詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ひょっとしたら

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    国語辞典
    話題
    ひょっとしたら、と思って続けていたり入ったりしたけど、全く良い結果にはならなかった、私の今までの人生ではそうです。 大体に良いことを期待して、その言葉を使いますよね。 これからしておかしいですか。習い事ではやっと見つけた講師、一生の趣味になるかもと思ったら、ものすごい新人いびりがあったり、ひょっとしたら良い出会いがあるかもと思っていたところが、後から入った人にすごい裏切られたりと。 こういう期待というか、そういう気持ちを持って何かすることが間違っていたのでしょうか。どういう時にひょっとしたら、という言葉を思い浮かべますか。

    トピ内ID:2522276679

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 36 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 7 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    並び順:古い順

    ひょっとしたらなんてありません

    しおりをつける
    🙂
    イヤいや
    神も仏も見た事がない私は漠然とした夢や妄想を思い描けません。 ひょっとしたら、なんて思わないくらい現実に生きているからです。 人生ああしたら、こうしたら、なんて妄想です。 確実に手に入る物を手に入れる為に進むのみ。ひょっとしたら手にはいる物なんて、脆い。 お金落ちていないかな、と地面ばかりみるような人生より、ガツガツ稼ぐ人生で失敗した方が 納得できます。

    トピ内ID:6149407097

    閉じる× 閉じる×

    プラスマイナスの想定

    しおりをつける
    🙂
    posuyumi
    まずニュートラルな状態を思い浮かべる。 習い事を習うなら、その時間中(一時間とか)はそれをする楽しみを感じられるとか、技能が教わった分向上するとか。 それにプラスとマイナスを同程度思い浮かべる。 つまり、先生が優しいしれないし厳しいかもしれない、一緒にやる人と仲良くなれるかもしれないしうまくいかないかもしれない、と。 それでも予知力はないのでたいがい、思ってもない感じの未来になるわけですが。 だからこそ、なんでもやってみないとわからないんですけどね。 この、ニュートラルな部分ではなくさらに良い夢想をしてそこに期待してものごとを始めるってことは私はないですね。 夢想部分をあなたは「ひょっとして」とおっしゃってると思いますがそれが思った通りになるのなら、あなたは占い師なみの予知力をもってることになりますね。

    トピ内ID:1504176244

    閉じる× 閉じる×

    私が変わってるのかも。

    しおりをつける
    🙂
    まりこ
    >どういう時にひょっとしたら、という言葉を思い浮かべますか。 ついさっきまで、 何の情報もない、ゼロの状態だったところに、 ふと、もしかして「これ」なんじゃない?と、突如思いついた。 あってるか、あってないか、確証はもてないけど・・・。 「それ」であってるか、確認したい。 そんなときに「ひょっとして」を使います。 例えば、探している物がない。(情報なし) どこやったっけ・・・と思いを巡らしているとき、 「あ。ひょっとしたら、あそこにあるかも!」みたいな。(思いつく) それで、その場を確認に行く。 または、他人との会話で、 「あれって何だっけ?(情報なし) こんな感じで、こうで、こうでなんだけどね。」 「あ、それ、ひょっとして〇〇じゃない?」(思いつく、相手に確認) 「あ、そう!」もしくは「ああ、それじゃないんだよね~」 そんな感じ。 確かに、そこに、 「予想があってたらいいな」という期待みたいなものはあります。 でも、個人的には、趣味を始めたり、続けたりするときに、 「ひょっとしたら」という言葉は使いません。 また、ひょっとしたらという気持ちで、 趣味を始めたことも、継続したこともありません。 ただ、期待をもって趣味を始めたり、続けたりするのは、 間違っているとは思いません。 そんなの個人の自由だと思います。

    トピ内ID:3968440288

    閉じる× 閉じる×

    へこたれない勇気と根性

    しおりをつける
    🙂
    まに
    未来を期待することは全く悪い事ではありませんよね 未来に希望がないと人生やってらんないです ただ、その希望が叶うかといえば経験的にすごく少ないです 例えばあなたには親しく話せる人は何人いますか? その知り合いの中で友達と呼べるのは何人ですか? さらにその友人たちの仲で親友と呼べるのは何人いますか? 希望が叶うということは親友に巡り合うことと同じです そして親友と出会えないからといって人付き合いを辞めてしまうような人がいたら あなたはどう思いますか? 沢山の人とふれあってこそ、まれに本当の親友に巡り合えるように 色んな事にトライしてこそ一生の趣味にであえるんじゃないですかね 大事なのは巡り合えるまでへこたれない勇気と根性です

