詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫と、やり直します

    お気に入り追加
    レス31
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    もう一度
    恋愛
    夫の不倫が発覚し、人生が色あせたような気持ちになりました。どれほどやりきれなかったことか。

    夫が相手と別れ、5年になります。一度は共にやっていくと誓った人だから、もう一度やり直そうと決意して暮らしてきました。

    それでも何度も蘇る苦しみに、やり直す選択をして良かったのかと自問自答していました。

    でも夫から聞いたのです。「いつか見捨てられるのかもしれない。それでも身から出た錆だから仕方ない。できるだけの努力をしよう」と考えていたと。

    どちらが悪いという話では解決できないことでした。私も、いつしか思いやりを忘れていたのだと思います。

    私はいま、この選択をしたことをはじめて良かったと感じます。もう一度、夫と知り合おうという気持ちです。苦しかったけれど、粘り強くやってきて良かったと思います。

    いま苦しまれているお立場の方が、納得のいく選択をされ、いつの日か心から笑える日を迎えられるよう、心からお祈りします。

    最後までお読みくださり、ありがとうございました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数31

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    頑張ろうね!

    しおりをつける
    blank
    同じ
    人ごととは思えないので気になって読みました。

    私も同じです、まだ一年しかたっていませんが

    結婚まえからの思い出もふくめ結婚生活すべてが

    色あせ、無意味な時間に思えました。

    ときどきフラッシュバックして自分が辛くなりますが

    自分の為に後悔しないようにしたいです。

    私の方が主人に対して愛情が足りなかったのかも

    しれません、男の人はいつまでも子供みたいに

    かまってほしいのかもしれませんね~

    人生の幕を引く時、幸せだったと思えるように

    お互いに頑張りましょうね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    よかったですね。

    しおりをつける
    blank
    ぴーち
    本物の夫婦になれたった感じですね。

    頑張ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    まき
    がんばる気になれました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やっと

    しおりをつける
    blank
    JK
    なんだか小町のレスを読んでいて『これぞ夫婦だなぁ』と思いました。

    大きな障害を乗り越えて、やっと取り戻した生活、きっとこの先はお互いにとって素晴らしいものに変ると思います。

    何らかの障害を乗り越える事ができた夫婦って素晴らしいと思います。

    今の夫婦って耐えるって事、知らないような気がします。だから離婚が多くなってきてるんですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    もう一度
    皆さん、暖かいレスをありがとうございます。お礼を申し上げます。

    >同じさん
    人生の幕を引く時に幸せだったと思えるように・・・私も同じことを考えていました。投げ出した方がどれほど楽かと思ったことは一度や二度ではありませんでしたが、長期的な視点で物事を見ようと努力したのは、そういう思いだったような気がします。お互いにこれからも頑張りましょう。同志のような方に出会えて嬉しいです。

    >ぴーちさん
    ありがとうございます。まだまだこれからですけれど、いつの日か本物になれたらいいなと思います。私たち夫婦に綻びはたくさんあるのでしょうけれど、夫婦で少しずつ、縫ってゆこうと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。続きです。

    しおりをつける
    blank
    もう一度
    >まきさん
    いま、おつらい立場にある方なのでしょうか。

    私が結婚を投げ出さなかったのは、ひとつには夫への信頼が地には落ちなかったからです(夫や父親として経済的・社会的責任は果たし続けたので)。

    それと自分自身に責任がないとは思えなかったのです(配偶者への不満があれば不倫に繋がって良いとは思いませんが、こんな非常事態に陥らなければ、私はあれほど真摯にこの出来事に直面しなかったでしょう)。

    それと・・・某女性専門施設職員という仕事柄、離婚女性に出会う機会が多くあります。暴力がある場合などはむしろ離婚は良い選択の場合が多いと思います(暴力は、暴力をふるう本人の問題であって、妻の努力によって改善する問題ではないので・・)。

    でも、配偶者の心変わりや不倫をどうしても許せず、一時期の怒りにまかせて離婚してしまった方の傷つきとその後の後悔・混乱を垣間見ることが多く、複雑な気持ちでした。

    「葛藤のさなかにあっても投げ出さずに、自分の気持ちがはっきりするまで待つというのは大切なことなのかも」と思いましたね。まきさんにとってより良い人生になりますよう、心からお祈りします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。続きです。

    しおりをつける
    blank
    もう一度
    >JKさん
    ありがとうございます。ひとつの危機を乗り越えたというのは、私の中でも少し自信になりました。

