メニエールとの付き合い方

レス18
(トピ主4
お気に入り27

心や体の悩み

ころ

 めまい歴10年となった今年ついにメニエール病へと移行してしまった更年期真っ只中のアラフィフ女性です。

 メニエールの皆様、歯医者や美容院など頭を傾けるようなことが苦手ではありませんか?また歯医者や美容院に限らず、予約を入れていても当日朝に発作が起きて行けなくなったってこともありませんか?皆さんどのように対処してますか?これは完治のない病気で一生ついて回ると聞いて落ち込んでます。コロナ落ち着いたら旅行に行こう等と考えていましたが・・行けるの?って感じです。周囲には同じ病気のひとはいないのでこちらに相談しました。よろしくお願いします。

ユーザーID:3460167587

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • 予約できない

    私(64・男)も幼児期から「めまい患者」です。幼児期はその症状は普通と思っていましたが、小学4年生のときに夜間就寝中「寝返り」したときに激しい回転性の眩暈が発生し、

    「これは おかしい この症状は病気なんじゃないだろうか」

    と考えましたが、その当時は数時間でおさまり翌日には登校できました。
    これでも高卒で就職しましたが44歳のときに医師からの助言で引退しました。

    歯科医・理容店はもちろん予約できないです。毎日、朝起きたときの体調で1日の予定を判断します。

    年末の「クリスマスケーキ」の予約も2005年を最後にやめました。もっともこれは大雪でケーキが工場から販売店に輸送困難なことがあったという理由もあります。

    インフルエンザ予防接種の予約もできません。医院によっては予約不要なところもありますが、我家近所の医院はほとんど「予約制」です。

    在職中は同僚・上司から、

    「仕事をやめれば ストレスから解放されて 回復するよ」

    などとよく言われたものでして、職場の産業医からも総合病院の「心療内科」を紹介されて約 2年間通院しましたけれど、医師は、

    「あなたの場合は 耳鼻咽喉科系疾患だったようですね」

    と助言され、仕事から引退しても症状は治まらないです。症状の軽い日は買物にも出かけられますが、症状が重い日は通院もできないため、そのような処方がされています。

    ユーザーID:5448725589

  • お疲れ様です。

    突発性難聴からメニエール病に移行した者です。
    めまいのつらさって、経験のない人には理解を得られにくくて辛いですよね…。
    よく、ストレスを貯めないように…と言われますが、正直ストレスを貯めないって何をすればいいんだ…!と思ってしまいます。

    私が実際に試してみて、めまいが減ったことは、
    ・寝る前にする「寝たままヨガ」
    ・早寝早起き
    ・体を冷やさない
    ・多少筋肉をつける
    などなど。
    特にヨガは効果があると思っています。
    サボると3日で気持ち悪くなってくるので…。
    メニエールには首、肩周りのヨガ、更年期の症状(アラフォーですが持病のため排卵を止めているので同じような症状が出ています)には骨盤回りのヨガが良い感じがしています。
    無理をせず、ズボラな感じで始めてみるといいかもしれません。

    あとは、意外と歯を噛みしめているみたい(ほっぺたの内側に線が入ってる…)なので、意識的に上下の歯の隙間を開けるようにしています。(口は閉じてくださいね笑)
    すると、気持ちの悪さからくる頭痛が多少マシになりました。

    美容院や歯科に行くには、数日前から体調を整えるようにいつも以上に気を付けています。
    症状がでると出歩けなくなるので、薬を常備しています。

    ユーザーID:5639579739

  • 癖をつかむ

    数年前にメニエール病を発症しました。
    当時の仕事上のストレスと疲労のせいだと思いますが、徐々に自分のメニエールの癖がつかめるようになりました。
    首をこの角度で傾けると回転する、とか、前日にこういうものを飲食すると翌朝回転しやすい、とか…
    止まるタイミングもわかるようになっていきました。

    美容院や鍼灸院で回転し始めたこともありますが、もう無視しちゃいましたね。吐き気が起こらないよう祈るばかりでした。

    今は寛解していますが、疲労や天気の状態によっては発作が起きます。
    病院で薬も処方してもらっていますが、効いているのかよくわかりません。

    ユーザーID:9184736608

  • 経験者。でももう発作はでないです。

    50代です。31才の頃ですがやりました。ある晩、初めての耳鳴りを経験。これがそうかと思っていたら、翌朝ぐらり、吐き気。親戚に救急車呼べと言われたので、救急で最寄りの大学病院に運ばれました。メニエール病と診断されました。
    考えられる原因はその週、飛行機で九州まで日帰り出張、翌々日に北海道へ日帰り出張でした。それが無茶だったのでしょう。
    半年くらい通院投薬でした。この薬が副作用なのか物凄く攻撃的になってしまうのです。自分でもなにかおかしいと思いながら怒りだしたら止まりませんでした。
    それ以降定期的な軽い運動と睡眠(もう睡眠導入剤が手放せません)は確保するように気を付けてます。耳鳴りがしたら即休んで寝るようにしています。
    おかげさまで初回発作の一週間後にもう一度ぐらりと来て以降20年以上発作は起きてません。なので完治したと思ってます。
    休養が第一ですよ。

