自分に我慢を強いてしまう なぜ?

レス13
(トピ主1
お気に入り28

心や体の悩み

アラフィフ独身女性です。正社員で事務をしています。

昔からなのですが、なぜかしなくてもいい我慢を
自分に強いていて自分でも疑問です。

しなくてもいい我慢を強いる→あ、別にいいんだと気付き、
したい方に自分を促す という「判断の修正」が必要です。

例えば、通勤の服装は、制服もあるため、カジュアル可
(Gパン等は不可程度)なのに
どうしても「スーツかジャケット着用」を強いてしまい
何着も持っていないため組み合わせに悩む・・・からの
「ジャケット着なくてもいいんだ!」・・からの
でも結局はジャケット着てしまう不思議。

ランチも、買っても外食でもいいのになぜか弁当持参を
強いてしまい(料理は好きですが疲れている朝もある)
・・・からの「買って持ってってもいいんだ!」
・・からの、結局は弁当を詰める不思議。

他にも、
出勤時間10分くらい前に着いていればいいのになぜか
30分前着を強いる。
休みの日も、何もしなくていい日なのに、掃除や整理をしてしまう。
せっかくの休みのランチなんだから美味しいもの買って
食べればいいのに「家にあれがあるから作ればいい」と買うのをやめる。
通販で素敵な服があっても、それを買うのではなくなぜか
2番目位に気に行ったのにしてしまう。
洋服のいい組み合わせを見つけたのに、なぜかそれを着ず、
可もなく不可もない組み合わせにしてしまう。

両親と姉弟で仲良く平凡に暮らしたと思います。虐待は無いです。
昔の躾なので厳しかったですが、物を大切に、無駄使いしない
なんでも自分でできるように、程度です。
強いて言えば父を早く亡くした為、経済的には苦労しました。

なぜなんでしょうか。
必要な我慢ならいいんですが、必要ない我慢まで
強いてしまいます。
「他の人はいいけどアナタはダメ」と
自分の中の自分が言うみたいです。

ユーザーID:7463639053

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
  • これぞ拘泥なのでは

    拘りが強いだけでは?
    そうじゃなくてもいいってわかってるけど、自分が一度決めたりルーティンになってることを崩すこと自体と座りが悪いというか。

    わたしは全然わからない感覚なんですが、夫がそうなんです。例えばどこかへ行く時に同じ道で帰らないと気持ち悪いから、違う道でもいいんだよなーあっち通ってみようかなと思いながらもついいつも通り行くとき通った道を遡って帰る、とか。

    そういうのいっぱいあります。

    自分でもなんでなのかわからないけど、しなきゃしないでしてないことをずーっと一日中なんとなく気になってしまうそう。だから、諦めてるそうです。

    >しなくてもいい我慢を強いる→あ、別にいいんだと気付き、
    したい方に自分を促す という「判断の修正」が必要です。

    したい方に自分を促してやれるならまだまだそこまで拘り強くないかも。
    うちの夫はしたい方に促すけど、結局は促せなくて最初の判断に渋々戻ってしまいます。誰も強いてないのに。

    わたしは夫の特性だなと思って好きにさせてるけど、自分で自分の行動縛ってて大変そうだなーと思ってます。

    ユーザーID:0679451991

  • それは、刷り込みです。

    >昔の躾なので厳しかった

    >経済的には苦労しました。

    この躾や経験が内面化されて、いつの間にかご自身の価値判断になっているのだと思います。

    その価値判断が、今の生活とは合わなくなっている場面があるのでしょう。

    その場合は、思考を書き換える、事が必要になります。

    必要ない我慢かどうかは、精査しないとわからないでしょう?子どもの頃は、厳しいしつけで我慢することが良いことと教わってきたし、父を早くなくして経済的な苦労も我慢してきたわけですから。

    なぜなんでしょうか。と言えば、それは生育環境のなせる業です。

    子どもの頃に刷り込まれ馴染んだ価値観を書き換えるのは、主様自身の人生を始めるための第一歩です。

    ユーザーID:0660122102

  • 我慢?したいことをしているように見えますが?

    私もスーツやジャケットにタイトスカートが好きな通勤スタイルでした。
    なんとなく、通勤はスーツと思っていて、しかしながらスーツは少ない職場だったかもしれませんね。
    人のことをジロジロ見てはいなかったので覚えていませんが。
    スーツだと我慢でしょうか?
    お好きなのでは?
    また、始業30分前に会社にいる、これは私もそうです。
    始業一時間ほど前に出勤していました。
    寮生活でしたが私と人事課の先輩と二人だけいつも同じ時刻に出勤していたのを覚えています。
    我慢して早く行く?
    私は早く行き、会社についてゆっくり仕事の準備をしていくのが好きでしたよ。
    出勤時にバタバタするとその後落ち着きませんからね。

    ランチも独り暮らしした当初は弁当自作で会社では珍しかったので驚かれました。
    ただ、お金に余裕がなく弁当を作っていたということもありましたが、数年で飽きてやめましたけど。

    通販の服の選択も、無難な服におちつくことよくありますよ。
    使い勝手の良い合わせやすいものが一番です。
    同じようなものばかりになったら、遊び心のあるものを選べば良い。

    どれもこれもわざわざ我慢というものではないように思います。
    私にとったらどれもこれも、普通のこと。

    我慢していると思いたい、頑張ってる自分を褒めていたいのかもしれませんね。
    それはそれで良いのでは?

