永遠に病気を探す夫

レス44
(トピ主2
お気に入り266

家族・友人・人間関係

トピ主

結婚して2年半になる30代前半の夫婦です。夫が常に体調不良を訴えており最初は心配していたのですが、毎週のように病院へ行き、検査で問題ないと言われても納得せず別の病院へ行き検査するを繰り返す状態がもう1年半程続いています。毎日気持ち悪い、だるい、身体のありとあらゆる部分の不調を言われだんだん心配できなくなる自分に罪悪感がありながらも、こっちまで不穏な気持ちになってきてしまい辛いです。夫曰く病気に対する不安は大学時代頃からだそうですが、付き合っている頃は確かに度々体調不良を訴えていましたが身体が弱いんだなと思っていたくらいでこんなに病院・検査依存症のような状態だとは思っていませんでした。ありとあらゆる診療科、ありとあらゆる症状、検査し問題ないと言われても別の病院を探してふりだしに戻る。子供も欲しいなと思っているのですが、一生毎日体調不良を訴え毎週病院へ行ってるお父さん、、、そんな状況だったら可哀想だなとも思ってしまい、怖いです。たくさん心配する、頑張ってるからゆっくり休んでと労る、逆に気にしすぎだと重く考えない様に励ます、色んな方向で対応してみましたが効果なく、何か重篤な診断名をつけてもらうまで止まらないように思います。家族や配偶者の方で同じような状況の方がいらっしゃるでしょうか。。そうでない方でも何かこの状況の出口を探すのにアドバイスを頂けたら幸いです。。乱文で失礼致します。

ユーザーID:8291457540

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
  • 心療内科へ

    不安から来る鬱病の様な感じでは無いでしょうか。

    男性は構って欲しくてイチイチ体調を言ってくる人は多いですが、実際に病院へ行って検査までするのは行き過ぎです。
    医療費凄い事になってませんか?
    しかもこのコロナ禍で、、不要な通院は止めで欲しいですよね。

    心療内科受診も考えてみてください。

    ユーザーID:3805960310

  • 病気不安症?

    大変ですね。
    夫さんは病気不安症ではないですか??
    自分が病気でないか心配で心配で仕方なくなるような病気です。
    単なる心配性とは違います。いずれにしても日常が苦痛だと思います。
    素人の励ましでは追いつかないでしょうから、心療内科とか精神科の受診をしてみてはいかがでしょうか。
    良い方にいくといいですね。

    ユーザーID:8922262428

  • 心療内科

    行きましたか?
    検査しても何もないのなら心の病気かもしれません。
    本当にどこか悪いなら大学時代からだととっくにどうかなってます。心療内科へ行ってみてください。

    ユーザーID:1568554836

  • 精神科には?

    ありとあらゆる科で診てもらったようですが精神科には行ったのでしょうか。聞いたことがあるだけですが、心気症、病気不安症(hypochondriasis, illness anxiety disorder)というのに当てはまっていませんか。トピ主さんもでしょうがご主人本人も辛いと思います。

    ユーザーID:4693412894

  • メンタル方面は?

    頭痛や胃痛などの影に鬱などメンタルの病気が隠れてる時あります。
    精神的なものから来てるので、検査しても異常なしとなりますが、実際に痛みやだるさなど体調不良の症状は本当にあります。

    一度心療内科に受診されてみることをお勧めします。

    ユーザーID:1299113264

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • うつ病の前駆症状に似ているようだけど

    結婚前とか、結婚時の様子はどうだったのでしょうか。分からなければ、本人には勿論、義父母にも訊いてご覧になられては。

    幼い頃からの性分なのか若い頃から、そのような傾向があったのかで判断ができるのでは。彼のお仕事はどんな職種ですか、また過勤時間とか、責任の重圧、職場異動の有無、職場での人間関係の良し悪しなどが「うつ病」の発症に関係します。
    とは言え、現段階で受診しても診断を受けることは難しいかも知れません。

    うつ病の体験がありますが、始めの頃はいろんな病院や科を梯子していました。その内、内科の医師に診て頂いている中で、医師に会うだけでホッとする自分に気付いて精神的なものだと分かりました。

