• ホーム
  • 学ぶ
  • 帰国子女入試(高校)は、一般入試よりかなり有利ですか?

帰国子女入試(高校)は、一般入試よりかなり有利ですか?

レス21
(トピ主1
お気に入り103

趣味・教育・教養

トライフル

お世話になります。
現在東南アジア圏に駐在しており、日本だと中学2年生になったばかりの息子がいます。
息子は現在インターナショナルスクールに通っていますが、高校は日本で行こうと思っています。

準備を始めているところなのですが、偏差値70近い有名私立の付属高のどこかに入れたらいいなと思っています。

息子は、学校の成績は中の下くらい(インターに行き始めて1年ほどで、小学校は日本人学校でした)。ですが、英検は2級まで取れました。

先日、力試しにと海外子女向けの模試を受けさせてみたところ、3教科で偏差値が50程度でした。
ただ、海外子女はそもそもレベルが高いこと、実際の帰国入試は受験する母数が多くないので、表に出ている偏差値よりもかなり入りやすいと、知り合いのお母様たちに聞いたので、この模試結果にそこまで翻弄されないようにはしています。

親としては日本でできるだけいい学校(できれば大学までストレートで)に行かせたい気持ちがありますが、本人は高校もインターでもいいと思っているようです。(駐在期間は不透明ですが、あと2〜4年あります)ただ、大学受験の方が難しそうだし、高校で有名大の付属に入る方が楽なのかなと・・・。

それとも、帰国入試は、面接や評定の方が重視されるでしょうか。息子は、英語はできますが、スピーキングはまだあまり自信がないようです。

ユーザーID:0571510871

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
  • そんなに簡単ではありません

    うちも帰国組です。
    偏差値70を超える関東の大学付き附属高に帰国入試で合格できる子は、日本の公立中学にいても公立トップ高に受かるくらい学力レベルのある子達です。それはインターであろうが、日本人学校であろうが学力が高い子は大丈夫です。

    ただ、その子達は帰国子女の中で偏差値50という訳ではありませんよ。確かに帰国子女の学力レベルはかなり高いですが、偏差値70を超える附属高に受かる子達は、帰国子女の中でもトップグループにいた子達です。

    比較的入りやすいというのは、偏差値70未満の附属高だと思いますよ。

    ちなみにうちは、日本の公立トップ高に進学しましたが、結局附属高付きの大学(偏差値70超え)に進学しましたので、それなら初めからそこの附属高に帰国入試で入っていたら大学受験は無かったのにね、と話しています。

    ユーザーID:5170224838

  • もっと情報を集めましょう

    日本人学校がある地域ならば必ず日系の塾がありますよね。模試もそこで受けたのではないですか?普段はそこで受講してないんでしょうか。

    すぐにでも塾に連絡して相談をするべきでは?

    帰国の中学受験ですら、難関校は英検準一級が最低ラインなのは常識でしょう。小六でもすでに一級合格者がしのぎを削るのが帰国受験ですよ。
    中二で二級で英語が出来ると言えてしまうお母様はちょっと心配です。

    アメリカのレベルの高い現地校で良い成績を納めながら日系塾で早くから受験の準備をされているお子さん達が、息子さんのライバルです。

    また、高校受験であれば駿台模試を受けましょう。駿台模試は難関校志望の生徒が中心に受けるので偏差値は低めに出ます。

    駿台模試で偏差値65あれば、早慶おそらく全部合格、60あればどこか一つは合格、55くらいが当たって砕けろの最低ラインと言われています。
    帰国生模試で偏差値50だと、駿台では40あるいはもっと下を覚悟した方が良いでしょう。

    ご質問ですが、早慶の高校は入試当日の点数が最も重視されると思います。また欠席日数が出来るだけ少ない事も大切です。

    帰国入試は親の情報戦でもあります。知り合いのお母様方はあなたのお子さんの受験に責任は持ってくれません。受け入れやすい情報だけを鵜呑みにされませんように。
    お子さんのために頑張って下さい!

