• ホーム
  • 子供
  • 高校も大学も志望校不合格。塾は必要だったのか。

高校も大学も志望校不合格。塾は必要だったのか。

レス66
(トピ主2
お気に入り199

妊娠・出産・育児

あかり

 今年大学生になった娘がいます。教職である夫の方針で、中学から塾に通わせていませんでした。「受験技術をガンガン教え込んで成績が上がっても意味がない」と言うのが主な理由でした。小学校までは良い成績でしたが、中学校で徐々に順位が落ち、遂に高校入試まで挽回できず、不合格でした。
 娘は滑り止めの私立高校では部活動にも入らず、勉強を頑張っていました。評定は学年トップを取り、奨学金もいただきました。先生からは国立大学の医学部の推薦も可能と言われていたほどでした。
 しかし、1月の共通テストで失敗してしまい、結局第一志望の大学の二次試験を受けることもあきらめ、またも滑り止めの超安全圏の大学に入学しました。最初娘は「この大学は嫌だ」と泣いていましたが、夫は「偏差値競争なんてさっさとやめて本当の学問を知ったほうがいい」と説得したのです。担任の先生は当然浪人するだろうと思っていたらしく、驚いていました。
 二回の受験とも娘の実力が足りなかったのは明白ですが、娘には何が欠けていたのだろう、どうして努力が報われなかったのだろうと考えます。娘の同級生たちが部活動やサークルを楽しみながら大学に合格して笑顔にあふれているのを見ると、親としては本当に切ないです。
 娘は気持ちを切り替えて大学生活に入ろうとしているのに、自分が涙をこらえているという情けない状態です。やっぱり塾に行かせてあげればよかったのだろうか、などと自問自答する日々です。夫に対するわだかまりが消えず、どのように気持ちに折り合いをつければよいのか分かりません。
 

ユーザーID:1379509745

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数66

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 妻はどうして夫と対峙し続けなかったのか?

    人のせいにしないこと。
    結果論を論点すり替えしないこと。

    まぁ、選挙権を持つ18歳、自己責任を教える良い機会。
    行くのが嫌だと泣く大学を滑り止めにしないこと。
    一次でつまづいたからと二次や他大をあきらめたのは子供本人。


    塾に行かせてやりたかったら、とことん何度でも夫とやりあう。
    塾に行かせなくても夫が教えるのも一つ。
    夫が教えなかったら、とことん何度でも夫とやりあう。
    妻が働いて稼いで子供の塾代を余計に稼いで塾に通わせる。
    いくらでも如何様にも代替案を実行に移せた案件です。

    ユーザーID:5940472268

  • 大学で何をどうしたいのかによる

    研究者や学者なら、希望の研究ができる大学でないといけないし、大学や学部のネームバリューで就職しやすい会社に入りたいなら、その企業に強いパイプのあるところを狙う。何をどうしたいのかで、学校の選び方も価値も全然変わってきます。

    本当の学問を知る為だけに大学に入ったのか、その他の目的の方が大事なのかということです。

    それより、国立大の推薦が貰えたなら、そうすればよかったのに。推薦もらえても、簡単に入れない大学もありますが、勿体なかったですね。

    ユーザーID:1938372320

  • 合格おめでとうございます。

     合格おめでとうございます。
    文章読まさせてもらいましたが、そんなに悲観的になってるのがびっくりです。
    その大学でとても楽しいことがあるかもしれないし 今は悪いところばかりにフォーカスしてしまっている状態ではないかと思いました。
     知り合いの研修医がストレスで自殺未遂をした事がありました。
     立派な大学や職種についても本人がしあわせかは別問題だと思いますよ。

    ユーザーID:1658934329

  • 何のために勉強するのか

    私も父が教員で、塾に行かせて貰えませんでした。
    学生時代父のせいで周りの友達と同じように出来なかった事で恨み言を言った事もありましたが、成人し、社会人になり、結婚した今父の言っていた事私を塾に通わせなかった意味を理解できるようになりました。

    娘さんは 行きたい高校、大学不合格だったとおっしゃってますが、志望校に進む「目的」はありましたか?
    何になりたいから ここに進んでこれを学びたい そういった明確な「目的」です。