    その後、本格的なうつ病を発症してしまい、回復まで10年、完全に克服するまでに、発症から20年以上掛かりました。うつ病は、本人の病識がないのが特徴です。
    急に大きなストレスを抱えたか、小さなストレスを継続的に受けているかなど、セルフチェックをしてご覧になるのも一案です。

    うつ病ではないかも知れませんが、うつ病を軽く考えると一生を棒に振ることもあります。一度心療内科で相談されてはと思います。

    ユーザーID:9264071319

  • 自律神経失調症、不定愁訴

    私も常に体調が悪く、激しい動悸を筆頭に様々な苦しい症状が24時間365日で続けた時がありました。
    様々な病院、様々な科を受診しましたが異常なし。
    本当に辛く苦しい日々でした。

    もう病院に行く気力すらなくなっていたある日、
    家族のすすめで少し離れた町の総合病院に行きました。
    科は「メンタルヘルス科」、元の名は「精神科」です。

    そこで「パニック障害」と診断されました。
    自律神経失調症、不定愁訴の話も聞きました、

    投薬とカウンセリングを受けて半年で
    あれほど苦しかった動悸が少し良くなっていることに気づきました。
    体調が悪くなってから、6年たっていました。

    2年ほどで通院は終わり、あれから20年たっていますが、再発していません。

    ご主人もそこまで体を調べて異常がないなら、精神科に相談してはどうでしょうか。
    心療内科ではなく、精神科に行くことを私はお勧めします。

    ユーザーID:8195477176

  • トピ主です

    皆様 アドバイス、励ましのお言葉ありがとうございます。最初の文面でちゃんと詳しく書かず申し訳ありません。「様々な診療科」とは精神科・心療内科も含まれており、むしろかなり初期の段階で夫も私自身もメンタル系を疑っています。診療内科のドクターは「身体がどうしても気になるなら検査をしたら」とおっしゃっている様で、気になるので永遠に検査をしているという状況です。。。もともと本当に弱いのか夫のお母さんも昔から身体が弱い子なのよね、、、とおっしゃっておりました。仕事は大変そうですが、辛いなら転職してみたら?と言っても職場の人間関係で恵まれてるから転職できない。と言っていました。心療内科でもらった薬の副作用に性機能障害があると、そちらが気になって泌尿器科に行く。ニュースで芸能人が病気と判明した途端自分もその部位が気になり検査したり(それで問題ないと言われても納得せずその診療科のドクターショッピングがはじまる)、という状況で医療費も凄いです。夫の自腹ですが、それでお金がないから観光もレジャーもできない(コロナが終わったら旅行したいねと言ったら言われた言葉です)と言われるとこちらも病みそうです。途方もなく出口もない状況に思えてわたしも自分のメンタルの調子が怖いです。これが永遠にでは夫を支えられる気がしません。夫婦で共倒れしたくありません。辛いです。

    ユーザーID:8291457540

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 一回人間ドックですべて調べてもらうコースをする

    費用は高くつきますが、年がら年中病院通いするよりはいいと思います。
    宿泊を伴うような人間ドックの全身コース(脳の血管等も)で全身くまなく調べていただきましょう。
    そして男性版更年期障害のようなホルモン検査もしていただきましょう。

    その上で肉体的な再検査が必要でないなら次はメンタル方面です。
    それならご主人も納得して心療内科に進めるのでは。

    そしてご主人の生活習慣は整っていますか?
    仕事などのストレス以外で、
    睡眠が足りない(無呼吸はないか)、太陽の光を浴びない、体を動かさない、栄養を摂取できていない、体(内臓)が冷えているとか、パソコンやゲーム・スマホ等神経が昂るものばかりしていて同じ姿勢が続く(肩こりや眼精疲労や腰痛・骨のゆがみ)とか、原因になりそうなものはないでしょうか。

    後は滅多にありませんが、住宅などで人間がぱっと知覚できない範囲で傾きがあったりすると精神的・体調的に不調になったりする場合があるそうです。
    何も原因が出てこなければ水平器などで部屋を確認してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:5036785420

  • 医者を変える

    メンタルクリニックにもかかっているとのことですが、メンタル治療がうまく
    いっていないということではないですか?
    処方薬を飲んでも不安が収まらないのですよね?
    精神科心療内科の先生も、腕はいろいろです。
    得手不得手もあります。
    病院を変えてみる、カウンセリングなどの治療法を探ってみるなど、
    手を変えてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:8922262428