    ユーザーID:9870022845

  • 入った後を考えよう

    >偏差値70近い有名私立の付属高のどこかに入れたらいいな
    >3教科で偏差値が50程度でした

    偏差値50のお子さんを偏差値70の高校に入れたらどうなるかを考えましょう。
    お子さんは成績最下位周辺部に位置します。
    高校での評価は「できない奴」となります。
    お子さんの生活の大部分を占める高校生活において、厳しい評価をされる。
    その事を考えましたか?
    偏差値70の学生が揃っていたら授業は70レベルで進められます。
    50レベルのお子さんがついていかれそうですか?
    面倒見の良さをうたっている学校以外では置いていかれますよ。
    大体の中高一貫の受験校では先取り授業が行われていて、高校入学時にはすでに高校一年生のカリキュラムは終わっている事が多いです。
    高校3年次には受験勉強に専念します。

    できるだけ高い教育を受けさせたい気持ちは分かりますが、無理して背伸びする必要があるのか、よくよく考えて下さい。

    ユーザーID:1141949056

  • 甘いと思う。

    うちの真ん中の子は中学受験をしていて偏差値70台ですけど、近所の月に6,000円くらいの英会話行って小5で英検2級でした。英検2級はその程度の英会話教室でも取れます。そこは特筆するものでもないかと。

    「海外子女はそもそもレベルが高いこと、実際の帰国入試は受験する母数が多くないので、表に出ている偏差値よりもかなり入りやすい」これはある意味事実だと思いますが、それよりなにより本人の学力です。
    試しに希望のその学校の過去問解いてみたらいいんじゃないですか。

    保育園ママが私は上智と言っても帰国子女枠だから。と謙遜してましたが、ダンナさんがこの人日本にいた時からトップレベルだった。子ども達(学力高いです)は完全ママ似。というくらいやっぱり元の学力は大事かと。

    帰国子女は入りやすい。レベルが高い。の情報を鵜呑みにして、いざ入学出来ても周りは真の実力の偏差値70台の子達です。はたして内部進学出来るのか?
    塾で大学の附属校の内部進学率について説明ありましたけどなかなか厳しそうでしたよ。 やりたい勉強があるとか勉強が苦じゃない。とか入った後についていける実力、学力があれば大丈夫じゃないですか。

    ユーザーID:9953164001

  • 楽ならいいの?

    帰国子女の多い高校に行きました。
    偏差値50で英検2級?

    そんなに簡単ではないです。少なくとも帰国子女の多い英語特別クラスで2級はあり得なかったです。
    帰国子女ではなくてもちよっと高いレベルの高校なら英検2級なんて結構います。
    帰国子女で2級は逆にデメリットになりませんか。
    「えーっ、2級なの」って思われる可能性もあります。

    ユーザーID:0316130610

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 目的は?

    有名私立に入学させる目的は何ですか?
    有名私立大学に入ることですか?

    インターのレベルがわからないので、確かなことは言えませんが、「楽そう」という考えということは、自身のレベル以上の有名私立に入りたいということですよね?

    昔はどうだったか知りませんが、今だと私立でもそんな学生は単位が取れないし、卒業できません。(つまり最終学歴は高卒です)

    結局は本人次第なのです。
    レベルの高い学校に入って勉強に明け暮れることで伸びる子もいれば、
    安全圏で入学してノビノビとクラスの上位にいることで伸びる子もいます。

    親の見栄や、有利不利では無く、お子さんにとってどういう高校大学に進学することが、卒業後の能力が一番高くなるかを考えたらどうでしょうか。

    ユーザーID:1767820184

  • 息子さんの意思は

    お母さんの希望ばかり。
    受けさせた、って。

    本人にやる気がなかったら、むりでしょう。

    どの国で何をしたいのか?
    夢や目標は?

    お母さんが息子に高学歴を望んでいる事しか分かりません。

    ユーザーID:7639775383

  • お答えしましょう

    アジア駐在経験者です。トピ主様ご希望のルートをまさに体験しましたのでご参考まで。

    マンモス日本人学校から、本人希望により滞在国トップの厳しい国際部に転校し、夜中12時を過ぎても終わらない程の課題を毎日こなし、日本に帰国しました。

    そこまで鍛えられても、所詮アジアの帰国生は英語圏の先進国からの帰国生には英語では敵わないのです。

    帰国後1年間、スパルタ指導の進学塾へ通い(一般のお子さん達より受験勉強がかなり遅れていたので)急ピッチで間に合わせ、トピ主様ご希望の有名私立の付属高校へ複数校合格しました。希望するのは簡単ですが、本当に本当に大変でした。

    有名私立の付属校は大体どこでも帰国生受験の受験資格は帰国後1年未満、英数国3教科合計で7〜10点程の加点をして貰えます。言い換えれば、各教科数点の加点しかないのです。一般受験生と互角の点を取り、最低でもボーダーラインに引っ掛からなければ合格は不可能です。

    有名私立の付属高校へ進学後に部活へ入部したところ、18人の1年生のうち11人が、生後から入学までのいずれかの段階での海外生活経験者でした。帰国生・海外経験なんて全く普通の事で、海外から帰国したという特別な立場は無いと思った方が良いです。

    何よりも、本人がどうしたいのか。一般生に追い付き互角の受験レベルに持っていくまでの苦しい受験勉強を乗り越える気持ちがなければ、ムリだと思います。

    ユーザーID:6172637432

  • 日本人学校での成績はどうでしたか?