    いい高校・いい大学に勉強頑張って進学すること
    ただこれだけを目的にしてしまうと、到達した後に燃え尽きてしまったり、何者にもなれずプライドだけが高くなり 就職でコケてしまう事も多々あります。

    高卒であろうと何か目的を持ってそこに立ち向かっていく心の強さ
    これを学びたいと思う探求心 それこそがご主人の言う「本当の学問」なのではないでしょうか?
    私は宙ぶらりんで高卒で社会人になりましたが、途中で看護師になろうと心に決めて資格を取得しました。それまで勉強が大嫌いで嫌々やっていたのですが、生まれて初めて「学びたい」という思いで取り組みました。
    人生長いのです。娘さんもまだまだ若い 遠回りしても本当にやりたいことに出会える時が来ると思います。その時に良い大学に進学していたらゴールは近いかもしれませんが、改めて学び始めても遅いことなんてないのです。

    進学は親を喜ばせる為にするものではありません。
    自分が学びたいから進学するのです。私の母も大学受験に失敗した私を哀れんだ目で見ていました。それがとても辛かったです

    失敗も人生の糧になります。頑張って勉強してきた事も全て今後の糧になるのです。気持ちを切り替えた娘さんを笑顔で送り出して下さい。
    何も恥ずかしい事はないと どんな大学であろうと自分の目的さえあれば明るい未来へ進んで行けますよ!

    ユーザーID:0093413852

  • なんとも言えないけど

    塾行かなくても合格してる人もそれなりにいますし、なんとも言えませんが…。
    学校の先生の一部は塾や予備校否定派でお子さん苦労してる場合ありますよね。

    娘さんの場合は塾は必要だったのかも。
    はっきり言って、学校のトップかなんて関係ないです。その学校で一番でもその大学を志望する人の中の立ち位置が大事ですから。

    そしてご主人は嫌でしょうけど、やはりテクニックというか、受験対策は必要です。今年は特に共通テストになってかなり変わった部分も多いです。その辺、一人でやっても天性のもので乗り切れる人もいますが、娘さんは優秀で更に努力家であっても、受験に詳しいわけではないから受験とするとあまり重要ではないところにも時間を割いていたりしたのかもしれません。
    勉強は膨大な範囲ですから、全部満遍なくというのは現実中々難しく、よく出るエリアを集中して覚えたりやっぱりありますから。

    >最初娘は「この大学は嫌だ」と泣いていましたが、夫は「偏差値競争なんてさっさとやめて本当の学問を知ったほうがいい」と説得したのです。

    お子さんが嫌がってる大学にお父さんの考えだけで入学させて本当にいいんですか?
    娘さんが将来つきたい職業にはその大学で大丈夫なんですか?たしかに偏差値だけに踊らされるのはおかしいけど、今回の娘さんの話はお父さんの偏った価値観の犠牲者にしか見えず可哀想です。

    何故、中学で思ってように成績が伸びず悩んでいただろうときに、主さんはご主人と戦わなかったんですか?

    今回も娘さんが嫌がってるのにお父さんの言いなりに黙ってさせるのは何故ですか。

    娘さんの味方になれるのは母である主さんだけでしょ?

    蟠りが消えず気持ちの折り合いをつけないなんて言ってないで今からでも娘さんの本当の気持ち聞いて戦いましょうよ。一生後悔しますよ。

    ユーザーID:7865660165

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 結果としてそれが実力だから仕方ないですし、その中で頑張って

    まあ塾の是非に関しては、そこまで言うなら通信教育くらいはやらせてあげても良かったんじゃないかな、とは思いますが…

    ただ、おそらく娘さんは本番に弱いタイプなんでしょう。
    私もそうなのでわかりますよ。
    試験本番になると猛烈にトイレが近くなるタイプなのではないかな。

    私もこれが原因で、高校と大学のレベルを落としました。
    高校については、第一志望にしようとしていた公立高校に個別で見学に行った時に貧血で倒れまして、ここに毎日通うのは無理だなと。
    偏差値の問題ではなかったんですよね…

    大学受験も、家で勉強する時はすごくよく解けるんだけど、試験になるともうダメ。
    会場模試でもきつかったです。

    こんな私ですから、もし偏差値が足りて医学部に行けるとなっても医者は向いてないだろうし、大学は理系でしたが、夜通し実験する体力もなくて。
    しかし不思議と、自室で一人で籠もって延々と作業するのは大丈夫なんです。
    そんなわけで今はフリーランスでひきこもり生活です(笑)
    本当は毎日色んな人に会ってワイワイ生きていく人生に憧れてたんですが、一時期それを実践して、メンタルが壊れてしまって。