  • お母さんの呪いかも

    お母さんが、
    「この子は身体が弱くて」て思ってると、
    子供は合わせてくる場合があります。

    ちょっとそれかも、とレスを見て思いました。


    トピ主さんへのアドバイスは、
    放っておく、です。

    本人が「健康を目差そう!」と思わなければ 
    どうしようもない。

    トピ主さんはトピ主さんで、
    楽しいことを見つけられてはどうでしょうか。

    一人旅もありかも。

    「一緒にいく?」て声かけて、
    「医療費が」とか「体調が」と言われたら、
    「あっそう。元気になったら一緒に行こうね」
    と構わないで行ってしまう

    健康の方が
    構われて楽しいことがあるよ、
    と行動で示す感じ

    ユーザーID:6242621530

  • もう一度、心療内科へ

    ありきたりな回答になりますが、ご主人の通っていた心療内科にご夫婦で行ってみたらどうですか?
    難しければ、トピ主さんだけで家族の相談という形で受診してもいいと思います。
    そこで旦那さんをどんなふうに支えていけばいいのかとか、ご自身の不安な気持ちを話してみてください。

    共倒れになる前に受診したほうがいいと思います。
    私は長年、病気で時々倒れるパートナーと付き合ってましたが、はっきりと病名が分かっていても、回復が見込めない状況は辛かったです。
    どうかお一人で抱え込まず、専門家を頼ってください。

    ユーザーID:6581211483

  • あ〜

    私もそんな時がありました。
    旦那さん、HSPではないですか?
    いろいろ溜め込みやすいんじゃないですかね?そして、頭と体が疲れてて神経過敏になってるんじゃないかと思います。

    私も一時本当に旦那さんみたいにいろんなところを回って、MRIまで撮りました。
    でも自分でもこれはおかしいと思っていろいろ調べて、首が凝ってると神経過敏になっていろいろ支障があるんだってことが分かったんですよね。

    それで、以前から辛くなると通ってる整体があったので、そこにきちんとほぐれるまで何日かきちんと通ってみたところ、すっかり元気になりました。

    整体も本当にいろいろなのできちんと選んだ方がいいと思いますけど、今は直接メンタルに働きかけるような整体とか、うつ専門みたいなところもあるようなので、一回行ってみるといいと思いますよ。
    私も結構何軒も回ってようやくいいところを見つけたので、何軒か回ってみて下さいね。

    ユーザーID:1546522259

  • 発走の転換して

    評判のよい整体にいってみたらどうですか?
    昔整体にいった次の日、ものすごく爽やかな気分になりました。
    他の方が精神科について書かれているので費用も安いこちらを試すのはどうですか?
    首や腰のバランスがずれているかもしれません。寝てみて両足のかかとを合わせ足の長さがちがってませんか?そればかりでもありませんが。
    わたしは不調のときは整体にいきます。お相撲さんや野球選手柔道選手がいくような評判のよいところです。お試しあれ。

    ユーザーID:6616801506

  • どうなんですかね?

    不定愁訴は他人には理解しにくいかもしれないですが、プシ科も既に受診され異常なくそれでも体調が悪い。
    大きい病院で膠原病関連は全て調べられましたか?

    経験則としてですが、割と調べまくると免疫関連の難病(特定疾患)だったというパターンが多いです。
    ご主人、血清検査は受けられてますでしょうか?項目が多いと高額になるかもわかりませんが、何というか単純な検査では表面上健康でも自己抗体の異常までは分かりにくいです。
    発症や確定診断されてない場合でもその特殊抗体を少数でも持つ患者や逆に必要な自己免疫が少ない患者は、体調不良を訴える事が多々あります。


    奥様への心理的アドバイスはわたしには出来なくて申し訳ありません。

    ユーザーID:7228729330

  • 認知行動療法をやっている精神科

    レスを読ませて頂いて、認知行動療法が合うのではないかと思いました。

    不安があって調べてもらわないと、いてもたってもいられない。
    不安に駆られての行動。
    不安の内容と度合いを記録しながら客観的に見ていく訓練をするような療法です。
    受診する前の不調と不安の内容と度合い。
    受診直後、時間を置いて…などどのような気持ちの変化かあるのか?
    慣れてきたら受診を少し遅らせてみる。
    どのくらい変化があるか?
    我慢できるのか?妥当な不安なのか?などを検証する感じです。
    やってくれるところは少ないので調べてみて、受診されては如何でしょうか。