    >小学校は日本人学校
    だった頃、ご子息の成績はどうでした?

    >海外子女はそもそもレベルが高い
    学校内で、ご子息は優秀で
    >3教科で偏差値が50程度
    なんて信じられない感じですか?

    >偏差値70近い有名私立の付属高
    なら、一般受験では優秀な生徒が集まるでしょうし
    >帰国入試は受験する母数が多くないので、表に出ている偏差値よりもかなり入りやすい
    なら東南アジアに限らず、他の地域からの帰国子女も同じ事を考えると思います。
    各校、募集人数もそんなに多くないので、競争率が高い事に変わりはないのでは?

    横ですが、お子様は何故=何の目的があって、中学からインター校に変えたのですか?
    一般的にIB校等は、10歳以降に教育言語や方針を変える事をお勧めしていない為、非英語(特に日本語等、英語から遠い言語)で教育を受けた生徒は英語や面談等で入学不許可になる場合が多いです。
    日本人学校で教育を受けてきた中1+当時、英検2級を持っていない子を受け入れたインター校なら、そんなに厳しい学校ではないと思います。
    その中で
    >学校の成績は中の下くらい
    なら、教育言語の違い以外の理由で、他教科もあまり得意ではないのでは?
    >本人は高校もインターでもいいと思っている
    のは、その学校の緩さを心地良く感じているからでは?

    主様が
    >高校で有名大の付属に入る方が楽なのかなと
    考え、お子様が無事に合格しても、その後が大変では?
    自己肯定感が低下するのでは?と心配です。

    私が卒業した高校は帰国子女受け入れしていましたが、インター校に1〜2年の生徒はおらず、現地校等で3〜5年、英検1級合格済+英語の先生より流暢で交換留学生の手助けしてました。

    甥・姪が
    >有名私立の付属高
    に入りましたが…大学は外部受験しました。
    ついて行けない生徒は内部進学出来ない可能性有で、付属高校に入ったら安泰でもないと感じます。

    ユーザーID:4067572129

  • みなさまありがとうございます。

    リアルなご意見をありがとうございます。やはり私が甘かったですよね。。
    まだ時間があるし、なんとなく大丈夫かなと思ってしまっていました、、もうすぐ海外在住子女向けの塾に入るので、そこでみっちり相談しようと思います。

    質問にありました、なぜインターに入れたかですが、息子は引っ込み思案でそもそも引っ越すのも嫌だったという状態でした。でも、せっかくなので色々な体験をさせたい、英語も伸びたら将来にプラスだし、と思って入れました。現在、意外にも学校には馴染んでいるようです。(日本人が学年に数人いて、お友達ができたようでそれで楽しく通えているようです)

    また、息子自身の希望はそんなにありません。この年齢で将来への意志が固まっている子が多いのでしょうか、、。息子は、挙げるならば「なんども受験をしたくない」ということです。

    英検二級も、全然すごいことではなかったんですね。。甘かったです。もう少し気を引き締めて、息子本人にもしっかり考えるように話してみたいと思います。

    ユーザーID:0571510871

  • 子供の偏差値に合わせて、

    偏差値50くらいの大学付属校に入れた方がいいと思います。もうちょい本人が頑張って55くらいの高校でもいいかも。

    それに内部進学を甘く見ないでください。

    そこの学校に所属さえしてれば、エスカレーター式に能力が足らなくても付属の大学へ進学できると思ったら、それは大甘だと思います。

    内部進学では評定が必ず必要になります。
    普通、内部進学できるのは平均の評定よりちょい上です。それでも外部受験するよりかははるかに楽。

    5教科オール3では、正直厳しい。3.5がギリギリ。3.8は必須。学部によっては4以上が必要なところもあります。
    それに加えて内部進学試験があります。
    それで落ちる子もいます。私がそうでした。