    私は、根性は人並みにあると思うんですが、それだけでは解決できない生理的な問題というか…そういうのってあるんですよ。
    思い描いていた自分と現在は若干違うけど、自分の得意分野を一人で黙々と続けて、それなりに評価されて、幸せですよ。

    娘さんにはぜひ「自分に合う生き方」を徹底的に探すように言ってあげてください。
    正直私は、働き方が多様な世の中に生まれて救われました。
    雇われしかダメ、それ以外は専業主婦で子供絶対産めみたいな世の中だったら、どこかで諦めて人生終わらせてたと思います…

    ユーザーID:2769499574

  • 母親まで、それじゃあ救いがない

    旦那様は、娘さんを何だと思ってるんでしょう。所有物?趣味?レール敷いて、砂利を払って、信号の色を決めて、燃料タンクに補充して、それ本当に親の愛なんですかね。

    止めない主さんも、旦那様を何だと思ってるんでしょう。教育者の名の下に妄信してるんですか?

    娘には何が欠けていたのだろう、どうして努力が報われなかったのだろう、とありますが。

    欠けていたのは自立を促す親ですよ。
    自分自身で考えさせ、意志を持った子供を信じて見守り、誰に何を言われても守り抜く、そういう親が片方でも存在すれば、どんな状況でも前を向いて進めると思います。

    自分なりにやり切ったなら失敗は成長の一過程であり、何度でも失敗するたびに強くなれます。泣くほど嫌ならなんで浪人してみようか?と再挑戦させてあげなかったんですか。たった一回でお終いなんて、長い人生の一年をどうして本人が納得できるまで見守れないのか。

    煽るだけ煽ってダメなら中途半端にする父親が、何と言おうがあなたの娘でしょう。入学取り止めてお金かかっても良いよと、娘さんの本心を聞いてあげてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1495658959

  • 塾ではなく

    高校での成績を見る限り、お子さんの学力の高さは疑う余地がありません。
    しかるに共通テストで失敗してしまった。何故か?

    これは想像でしかないんですけど、もしかしたらただ単に本番の雰囲気に慣れていなかった、ということだけかも知れませんよ。
    お子さん、塾に行かなかったのはいいとして、模試とかはそれなりに受けていましたか? 模試は受験合格に対する自分の到達度が分かるのは当然として、本番の試験と似た形式の試験を受けることで場慣れをするという意味もあります。
    もし、余り模試を受けてなかったとしたら、塾はともかく、模試だけでも受けておけば良かったかも知れません。

    でも、もう過ぎたことですから、気を取り直して、今度は資格の取得とか目指してみてはどうでしょうか。
    また、お子さんも、もう大学生なのですから、今後は親に対して自分の考え、希望をきちんと主張できるようになった方がいいでしょうね。

    ユーザーID:4694027852

  • 人のせいにしてはいけません。

    >やっぱり塾に行かせてあげればよかったのだろうか、などと自問自答する日々です。夫に対するわだかまりが消えず、どのように気持ちに折り合いをつければよいのか分かりません。

    今回の受験の失敗にこだわらない事です。
    今更たらればを言っても仕方のない事です。
    ご主人様に従わず、トピ主さんの主張を通し、塾に通ってていたら合格したとでも?
    そこまで思い詰めるなら、きちんとご主人様と話し合えば良かったのです。
    万が一不合格の時にあなたを許せないから塾に通わせてください、とね。
    でも、そうなさらなかったでしょう?
    離婚してでも塾に通わせれば良かったのです。
    非現実的でしょう?
    ご自身では何もなさらず、ご主人様のせいにしても結果は変わらないのです。