    ユーザーID:1183454102

  • ずっと続くかも

    トピ主さんをがっかりさせてしまうかも知れないのですが、旦那さんのその状態はずっと続くかも知れません。

    と言うのが、私の母がまったく同じような状態なのです。
    私は私の子供の頃から、調子のいい母というのを、ほんの少ししか見たことがなく、母は身体が弱いのだと思っていました。

    母は誰かが病気になると自分もそうだと言って大騒ぎし病院で検査を受けては何も出ない、を繰り返しています。
    少し動悸がすると言って心臓を、頭痛がすると言って頭部MRIを、息苦しい時言って胸部CTを、膝が痛いと言ってレントゲンを、もう枚挙にいとまがありません。
    そのおかげか、70代半ばになった今も大きな病気は見つかっていませんが。
    本人はこんなに大変なのに何も出ないのはおかしいと、次から次へと病院に行っては検査をして欲しがります。

    私はもうこれは母の趣味と思い、好きにさせています。
    ほぼ放置なので、冷たい娘と言われますが、母の病気(病気探し)に付き合っていたらこちらが具合が悪くなりそうになるからです。
    実際私の方が入院、手術する病気になった時、そのベッドサイドで、私もそこが痛い、悪いんじゃないか、その先生を紹介してと言われた時は呆れました。

    お金ももったいないですが、母の財布から出ているので仕方ありません。

    トピ主さんにはなんの参考にもならないかも知れませんが、旦那さんが仕事に行けてるなら、もうある程度はあきらめるしかないかなと思います。

    すみません、本当はなにか慰めになったり、励ましになるようなことを書きたかったのですが。

    ユーザーID:4036256244

  • 医師からの励ましの言葉が必要かも

    子供の頃から病気がちだった64歳男性です。

    >「身体がどうしても気になるなら検査をしたら」と

    精神科・心療内科の医師でも、最初から「心理的なものか、内臓などの病気か」は判断できません。

    だから、最初は検査を勧めるのが普通です。

    いろんな検査をしても病気が見つからないなら「心理的な問題だろう」と判断するはずです。

    今も心療内科に通っているのなら、いろいろ検査して問題なかったことは医師もご存じですよね。

    >心療内科でもらった薬の副作用に性機能障害があると、そちらが気になって泌尿器科に行く

    こともご存じで、他の検査で「正常」と言われてもドクターショッピングする事も知ってますよね。

    夫婦共倒れしそうなことも医師に告げましたか?

    それで「内臓などの病気ではなく、心理的な問題でしょう」と告げたり「具体的な対応方法」を言わないなら医師を変えるべきです。

    私も若い頃は「だるい」ので会社を休みがちで「微熱が続いた」ので休職して数ヶ月間、大学病院に入院し徹底的な検査をしました。

    それで「生活で気をつけるべき軽微な問題」はあっても、特別に検査結果が悪いとか、病気の判定はありませんでした。

    その時に医師からこのように言われました。

    ・微熱は気にしない
    ・調子が悪い時は仕事を休めば良い
    ・適度な運動をして体を鍛えれば良い

    大学病院で徹底検査しても悪い所が見つからなかったことと、この言葉にとても励まされました。

    なので、調子の悪い日は休んだり早引きしました。

    熱は毎日測り、微熱があっても気にせず、運動やレクリエーションなどもして気晴らしや体力作りをしました。

    それで数年経つと、いつの間にか微熱も出なくなり、体調不良も(ゼロにはならないが)少なくなりました。

    ご主人にも医師から「体調不調でも、こう生活すれば良い」という励まし、アドバイスが必要だと思います。

    ユーザーID:2118130952

  • 病院変えて、臨床心理士のカウンセリングを受ける

    >夫のお母さんも昔から身体が弱い子なのよね

    幼い頃からの義母さんの刷り込みも相当かも、病気がちであることが当たり前になってしまってるよう。
    跡取りとして、大事に大事に育てられたのでしょうか。

    あくまで私個人の意見ですが、
    『病気』と言うより『死』への恐怖が強いように思いました。
    元々ストレス耐性も低い方なら、あり得る話で。

    少し大きめの精神科にかかって、臨床心理士からカウンセリングを受けてはどうでしょう。
    自分が感じてる本当の「恐怖」や「不安」の正体を認識した方が良いと思います。
    長年の認知の歪みというか、繊細な旦那様なんだと思います。