    いくら英語で5を取ろうが、他の教科が駄目なら、
    内部試験すら受けることは出来ません。
    それは帰国子女枠でも変わらないと思います。

    下手に70のところに入れると、子供が苦労します。

    有名付属校へ入れることだけ考えずに、
    先の大学へと考えるのなら、内部試験内容を良く調べて、
    子供が内部試験を受けられるような学校を選んだ方がいいと思います。

    それに英検2級は、進学校ならば当たり前に取るレベルです。

    うちの子は今年64の公立高校(一応、進学校)に進学しましたが、入学早々、英検2級は取るように。と言われました。それが当たり前なの?とびっくりです。

    それが70ともなると、、、です。
    そういう子たちは英検2級は当たり前に取りますよ。
    その場合、帰国子女のアドバンテージはないと思った方がいいです。

    有名付属校だからと名前だけを見ないで、
    子供の偏差値に合わせた学校選びが大事だと思います。

    ユーザーID:3725393732

  • 帰国子女でした

    3教科の偏差値は75超えてました。
    英語がずば抜けてできるからです。
    50だとかなり厳しいと思います。
    仮に入れたとして、どうやって勉強について行くのでしょう?
    高校って似たレベルの子が集まり、一番気の合う仲間ができる場所に、無理やり入れて大丈夫?

    ユーザーID:6941425842

  • 偏差値、付属も大切ですが、お子様に合うか?も重要だと思います

    >海外在住子女向けの塾に入るので…みっちり相談
    は良いお考えだと思います。
    それに加え主様と旦那様は「親として」、お子様の適性を考慮し判断してあげて欲しいと私は思います。

    ご子息は
    >引っ込み思案で…引っ越すのも嫌だった
    のに、インター校に馴染めているのは
    >日本人が学年に数人いて、お友達ができた
    からだと思います。
    休み時間等、日本人のお友達と日本語で話す事が息抜きになっているのでは?
    >スピーキングはまだあまり自信がない
    ご子息は、英語母語の先生や生徒と積極的に話していますか??

    同じインター校に日本人のお友達がいて仲良くするのは悪い事ではなく、子が海外でも楽しく学校に通っているのは親として有難い事ではありますが…
    >英語も伸びたら〜
    の部分ではデメリットになる可能性はあります。

    日本人がいない〜少数で英語母語多数派の英語圏や西洋文化の現地校に通う子は、黙る=分かった・了承だと思われ自分が不利になる可能性が高いので、拙い英語で良いから「分からない時は分からないと言う」「思考を言語化する様に」と園児の頃から教育されます。その代わり英語母語の方は移民の英語に慣れているので、割と辛抱強く聞く努力をしてくれます。

    欧州は小学校卒業が日本より早く大学希望なら中学からハードなので、欧・米からの帰国子女は色々な意味で鍛えられ自己主張にも慣れ、日本で中2なら精神的成熟し
    >将来への意志が固まっている子が多い
    印象を与えると思います。当然、誰にでも考えが変わる可能性有、未成年なら将来の夢等は変わる事も多々あります。

    ご子息は
    >現在インターナショナルスクール
    >高校は日本
    なら、再び日本の学校・文化等への再適応が必要です。日本人学校→インター校より、大変だと感じる部分もあると思います。
    性格によっては少し楽な高校で高成績の方がストレスが少なく、長所が活かせるかも知れませんよ。

    ユーザーID:4067572129

  • 中2で英検2級はすごいです。

    高校卒業レベルなので、そこは卑下してがっかりしなくていいと思います。中2であれば日本においてはすごい!と言われるレベルです。私はマジで羨ましい。

    ただ、70の付属高校では厳しくないか?という話しなだけです。枠での入学も難しいし、入れたはいいけどそもそも通常の勉強についていけるのか?と心配します。
    日本在住でも、70レベルの学校は異次元です(笑)

    公立中学では200人中、最低20位以上、一桁位の子たちがゴロゴロといる世界です。そして勉強に対して、とても前向き。自信もあり、塾は普通で自学も当たり前に身についている。
    中学生の時点で、先の進路大学を設定している子が多いです。基本は真面目でベースの意識が高いと感じます。

    それでも東南アジア圏のインターで、トータル?だか他教科の偏差値50程度なら、まだ中2ですし伸びしろはまだまだあります。
    多分、日本教育に合わせた勉強はしていなくての偏差値50ですよね?元々の能力もあり、50の偏差値よりも上の学校が視野に入れられると思います。