    今からでも遅くはありません、納得できる大学に合格するまで浪人すれば良い。
    娘さんと話し合いをしましょう。

    もし、それができなければ、諦めるしかない。
    人生って、誰しもそういう場面が何度かありますよ。
    トピ主さんにとって、それが今なのだと思います。

    何かを成すためには、努力、行動が必要なのです。
    なにもしないのなら、黙って耐える他ないかと思います。

    ユーザーID:8176969296

  • 気の弱さ。

    1月の共通テストで失敗、これに尽きると思います。
    塾うんぬんは正誤はない、塾に行かずに受験に勝つ子も多いです。

    娘さん、ここ一番に弱いと言いますか本番に弱いと言いますか。
    更に気が弱く諦めも早い様子、当たって砕けられないタイプなんでしょう。
    これに関しては持って生まれた性格、本人の資質が影響しますのでどうしようもなかったところもあるでしょうね。

    でもその全てを含めて「実力」です。

    禅問答の様な小難しいことを言うご主人の方針の本音は分かりませんが、言われるまま従ったのなら受け入れたと同義、恨むのはお門違いだと思います。
    結局起こったことがその子の身の丈、本当は実力があるもっと違う道に行けたのにと後で言っても現実がすべてです。

    気になるのはこれからの事、いざというときに弱気であると沢山の事が上手く行きません。
    もしかして娘さんは自分に自信がないのではありませんか?これから大人になって行く中でそこがとても気になります。

    ユーザーID:1805118672

  • 娘さんは、大学で何を学びたいの?

    塾は、娘さんが希望したのに行かせなかったのか、そもそも娘さんが望まなかったのか。
    どちらなのでしょう。

    「本人が希望してないなら、塾は行かせない」との方針は、一理あると思います。
    また、本気で勉強したいなら、動画サイトなど無料の勉強動画や、安価な有料講座でも、十分に勉強可能です。

    進学校なら高校側でも入試情報を入手して生徒に示しているだろうし、模試などを受けているなら学力は把握できているはずです。
    出題内容に極端な偏りがあったとは思えないし、トピ主さんは何をもって「失敗」と考えるのでしょう?

    「予想より点が取れなかった」のだと思いますが、その理由は何で、塾に行ってれば解消されていたと考える理由は何ですか?

    そもそも、「泣くくらい嫌な大学を、なぜ受験した」のですか?
    志望大学すら、子の意思に聞く耳を持たず、ご主人が決めたのですか?

    そうだとしても、過度に緊張して本番で実力を発揮できない娘さんの性格を考え、あえてレベルを下げた大学を勧めた可能性は?
    そして、娘さんが「偏差値以外」で、その国公立大を拒否する理由はなんですか?

    私自身、部活もせずに受験勉強する生活には否定的です。
    そういった高校生活になったのは、「ご主人が塾を否定したから」ではなく、「娘さんが、その生活を望んだから」です。

    おそらく、「受験勉強一辺倒の高校生活」をご主人は苦々しくみていたのでしょう。
    高校受験に失敗しても、気持ちを切り替え、高校時代を謳歌してほしかったのだと思います。

    トピ主と娘さんからは、「この学問を学びたい」「この職業に就きたい」のようなものが、一切感じられないのが、気になります。

    ユーザーID:1937563448

  • 人生の目標が大学なの?

    とても不思議に感じます。
    まるでいい大学に入る事が人生の目標のようになってませんか?
    私は旦那様の考えよりです。
    大学は人生の通過点でしかない、と思ってます。
    大学に落ちてもその経験を生かす事が大切なのであって
    ああすれば良かった。
    誰それがこう言ったから。
    って考えているのって人生にプラスになるんでしょうか?

    塾へ行ってだとしても、必ずしも合格できたとは限らないでしょう?
    受かる為だけの勉強って、その後の人生に意味あるの?とも思える。

    お嬢さんは何故その大学に行きたかったのでしょうか?何か学びたい事があっての事なんですか?
    その大学でないと学べない事なんですか?
    トピを読んだ感じではただステータスを手に入れたいだけのように受け取れました。
    自慢のネタを仕入れたいだけ。
    そう取れると思いますけど。

    努力が報われないことなんて、いくらでもあることじゃないですか。
    努力が結果に結び付いたら、そりゃいいでしょうけど、必ずしもそうならない。
    そういう事を貴方は学んで来なかったんですか?
    であるなら、今はあなたにとってもいい学びの時かと思います。
    努力に結果が伴わない時、どうしたらいいのか?
    どう今後の人生に生かすのか?
    今後の人生は長い。
    それを
    ああすれば良かった。
    あの人がこう言ったから。
    あの子達が羨ましい。
    って恨み言で過ごすのって無駄に過ごしているように思いますけど。