    ユーザーID:5082648820

  • 育った環境によるかも

    私も似たような感じです。
    虐待とは言えないかもですが、母が経済的なことをいつも心配していて不幸な人生を聞かされて来たのでお金を使わせてはいけない、要らない欲しくないが定着してしまい、私の家族からプレゼントに何が欲しいか聞かれてもは要らないとしか答えが見つからないというような人生で、
    何か良いものを頂いた時や他にも定期的にプレゼントやお金を母にあげなくてはいう義務感があり母に送っていました。
    先日、母が亡くなり数年ぶりに母の姉に会ったのですが、毎月母と買い物に出かけ百貨店で洋服を買ってあげていて実は自分は破れた服を着続けるような生活をしてきたことを初めて知りました。
    母の遺品整理では総額数千万円と思われる服や靴、カバンや宝石に着物が2tトラックいっぱいありました。ほとんどが値札がついたままで私たちがあげたものも袋に入ったままでした。
    おそらく母は買い物依存症でそれを隠したかったのか、私達の前ではいつも同じ服を着て経済的に不安で何も買えないと四六時中嘆いていて、プレゼントしたものはもったいなすぎて大切にしまっている言われてきたことを伯母と私が真に受けていただけだとわかりました。
    銀行の入出金を見て経済不安は実は無かったことが今になってわかったのですが、私がものを欲しがってはいけない、必要なものも最低限のものを選ばなくてはいけないと考えてしまうのは変わりそうにありません。
    その後私は人生を切り換えたく探究したところ、虐待とはいかないまでも子どもの頃の親や兄弟の姿や言葉がそうさせるというのはあるようで、兄弟に身体が弱い人がいて自分が頑張らないとという環境だった人も他の人はいいけどアナタはダメと自分に課してしまうことがあるようですよ。
    トピ主も私も原因がわかっても何も変わらないですが、少しずつ修正して行けたらよいですね。

    ユーザーID:9873309977

  • 意識して

    悪意はなくてもそういう風に育てられたのでしょう。もし変えたいと思ったら意識的に我慢しなくていいよみたく行動してみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:3920581244

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 我慢じゃないように思う

    まるで自分がやりたいことを何一つやっていないみたいなことを書いてらっしゃいますが、私もトピ主さんは我慢などせずに好きなようにしていると思います。
    あえていうなら、こだわりが強くて節約家なんでしょう。

    他にも選択肢があるからって他の選択肢を自分に「強いる」必要はないんです。
    ジャケットを着ないことを強いる必要はありませんし、ランチで外食を強いる必要はありません。
    休みのランチだって、節約したければ「家にあるあれ」を使って節約すればいいんですよ。

    ユーザーID:4173748057

  • 逆の方が面倒だからです

    スーツ着てたら、安心だし楽だからでしょ。
    そういう人、多いですよ。
    制服みたいなもので、それ着たらコーディネートを毎日考えなくて済むし。
    高校生でも、私服OKなのに、なんちゃって制服をわざわざ着る子は多いです。
    始業のら30分前に会社に着いてる…まあ、別に普通。電車が遅れることもあるし、ギリギリにバタバタする方が面倒。
    家にあるものでご飯を済ませる…まあ普通ですね。わざわざお金使ってまで家にあるものを腐らせなくてもいいですし。
    自分に無理に強いてる、というほどの事ではないような気がします。

    ユーザーID:8232796665

  • あまのじゃくで本心を出せないバイアス

    なんというか、ややこしい性格なさってますね。天邪鬼を更に拗らせてるような、そんな印象をうけました。

    「こうしたい」と素直に欲求に従うことや本心を出すことができないような心のバイアスがかかってるような気がします。

    まあ、でもわかる気がします。
    子供の頃から欲しても叶えられないので、「どうせ望んでもむだだ」と一番を欲するのをやめる癖がついてるのではないでしょうか。それが叶えられないと落ち込みが激しいから自分の心を守るための自己防衛本能のようなバイアスではないかと思いました。
    好きな人をはじめから諦めるのと同じ感じですかね。