    良いタイミングで、子供に合った高校に入学できたらいいと思いますよ。

    ユーザーID:3725393732

  • 早めに具体的に検討しましょう

    中学からインターということは、現地に日本人学校ないし補習校が
    なかったということでしょうか。
    インターだと、英語はこれからも強くなっていくでしょうが、日本の
    学校の勉強とはどんどん離れてしまうと思います。
    情報収集を始めたところだと思いますので、継続的にどんどん情報を集め
    整理していきましょう。

    トピ主様プラン(インターから日本の高校帰国子女受験→内進で大学)の
    一番の問題は日本の高校で授業についていけなくなることです。
    特に私学で中高一貫などだと、進度が早かったり特殊なカリキュラムが
    あったりするので、帰国してから追いつくのかが大変です。
    オンラインの進学塾など探して日本の勉強に追いついておくことは
    必須だと思います。
    高校で成績をキープできないと、内進も危うくなってしまいます。
    よい学校ほど内進の条件も厳しくなります。

    大学で帰国子女受験を検討するとなると、まず赴任期間がネックに
    なりそうですね。
    海外での高校卒業が、たいていの大学で条件になります。例外はあるので
    真剣に検討するならそういう条件も含めて調べましょう。

    ご本人が高校もインターでいいと思っていらっしゃるなら、帰国後も
    インターからIBで大学進学、というのが一番スムーズなのかも
    しれません。
    少なくともご本人の負荷は少ないかも。
    IBについて情報を集め、相談できるところを探してみては。
    日本でIBプログラムに対応する学校は、帰国子女受け入れ校より
    限られそうですしね。

    穿った見方かもしれませんが、こういうことに関してママ友の楽観論は
    上手に聞き流した方が正しくものを見られると思います。

    ユーザーID:3510638142

  • 帰国受験は親の責任

    トピ主さんはあまり受験の事をご存知ないようで心配です。今からでも即行動しましょう。

    1、日系の塾に入り、個人面談や受験説明会で情報を集め、高校受験の見通しをたてる。

    2、受験する可能性のある学校のウェブサイトで昨年までの受験の情報を調べる。何人受験して何人合格しているのかなども見ましょう。
      
    3、一時帰国のチャンスがあれば、学校主催や合同の高校受験説明会に参加する。

    4、秋以降、興味ある学校の最新の受験願書一式を取り寄せる。
      →受験資格、必要書類を確認します。学校によってけっこう違います。一年早くても、参考になると思います。翌年に変更があるかも知れない事は忘れないで下さいね。
      
    5、そもそも受験資格があるのか
      →今の学校が英系か米系か存じませんが、日本の中三の夏にG9相当を修了出来ますか?
       生年月日の区切りや英語力の問題で学年が下がって入学していませんか?
       G9修了が受験資格の学校もありますからよく調べて下さい。
       もしG8相当なら、日本人学校に編入するか、帰国して公立中学校に入るかして資格を
       満たす必要があります。
       あるいはG9修了が必須ではない学校のみを受験するか。

    5、受験校に幅を持たせる
       どこかには必ず合格出来るよう上手に受験日程を組みましょう。今のペースでは有名私立附属に絞っていたら全滅の恐れがあります。

    中二の今気づいて良かったですね。頑張って下さい。

    ユーザーID:8500903986

  • 英検2級

    こんにちは!親戚の子が帰国子女で小5で英検2級に受かっていますがそんなに凄い高校には行っていません。帰国子女だから特別優遇されることもなかったようです。かなり昔の話です。

    ユーザーID:5785816885

  • 内部進学も結構シビア

    有名私立大学の附属に入学して、大学まで進学…というのは多くの親が希望することだと思いますが、学校に入れても成績が悪いと上に進めません。

    私と兄は英語圏に10年以上住んだ帰国子女で、帰国後すぐに兄は都内の高偏差値の私立大附属高校に帰国子女枠で入学できましたが、周りの生徒は超優秀、兄は英語以外は成績が悪く、大学に進学できませんでした。(とはいえ、人生が終わったわけではないです。今も英語ができる普通のおじさんとして明るく生きてます。)現在私の会社で同僚である女性も誰もが羨む超有名私立大附属中学に熾烈な受験戦争を経て入学したそうですが、成績が悪く、高校に入る前に肩を叩かれ、進学できず別の高校に行ったそうです。その後鬱病になり、高校卒業まで5年かかったそうです。