    努力は報われる。
    は報われた人だけが言える言葉。
    報われなくても、それをどう人生に生かせるか?
    を考えられる人は充実した人生を送れると思います。

    ユーザーID:9111650701

  • うちの子どもも塾行ってませんが

    塾主催の合格判定テストだけは受けに行かせました。
    (通塾していなくても受けられるもの)

    本番で緊張しないように。

    こういう子達が受けに来るんだ。当たり前だけどみんな超真剣だったよ。と。合格判定も出願の予想倍率なども出るので追い込みはだいぶ頑張ってました。

    お父さんの理論もいいけど、塾も使い方によっては役にところもあるわけだし、そこは高校のときに気がつけば良かったが。うちの子どもはみんなが塾行ってて不安。せめてテストだけ受けさせて。と自分で言ってきて調べてテストだけ数回受けさせました。トピ主家ではお父さんが絶対なのでしょうか。

    しかし終わったものは仕方ない。
    うちの子どもは大学なんか違う。って留学したし、友達は塾行って、誰もが知る大学入ったけど何故だか友達出来ず4年間悩んでた。とか、別の子も一流大学から一流企業に行き、いきなり研修という名の地方の飛ばされて2年。不本意な業務につき都内に戻してもらえない事実もわかり、転職して戻ってくる。などなど、 みんながみんな希望の大学入ったけど順風満帆では決してないですよ。  どこに行ったかではなく、何をするかの方が大事で。 お母さんは悲観していないで、お父さんの言うことばかり聞いて塾は行かなかった。これからは子どもはどういう人生を生きたいのかを聞いてサポートしてあげたらいいんじゃないですか。

    ユーザーID:7106602623

  • 例えばTOEIC

    英語力を図る指標として浸透したTOEICを例にとると、英語堪能者や英語ネイティブの人がこのテストをいきなり受験しても高得点は取れません。 逆に、TOEIC用塾や過去問などを利用した高得点取得者が英語が話せ、仕事で困る事ないかと言われると、そんな事ありません。

    つまりTOEICで高得点を取るには、英語力 + 受験スキル が必要という事です。

    学校の受験も同じです。 多くの人が塾などで受験スキルをつけている中では、実力だけで勝負したお嬢さんは不利だったという事です。 

    しかしお嬢さんは既に気持ちを切り替えて大学生活の準備をしているとのこと。 その気持ちを邪魔しないでください。 長い人生の中では、どの大学を卒業したかより、その中で何を勉強し、身につけ、それをどう自分の人生に活かせるかだと思います。 決して授業の中の事だけではありません。 挫折からの復活も含まれます。

    その意味ではご主人の方針も間違ってはいないと思います。 仕事上、実力がないのにスキルだけで入学し、苦労している生徒も知っているのでしょう。 「今」だけでなく、お嬢さんの長い長い未来の事まで見てください。

    ユーザーID:6277274837

  • 誰にとっても不幸でしたね。

    ご夫婦どちらにも
    わだかまりやイライラが残り

    自分がただしいとワンマンな父親
    いいなりで陰で文句ばかりの母親
    先生には心から祝福してもらえず
    お嬢様が本当にお気の毒です。

    夫がどうではない。
    あなた方ご夫婦の責任です。

    私の夫も教育者ですが
    あなたの夫とは真逆の考えで
    我が子のような子には塾が必要だと
    小学校から子どもを塾に入れ、家庭でも見るというスタンスでした。
    (小学生の塾は珍しい土地柄です)

    親として思う部分はないわけではないけど
    少なくとも我が子にとっては良い結果だったし、周りからも祝福していただき、楽しい生活を送っています。

    子どもの力不足?そうでしょうか。
    いろいろ文句や正論を言う親ほど
    子どものせいにしますね。
    夫だけではなく、母親として
    あなたもできることはあったはずですよ。

    ユーザーID:1933062353

  • 高校でトップだからといっても。。

    国立の医学部の推薦?
    お子さんの学校は指定校推薦枠を持ってるのですか?
    それとも単に評価が4.3以上などの条件をクリアしたから
    学校推薦ができる
    という話なのでしょうか?
    指定校推薦枠の話なら、そもそも高校のレベルがかなり高いはずですが?

