詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    バツイチ彼の養育費問題

    お気に入り追加
    レス59
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ちほ
    恋愛
    バツイチの彼とお付き合いをしています。
    彼にはお子さんが1人いるのですが、お子さんは前の奥さんと暮らしているそうです。
    そのお子さんが今19歳なので養育費を毎月渡しているそうなのですが、今年二十歳になるので二十歳になった時点でお金を渡すのはおしまいと言ったそうなのですが、前の奥さんが「それは困る」と言っているそうで少しもめているようです。
    二十歳過ぎたらもう毎月の養育費等のお金は渡さなくて良いと思うのですが、私は詳しく分かりません。
    お子さんはアルバイトをしているそうです。彼が養育費を払い終わったら結婚する気持ちでいたのですが、この先前の奥さんが出て来てお金のことでもめるのかと思うと不安になってきてしまいました。
    彼は前の奥さんに仕事のシフトを増やすなり実家に助けてもらうなりするように提案しているそうです。
    ですが、前の奥さんに困ると言われたら払い続けなければいけないのでしょうか?
    無知なのでご意見頂けると有難いです。

    トピ内ID:0068922776

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 34 面白い
    • 503 びっくり
    • 7 涙ぽろり
    • 102 エール
    • 15 なるほど

    レス

    レス数59

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  59
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    養育費というよりも

    しおりをつける
    🐱
    とおりすがり
    お子さんが学生の間は、学費程度の仕送りは当然では無いでしょうか?
    お子さん19才なら学部によってはあ3年~5年は学費が掛かり、お子さん自体の生活費も掛かります。
    その間の分担(援助ではない!)は、父親として当然の義務だと思います。

    20才になるからと言って子供を切り捨てる父親…
    そんな男は最低だと思います。
    トピ主さんは、そんな人情も無い無責任男に魅力を感じるのですか?

    トピ内ID:9693590546

    ...本文を表示

    調べればすぐ分かること

    しおりをつける
    blank
    ヘアドネ
    無知なので、と言うのなら自分でも調べましょう。

    お子さんが19歳とのことですが、専門学校生か短大生か大学生かも分かりません。
    お子さんが何らかの教育課程にいるなら養育費は必要でしょう。
    でもお子さんが働いているなら払う必要はない。
    「養い育てるためのお金」なんだから、社会人には不要でしょう。

    でも、これはあなたの彼と元奥さんの話です。
    前妻に「困っている」と言われて彼が払うのなら仕方ないです。

    トピ内ID:4012016979

    ...本文を表示

    それは彼と奥さんが決める事。

    しおりをつける
    🙂
    かかお
    個人的に、正解はないと思います。

    >>今年二十歳になるので二十歳になった時点でお金を渡すのはおしまいと言ったそうなのですが、前の奥さんが「それは困る」と言っているそうで少しもめているようです。

    それでも、彼が、

    いや、約束だから20才までしか払いません。

    と言えばその通りだし、

    じゃあ、大学を卒業するまでは払います。

    というのか。
    世間一般の意見ってあまり関係ないし、離婚時の取り決めがあっても状況によって変わると思います。
    ない袖は振れないですから、彼が子供に対してどう思うのか?
    わかってると思いますが、彼は元嫁さんにお金を払うのではなく、子供の養育費に対してお金を払うという事です。

    >>この先前の奥さんが出て来てお金のことでもめるのかと思うと不安になってきてしまいました。

    そうですね、とりあえず就職するまではその問題は出てくるでしょう。
    でも、仕事をして独立してしまえば、彼が子供に対してお小遣い程度は渡すかもしれないけど、元嫁さんに対しては支払う義務はないですから。
    ただ、これも彼が元嫁さんに対してどう思うかによりますよね。

    >>彼は前の奥さんに仕事のシフトを増やすなり実家に助けてもらうなりするように提案しているそうです。

    だとすれば彼は払う気ないんでしょう。
    でも元嫁さんがどうにもならなければ養育費に関して言えば頼るのは彼しかいませんからね。

    とにかく言えるのは主さんが結婚して家計を一緒にしているのでないのであれば、主さんには関係のない事です。
    主さんがとやかくいう事ではない。
    もし、彼が元嫁さんの言いなりでお金を渡すのであればそれまでです。
    主さんがやめてって言っても彼が主さんの言う事を聞くのか、聞かないのか、それは彼が決める事。
    話がまとまらないのであれば弁護士でも何でも入れて彼は動くでしょう。
    ただの彼女である主さんがとやかくいう事ではない。

    トピ内ID:1726701642

    ...本文を表示

    愛情か義務か

    しおりをつける
    🙂
    もっさん
    そもそも何で養育費を払ってるのですか?
    子供に罪は無いから、せめて離婚しなかった時と同レベルの生活や教育が得られるようにするためのお金じゃないんですかね。
    就職するまでは面倒を見てやるのが普通の親心だと思います。

    それとも法律で決められてるからイヤイヤ払ってるのでしょうか?
    新しい恋人ができたら血の繋がった子供ですら邪魔者ですか。
    私ならそんな人とは結婚できません。
    いずれ自分も捨てられるのが目に見えてますからね。

    トピ内ID:7894898406

    ...本文を表示

    大学などに行くなら延長も可能

    しおりをつける
    😀
    ココア
    子どものいる方との結婚は覚悟がいります。

    養育費は成人しても独り立ちするまでは払う事が多いです。離婚時の養育費の取り決めが20才までだったとしても、大学進学などによる卒業までの養育費は調停で延長もできます。

