詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 結婚するに当たり仕事を辞めるべきか悩んでいます。
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    結婚するに当たり仕事を辞めるべきか悩んでいます。

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    そうめん
    恋愛
    閲覧ありがとうございます。
    タイトルの通り、悩んでいます。
    そして、自分1人では決められないので皆さんの意見を頂戴したいと思いトピックを立てさせていただきました。
    皆さんの意見に全く責任はありませんので、思ったことを書き込んでいただきたいです。

    私:大手企業SE、在宅ワークができない、正直仕事がしんどいと思っている(帰りが遅く休日がほぼない)
    彼氏:遠距離(電車で2時間程度)、専業主婦でもいいと言ってくれている、割と忙しい、収入は高め

    この状態で結婚するとしたら、会社を辞めて専業主婦になりますか?

    もし結婚するとなれば、週末婚か中間地点に住む(お互い出勤に1時間ほど) ことができると思います。しかし、中間地点に住むとなると、お客様先から帰ることになるのでもっとしんどさが増します…。
    会社を辞めるなら、専業主婦、パート、フリーランスのWEB屋になる ことができると思います。

    正直、私は多忙な彼氏の生活を支えたいと思っているので、できれば専業主婦になりたいと思っています。
    しかし、趣味がゲームや手芸なのでお金がかかることもあり、このまま働いている方が良いよな…とも思います。(結局忙しいのでほとんど趣味に費やす時間はないのですが…)

    もし皆さんがこのような立場なら、どのような選択をするか教えていただきたいです。

    トピ内ID:4806244232

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 130 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 21 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  21
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    SEはねぇ…

    しおりをつける
    🙂
    yurikanon
    毎日へとへとで、すっごくハードなイメージがあります。
    その状態で共働きして健康的な生活を維持するのは難しいと思うし、
    (あくまで私のイメージです)
    自分自身ももう辞めたいと思っているのなら、私なら辞めますね。
    ただ、ギリギリまでは働きます。
    で、結婚後はパートかフリーランスで働きます。
    完全な専業主婦(収入ゼロ)というのは、自分自身が不安なので。

    トピ内ID:4889828355

    ...本文を表示

    仕事はやめない

    しおりをつける
    blank
    ワーママ
    惜しい、惜しすぎる

    大手ならば、部署移動はどうですか?
    プロジェクト違えば、在宅もできるだろうし、残業も少ないでしょう

    毎日くたくたになるほど仕事があって休日もほとんどないのは
    元々問題があるんだろうとも思います

    ブラックで有名な大手も知ってはいるんですが、この業界じゃ有名なところでしょうか?

    大手正社員の優遇制度ってとんでもないものですよ
    最低育休くらいはとったほうがいい

    転職だって引く手あまたですよ
    昨年末のボーナスランキング一位はこの業界でした

    専業主婦って楽な仕事じゃないですよ

    トピ内ID:1074801489

    ...本文を表示

    専業主婦にはなりません

    しおりをつける
    🙂
    のりこ
    私なら、専業主婦ではなく転職します。

    まず、この先の人生設計を彼と立てます。
    私が実際に結婚する時にした事です。

    ・子供:作るor作らない → 作るなら何人欲しいのか、いつ頃欲しいのか(すぐに欲しいなら仕事しないで妊活突入)
    ・家:買うor買わない → 買うならいつ頃買いたいのか、どれくらいのローン組むのか
    ・家計の事 → 生活費をどのように工面するか、旦那の給料だけでやっていけるのかなど

    もっとあるんですけど、ざっとこんな感じです。
    私の場合は、3-5年は2人だけの生活を楽しみたかった(積極的に子供を欲しいというのもなかった)ので、旦那の元へ行き転職。
    正社員として別の職種で仕事をしました。
    私自身、専業主婦になるというのは全くなく、旦那も共働きで家事も担当制でしたいとの事だったので、とにかく稼げる時に稼ぐというのが希望でした。
    そうして3年目で育休を取りました。
    今は、復帰して時短で働いています。

    私は結婚する前はバリバリの営業職で夜も遅かったです。
    でも、それでは2人の生活を楽しめないので、旦那に合わせて土日祝休みの仕事に就きました。
    英語が使えるので未経験で英文事務の仕事に就き、勉強しながら今日まで来ました。
    家も計画通り去年買いました!
    最初にどれくらいの家が欲しいか、そのためにはどれくらいお金が必要か?という事を考えて稼げる時に稼ごうというのがあったので、ローンもほぼなく購入できました。
    子供にもどれくらいかかるか未知数なのでこの辺はこれから積極的に貯蓄ですね。

    主さんは専業主婦になりたいようですが、個人的に仕事はしていた方がいいと思います。
    正直、専業主婦は肩身が狭いです。
    やりたい事・・・彼はやらせてくれますか?
    だったらパートでもいいので自分の小遣いは自分で稼ぐくらいはした方がいいですよ。
    あとはこの先の人生設計をしましょう。

    トピ内ID:1690839695

    ...本文を表示

    とりあえず共働きをやってみる

    しおりをつける
    🐤
    フミフミ
    まずは、辞めずに共働きしてみたら?それで、家事との両立などでとても無理であれば、辞めるのもありでしょう。
    私は、独身時代は三交代のシフト制だったので、結婚と同時に辞めました。その後、フルタイムのパートの仕事を始めましたが、これも私の体力では疲労が溜まり半年で辞めました。家事とうまく両立できたのは、不定期のパートの仕事です。週に3日くらいのペースでなら、無理なくやれました。ちなみに夫は、激務です。一切家事の分担などあてにできませんので。