    それと、食生活を始め運動など生活習慣も今一度見直した方が良いと思います。
    散歩やヨガなど、楽しく筋肉量を増やせる工夫をしてみてください。

    ユーザーID:1520989194

  • トピ主です

    皆様
    引き続きのコメントありがとうございます。
    実はマッサージ、整体、鍼治療、酸素カプセルetc...週1ペースで通っています。人間ドックも実施済みですが、膠原病は考えが及んでいませんでした。また、認知行動療法も検討してみます。
    まさしくこはる様のお母様の状況そのまんまです。わたしが偶に体調を崩すと自分も熱っぽい、実は自分も最近同じところが痛む、などなど。一番嫌なのは日常の事あるごとに不調の訴えを挟んでくるところです。空きっ腹になると気持ち悪くなるからご飯食べよう(食欲旺盛です)、ソファで横になるとくらくらする(そのくせソファでうとうとするのが気持ちいいとか言って寝落ちします)もうあなたは通常運転で体調が悪いんだと思っとくからいちいち口に出してこないでいいよ、と思ってしまいます。
    書いていて、なんだか自分は夫ともう向き合うのが無理なのかもと思えてきました。こはる様の言う通り一生続くのなら結婚生活も見直すべきかもしれません。思えば付き合っていた頃と結婚後で夫の人間性が全然違うことに気付き(店員さんにあたりがキツい、運転中キレてクラクションを鳴らしまくる、周りを見ずに自分だけどんどん進んでしまう、等)結婚前に本当の姿に気付かなかった自分の過ちなのかもしれませんが、そのことも悩みの種です。なんだか当初の相談と違う方向の愚痴になってしまい申し訳ありません。
    これはまずいなと思ってさっそく一人旅の予約をしました。

    ユーザーID:8291457540

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 80過ぎてもまだやってる

    夫の父がそれです。
    定年退職して暇になってからは、あれこれ言っては半年に一回は精密検査を受けていたような…。
    ちっさい不具合を大げさに言ってため息ついたりとかして、そのうち、健康な人がうらやましいとか言い出します。
    多少具合が悪くても、頭痛に苦しんでいても、仕事や日々の家事育児を頑張っている身としては、不愉快としか言いようがないです。

    これから一生続くので、耐えられないなら、距離を置くことを視野に入れるべきだと思います。

    義父の母(会ったことないですが)曰く、「日替わりまんじゅう」だそうです。
    今日は頭が痛い。昨日はおなかが痛かった。明日は何でしょうね。

    どなたかが書いていらっしゃいましたけど、趣味のようなものだと思います。

    80過ぎた今もびっくりするほど健康で、本人は毎日どんよりしています。

    ユーザーID:3355672848

  • 膠原病を疑ってみては?

    他の方も書かれていますが、私も膠原病系の疾患が気になります

    約2年間のドクターショッピングで、やっと体調不良の原因が判った者です。
    特定疾患、今でいうところの国の指定難病でした(膠原病)。

    ぶっちゃけていうと、モノによってはその辺の普通の病院じゃ判らないんです。
    私の場合は検査をしても明確な異常が出てこないから、大体が
    「ストレス」「自律神経」「ホルモンのバランスが悪い」等言われ、
    だからと言ってそれらを調べてくれるわけでもない。
    なので「ストレス」等のワードが医者の口から出たらその病院に見切りをつけ
    他を探す、という生活が2年続き、やっとの思いでたどり着いた病院で
    ある難病の疑いと言われ、そこからの紹介で専門医にたどり着いて
    不調の原因の特定ができました。

    膠原病(自己免疫疾患)は本当に身体が疲れやすいです。
    これでもか、と睡眠をとっても朝は錘がついたようにダルいです。
    なので、家族からも病気が判るまで「若いクセに怠けるな」と散々叱られました。
    (当時20代、現在50代です)