    トピ内ID:3907461410

    閉じる× 閉じる×

    そういう時には使わない

    しおりをつける
    🙂
    マカダミア
    ちょっとトピ主さんの聞きたい事が分からないのですが、 「どういうときに「ひょっとして」という言葉を使いますか?」 という質問でしょうか。 それとも「良い事を期待して何かすることがそもそも間違いなのか?」 でしょうか? もし前者なら、トピ主さんのあげた例は「ひょっとしたら」を使う局面ではないと思います。 ひょっとしてはもっと「予想もつかない事、思いがけず、もしかして、うっかり」等に対する言葉でしょう。「全然電話がつながらないけどひょっとして携帯忘れたのかな」とか、急に吐き気を催すお嫁さんに姑が「あなた…ひょっとして…」とか。 それに対して新しい習い事で一生の趣味になるかもとか、いい友達出来るかもというのは願いや期待です。「ひょっとして」を期待する場面ではないでしょう。 そしてもし「期待するのは間違いか」であれば、全然間違いではありません。 新しい趣味を始めようかなと思う時、趣味が上達したいのと同時に、新しいお友達が出来たらいいなと思う人は多いです。新しい人間関係ができるとき、新しい生活の場ができる時、それが良いものであると期待し、願うのは当たり前です。 ただ人によって優先順位はあるので、トピ主さんが人間関係を作ろうとしているのに、相手はただ自分が趣味の上達ができればいいと思っているなら、トピ主さんの働きかけは邪魔にしかならない事でしょう。 また自分が仲良くしたい相手が、自分と仲良くしたいと思ってくれるかは別です。 それでも良い結果を求めることは間違いではありません。そう願うからこそ周囲の人と仲良くしようと思うし、真面目に習い事に取り組むし、誠意をもって人と接するでしょう。期待が無いならそもそも何も始まりません。 ただそれが必ずしも実を結ぶとは限らないだけです。 トピ主さんにとっては「ひょっとして」と言いたくなる程これまで期待が裏切られてきたのかもしれませんね。

    トピ内ID:3115184181

    閉じる× 閉じる×

    「過去」「想像」対して使うイメージ

    しおりをつける
    🎂
    ベリー
    例えば、腑に落ちない出来事を後から思い返して想像を巡らした時 「ひょっとして○○だったのかも…?」のような使い方です。 未来に対してだと私は「もしかしたら」を使います。 想像のような「未確認・未確定な事」に対して使うイメージです。 トピ主さんのような「期待」に対しては使わないので違和感があります。 他レスのまりこ様の使い方は、理解できます。

    トピ内ID:7346359392

    閉じる× 閉じる×

    そういう使い方はしない

    しおりをつける
    blank
    れんげ
    私はそういう使い方はしませんね。 私が使うとしたら 「ひょっとしてあの2人、つきあってる?」 「ひょっとしてあなた、マンション買ったんじゃない?」 「ひょっとしてあの人、会社やめるんじゃなの?」 こんな感じでしょうか。 トピ主さんの場合って、私が思う「ひょっとして」より 重い感じがしますね。 私が使う時はもっと軽い内容の時ですし、 自分のことでは使いませんね。 「ひょっとして」は良いことにも悪いことにも使われると思います。 期待して…という意味だけでは使わないのでは? (「ひょっとしてこの先に落とし穴があるとか?」など)

    トピ内ID:0397204530

    閉じる× 閉じる×

    感情抜きの予測とか想像の時に使います

    しおりをつける
    😀
    おばはん
    期待するときは、 ひょっとしたら○○だといいな、と続きます。 ひょっとしたら、だけでは想像の時の言い出しですね。 後に続く言葉で変わります。 かな? とかね。 だったら、困るとか。 期待して外れるのは私も経験あります。 そこからがね、後を引かない性格です。 次行こっと、となります。 だって、考えたってしょうがない。 努力で変わることと変わらないことがありますから。 私はもう五十代、女性です。 人生イロイロありました。 子供の頃から何事も与えられず、頑張ってるところに周りの助けを借りて生きてきました。 裏切りも勿論ありましたよ。 でも、気にしたってしょうがない。 良い人に沢山出会いました。

    トピ内ID:6643355151

    閉じる× 閉じる×

    ひょっとしたらは

    しおりをつける
    🐱
    アイルー
    推理的な感覚の時ですかね。 ひょっとしたら〇〇じゃないか、みたいな曖昧な時。 何かを期待してひょっとしたらという言葉は使わないかなぁ。 そういう時は「もしかしたら」かな? もしかしたら一生の趣味になるかも、 もしかしたらいい出会いがあるかも、みたいな。 最初から期待してしまうと、 期待外れの時のガッカリ感が大きくなるので そういういい事は期待しないようにしています。 「いい事があるといいな」ぐらいにとどめておきます。 逆に期待しない方が、 いい事があった時に嬉しさが倍増するので。 でも最初からネガティブに考えるよりはいいんじゃないのかな?