    トピ内ID:8849006961

    ...本文を表示

    ライフプランと万が一

    しおりをつける
    blank
    とぬ
    主さんのライフプランはどのような感じでしょうか。

    例えば、子供は二人欲しいとか、一軒家を買いたいとか。
    子供が生まれたら教育はどこまで許すかなどですね。

    要するに、彼の年収次第というところが大きいです。
    例えば都内で暮らすとなると相当お金がかかります。地方で彼の年収がかなり高額なら専業主婦でも可能でしょう。

    あとはやはり万が一です。
    彼に仕事が続けられないようなことが起こったら?夫婦仲が悪くなって離婚になったら?ということですね。

    経済力がなくて離婚できず、横暴な夫に耐える女性はとても多いですよ。もちろん結婚を目前にした主さんにとっては「私たちは離婚なんてしないので問題ないです」っていう感じでしょうけれど。

    仕事を辞めるのは簡単ですが、一度きちんとファイナンシャルプランナーさんにでも相談した方がいいのでは?と思います。

    トピ内ID:5834309793

    ...本文を表示

    ささえる

    しおりをつける
    blank
    わお
    彼を支えるというのは具体的にどういう感じなんでしょう。
    支えるって何だろうっていつも思うんです。
    ピンとこないというか。

    2時間で遠距離というのか、とか片道1時間の通勤がしんどいのかぁとか色々思いました。

    私も夫も多忙でしたが、さらに私の方が忙しかった時期は夫が支えてくれたし、お互いに忙しくても何とかなったなあとも思います。どちらかが過労で倒れなければの前提ですが。

    ただお金はあったほうが良いのは確かなので、退職して他の仕事にするのもありです。

    トピ内ID:4409930836

    ...本文を表示

    時代が違いますが

    しおりをつける
    🐷
    あら~フィフ
    私は“寿退社”しました。
    夫になる人は「働いても働かなくてもいいよ」と言ってくれていました。

    トピ主さんの夫になる人も専業で良いと言ってくれているなら専業主婦になるのもアリだと思います。少しして主婦に慣れてきたらパートに出られたら良いと思います。

    後は子供を何人希望しているかによっても世帯収入の必要性が変わってくると思います。

    トピ内ID:5798702342

    ...本文を表示

    分けて考えた方が良い

    しおりをつける
    🙂
    N
    ご年齢が分かりませんが…すぐに子供を作らないなら仕事は辞めない方が良いかと思います。
    子供がいない夫婦二人の期間は貯金できる貴重な期間ですし、多趣味なら尚更何からしら仕事された方が良いでしょう。

    仕事を辞めたいと、結婚をごっちゃにしてるように見えます。今の職場がキツい辞めたい気持ちが先行してませんか?

    私も似たような仕事してますが、SEならばいくらでも在宅ワークあると思います(むしろ、このご時世にしてない事にビックリ) 例えば、週3の仕事をみつけて転職するとか出来ますよね。
    今よりも仕事量が減れば働いていても、彼を支えることは充分出来ると思います。

    仕事、結婚分けて自分はどうしたいか考えられると良いと思いました。

    トピ内ID:4796923149

    ...本文を表示

    仕事を辞めなくてもすむ相手を探します

    しおりをつける
    🙂
    37歳男性
    3割が離婚する時代。
    我慢している夫婦も含めたら・・・。
    結婚に期待はしますが人生を賭ける気にはなれません。
    私なら仕事は手放しません。

    >私:大手企業SE、在宅ワークができない、正直仕事がしんどいと思っている(帰りが遅く休日がほぼない)

    結婚生活はしんどい事がないとでも?

    >正直、私は多忙な彼氏の生活を支えたいと思っているので、できれば専業主婦になりたいと思っています。

    高い収入は彼のものであってトピ主さんのものじゃない。
    おこぼれに預かれるかは彼の気持ち次第。
    そして人の気持ちは変わりやすいし、その時は努力で挽回出来るものでもない。
    しかも多忙なら育児は期待出来ない上に「専業でしょ」と言われたら反論する事も出来ないです。

    トピ内ID:4289607232

    ...本文を表示

    私なら

    しおりをつける
    🙂
    かめ
    思ったことを書いて言いそうなので、遠慮なく。

    私なら、今の職場はやめて、
    彼が通勤しやすい場所に新居を構えます。
    そして、専業主婦ではなく、何らかの仕事をします。

    趣味三昧って、楽しいし、贅沢で幸せな暮らし方だなって思うけど、
    私の場合は性格的にどうしても、
    「その間、彼は働いているのに、自分だけ?」という気にもなるし、
    かつ、お金がかかる趣味なら、出費も気になるので。

    今の時期(コロナ)なら、可能な限り外に出たくないので、
    まずは、在宅でできる仕事を検討します。
    WEB屋というのが、どの程度稼げるのか私にはわかりませんが、
    仮に、外で働くよりも給料が低くなったとしても、
    彼の給料で生活できるのであれば、まずは在宅を優先します。

    コロナが収束した後なら、
    ずっと家にいると、生活リズムが崩れがちだし、運動不足になるので、
    外で(パート)で働くことも検討すると思います。
    ただし、ぎっちぎちに仕事は入れません。

    彼は割と忙しいとのことなので、
    その状況なら、自分が家事育児を回さなきゃいけないと判断し、
    家事育児に支障をきたさない、かつ、多少の趣味ができる範囲内で、
    パートを入れると思います。

    トピ内ID:5953198571

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  21
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0