    ご主人のこと、心配はあっても付き合うご家族は大変だと思います。
    なので、一度今かかっている病院から紹介状をもらって
    大きな病院のリウマチ内科でも受診されてはいかがでしょう?
    ご主人も神経質になられているようですし、リウマチ内科で受ける検査は
    項目もものすごく多いので、幸い病気じゃなかったとしても
    徹底的に調べたことで、安心は得られるかもしれませんよ。

    ユーザーID:0684319550

  • うちの姉と同じ

    うちの姉も似ています。

    姉もあなたの夫も、
    どこかが悪くないと安定しないのだと思います。
    体が弱い、どこか具合が悪いという事実が、食事や睡眠を取るのと同じレベルで、生きていく上で必須なんです。

    だから、姉は色んな科を常に受診して、病名が付くととても喜びます。
    お腹が緩くなったり便秘気味になったりするだけで薬がでますから、いつも大量の薬を持っていて、私は薬をこんなに飲む程体が弱いんだ、と思っています。
    それが心地良いんです。
    しかし、みんなそれくらいはあるよね、というレベルのものしかなく、深刻な診断はありません。


    体が弱いのに頑張って育児している自分。
    体が弱いから、頑張りたいのに頑張れない自分。
    やる気がないのではなく、全て病気のせい。

    姉を見ていると、健康体になったら大変だろうな、と感じます。
    日々、どこどこが悪い、を口癖にして行う行動、もしくはそれを理由に避けている行動、それらがもう一切通用しなくなる訳ですから。
    そして、人から認められたい、心配されたい、労って欲しい、そんな要求がとても強いです。

    ユーザーID:5877834411

  • 橋本病

    20代の娘が橋本病でした。高校生のころから疲れやすく、朝起きられないことが多く、うつ病と診断されてずっと薬を飲んでいました。冬になると、寒い寒いと言って、こたつから出られませんでした。なかなか良くならず、何度も薬を変えたり、最新の磁気治療もやりました。
    甲状腺が腫れていると、毎年超音波検査をし、血液検査もしていましたがわかりませんでした。体のあちこちがいつも痛くて、マッサージをしてあげていました。
    結局、最近になってリウマチ科の先生から専門医を紹介され、一発で橋本病と診断されました。手の親指が手首につきそうなほど曲がるとか、ひじの内側の折れ目が見えないほどのっぺりしているとか、専門家が見たらすぐわかりました。
    うつ病と診断されやすいそうです。
    見つかりにくい病気もあるので、難しいですね。

    ユーザーID:2598686141

  • トピ主がつられてはダメ

    普通なら気にもしないようなちょっとした不調を大病に結びつけて考えてしまい、不安で仕方なくなり、大病でない事を確認するために病院にかかる。が、それで終わりではなく「なんでもない」と診断されても「見落とされたのではないか」と他の医療機関を再度受診しないと気が済まない「クセ」のようなものがあります。病名を探しているのではなく、大病でない事を証明したいのです。

    例えば、ふと見たスネに青あざが出来ていたとします。多くの人は「ぶつけたかな」程度にしか思いませんが、「クセ」の持ち主は「血液の重い病気かもしれない」と思ってしまうんです。統計を見て「この年代にこの病気の発生率は稀」とわかっていても一度湧き起こった疑惑は消えません。受診して検査を受けて結果の説明時に病気でない根拠を説明してもらってやっとほっとするんです。ここまでやっても1年後には「あの時はなんでもなかったけど、今度は病気かも」と始まってしまう時もあります。

    これがありとあらゆる不調で展開されますから、本人もしんどいです。私がそれです。ただ自分が気にし過ぎなのはわかっているので、誰にも何も言わずさっさと受診します。あらゆる科に掛かりつけを持ち長年の付き合いなので「今日はこの症状があの病気じゃないかと心配」と相談しています。

    この「クセ」の持ち主結構居るんですよ。治そうと思って治るものではないのですが、何かをきっかけに治る人もいるようです。ご主人のように甘えん坊で具合の悪いところを見せて心配して貰うタイプは面倒くさいですね。影響されてしんどい思いをする必要はありません。心の中で「また始まった」って軽く流しては?具合が悪いと言ってきた時は「病院行ってきたら?」で流し、「結果が信用ならない」と言ってきたら「そうなの?」で流し。いちいち取り合わなくて良いですよ。