    ユーザーID:6231613534

  • レスありがとうございます

     近所の耳鼻科に通院しているのですが、そこは毎日とても混んでいて先生もあからさまに「早くさばきたい」という態度の日が多くなかなか細かいことを相談できません。いつもせかせかせかせかしているんです。そういったこともストレスです。

     そろそろ美容院にもいきたいんだけどな・・シャンプー時の細かく頭を揺さぶられる感じが非常に苦手です。

    ユーザーID:3460167587

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 千円カット

    私は、40歳でメニエールと診断されて10年以上経ちました。ここ数年は、予約やひとと約束が出来るようになってきました。耳鼻科には今も通院しお薬は継続しています。嘔吐するほどのひどい目眩はこの数年は起こしていません。
    美容院は長い間、シャンプーのない千円カットで済ましていました。私が利用していたところは予約も必要ないので、体調の良い時にふらっと立ち寄る感じで。シャンプーは発作を起こしそうで怖いですね。首を後ろにそらす姿勢は良くないですね。でも最近は美容院でシャンプーも大丈夫になってきました。もちろん美容師さんは私の事情を理解して、姿勢など気を付けてもらっています。あと、椅子をくるっと回されるのも発作を引き起こしますので、椅子を回さないで欲しいとか、シャンプー台への移動はゆっくりとなど、注意を払っています。外出も怖く、特に人混みや駅の階段が怖かったのも、この頃は大丈夫になってきました。
    完治とはいきませんが、いろいろな注意や工夫をしながら、生活しています。
    漢方とか鍼灸なども、体調維持には効果あると思います。
    旅行も2年前に、親戚の結婚式のために飛行機に乗りました。ハードスケジュールにならないようにして、なんとか無事に出席できましたよ。
    長く付き合っていると、だんだん発作の前触れみたいなものも掴めてきます。
    気に病むのも良くないので、無理せず、のんびりと。私は、ぐうたら主婦を心がけています。

    ユーザーID:2656248369

  • 若い頃より随分良くなりました

    50代後半、女性です。

    20代半ばで天井が回るようなめまいに襲われ、激しいめまいがない時でも絶えず気持ち悪さが抜けなくて辛かったです。

    寝込むことも多かったです。

    でも、激しい症状が出たのは始めの二年間くらいでした。

    その後も、ごくたまに寝込むことがありましたが、30代半ば過ぎにはそういうこともなくなりました。

    40代以降はめまいで悩むことはほとんどなくなりました。

    ただし、今でもめまいを誘発しそうな
    ことには気をつけています。

    朝起きる時には、いきなりガバッと起きないようにしています。

    そして、テレビを見ていて、何かが回転
    する映像が映ると、すぐに目をつぶります。地震の時などによくある、揺れる画面も駄目です。

    若い頃に比べたら、本当に楽になりましたよ!

    トピ主さんも、いくらでも変化の可能性があると思うので、あまり決めつけないで、希望を持って下さい!

    ユーザーID:4489848631

  • 私の場合

    20代で一度発症。
    突然ぐるんぐるん目が回って全く動けなくなって入院しました。
    その後落ち着いて40代で再発。20代の時ほど酷くなかったです。

    この時、まずは耳鳴り、そして難聴から目眩にうつる事に気付きました。

    耳鼻科では内耳に水が溜まってバランスを崩し目眩を起こすと説明を受け、水分を出す利尿剤と血流をよくする為のビタミン剤を処方されてましたが、ネットで水分が足りなくなると体に溜めようとする作用が働いて余計に水が溜まるので、反対にタップリと水分を取って、溜め込まなくても大丈夫と体に教えた方がいいとの説を唱える先生を見つけ、それから耳鳴りがしたらお茶をたっぷり飲む様にしました。すると耳鳴りが治まり、それ以上の症状に進まなくなりました。

    今はなるべく頻繁にお茶を飲む様にしています。
    そのおかげか全く目眩を起こしていません。
    トイレは頻繁に行くことにはなりますが、目眩起こすよりはマシなので。

    ユーザーID:5907529564

  • ありがとうございます。

     再びトピ主です。

     またまた質問なんですが 一度発作が起きると日常生活にそれほど支障がなくなる状態になるまでどれくらいかかりましたか? 今回発作が出てから3週間くらいになり、毎日イソバイドやめまいの薬を飲んでいるのですが 首の後ろの違和感やふらつく感じがあり不快です。ただ発作時にあった車酔い感は今はないです。
     