    たくさん傷つきましたけれど、その分、しなやかになったように思います。

    結婚というのは継続していればそれで良いとはどうしても思えませんでしたので(表面的に取り繕うだけなのであれば、私にとっては離婚の選択の方がベターだと思っていました)、仲良くやり直せるのかどうか、ここがとても重要でした。

    いま、私たちは昔よりも仲良くなれたかもしれません。粘り強く、これからも共に生きてゆければと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    質問させて下さい

    しおりをつける
    blank
    あやこ
    夫の不倫に悩んでいる者です。
    文章から感じられるトピ主さんの高潔なお人柄と
    離婚女性に多く接していらっしゃるということから、
    図々しくも、何かご意見を頂けたらと思い、
    投稿させて頂きました。

    夫の不倫は継続中です(発覚から一年です)。
    私は夫が不倫をやめるなら、
    すべて許してやり直したいと伝えています。
    でも、夫は相手と別れたくないようです。

    こういう場合は、やはり私が身を引くべきなのか。
    正直、心が他の場所になる夫との生活は地獄です。
    (表面的には穏やかでも)
    私自身、その苦しさから、かなり離婚へ傾いています。
    離婚したくない気持ちが3割、
    早く一人になってこのドロドロした感情から
    解放されたい気持ちが7割という感じです。
    離婚するなら、夫は私の希望額の慰謝料を払うそうです。

    何か少しでもアドバイスを頂けると嬉しいです。
    ちなみに子供はなし、私は40代手前です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    もう一度
    >あやこさん
    ご事情がよくわかりませんので、何か役立つようなことを申し上げられるとは思いませんが、相手との関係が燃え盛っている段階では、何を言ってもしても事態は変わらなかった・・・というのが、当時を振り返っての私の実感です。

    その段階では夫は、私と別れて相手と一緒になれたらどんなにいいか、という夢をも見ていたのではないかと思います。私がその時点で根負けしていたなら、あるいは離婚が成立していたのかもしれません。

    私もあやこさんのお気持ちに心底共感します。進むも地獄、別れるも地獄というのが実感でした。なぜこんなに苦しい思いをしなければならないのか、こんな思いを多くの女性がしたというのなら、皆はどうやって乗り越えたのだろうと、いつも考えていましたね。

    スーパーなどですれ違う見知らぬ女性たちにも、こんなつらいことは起きたのだろうか。「大変じゃありませんでしたか?」と聞きたいような衝動にかられる、そんな気持ちでした。

    続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。続きです。

    しおりをつける
    blank
    もう一度
    ご夫婦で買い物をしていらして、奥様が偉そうに旦那様を怒鳴りつけているような光景を見ると涙がこぼれました。なぜ私なんだろう?あんなこと、私はしていないのにと。本当に世界が暗闇のようでした。

    どちらを選んでも地獄であるのなら、夫に心底愛想がつき、もうこんな結婚なら解消したいと心から思える日まで、短気は起こすまいと私は考えました。でも、その選択が良かったと思うまで、問題が解決しても5年かかったという訳です。

    何が良いのか悪いのか、正しい態度がひとつではないだけに、本当に難しい問題ですよね。

    それでも、ご自分のお気持ちに尋ねられながら行動されるのがよいと思います。本当にたいしたことが言えなくて申し訳ありません。

    食事・睡眠などはきちんととれているでしょうか。生きる希望が失われたりするほど、配偶者に裏切られた傷つきというのは深刻だと思います。どうぞお体には気をつけてくださいませ。あやこさんのお幸せを心からお祈りします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    あやこ
    早速のお返事ありがとうございます。
    地獄を乗り越えてこられたトピ主さんのお言葉、
    本当に心に深く響きます。

    私もスーパーなどで全く同じことを考えました。
    なぜ私なのだろう、と。

    問題が解決してから5年もかかられたという事実も、
    重く心に響いてきます。
    しかも、もしかしたら5年後に、
    その選択は失敗だったと思われた可能性もあるわけで、
    トピ主さんにとって大きな挑戦だったであろうことは
    想像に難くありません。
    私にそんな挑戦をするだけの勇気があるのか。
    結果、失敗だったとしても、
    潔くそれを認めることができるのか。

    続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます2

    しおりをつける
    blank
    あやこ
    夫を愛しているなら、
    私は夫の望みを受け入れてあげるべきなのでは?
    そう思うとき、離婚へ気持ちが傾きます。