    ユーザーID:8263652974

  • 義父がそうでした

    改行のないトピ主さまの文を見ても、義父母の関係を思い出しました。

    この調子で一方通行の妻に対し、言いたいことが山のようにあるのを育児中ということで自分のせいにしてグッと我慢しているのでは?と、びっしり詰まった読みづらい文面で感じました。

    もう一人子どもなど…という無言の抵抗なのでしょうか。

    しかしこれは、夫さんの問題なのかトピ主さまの行き過ぎた行為なのかわかりませんね。
    単に相性の問題かもしれませんし。多少は影響あるのかもしれませんし。

    義父の場合は、とにかく義母が何でも口出しする、ダメ出しする人で、口も達者なのでおっとりした義父は行き場がない感じでしたね。

    少なくとも私はこの怒涛の文章を見て重たい気持ちになりました。

    ユーザーID:9977452884

  • まずはトピ主さんが体調不良を認めてあげる

    私も体調不良が続いていますが、病院では何も見つかりませんでした。
    旦那さんも実際具合が悪いのでしょう。

    検査で何も見つからないという事は、旦那さんの体調不良は病院でなんとかできるというものではないのかもしれませんね。
    旦那さんは医療が万能であると思い込み過ぎではないでしょうか?
    壊れた家電や何かには必ず原因があって専門業者に見せれば必ず直る、というように。

    健康診断をきちんと受けて異常があれば病院にかかるのは大前提ですが、病名がなくても体調不良は存在するということも受け入れてみては?まずはトピ主さんが体調不良を認めてあげることも大事かもしれません。病名がないと怠け者のように思われるという不安もあって、病院で診断されたいのかもしれません。

    今はネットがあるおかげで、健康情報が溢れています。もちろん玉石混交で眉唾ものも多いですし、逆に「効果がない」といって書かれていても、その人には効果がないだけかもしれない。私もたくさん失敗しましたが、なんとか少しずつ元気になっています。病院で診断されるような病気になる前に対処できてよかったと思っています。

    例えばビタミン欠乏の症状で検索してみても、色々な症状があってその中にあてはまるものもあるかもしれません。ちゃんと食事をしているつもりでも体質なんかで必要量や吸収率も違いますし、加齢で体質も変わります。自分が元気になったからといって夫に進めたら、逆に具合が悪くなったなんてこともあるので、いずれも慎重に、そして何事も人間の体は一律ではない、人のいう事を鵜呑みにしない。

    夫は一般的に良いと言われている発酵食品やナスなんかにあるヒスタミンや山芋のアセチルコリンに仮性アレルギーがあるようで、気を付けたら随分元気になりましたが、気づくまで随分かかりました。
    まずは自分の体に向き合い勉強することも大事だと思います。

    ユーザーID:1966981186

  • 運動不足

    旦那さん、運動不足ではないですか?
    ちょっとした不調を訴える人の多くは、運動不足だそうです。
    まずは思い切り伸びをしてみる、ストレッチをしてみるぐらいから始めるといいですよ。
    あとは疲れるぐらい歩くことです。

    ユーザーID:0654941412

  • と、思っていた義父が難病でした

    本当に長い間トピ主夫さんみたいな感じで。
    正直、義母も呆れてる状態でした。
    が、実は国で指定されている難病だったということがわかりました。

    進行は遅いものの、足が動かなくなり階段がダメになり、長い間立っていられません。まだ幸い車椅子まで必要はないですが、私たちは遠方なので会うたびに弱っていく感じです。障害者手帳もとりました。治療法もまだないです。

    稀なケースかもしれませんが。

    ユーザーID:4269893811

  • 確かに、

    そうやって、やっとやっと病気の原因が分かったってケース聞くことあるよね?

    でも、あなたがもう限界なら、それはそれでいいと思います。

    何なら発見されないうちにお別れした方がいいかもね。

    冷たいようだけれど、あなたが疲れる気持ちもわかります。

    いいのよ。

    ユーザーID:7358308937

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