    トピ内ID:4862079739

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    キャンドル
    そうですね、考えてみると私は後からガッカリしたくないから悪いほうを想像して、「ああ、良かった取り越し苦労だったわ」とか、「やってみたら意外とできた、心配するほどのことではなかった」となるように考える癖があるようです。 石橋を叩いて渡るような、 慎重というよりもはや懐疑的な所があり、 最初からうまく行くわけない、とか そんなうまい話あるわけない、 小さい字で注意書き書いてない? そんなタイプです。 デメリットとしては、なかなか行動に移れない、そういうことになるんですよ。 ひょっとして、より、 あわよくば、くらいの気持ちのほうが ガッカリしないような気がしますね。 でも、トピ主さんのように「ひょっとして」で行動に移れる人は、初動が早いというか、「悩むよりとりあえずやってみよう」ができる人で、 失敗もあるけど学ぶことも多いし、人生は豊かなんじゃないですか? たぶん、うまく行ったこともあるはず、 私の人生だいたいそうだった(全く良い結果にはならなかった)なんて、 そういう考え方は心理学で一般化とかいったかな、1つのことであれもそうだったこれもそうだったと関連付けて考えてしまうことを言うのですが、つまり、そういう心理状態、思い込みみたいなもので、 実際はそんなことはないと思いますよ。

    トピ内ID:0605624308

    閉じる× 閉じる×

    レスします2

    しおりをつける
    🙂
    キャンドル
    >ものすごい新人いびりがあったり、 >後から入った人にすごい裏切られたりと。 その時点で辞めてるから嫌な思い出なんですよ。一概には言えませんけど、もう少し続けて良い事が起こりその時点で辞めたら良い思い出です。 例え話をすると、 人生、良いときも悪いときもありますよね。 どの部分を切り取るかで、良い人生か、悪い人生か、になりません? 習い事や仕事もそうで、うまく行くとき、うまく行かないとき、波があると思います。 見切りを付けて辞める、それは間違ってませんが、 でも、うまく行かないとき諦めずに続けていたら、事態は変わったかもしれません。 事態が好転して良い状態のときには、ひょっとしてで始めたけど成功だったな、と、思えるのではありませんか? 今回のトピの件でいうと、 ものすごい新人いびりをする人がいたけど、めげずに続けていたら、その人に認められるようになった、あの人、打ち解けたら意外と良い人だった、その後、気の合う人が入ってきて友達もできた、とかね。 その時点なら、この習い事始めて良かったと思えるでしょう?

    トピ内ID:0605624308

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    国語辞典
    レスしていただいた皆さん、ありがとうございます。 トピ主の国語辞典です。 居住地域で、もしかしたらを使う人はいませんね。聞いたことがありません。どちらがどうとか意識なく、ひょっとしたらを使っている感じでしょうか。 鳥肌が立つ、これを○○のコンサートに行ってきた、鳥肌が立つかと思うほど感動した、と言った人に後に、あの使い方はおかしいよ、鳥肌が立つはすごく怖くて悪いことの時に使うんだよ、と言う人がいました。う~ん感動した時に使う人が今は多いと思いますが、どうなんでしょうか。 言葉は本当に難しいです。自分は良いと思って言ったことが、逆に取られたり。自身の出来る範囲で気を付けないとと思っています。 皆さんのご意見、とても参考になりました。ありがとうございました。

    トピ内ID:2522276679

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    予想外の時に

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    ひょっとしたら、が良いことを希望的な意味で使うと限ってないなぁ。 「ひょっとしたらもうダメかも」とか「ひょっとして何かトラブルがあって遅刻の連絡もできないのかな」みたいにも使います。 ひょっとしたらは、自分の予想外と言う意味では?だから「ひょっとしたらいい出会いが」で「後から入った人に裏切られる」も自分の期待を裏切って予想外だから使い方としては合ってると思います。

    トピ内ID:7718884644

    閉じる× 閉じる×

    言葉は変化するから

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    >鳥肌が立つ、これを○○のコンサートに行ってきた、鳥肌が立つかと思うほど感動した、と言った人に後に、あの使い方はおかしいよ、鳥肌が立つはすごく怖くて悪いことの時に使うんだよ、と言う人がいました。う~ん感動した時に使う人が今は多いと思いますが、どうなんでしょうか。 本来はそうだけど、今はって多いですよね。 「全然」も、昔は「全然ダメだよ」といった否定の時しか使わなかったけど、今は「全然大丈夫」と肯定に普通に使いますし。 読み方だって「重複」は「ちょうふく」だけど、あまりに読み間違えが一般的になったから「じゅうふく」を丸にすることになったと聞きました。 でも明治の人からみたら変な使い方してるのに、それすら知らずに常識と思ってることもあると思うし。本当に言葉は変化しますよね。

    トピ内ID:7718884644

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    国語辞典
    その後もご意見をありがとうございます。言葉は本当に難しいです。一言で誤解されたり教養のない人だなと思われたりと。地域によっても違っていると思いますし。

    トピ内ID:2522276679

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]