    校内での成績が良く推薦ができるというだけのことなら
    そんなに自慢するほどのことでもないかなぁと思います

    高校での成績がいくら良くても大学受験は
    日本中の受験生が集まる場所ですので、
    話にならないというか。。

    なぜ2次試験を受けなかったのですか?

    受けないでほかの学校に入学したのは本人ですよね?
    そんなに行きたくない学校ならそもそも
    願書を出さなければよかった話です

    全員が受験で努力が報われたら、そもそも
    受験なんて制度は成り立ちません。

    塾に通わなくても合格する子は合格します。
    高校の成績が良いことで安心してしまったのではないですか?

    ユーザーID:1322859319

  • シンプルに

    滑り止めの私立高校って、偏差値どれくらいで、進学実績はどうでしたか?
    つまり、結果から言えば、その学校で例えトップを取っていようと、全国規模でみたら上位の実力に全く達していなかったという事です。
    そういった高校は、宣伝のために奨学金出したりしてますけど、滑り止め高校の上位コースとか、学年で〇〇位とかでも、全国規模でみたら全然ですよ。
    塾に行っていれば、早くそこに気付けたかもしれません。大学受験は全国規模ですから、その高校で成績トップでも、あまり意味ありません。
    そのやり方で大学受験をねらうなら、推薦枠を取れば良かったと思いますが、いい推薦枠はなかったのですか?その点でも、その高校を選んだ時点で疑問符です。
    普通は、学力ある子が下位私立高校に行く場合は、推薦枠狙いが多いと思います。
    しかしその点、私立でも進学高校は大学受験に対してプロですし手厚いですから、そこで切磋琢磨された方が、まだ伸びたかもしれません。
    高校入学時点で、親がちょっと調べればわかりそうなものですが…。
    ただ、別に学力だけが人間の全てではないです。
    大学で好きな分野の活動で才能を伸ばすことだって出来ます。
    その方が大事だと思います。

    ユーザーID:1723497622

  • これも向き不向きなのでね

    どう育てたかったか、実際どう育ててきたか、で、塾向きとそうでない子に分かれるように感じます。自分の子らを社会に出してみて。

    塾向きでない子は、一方向に特殊な能力はやはりあります。
    そして塾向きの子は素直で集団生活にも馴染みやすいなあと、塾なしの我が子を見て感じます。

    親がこの向き不向きをいかに見極めるかは重要に思います。

    これらの出来事は娘さんがどういう職業に向いているかを示しています。
    向いていないものを親が無理矢理押し付けるほどの悲劇はありません。

    ユーザーID:3458121998

  • 塾より戦略では

    塾は必要ないですという県立進学校の先生からの勧めもあり塾は行ってないけど国立大に通りました。どうしても塾に行っていた友人もどちらかというと塾に行ったのにダメだった方が多いようです。

    受験は運もあるし本番に弱かったかも。すべり止めのランクを考えたら良かったと思います。
    我が家も私立は受けないので国立にダメならFラン(2次募集)で行くと言っていて。親として国立安全圏でそれは嫌でした。センター利用&もしセンターでダメなら後期の私大を色々考えたり。センターで普通だったので行かせてもいい私大にお金も振り込みました。センター(共通)で失敗したら国立がきつくなりますよね。ダメな時の手を考えて受験したら良かったかも。

    受験は大変ですね。もし切り替えて今の大学で1番をとればいいかもしれないですね。まだまだこれからですよ。

    ユーザーID:9670855796

  • 過ぎたことです。

    何が起こるかわからないから、
    滑り止めに「超安全圏」を受けるのは
    まぁ、あることだとしても、
    国立と同等レベルは受けなかったんですか?

    うちは、浪人でも国立に行ってほしい(予算的に)と
    思っていましたから、前期がダメだった時
    「浪人はイヤだぁ〜、滑り止めの(私立)A大学でいい〜」と
    言い出し焦りましたよ。
    滑り止めというより、ウォーミングアップで受けさせたような
    感じでしたから。

    第一志望を落ちたら、
    もっとやりようはあったのでは、と
    思う気持ちはわかります。
    そういう後悔はつきものだと思います。

    だけど、高校で、その後悔を晴らすことを
    しなかったのだから、夫のせいだけとは
    言えないのかも。

    ノー塾で高校受験を失敗したのなら、
    大学受験には塾に通わせる、と
    考えないものなのかな。。

    そこの説得をトピ主さんがしなかったことが
    悔やまれますね。

    夫の言う、偏差値競争をやめて、本当の学問を知る、が
    超安全圏の大学にある、っていうなら話は違ってくるのかな。

    娘さんは何も欠けてないですよ。

    ユーザーID:9299776797

  • 塾を反対されたとしても

    模試は受けることが出来たと思いますが、どうですか?