    君を裏切った自分はゴミのような人間だと、
    こんな自分は決して幸せにはなれないと、
    夫は言いました。
    夫が本当にそう思っているなら、
    離婚するのは間違っているのではないか?
    そう思うとき、離婚を躊躇します。

    自分の気持ちに尋ねながら進んでいく。
    それしかないのですね。
    夫の気持ち以上に、
    自分の気持ちがわからなくなる時が多い今は、
    とても難しいことですが。

    トピ主さんが勝ち取られた幸せを、
    私もいつかこの手に握りしめることができたら…。
    離婚しても、しなくても。

    見ず知らずの私に暖かいお言葉を、
    本当にありがとうございました。
    トピ主さんご夫婦のご多幸をお祈りしております。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとう…。

    しおりをつける
    blank
    ぷにゅ
    もう一度さん、こんにちは。
    もう一度の文章を読んで、涙が止まりませんでした。
    1年半もの間不倫を続けていた旦那。
    2ヶ月前に私にばれて別れました。

    旦那は反省し『もう2度としない。ぷにゅを一生愛していく。一生かけても償っていく。』と言っていますが、とてもじゃないけど今は信じる事はできず、また信じてあげる事のできない自分やたまに嫌味を言う自分に嫌気がさす時があります。

    いっそ別れたほうが楽だと思う事も多々あります。
    でも、私ももう一度さんと同じように、自分がどうしても旦那を嫌いになるまでは一緒に居ようと決めたので、この2ヶ月間自分なりに頑張ってきました。

    そう決めたものの、とても苦しいです。
    私にばれたから別れただけで、ばれなかったら今も続いてたんだろうな…旦那の心の中にはまだあの人がいるんではないか…と毎日悲しい思いです。
    もちろん旦那は否定しますが、今の私には旦那の否定も無意味です…。

    でも、もう一度さんの文章を読んで、もしかしたら私ももう一度さんのようになれるのではないか…と思い、少し光が見えてきた気がします。。
    本当にありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    夫婦。

    しおりをつける
    blank
    きんきん
    失敗しないと成功は見えてこない。

    私も一度離婚しています。5ヶ月間で元夫と復縁しました。
    離婚するまでの5年間は家庭内別居でした。
    なぜそうなったか、長い間夫婦をやっているといろいろありますよね。
    お互いをおもいやる気持ちがなくなった時、他の人へ目移りしたり、夫としてふさわしい人が他にいるんじゃないかとか。
    世間の人にはなぜ離婚したの?って聞かれますが、こそこそ不倫して気を紛らわせて仮面の夫婦やるより、ホントは大嫌いなのに子供の為に離婚できない、と、不仲なまま夫婦やるより、自分に正直なんです。それに失敗しないと成功ってわからないじゃないですか?私こそなせそんなんで離婚しないの?と言いたくなります。
    離婚したおかげでそれは失敗だったと思えるようになりました。今では夫は喧嘩もしますが、なくてはならない人です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    もう一度
    >あやこさん
    再度のご発言ありがとうございます。拝見してハッとしました。私の夫も当時、似たようなことを言っていたからです。
    「自分はどうせ地獄に落ちる人間だから」
    「生きている価値もないような人間だから」

    小町では、「不倫をするような男」というのは、散々に評価されますし、実際にそうなのでしょうけれど、私にとってそれは、あくまで一面的な見解だと思います。夫自身の苦悩も(自業自得といってしまえばそれまでですが)感じました。

    私にとっては「その人が本当の彼の相手なのか」というのも重大な関心事でした。けれど、夫には「妻には悪いが、本当の相手と出会ってしまった。だから生き直したい」という態度は微塵も見られなかったのです。待っているのは自分や家庭の破滅かもしれないけれど、のめりこんでしまっている。間違っているけれど止められない。だからこんな最低な人間である自分は見捨ててくれたらよい、一貫してそういう態度でした。

    続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      トピ主です。続きです

      しおりをつける
      blank
      もう一度
      相手がどのような人かというのも気にはなりました。「どうせ不倫なんかする女性は・・」と先入観を持ってしまいたい、情けない自分も十分に感じていましたし(夫の意思がなければ不倫はできない。相手を責めるのは筋違いとわかっていても、抱いてしまった感情でした)、自己嫌悪に陥りましたね。