    私もありますよ。もともとは欲求が強い子供でしたが、いつのまにか鉄の心で欲求を抑え、いつも一番好きな色を選べない。

    あと、服装に関しては自信がないのだと思います。いいなと思っても、やっぱり自分に似合わないと迷ってしまうものです。

    自分の欲求を素直に出して、それがかわいいと言われたことがあれば変われそうですけどね。
    奔放に振る舞ってもかわいい、皆に愛される人が近くにいればいいお手本になるのですけどね。

    でも、素直になれない不器用なあなたはかわいいと思いましたよ。それをそのまま人に話してみてください。話をきいたらあなたを愛しいと思うのではないでしょうか。

    私は40代前半の女ですが、そんなアラフィフさんが近くにいたら、愛さずにはいられませんけどね。

    ユーザーID:7759783489

  • 私もある

    経済的に一度極端な苦労すると、溜め込みぐせはつくと思います。

    次はいつ買ってもらえなくなるのだろう、今あるものを取っておいた方がいいのでは?の延長で、ついいつもひとつ手前を選択してしまいますね。

    服もいちばん気に入ったものを買うときは定価では買いません。買うのはセールになったときのみです。売り切れていたらあきらめてます。

    そんな調子なので、庶民にしては小金は貯めてます。子どもふたりの教育費も住宅も負債なしです。

    だからといって不幸でもなく、満ち足りているわけでもありません。

    他方のレスで気付きました。私も好きでやってるんでしょうね。こういうのが向いている、安心するんでしょうね…

    ユーザーID:6802364998

  • 私の場合

    トピ主さんのような細かい部分ではないですが、自分は幸せになってはいけないという思い込みを持っていました。
    人生は幸せになることが目的ではなく、自分を律する修行だ、という考えです。
    美味しいものを積極的に食べるのは良くない、娯楽も必要ない、楽しい事があっても素直に楽しめない、なのに嫌な事は積極的に受け入れます。
    人嫌いなのに集まりに参加したり、辛い仕事を選んで働きました。

    でも50代に入って全てが馬鹿馬鹿しくなって止めました。
    きっかけは死を身近に感じた事です。
    自分の気持ちを第一に考えるようになって、全く自分に向いていなかった仕事を辞め、奉仕しかしてこなかった人間関係も終わりにしました。

    トピ主さんもいつか自分の中の自分が「もう好きにしていいよ」と言ってくれると思います。

    ユーザーID:1038683411

  • 皆様ありがとうございます

    レスをありがとうございます。

    どれも大変参考になり、考えさせられました。

    「好きにしている」「我慢していない」にははっとされられました。
    確かにいつものようにしていれば楽です。したくてしていることも
    あると思います。ルーチンにしてこだわっていることもあります。
    そうすることが安心なのもありますね。

    ただ、したいのになんだか出来ない(通勤服も、カジュアルで素敵な
    ものを着たいのになんだか止めてしまう)こともあり・・・
    仕事が半日上がりの時があるのですが、同僚が
    「どこそこでランチ食べてから帰る」と言ってるのを聞いて
    「いいなあ、私は帰ってあるもので作って食べるのに
     (そんなことしなくていい、自分だって外食していい)」
    と思いつつ帰って、対して美味しくもない自炊料理を食べてる不思議。
    天邪鬼?なんでそこで外食して帰らないのか?ナンデ?

    石の上さんのレスがとても腑に落ちた気がします。特に

    >人生は幸せになることが目的ではなく、自分を律する修行だ、
    >という考えです。

    解ります。こういう感じです。
    他の人はいいんですが私は、自分を律していかないと・・です。
    だから楽しいことや素敵なことから遠ざかるのかな?

    子供の頃に刷り込まれた価値観なんでしょうか。
    経済的に裕福ではなかったですが、今は外食する程度の収入は
    あるのに・・
    「やりたいようにやっていいんだよ〜」と持って行く、というのを
    少しずつやっています。なぜか勇気が要るのですが・・・
    頑張って、やりたいようにやった時はドキドキするのです。

    皆様のご意見参考になります。
    体験を書いて下さった方もありがとうございます。
    引き続きご意見をお伺いしたいです。 

    ユーザーID:7463639053

  • 結局自分が楽だから

    ジャケットを着る方が無難でラク。
    30分前の出勤も精神的に安心したいから。
    お弁当を作るのも習慣化しているし、買いに行く方が面倒。

    私も主さんと同年代ですが、新しく変化することが苦手です。
    悩むのが面倒というか。
    我慢というか、自然に自分でラクな方を選択してるんだと思います。

    ユーザーID:5853567945

  • 失敗や据わりの悪いことを受け入れる

    直したいのなら
    ほんとはやりたいことをまずやる、という癖付けをしないといけないかも。
    それにはまず失敗に対する不安を受けいれたりしないと
    成功体験が身につかないと思います。

    そしてそこまでして修正の価値があることなのかもわかりませんが
    これは自分の癖だと受け入れることも必要かと思います。
    無難・節約最高ですよ。

    ユーザーID:2046243847

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