    学力については評定学年トップなら、場の空気に押された、ということかも知れませんね。

    慣れない場所での本番で、そういう事態を回避するために、会場模試などを利用するという方法もあったかと思います。

    それにしても、既に終わったことです。
    お嬢さんが切り替えて学ぶ意欲を持っているのであれば、応援しましょう。

    ユーザーID:8402066304

  • ちょっと似たような人生

    田舎育ちですが同級生の半分以上は塾に行っていました。家の方針で私は塾には行かず、小中高はずっと公立でした。部活動は勉強に支障が出てきたので途中で止めました。1年間宅浪し地元の国立大学に入りました。宅浪中はバイト禁止で1日12時間以上勉強しました。在学中にたくさん資格を取って卒業後はずっと専門職で働いています。コミュニケーション能力や体力も必要な職場で、お坊ちゃまお嬢ちゃま体質の方は退職してしまうようです。もし、私も塾に通ってお受験をして私立の一貫校に行っていたら、今ほど柔軟に仕事のイレギュラーに対応できていなかったかもしれないと思います。職場ではそこそこ評価していただいています。半官半民のような職種なので国費で留学もさせていただきました。働いた年数より定年までの年数の方が短くなってきましたが、今のところ不満はありません。

    ユーザーID:1862513282

  • モチベーション

    お子さんに本気でやりたい勉強や、こうなりたいという将来があったかどうか、じゃないかなと思います。
    モチベーションはとても重要で、それがなければ気持ちも気力も本気モードになれないと思います。
    今お子さんが楽しい毎日を送れているなら、それはそれでいいと思います。
    でも、その毎日の先にはまた就職という選択肢があります。
    今のうちからきちんと考えさせることが大切だと思います。

    何事も目的意識を持って向き合うこと。
    塾の是非より、大事なことだと思いますが。

    ユーザーID:1910824813

  • 親の言いなりなのが一番の問題

    うちの子供も塾が性に合わず、ほぼ塾無しで受験しました。
    ただ実力を測るために模試を受けて試験慣れはしていましたね。

    だから塾に行かなかったから不合格だったとか、単純な話だとは思えないです。

    塾に行かなかったことより、娘さんの意思を無視して進学先を決めたことが問題なのだと思いますよ。

    ユーザーID:7003521305

  • 親として今できること

    主さんが娘さんの母親としてできることは、明るく大学生活を応援することしかありません。

    せっかく娘さんは気持ちを切り替えて進学することになった大学で頑張ろうと思っています。それなのに母親がジメジメしていてはお話になりません。

    どの大学にもいいところはあるでしょう。それを見つけて充実した4年間にするように後押しするのが親の役目です。

    ユーザーID:8644965859

  • レスします

    娘さんは本来優秀でしたのに、不運ながら本領では実力を発揮できなかったのでしょうね。塾や予備校に行ったからと言っても同じことはあり得ます。

    私は医学系の大学院で勤務していますが、入学してくる学生は社会人や他大学からといった学生がほとんどで、最初から第一志望の大学に入って、そのままその分野の職業についている人というのは案外少ないです。

    大学受験は最初の人生の関門かもしれませんが、長い目でみれば、ほんの入り口です。うまくいってもそこで終わってしまった人もたくさんいます。第一志望に失敗し、その時は妥協していった大学で、人生の師と言われる人と出会ったり、一生の親友に巡り舞えるかもしれません。その場所で本当の学問の意味を知り、次に自分が向かう道を見つけるかもしれません。

    親ができることはここまでなんです。あとは娘さんが自分で見つけることなんです。黙って応援していてあげましょうよ。

    ユーザーID:4358059055

  • これからどうしたいか

    いまの大学が納得いかないなら、再受験と言う方法もあります。あとは、編入とか。医学部というのなら、理系ですよね?大学院には進学予定はないのですか?大学院で上を目指すという手もあります。滑り止めだった大学に進学して、難関国立大学の大学院に進学する人もいます。大学よりも、大学院の方が入りやすかったりします。