    こういうこともありましから、お子さんを潰さないために、息子さんのレベルにあった学校を選んだ方が良い結果になるかもしれません。

    ユーザーID:7584767719

  • 頑張って下さい

    公立中学なら「中2で英検2級?すごい!」となるのかもしれませんが、私立ではすごいとは言われません。帰国子女枠のない中堅レベルの私立中学でも2級では優位に立てません。また、早慶レベルを狙うお子さんなら公立の子でも中学の間に2級くらいは取っていることが多いので、やはりアドバンテージにはならないどころか、それが授業についていくための最低ラインと考えるとギリギリかもしれません。
    スピーキングはまだ苦手とのことですが、せっかく海外にいらっしゃるのですから強化した方が良いですね。

    大学附属が楽というのはその通りですが、同じ事を日本の生徒も考えています。入試改革の影響もあって附属人気が高まっていますし、英語に関しては大学の受験資格にも関わるので力を入れている生徒が増えています。

    遠回りと思われるかもしれませんが、入学後のことを考えるともう少し目標を下げてもいいのかもしれません。偏差値60台の学校からでも早慶に多数の合格者を出している学校もありますから、その辺りも調べてみたらどうですか?早慶合格者数、などのワードで学校比較ができますよ。

    ユーザーID:3665863075

  • 世の受験生は自分で選んでますが

    〉また、息子自身の希望はそんなにありません。この年齢で将来への意志が固まっている子が多いのでしょうか、、。

    その発想ですと、世の中の高校受験生は全て親が進学先を選んでいる事になりますが?
    将来の意思が固まる、という表現ですと、中三でそれはない子もいる、となります。
    けれど、少なくとも高校選びを自分でしない受験生なんているのですか?

    意思が固まるとかではなく、少なくとも自分が進学する高校を、自分で比較検討し、自分の意思で受験するものだと思います。
    私は中三の担任経験がありますが、漠然と人の役に立ちたい、海外で活躍したい、そんな風に自己分析ができています。
    とりあえず分からなかったら、普通科で自分が目指せる一番上を。
    部活優先なら、その部活が盛んな所を。
    芸能活動などやりたい事がある子は、あえて日中はスクールで、高校は通信制を。
    そんな風に、自分で情報を集めて、自分の意思で受験しています。

    三者面談で親しか喋らない子もいます。
    志望校も親任せ。
    例え受かっても、ある日急にプツンと糸が切れた様になって、とても穏やかだった子が急に、お前が行けって言ったんだろ!こんな高校行きたくなかったのに!とキレる。

    本人の意思がないと、最悪のパターンがありますし、トピ主さんが、え?本人が選ぶの?まだ子供だからなりたいものなんて分からないでしょ?という思考なのがとても気になります。

    ユーザーID:6320710256

  • 入学後のことを考えてみましょう

    あくまで私学ですからね、高校そのものに教育理念があるのと同じように
    大学付属である以上は大学が何を望むかというものが付属高校にはあるわけです。

    多くの大学が付属校を増やしたり、高校だけだったのが中高一貫にしたりと
    生徒数の確保に対しての経営努力をしている一方で、大学そのものの価値を
    下げないようにするために内部推薦枠で進学する子にどのような子を望むかも
    求められているのが実態であることは忘れずに。

    大学の一般受験との学力差が大きいと困るケースも出てくるわけです。
    帰国子女はその中での語学力に関してはある程度評価が得られる部分もあり、
    どの大学も国際化の視点からしても国際的な育った環境の違いを求めてもいます。

    ただ、極端に言えば帰国子女枠というのはどこかの受験の際の1回きりのチケット。
    高校入学で使う形なら入学後は他の子と原則他の子と同じ扱いですから
    色んな科目の成績によって高校卒業後は変わってきます。

    内部推薦枠の比率は高校によって違ってます。
    100%の学校もあれば、80〜90%の学校もあります。
    その比率によって高校側の都合があることも知っておいて損はない。

    例えば100%推薦する付属校の場合は、無理に進級させなくて良いわけです。
    その子が留年しても中退しても他の生徒は100%推薦できます。
    だから大学が望む最低ラインの学力が無ければ進級させない場合は結構ある。

    それとは別に高比率の90%推薦の学校の事情を考えてみるとね、
    例えば1学年200人なら本来なら推薦枠が180人です。
    当然成績上位から希望学部を選択して180位まで進学可能。

    この場合成績低迷者がどうなるか。仮に進級させない子が2名いると
    母体が198人になるから、推薦枠も1〜2人減って180位の子も推薦なし。
    これを避けるためには進級・卒業だけはさせるが推薦はなしってこともあるよ。

    ユーザーID:0382717535

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