     もちろん個人差もあると思うんですが、よかったら教えてください。

    ユーザーID:3460167587

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 私の場合…ですが

    ひどい発作の場合、通勤できないレベルが2日間、ぐらんぐらんしていても動けるなというレベルが10日間くらいでしょうか。
    ただ、少し治まったかなーと思って少し無理をすると、またひどい発作に逆戻り…ということがあったので、発作が起きてしまったら、その後しばらくは疲れを感じる前に休息をとるように気を付けています。

    私の場合ですが、大体、首の後ろの違和感→耳鳴り→ひどい首コリ→めまいと気持ち悪い感じ、と症状が進むようなので、首の後ろに違和感が出た段階で、肩甲骨周りを温めたり、緩めたりするようにしています。
    すると、ひどい発作にまでは進まず、治ることが多いです。

    そういえば、くまさんがおっしゃっているように、私も水分(緑茶や白湯)をこまめに飲むようにしてから、症状もマシになってきましたね。

    ユーザーID:5639579739

  • レスありがとうございます

     たくさんの体験談と励ましの言葉をありがとうございます。

     一応悪性のものを否定するためにMRIをとり、結果異常はありませんでした。

     でももう一か月近くになるのになかなか症状は改善しません。やっかいな疾患ですよね・・

    ユーザーID:3460167587

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 水分とりすぎないよう

    私(64・男)も「めまい」がひどくて通院できないことがありますから、約10年前から「イソバイド」も処方されています。

    私の場合は「水分取り過ぎないよう」と指導されていますが既に退職 (48歳で病気のため早期退職) していますが、日常生活で「水分取り過ぎ」ということは感じられないんです。

    また「コーヒーを飲み過ぎないように」とも指導されていますが、医師に「毎日 1杯ぐらい飲みます」と言いましたら、「その程度なら全然 問題ないです 5〜7杯 飲まれる習慣の人もいらっしゃいますから」という診察です。

    私の場合「コーヒー1杯、緑茶1杯」ですと利尿作用のためか「めまい」の症状が緩和します。私の「めまい」は「回転性」は近年減ってきましたが、「常時乗船感覚」は続いています。

    長年の「めまい」から、発生しやすい姿勢はわかっていますから、それを避ける工夫をしますが、これは患者さんによってその対策は異なるでしょう。

    ユーザーID:5448725589

  • 私も色々試しました。

    40代後半で発症。
    投薬でしばらく落ち着きましたが、今でも飛行機や新幹線、エレベーターは苦手です。

    いくつか病院等で聞いて私に効いたのは、血行促進と水分補給です。

    血行促進については、
    ・耳の後ろのリンパを意識したマッサージ(気がついた時に)
    ・15分以上の散歩、軽い運動やストレッチ(特にヨガ)
    ・寒い時期にはふくらはぎ、足首、首、手首にウオーマーを巻いて血行促進

    水分補給もいいようです。

    あとは深い深呼吸。これも血行促進と発作への不安を鎮めてくれます。

    今は50代半ばですが、症状も落ち着いています。

    ただ、急な動作や高いものを取ろうとする動作は控えています。

    上手に付き合っていけたらいいですよね。
    どうぞお大事に。

    ユーザーID:2398640933

  • 完治しました

    私も10代のころメニエールの診断を受けて、調度10年経ったときに治りました。それ以来もう10年以上再発していないので、自分では完治したと思っていますし、再発することへの不安も全くありません。

    結論から言うと、私の場合はストレスが原因だったのだと思います。あの症状は私の場合、寝返りも打てないほどの凄まじいもので、一旦発症してしまうと、次はいつ生じる??と不安だらけの毎日になりますよね。いつ発症するか分からない不安、そして治る見込みがないという不安、症状の激しさ、そういったものから、病状への恐れや不安はとても強いものであり、そのストレスが改善を困難にしていたのだと今になっては思っています。

    私は都内のめまい科に通っていて、症状が出ると、這うようにして病院にかけこみ、点滴を打ってもらっていました。不思議とその点滴を打ってもらうと、症状がかなり改善するのです。

    さすが、国内でも有数のめまい専門の病院だけあって、きっと最先端の薬を点滴してくれているのだとずっと信じていました。ある日、いつものように点滴を打ってもらっているとき、看護師さんに何気なく、その点滴の成分を聞いてみました。すると、ビタミンcとか、耳を疑うほどありふれた成分のもので、その日が私の転換期となりました。

    てっきり最先端の薬品だと思い込んでいたがために、その点滴をしてもらうたびにめまいはかなり改善しったということは、病は気からの言葉通り、自分の思い込み一つで病状が出たり引っ込んだりするのだと思い至ったのです。