      あやこさんの旦那様の苦悩が伝わるような気がしました。でも、身を引くような離婚や泥沼から逃げる離婚はお勧めしたくありません。あくまでご自身のためにもなり、ご自身にとって意味のある離婚あるいは修復であってほしいと願っております。

      自分自身のためだけに生きるのでもなく、相手だけのために生きるのでもない。より良く共に生きるバランスというのは難しいですね。ましてや相手が心ここにあらずの状態で、一時的に健全な関係が崩壊してしまっている状態では本当に何もかもが困難です。

      振り返って思うことですが、最大の敵は、生きることにも関係修復にも絶望したくなる弱気な自分だったように思います。さぞ苦しい思いをされていることと思いますが、どうぞ生き抜いてくださいませ。心からお祈りしております。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      もう一度
      >ぷにゅさん
      レスありがとうございます。解決はしても、修復には時間がかかりますものね。つらい時期ですね。でも、まだ出来事が生々しいのですから当然の反応ですよ。旦那様のご帰宅がお仕事で遅くても「まさか?」と不安に感じてしまったり、あんなことを彼女と話したのだろうか、相手と私を比較しているのだろうか・・・あらゆる邪推に苦しめられる、そんな時期だと思います。

      偉そうなことを申し上げてご不快かもしれませんが、そのような思いは決して強く長くは続きません。必ず回復していきますので、今そのようなお気持ちを抱くことは当たり前の症状なのだということをまずご自身が理解される必要があると思います。

      この気持ちに結びつけて旦那様を責めることも、つらいでしょうが、毅然としてやめられるのがよいと思います。それは悪循環で、相手を責めれば責めるほど、ぷにゅさんも傷つかれ自己嫌悪に陥られると思うからです。また、過去を責めていては物事は絶対に前には進展しないからです。また、この段階で相手を責めすぎて、結局は修復できないという例は多くあります。

      続きます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。続きです

      しおりをつける
      blank
      もう一度
      旦那様を責めるのではなく、そのような気持ちがどうしてもこみあげ、苦しくつらいので、それを理解してほしいと伝えてみられてはどうでしょうか。だから自分を心配させないように配慮をしてほしい、混乱した時は慰めてほしいと言ってみるのです。気持ちが落ち着くまで、自分を守ってほしい、いつもより気をつけて大事にしてほしいと伝えてみませんか。

      修復は並大抵のエネルギーではできませんが、誠実に取り組めば光は必ず見えてきますよ。苦しいでしょうが、負けないでくださいね。心から応援しています。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      もう一度
      >きんきんさん
      レスありがとうございます。

      失敗から学ぶ、本当に大切なことだと思います。おっしゃるとおり、本当に長い間夫婦をやっていると、いろいろとありますものね。

      きんきんさんの潔い生き方、共感いたします。私自身も表面だけを取り繕うような、実際に機能しない夫婦関係なのであれば、迷わず解消することを選ぶと思います。

      結婚しているのであれば、その結婚に誠実でありたい、それが私の思いです。

      きんきんさんと旦那様が末永くお幸せでありますように。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      これで最後にします

      しおりをつける
      blank
      あやこ
      本当にありがとうございます、もう一度さん。
      でも、いつまでもご好意に甘えて
      話を聞いて頂いていてはご迷惑だと思いますので、
      これを最後の投稿にさせて頂きます。

      やはり人間の行動や思考というのは、
      総じて大差がないのかもしれませんね。
      私も夫に訊きました。
      その人こそ、生涯を共にする女性だと、
      本当に幸せになれる相手だと思うのか、と。
      はっきりイエスという答えが返ってきたら、
      私は相応の償いをしてもらったうえで、
      身を引くつもりでした。
      でも夫の答えは「そんなことはわからない、
      まだそこまで考えていない」でした。
      もちろんそれは私に対する気遣いで
      そう答えたのかもしれませんが。

      でも、その答えが夫の本意だとしたら、
      その程度の気持でこんな事態を引き起こしているのかという絶望感と、
      その程度の気持しかないのなら離婚すべきじゃない、
      修復への努力をすべきなのでは、
      という気持ちの両方があります。

      続きます

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      これで最後にします2

      しおりをつける
      blank
      あやこ
      今の夫は離婚を望み、
      私には「ごめんなさい」と言うばかりです。
      今はただただ、私に対して苦しいという思いしか
      ないのだそうです。