    養育費が無くなったとしても、相続の際にご主人の子どもは必ず出てきます。
    そういう事もあるので、結婚するなら覚悟が必要です。

    トピ内ID:7861778723

    ...本文を表示

    夫婦間の取り決めによるのでは

    しおりをつける
    blank
    さらん
    養育費について、彼と元奥さんの取り決めによります。

    普通は離婚時に何歳まで支払うという話し合いをしているはずです。20歳を区切りにするのはあまり聞かないです。
    というのは、学生か社会人かで扱いが違うからですね。

    今の日本の学校制度だと、18歳で高校卒業、22歳で大学卒業なので、高卒で働き始めるか、大卒かで違うというわけです。

    お子さんはアルバイトしているようなので大学生でしょうか?だとしたら22歳まで支払うのが一般的だと思います。

    元奥さんに困ると言われたら、最終的には家庭裁判所に判断をあおぐことになりますね。家庭裁判所で調停員に間に入ってもらって話し合うわけですが、お子さんが学生である場合、養育費は学生を終わるまで、とされる可能性も大いにあります。

    トピ内ID:3760590883

    ...本文を表示

    それは彼が親として考えることです。

    しおりをつける
    🙂
    エス
     妻と離婚していようが死別していようが
     又は健全な夫婦をしていようが・・

     子供と同居していようが別に住んでいようが・・ 彼は子供の実の親です。

     元の妻に対しては成人を建前上の区切りを考えることはできますが、実の親子の関係は消えませんよ。

     例えばあなたの周りの大学生で親の援助を受けていない人の比率はどの程度でしょうか? バイトだけで生きている大学生。ちゃんと就職をしてから仕事の合間に通学している大学生・・そちらの方が少数派ですよ。

     30才になろうが50才になろうが、他人様を頼れない事があれば親に相談することがあります。その時に親は子供の年齢に関係なく「親として」方針を考えます。

     就職や結婚や出産・・子供が成人をしていても親は「親として」お祝いなどを考えます。

     これは正常な心をもっている人間として正常なことです。
     離婚をすれは配偶者との関係は消えますが、子供との関係は消えませんよ。複雑になるだけです。

     どちらにしても養育費などは、あなたに関係のないことですから発言権はありません。

     仮に彼と再婚をした場合、現実に養育費などの実子に対する支出は家計に影響を与えます。しかし他人が口を出せることではありません。

     「実子への支出を減らして、私との生活に金を回せ!」と主張することは、「再婚相手に使う金を減らして、俺に金を回せ!」という実子からの主張と同じ位にナンセンスで身勝手です。あなたも成人してますよね。

     他人であるあなたが「親子間のお金のやりとり」に口を出すつもりなら、あなたとは他人の子供が「夫婦間のお金のやりとり」に口出しすることを認めなくは身勝手です。

    「親として」「夫として」彼が決めることですが、その複雑な関係に耐えられないなら子持ち男との再婚は考え直しましょう。

     この問題は相続など死んだ後でも続きます。

    トピ内ID:4180217442

    ...本文を表示

    トピ主さん

    しおりをつける
    🙂
    迷路
    冷たいレスになりますが、養育費の問題は彼と元妻と彼の子供の問題です。まだ結婚していませんよね?だったら口など挟まないことです。
     「無知なので」とありますが本気で心配なら調べる手立てはいくらでもありますよ。まず手始めに行政の市民相談担当部署で同談されてみてはどうでしょうね。
     但し今の単なる彼・彼女の関係でトピ主さんが彼の養育費の問題を相談しても多分相談には乗ってくれないと思うので彼を連れていけばよいと思いますよ。

    トピ内ID:5592492991

    ...本文を表示

    情報不足

    しおりをつける
    🙂
    独身貴族
    ・子供の現況(20歳以降、学生なのか社会人なのかで事情が全く異なる)
    ・離婚時の取り決め(何歳まで払う取り決めだったのか、取り決めは証書化されているのか等)

    最低でもこの2点を明確化してもらわないと何とも言えないですよ。

    >二十歳過ぎたらもう毎月の養育費等のお金は渡さなくて良いと思う
    こういったきまりはありません。
    昨今は大学進学が当たり前になっていますから、22歳までとする人や18歳で再協議とする人も多いです。

    >お子さんはアルバイトをしているそうです。
    学生でバイトをしているのか、フリーターなのか曖昧です。
    前妻が「それは困る」と言っている理由も書かれていません。
    ぼんやりした情報を元に答えは出せません。
    一般的に学生ならば延長しなければならない可能性がありますし、社会人ならば延長の必要は無いです。

    トピ内ID:5811735080

    ...本文を表示

    ご意見ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    ちほ
    皆様、ご意見頂きありがとうございます。
    彼のお子さんは2年程前に高校を中退したので学生ではなく、フリーターで居酒屋さんでアルバイトとして働いているそうです。
    大学に進学することもないみたいです。
    離婚時の取り決め等は聞いていないので分からないのですが、お金で困ることがないように今は毎月20万円渡しているそうです。
    成人式の振り袖のお金も出してあげたいそうで、それは私も賛成なのですが、彼が養育費払うのは二十歳までと言ったところ、前の奥さんが「今まで通りお金出してくれなきゃ困る」と言っているそうで、少し不安になってしまい相談させて頂きました。

    トピ内ID:0068922776

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  59
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0