    それ以来、不安を手放す努力を続け、症状が出ても悲観的に受け取るのはやめるようにする。そういうことを繰り返していった結果が現状です。この世には、不治と言われた病を治した人など実は珍しくはないものですし、自分の気の持ちようで、色々と克服できることも多いのだと思っています。

    ユーザーID:6414668199

  • たまにやってきます

    メニエール歴10年ちょっとくらいだと思います。私の場合は、ですが
    トイレにマメに行くようになってから、だいぶマシになりました。

    以前は病院行ってお薬飲むと症状が治まっても、比較的頻繁に再発してました。そこで徹底的に調べてる時に、ふと薬の作用が目に留まりまして。メニエールで処方される薬には、利尿作用を促す成分が入っているらしいです。
    考えてみれば、ちょっと忙しいとトイレに行くのを我慢し続けて二、三時間とか。そこでトイレ最優先の生活に切り換えたら目眩の頻度がだいぶ減りました。

    他の人に当てはまるかわかりませんが
    普段トイレを蔑ろにしてて、かつ何をやってもダメならお試しください。

    ユーザーID:4919389330

  • 上手く付き合う

    70代女性です。メニエール病は30代から50代位まで発症しました。30代前半は年に3回位でした。殆どは前触れがありました。ふわふわ雲の上を歩くような感じと耳の詰まった感じです。耳鼻科を受診しイソバイドを処方されました。

    繰り返している内に段々発症のタイミングが分かってきました。家族や仕事で問題が起きた時のストレスでした。主人に話し夫婦のコミュニケーションの風通しを良くしました。つまりある意味自分も原因の一つでした。少なくともストレスの種は作らないです。職場や近所等自分で解決できない事は頭の上に置くです。

    完治したくて何軒も病院を回りましたが、これもやめました。治りたい気持ちが強いと病気に対する恐れも出てきます。なる時はなるとどんと構え日常生活を普通に過ごしました。

    予兆が現れたらイソバイドを飲み気持ちを切り替えました。少しずつ良くなりましたが、回数が減ったのは仕事をやめてからです。これが一番のストレスでした。

    60歳頃に寛解しました。旅行が趣味で国内外沢山行きました。イソバイドやアンプルに睡眠不足が一番疲れるので、旅行時のみ眠剤を持参しました。数十回行きましたが一度軽いのが起きたのみでした。

    今は無理でしょうが私の場合気にしない、メニエールと仲良くしようと思う事と毎日楽しくと家族仲良くでしょうか。

    でもふわめまいが残っていました。急に振り向く、展開の早いテレビの画面、美容院や歯科の診療台の動きでおきます。ですがこの間テレビの健康番組で納得出来ました。PPPDと言って過去に強いめまいが起きた人に多いそうです。実際は何でもないのに脳の勘違いです。治すためのストレッチもあります。

    又メニエールで三半規管にリンパ液が溜まった時に抜く器具も保険適用されたそうです。

    インターネットでも検索できますし、日本めまい平衡学会に所属している医師を探すと良いそうですよ。

    ユーザーID:1310202386

  • ありがとうございます。

     調子が悪くてネット閲覧を控えてました。
    お礼が遅くなり申し訳ありません。

     毎日イソバイド服用して3週間程になります。水分もとってトイレの回数も随分増えましたが、なかなかふらつきは改善しません。日常の動作がしんどいしちょっと外出するとクタクタふらふらです。
     たぶん全身に余計な力が入っているんだと思います。
     
     みなさんのレスは参考になるものばかりです。特にPPPDは初めて聞きました。症状が全部一致もします。
    これも治りにくいみたいですね。私も治したくて越県もしたりしていろんな病院に行きました。でもひとつも効果があった治療や薬はありませんでした。医師についてもあまり患者の話を聞こうとしないように思います。

     でも何人かの方が現在は落ち着いていると書かれていて、自分も落ち着く時がくるのかな と淡い期待を持っています。

    ユーザーID:3460167587

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 私もメニエール

    私も12.3年前からメニエール病になりました。その少し前から耳鳴りがしていて、自宅に帰って来て玄関のドアが閉まるとザーっと聞こえる感じでした。

    ある日出勤途中に眩暈がして動けなくなり、救急車ではこばれました。(先生曰く大発作)

    そこで先生から『メニエール病です。命に別状無いけど治りません』と言われました。
    それから「イソバイト」という水薬を朝昼晩と飲み続けましたが、それからは眩暈は起こってません。
    耳鳴りはずっとありますが。

    今では病院にも通っておらず普通に日常生活を送っています。

    ご参考になればと思い書いてみました。

    ユーザーID:0842289565

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