      私もずっと最大の敵は弱い自分だと感じています。
      相手とも別れられず、
      私にも強引に離婚を迫れない夫の弱さは、
      そのまま私自身の弱さでもあります。
      なんとしても夫を取り戻すと決意することもできず、
      かといって潔く夫を解放してやることもできない、
      私の弱さです。夫と私はまさに鏡なのです。

      弱い者同士の夫婦であるがゆえに、
      何もしないままズルズルとここまで来てしまいました。
      でもどちらに進むにせよ、もう潮時と感じています。
      誰のためでもなく、自分自身のために決めます。

      もう一度さんのお言葉から、
      いろいろなものを頂くことができました。
      最後までお読み下さってありがとうございました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      笑顔だけど地獄

      しおりをつける
      blank
      ベル
      皆さんのレスを読んでて涙が止まらなくなりました。
      「この人とだったらどんな苦労をしたって一生笑って暮らせる」と信じ再婚しました。
      毎日毎日、幸せでした。

      でも、私が、その幸せを感じているなか夫は浮気していたのです。
      自信喪失、人間不信、人前で話す仕事の為、表面上は笑顔を作らなくてはならない毎日に、いつしか心を病んでしまいました。

      現在、表面上は、以前にも増して幸せな毎日を送っています。しかし、夫の笑顔を見るたび、「ひょつとして」と疑ってしまう自分がいます。
      いつまでこの「地獄」は続くのでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      もう一度
      迷惑だなんてとんでもないですよ。同じ苦しみを体験している仲間ですから。あやこさんの苦悩が手にとるように伝わってきます。当時の私が揺れていた状態となんと似通っていることだろうかと、さらに驚きました。

      運命の相手に出会ってしまったというならともかく、この先がどうなるのかわからないような相手のために夫婦関係を崩壊させることも厭わないという夫の態度には、私も深く絶望したものです。

      当時の私を支えたものは、「葛藤の最中にあっても、感情から行動に走ってしまってはいけない」というある心理学の本の言葉でした。「自分の気持ちがはっきりするまで待つ」という表現に魅かれ、「もう、これ以上は無理だ」と何もかも投げ出したい時も、その言葉が私の宝物でした。

      余計なことかもしれませんが、振り返って思うことを書かせてくださいね。

      夫は厳しい家庭に育ち、自分自身の意思よりは親の方針が絶対的である環境下に生きてきました。こういうタイプの人が大人になったとき、ある日突然自暴自棄的な行動(どう考えても幸せにはなれそうではない道を選びそうになる)に出るということはよく指摘されています。

      続きます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。2

      しおりをつける
      blank
      もう一度
      「これまでの人生、何も自分で選んでこなかった。こんな人生は捨ててやる」という突然の行動化という訳です。しかも夫の母親が亡くなり、その価値観は大きく揺らいだのだろうとも思います。

      ある本によれば、母親の死は男性の混乱を招き、不倫に走るという人も少なくないのだとか。妻との関係だけではない背景が隠れている場合も多くあるように思います。

      今、当時の言動が嘘のように誠実に生きている夫は、「頭がおかしかったのでは?どうかしていたとしか思えない。よく自分を見捨てずに救ってくれた」と言います。これがすべての男性に当てはまるとは思えませんが、中年期の男性の心理的危機と案外繋がっているのかもしれませんね。

      あやこさんが「もう潮時」と書かれているのが気になりますが、大事に築いてきた夫婦関係であり、結婚だったのですから、潔い態度などとれなくて当たり前だと思います。

      むしろ、物分りの良い顔をしてしまわず、自分の気持ちに嘘をつかないようにと考えるようにしていました。

      続きます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。3

      しおりをつける
      blank
      もう一度
      私は「弱さ」という言葉が以前よりは好きになりました。ある本にはこんなふうにも書いてありましたよ。「私たちの中で弱さは非常に評価が低い。自分の弱さを隠そうともせず、率直にそれを表現できる人に感動するというのに」。

      あやこさん、弱くて良いではありませんか。私たちが自分だけのために生きるのであれば、それはあまりに一面的だし、相手だけのために生きるのもまた然り。共に生きていく関係性を重視するから結婚生活を送ってきたのです。

      潔く解放なんてできなくてよいし、ご自分の気持ちに尋ねつつ生きる、それが良い選択なのだと私は思います。

      今までのことは何だったの?というお気持ちになられることと思いますが、これまでのことも必ず、夫殿の中での真実だと思います。あやこさん、ずっと応援しています。どうぞ、実り多き人生を送られますように。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      恋愛・結婚ランキング

