

    「知り得た個人情報を目的外に使う」ことすらルール違反なのに、必要のない相手に個人情報を提供するなんて、下手したら法にも触れるのでは?

    俳句も投稿するために送ったのです。
    勝手に添削は、「個人の作品を目的外に使用した」のです。
    善意だから良い、などの問題ではありません。

    出版社にクレームを入れるべきだと思いますよ。

    ユーザーID:9602357981

  • そうですね

    返信されると思わなかったものが突然返ってくるとびっくりしますよね。

    トピ主さんはそのジャンルでは初心者とのこと。
    字余りなどを味として使えるのはそのジャンルでよほどこなれた人ではないでしょうか。
    初心者の句と思えるのに最初から字余りで送ってくることに、まずは俳句の基本をきちんとしましょう、と伝えたかったのでは。
    適当な遊びならいいですけど、本気でやっている方々にとって、型が出来ていない人が型破りをするのはよろしくないと基本の大切さを教えてくださったのでしょう。

    しかし伝え方によっては本意が伝わらないので、今回は伝え方もよろしくなかったようで、ちょっと残念ですね。

    ユーザーID:2968750375

  • トピ主です 追記

    沢山のアドバイス、ありがとうございました。

    惜しい作品だと思われた、基本が大事とのご意見も参考、励みになりました。

    出版社に問い合わせた所、選者側に 作品、応募した方の住所、氏名、年齢、電話番号等、記載した内容もそのまま渡している。

    添削し、直接連絡を取ることを許可されているとの事でした。

    応募事項に無いことだったので、驚いた旨をお伝えしました。

    私が個人的に感じた事は、
    作品よりも、年齢や職業等のプロフィールとも取れる部分を見て、添削・コンタクトしてみようと興味を持たれたのならば、ちょっと怖いなと感じる、です。

    出版社を通じての連絡ならその印象も違っていました。

    物事を知る良い勉強になったので、今後に活かしていきたいと思います。

    ユーザーID:3253936284

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