    過去のことはどうしようもないので、これから本人がどうしたいのか。何を勉強したいのか。どんな仕事につきたいのか。それが大事だと思います。
    うちは、塾には本人が通いたがらなかったので通わせませんでした。
    本人がしたい事を、旦那さんに惑わされずにサポートしてあげられたらと思ってしまいます。

    ユーザーID:4037776383

  • 本人が選んだってことが大切かも

    私は受験は技術だと思うので、技術を磨くことも必要だと思ってます。
    ただそれが単に偏差値が高い大学に入ることが目的だとしたら、自分の実力を超えたところに入ってしまったら、後で苦労するだろうと思います。
    ここはご主人の考え方に同意です。

    ご主人の判断は多くの生徒を見ての経験もあるでしょうが、娘さんの実力や性格を見越してのことなのではありませんか。
    娘さんは勉強はお好きなようですけど、自己評価が低めなのか闘争心といったものがないのかなと感じるところがあります。
    二次試験に挑戦するか安全圏を選ぶかの天秤で、後者を選んだのですよね。
    おそらく相当悩んで決めただろうと思います。
    一つ乗り越えたのではないでしょうか。

    ユーザーID:1968111907

  • 総じて夫婦の問題かな

    その娘さんの節目節目で主さんの意見をご主人に伝えなかったのですか?


    夫が、夫がとおっしゃいますが、主さんの意見や考えをご主人に言えない主さんにも問題ありかと。

    娘さんの実力の問題もあるかと思いますが、
    ご主人が怖いのか威厳があるのか知りませんがその夫婦関係の巻き添えをくらい犠牲になったのは娘さんですよ。主さんそこを理解された方がいい。


    うちにも娘がいます、考えますねこういうトピは。娘には幼稚園卒業してお受験させて今秋六年生になりました。

    >受験技術をガンガン教え込んで成績が上がっても意味がない


    私が学生の頃それを教えてくれる人がいなかったので苦労しました。

    受験テクニック、あくまでも個人的に私は必要だと思います。


    一時が万事、主さんご夫婦の関係を今後の人生の為に見直しましょう。

    ユーザーID:9433828997

  • トピ主です。皆様アドバイスに感謝いたします。

    親身なアドバイスをいただき、感謝の気持ちをまずお伝えしたいと思います。実生活の中でママ友さんたちに受験の悩みを話そうとしても「塾に行っていない」という事がわかったとたん、皆さん驚かれて「話にならない」という顔をされてしまう、そんな経験が続きましたのでありがたく感じております。少し情報を追加します。

    娘は真面目ですが要領がやや悪く、受験についても戦略的な思考ができなかったように思います。また好きな科目はいくつかありましたが、具体的な将来の夢が描ききれていません。何人かの方が指摘されていましたが、最大の敗因はこの「どうしてもこの目標に進みたい」という明確なビジョンがなかったことだと思います。私は早くから将来について考えるように促していましたが、なかなか確固とした目標が描けないまま高3になってしまいました。ですから、第一志望の大学(遠方の旧帝大)を設定したものの、そこでなければという強い理由に欠けていたと感じます。本番に弱いのでは?とのご指摘もその通りです。初めての場所では緊張するみたいです。模試は高校の方針でたくさん受けていましたが、、娘の高校の偏差値は県内で2番目もしくは3番目くらいでしょうか。医学部や旧帝大に行く卒業生も割と多く、まあ進学校だと思います。
    それと「なぜお母さんが夫と対峙しないんですか!」というお叱りに対して少し説明させてください。実は私自身が塾も予備校も経験がないのです。運よく現役で塾もない田舎の高校から国立大学に合格し資格をとって生きています。それで考えが少し甘かったし、塾のメリットもよくわからないので自信をもって勧めきれませんでした。夫はいい人ですが、特定の事柄には異様に頑固なタイプで、私はいままで他の事柄でも何度も何度もぶつかっては結局あきらめて折れてきました。私もあきらめやすい、娘と似たタイプなんでしょうか。職場では全然そう見えないと思いますが。

    ユーザーID:1379509745

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