        その他も見る その他も見る

        トピ主です。

        しおりをつける
        blank
        もう一度
        >ベルさん
        その「地獄」の苦しみ、心底共感いたします。さぞ苦しいことと思います。でも、いつまでも地獄は続きませんよ。必ず気持ちが落ち着き、それなりに安定する時期がきますので、絶望せずにいきましょう。

        「私が平穏な暮らしに満足していた頃、あなたは不倫相手と私を笑っていたのか?」などと妄想的な発想にまで至り、あれこれと繰り返し思い出して苦しむことも多いと思いますが、苦しみに翻弄されて相手を責める行為になりそうなときは、意識的に別に打ち込めるものを見つけるなど、良い行動に振り向けていくことが良いそうです。

        痛みが完全に消えることはないかもしれませんが、必ず上手に胸にしまい、つきあえるような日はやってくるのだと思います。

        負けずに生きましょうね。私も頑張ります。大変な思いをしましたが、これが私の夫ですから。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございました。

        しおりをつける
        blank
        ベル
        本当に救われました。
        ありがとうごさいました。少し、前を向いてみますね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        答えが見つかりません

        しおりをつける
        blank
        チョコパン
        もう一度さん…すごく素敵な人です。読んでいて感動しました。
        昨年の今ごろ、旦那に女ができて無断外泊が続き、離婚になりました。
        当時、父親ッ子の1年生の息子に本当のことが言えず今でも単身赴任と信じています。それでも、ある日を堺に父親がいなくなったことは深く傷つき、荒れてしまった子供を守ってあげることだけに精一杯だったこの1年でした。
        つい先日、元旦那から「子供のためにやり直したい」とメールがきました。でも、女とはまだ同棲してます。私の答えがYesなら女と別れる。Noならこのまま同棲を続けるというのです。私の答えを受け止めケジメをつけたいと。
        いったい何のケジメなんだか…と怒りが込み上げる反面、毎日、父親が帰ってくる日を信じている息子を思うと…どうじていいのか答えられません。
        昨日、同性相手からメールがきました。「私たちは真剣なんです。答えがYesなら戻る、Noならこのままでは納得できません」と。
        いろんな場所へ息子と出かけるたびに見かける家族団欒の光景。うらやましそうに見つめる息子。
        胸が痛くて悲しい毎日です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        横>チョコパンさん

        しおりをつける
        blank
        tokumei
        思わずレスしたくなりました。あなたが戻ればあなたとやり直す。あなたが戻らなければ彼女と暮らしていく。弱い男です。でも、所詮浮気する男はその程度弱いものです。

        私はあなたには御主人とやり直して欲しいと思います。

        そんないい加減な男許したくないと思いますが、直感ですが、あなたの御主人は人生の賭けに出たのだと思います。

        あなたが許してくれたら、心入れ替えて本気で頑張る。許してくれないなら、自分の責任として、この女の面倒をみる。御主人はあなたのところに戻りたいのだと思います。逆説ですが本当に駄目な男なら、この女と縁切ってからあなたに謝罪してくると思います。
        その女と縁を切らないのは責任を感じているからのようで、男らしい人なのかもしれないと思えるのです。

        どうですか?本当に愛想つかしていますか?まだ愛情がありますか?愛情があるなら、本気で嫌になるまで頑張ったほうが納得できると思います。今、半端なことをしたら、ずっと引きずると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        もう一度
        チョコパンさん、おつらい毎日ですね。さぞやりきれない思いをされているだろうとお察しします。それでもお子さんを守ろうと必死で頑張られてきた姿勢に感服いたしました。

        チョコパンさんの選択で、可愛い子どもの父親を奪うのかと思えば、胸が張り裂けそうなお気持ちになられることでしょう。

        差し出がましい発言をお許しいただきたいのですが、失礼ながら旦那様は、チョコパンさんと本気で修復するお気持ちがあるのだろうかと疑問に感じます。

        修復は、相手がすっかりと改心し変化してもなお、困難なものなのに、よその女性と暮らしている立場で「どうしますか?」とチョコパンさんに下駄を預けられるというのは、誠実な姿勢とは思えませんね。チョコパンさんの怒りはもっともだと感じます。

        続きます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  31
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0